fc2ブログ

地球の幽界が消失?~悪魔的宇宙人によって地球に囚われていた


当ブログでは7年も前に
死後の世界の嘘~あの世すらも支配する悪魔的宇宙人
の記事をアップしている。

今回はそれを拡張するムービー(文字と音声が主体)。

幽界を4次元と解釈しているようだ。低層四次元が爬虫類的宇宙人の棲み処[すみか]となる。


ポイントだが、輪廻転生はどの宇宙でも当然の事で、記憶を持ったまま色々な惑星で生まれ変わるのが本来のシステム。しかし、地球では爬虫類的宇宙人が死後の世界までも支配し、地球にある魂は強制的に常に地球で生まれ変わらせられ、搾取されているという話だ。地球は魂の牢獄という話は当ブログではよくしている。

ムービーではアセンションというワードが出てくるので、2012年に裏切られた人は抵抗あろうか。だが、アセンションが起きると言って裏切る事で、アセンションなんて存在しないと思わせる陰謀という事もあり得る。当ブログ管理人もアセンションの話は毛嫌いしていたが、今回のムービーでは抵抗がほとんどなく受け入れられた。


ムーンショット計画ではVRにコピーの人格を作るだけで、元の人は死亡と考えた事もあったが、実は魂を閉じ込める技術は存在しているのかも知れない。魂さえ閉じ込めれば、地球人は次元上昇できず、生まれ変われず、搾取を続けられるからだ。地球が次元上昇しても、火星にVRサーバーがあれば影響は小さい。

差し当たり、ムーンショット完了は2050年なので、27年後までには何かがありそうだ。そもそもムーンショットの目的自体が、単純な人削減ではなく、魂の新たな牢獄を造るためならば、整合性は取れる。

無論、「地球の幽界が消失」と称した嘘で、幽界に棲む悪魔的宇宙人が、より効率的に今後も地球を幽界から支配するというオチの可能性もある。嘘だという証拠があれば、コメントにどうぞ。

追記となる。この記事への最初のコメントは管理人だけに伝わる形式だが、その内容はITに関してブログの根幹に関わる重要な指摘だった。ブログのIT的な設定で致命的なミスが発覚したのだ。こんな凄いコメントが書き込まれた記事なのだから、紹介した動画は突き抜けているのではと考えた。なお、その影響で月齢のパーツは表示されなくなった。

今回の動画は宇宙人由来の魂を持つ地球人スターシードの話もしていて、宇宙由来の魂は子供に執着を持たないような人生を送るという。まあ、ブログ管理人の場合には、単に子供を産む意思のある女が寄ってこないだけなのだが。運命的に寄ってきたと解釈したのに、なぜか抱擁すら実現せずに去ってしまう事が何度かあった。当ブログの女性感だが、ルパン三世の作中のセリフ(実質は作者の名言)が気に入っている。「金と女は抱くまで信じるな」となる。デートまでの相手のテンションが高く運命的な要素が多彩だと信じていても、性的に抱くまでは勝利宣言しては駄目。エネルギーを無駄にさせられてしまった事があるのだ。

今回の動画チャンネルはツインレイ(ツインソウル)の話をしている。ツインレイがあるならば、異性を求める努力なんてしなくてもマッチングするはず。少なくとも、こちらがアプローチしているのに反応が鈍かったり、断る異性の場合にはツインレイではあるまい。


セガサターンというゲーム機に、下級生というギャルゲームがある。内容としては、地球に生まれ変わった宇宙人男が主人公で、記憶は失っていた。愛を誓い合った宇宙人女は、主人公にその記憶を思い出して欲しいのだが、主人公の行動によっては地球人の女達と結ばれてしまう。普通の人が判断したら、「どういう頭していたら、こんなシナリオを?」と疑問になるくらいの設定。

まあ要するに、物語の作者はスターシードの話を聞いて作ったわけだ。それなりに古く、1996年の作品となる。

同じシナリオライターは、別のゲーム作品で「地球の歴史に登場し、才能を発揮した人物は、宇宙人によって脳を開発されたから。宇宙人は地球の地底に住んでいる」のような物語も作っている。こちらは、PCエンジンというゲーム機のソフト。

イラストの金髪女が宇宙人。彼女の一族が地球の原人を遺伝子改造して新人へ進化させたと語る。下級生なんてプレイしなくていいが、この作品は当ブログのテーマとも強く結びつくのでオススメ。しかしながら、中古は希少でプレミア価格は2022年時点で2万円超。話題になってしまったら、すぐに中古市場から無くなってしまう事だろう。ニコニコ動画にプレイ動画があったが、序盤でぷっつり。何も謎は解けず、かえってモヤモヤするかも。アマゾンの評価は2人しかしていないが、なんと5点満点が2つという快挙。

ブログ管理人も、故郷の宇宙人に本当の恋人か配偶者・家族がいるのだろうか? ブログ管理人はゲーム・下級生の宇宙人男のようにはゆかず、地球では子供を産んでくれる女性が寄ってこないのだ。宇宙人としての自分は女で、配偶者は宇宙人男なんて事もあり得そうなのだが。


関連記事
地球刑務所説(地球は魂の牢獄、地球人は囚人)~人類は宇宙の刑務所にいる?

火星は人類の故郷?~火星移住計画~イーロンのツイッター買収

テーマ : アセンション
ジャンル :

宇宙人からのメッセージ、1つでも嘘が混じったら却下~バシャールとアシュタール


人間が本とか講演などで何かを語る場合、その人の勉強不足とか、勘違いなどで、誤った情報を発信してしまう事がある。なので、悪質な嘘でもない限り、「100の話の内、1つ2つ誤っている」程度では、その論者を却下したりはしない。

一方、宇宙人からのメッセージは、嘘が混じったら、その時点で却下に値する。確かにチャネラー(人間)を介して語られるので、ずれみたいのはあるかも知れない。だが、「いついつに、これが起こる」系の話をする場合、多くの場合に外れていて、しかも言い訳までしてくるとなると、却下で当然というわけだ。

他にも色々とあるが、バシャールとアシュタールの話となる。

チャネラーに話しかける異次元の何者かは存在するが、地球人のためにならない嘘を含んでいるので、見当外れの思考へ誘導されるという結論だ。話す事の何から何まで嘘という意味ではない。

バシャールは1997年に皆さんの前に現れますと宣言し、もちろん現れなかった。よって、嘘確定。
人間が「1997年に我々は宇宙人と出会えます」と語り、その後、「済みませんでした。間違ってました。こういう理由で、そう言ってしまったのです」ならば、次はあるかも知れない。しかし、自称・宇宙人が裏切ったら、悪霊確定なのだ。

バシャールの熱狂的な信者で、「僕は2011年の地震の後にバシャールの言葉に出会い、目覚めました」なんて、滑稽な話。20世紀に嘘をついた事を知らない状況が確定的で、相手にできない。

目の前に現れるなんて話は嘘だとバレるので、2016年には「全てが変わる」とバシャールは言った。全て変わっていないので嘘つき確定。何も変わらない年なんて存在するわけがない、ことごとくインチキと言える。

アシュタールは2012年にアセンションと語り、もちろん何も起きなかったので、嘘確定。「大量の宇宙船で来訪する」という大嘘も実施。
次が2011年出版のアシュタールの本。

しかも、近年は次のような言い訳までするようになっている。「何年何月に何が起こると私達が語り、起きなかった場合に、私達を信じなくなる可能性があります。よって、私達はもう、いつ何が起こるという話をしません」。

嘘チャネリングの多くは、裏切りと確定した後に、裏切りが無かった事のように次々とメッセージを送ってくる。

アセンションを騙っていたチャネラーはたくさんおり、アセンションの定義を、後から変更するというトリックがよく使われる。
●2012年からアセンションが開始した
●もうアセンションした
●自立する事がアセンション
みたいなデタラメだ。自立うんぬんは、内容が完全に書き換わっている。

地球の全てが5次元になるのがアセンションの定義。金融による支配が終わり、病気もなくなり、寿命も大きく延び、男女が仲良く暮らせる世界に切り替わるのがアセンションであって、「2012年に全て完了」でない以上、全てウソ。要するに、アセンションはデタラメだった。アセンション後の世界に、「マイナンバーやワクチンを進める勢力」がいるわけもないのだ。アセンションが進んでいるならば、「これまで存在していたマイナンバーやワクチンは完全中止」でなければならない。

改めて語ると、チャネリング情報が全てウソというわけではなく、部分的に本当の事も含まれる。次の話は、当ブログ管理人も、「この話は正しい」と判断している。しかしながら、バジャールからでなくても、この情報は入手できる。

バシャールは陰謀が存在するかどうかの質問に答えた事が幾度かある。
何年か前は「そんなものは無い」だったのに、最近は「ありますが、それがなにか? 波動が異なれば、彼らが何をしようと貴方には影響しません」だそうだ。いや、間違いではないのだが、そのムービーに寄せられたコメントで、もっと高い次元では誤りだと気付かされた。その内容としては「イジメという実態があるけど、波動が異なれば関係なくなります」みたいな話だからだ。「紛争とかで死ぬ人が現代でもいる、インドの最低カーストは極めて虐げられている、コロナが流行って社会の仕組みが変わる、悪魔儀式で子供が殺害され食われる」……バシャールに言わせれば、「それが何か? 波動が異なれば、貴方には影響しません」となる。感情が完全に欠如しており、確かにある種の宇宙人臭さはある。しかし、感情の無い存在が、地球人にアドバイスなど笑止千万。

バシャール信者同士で、一生の友と呼べるような仲間と出会ったり、ある人にとって素晴らしい人生になるきっかけになる事はあろう。しかし、だからと言って、バシャールが正しい事にはならないのだ。信者の大半は、この論理学的な道理に気づいていないからこそ。

一方、光の銀河連合は「前代未聞の大発表は2020年11月3日までにある」だそうだ。相変わらず、日付指定しているチャネリングもある。しかも1年に何度も、こんな感じで。これまでの実績だと「地球で光の勝利が確定しました」とか、実にくだらない大嘘ばかり。

チャネラーの多くは秘密結社員。その事実を隠したまま、宇宙人だの愛だの騙っても、多くの場合に信者のエナジーや金品を吸い上げるのが目的。エナジーの場合、チャネラー本人だけでなく、異次元の存在に流れてゆく。

バシャールを却下する理由がもう1つある。当ブログで以前にマヤカシだという話をしたら、数日後だったか何やら光のエネルギーがブログ筆者に降り注いだ。その時は天使でも降臨したかと思った。この時点では誰にもその事は話さず、ブログ等でも語っていない。更に後日、東京のヒーラーから「バシャールを却下できるのはいい感じです。私が守護霊に頼んで、光のエネルギーを貴方に贈るよう頼みました」のような連絡があった。


関連記事
偽チャネリングの見分け方1
偽チャネリングの見分け方2

バシャールは残念ながら寸止めのマヤカシ~実質はカバラ

テーマ : チャネリング
ジャンル :

(デマ)2020年3月ゲートが閉じる、それまでにアセンション(ガセ)


最近の管理人は遊び人を謳歌しているので、アセンションとかどうでも良かったが、最近、また噂を立てている勢力があるようだ。
次の人はスピリチュアルを把握しながらも否定派の意見。他にも、否定のスピリチュアリストは目立ち、2012年末のアセンションのときと比べて、否定的な意見が発見しやすく思う。


2012年末のアセンション詐偽では、結局の所、本を出版したり、セミナーを開いて金儲けに使われただけだった。実際には、信者からエナジーを集め、更に裏切る事でネガティブなエナジーを追加で吸い取る目的で実施された。


関連記事
コブラ解放を信じるとアセンションの二の舞

テーマ : スピリチュアル
ジャンル :

予言のトリック~信じた者からエナジーを吸う異次元からの搾取

予言と預言とは混同されやすい言葉で、意味には違いがある。しかしながら、評価としては同じように扱われる事も想定内だ。

予言とは、未来を予測して語る事で、例えば、大国の経済状況を分析して、この時期に駄目になるという例が挙がる。災害の場合でも、地形や現象などを分析して予測する。オカルト要素は小さく、あくまでその人間や研究所などが事実を基に学問的発想で実施する。根拠は地形や経済などの分析の結果だ。

預言とは心霊的存在からメッセージを受け、未来に起こる出来事を語る事だ。災害などの未来を異次元の存在から受けるというケースが当てはまる。夢で見たというのも、預言に分類するとしよう。いわば、根拠は分析の結果ではなく、直感やチャネリングとなる。

予言にしても預言にしても、断言したのを外したら「ふざけんな」という展開になりやすく、そういう意味では同等と言える。発端(発言の根拠)は違えど、アメリカの崩壊が外れるのも、自然の大災害の未来が外れるのも、聞いた者には同じく扱われるというわけだ。

一般的な情報では、預言と予言の区別はついておらず、予言という言葉で語られる事が多い。実質は預言の話をしている場合が主体だ。この記事では予言という言葉に統一して語るとする。心霊的存在から受けた預言という意味も含むわけだ。一方、支配層が人工的に災害を起こす宣言も予言に含めて考察する。

まず、人の感情や想いにはエネルギーがある。異次元の霊は、そのエナジーを活動源としている。
当記事では災害が起きるという予言を想定して語る。イメージに応じて、大地震でも大津波でも構わない。

予言を外す言い訳として、主なものを挙げよう。
1.もう表に出たので、運命は変わって実現しない
2.当たらないために人間が努力して回避できる
3.光の宇宙人が回避してくれた
4.たとえ外れても、信じた人達が繋がりを持てたんだ
5.未来は決まってないんだ

言い訳の1に対する考察だが、そもそも「~が起きる」という予言では、表に出ようが出まいが実行され、実現するが確定した内容でなければならない。支配層によって人工的に実行される場合、日時が広まったとしても、実際にそれを目にした人は1%未満だ。また、知られたからといって、実行しない理由にはなり得ない。

言い訳1~3に共通するインチキだが、表に出る事、努力して回避する事、光の宇宙人が操作してくれる事、それらも含めて未来だ。よって、最初から「1週間後に災害が起こるはずだけど、~という理由で既に回避されています」というメッセージだけを事前に流せばよく、「災害が起こる」とだけ語る状況は筋が通っていないのだ。

「災害があるはずだが、みんなに知らせる事で起きなくなった」というのは詭弁だ。「みんなが知る事で結局起きない」という事自体も想定して災害が起こるかを予言すべきなので、「予言をみんなが知る事で起きない」という未来があるならば、「災害は起きない」が未来としては正解なのだ。

4の言い訳「繋がりを持てたんだ」は論外だ。デタラメ宗教でも、入会すれば友達はできるだろう。人生で協力関係になれるかも知れない。しかし、その宗教の正しさとは無関係だ。また、全員が繋がりを持てるわけでもない。予言というのは、友達を作る事ではなく、当たるのか当たらないのかだ。また、当たる事でも繋がりを持てるのだから、当たらなかった言い訳に使うなど言語道断となる。

5の言い訳「未来は決まってない」だが、じゃあ、予言の意味は最初から無い。根拠のある予測ではなく、異次元の存在によって預言された内容で当たってものなんて、まず無いにもかかわらず、予言するとしたら悪質となる。この世は信じた事が実現するという法則もある。予言を知る事によって信じる事で実現の力は働く。それにもかかわらず実現しないという事は、信じていない人のエネルギーの方が大きいからだ。つまり、予言そのものが無ければ、実現のパワー自体が無い事になる。

日本人からの予言で多いのだが、例えば12日に起きるという予言をしたとしよう。その日時は、日本時間なのか、アメリカ時間なのかを明記してもらいたい。いつも、当日になっても何も起きず、どうせ起きないのに、アメリカ時間が終わるまで待つ人が多いからだ。

次に、異次元からのチャネリングで、本当に災害のメッセージを受け取ったとしよう。しかし、それが正直者の神様である根拠は全く無く、邪悪な低級霊が「災害あるから皆に知らせよ」と語っただけかも知れない。つまり、メッセージを受け取った事は事実でも、それが実現する根拠にはなり得ない。にもかかわらず「災害があるんだ」という予言があったと公表する態度は危険過ぎるわけだ。「災害の未来を受け取ったけれど、神様である保証はなく、本当に起きるという保証もない」という話ならばいい。


2014年の3月だったか、「高天原の大量の金塊が皆に配布される」と龍神様からメッセージを受け取ったと称する人もいた。それは、邪悪なレプティリアンからのメッセージであって、金塊配布が実現するという話ではない。なにが間違っているのかというと実は龍神様という部分だ。ここが「単なる低級悪霊」だとなれば、金塊が配布されるという部分も信じる根拠がなくなる。

どうして予言者は自信満々かと言うと、普段より異次元のメッセージを受け取っており、そんな時に「災害が起きる」「金塊が配布される」と来るからだ。言い換えると、悪霊からのメッセージなので、外れる事は確定するというわけだ。別に予言者は、必ずしも嘘をつこうとしたのではない。「出任せ」と「偽のメッセージを受け取った」は別なのだ。

陰謀論者ベンジャミン・Fは、「間もなく皆さんに大金が配布されます」という話を嘘だと知りつつ出任せを配信するが、「何月に大津波だ、高天原の金塊配布だ」みたいな人は、実際にそのような言葉を聞いているのだ。ちなみに、出任せの場合、「8割の可能性で起きる」みたいな、起きても起きなくても正解となるトリックで、起きもしない嘘をつく言動もある。

次に、災害でも、大金配布でもいいのだが、起きたという現象は万人に共通する。よって、起きなかった以上は、その予言はデタラメ確定だ。たとえ、その予言によって、誰と誰が仲良くなろうが、そんな事は一部の結果論であって、他の人にとっては迷惑を受けるだけなのだ。多くの場合に外れ、むしろ友達を失いかねない。

不思議なパワーによって、未来を伝えられるという現象があるとすれば、「どんな災害があろうと生きる運命にある人は生きる」という現象も成立する。つまり、「災害の予言を認知する事で助かる人」というのは存在できないのだ。ましてや、その予言が外れたならば論外。

予言の発信者は当てる事そのものが目的となる。大災害のメッセージを受けたら、起きて欲しくて仕方が無くなるのだ。この状態は、とてもじゃないが善や光の思考ではない。

合理的な思考でも、取るべき態度は明白だ。災害の予言の場合、「デマを広げて裁判になる」というリスクがあるので、「もしかしたら当たって英雄視されるかも」は釣り合わないのだ。「私は英雄になるつもりは無い。救世主として当然の行動だ(1人でも多く救われる人がいるならば)」というのは当たってから言えって(爆) それに、苦しむ人が続出する大災害を当てたって、誰もありがたいとは思わない。

大金配布やアセンション(次元上昇)だと分かりやすいが、信じた人達は裏切られ、その時に失望のエナジーを異次元の存在に吸われるのだ。優先すべきは、「万一に本当に災害が起きて、被害を軽減できるように」ではなく、「異次元に吸われない事」だ。言い換えると、警戒すべきは災害の可能性ではなく、災害が起こると称する邪霊からのメッセージである可能性だ。災害というのは普段から備える対象であって、邪霊からのメッセージが届いてから慌てて対策する対象ではないといえる。予言が当たって軽減できるかなんて不確定だが、外れて吸われる事は確定なのだ。国規模の悪い予言を知らされ外れた時、人はホッとするのだろうか? そんな人もいるだろうが、多くの場合に予言を信じた自分に落胆したり、予言を発信した人や知らしめた人に怒りが向く。それらの負の感情は邪悪な霊の栄養となり、また誰かにメッセージを送る事できるというカラクリだ。異次元の邪悪な存在に負のエナジーを吸われる以上、予言を切っ掛けに誰と誰が友達になろうが、そんなもんは一瞬で帳消しだ。ちなみに、予言を出した人自身も自己嫌悪のエナジーなどで大きく吸われる。

予言とは違うのだが、ある掘削船が活動すると人工地震が起きるという噂がある。可能性としては、それはあり得る。ここで、もう1つの可能性としては、本当の人工地震の原因から目を逸らすためにスケーブゴートにされているのが、その掘削船だ。活動させる度に、国民を不安にできる装置というわけだ。


関連記事
エナジーヴァンパイア~コブラ解放の術は吸飲

アイソン彗星・宇宙船説はどうなった!?

宇宙人オープンファーストコンタクトは3月15日?!……高天原の金塊の話も

映画ジュピター1~地球人は作物、木星はトカゲ人の巣窟……宇宙人は吸う事が目的
映画ジュピター2~宇宙で争う価値のある資源は時間のみ

テーマ : 予言に関するもの
ジャンル :

現・支配執行層(大統領や首相)を光の勢力だと信じる人達をプロファイリング

現・支配執行層、例えばオバマを光の勢力と考えたり、アベちゃんが光の勢力に改心したという情報はデタラメだという話は、先日の記事
エイリアンは悪魔・堕天使が化けている?!~キリスト教信者(狂信者)による宇宙人拒絶
で実施した。
。
主題は「悪魔は宇宙人」だったのに、キリスト教徒からの反発はなく、むしろ宇宙への旅立ち(爆)の信者らしき人からの反発が見受けられた。

陰謀論やスピリチュアルを排除して、一般的な社会学の範囲で物事を語る情報の中には、オバマや安倍総理が、立派に責務を果たしているという情報は皆無に等しい。特に安倍総理の情報は叩きばかり。つまり、庶民から見て悪人という事は確定する。しかし、なぜかスピリチュアル情報の中には、オバマが善で光だと語る情報があるのだ。もちろん、スピリチュアルの分野では、オバマはこれまでの大統領と同じく悪人。しかも、エイリアンとのハイブリッド。まともなのは、リンカーンとケネディくらいという情報が中心だ。


そこで、オバマは光だと信じる人はどんな状況にあるのかを考察する。

オバマを光と語る情報は、「もうレプティリアン(地球を支配するエイリアン)の時代は終わり、現政権に君臨している人達も善人だ」という主張だ。確かにオバマや安倍総理を悪人扱いする情報に比べて、安心できる話ではある。しかも、「まもなく大金が配布される」という美味し過ぎる餌も用意されていて、信じたい気持ちは理解できる。しかし、それが真実かといったら、嘘だとしか答えられない。また、大金が配布されても、貨幣価値が崩壊するだけという話は、以前に記事にした。信者として想定される人は、とにかく大金配布を欲している。また、大金配布がある事を否定する情報が奇怪だとか誤っていると思う事で、心の安定を図るのだ。論理的ではない言い掛かりだと、「お前ら工作員が邪魔しているから、大金の配布が遅れているんだ」という、弩級のトンデモもある。「大金配布はデタラメ」と、単なるライターやブログヘのコメント者が語った程度で遅れるような話は、最初から嘘だと考えるのが的確だ。

「当ブログの話を、そのままは信じないんだ~」と叫ぶ人もいるが、そういう人が信じている対象は宇宙への旅立ちや、その他のデタラメ情報(ベンジャミン・F、コブラ解放など)なので「俺のブログの方がマシだぞ」と当筆者は言いたいのだ。「単なるアニメマニア・ライターが言っているだけだろ」みたいな暴言も考えられるが、確かに総理大臣の方が格上にせよ、信じられるかというテーマについては、単なるライターが政治家を上回る事が通常だ。なお、アニメマニアにはまだ到達していないし、映画やゲームも含め、むしろ、もっとストーリーについて極めたいと思っているくらいだ。実際に視聴したアニメタイトルは恐らく5%程度だ程度だ(それでも視聴数は多い人となる)。漫画に至っては、1%未満が関の山。それに、アニメは高度な知識を授けられた魔道師が制作しているのだから、そこら辺の才のない人よりは遥かに凄い人だ。アニメが駄目なものというレッテル自体を却下とする。また、アニメマニアというのは、魔道の知識無しでアニメを視聴している人であって、魔道知識とストーリー目的の筆者とは関係ない。筆者の調査対象は映画でも海外ドラマでも構わない。物語を作っている人の水準は同じなのだ。しかし、アニメの方が手近にあるので採用しているのだ。絵と物語の作者は違う。つまり、アニメの絵が、いかに頼りなく見えようとも、物語とは別物で独立しているというわけだ。見かけで判断してはならない。小説や漫画の方が文字なので把握しやすいが、アニメでも言い回しの語彙が増え、ライターとしての勉強になるのだ。アニメだろうと何だろうと、突き詰めると理解が深まるものだ。それに気づけない者は、冴えないといえる。

秘密結社員の社長達が歓喜したアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の話はこちら。アニメオタクというのは、物語の本来の意味を理解せずに術に掛かり、グッズなどを買いまくる人の事だと定義できる。このブログに出会えれば、一皮剥ける事ができるホープでもある。

ちなみに、一般的に自分の知らないアニメや漫画を語る人に対しては、無条件でオタク認定しやすい。筆者ですら、筆者の知らないアニメを語る人を見かけたら、マニア認定の傾向がある(汗)

相手の主張に対し正面から具体的に論述できない場合、相手の人格とかステータスを突くのは、詭弁(議論でのインチキ)の基本なので、その意味でも却下だ。他にはレッテル貼りや藁人形論法(相手を決め付け、その決め付けに対して叩く)などが詭弁に相当する。

詭弁の例だが、オバマが光じゃない証拠を色々挙げた人に対して、「お前はレプティリアンに金を貰っている工作員だ!」、「無名・素人の映画オタクの話なんて聞けるか」のように返す場合は詭弁となる。「この人にも間違っている所はある(具体例無し)」も該当する。なお、当ブログに間違いがあれば、指摘してもらって構わない。もちろん、鬼の首を獲ったように語るのではなく、修正の意欲が湧くように頼みたい。「この映画のヒロインの名前をミスっている」みたいな間違いがあったとしても、当ブログの信頼度には一切関係しない。もちろん、筆者としてはそういうミスも修正したい所だ。その手のミスは読者の指摘で修正すれば良く、筆者に対して全くのミス無しに記事を書けというのは筋が違う。

ついにブログは消滅してしまったが、「オバマは光」と集会で教わりつつ、オバマが全く善の政治を実施していないので、「オバマにはクローンがいて、そのクローンが悪人なんだ」という失笑ものの情報もあった。

当ブログを3年前辺りから読んでいれば、オバマは光のはずはないし、大金が配布される話もデタラメだと判明する。


実際には、オバマが光かどうかは、信者にとってどうでも良く、安心できるかで情報を正しいと錯覚している。しかも、大金配布でますます安心だと錯覚するわけだ。大金配布確定の噂から3年経っているが、今でも生きているんだから、別に大金配布がなくても生きられる証明だ。

2012年に完全アセンションすると叫んでいた論者だが、それなりに素晴らしい事を語っていた。しかし、嘘だったのだ。聖書を読むと、幸せを感じる人がいるかも知れない。それはそう作られているからだ。素晴らしい事(聞き心地の良い事)と真実とを混同してはならない。素晴らしいと錯覚している対象は、聞き心地がいいだけで、邪悪な宇宙霊による虚言なのだ。常に裏切られる。

表裏一体なので、不安がらせる情報(テロや猟奇事件)も偽りながら、安心できる情報も偽りなのだ。安心できるとか、幸せを感じるというのは、嘘の証明でこそあれ、真実ではないので、オバマ光説や大金配布を信じている人は、思考を改めてもらいたい。

実は酒を飲みながら書いているので、本日はこの辺で。
関連記事には、3年前のを筆頭に過去記事を引っ張り出した。頭がある程度冴える人だと、当ブログに対し「日本一の真実」だという評価を返す。まあ、人生に役立てられるかはその人次第だ。

関連記事
嘘を信じさせるトリック
嘘を信じさせるトリック2~断言しない
嘘を信じさせるトリック3~羊頭狗肉・竜頭蛇尾

光にフォーカスする迷走~オカルト否定陰謀論の迷走

素晴らしい事を言っているという理由では信じてはならない

TIME/タイム~大衆への大金配布は害毒、貨幣価値を下げるだけ

エジプトのファラオの血液型はRH-、米大統領はアメンホテプ4世のクローン?!

テーマ : 検証
ジャンル :

リンク
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人とは、なるべく引き合わせる事のないようにお願いします。

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
本物の魔道書
魔法は存在するからこそAmazonで この価格に
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。伝えたいことがある場合には承りますが、意見メールは不要です。無償の回答依頼メールには返信しません。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
放射能が除去できる空気清浄機
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
検索フォーム
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  3ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運