fc2ブログ

脳を機械に繋ぐと、人は機械の意識を持つ~百鬼夜行シリーズ


先日は真・女神転生2(1994年)を題材に、VR世界で理想郷の住人になる人間の話をした。同じ時期に登場した小説に、百鬼夜行シリーズがある。舞台は戦後すぐの時代だが、作品としての登場時期は真・女神転生2と近い。脳を機械に繋ぐ話は1995年の作品となる。

銀河鉄道999(1977年)では機械人間というのが登場するが、脳の一部、恐らく脳髄が生身で、他の部分がすべて機械になる。脳の一部があるにもかかわらず、機械人間の大半が冷徹で、元の人格を残せない人ばかり。

さよなら銀河鉄道999は、人間の魂が出荷される話。

百鬼夜行シリーズの2弾「魍魎の匣」は機械人間の話。次のようなシーンが有る。

脳は鏡。機械に繋がれた脳が生み出すのは機械の意識。

要するに、生身の体を持っているからこそ、人間らしい意識を持つ事ができるのが脳という器官。よって、機械の体になった途端に別の人格になるというわけだ。確かに銀河鉄道999でも分析すればそういう事だが、言葉にしたのが百鬼夜行シリーズのポイントと言える。

見落としてはならないが、1995年の時点で、脳を機械に繋ぐと機械の心を持つ事が闇の実験で判明しているのではあるまいか。その話を聞いて小説にしたわけだ。いや、銀河鉄道999の1977年の時点で、判明していたのか。

ムーンショット計画が進み、最終的に脳味噌だけになった時、大衆のソウル(魂)に悪魔が合体できる。要するに、宇宙人など邪悪な異次元生命体が大衆の生命をハッキングして魂を刈り取るというわけだ。単純な人口削減ならば、大衆を生かしておく必要はない。しかし、地球人の多くを異次元生命体に売り渡すのが目的ならば、生きている部分を残す筋道ができる事に。


関連記事
電脳化(コンピュータ化)した人物は別人だった~グノーシア(SF人狼ゲーム)1……人間の記憶をコピーしても鬼になるだけだった

SOMA(ソーマ)【ゲーム】~仮想空間に移動した人類は同一人物と言えるのか?……脳髄が残っていても駄目なのだから、脳髄がなく記憶だけのコピーだと、もはや人間ではない

悪魔がインターネットで魂を吸収~真・女神転生デビルサマナー ソウルハッカーズ……悪魔がソウルハッキングする話

真・女神転生2 (1994年)~理想世界のアルカディアは仮想空間

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

クライシスアクターは明確なブランドやキャラクターを身に着けない



筆者の身近な人も街角インタビューされたと語るので、調査対象によっては本当の街角インタビューも皆無ではなさそう。まあ、35年前の話で決めるのもなんだが。

筆者が東京の町を歩いていた時に、街角インタビューの準備をしていた現場を見た事がある。インタビューを受ける人は決まっていて服装を整えながらスタンバイしているのだ。様相としては、ブランドは不明ながら、なぜかオシャレだったのが印象的。

見分け方があるようで、有名ブランドとかディズニーやタレント、アニメなどのグッズを身に着けていない人は仕込みだという。テレビ局が雇ったエキストラなのに、ブランドやキャラクターなどを宣伝してはならないからだ。スポンサーのライバル企業や他社のスポンサーを宣伝しないようにしているわけだ。

アクターをやっていた本人(語り手)によると、首都圏の鉄道で危険人物事件(ジョーカー姿)があったが、逃げている人は仕込みだと判断したようだ。この手の偽旗事件は、首都圏で起きる事が大半。ガラが悪いはずの大阪・兵庫・北九州とかではまず起きないのだ。

エキストラの仕事には映画やドラマなどの通行人のみならず、街角インタビューや行列の演出もあるという。日本のみならず、アメリカなど他の国も同様。

アクターに限る話ではないが、デンマークでは、マスコミはインチキだと学校教育で実施しているようだ。ただ、スイスなども含め、今後の地球で優遇される国の話に過ぎないと判断している。日本はいまだに新コロナ騒動を続けようとしているし、学校の現場は生徒・児童が囚人扱いだという所を考えると、冷遇される国だと推察できる。日本を陥落させるための騒動だと判断する論者もいる。実際、アフリカの各国は接種率も低いし、ターゲットがアフリカではない事が判明しているといえる。殺戮目的で原爆が落ちたのも日本だけだし(地上爆発で日本が自ら実施したという説もある)。

関連記事
クライシス・アクターまとめ

テーマ : 都市伝説・噂話
ジャンル :

関暁夫「宇宙ウィルスによって人間のカタチを持たなくなる強制進化になる」

雑栗わかるがやりすぎ都市伝説に疑問を呈していたので、肯定的に紹介する。

雑栗わかるには、他の論者より遥かにマシな部分が揃っている。
・トランプは却下
・やりすぎ都市伝説を疑う目を持っている
・レプティリアンとスピリチュアルが存在する前提で語る

元トランプ信者の中には、やりすぎ都市伝説大好きな論者(最近は伊比という人とつるむ)もいて、熱いだけで主張に一貫性がなく方向性が見えない。

別の顔隠しユーチューバーだが、大衆にとって良い事を語っているはずなのに、変えた声が気持ち悪かったり、選挙に立候補すると言い出して顔を出してきたり、進化論を前提に語るような、当ブログで却下対象となった論者もいる。

更に別の芸人だと、今でもトランプに期待していて、キューブの紋章を掲げていたのを消したり、怪しげなハンドポーズを続け、過去の芸ではピラミッドアイとかコンパスと定規などを実施。無価値な政治家を推奨したり、変な所へ誘導しそうな論者もいる。

そういう人達と比べると、雑栗のブレは極めて小さいわけだ。無論、選挙に出ると言い出したら却下だが、確か雑栗は選挙は茶番だと語っていたので、一応はその道もセーフ。

雑栗によると、やりすぎ都市伝説に関し
●プロパガンダの一貫で、陰謀論を流行らせ、ハマる奴を集める。
●ハマらない奴には、陰謀論を嫌うように仕向ける。
●与える情報で囲って、(支配者の)都合のいい方向へ動かせる。
●分かりにくて、「気づけよ。点を線で結べよ」と、結局、結論は言わない。
●ほとんどの人は謎を解けないが、真実っぽく見える。
●最近は「選別とかAI、メダバースに移行してゆくよ」と結局は目指す世界へ誘導する。
●不安・恐怖で先導する。
と語られている。

ブログ筆者は、やりすぎ都市伝説には興味ないので、ブログ筆者が見ているユーチューバーがたまたま扱った場合に内容を知る。コロナは茶番という話なんて番組ではしていまい。

ユーチューブでも、やりすぎ都市伝説と同じ分野をエンターテイメント(娯楽)として語るチャンネルはある。読者の中でも、「なんであのチャンネルは、あそこまで語って平気なの?」という疑問はあろう。そこまで語る事を許可されている結社もあり、そもそもブログとか本を見れば調査可能な範囲だ。本当に知られたくない情報は、ユーチューブはちゃんと規制している。また、「知られたからといって、計画に邪魔にならないか、むしろ計画を促進する内容(メタバースに閉じ込める系)」や「信じる割合が小さい対象(異形の宇宙人による支配系)」がある。

今回のムービーには無いが、昨年の番組で司会の関という人が
「宇宙ウィルスによって強制進化し、みんなは人間のカタチを持たなくなる」
のような話をしたようだ。

これはまさに漫画家・柴田昌弘のサライの世界。人々は人間の形を保てなくなっていたのだ。表紙の女の子は日本人なのに、完全赤毛で、背中には翼が生える。多くの人は15歳くらいになると、化け物の姿になるのだ。


関連記事
藤子不二雄の流血鬼が現代を予言?~柴田昌弘のサライこそが予見

テーマ : 都市伝説・噂話
ジャンル :

【映画・漫画】イキガミ~政府がワクチンを打つ理由は?



ネットでも噂のイキガミという作品について語る。噂の理由は、政府がワクチンと称して子供に注射をして、その中から確実に死亡する者を仕込むというテーマの作品だからだ。

コミックは2005年~2012年の連載、全10巻。映画は2008年で4巻辺りまでの内容。
アセンションなんてあるわけもなく、人が注射で死ぬ未来を作者が聞いていたから作れた作品なのだろうか。

イキガミは死亡予告書の事で「逝き紙」と書く。もちろん、戦時中の赤紙も意識されていよう。
日本が舞台……と思わせておいて、すでに2つに分裂した、日本国土ながらも別の国が舞台。舞台は終盤で明かされるので、本当は日本の事だけど、違う政府に設定変更したのだろうか。もしくは、秘密結社の上位者に叱られた時のために、「別の政府」を演出できるように、序盤から日本が舞台だと明記しなかったのだろうか。

小学校に入る時にワクチンが義務付けられている社会で、1000人に1人が確実に死亡する。ワクチンの中に時限爆弾が仕込まれるのだ。死んでいく人はお国の役に立てると教育されている。政府が独自に設定したのではなく、戦勝国による圧力で設定させられていた。

ワクチンを打っても直ちに死ぬわけではなく、時限爆弾のように将来の死亡が確定する。誰が時限爆弾を打ち込まれたかは、政府の部署に保管されていて、爆発の2ヶ月前には判明する。小1の入学式に接種し、18~24歳の決まった日に死亡する。25歳になれば、時限爆弾は無かったという事に。

すごく元気な若者が、過去のワクチンによって、ころりと亡くなる。死にたくねぇと嘆くが、打ってしまったワクチンが要因。
大衆に植え付けているのは生命の価値ではなく、「命があるだけマシという概念」だった。従っていれば幸せに暮らせると信じさせられている法律なのだ。

物語では戦争が始まりそうになると、夜間の外出規制や渡航制限が実施される。新コロナでも似たような事になっているので、戦時中だと語る人がいるのは、そのため。

映画では
キューブがくるくる回転している……キューブ=六芒星の立体=土星
政府スタッフは黒いスーツ組と白衣組がいる……白と黒=悪魔崇拝=土星

現職の国会議員の息子がイキガミの対象となっていたが、議員は元々は思想犯だった。現実の政治家の中にも、洗脳・矯正されて議員とかになっている人がいるのかも。
「マスクはするな、コロナは茶番」みたいな政党の代表もいるが、仮に当選したとしても、当選した当日に連行されて、脳改造とか洗脳を受けて戻り、議員になるのだろう。
まあ、洗脳しなくても5億円を受け取ったり、好みの世代の美女(美少女)を5人くらい用意されて囲えるならば、支配者の犬になる事は確定的だが。


終盤ではワクチンは戦争が目的だと判明する。詳しくはコミックの方でどうぞ(映画はコミックの前半しか無い)。

現実にも当てはまりそうで、ワクチンによって死が迫る大衆はデモを起こす。解毒剤を出すから兵士になってくれという条件で、デモは鎮火するのだ。ワクチンでの死よりも、戦闘での死の確率が低い事を信じてしまう大衆。ワクチンの目的は戦争へ行った方がマシだと思わせるプロパガンダだった。

漫画では1000人に1人に時限爆弾が埋め込まれるわけだが、現実の新コロナワクチンではどの程度の割合なのだろうか? 例えば2人に1人とか、3人に2人とか。

注射とは関係ない社会の仕組みだが、都会の壁にはよくペンキで違法にアートとか落書きがされている。そして、その落書きをしているカリスマは、落書きを消す仕事をしていた。要するにヤクザな商売を成立させるために、落書きをしているわけだ。


というわけで、噂のイキガミについてレビュー。


アセンションや「光の勝利」についても、ついでに語る。そのような状況にあるとしたら、猛毒ワクチンやワ・パスポートに誘導する出来事は起きてはならない。「5次元領域では光が勝利したんだ。3次元に伝わるのには時間がかかる」というのも却下。50年後に3次元で光が勝利したとしても無意味だし、そもそも勝利自体が嘘かも知れない。


関連記事
今後、起きること~第一次世界大戦から第二次世界大戦までの流れより
今後、起きること2~2030年までの未来計画

ルービック・キューブは土星崇拝のおもちゃ、ゲーム機サターンとゲームキューブ

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

ディストピアの世界(オリンピック後)~カイジ・ファイナルゲーム


カイジ・ファイナルゲームは2020年1月に放映された。カイジの映画3作目となる。主役の藤原竜也は龍が如く6にも出ていた。


ファイナルゲームの粗筋だが、東京オリンピックの後、物価が上昇し、労働者はひどい搾取を受けていた。政府には預金封鎖をして、新通貨を発行する計画がある。でかい神棚みたいな場所で預金封鎖を決めた政治家達。政治家達は神という何者かを信仰しているのだ。

一方、預金封鎖をやめさせたい富豪もいた。カイジはこの富豪に力を貸す事に。

一旦は預金封鎖を発表した政府だが、新札を主要な政治家が受け取れなかったのもあり、大衆の様子を見て預金封鎖はデマと報道して中止した。

一応、映画内ではゴールドは安全資産となっていた。現実の話、富豪達に無断で預金封鎖や財産税は考えにくく、必ず抜け道はある。しかしながら、いくら財産税の対象にはならなくても、置物や掛け軸や絵画は価値や真贋を見極めにくいし、破損、汚損のリスクもある。ゴールドは購入元が信用できれば問題ない(万一、偽物のゴールドだったとしても、買った店や発行元に売るのだから、発覚しない。偽物でも体積の4分の1くらい本物でコーティングする)。投資用金貨を半分に割って泥水や油に浸しても、価値は1割くらいしか落ちない(掛け軸や壺など骨董品だと致命的)。


映画の物語では、新コロナみたいな疫病が原因でディストピアになる展開ではないが、現実ではディストピアに向かっていると言える。

次は作品としての感想。
カイジの容姿がイケメン藤原で、イメージに沿っていない。また、カイジの思考も格好良すぎ。漫画のカイジはだらしなく、もっとセコイのだ。物語の構成もカイジとはずれている気がする。まあ、カイジと関係ない作品だとすれば、まあまあ面白かった。

マンガ・アニメのカイジを知っている人への余談だが、ネットの考察だと、会長の正体はカイジの祖父で、遠藤の正体はカイジの父親だそうだ。会長の息子に若造のカズヤというのがいて、カイジはその若造と母親とを見間違うシーンがあるのだ。更には、カズヤの兄はカイジそっくりの顔。こりゃ、決まりでしょ。遠藤は契約に仕込んで相手からキッチリ取り立てるが、カイジも約束させた事に対して、キッチリ取り立てる(班長やカズヤから)。落ちぶれた遠藤はカイジのように高級車にイタズラしようとしていた。


昨今は暗い話題が多いので、笑える話も今後の記事では取り入れようと考えた(毎回は無理だとしても)。カイジのアニメ・マンガを知る人ならば、きっとゲームの出来には笑えるはず(苦笑い)。原作を知らない人で興味が向かなければ、見なくてO.K.だが、ムービー作者によると、原作を知らない人のために解説を入れている。


関連記事
賭博黙示録カイジ~債務超過者の強制労働施設がある?

カイジ「命より重い!」お金の話 [木暮太一]

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

リンク
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人とは、なるべく引き合わせる事のないようにお願いします。

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
本物の魔道書
魔法は存在するからこそAmazonで この価格に
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。伝えたいことがある場合には承りますが、意見メールは不要です。無償の回答依頼メールには返信しません。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
放射能が除去できる空気清浄機
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
検索フォーム
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  3ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運