仮想現実ゲーム空間は通常空間にある~ハンター×ハンター2

先日は「実は主人公はゲーム世界の人間だった」という物語として、代紋TAKE2を語った
映画マトリックスでも、「実は主人公は仮想現実世界の人間だった」とある。

そんな中、「仮想現実を楽しめる」という原則に沿いつつも、「その仮想空間は現実世界と地続き」という概念がある事を再確認した。ハンター×ハンターの物語は以前から認識していたが、ハンター×ハンターに加えて、今回紹介するムービーを見た事が、記事を書く切っ掛けとなる。

まず、ムービーのチャンネルでは、地球平面説を肯定した場合と否定した場合の2種類をアップしており、作者は実際には平面説を信じていない。しかし、きっぱり否定するとチャンネルが荒れるので、自分の見解は抑えつつ、両方の立場に立ち、「もし地球が平面なのに、支配層が隠すとすれば、どんな理由で行われるのだろう」と考察した結果が次のムービーというわけだ。



面白い話をピックアップすると、「死後の世界があるとして、実は南極の穴とかを通れば行けてしまうから」のような仮説を立てていた。次は個人的に興味を惹かれた箇所で、多くの人は反応しないが語る。ドームとなった場所から歩いて違うエリアに行くという概念は、既にメガドライブのゲームで語られているのだ。セガのゲームとしてや、メガドライブでは有名なファンタシースターシリーズで、シリーズ3・時の継承者だ。セガサターンやプレステ2への移植もある。物語では、主人公の出発地点から地下道を通ると、隣のドームに移動できる。しかも、エリアは7つに分かれていて全体は宇宙船だったというオチだ。深い知識が埋め込まれたゲームなのに、駄作認定という悲惨な作品となる。

確かにファンタシースター3の世界は、地面が球体ではなかった。しかし、地面の地下には人工的な機械がギッシリで、天球はドームに覆われている。そして、全体は宇宙船なのだ。

今回紹介のムービー作者は、「他の天体が球体なのに、地球だけが平面というのは考えにくい」のような話をしている。当ブログでも地球平面説は却下している。理詰めの根拠は以前の記事に記したが、感覚的な根拠としては、地球平面を支持する人が多くなったとして、キリスト教会が勝利宣言なんて事があってはならないからだ。ファンタシースター3のような世界が地球の真実だとして、天球が人工ドームで、地下が機械で、全体が宇宙船だとして、そんな状態はたとえ地面が平面でも、キリスト教とか聖書が正しい証明には到底ならないのだ。

それから、映画トゥルーマンショーのように、地球がドームに覆われていて、人類が何者かに監視されているという状況が真実だとして、そんなもんは地球平面説でもなんでもない。地球人が牢獄に閉じ込められていて、多くの人が何も知らされずに監視されるような状況だとすれば、住んでいる場所が平面か曲面かで議論している場合ではないのだ。以前に例を挙げたが、自称フツ面(普通の顔)の人が、デブでチビでハゲで高学歴で高収入だとして、その人が自分のフツ面について熱く語っても、それどころじゃないし、聞き手も顔に注目する価値はない。もう一度言うと、ドームで暮らしていて、そのドームから別の世界へ海を渡るとか洞窟を通る程度で行ける場合、暮らしていた元の場所が平面か曲面かは取るに足りない話なのだ。「地球は牢獄で、支配者から逃れる方法」を解説する事が重要なのであって、平面か曲面かの議論はしなくてもいいくらいの無意味さだ。

トゥルーマンショーのパッケージ画像を見るに、とてもじゃないが面白そうな物語には思えない。物語の前半も人によっては退屈で、知り合いに見せたら、寝てしまった人もいた。後半も決して大冒険というわけではなく、「我々の住む空間がネタになっている」と気付かない人にとっては駄作の域だろう。

さて、ハンター×ハンターの記事になっているので、実はその話が主体なのだ。
ハンター×ハンターのグリードアイランド(G.I)編では、ゲーム世界に入った主人公達が、閉鎖空間の広大な島でカードを使った命懸けバトルを繰り広げる。ゲーム世界で傷付けば、本当に傷付いてしまうリアルさだ。しかし、ゲームの中の世界だと思っていた場所は、実は主人公達のいる人間世界の一部で、プレイヤー達はあたかもゲーム空間の中に入ったかのように錯覚してバトルしていた。ゲーム外の通常空間から船で渡れば、ゲームの舞台に行き着いてしまうのだ。つまり、最初からゲーム内の空間は存在せず、特殊なフィールドに覆われていたというオチだ。

グリードとは、七つの大罪の「強欲」に相当する。
あの世とこの世は、なにやら遠い世界のようなイメージだが、ハンター×ハンターの作者に言わせれば、普通に歩いて行って抜けてしまうような場所で、あくまでそのフィールドに囚われているからこそ、拘束されている状態なのだという話だ。

現実で言うと、確かに刑務所では身動き取れない。しかし、自由な空間は歩いて行ける場所にあるというわけだ。我々の状況に置き換えても、番人が問題であって、死後の世界すら、本来は自由に行き来できる空間というわけだ。

映画アイランドでも同じようなシーンがある。理不尽な規律があり、男女の接触もままならない仮想現実の空間で過ごしていた皆だが、走って逃げている内に、急にそのフィールドから解放され、仮想現実の偽りが見えなくなる。


紹介したムービーと全く同じ話をしている作品ハンター×ハンターを思い出したので記事にした。
紹介ムービーは「知的好奇心CLUB」というチャンネルで、当ブログでは以前に
1706年に書かれた作品に、火星の衛星フォボスとダイモスが記されていた
という記事を書いている。

関連記事
ハンター×ハンター1~徐々に超能力を開発か、一気に開発か

我々はゲームの登場人物~ヤクザ漫画・代紋TAKE2
我々の住んでいる世界はドーム1~~ファンタシースター3・時の継承者
我々の住んでいる世界はドーム2~星をみるひと~宇宙船地球号
我々の住んでいる世界はドーム 3~映画トゥルーマン・ショー

映画アイランド~富豪・要人のクローンを育成する施設
宇宙は超知性を持つ宇宙人によってデザインされたマトリックス的コンピューターゲームである

この世界が仮想現実であることを示す証明式~量子力学入門

地球平面説(フラットアース)と地球凹面説~NASAが極秘にしていた地球の真の姿に世界が震えた?
関連記事

テーマ : HUNTER×HUNTER
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

地球平面説とは北極に・・・

地球平面説とはそのまま北極に続いていて、そこから、地球内部の地下帝国に【地続き】でいけるのですよね?
たぶん、この解釈でOKだと思うのですが♪

南極じゃないです。
北極に大穴が開いていて、結局、今では、北周りの飛行機が飛ばなくなったんですよね♪違ったかな?

私が、以前、欧州旅行に成田から飛んだ時は、16時間かかったり飛行機がかなり揺れたり、アンカレッジで2時間ものトランジットとかありましたが、今はどうですか?

真実を知らせない為、工作、ご苦労さんって感じです。

案外

身近な場所からでも別の世界に行ける気がしてならない。

牢獄の管理者からしたら奴隷が簡単に別の世界に行かれたら困るので、
別の世界に行ける場所や別の世界に行ける方法は徹底的に隠すと思いますが。

時空のおっさんとか

ある日突然迷い込んでるっていうお話は「時空のおっさん」というのがありましたね。アニメだと、「千と千尋の神隠し」「となりのトトロ」「猫の恩返し」「思い出のマーニー」なんかは特定の人の御縁で行けるけど、関係ない人がいると行けなかったり認識出来なかったり。映画「アリス・イン・ワンダーランド」は自分の心の中の迷いの世界。「ハリーポッター」の魔法界はおそらく魔法使いの手によって区分けされた世界なんでしょうね。「ドラえもん」だって机の引き出しに時空間を繋げっぱなしで。なんか、普通にいっぱいありますね。スタジオ地図作品「バケモノの子」も東京の実在の場所から少年が迷い込んで獣人に育てられるお話で面白かったです。

懐かしいです

HUNTER×HUNTERはフジテレビ系列で放送されていたアニメを見ていました。勿論原作も読んでいます。

記事の一番上のDVDのパッケージに写っている女の子(ビスケ)は、実年齢60歳の女性です。
H×Hの世界は見た目では実年齢を判断できないキャラクターが多いです。これを現実世界で言うシェイプシフトしているレプティリアンや魔術師をモデルとしているのかと。

案外異次元への道は何故そうなっているのかは分からない「立入禁止」となっている所や、メディアなどの洗脳によって
「ここはこんな変な所だよ」
と面白おかしく紹介されている所etc…

大抵の人が「何これ?」と首を傾げてしまったり、「そんなとこなんて頼まれてもお金積まれても行きたくない」と拒絶したりする所にあるのかと思います。

初めまして。
長野県の分杭峠は0地点ですが、そこからは行けませんかね?

No title

長野県からシャンバラへ・・・

行けますよね♪続けて、投稿すみません。

地球上に、地底王国・シャンバラに入れる所はたくさん?有って、有名な所では、スイスやチベット(ポタラ宮殿?)や。。

長野県がシャンバラに行くルートがあるからこそ、ビル・ゲイツ氏が家を建てたのでは?(笑)

分杭峠には、いつか、行きたいです♪
たくさんの光が入った写真が撮れるし、沖縄の斎場御嶽での撮影に似てるのが撮れそうです。

No title

八は固、七は液、六は気、五はキ、四は霊の固、三は霊の液、二は霊の気、一は霊のキ、と考へてよいのぢゃ。(白銀の巻 第一帖)

今の科学は科学のことは判るが、それより上のことは判らん。今の科学はあるものがあると云ふことだけしか判らんのぢゃ。(春の巻  第三十三帖)

物の文明、あしざまに申す宗教は亡びる。文明も神の働きから生れたものぢゃ。(黄金の巻  第九十七帖)

ここまで開けたのも神が致したのぢゃ、今の文明なくせんと申してあろうが、文明残してカスだけ無(のう)にいたすのぢゃ、取違ひ慢心致すなよ。(風の巻  第五帖)
リンク
月齢
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人と引き合わせる事のないようにお願いします(お子さんなどはO.K.)

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
本物の魔道書
魔法は存在するからこそ、この価格に
最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。相談は承りますが、意見メールは特に不要です。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
放射能が除去できる空気清浄機
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  3ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運