fc2ブログ

アカギ~闇に降り立った天才~青肌の吸血大富豪ワシズ・鷲巣麻雀(透明牌)



カイジの作家が以前に書いた漫画アカギのアニメを視聴した。主人公アカギはハタチくらいの若者。


対戦相手の鷲巣(ワシズ)という老人は、元々は戦前の警察に相当する部門にいて、要人たちの弱みを握る。戦争で日本が敗れる事を知っていたかのように、なぜか戦争直前に警察を辞めた後はビジネスに乗り出す。要人から、政府が次にどんな場所や分野で金を使うのか知らされるので、ことごとくビジネスはヒット。物語にはそんなシーンはないが、秘密結社で色々知らされる立場なのだと判断。

鷲巣は老いて没落する前の頂点では、あらゆる業界や政府系組織のトップがひれ伏すような日本の王だった。吸血行為を行うようになって、バレた火消しで財のほとんどを失った。

対戦相手の鷲巣は大富豪(没落して富豪)で、老人の肌とか室内の照明具合に見せかけて、肌には青緑色が掛かっている。鉤型[かぎがた]の長鼻も持っている。まあ、この鼻は作者の描く悪役男キャラの一部が持ちやすいけれど。

透明牌(4つの牌の内、3つが透明で相手に見える)で麻雀の勝負をするのだが、主人公アカギが賭けるものは血液だった。男の体格で1.5L~2Lくらい抜かれると、致死量となる。

アカギの作者は、「借金だらけの人が地下都市建設で集められる」というシーンをカイジという漫画で描いている。ともすると、レプティリアンと若者がギャンブルすると、実際に血を抜かれるルールがあるのではなかろうか。アカギの大富豪の目的は、あくまで血を抜いて若者の命を奪う事が目的だが、レプティリアンは飲血が目的。作者は知りつつ漫画にしなかっだろう。

鷲巣の衣装は上下黒のユダヤ人スタイル。現実で日本人の活動家なのに、更に黒い帽子を被っている格好をしていたら、主張を信じてはならない。

鷲巣の目が赤く光るシーンがある。主人公とか脇役には無いので、固有と言える。更には、鷲巣が竜に例えられるシーンあった。鷲+巣という名前の時点でホルスを連想させる。ホルスは正確には隼だが、鷲扱いされる場合もある。

そもそも隼とか鷲の人間の姿をしていたというより、レプティリアンの顔にも色々とあって、隼に似ていたというのが実際の所だろう。アカギの物語では、鷲巣に魔力が押し寄せるシーンや「向こう側の世界の魔物が取り憑いた」と自称するシーンも。立会人達からは、「化物とかモノノケと称される」。

作品アカギの何が印象的かというと、序盤では素人の中学生が麻雀で才能を発揮するというオカルト要素が一切ない物語。麻雀でイカサマをしたり心理戦を実施する。そんな構成かと思いきや、レプティリアンらしき相手が登場して、アニメで最終的にはレプティリアンと麻雀というのが笑ってしまう。本当にそういう存在がいない限り、オカルト要素ゼロからのスタートで、この展開は無いという判断だ。


カイジとアカギ、主人公は三日月型の顔をしている。名探偵コナンもそうだが、瞳が黒い三日月になっている。洋館に絵が飾られているという要素でごまかされるが、キリスト教系の描写が多い。悪魔が人を喰う絵画やイエス処刑の絵画などが何度も強調される。洋館にはドラゴンのレリーフも施されている。


ちなみに、カイジとアカギ、アニメの声優は、主人公は同じ人が担当で、アブナイ老人も同じ人がそれぞれ担当。

アニメ化はされていないが、鷲巣が主人公のスピンオフ作品もある。アカギの脇役が主人公となる物語。鷲巣は人間の顔じゃない。


鷲巣との対戦で使われた透明牌は、実在して販売されている。最安は5000円ちょいと、特に高くもない。


永遠の命とクローンとは密接な関係~ルパンVS複製人間……ルパン三世のマモーも青肌の持ち主。マモーだけでなく、なぜかルパン三世に登場する悪役には青肌が目立つ。

賭博黙示録カイジ~債務超過者の強制労働施設がある?

1986年のゲーム・ローリングサンダーのマブーは爬虫類人……現代の地球。ヒロインを誘拐した組織に挑む主人公へ最後に立ちはだかるのは、爬虫類人の姿をした魔法使い。しかも、デーヴィッド・アイクが爬虫類人本を出す10年以上前の作品。

テーマ : 麻雀漫画
ジャンル : アニメ・コミック

目によってビースト(爬虫類人)だと見抜かれる~デビルマンレディー2

以前にアニメ・デビルマンレディーの「ビーストにならないようにワクチンを接種しようと称して、そのワクチンこそがビーストになる要因だった」というシーンを語った。ご丁寧に1回ではなく2回が義務だった。

ワクチンこそが、予防すると称した対象(病気)の要因だという話があったわけだ。現実だとインフルエンザの予防接種をした人がインフルエンザになるという具合。というか、「インフルエンザの接種をした」という解釈でいい。

デビルマンレディーの第21話では、テレビでワクチンを宣伝されていて、信じた大衆が続々と接種される。接種しない人には、工作員がやってくるという状況。

ビーストというのは、当ブログでは爬虫類人がモデルだと考えている。シェイプシフトして体も大きくなり、悪魔のような見た目になる人間。必ずしも爬虫類ではないが、ドラコニアンみたいに変身する敵もいる。他には双頭のトカゲとか。人食いや吸血を行う者も目立ち、ブルーブラッド(青い血)が流れているのだ。

実はデビルマンレディーはワクチンの回(第21話)しか見ていなかったので、第1話から見る事に。

そして第3話のシーン。
ファッションモデルのヒロインが姿を広く知られるわけだが、ヒロインの目を見て「こいつはビーストだ」とバレてしまうのだった。光って分かりにくいが爬虫類目になる。

キッシーの正体なんて、選挙ポスターの目を見れば分かる人には分かっていた。爬虫類人の存在を認識できない者達によって、いくら叩かれても、なんの効果も発揮しない。せいぜい、「みんな次は新参政党に入れよう」「トランプが勝つしかない」のような、くだらない話しかあり得ない。

ネットには、「キッシーが実施したnn個の愚策」みたいな話もあるが、真の支配者によって指示されたもののみ存在できる。キッシーが独断で実施できるのは、首相官邸での新年会のような行為のみ。

「キッシーの親戚は財務・大蔵関係者ばかりだった」とか暴いて増税の理由が判明したと誇る人もいる。だが、そもそもそういう一族が政治家になっているだけという本質に気づかねばならない。となると、政治や政府というシステム自体が疑いの対象となる。新参政党やトランプでは解決しないというわけだ。

ワクチンの危険性とかを語っていも、酸化グラフェンやマイクロチップなどの陰謀を否定したり、爬虫類人の話を一切しない論者は、信用してはならない。「あるのかも知れないけれど」のように、はぐらかす場合も同様。「けれど」のような接続は、後半に否定的な内容が付随するというわけで。完全否定すると論者として却下されるので、うまく逃げているだけ。ちなみに、当ブログ管理人だと、存在が定かではないにしても、「あるのかも知れないので……」のように続ける。

ネットの論者(無名のツイート者ではなく、ユーチューブなどで活動する)の中に「ワクチンを否定したら、頭がおかしい陰謀論者扱いされた」のような主張をする人もいるが、もうこの状態なら、秘密結社や爬虫類人の話をしても変わらない。せめて、確実に存在している大富豪(ロック・ロス・王室・皇帝)の話くらいすればいいのに。にもかかわらず、それらに関して黙ったり、関与を否定するのはおかしいわけだ。医学や科学を使ったトリックは信じていないのに、進化論を信じるのは矛盾する。

それから、マイクロチップを埋め込まれた可能性として、「警察に何回か相談したが、結局は軽トラで小学校へ突入した事件。他には、刃物を持った男が中学校に突入しつつも「助けて」と訴える事件」があると語るユーチューバーもいる。後日、記事にするかも知れない。

爬虫類人が人口削減のために注射したのに、「医学的には治験中だ」「mRNAの副作用は未知」「NHKはちゃんと報道しろ」「新参政党を勝たせないと日本は終わる」とかそんな話に価値はない。ちなみに、mRNAの作用は充分に実験され既知だ(大衆が爬虫類的ロボットなる)からこそ接種したと考えられる。科学的論文に「mRNAで爬虫類人化する」なんてあるわけがないので、その意味でも論文に依存するのは危険。そもそも、爬虫類人とか超古代文明を隠すために科学・考古学という分野を設定し、爬虫類人がお金を出しているのだ。ちなみに、新参党のシンボルにはトカゲが騙し絵として存在する。

サライという漫画では、ウィルスでモンスター化した皆は味覚が変わる。現実だとワクチン接種した人は、味覚が変わってコオロギとかも美味しく食べられるのだろうか。コオロギは爬虫類が好んで食べる。デビルマンレディーではワクチンでビースト因子を埋め込まれるが、爬虫類人化するというわけだ。


次は読者コメントより。
配偶者に接種者を選んだり、接種者を配偶者として奨めるなどあってはならない。

アニメの話に戻し、デビルマンレディーを第3話まで見たが、今の所、あまり面白いと思わない。面白いアニメなら、他にあるという印象。作画監督が平野俊貴で、当ブログ管理人は平野ファンなので見る候補にしたという感じ。まあ、好き好きなので、物凄く面白いと感じる人もいよう。ただ、特に第3話は軽度の作画崩壊もあった。作画崩壊というのは、あり得ない位置に体のパーツが存在したり、体のパーツのサイズバランスがおかしかったり、坂道の角度が異常だとか、重力を無視しているとか、遠近感がおかしいとか。

全くブログのネタにならないアニメもあるわけで、視聴が済んでいないのに2記事も書けたデビルマンレディーは一癖も二癖もあると言える。

テーマ外の話だが、当ブログには「君の話は間違っている」みたいな荒らしは特に最近は無い。だが、物凄い長文で連投し、その長文の中に盛り沢山の他サイトリンクのようなコメント者がたまに現れる。申し訳ないがコメント禁止措置となる。当ブログ管理人に時間を使わせる行為は有料となる。まあその人も悪気はなく、「このブログの管理人ならば物凄い長文も読めるだろうし、リンク先もバッチリ理解するだろう」と買っての事だろうが。管理人と筆者は別なのだ。管理人は怠け者で、筆者は降臨したペルソナというわけで。最近は、デーヴィッド・アイクの本すら面倒くさくて読んでいない。新作が出ているのに、1つ前の旧作が途中という有り様。


関連記事
ワクチンの目的は病原化の促進~デビルマンレディー・21話「印」

デビルマン(永井豪)~人間の誕生以前に地球に住んでいた人がいる

終わりのセラフ~ウィルス=ワクチン

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

オカルティック・ナイン(Occultic;Nine)~スカンジウム(原子番号21)でアセンション?

ネットのアニメ情報で「中盤でびっくり」というジャンルだったのでアニメを視聴した。ゲームも出ているようだ。アニメとしては2016年の作品。

スカンジウム(Sc)というのは21番目の元素で金属。前後にはカルシウム(Ca)とチタン(Ti)がある。スカンジウムは高校化学ではほぼ触れられておらず、一般的にも話題にならず、馴染みの薄い金属(謎が多い)と言える。

一般的に、幽霊は人体のアストラル体となった状態。
そんなスカンジウムを脳に定着させると、死後もアストラル体が現実世界と同じ波長を保つ事ができ、死後に幽霊になっても現実世界と干渉する事ができるというテーマの話。

物語のライターは、どこからそんな情報を得たのやら。


現実の彼らについては未調査だが、ニコラ・テスラもエジソンも晩年は霊界について研究していたという。科学者といっても、上層は霊界を信じていよう。まあ魔法結社員なのだから当然なのだが。

脳にスカンジウムを定着させると、精神体で時間を超越でき、今の人格で永遠の時間を生きる事ができるという。この状態をアセンションと呼ぶ登場人物もいた。

各界の大物や富豪達はこぞって、スカンジウムを注入する手術を受けるという。しかしながら、その技術を提供する企業は、被験者を操る事が目的だが。

ムーンショットと関係があると判断して記事にした。ムーンショットについて、記憶をコピーするという偽りの永遠という思考もあるが、ちゃんと霊魂を残したまま、メタバースみたいな世界で暮らすという2つの状況が考えられる。

近況だが、ブログの更新が鈍いと感じる人もいよう。ただ、以前にもこれくらいのペースの時はあり、それでも続いているのが実態という事で。それから、なぜか更新が少ない方が、広告収入が多いという実態がある。更新が鈍ると、管理人を応援してくださる読者のパワーが強くなるのか、異次元の存在が読者へ働きかけるのか。もちろん、管理人自ら「広告収入の効率を上げるためにブログをサボる」という事は無いので、そこは信用してもらいたい。望ましいのは「更新をちゃんとすれば、加速度的に収入が増える」という状況。1記事で1000円だとして、2記事で3000円、3記事で6000円のように、指数関数的な増え方。

関連記事
電脳化(コンピュータ化)した人物は別人だった~グノーシア(SF人狼ゲーム)1

アクダマドライブ~ムーンショット後の社会、月は偽物、医者は命を弄ぶのが仕事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

アクダマドライブ~ムーンショット後の社会、月は偽物、医者は命を弄ぶのが仕事

記事内に登場する別作品(ジュピター、グノーシア)を解説した記事は末尾にリンクを記す。

アクダマドライブは2020年の作品となる。アニメでは全12話なので、スムーズに視聴できそう。

未来の社会。便利なアイテムも増えたが、かなりの管理社会となる。テレビには洗脳番組が流されている。

物語が進むに連れ、舞台の都市の秘密が明らかになってゆく。月は偽物でホログラムを見せられていた。

登場人物に医者がいるのだが、「医者は命を弄[もてあそ]ぶのが仕事」と断言する。このアニメを見た人が、作り話だと思わず、事実だという事を知っていれば、自分の体に偽ワクチンなんて注射させるわけがなかったろう。放映時期が2020年末なので、アニメを見た人には本当に最後のチャンスだった。


当ブログ管理人は、デーヴィッド・アイクの本とかで20年近く前には知っていて、自作のシナリオにも「医療なんて信じるな」みたいなメッセージも入れていた。

なので、物語のファンとコロナ騒動の期間に会った時に、ワクチン打ったかどうかの質問の返答で、「あなたの物語を知ったので、打つわけが無いです」みたいに返ってきた。物語の内容を現実の話だと認識してくれたファンというわけだ。

「医者の中にも真っ当な人はいる」みたいな意見もあるだろう。「医者は命を弄ぶのが仕事」には「西洋医学の」や「主流の」という修飾語をつけてもらいたい。大衆の味方という意味で真っ当な医者は、主流の医師会の方針には沿っていないだろうから。

医者は悪役だが「この世で最も価値のあるものは、自由だ」と語るシーンがある。別作品(映画ジュピター)だと、争う価値のあるものは時間だと語られていた。ただ、結局の所は「自由な時間」という意味で、時間も自由も重なる部分は大きい。最も価値があるというテーマでは、自由と時間はほぼ同じ意味と解釈できる。

タイトルのアクダマというのは、要するに犯罪者。民衆が暴徒化してアクダマ扱いになり、取り締まる側の下っ端が「アクダマってなんなの」と疑問を持つ。要するに、支配者に都合悪い人物でしかなかった。最終的には、政府こそが悪人の集団だと大衆にもバレた。

舞台は未来の世界と最初にも語ったが、肉体を持ち、管理される人間も地方都市には残っていた。一方では、精神をデータ化してしまった人間も大勢いた。要するに、ムーンショットだ。以前に語った、グノーシアというゲームとテーマが同じだ。秘密結社の座談で、その話があったのだろうか。

物語で人の精神データはキューブ(土星の象徴)の中にあった。現実のムーンショットでも、土星に関係する形にされる事は確定的だ。

物語では、自分達の居場所を勝手に決められてしまう人を嘆いていたヒロイン。現実に置き換えると、大衆は自分達の居場所をコンピューターの中というデータ領域に勝手に決められてしまうというわけだ。

というわけで、アクダマドライブはなかなかの作品だった。コミックでは全9巻、電子書籍のみとなる。こちらも入手後は読みやすいボリュームだ。


関連記事
電脳化(コンピュータ化)した人物は別人だった~グノーシア(SF人狼ゲーム)1……記事パート1だが、2が一向に出ないなぁ

映画ジュピター1~地球人は作物、木星はトカゲ人の巣窟
映画ジュピター2~宇宙で争う価値のある資源は時間のみ
映画ジュピター3~繁殖力のある種を地球に植え付けた理由は、一気に収穫するため

テーマ : アニメレビュー
ジャンル : アニメ・コミック

暗殺事件によって困難な法案を通す~Vivy Fluorite Eye's Song(ヴィヴィ フローライトアイズソング)

アニメの話なので、どうぞ宜しく。
Vivy は2021年の4月に開始したアニメ。要するに、アベが殺されたとされる事件の起こる前。

まだ、第5話までしか見ていないのだが語る。物語でAIに関する法律が通るのだが、その課程として、議員の暗殺事件があった。その事件をきっかけに、派閥のメンバーが、革新的な法律を通す事に成功した。議員の葬儀だけでなく、1年後にも祭典が行われるなど、アピールが強かった。暗殺された議員は、AIなんてどうでも良くて、それを利用して票を狙いにいっただけだった。

現実では要人の死を利用して、大衆の破滅に繋がる法律を通すという事例は、常套手段なのだなと思わされた。死ななくても、暗殺未遂とかも利用できよう。しかしながら、現代では、その手段は通用しないとも思っている。通用の定義を「99.9%の人が信じる状態」だとすると、暗殺事件や未遂事件は、6割くらいの人しか、マスコミの報道通りには信じていまい。となると、通用していないという事になる。

現実としては、アベ事件を利用して憲法改正を企むも、与党と統一会との繋がりが広く露呈し、むしろ、事件前よりも信用度合いが下がった。1年後の祭典は無かったにせよ、アベの国葬は強引に実施された。

物語では、AIなんてどうでも良くて、それを利用して票を狙いに行く議員がいた。現実でもLGBTとか、ワクチン被害とか、議員の居眠りとか、海外研修での使い込みとか、本当はどうでもいいと思っているのに、それらをダシに票を取ろうとする連中で溢れているのだろう。物語の議員はテーマを利用して名声を集めていただけで、実際にその活動で大きな成果を残したり命をかけているわけではなかった。

Vivyという名前で数秘術は66だと推定したが、途中で66歳のシーンがある。
Vivyに登場する、キューブに目玉のAIが怪しいなぁ。そのAIはくまのヌイグルミともシンクロする。AIくまは「あくま」の意味かな。
AIロボット(アンドロイド)のお嫁さんを貰った登場人物がいる。ブログ筆者がワクチン打ってなくても特にモテる様子がないので、爺さんになる前に、嫁にできるようなアンドロイドが誕生して欲しいな。まあ、Googleとかに繋がってない単体のアンドロイドがいいけど。

ここからは余談。
1960年代の漫画アニメから、2020年代の漫画アニメまで、レトロを理解し、最新でも問題なくついて来れている自分に安心している。最新作でも面白いと感じる事ができていれば、センスが鈍っていないと言える。まあ、ビデオゲームは、ついてゆけない状態なのが残念ではあるけれど。一応、プレイ開始できたのは、アンセムとドラクエ11S。アンセムは色々な事情で、序盤でやめた。ドラクエ11Sはドラクエ9までのクリア実績がプレイ開始の安心感に直結しているので、本来の意味での「ついていっている」には該当しない。

ゲームの話題にはついてゆきたいので、ゲーム関連のユーチューブ動画は視聴している。掲示板などのコメントに、「アラサーになると、ゲームについてゆけなくなる」のように語る人がいるので、やはりオッサンやジジイになって、最新ゲームを積極的にプレイ開始というのは、かなりの情熱が必要なのだろう。

関連記事
新大統領はAI(人工知能)で動作と語るムービー……なぜかあまり人気のない記事。コロナ騒動の真っ只中だったので、コロナ以外の話をすると、受けなかった記憶が。

ドラゴンクエスト11S-1~生命の樹(セフィロト)は魔王に奪われた、LGBTがゲームに侵食
ドラゴンクエスト11S-2~黒い太陽に邪神が宿る、孤児院の地下に化け物の洞窟、男同士で結婚

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

リンク
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人とは、なるべく引き合わせる事のないようにお願いします。

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
本物の魔道書
魔法は存在するからこそAmazonで この価格に
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。伝えたいことがある場合には承りますが、意見メールは不要です。無償の回答依頼メールには返信しません。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
電気通信関連
広告ではアマゾンや楽天と通信することになります。
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
検索フォーム
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

☆キラキラヒカル☆            

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  10ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運