性エネルギーによるトランス状態から願望を実現

本日は性エネルギーに関する話。

人々は、政治経済、歴史、法律、医療、食品、資源、宗教でも騙されているが、セックスについてこそ、深く騙されているので、その洗脳を解きたい。当ブログが口ずさむ「月に人が住んでいる」という話よりは受け入れられる物と信じている(笑)。

記事末に改めて紹介するが、「スピリチュアルパワーを呼び込む エーテル体に目覚める本」という書籍がある。4分の1くらいは性エネルギーの話となる。その書籍から学んだ事を消化して記す。

人間がセックスの絶頂に行き着いた時に、うまくトランス状態には入れれば、願い事を叶えたりできるという話だ。宇宙に繋がるには、瞑想をしたり、荒行をしたり、バイノーラルビートを聴いたり、ヨガしたり、ゴールドを食ったり、魔法を使ったり、精神科の劇薬で奇遇にだったり、幻覚剤を使用して……と色々な方法がある。その1つに、性エネルギーの放出の際に生じるトランス状態を使う方法があるという話だ。

なお、性経験の少ない人が1人でやっても無意味で、ちゃんとパートナーがいないと感覚は掴めない。相当に慣れたならば1人でもいいのだが、それだけ慣れられる人ならば、パートナーがいない事は考えにくい。

セックスは本当に素晴らしく、巷で言われているようなレベルの低い説明は偽りだ。男女にかかわらず、異性のパートナーがいてもセックスが嫌いなのでしないという哀れな者達もいるが、地球の支配層による性の制御がバッチリうまくいった末路といえる。一方では、世界的に若年層のセックスを禁止している。若年層同士というより、経験達者な大人と青々しい者との性行為が強烈に封じられる世の中となった。もちろん、思春期の爆発するような性エネルギーの方が大きく、回数もこなせるので、思春期の方が覚醒しやすい。その時期さえセックスを封じれば、後は奴隷として仕上がった大人が誕生するので、支配層にとっては実に都合のいい状況になるわけだ。思春期の小僧、小娘がセックスなんてけしからん? いや、その時にちゃんと知識を学び、練習しておかないから、青年以降になって苦労するのだっ。バッチリ覚醒しておけば、人生は順風満帆となる。異性を搾取の対象ではなく、パワーを交換する対象だと若い頃に知れるのも大きい。

なお、思春期前の性はトラウマになりやすく、避けるのが無難だ。大人となった人による原因不明の精神障害を紐解くと、忘れてしまっている幼少期の性的トラウマに行き着く事もあるが、その事実を知れば「なーんだ、スケベなあの人にイタズラされたのが原因か。でも、あの人は既に老人……。赦すにしても、糾弾するにしても、解決法は見えた」のようなケースに帰着するようだ。原因不明だから、トラウマによるショックが起きるという感じだ。
性を悪だと思っていては、支配層の思う壺。魔法結社でも性エネルギーを重宝する。想念と性のダブルで、世の中の各分野に君臨しているというわけだ。

一方、成功者となった男の話として、女性を性的に満足させ、女性からの助力を貰う事こそが成功の秘訣だと語る内容がある。よって、ブログ筆者は毎度、皮肉めいて同じセリフを言うが、「"私はセックスが嫌"と語る女性のパートナーが成功する可能性は露程にも無い」というわけだ。男が金持ちになれるかは、女が性によるパワーと助力を男にどれだけ与えられるかに依存している。今回はもう1つ皮肉を付け加えるか。「”俺はセックスが嫌い”と語る男が女性から強烈なパワーを授かる事はあり得ず、女性を性的に満足させていない以上は女性からの助力は期待できず、成功は望むべくもない」と。


アレは子供を作る行為だとか、動物みたいで嫌だとか思う人もいるだろうが、性の真実を知らない哀れな状態というわけだ。実はスピリチュアルに目覚めている人でも「セックスは愚かだ」とか「男性の肉欲に退いた」とか語る女性がいる。それだけ洗脳の深いエリアで、支配層が真相を隠したい対象がセックスだといえる。

当ブログのサブタイトルとして「お金と性」とあるが、お金と性に対する真実という意味だ。まあ、「魔法でお金と異性を手に入れる」と思った人が興味を持つのも全く問題無い。お金とは金銀銅+ニッケル・パラジウム・白金であり、性は最も素晴らしいパワーだという話となる。そして、身近で興味の大きい対象について真実を奪われた状態から覚醒する事が、真の人生のスタートという主張だ。

当ブログの主張としては、「女に性欲が無いなんて騙されている。女こそが強烈な性エネルギーを持っていて、多くの場合、若さを失う頃に気付く」という内容だ。当ブログの「性愛」カテゴリの記事を読み進めてもらいたい。
また、外部サイトとして、次の記事をお奨めする。「女子バレー部の秘め事

ともかく、大衆が覚醒しそうなアイテムは、ことごとく取り上げられる。太陽光にセックスに魔法に麻に幻覚剤に……。そして、大衆が覚醒しない対象を押し付けてくる。科学に法律に宗教に食品添加物にテレビに携帯電磁波にフッ素化合物に……。

性に対する洗脳は深いと思うが、人類は宇宙人によって奴隷や食料として創造されたという話よりは、受け入れやすいと信じて語ってみた。読者が賛同できれば幸いだ。(賛同されたかの判定は、記事末の拍手で実施)

参考書籍はこちら。性のスピリチュアルパワーは奪われた。支配層は最も素晴らしい性を愚かな対象だとすり替えた!

テーマ : 性とスピリチュアル
ジャンル :

男は女を悦ばせるために存在する☆

昨日、藤田隆志氏の成功哲学で、性力が大切だという話があった。その内容を追求すると、女性を性的に満足させ、女性からの助力を得る事こそが、成功者になる秘訣というわけだ。プラトニックがいいとか、ストイックでいて欲しいとか、しょーもない事を言っている若い女性のパートナーが成功する事など、絶対にあり得ない。彼女がやらせてくれなくて悩んでいる男がパワーを授かる事など望むべくもないのだ。セックスでは顕在意識が飛び、変性意識や潜在意識が剥き出しになる事もある。宇宙に繋がる瞬間だ。恋人に「エッチは嫌なの」宣言されて、自分の恋人を性的に満足させられない男が宇宙に繋がるなど期待できないと言える。

成功哲学では性行哲学を語らない事が多く、語ってくれる藤田隆志氏はそういう意味でも素敵な男と言える。


筆者も女性を悦ばせるべきというのには賛同するが、少し考え方が異なる。まず、古代の社会や現代でも母系社会では、女が仕事をし、男は芸などで女を楽しませるのが役割なのだ。追加として、女性をセックスで満足させる事も、男の役割だと言いたい。男もセックスでは気持ちいいが、それ以上に女こそがセックスで気持ちいいのだ。
しかし残念な事に、現代社会では、女は自分のセックスを封印させられてしまっており、恒久的に養ってくれるか、たくさんお金をくれる人にしかセックスを許さないような風潮になっている。無事、貢君をゲットできた女はともかく、多くの女性がセックスの悦びを知らないまま年を取ってしまっている。年を取ってしまう状況は藤田隆志氏も嘆いていた。もちろんこの状況には成り行きでそうなったのではなく、古来より支配層が女性の性を封印して、男を奴隷労働者として企業など(実質は奴隷場)に徴用するために思想を誘導したという歴史は外せない。

当ブログでは開設当時より、大衆を奴隷化するには、時間を奪う事(勉強や労働、娯楽を割り当てる事)、お金を奪う事(税や労働で搾取する事)について述べている。そして、セックスを奪う事(女の性を封印する)を大きな奴隷化として挙げている。大衆の性を制御しようとする風潮は、全て奴隷化だと考えればいい。戦前にはなかったような性の制御に関する法律は全て大国のバックにいる勢力による強要だ。女性や子供を守るための法律など何一つないと思って欲しい。

人間は男と女で1つなのだ。列車への女性専用車両の導入、女性が犯罪防止目的で自分の位置情報を監視企業に知らせる行為、これらはもちろん、大衆にセックスを誤解させ、自分の自由を明け渡す行為なのだ。女性を解放するどころか、ますます奴隷化する。

逆走している事に、少しでも多くの女性に気付いて貰いたい所だ。そして奴隷化されている大衆とは別世界、要するに筆者達のいる世界に来て欲しいと願っている。

なぜ性の真実『セクシャルパワー』は封印され続けるのか


藤田隆志氏推薦の格言
恋愛していない期間とは病気で入院してる事と同じである

当ブログ筆者のアレンジ
セックス相手のいない期間とは病気で入院してる時と同じである。相手がいるのに一度もしない状況は重度の病状と言える

テーマ : 性とスピリチュアル
ジャンル :

男が結婚しない理由~不妊の理由

男が結婚しない理由は、女が若い時に結婚しないからだ。単に男が奴隷兵士として企業に徴用されているだけだというのに、男は女を養わねばならないという風潮が強い。よって、「養いたいな」と思う女でないと、男は結婚する気にならない。女が結婚に焦り出す頃には、男にとっては魅力的な女でなくなっている事が通常だ。

筆者のケースだと、「この人なら、"俺と結婚したい"と言ってくれたらOKを出すだろうな」と筆者が思う女性でも、「今は仕事が乗っているので」のような返事とか「男の知り合いが多過ぎる、その中から選ぶつもりかっ」のような状況を味わう事になる。ちなみに、筆者の考え方としては、パートナーの女性が仕事をしたいならすればいいという考えだ。また、本当に仕事と呼べるのは、自分の好きな内容を自分がオーナーという立場でという想いが強い。ともかく、今の仕事を続ける事で即、筆者に迷惑が掛かるなんて事にはならない。

以前は恥とされた「できちゃった結婚」だが、今の男や男の両親は、子供を産めるかどうかでも嫁を判断する。なので、できちゃった婚はむしろ歓迎。跡取りが生まれない結婚こそが、実に都合悪いのだ。さて、言うまでもなく産むのに最適なのは15~30歳となる。若い女性は、この事実を改めて考えて欲しい。
ちなみに、不妊増加の理由は、茶髪薬などの環境ホルモンが筆頭となる。偶然に茶髪薬が不妊の原因になっているのではなく、子宮頚癌ワクチンも含め、支配層は人口間引きを企んでいる。その手段の一つが芸能人を使った茶髪の宣伝というわけだ。ちゃんと分かっている男が見ると、茶髪の女は既にレッドゾーンなのだ。まあ、筆者と会う時には、黒髪に戻しておこう(笑) 参考までに、茶髪薬の次に不妊の要因となるのはシャンプー、遺伝子組み換え食物、予防接種、福島原発からの放射能、食品添加物……のようになろうか。まあ、セックスしないのが、最大の要因というオチでもいいか(爆)。タバコとか、そんなもんはずっと後の要因だ。ちなみに、筆者はタバコを薬だと考えている。タバコが原料のシガレット(自販機などで主流の紙巻きタバコ)は相当に汚染されているという考えだが。

18歳くらいの若い女性本人が、赤ちゃんを産む事に恐怖を感じる事があろうか。痛くて苦しそうだと。しかし、36歳くらいになって初めて出産する方が怖いと考えられる。戦前の女性ならば7人くらいは産んでいた。何が怖いのかという話だ。本来の女性は凄いのだ。そして、妊娠しまくるのが女性なのだ。不妊なんてあり得ない。不妊の要因を改めて考察すると、当時存在しなかった物が現代にあるからだ。思想も含めて。

男の正直な気持ちを語ると、自分磨きをした女性は「擦れている」「手に負えない」と判断される事が多く、決して婚活でプラスにはならない。それよりも「自分色に染められる」女性の方が好みだ。どうして海外で、著しく幼い時期から女性が結婚を迫られるかという理由の説明にもなろう。

男には黒髪パッツン好きな者達がいる。別にパッツンが好きと言うより、今から男が好みを言う事ができるからだと考えられる。筆者の場合は髪型は特に意識していないが、黒髪で、ある程度の長さがあれば惹かれる事が多い。まあ会った時に茶髪でも、ちゃんと黒髪にしてくれるならば、初対面で茶髪というのは致命的な話ではない。

テーマ : 結婚相手を探す
ジャンル : 結婚・家庭生活

3S政策(愚民化政策) 特にセックス


3S制作について語っているブログ・シスVSエイリアンを見つけたので引用する。
筆者が関心あるのはセックスだけで、テレビは視ないし、スポーツもやらない(観戦もしない)。

<セックス>
1.男を骨抜きにする
闘争心が旺盛な若者を飼いならす最も効率的な方法がセックスである。セックス(風俗やアダルト作品)を流行させることで、彼らの精力(攻撃力)をセックスに向けさせ、ガス抜きさせる。

2.恋愛ドラマで、女性達を洗脳する
恋愛ドラマの普及は、一般女性の価値観を大きく変えた。これにより恋愛が大流行し、多くの若い女性たちが恋愛に全エネルギーを集中することになった。そのため、社会悪に対する女性達の鋭い追及は消え失せた。


セックスは人間には欠かせない要素なので、別にセックスに集中してもいいのだが、誤ったセックスに誘導するのが策と言える。まず、女性からセックスを奪うのが最も効果的だ。自分を抱く男に貢がせたり、養わせたりしないと損という意識を植え付けるのが先決だ。たとえ彼氏といえども金を出させようとする女が非常に増えてしまったのだ。去年に24歳の女の子を筆者は紹介して貰った事があり、OLで神社仏閣が好きだったりと、標準の範囲内に収まる子だったのだ。しかし、「海外旅行に何度も行けるようなスポンサーを探している」みたいな話をされて、一気に冷めた。確かに当面は海外旅行に何度も行かせて上げられるお金を筆者は持っているが、そんなんだったら愛人探した方が早い。筆者が欲しいのはあくまで「金の掛からない」彼女であって、たとえセックスできても貢君は御免だ。
女性が打算的になり、セックスさせてくれなくなると、男は安上がりなポルノに流れる事になる。風俗も海外旅行に連れて行くよりは安いぞ(笑)

筆者の思う3S政策のセックスは性行為その物ではなく、誤って精を浪費する偽りのセックス(男)と高額な金品と交換する男女関係(女)だと考えている。なお、高額な金品でセックスした場合、女がダメージを受ける。もっと安くないと(笑) 愛した女にお金を使うのはともかく、愛してもいないのにセックスさせてもらうためにお金を使うのは願い下げだ。容姿がいい女でも、「スポンサーを探す女」は愛せない。

では本物のセックスとは? 以下の本で勉強して貰いたい。


関連記事……男の価値は女が変化させる~あげまん、さげまん

テーマ : セックス
ジャンル : 恋愛

男の価値は女が変化させる~あげまん、さげまん

当ブログではこれまでに、女性のセックスを封印すれば、男性を奴隷労働に誘導し、売春などで闇組織がますます儲かる仕組みが出来上がるという話をしている。こちら ポルノ産業や風俗店なんかは、女の性が高く維持されている事で儲ける事ができる。
母系社会が本来の人間の社会で、現代日本のように女性の尻を触っただけで職を失ったり糾弾されるような世の中は、既に侵略を受けて大衆が奴隷として搾取される社会と言える。

また、若い女性がセックスを嫌ったり怖がるのは後付けの洗脳に過ぎず、その洗脳がない古代女系社会では女が主体の社会となる。自然と一体化しているアマゾネス部族では、むしろ思春期の女性の性欲が恐ろしいという話をした。娘達が暴力で男を犯すのだ。おもちゃにされ、精液が出なくなったらポイ。こちら
一方、日本でも思春期の援助交際娘はお金を噛ませる事で自分に性欲がある事を隠せるという話もしている。思春期初期だと、お金すら要らないから、エッチしたいという娘さえいる(むしろそれが本質という)話もした。本来の女子は、ヤンチャでエッチで、だけど素直で優しく、男を翻弄する魔物のはずなのだ。

一部の女性は可哀想に自分に対し「男の性欲を押し付けられる存在だ」と思い込んでしまっている。恐らく若い女性だろう。女性も中年になれば分かる。本当は自分に性欲がたくさんあり、若い頃には「女には性欲がない、身体を狙ってくる不届きな男から自分を守れ」と騙されていたのだと。そして中年になって、多くの男性から顔を背けられるようになって後悔するのだ。


ほとんど知らない相手とやれとは言わないが、せめて付き合っている男性くらいにはエッチさせたらどうだろうか? そもそも、年頃の男の中に、女性とのセックス抜きに付き合おうと思っている者は一人とていない。女性が性について騙されている社会なのだから、気持ちとして男と一緒にいたいだけという人がいるのは分かる。じゃあ、最初からそう言って欲しい。男はセックス目的なんだから、結局一緒にいるだけという結末に無駄な時間とお金を使わせないで欲しい。男と女がくっつく機会なんて、人生に都合良く何度もあるものではない。それまでに何度もデートして時間と金を使っているのに、女の方はセックス拒否だなんて、あまりに男が可哀想ではないか。セックス拒否は、失望、苦悩、悲嘆、苛立ち、激怒、交際破綻、暴力にまで及ぶので注意。男というのは、何回エッチしたかが自信に直結する。彼に自信を授けて欲しい。草食系男子? そりゃ、環境ホルモンでおかしくなってるだけだろ。まあ、知り合いの男に「結婚してもセックスはしない、求められたらやるだけろうけど」なんて、変な男がいるので「男の全員がセックス目的で付き合う」というのは誇張なんだけどね。もちろん知り合いの男女関係は何度も破綻した。推測だが、いつまで経っても普通のデートばかりなので、むしろ女性の方に欲求不満や不信感が発生して破綻したと考えている。「愛されていない」とまで思ったかも知れない。

セックスを嫌う話に戻し、女性の身体を知らないのは実は女性。天にも繋がる快感を得られる凄い身体を持っている事を、女性自身が知らないというわけだ。そりゃ、下手な男が初体験でセックスが嫌いになったという女もあるだろう。以前の村社会(母系社会が残っている)では、少年の初体験相手はオバサンで、寺には村の少年みんなが集められてオバサンが性の指導に当たっていたのだ。セックスがうまくなってから、少年達は若い娘に夜這いにゆく。テクニシャンの少年達によって、少女達もシッカリとセックスの良さを知れるわけだ。そしてオバサンになれば若い少年に指導するのだ。

もちろん、自分の身体の素晴らしさ、セックスの素晴らしさに気付いてくれる女性も多い。世の中には、彼氏が彼女の身体に飽きてしまっていて、求めてくれなくて悩んでいる女性だっている。また、彼女がいるというのに彼女をセックスに誘う事ができず悩む男だっている。こちらの方が本質的な悩みだ。

偶然に男と女が哀しい状態なのではなく、大衆は古代より支配層にセックスを制御されている家畜だから哀しい状態なのだ。実は日本は何度も侵略を受ける内に社会を崩されてきた。ザビエルの時代には侵略が失敗したが、明治維新、敗戦、バブル崩壊の3度の攻撃で日本の人間らしい社会を壊されたのだ。

さて、男の価値は女が決めるという話だが、あげまん(上げ満)、さげまん(下げ満)という言葉があるように、パートナーの女性とのセックスによって、男が上昇するか下降するかが決まるのだ。彼女がやらせてくれなくて悩んでいる男が上昇するわけないだろっ。

それから、年収一千何百万の男とかを探している女性に言いたい。将来の年収は半分は貴女が決めるのであって、男が全部を決めるのではないと。ちなみに、筆者がサラリーマン時代に、同じ会社に年収一千万円超希望を宣言する女がいた。もちろん、オッサンではなく20代が好みだそうだ。


参考資料……逆レイプの村

テーマ : 恋愛向上
ジャンル : 恋愛

リンク
月齢
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人と引き合わせる事のないようにお願いします(お子さんなどはO.K.)

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
本物の魔道書
魔法は存在するからこそ、この価格に
最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。相談は承りますが、意見メールは特に不要です。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
放射能が除去できる空気清浄機
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  3ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運