fc2ブログ

内海聡氏がQアノンを却下、アイクの本を愛読



トランプはワクチンを何度も推奨している。Qアノンはトランプを救世主として扱う。トランプ信者には「新コロナに効く本物のワクチンがあるので推奨しているんだ」のような頭のおかしい話をするがいる。打たれる人が事前にワクチンの内容を判別できるわけではないのだから、確実な「当たり(本物のワクチン)」を引く事はできない。ハズレのワクチンの代金を税金から出す事を決めたのはトランプ。またそもそも、当たり自体が嘘。

さて、今回は内海聡氏がQを却下したという話。

内海氏は「なんであんなアホみたいなのに騙される?」みたいに語る。当ブログも日本にトランプ信者が多い事には驚いている。トランプ救世主論のユーチューブ動画は、決して低評価の嵐ではなく、9割超が高評価。まあ、信じてない人は、アホらしくて低評価を押す価値すら感じないが。

内海氏は「アイクの本はとても勉強になったが、アイクはアトランティス的な考え方で語っている」と評する。アイクは嘘を語っているわけではなく、真理の語り方がアトランティス風だと言いたいわけだ。

また、内海氏はアイクのスピリチュアルの部分については、あまり信じていないみたい。だが、アトランティスがあったとか、超常現象を除いた考古学の嘘までは問題なく理解している。ちなみに、あだ名は「ウツミン(うつみん)」。

ウツミンはアイクの「ムーンマトリックス」の愛読者だそうだ。サターンマトリックス(ハイジャックされた……)の監修もやっている。

ウツミンの本に対して以前の当ブログはやや誤解があって、「陰謀論を排除した本」と「陰謀論も語る本」との2種類が存在するようだ。ウツミンはビル・ゲイツによる人口削減は動画で否定している(ゲイツのバックに親玉がいるのでゲイツが主犯ではないという話でもない)。当ブログでは、ウツミンは支持していない、あくまで「アイクの本を読んだ」という入り口で誘われるという話をしている。ネットには「内海、黒川敦、苫米地は危険」という主張をする人もいるが、トランプ信者という有り様。トランプ信者よりはウツミンはマシという事で。あくまで「1億2000万の日本人を支配し、戦前のような強い日本を作りたい勢力」と「日本の人口を3000万にして支配し、外国へ売り渡す勢力」の覇権争い。この際、「強い日本を望む支配的な勢力とか、ヤクザ、トランプ支持のカルト宗教」であってもこちらが利用して、大衆の行動制限をやめさせねばなるまい。

ムーンマトリックスは新装では5巻になっている。元々は10巻で販売されていた。この本にもあったか忘れたが「他人の目を気にしてはいけない。支配されるから」のような事もアイクは語っている。アイクは新コロナ騒動が起きる以前から、「全世界的なワクチンだけは打つな」と記していた。


ウツミンやトランプの話ではないが、最近のワクチン詐欺も語っておこう。東京・渋谷に若者の接種会場ができて長蛇の列というニュースだが、役者のエキストラ・バイトとして募集されていたようだ。「会場に入って、ワクチンを受けた振りをして退出してください」のような指示がある。そこまではいいとしても、それって、会場で注射器を持つスタッフも、エキストラが来る事を事前に知らされていたという事だ。要するに、長蛇の演出やバイト募集よりも、医療スタッフがグルというのが最もヤバイ所。「エキストラが来たら、打たずに帰してください」という指示に対して「分かりました。ダミーの注射器を使います」というわけで。マスコミも役者も演出が仕事なので行動に対して まだ理解できるが、医療スタッフは、そういうのが仕事ではないのにやってしまっているのが大問題。

打ち合わせさえあれば、医療スタッフはあっさり偽注射を実施する事が判明した。エキストラ相手ですら、演技を受け入れるスタッフがいるわけで、首相とかが打つ場合に「偽注射ですね。はい分かりました」というスタッフがいても、なんの不思議もないのだ。

もう1つ、ついでに語りたい事がある。ある顔出しユーチューブ・チャンネル(N)の話。
以前は「ワクチンは必要ない人もいる。リスクがシッカリ存在する」のように語っていて、反ワクチン派やワクチンに否定的な層から支持される。しかし、「コロナにかかっちゃいました」と称して、いつの間にか次のような論調になっている

・現状では若者も感染するようになったのでワクチンが必要な人もいる
・今まではワクチンのデメリットが大きかったけど、今後はワクチンのメリットの方が大きくなる
・ワクチンを打って死ぬなら、もう死んでるだろ

ふーん、最初から「ワクチンをあまりよく思っていない人」をワクチンに誘導する工作員だったというわけか。道理で、隠れた所に目玉のマークがあったわけだ。「ワクチンにはリスクがあるので慎重に」という論者は工作員と思った方が早い。なぜなら、結局は「ワクチンにはメリットがある、ワクチンそのものは本物」という主張だからだ。ウツミンだと「ワクチンは効かないし有害(メリットはない)」のように語る。船瀬氏だと「ワクチンじゃない」とまで語るので、「リスクもあるので慎重に」とは全く主張が異なっている。

工作論者が語る「現状ではワクチンは必要ない」という話に、反ワクチン派ですら騙されていたが、「現状では必要ない」とは「状況が変われば必要」の布石でしかないのだ。ウィルスが凶悪になったという演出や、ワクチンが安全になったという嘘によって、「やっぱりワクチン必要」と繋げるわけだ。「最初から人口削減目的なので、必要かどうかという議論すら不要」が根底にないとダメなのだ。

確率的に「ワクチンに否定的で、ある程度の登録者があるユーチューバーが見事に新コロナに罹って中等症」のような事も起こりにくい。「検査で陽性反応」ではなく、高熱の病症が続いて肺が白くなったと自称するが、それすらも疑いの対象だ(疑いなので、嘘確定ではない)。更には、そのユーチューバーNとは別に、オリーブの木の黒川という人も同時期に感染報告。そんな偶然はあり得ない。

なお、Nのそのユーチューブ動画は、いつもよりも遥かに低評価が多く、いつもは1%程度なのに、49%の低評価水準だった。視聴者を馬鹿にすんなよ。やはり、アンティーク金貨なんてババヌキで、投資用金貨(ウィーン金貨、イーグル金貨等)こそが本物の投資対象と言える。


結局の所、新コロナ騒動の前から、なんらかの本やサイトで「支配層がいて、ワクチンによって人口削減しようとしている」と知っておらねば、工作員に誘導されてしまいがちというわけだ。新コロナの出現後は、情報や選択肢が多過ぎて、「大富豪が支配しているのか」「大富豪は人口削減を企んでいるというのは本当なのか」というテーマの真偽判別も ままならない。

以前からそのユーチューバーは「ワクチン接種は自分で選べ」のような語り方をしていた。当ブログは「ワクチンは打つな」しか示していない(実際には言葉にはしていないが、打つな以外の解釈は不可能な広告はいつも貼っていた)。年寄りだろうがダメだし、「影響がないのだから子供には打つべきではない」のように人気取りのワード(子供)は混ぜずに、一律ダメとしている。ただ、見落としていた事もある。当ブログを新コロナ騒動前から肯定的に読んでいた読者にもかかわらず、なんとワクチンを2回打った人がいるのだ。確かに当ブログでは「同調圧力やパワハラに屈しない方法(せめてワクチンに対しては断固として)」のような記事は存在しなかった。いやいや、そういう情報は当ブログになければ他の情報サイトで読むべきでしょ。まあせめて「望まないのに他人に合わせてはいけない」「他人に人生を委ねてはならない」みたいなスピリチュアルのムービーくらいは掲載しても良かったけれど。


関連記事
国民の思想は工作員に誘導されている

トランプ元大統領、支持者らにコロナワクチン接種を呼びかけ

新コロナワクチンで異次元生命体が魂に繋がりやすくなる物質を注入される

新コロナ騒動の真実~人ならざる者達が創る徹底した管理社会

テーマ : 都市伝説・噂話
ジャンル :

モデルナ・ワクチンの異物混入事件を報道する狙いとは




異物混入事件に関し、考察のポイントとしては、大々的にテレビが報道している所。モデルナなんて打っている割合は低い。アストラゼネカも日本からは排除傾向(中年が来る会場で打つという話もあるが)。ちなみに、劣化したゴムでもない限り、ゴムの混入は考えにくいとの事(ゴム関連の従事者談)。

アキラボーイズの見解としては次。
1……製薬会社の利権争い……ただし3社は全てロックフェラー傘下
2……偶然にミスで入ってしまった……ならば支配層は小さく報道したいはず
3……ワクチンの目的の1つが発見されてしまった……ならば支配層は小さく報道したいはず
4……政府内に接種を止めたい勢力がある……政府は毒物だと最初から知っているのだから、「ワクチン打ったら感染が拡がってしまったのでワクチン中止」というのはおかしい
5……陰謀論者に叫ばせ、反ワクチン情報をまとめてデマとしたい……むしろ陰謀論者の言説にプラスになる
6……打った人と打たない人に争いの種を作る

アキラボーイズは6だと判断しているが、当ブログ管理人はあまりそうは思わなかった。そういう目的があるにしても、第3第4の目的で、主目的ではない。そもそも、異物混入のニュースなんて流さなくても、分断は確定的。分断だけに注目すると、異物混入はそれ程に有効とは思えない。

当ブログが付け加えるとすると、
7……ファイザーの方が人口削減に貢献するので、モデルナをおとしめたかった。

もちろん、モデルナ事件によって「ワクチン打つのやめた」という人は出るだろうが、それ以上にファイザーの毒性が有効という治験が進んだ可能性もある。7の場合は、「争わせる目的なので争ってはいけない」という説はあまり成り立たない。また、「打たない」と初期の判断から決めている人以外は、どんなニュースが出ようと、最終的には打つ事になる。「様子を見よう(いずれは打たなきゃ)」「打とうと思っていたが、やめようかな(やめたわけではない)」という層は壊滅的に崩される。打ちたくない人ですら、同調圧力やパワハラとかで打ってしまっているのに、様子見・迷っているという心構えで折れないわけがない。

当ブログ管理人が8~12も追加する。
8……異物混入はあり得るので、副反応で酷い事になっても、ワクチンのせいではなく、あくまで偶然の異物が作用したのだと、大衆を誘導できる。(近い例として「日本人には量が多いのではないか」のような報道も、「ワクチンは有効だけど、量によって副反応が出ている」という誘導)

9……異物が入っていても、ちゃんとテレビは報道するので、安心して打って欲しいという裏返しのトリック。異物混入事件すら報道するのだから、感染者数とかの報道も、ワクチンの効能も、本当の話だと視聴者に誤認させる。

10……異物混入事件はもうこれで終わったのだから、今後のワクチンは検品バッチリで、あたかも安全かのように錯覚させられる。

11……(新コロナを信じている層にとって、)打たなくても地獄、打っても地獄と絶望感を与え、ワクチン以外の戦略に有効。要するに、ワクチンのニュースでありながら別の目的。

12……ファイザー接種者の血肉は味がマズくないが、モデルナ接種者の血肉はマズいと判明した。(ヴァンパイアの話)


関連記事
コロナの最終目的の前に、民衆は対立化する

新コロナワクチンで異次元生命体が魂に繋がりやすくなる物質を注入される

新コロナ騒動の真実~人ならざる者達が創る徹底した管理社会

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

新コロナ騒動の真実~人ならざる者達が創る徹底した管理社会


新コロナ騒動のの実態について、細かい部分では正確かどうか不明だが、大筋は合っていて、状況整理にどうぞ。
「従来のコロナ風邪を新コロナという事にしてマスコミで報道」という説は、発想としては面白い。確かにそれでも成立する。まあ当ブログとしては「人工的に造った新コロナがある」と考えているが、本筋(伝えたい事)は違わないので好評価したい。


関連記事
国民の思想は工作員に誘導されている……当記事と同じチャンネルの動画

ディストピアの世界(オリンピック後)~カイジ・ファイナルゲーム

テーマ : 都市伝説・噂話
ジャンル :

魔法は存在する~魔法を使えるようになる方法



あくまでMOMOYO氏の見解だが紹介した。
四次元にアクセスし、三次元(目に見える空間)を書き換える事で成立する。ハートの領域に意識を落とし込むのだ。

身長を伸ばす魔法とか、脂肪の量を減らす魔法は手術という形で三次元化される。ハゲを治す魔法を求めるより、お金を貯めて、すね毛を頭に植毛した方が早い。
そもそも、満足のゆく身長や脂肪の少ない身体が最終目的という事は考えにくい。異性にもてたいとか、いい仕事に就きたいというもっと先の目的があるはず。容姿はセンスを磨く程度の向上で、目的に応じた魔法を実現させる事が決め手。

なお、これからの世の中はスパイク蛋白製造人間だらけになる。たとえ、若い女やイケメンにもてたとしても、ワクチンを注射したかを確認する事になる。

超越した魔法を使うには、秘密結社に入会し、結社にプールされたエナジーとシンクロする事。その代わりにハートの領域を異次元生命体に明け渡す場合もある。


関連記事
不幸、貧乏、ブサイクなどの心理~罪悪感を消す思考……この記事もMOMOYO氏に関連

テーマ : 魔法・魔術
ジャンル :

ディストピアの世界(オリンピック後)~カイジ・ファイナルゲーム


カイジ・ファイナルゲームは2020年1月に放映された。カイジの映画3作目となる。主役の藤原竜也は龍が如く6にも出ていた。


ファイナルゲームの粗筋だが、東京オリンピックの後、物価が上昇し、労働者はひどい搾取を受けていた。政府には預金封鎖をして、新通貨を発行する計画がある。でかい神棚みたいな場所で預金封鎖を決めた政治家達。政治家達は神という何者かを信仰しているのだ。

一方、預金封鎖をやめさせたい富豪もいた。カイジはこの富豪に力を貸す事に。

一旦は預金封鎖を発表した政府だが、新札を主要な政治家が受け取れなかったのもあり、大衆の様子を見て預金封鎖はデマと報道して中止した。

一応、映画内ではゴールドは安全資産となっていた。現実の話、富豪達に無断で預金封鎖や財産税は考えにくく、必ず抜け道はある。しかしながら、いくら財産税の対象にはならなくても、置物や掛け軸や絵画は価値や真贋を見極めにくいし、破損、汚損のリスクもある。ゴールドは購入元が信用できれば問題ない(万一、偽物のゴールドだったとしても、買った店や発行元に売るのだから、発覚しない。偽物でも体積の4分の1くらい本物でコーティングする)。投資用金貨を半分に割って泥水や油に浸しても、価値は1割くらいしか落ちない(掛け軸や壺など骨董品だと致命的)。


映画の物語では、新コロナみたいな疫病が原因でディストピアになる展開ではないが、現実ではディストピアに向かっていると言える。

次は作品としての感想。
カイジの容姿がイケメン藤原で、イメージに沿っていない。また、カイジの思考も格好良すぎ。漫画のカイジはだらしなく、もっとセコイのだ。物語の構成もカイジとはずれている気がする。まあ、カイジと関係ない作品だとすれば、まあまあ面白かった。

マンガ・アニメのカイジを知っている人への余談だが、ネットの考察だと、会長の正体はカイジの祖父で、遠藤の正体はカイジの父親だそうだ。会長の息子に若造のカズヤというのがいて、カイジはその若造と母親とを見間違うシーンがあるのだ。更には、カズヤの兄はカイジそっくりの顔。こりゃ、決まりでしょ。遠藤は契約に仕込んで相手からキッチリ取り立てるが、カイジも約束させた事に対して、キッチリ取り立てる(班長やカズヤから)。落ちぶれた遠藤はカイジのように高級車にイタズラしようとしていた。


昨今は暗い話題が多いので、笑える話も今後の記事では取り入れようと考えた(毎回は無理だとしても)。カイジのアニメ・マンガを知る人ならば、きっとゲームの出来には笑えるはず(苦笑い)。原作を知らない人で興味が向かなければ、見なくてO.K.だが、ムービー作者によると、原作を知らない人のために解説を入れている。


関連記事
賭博黙示録カイジ~債務超過者の強制労働施設がある?

カイジ「命より重い!」お金の話 [木暮太一]

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

新コロナワクチンで異次元生命体が魂に繋がりやすくなる物質を注入される


ムービー内は日本語訳が曖昧だが、主張の概要としては、新コロナのワクチンに含まれる物質により、宇宙人が人類の魂とリンクしやすくなるという話。この概要を聞いておけば理解しやすくなる。


エレーナという人が直接コンタクトを取ったという、コロンというプレアデス星人のメッセージだそうだ。他の情報が見当たらないので、他の発信情報からの真偽判定はできなかった。

上のムービーのジャンルは、真相暴露系、オカルト系のように分類しておくとしよう。

オカルトとは無縁のホビー系のユーチューバーのムービーがあり、「私もワクチン打ちました」なんて発表をする事が盛んだ。本当に打ったかどうかがまず気になるだろうか。本当に打っているとして、「打ちたくてたまらないので、打った」みたいな発言だった(打っているならば本心で語っている)。そして、ファンの大半が
「お疲れさまです」
「私も打ちました。晴れやかな気持ちになりました」
「接種できて良かったですね」
「僕も1週間後に打つんですが、あなたの話を聞いて勇気が出ました」
「数日は副反応がありますね。体調が回復して良かったです」
「2回打ちました。39.6度の熱が出たけど、実際の新コロナはこんなもんじゃ済まないからワクチンは打つべき」
「あなたの地域でも沢山の人が順調にワクチン接種しているようで安心しました」
「僕は あなたと同じような副反応だってので安心しました」
のように応援メッセージを送っている。ホビーのチャンネルなので、工作とか嫌がらせではなく、みんなの本心のメッセージばかり。
テレビばかりを見ている世代とは思えないのだが、ネット情報でも情報源がマスコミばかりだとこうなるのだろうか? ユーチューブはトップページにマスコミサイトが目立っているし、ヤフーやMSNもマスコミニュースが目立つ所にある。グーグルも検索後にワードによっては、マスコミニュースが上位に来る。

コメントの様子を見ると、一般大衆は真相暴露系の情報を進んで視聴したり読まない限り、ワクチンを信じる事になるのだと思わされる。マスクの装着率を見れば、垣間見えよう。

「私もワクチン打ちました」のムービーのコメントだが、「私は打たない(理由は語らない)」程度はあるが、割合が低い。とてもじゃないが、「ワクチンは殺人兵器。キミは宇宙人に操られ、魂を喰われ、寿命は2年から5年」のように書き込める雰囲気ではない。「お前も工作員だったのか、打ってないのに宣伝するな」というコメントも存在できない。ユーチューバー本人も、ファンの大半も本心でワクチンを打つのが当然だと信じているのだ。まあ、嫌がらせで「キミは治験に参加したんだよ。死ななくてよかったね」のような皮肉もあるにせよ、他のファンからは相手にされていない。

マスコミでは副反応(翌日も痛いとか、熱が出るとか)を報道しているわけだが、バッチリ工作がうまく行っている。「副反応の存在を知ってしまうと打ちたくなくなる」と浅い考察では思ってしまうが、報道の目的は「大衆がワクチン後に副反応があっても、疑問を持たなくなる」だったのだ。


関連記事
新コロナとワクチンは計画されていた

デーヴィッド・アイク新書~「答え」 第1巻[コロナ詐欺編] 2

ワクチンを打ったら五感を奪われ獣臭

テーマ : チャネリング
ジャンル :

製薬会社の罠・薬を飲むと作用で病気に~ゲゲゲの鬼太郎・第21話・心配屋(1971年)


次の動画はVIMEOというサイトに投稿されている。1971年のゲゲケの鬼太郎のワンシーン(約1分)だ。再生スピードも変えられるし、ブログにも貼れる事を確認した。

薬といっても西洋医学で処方される薬の事。漢方薬の話ではない。
100%全部が駄目な薬(逆効果で病気を誘発)というわけではなく、3割くらいは危険性が低いもののボッタクリで、1割くらいはまともな薬もあるとは考えている。危険性が低いもののボッタクリの例として、有名メーカー(TV_CMあり)のドリンク剤(漢方薬たくさん)。無名メーカー(TV_CMなし)だと割安。


西洋の製薬会社だけでなく、日本の製薬会社も大差はない。本当に日本人が社長かどうかも怪しいし、株主が西洋人というのが通常。日本製の新コロナワクチンに期待する人もいるが、人口削減目的なのは同じ。

食品に関しては、西洋の方が安全という事が通常。遺伝子組み換えは厳格に明記させるし、そもそも禁止の国もある。日本の食品企業こそが、製薬会社からの添加物を大量に使っている。

製薬会社がそういう業界だという事は、1971年の時点で分かっていたのだ。まあ、実際には戦前から同様だったろう。
新コロナで人類存亡の危機ならば、できるだけ安くワクチンを提供すべきなのに、値上げを発表する始末。もちろん、ワクチン自体が殺戮兵器なので、安く提供しても信用ならないけど。少なくとも、存亡の危機じゃないから、依然として利益追求しているわけだ。

新コロナのワクチンにも、入れなくてもいいような毒成分がつらつらと記されている。必要とは思えない成分ばかりで、安定のために必要な成分がいくつかあるにしても、なんでもっと健康的な成分にしないのだろう? 大衆の搾取・殺戮が目的なので、そんな温情はあり得ないというわけだ。


関連記事
お酒・タバコが新コロナやワクチンに効く?【新型酸化グラフェン対策】

東大阪市 前・議会議員 木村正治氏が日本人根絶やし計画の存在を語る

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

国民の思想は工作員に誘導されている



最近では秘密結社の陰謀は陰謀論扱いされるようになったので、工作員は他の要素にパワーを注いでいるそうだ。

インターネットの時代だというのに、マスクする人が大半で、ワクチンを打つ人も充分に多い現状を考えると、情報操作は上手くいっていると言える。一方、トランプ絶賛の情報に心酔する人も結構おり、やはり情報操作は有効なのだ。

話は変わり、当ブログでそれなりの頻度で掲載してきた伊比という人だが、ピースサインを頻発するようになり、移民を素晴らしい事のように語り始めたので、もう却下の域に達している。元々はトランプ支持だったが、ミナミ・アシュタール(トランプ却下)支持になり、ころころ変わる。成長しているならばいいのだが、もうすでに何者かに取り込まれたと噂されるようになった。最初から工作員候補で、鳴かず飛ばずの頃は自由にやらせてもらっていたという解釈でもいい。視聴者も馬鹿ばかりではなく、いつもの動画は低評価が1%未満なのに、移民歓迎の話をしたら低評価は10%超の水準となった。

当ブログの理解者によると、半年くらい前の時点で「あの人よりも、当ブログの管理人の方が信じられる」という言葉を頂いている。その人の感性はバッチリだったのだ。

社会の闇を解説するジャンルに属し、ユーチューブで顔出しの論者は、あまり信じない方がいい。最初からテレビに出ている人が顔出しなのは不自然ではないが、テレビに出してもらえる時点で工作員の候補。無名で顔も知られていない人が顔を出して、アブナイ話をする道理がどこにも存在しない。「顔出しの方が信用してもらえる」という道理はあるが、それって、論とは無関係に信用してもらうための心理トリックを実施しているに等しい。

顔を出し、アブナイ話をしつつ「私は宗教になんて属していない」と弁明するユーチューバー(トランプ支持者)も居たが、「秘密結社に属していない」とは言っておらず、工作員が確定的。トランプの緊急放送(半年以上前から、やると言って起きていない)の話は、視聴者のマインドコントロールに逆効果と考えたのか、その話はあまりしなくなっていた。にもかかわらず、トランプ絶賛のユーチューバーとリアルで会って交流したりと、一般大衆のわけがあるまい。

「みんなに真実を知って欲しい」という個人ならば、いかつい顔の大男とか、スキンヘッドにヒゲ、ブサメン、悪い人相、デブ、女でも同様に、怖い顔とか、ごつい顔・体つき、デブがあり得るはずなのに、そんな顔出し論者はなかなかいない。ベースはフツメンでも常時 肌荒れとか、やつれ顔、服装がダサいとか、その手の人も見かけない。なぜか肌艶が良く、活き活きとしている見た目の人が多い。顔出しの覚悟を決めて真相を発信したいならば、顔や体型にこだわっている場合ではないはず。それから見た目だけでなく、トーク力がなぜかある。「顔を出して真相を伝えるんだ」と意気込んだ人が、偶然、容姿に問題なく、トーク力もあるなんて事は考えにくい。もちろん、ブサメンでもトーク力があれば工作員として抜擢されるだろうが、割合としては小さい。また、年齢を重ねるとフツメンもブサメンに見えるので、年配の話ではなく、20歳代からアラフォーまでを想定している。それから、メガネは度数が高いとブサメンに見える。

知人で難関資格を目指す人のためのスクールに通っていた人がいる。その人は難関資格は取得できていないのだが、企業に対する工作員の仕事を紹介されたという。資格は取れないものの、スクールに通って知識やスキルを蓄えた人材に対して、怪しい仕事が回ってくるというわけだ。その分野で結構な知識を持ちつつ資格がないので、履歴書では単なるオッさん、オバはんという都合のいい人材なわけで。

同様に役者、タレント、歌手、アナウンサーなどで、人気が出ずに落ちぶれている人に対して、顔出しで工作の仕事が回ってくるのは妥当と言える。偽旗作戦のクライシス・アクター(役者)も、売れない役者だからこそ務まる。一説によると、大事件を起こした犯人の上半身の写真がテレビに出て、ピースをしていたら、その事件自体が偽旗だそうだ。

「顔出しの覚悟があるのだから嘘はつけない(顔も出さずに語る奴は嘘つき)」という説はデタラメ。見た目に問題ない人が顔出しする事で信用されやすい心理を利用した工作となる。

というわけで、今回のムービーのように、活動家が顔を出さず、実名を出さず、声すら機械で調整している方が、むしろ信用できる情報の割合が高まる。


「〇〇について語っていない場合」には、工作員と決めつけるのは早い。しかし、「〇〇についての見解を表明した場合」には内容によって判定対象となる。例えば、当ブログではグロ系の真実は詳しく語らないし、ロシアの闇も語らない。だとしても、「だからロシアの工作員だ」というのは、論理的に成立しない。単純にロシアに興味ないとか、知らないだけの場合があるからだ。「レプティリアンが妖怪話にも出てくるような人食いだ」という話さえしておけば、「どの女王が、何歳くらいの、どこの部位を食べた」という情報は語らなくてもいいに決まっている。別に隠しているわけではない。

グロの話を詳しく語ると、読者は語った人を嫌う場合もある。無論、デーヴィッド・アイクのように女王の実名を出し、食った部位を語れば、読者は「よく言ってくれた」と好感を持つ場合もあるにせよ、別の読者からの嫌われ方も強烈となる。当ブログは「人を食べるんだ」で、すべての要素を語った事にするという選択をしたのだ。

他の例だと、当ブログでは移民問題について記事を書いていない。だからといって「移民容認の工作員だから、移民問題を語らないんだ」という論理はおかしいわけだ。ちなみに「当ブログに来る人なら、移民の問題点は自分で考えられるから、移民の話なんてしなくていい」が、管理人の思う所。

さて、近況だが、先週は調子が狂うような出来事があり、ブログの更新がうまくゆかなかった。まあ、新コロナ騒動の前には、もっと緩い更新頻度だったので、その時の頻度に戻っただけだが。

関連記事
日本政府の愚かな行動は大衆のためか、支配者のためか

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

トランプ元大統領、支持者らにコロナワクチン接種を呼びかけ


ユーチューブにはまだ、トランプがワクチンを推奨した話を語る人が見つからない。一方、大手のニュースサイト(ヤフー等)では文章と画像で取り上げられていて、ツイッターなどでも話題は盛ん。

次はトランプの言葉。本人が動画に出ているので、文章メッセージではない。

私はワクチン接種を大いに支持する。しかし、それと同時に私達(国民の皆さん)の自由を大いに支持する。であるから、人々は自分の意思で決定すべき。ただ、私としては接種を行うよう呼びかけたい。ワクチンは皆さんを守ってくれる。ワクチンは素晴らしいものである事が判明した。


トランプ信者の中には、偽者のトランプだと叫ぶ人がいるが、じゃあ本物が「私ではない」と言えばいいだけ。インターネットの時代なのだから、「私ではない」と伝える手段はいくらでもある。トランプは現役時代より、これまでに何度もワクチン賛成の発言をしているのだから、今回はむしろそれに沿っている。接種が進んでいないので、バイデン大統領を批判した事さえある。

単純に推奨しているだけなく、大統領として製薬会社に資金を出しているのだから悪人確定。

なお、トランプは「(新コロナの)ひどい影響を受けていないのに、子供には打つべきではない」という発言を以前はしていて、こんなもんは人気取り。「新コロナの ひどい影響はないのだから、子供には打つべきではない」という話の意味は、「現状でも大人は打つべき」であり、「影響が強くなったら子供でも打つべき」と語っているに等しい。アメリカではこのような言葉遊びが普段からされている。

ユーチューバーやブロガーなどの論者でも、次の1と2で
1.子供にはワクチンを打つべきでない
2.ワクチンは打つべきでない
1の方がいい人に思えてしまうが、実際には2の方が、より多くの人をワクチン毒から守る話。
論理学をマスターしていると、「子供」というワードでいい人振るトリックには引っ掛からない。

以下はトランプがコロナワクチン接種を呼びかけた事に対し、ネットの反応と、そのツッコミ。

・フェイクニュースだ……
トランプが救世主というのがフェイクニュース

・トランプが言ってもワクチンは打たない……
トランプ信者にもかかわらず、なぜかワクチンは打たないのか。
信者じゃなくなったのにトランプ自体は信じているので、理解不能

・本物は暗殺された?……
もはやギャグの域で、大衆の支配に繋がる発言は影武者がした事にし、一度も起きていないGESARA関連の話だけ本物がやった事になる。
「アベが裁判になってたけど、影武者がやった事なのでアベさんは光の救世主だ」と語るに等しい。

・トランプは闇の勢力に寝返った?……
寝返ったのではなく、トランプは元々ワクチン推進派の悪人。
大富豪ロスチャイルドに借金があり、従わせられる立場。

・やっと本性を出したか……
目が覚めて、おめでとう。
トランプは以前からワクチン推進派の本性を出していた。
信者が本性に気づいていないのが、おかしかったのだ。
ちゃんとした陰謀論者(デーヴィッド・アイクなど)は最初から悪人だと斬り捨てていた。


先日は中日ドラゴンズの木下投手がコロナワクチンで亡くなった話をした。8/12時点では、タレントの野々村真がコロナワクチンを打って重症の肺炎だという。「打っておらずデマだ」という話もある。

野々村に対する見解は2つに分かれている。
1.打っていないから重症になったという宣伝に使われている
2.打ったけど、謎の圧力で「未接種にされ、これから打つ事になっていた」という嘘が流れている


関連記事
野球選手・木下雄介(中日ドラゴンズ投手)が新コロナワクチンで死去

テーマ : 都市伝説・噂話
ジャンル :

文字がレプティリアンの弱点?



実在するレプティリアンを文字で明確にしたのはデーヴィッド・アイク。20世紀末に彼が語らなければ、現在でも地球を支配するレプティリアンの概念は、大衆の間には無かったかも知れない。21世紀になって別の人がレプの存在を暴露したとしても、議論の開始時期が相当に遅れた事になる。

次の動画だが、アシュタールを名乗るグループの動画。このアシュタールのレプ話は、アイクの話とかなり近い。アイク説の流用を疑うような域。

レプティリアンが地球人類を公然と支配していた時に、禁止していたものは文字。

文字では真相を伝える事ができ、人類には知識が増えてゆく。文字には伝達力があるので、歴史では支配者に本(文字)を燃やされる事が何度も起きている。

確かに全世界にレプティリアンの絵や彫像は見つかっているが、それを見る事で「支配されている」とは解釈できない。しかし、文字ならば「トカゲ的な存在に支配されている」と書くだけで、真偽の判定まではできないにしても、伝えたい内容そのものは明確となる。

歌(詩)は芸術的な理解力が必要。誰もが知識にできるわけではない。

古代・中世では語り部(かたりべ)がいた。昨今では動画があり、話したその時間、その場所にいなくても視聴できる。

動画のタイトルに「弱点」とあったので、記事タイトルもそうした。実際には弱点ではなく「有効」の水準。

レプティリアンを広めたアイクについて語る。現在はワイト島に住んでいる。
「レプティリアンはいないのでアイクは工作員」という思考ならば、レプティリアンがいない場合には論理的には筋が通っている。しかし、「レプティリアンはいるけど、アイクはレプの工作員」というのは矛盾なので筋が通らない。アイクが語らなければ、レプの存在すら秘密にできたのに、暴露自体がレプの工作というのはおかしい。

神通力というのは、存在を隠したり、曖昧な状態に置く事で最大限の力を発揮する。

「ワイト島はレプティリアンの巣窟なので、アイクもレプ」という、意味不明の説もある。まず、アイクが生まれたのはイングランド(イギリスでロンドンのあるエリア)で、レスターという町。幼少期や青年期はワイト島とは無関係。アイクがワイト島で産まれたならばまだしも。

アイクを工作員扱いしつつ愛とか語っている勢力は、多くの場合にキリスト教系のカルト宗教。アイクはキリスト教のみならず、聖書そのものを却下しているので、聖書を信仰するカルトはアイクに攻撃しがちというわけだ。もし、アイクを工作員だと語る情報を、読者が信じたいならば、まずはその情報の発信元の宗教(結社)を特定してからで遅くない

爬虫類人といっても、レプティリアン(トカゲ系)、ドラコニアン、ナーガ(蛇族)に分類されるという。そして、蛇族はレプティリアンの配下だと言われている。

イギリス王室のバックにあるレプティリアン組織が地球を支配しているわけだが、「地球を支配できずに排除されたレプテリィアンの一族」も当然いる事になる。可能性の話だが、アイクが「地球を支配しているレプティリアンに排除されたレプティリアン組織」に所属している事はあり得る。「地球支配のレプ」のやっている事は許せないわけだ。他には「蛇族の秘密結社」に所属し、これまではレプに従っていたが、謀反を起こして暴露し始めたという経緯だとも考えられる。アイクが「地球を支配していないレプやナーガの一派」ならば、むしろアイクの本には真相が詰まっている事になる。広告塔のアイクへ妨害ならばまだしも、襲撃なんてしてしまうと、所属組織が怒る事は確定的。また、アイク以外の人材が所属組織から登場するだけ。

レプティリアンの全員が悪だと考えると見えないものがあろう。人間に対して中立なレプティリアンを想定すれば解決する。

なお、アイクの本にはライオンのマークが入る事があり、アイク自らが「ライオンが象徴するのは宇宙人の一派」と語っている。

上の絵の意味について。地球が描かれており、ライオンはくっきりと見える。地球はレプティリアン支配されているという意味なのかな。

さて、「陰謀やレプティリアンが本当ならば、出版されるわけがない」のような思考を持つ人がいる。しかし、出版まではできる事になる。その後にどうなるかがポイント。

差し当たり、21世紀の話。もし、都合の悪い本を出した人を襲撃したり、出版を禁止にしたら、その本の内容が正しかった事が証明されてしまう。なお、本の出版に関係なく暗殺されている人(政治家等)はいるが、多くの場合、秘密結社の掟に背いたとか、「組織を裏切ったら死」という契約をしていた人が暗殺対象となる。

なお、アイクの本を出した出版社の中には消滅した所もあるし、もう二度と出さない出版社(徳間書店)とかもある。


今回の動画のアシュタールを却下しようと昨年12月から温めていた記事があるが、今は凍っている。いつまで経っても記事アップが実現しない所を考えると、却下しなくてもいいと判断。昨今の騒動には有用だから、当ブログに宿るスピリットに記事をアップさせてもらえないというわけだ。却下のために使おうと思っていたユーチューブ動画も、アップした人(スピ家族)が引退して動画が消えてしまっていた。


関連記事
デーヴィッド・アイク新書~「答え」 第1巻[コロナ詐欺編] 2

テーマ : 都市伝説・噂話
ジャンル :

野球選手・木下雄介(中日ドラゴンズ投手)が新コロナワクチンで死去

当ブログでは直近で死んだ人の話はあまりしたくないのだが、そもそも当ブログのライターは降臨したスピリットなので止められない。管理人は単に広告を貼ったり誤字を直すのが作業。


中日ドラゴンズ(名古屋が拠点)所属の27歳、プロ野球の木下雄介 選手が亡くなった。もちろん、新コロナワクチンを打っている。

ワクチン接種の8日後、7月の練習中に倒れ意識不明、8月に入って死亡したという経緯。

ワクチンを打つような野球ファンの人でも、「彼はワクチンを打ったから死んだと、僕も思う」のように語っている。

都市伝説界では「新コロナワクチンを打ったから死んだ」と強い噂となっている。当ブログでもそう語ると思ったかな? 少し見解は違う。

「暑い中、激しい運動をしたから死亡した」と当ブログでは判断した。そして、新コロナワクチンによって、その気温での激しい運動に耐えられる身体ではなくなっていたから、倒れてしまったのだ。無意味な「もしも」だが、死亡した選手がワクチンを打った後、激しい運動をしなかったら、もっと寿命はあったと考えている。ちなみに、名古屋の夏は異常に暑い。東北、日本海側などに住んでいる人は、確実にびっくりする。

以前にも語ったが、新コロナのワクチンはあらゆる病気やストレス(炎天下や急激な気温差、激しい運動、薄い酸素の場所など肉体のストレスが主体)における死亡率を上げると当ブログでは認識している。あらゆる病気やストレスへの耐性が失われるのだ。寿命を10分の1未満にするとか、そういう見方でもいい。

ワクチンによって免疫が破壊され、あらゆる病気になる確率が上がると考える。もしかすると新コロナに対してだけ唯一、死亡リスクが下がる人がいるものの、全ての病気を加味すると全体的な死亡率が上がるというわけだ。ワクチンによってぼーっとしたり、身体が苦しくなって、熱中症や運動、空気が薄い場所への登山、怪我などの要因で死亡するリスクも高まる。

30歳前後の複数人が、ワクチンを打った後、転びやすくなったと語る。もし、転んで落下して亡くなっても、当然、死亡の要因がワクチンだとは認定されない。例えば、スキューバダイビングでは気圧(水圧)の差を味わう。ワクチンによって、水圧ストレスに耐えられなくなって、呼吸できず溺れたとしても、ワクチンが要因だとは認定されないというわけだ。

ワクチンで注目すべきは、新コロナに効くかどうかではなく、他の病気や発作、怪我を誘発しないかだ。新コロナワクチンで言われている説明は「新コロナの初期株のリスクを軽減」であって、「病気やストレスへの耐性変化」については全く語られていない。ここがトリックというわけだ。

まとめると、当ブログの見解としては、「ワクチンによって直接に死ぬ人は当面は少なめで、他の要因で死にやすくなる」となる。闇の勢力は今の段階では「ワクチンによって死亡する人が多い」と思われたくない。ワクチンは殺人兵器だからこそ、疑っていない人達へ比較的 安全だと騙すために、他の要因で死亡するように新コロナワクチンは調合されている。そして、時間が経つに連れ、他の要因での死亡率が上昇してゆく。一方では、死亡の因果関係を認めないような仕組みも構築しておく。

この件で大事なのは「打ったから亡くなった」という話ではなく、「なぜそんな猛毒を、皆に接種させたのか」という話。

本当に世界存亡の危機ならば、製薬会社が原価と流通費程度で各国へワクチン提供してもいいのに、依然として株主を儲けさせる事しか考えていないのはおかしい。

新コロナワクチンの開発が始まったという話が出た時から思っていた事がある。新コロナはインフル(風邪)の一種なので、ワクチンが完成し、承認される頃には、とっくに収束して消滅している可能性が主体のはず。にもかかわらず、「収束の兆しが無い状態が続き、ワクチンの開発や承認もスムーズにゆき、ワクチン完成後に感染が広がり、夏でウィルスは弱まるはずなのに感染爆発し、その季節が接種時期になる確率」というのを考えると、間違いなくワクチンと称した人口削減目的だと分かる。


関連記事
野球もゴルフも男女の神秘を模倣~白いボールは精

ワクチン接種をしたくない9つの理由

新コロナワクチン(モデルナ)接種後にハゲた28歳の女性

コロナの最終目的の前に、民衆は対立化する

テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

新コロナワクチンに極めて否定的な医師~中村篤史、内海聡


当ブログの読者ならば、内海聡という医師がワクチン全面反対だと知ってよう。本日は中村篤史という人を紹介する。神戸市でナカムラクリニックを経営している。反ワクチンの話は、NOTE[ノート]という場所でブログ記事に記される。

なぜ、当ブログがこの人の話をするかを語る。ユーチューブでは、新コロナに関係する動画には、政府のホームページへのリンクが目立つ所に自動設置される。NOTEでも、新コロナ関連だとそのような自動リンクが作られ、更には政府の方針に否定的な内容だと、「公的機関の見解と反する内容、または著しく乖離した内容の記事です」と記されるようになった(先日までは、そうではなかった)。リンクも次の3つ「ワクチンの効果」「ワクチンの安全性と副反応」「これは本当ですか?(これはデマ?)」のように更に増え、一部で騒がれ出したのだ。

今回紹介の医師が所属する秘密結社や宗教まで明確になっているわけではないが、ざっと記事を見た所、トランプを応援せずに反ワクチンの活動をしている。NOTEに記事がないだけで、隠れトランプ支持者の可能性は残るけど(当ブログ読者によると、いい大統領だと評価しつつ、悪人の一派に過ぎないと認識している模様)。組んでいる船瀬俊介という人はトランプを支持している。しかしながら、船瀬氏は講演会で「トランプという女好きのオッサンが英雄という事にされた」のように語ったりしている。秘密結社の指示としては救世主扱いせねばならないものの、本人は「救世主のわけあるか、あほらし」という態度が出てしまっているのが面白い。


ワクチンについて否定的に語る場合、「人口削減を企む勢力があり、マスコミや政府を支配下に置いている」という陰謀論こそが重要。トランプに無関心か、トランプを却下しているならば、真実に近い情報となる。

同じく医者で反ワクチンの内海聡という人の本は、医学的に語る話が主体のようだ。トランプを支持しているかは未調査。

この手の話の本の大半がヒカルランドから出ている。出版社なので、なんらかの繋がりさえあれば、出版してもらえるのだろうか。ヒカルランドそのものは、トランプ支持ではなさそう。理由としては、デーヴィッド・アイクの翻訳本を出版しているから。

アイクはトランプを明確に却下しつつ、ワクチンこそが支配の最終段階だと語っている。なお、アイクは医師ではない。元サッカー選手で高校も出ていないと記憶している。

まだ注意点がある。トランプ(共和党)を支持しておらず、ワクチンに反対する勢力もあるが、多くの場合、バイデンやオバマ、クリントン(いずれも民主党)などの悪口は言わない。要するに、「オバマ大統領は光の救世主」と叫んでいた勢力が「トランプは悪人、ワクチンは危険」と語っているだけなのだ。アイクの主張は、もちろんトランプも却下だし、バイデン、オバマ、クリントンも却下している。

アイクを工作員扱いしつつ愛とか語っている勢力は、多くの場合にキリスト教系のカルト宗教。アイクはキリスト教のみならず、聖書そのものを却下しているので、聖書を信仰するカルトはアイクに攻撃しがちというわけだ。もし、アイクを工作員だと語る情報を、読者が信じたいならば、まずはその情報の発信元の宗教(結社)を特定してからで遅くない。差し当たりのチェックポイントとしては、トランプ却下は当然として、民主党(バイデン、オバマ、クリントン)もちゃんと却下しておらねばならない。聖書の話が目立っていたら、信用しない事をお奨めする。

アイクの新刊の『答え』の冒頭には、「人生を楽しく生きよう」という短いメッセージがある。

関連記事
デーヴィッド・アイク新書~「答え」 第1巻[コロナ詐欺編] 2

ワクチン接種は所属の新興宗教によって異なる
スパイク蛋白人間はゾンビか
ワクチンを打ったら5億人の中に残れない
タマホーム社長がワクチンを打たないよう社員に告知

テーマ : 都市伝説・噂話
ジャンル :

持続可能な社会 SDGs = ムーンショット計画



本日は なぜかサムケンとは合流しない伊比氏の動画。


徳島大の医学博士で、PCR検査に疑問を呈していた人がいる。だが、闇の勢力のSDGsに名前を連ねており、悪の秘密結社員だと判明したという噂が広まり初めている。

そもそも、徳島大の自分の研究室の学生に対し「PCR陽性と新コロナ感染を混同しちゃいけないよ」と語る程度の動画が拡散されてしまった事が発端。いつの間にか、出版までできてしまっているので、元より闇の勢力の一員だったと言える。医学部の名誉教授なので、はなから善人が在籍できる場所ではない。医療は大衆を病気にして儲ける産業なのだから。

元より正義感で行動していたわけではない。もし、最低限の正義感があったとしても、「徳島だけはワクチンで人口削減される人を最小限にしたい」程度の話。特に大都会に住んでいるならば、田舎の大学教授が言った程度で、考えは変わらない民衆が中心。

次は余談で、徳島の場所を知らない人は少数派だが、徳島よりも人口のある福井の場所を知らない人は多い。「福井ってどこ? 福井は空想・架空の県」とされる事も。まあ、この世はマトリックスの世界なのだから、日本なのに多くの人が場所すら認識できない架空の県という認識は見当外れではない。ちなみに、福井県の人口密度は47の都道府県で31番目と、特別に田舎というわけではない。単純に面積が小さいから住んでいる人も少ないという状況。新潟県よりも人口密度は高いのだ。それから福井県を架空だと認識しない人には原発で有名だが、原発地帯は元々は隣の滋賀県の管轄(当時は原発無し)で、その地域がないと福井県が成立しないので、滋賀県から譲り受けて福井県に統合されたという経緯。

SDGsでは持続可能な社会を目指すという。人口削減すれば、持続可能な社会は実現しやすい。徳島大の名誉教授、ネットの噂ではすでに「民衆を分断するための工作員」のような扱いとなっている。何冊も本を出版するまでスムーズに行く所は、確かに上手くゆき過ぎ。

いずれにしても、「PCRは嘘」、「ワクチンは安全性が確認されていない」程度の話では信用には値しない。「ワクチンは闇の勢力による殺人兵器」に始まり、世の中の仕組み(マスコミ、政治・選挙、金融、軍事、教育、科学・医学……)など全てが虚偽という陰謀論を語らない限りは判定対象としてはならない。陰謀論を語っている論者の中で、本物かどうかを判定する事になる。トランプを応援していたら却下だとか。

新コロナ関連の話で、「ワクチンの危険性を語る人に医者もたくさんいる」という論理展開で語る人もいる。しかし、医者の発言というのは結局の所、医学の話しかしていない。SDGsとかムーンショットはもちろん、医学が大富豪に支配されている事や人口削減まで語るわけではない。情報としての価値は実は高くないのだ、もちろん、たまには医師免許を持ちつつ大富豪による人口削減を語る事もあるが、トランプが救世主で緊急放送が間近のような見当外れの陰謀論を宣伝する事が通常。トランプに無関心だったり、却下している医者(陰謀論者)ならば、それなりに参考にできる。


関連記事
スパイク蛋白人間はゾンビか
ワクチンを打ったら5億人の中に残れない
タマホーム社長がワクチンを打たないよう社員に告知

テーマ : 都市伝説・噂話
ジャンル :

ワクチンを推奨する・賛同する情報発信者について

当ブログで動画掲載はしないが、ワクチン推進派のユーチューバーもたくさんいる。まあ要するに工作員だ。基本的には「接種するかは自分で決めてください」のように語るも、ワクチンのメリットを中心に語り、デメリットはさらりと流す。

ビル・ゲイツの噂(ワクチンによって人口削減しますと公の場で発言)とかを知らないわけではなく、次のようにごまかす。
1:ビルの言いたい事は「ワクチン(新コロナ以外)を打って衛生環境を良くし、乳児死亡率を下げる事で、無闇に子供を作らなくする目的」
2:ゲイツなんてXbox(ゲーム機)を失敗にするような大した事ない人物
……が例となる。1つめの話には短文での反論が大変なので、2だけ却下しておく。まず「ゲーム機で失敗する奴は、ワクチンで人口削減を企んでいない」という命題が論理として成立しない。Xboxは日本では悲惨な成績だが、実は中国とアメリカでは大きなシェアを誇る。別にXboxは失敗なんてしていない。むしろ、中国の物凄い人口エリアで勝利している。

またそもそも、「ビル・ゲイツも人口削減作戦に参加」というだけであって、ビル・ゲイツが発案者ではないし、計画の全般を握っているわけではない。計画の賛同者の1人程度の立場。

ワクチン賛同者の殺し文句(たらし文句)は「正しい情報を得よう」だ。嫌われないように、「接種は自分で選んでね」と付け加える。語っている人材は、大きなイベントを開催できる若社長だったりと、確実に秘密結社員。要するに自分の意見ではなく、結社の指示で言わされる。

ワクチン反対派の意見に対しては、誤った情報と決めつけている。しかし、誤っている根拠を語るのではなく、「ワクチン否定だから誤っている」のような最初から否定目的でしか語っていない。

一方、ワクチン反対派はユーチューブ動画が次々と削除されている。ユーチューブでアップできない動画をニコニコ動画にアップしようという動きが盛んだ。実はニコニコに確認をした人も居て、「どんな言論をしてもいい」とお墨付きだそうだ。ただ、ニコニコは無料だと倍速再生ができないので、使い勝手は悪い。スキップ(先の方を見る)もできない。

マスコミのニュースでさえ、医療従事者200人へのアンケートで9割に副反応が出て、40度以上の熱が出た人も居たと語られる。その人にとっては「ワクチンを打っていなかったら42度の熱が出たのに40度で済んで良かった」だろうか。いや、冴えてる人なら「ワクチンを打ったから、こうなった」だ。


関連記事
デーヴィッド・アイク新書~「答え」 第1巻[コロナ詐欺編] 2……元々はこの記事に記していたが抽出。

テーマ : 都市伝説・噂話
ジャンル :

デーヴィッド・アイク新書~「答え」 第1巻[コロナ詐欺編] 2



7月の中旬に、デーヴィッド・アイクの新書1巻が登場した。
アイクはトランプを却下となる。「救世主のわけがない、正義の味方の振りをした悪人の一派」と評価する。

アマゾンの読者感想でトランプ信者が居たようだ。本の内容の大半に納得しつつ、トランプ却下の部分だけは納得していない模様。
しかしながら、アイクの本を理解できるだけあって、「善良な人々を完全なペテンにかけて、まるで救世主かのように洗脳するとんでもない作戦が行われている可能性」も語っていた。

トランプ信者で本の読者は「アイクがトランプを攻撃する根拠が弱すぎ」と語る。だが、語りたい事がたくさんあるアイク。トランプが救世主かどうかの話に多くの紙面は裂けない。それに、前作「今知っておくべき重大なはかりごと」で「フェイクニュースサイトは陰謀論をおとしめるための陰謀」と語っているのだから、「トランプを救世主とする事で真の陰謀論をおとしめる」という実態を理解すべき。

ともかく、トランプを支持していても、人によってはアイクの本の見事さが理解できる水準というわけだ。

一方、ネットには「トランプは善人ではないかも知れないが、ワクチンを打たせようとする闇の勢力と戦っている。だから、マシなんだ」みたいな意見もある。だが、相対的にマシかどうかはどうでもいい。よしんばトランプにマシな要素もあるとして、他の要素にはヒラリーやオバマにマシな部分もあるわけで、「全ての政策においてトランプがマシ」というわけではないのだ。救世主扱いされている時点でタチが悪いので真の悪人達と同類だ。バックに大富豪・悪魔結社があるのは同じ。

アイクはプーチンも却下していたはず。プーチンもニセ陰謀論の世界では救世主扱いなのだが、ワクチンを飲食店の従事者に強制しようとしたりと、闇の勢力と何も変わらない。あくまで闇の勢力同士で争っているだけ。

デーヴィッド・アイクについて語る。レプティリアンが実在する事を世界に広めた人となる。彼が語らなければ、地球を支配するレプティリアンの概念自体が存在できない。彼が話すまでは、レプティリアンは漫画・映画などの世界にしか無かった。初期の本にはレプティリアンは登場せず、大富豪の陰謀とスピリチュアル系の話だった。

「アイクはレプの手先」、「アイクはレプ」のような見当外れの意見を持っている人がいるのだが、なんでレプの手先が、わざわざ邪悪な波動の送信元が土星だとかを発表せねばならないのだろう? もし工作員ならば、同じような内容の本ではなく、次々と興味を惹きつける内容を新書に投下すべき。

「レプティリアンの地球支配は本当だけど、アイクは地球を支配するレプティリアンの手先」という話は矛盾があるので、当ブログでは受け付けない。そもそもアイクが居なければ、レプティリアンという真相を追求する開始時期が何十年も遅れていた。現在でもレプティリアンは秘密だった事もあり得る。レプティリアンを秘密にしておいた方が、世界支配はしやすい。よって、支配したい勢力が明かす事は考えにくい。「地球を支配していないドラコニアンの広報担当」という事はあるかも知れないが、議論の価値は感じない(ブログ管理人に時間を使って欲しいならば金額によっては応じる)。

アイクは妨害も何度か受けていて次のような事があった。工作員ならば、闇の勢力から支援されるべき(邪魔されるので本物という意味)。
●本の印税がごっそり奪われた上、自分の所に入らないようになった
●公式ホームページを任せた人間がやめ、フェイクニュースサイトを作成し出した(ローマ法王逮捕など、ありもしないデタラメとかを記す)

アイクを本物だなと判断できる理由を語る。実はアイクの本には自慢したり、陰謀論を信じない学者とかを見下す記述もある。人間臭く、この態度はあまり好かれる要素ではない。しかし、逆を言えば工作員ならば、もっと低姿勢で柔らかい態度で文章を書くはず。たとえ書いた文章に嫌われそうな内容があったとしても、工作員ならば別の人が添削すればいい。にもかかわらず、好かれようとせずに出版されている所を考えると、「レプの手先」のようなくだらない結論にはならない。

ちなみに、当ブログも低姿勢さがほとんどなく、万人に好かれる文章の書き方をしていないはず。広告だらけだったりと、人間臭さが出ていると気づいた。

アイクを工作員扱いしつつ愛とか語っている勢力は、多くの場合にキリスト教系のカルト宗教。アイクはキリスト教のみならず、聖書そのものを却下しているので、聖書を信仰するカルトはアイクに攻撃しがちというわけだ。もし、アイクを工作員だと語る情報を、読者が信じたいならば、まずはその情報の発信元の宗教を特定してからで遅くない。

アイクの本の話に戻す。新書「答え」1巻は新コロナ関係の話がサブタイトルになっている。
「答え」だが、実は当ブログ管理人としては未購入。理由としては、前作の「今知っておくべき重大なはかりごと」の3巻の途中で読書が止まっているからだ。4巻は購入済みで未読。ブログのネタになる情報が結構多く、文章がまとまらない内に、読書は進められないという状況。また、いくらネタにはなると言っても、そもそもブログ筆者自身が新たな情報を得る事はあまりないからだ。「今知っておくべき重大なはかりごと」より前のアイクの本に対し、ブログ筆者は日本語訳のあるタイトルを全て読んでいる。この状態だと、新書に書いてある内容は予想の範囲内の事ばかり。ブログのネタは他にもあるわけだし、慌てて読む理由にはならないのだ。

ただ、アイクを10年以内に知ったという場合には依然としておすすめ。


関連記事
フェイクニュースサイトは陰謀論をおとしめるための陰謀

デーヴィッド・アイク(爬虫類人を顕在意識に認識させた功績)を評価できる理由
デーヴィッド・アイク新書~「答え」 第1巻[コロナ詐欺編]

人類支配講座1~3
新コロナとワクチンは計画されていた

テーマ : 都市伝説・噂話
ジャンル :

新コロナワクチン(モデルナ)接種後にハゲた28歳の女性



見る対象は本人のブログもしくは動画、どちらか一方でO.K.。もちろん、当ブログだけでも大丈夫だし、時間や興味があれば2つ共、見ていい。

本人のブログ……28歳・女性から毛の無くなる様子が写真で。職業はモデルで職域接種だった。1回目ですでに異変が起きたのに2回目をやってしまったようだ。



阪急阪神はワクチン接種が始まった10日後辺りからスタッフにクラスターが発生し、百貨店(デパート)を閉める事になった。吉本興業もワクチン接種が進んでからタレントが次々と新コロナ陽性となった。さんまは口だけは「やっぱ打つ」だろうか(本当に打つかは本人次第)。

ワクチンに関してだけは、タマホーム社長や、福井県議の斉藤氏が正解と言える。「ワクチンを打ったから感染者となった」が真実。



◆◆◆リンク◆◆◆
タマホーム社長がワクチンを打たないよう社員に告知
東大阪市 前・議会議員 木村正治氏が日本人根絶やし計画の存在を語る
福井県議員・斉藤氏「ワクチンは殺人兵器」 というビラを地元に配る

ワクチン接種は所属の新興宗教によって異なる
スパイク蛋白人間はゾンビか
ワクチンを打ったら5億人の中に残れない

テーマ : 都市伝説・噂話
ジャンル :

リンク
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人とは、なるべく引き合わせる事のないようにお願いします。

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
本物の魔道書
魔法は存在するからこそAmazonで この価格に
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。伝えたいことがある場合には承りますが、意見メールは不要です。無償の回答依頼メールには返信しません。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
電気通信関連
広告ではアマゾンや楽天と通信することになります。
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
検索フォーム
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

☆キラキラヒカル☆            

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  10ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運