fc2ブログ

デーヴィッド・アイクが講演会の各国会場からキャンセルされる~イギリス、ドイツ、オランダ、カナダの会場で


アイクの本「今知っておくべき重大なはかりごと」の3巻を読んでいる所だ。その内容として、アイク本人は講演日の1年前などから会場を予約しつつ、講演が近づくと会場からキャンセルされるという事が続いているという。結果的に、参加者がたくさん集まったはずの講演集会が実現できない。

本を書いている当時のみならず、2022年の今年は、オランダ他EU26国への入国禁止だそうだ。以前はカナダへ入国禁止となっている。

アイクはトランプを却下している。しかし、キリスト教を信じつつトランプを信じていない人から、「トランプもアイクも工作員で、悪同士で争っている」と語られる事がある。トランプも信用できない悪なんだけど、それを悪人扱いするアイクも工作員だという主張だ。アイクは宗教そのものを却下し、特に聖書やイエスに対して強く却下している。基本的にはキリスト教系の信者がアイクを工作員扱いしがちなのだ。当記事では工作員という意見を却下しよう。

工作員だと仮定する。講演の会場の予約時点で、アイクは自分と関連の深い会場を押さえればいいのに、会場の方からキャンセル多発というのはおかしい。アイクには支配層の中には支援者がいない証。支配層に支援者がいるならば、アイクはその支配層のホテルとかホールに予約を入れればいいわけで、直前に会場からのキャンセルなんて起きるわけがあるまい。しかも、立て続けに。

アイクが支配層側の工作員ならば、色々な国で講演できるよう、裏から手配・サポートされるはず。実際には、26カ国からの入国禁止を言われているので、「支配層側の工作員」という仮定が不正解の証拠。

ついでに語ると、デーヴィッド・アイクをフリーメーソンだという誤解を信じる人がいて、その証拠として、メーソンの格好をした2人の写真を出す。メーソンの服装でアイクっぽいチビな人と、アイクよりも明らかにでかい人が写っている。若い頃のアイクが身長185cm級なのは確実で、となるとでかい人が2メートルを超えてしまうので、実は「アイクは信用しない」と叫ぶ人でも、写真はおかしいと扱うくらい酷い証拠。

写真が合成ならば、その場で「アイクはメーソン」はカルトの嘘で確定だし、別人ならば、そもそもアイクじゃないので勘違い。いずれにしても、メーソンの証拠はデタラメなのだ。そもそもメーソンだとしても、魔法使いの証であって、即悪人というわけではない。

アイクがデーヴィッド・ロックフェラーと顔が似ているから近親というのはデマ。日本人だと、白人で近い顔がいると区別ができず、似ていると勘違いさせているだけ。このデマ発言者は、モルモン教だと噂されている。

皮肉だが、ツイッターのアカウントには、宗教を表明する欄が必要だとまで思わせる。当ブログでは、確かブログ開設の時点で「私は無宗教です」と記した。宗教がどこなのかという要素は、その人の発信情報の信憑性に対して、職業や学歴とかよりも重要だと考えられる。ある分野固定でどんなに良い事を語っていても、実は悪名高い聖書カルトとか、仏典カルトだと、一気に一般人は去るわけで。他の例だと、東京大学卒業で学者に加え、カルト所属が明記されていれば、そんな奴の言動を正しいと解釈して注目するわけがあるまい。フラットアースやマッドフラッド論者(発信者)も、宗教を明記すれば、他者から相手にされない事が明白。


アイクにはライオンをシンボルとする本(ライオンと地球が混じったイラストが表紙)があるが、「ライオン オブ ジュダ(ユダヤのライオン)だ」と語る人がいる。ライオン オブ ジュダ(ラスタファリ運動)を調べてみたが、庶民主体の思想で、特に悪の運動とは思えなかった。赤、黄、緑だけをシンボルとするので、青毛のライオンとマッチしない(アイク本ライオンの青い所は海を表現している)。また、ラスタファリの聖典は聖書となっていて、アイクは「聖書は信用するに値しない」と語る事から無関係だと判断できる。

当ブログの見解としては、ライオンをシンボルとする秘密結社(現在の支配者を認めない)があって、少なくともアイクの本の表紙を描いた人は所属していて、アイクも所属しているかなといった所。秘密結社というのは、魔法結社の事。つまり、所属していても悪人確定ではなく、あくまで魔法使いであるという証拠になるだけ。キリスト教の狂信者にとって、魔法使いである事自体が忌み嫌う対象だと覚えておこう。実際には、キリスト教でも上層に行けば魔法結社に誘われ、キリスト教が嘘だという真実を教わる。その仕組も把握を。

他の解釈としては、ライオンと地球が混じったイラストで、「レプティリアンに支配された地球」を表現している。ライオンは爬虫類的宇宙人の代わりに描いてもらったのであって、アイクがシンボルとしているわけではないという思考だ。

そもそも、本のテーマに関係あるから描かれているという解釈でいい。例えば次の本には、地球の他には土星と月が描かれている。

さて、上の本は土星と月を崇拝する本だろうか? そうではなく、「土星や月を崇拝する悪魔崇拝者が地球の支配者だ」という本の内容なので描かれているわけだ。ライオンが表紙な理由は「レプティリアンに地球は支配されている」という内容の本だから。


ツイッターでは11/29時点で凍結されていたアカウントから、62000件ものアカウントが復活したという。もちろん、アイクのアカウントは凍結したまま。一説では、イーロンが乗っ取る前のツイッターよりも統制が酷くなるという説がある。根拠としては、イーロンが大量解雇する前はアカウントは手動で凍結されていたが、今後は人員もいないわけでAIでの自動処理になるからだという。アイクが工作員ならば、イーロンの乗っ取りに乗じて、さりげなくアカウントは復活するはずなのに動き無し。たとえ今後、戻るにしても全く優先されていない以上、アイクが工作員ではない事が確定的。そして、アカウントが凍結から戻らないならば尚更の話。

関連記事
イーロン買収後のツイッターで、デーヴィッド・アイクのツイッターのアカウントが即日で凍結される
関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人とは、なるべく引き合わせる事のないようにお願いします。

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
本物の魔道書
魔法は存在するからこそAmazonで この価格に
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。伝えたいことがある場合には承りますが、意見メールは不要です。無償の回答依頼メールには返信しません。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
電気通信関連
広告ではアマゾンや楽天と通信することになります。
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
検索フォーム
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

☆キラキラヒカル☆            

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  10ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運