エイリアンインタビュー1~宇宙人が地球人とコンタクトしない理由~地球人は囚人

本日は久し振りの超越記事。シッカリ読む事をお奨めしたい。

Alien Interview  (著)Lawrence R Spencer ローレンスR.スペンサー
エイリアンインタビューの情報を目にし、5分の1程度は把握した。その情報は真実を語っていると判断したので記事にする。読み進めたら、読み終わったら、改めて記事を書くかも知れない。

エイリアンインタビューはロズウェル事件(1947年アメリカ)で墜落した宇宙的飛行物体に生き残りがいて、その宇宙人から受け取ったテレパシー情報を、受け取った本人が自費出版した内容だ。

アメリカにある自費出版できる出版社Lulu(ルル)から出ている。つまり、出版社が執筆依頼したわけではなく、素人が執筆した内容を自費で出版したわけだ。コネが無い人でも出せる本で、出版社が出したいから書かせたという一般的な宇宙人本とは異なるのだ。アマゾンでは買えるが、ネット書店ではラインナップとして存在しない。つまり、支配層の陰謀で頒布されている情報とは違うと判断している。

今まで、ロズウェル事件と聞くと、当筆者はうさん臭いイメージがしていた。その理由が判明した。ロズウェルの事を調べると、まず発見する事になる飛鳥昭雄などの論者がデタラメを語っており、そんなデマ情報ばかりが目に留まるので、調べる価値が無かったという意味だった。今回、エイリアンインタビューの情報を目にし、「なんだロズウェルか」と思って読み始めたが、途中から「これは真実を語っている! 俺が今までに自分のブログで語ってきた事と、同じ話や補足になる話ばかりだ!」となって受け入れたのだ。最初の章から暫くは大した話が無く、粗を探して却下しようと思っていたら、読み進めても粗らしき内容が見つかない。しかも、読み進める内に「こりゃ凄い」となってきたわけだ。

日本語版は2015年9月と、1年前に出ている。英語版は2008年に出版。つまり、爬虫類的宇宙人の話は全世界に広まった後の話だ。爬虫類的宇宙人を語るアイクの本は、英語版が1997年、日本語訳が1999年となる。一方、2002年にはエイリアンインタビューのDVDが出ており、ある程度語られていると思われる。


エイリアンインタビューの1つの可能性としては「21世紀になって作った話を、あたかも1947年に伝わったと称して語っている」というのもある。しかし、それにしたって、物凄い情報であるという判断は揺るがない。目新しい話が無いという感想の人もいるが、1947年から漏れ始めた情報ならば、ここ70年で情報通へ伝わる事になる。更には真実だとしたら、別の宇宙人が別の人間へも同じ情報を伝えてくる事になる。

もし、2000年代に作ったのであれば、爬虫類的宇宙人を抜きにしては語れまい。その話をしないと相手にされないのだ。しかし、エイリアンインタビューには、特に地球を支配する宇宙人の姿は語られていない(読んだ範囲では)。別に爬虫類型がいないと主張する話ではなく、語っていないだけという状況だ。


当記事では1947年に、その情報があったという前提で進める。
エイリアンインタビューでは、「地球人の魂は宇宙人」という話が根底となっている。また、「銀河同盟と、その反対勢力である旧銀河帝国があり、旧が地球の支配者」とある。

著者はローレンスR・スペンサーという女性で、医学部出身。当時は軍隊の看護婦として任務に当たっていた。本人はカトリックなのに、キリスト教の欺瞞をほのめかしたり、神を信じていない宇宙人を語ったり、宇宙人そのものを語る。もちろん、奥の院のクリスチャンカバラに到達していれば宇宙人を却下しなくなるとは思うが、それにしたってキリスト教を根底から崩す情報を語る理由にはならない。つまり、本当にテレパシーを受けた可能性を高める。また、情報自体が膨大で内容も超越している。医学部を出たからといって、年寄りが急に空想小説を書けるわけではない。


作り話ではない可能性として、実は話を作る人(シナリオライターなど)は、実際には魔法結社で習った事を、そのままだったりアレンジして作成しているだけなのだ。トンデモな作り話をできる人がいると仮定すると、シナリオライターや小説家にはネタを作る才能が無く、トンデモな作り話をできる人にネタ作りの才能があるという矛盾が発生する。となれば、トンデモな話は誰かに作られたのではなく、本当に宇宙人的存在から教わったという結論になるのだ。

今回の例だと、医学部出身・元看護婦・老女のトンデモ妄想家に、なぜか宇宙人の秘密を作る才能があり、映画ジュピターの脚本家がそれをパクッたという馬鹿げた状況が生まれる。その状況はおかしいので、やはり真実だからこそ看護婦が情報を受け取れ、真実だからこそ同じ情報が脚本家にも伝わると考えられるのだ。

秘密結社とは宇宙人と交流する場所だ。本には「私が地球人で最初に宇宙人とコンタクトした」という著者の誤った言葉はあるものの、秘密結社員とかがコンタクトしている事を知らないが故の彼女の台詞に過ぎず、宇宙人からの情報の粗ではない。

ネットにある批判レビューを読んでも、説得力のある話は無い。一例を挙げよう。()内は筆者が補記。

人類がいつまでたっても、貨幣経済で会社をやっていて侵略していて、宇宙でもそれを続けているなんて、馬鹿らしいと思うはずです。永久に弱肉強食の社会が続くと思っているみたい。

宇宙人は地球人より進化しているので、争いが無いかのような幻想もあるが、宇宙人のレベルでは争いはある。天使と悪魔の戦争として古代から語り継がれている。「かなり進化した宇宙人で戦争をしない」という存在もいるかも知れないが、地球周辺次元では争いがあるといえ、上の批判は無効。また、「戦争をしない宇宙人の情報」自体がデタラメで、地球人を騙す話という可能性もある。その手の宇宙人は2012年アセンションだの、2008年母船着陸ファーストコンタクトだの、2013年NESARAで情報公開&大金配布だの、大嘘をつき続けているので、「戦争をしない」の部分も嘘というわけだ。もっと悪質なのになると、「宇宙人が助けてくれるので安心です。小池は光の勢力なので、応援して彼女の塾にも入りましょう」なんてのもある。もはやギャグの域!

進化論は誤りですべての種は(宇宙人の)企業が作ったとか、エリザベス女王とスレイマン大帝の后が同じ年代に存在したにも拘らず同魂だとか地球が監獄だとか怪しい箇所もある。

生物が進化する事は事実でも、進化論の通りでは一切ないのだから、進化論自体を完全却下しても問題ない。

元々、魂自体が分裂して分魂が人生を送っている。よって、同じ時代に、同じ集合魂から派生した魂が存在してもおかしくはない。ソウルメイトという概念があれば、同じ集合魂から派生した魂が結婚したりライバルになったりする。上の主張のなにが誤りかというと、そのままの魂で生まれ変わるという幻想だ。二度と同じ魂構成で生まれ変わる事は無いという概念で無効とできる。……関連記事に、この話があり

ちなみに、宇宙人の企業という概念は、映画ジュピター(2015年)で理解できる。


以上2件、批判思考を退けたが、批判する人であっても、地球に関わる宇宙人自体は拒絶しておらず、あくまで「宇宙人はいるけれど、この部分はおかしい」という意味で疑念を持っている所に注目してもらいたい。

「宇宙人が地球人とコンタクトしない理由」という記事タイトルを付けたので、今回はそれを中心に語る。エイリアンインタビューには、当ブログで語ってきた「宇宙人が地球人とコンタクトしない理由」が凝縮されている。実際には秘密結社では宇宙人とコンタクトしているが、どうして大勢の大衆の前に宇宙人が現れないのか? その答えを閃いたのだ。

当ブログでは、地球は牢獄の惑星という事は語っており、強く認識していた。しかし、エイリアンインタビューでは、「あちこちの惑星から地球に不要魂を捨てに来ている。そんな囚人と会話したり関わろうとするか?」のような表現があった。よくスピリチュアルでは「あなたは目的があって地球にやってきた」とあるが、それは嘘で、厄介者なので全部忘れて地球に閉じ込められたというのが正解だそうだ。

つまり、宇宙人にとって、地球人は捨てたゴミなのだ。犯罪者だけではなく、支配を揺るがす厄介者もゴミと一緒に捨てられる。芸術家、天才、才能者、発明家などもゴミと一緒に送り込んだ。厄介者だからだ。ただ、それらの才能魂も地球に堕ちた以上は平静でいられるはずもなく、発狂者と表現される。自分よりも才気溢れる発狂者とも、やはり関わりたくないのが宇宙人というわけだ。そんなゴミと関わろうとする者は、余程の最悪の宇宙人(邪悪な低層4次元のレプティリアン)、ニビルのアヌンナキ(4次元の牢獄に捕われた、地球と同じく囚人の魂)というわけだ。

真っ当な宇宙人にとっては地球人はゴミだが、邪悪な宇宙人にとっては、地球人は搾り取れるだけ搾り取るための資源となる。どちらの場合も、対等に関わろうとするはずがない。

エイリアンインタビューで出てくるエイリアンは電気的ロボットで、遠隔操作の筐体(キャビネット)に包まれた機械でしかない。生物ではなく人形という表現が近い。仮の身体なので生殖する必要も無い。

1940年代に機密情報だとしても、実際には軍の人間や秘密結社員は、当然の認識としていたろう。仮に地球の立場がそうである事を知っても、豪邸に住み高級車を乗り回し、異性遊びするのが愉快という心境は変わらない。

本の解説サイトには
我々が知りようが無かった過去に、すでにスペースオペラ的銀河大戦があり、勝敗が決していたとしたら……
と感想を語る人もいた。当ブログでも、これまでにほのめかした内容だ。陰謀論者は、社会にある既存のシステムでなんとかできると錯覚させるエージェントと言える。必ずしも本人は気付いておらず、陰謀論者本人が「社会の不正をみんなに知らせる事が大富豪を追い詰める手段だ(オカルトは無いけれど)」と考えている事もあり得る。

宇宙人は地球に関われないと思っている陰謀論者のほとんどは、科学を基準に思考している。しかし、不正の暴露対象である大富豪が科学を運営しているのだから破綻する。科学者集団が悪魔崇拝の儀式をしている事は確定した。悪魔=宇宙人という図式さえ理解できれば、宇宙人を排除する理由は全く無いのだ。

自殺については当ブログでは結論を出せないが、「自殺が悪い事というのは嘘だ」という話も聞いている。自殺しても地球監獄から逃げられるは不明だが、地上に生きたままでいる事では絶対に逃げられないので、まだ可能性はあるという事か。なお、自殺に失敗すると、謎の強制収容所で、過酷な強制労働をさせられる可能性があるので注意(爆)!


牢獄の話に戻し、実は当筆者は生徒時代、年下の中学生男子(当筆者に嘘をつく理由が無い人)から「地球は魂の牢獄だ」と守護霊から聞いたと唐突に言われた。この体験は大きい。その中学生男子は当時は勝ち組の域で、親はサラリーマンの範囲で高収入(オカルト拒絶タイプ)。イケメンではないが体格は良く、頼もしく、女子にモテた。インターネットの無い時代なので情報は限られる。そんな少年が地球牢獄論を語る事はあり得ない。

可能性としては、「牢獄だ」と語る宇宙人がいただけで、本当に牢獄というわけではないというケースはある。しかし、トンデモ業界の人間が故意に「牢獄だ」という嘘をついたわけではなく、異次元の生命体がいる事実までは証明されているので、いきなり却下となる事案ではない。

また、地球に張り巡らせた結界のようなものがあり、宇宙人が下手に入ると自分が地球人として封じられてしまう。縦横無尽に地球内で活動できるのは、地球を支配している(大衆の前に現れない)宇宙人だけという事になる。映画ゼイリブのようにシェイプシフトしているので、現れていても大衆の目には人間にしか見えない。また、大衆が遭遇しても政府やマスコミ、科学研究所などを掌握しているので、証拠として認定されない仕組みとなっている。


ネットゲームをしている人だと理解がスムーズなので、概念を理解していない人はまず次の記事を読んで貰いたい。

人間や宇宙人は霊的存在であり肉体的存在2~ネットゲームの仮想空間はこの世の模倣

ネットゲームを理解している前提で語ると、いかに現実でステータスがあろうと、ネットゲームのルールの中に入ってしまうと、現実でのステータスが通用しない。体力のある人がプレイを開始しても、ネットゲームの仮想キャラに体力があるわけではないのだ。同様に、いかに進化した宇宙人だろうと、地球ルールの中に入ってしまうと、身動き取れなくなるというわけだ。

今回の本は特にお奨めしたい。デーヴィッド・アイク情報だけでは物足りない人には最適。アマゾンで注文しても数ヶ月かかる模様(支配層に支援されていない証し)。アマゾンに出店している店の中で、納期が早く、海外からの直送をお奨めしたい。日本語版が届く事は確認すべき事項となる。当ブログには広告費が入らないが、もう1つの方法としては、アメリカのLulu.comから電子書籍を購入する方法もある。クレジットカード(またはPayPal)は必須だが、価格は500円ちょいで可能だ。PDFファイルなので特に問題ない。ただし、プレミアが付いても、現物の本ではないので転売はできない。


関連記事……これまでに記した超越系の記事、いったい誰が書いたんだろう? 当ブログの管理人は、本業でのファン増加やお金が欲しい程度で、別に公開する意義なんて無いはずだが

宇宙人アヌンナキが木星ルーツの地球産・爬虫類人を利用した?!……アヌンナキ自体が4次元惑星ニビルの囚人

ラケルタファイル(地底の爬虫類人)の有用性と疑念

進化した魂は美味しい?~魂を磨いた結末すら、高次元の宇宙人の食物

どんなに辺境の星でも吸われる~キャラバンキッド(真鍋讓治)……銀河帝国の話。記事ではなく、コミックそのものを読む事をお奨め。
どんなに辺境の星でも吸われる2~ドラゴンボールのフリーザ帝王

映画ジュピター1~地球人は作物、木星はトカゲ人の巣窟
映画ジュピター2~宇宙で争う価値のある資源は時間のみ
映画・ゼイリブ~結婚して子供を産めの解釈
会社で出世しやすい人は爬虫類人?!~ゼイリブから分かる事
レベルE(冨樫義博)1~既に地球住み着いている多種の宇宙人
レベルE(冨樫義博)2~地球の上空にスクリーンがあり、異星人の宇宙船を覆い隠している

地球は魂の牢獄~地球は魂の流刑地
魂の牢獄に修行に来た者達、それがあなた
生まれ変わりはあるのか~人が死ぬと無になるのではなく、一つの大きな集合体となる事が判明?
死後の世界の嘘~あの世すらも支配する悪魔的宇宙人

僕たちは天使だった~私達地球人は爬虫類的異星人の魂が主体
我々地球人は爬虫類的宇宙人の魂が主体2~読者知人が爬虫類人時代を思い出す……地球人の魂は宇宙人

エイリアンは悪魔・堕天使が化けている?!~キリスト教信者(狂信者)による宇宙人拒絶……キリストカルトによる思想
天使は宇宙人で、宇宙人は天使なのよ~新人類 インディゴ クリスタル チルドレン

CERN(欧州原子核研究機構)で行われた悪魔崇拝の儀式映像が流出!……科学者は悪魔崇拝者。表向きの科学は信じておらず、真の科学・オカルトを信じている。
関連記事

テーマ : 宇宙人
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

みけさんへ

既存の情報を寄せ集めて作った創作物である可能性も確かにありますね。
そうなると、その目的がいまいち定まりません。
この話を大衆が信じたとしても、既に出回った爬虫類人の情報を消す事はできません。
また、更に余計な真実を大衆が知る事になってしまいます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Lulu.comの電子書籍は特別なファイル形式では無く普通の日本語PDFファイルでした。PayPal ならクレジットカード番号入力も無しで521円で買えました。参考まで。

地球は実験場兼監獄

今晩は、やはり地球は監獄であり実験場でありごみ捨て場であり人間牧場であるわけですね
この惑星の支配者のレプティリアン アヌンナキ ドラコニアンと
悪魔みたいな異次元生命体にあの世まで支配されてる状態だから
何度も同じループを繰り返し続けてるのが現状ですよね
しかも他の宇宙人らまでが地球を厄介者の押し付け場所として利用してるという現状なら
地球にかかわってる生命体のほとんどはろくでもないですよね
いい存在もいるとは思いますが 助けてくれるあてもないですし
脱出するか地球を支配してる異次元の生命体たちに媚びを売って生け贄をささげるか
今まで通りかですよね 本当にどうすれば でられるのでしょうかね
魔法結社もアクセスしてるのがアヌンナキやレプティリアンやドラコニアンみたいな悪魔みたいなのや
プレアデスやノルディックみたいなあやしげな生命体ではなく
慈悲深く脱出を手助けしてくれそうな生命体とアクセスしてるなら
入りたいと思うんですけどね

蛇の兄弟たち

エジプトを支配していた「ネテル」と呼ばれた「蛇の兄弟たち」について書かれているそうです。

zeraniumの掲示板というサイトにこの本の一部が引用され、そこに載っています。

本当かどうかわかりませんが。

蛇もデコイである可能性がありそうですね。

魔王さえも

今は無き霊的な雑談をする行き付けのチャットでチラッと聞いた余談。霊感霊力どちらも多分トップで強い女の子と常連さんが、過去生の話をしてて「〇〇ちゃんは魔王だったんだけど、天使の大軍に倒されて捕まって転生させられたんだよね」と言われてました。思想の違いで地球に落とされる事もあるんですね。

今は陰陽師関係の修行をして鬼の軍団を率いて一定期間おきに再生する白面九尾の狐数体(怪獣並にデカい)と戦ったりを賜ってるそうで。鬼を従えるには術者が弱ったら食われるというリスクがあるそう。(トリコの鬼による自食作用ってのが初期にあったの思い出すわぁ…)
鬼の姫だと伝説に残るだろうとその旦那さん(猫の王候補の転生)は言ってました。今思うとあそこに集った人達みんな平家や源氏の家系とかが偶然の様に集まって凄い日常の話をしてて、なんでそこに何も無し子な私が居たんだろうと思いました。(当時ハリポタ映画人気でワーイヾ(o´∀`)ノとなりフラフラ辿り着いただけ)その後悪い術者や狐憑きの荒らし対策でチャット規制がされてなかなか新規の入れない状態に。濃い人達の中に気軽に入れる時期に丁度いいタイミングで紛れ込んだ何も無し子です。
ここに来た時も真実を追求してたのでもなく、いきなり流れ着き、ベンジャミンとか他の人とか全く初耳状態で、ただ、漫画やアニメが真実だってぇ!?めっちゃ面白いよー!と思ってちょくちょく見てる感じで予備知識もなんにも無し子なので、時々記事に「真実を追求している読者なら知っていよう…」と書かれているとドキーン!としますΣ(・ω・; チラナイ…

No title

いつも興味深い記事をありがとうございます。

『トロピコ5』というスクウェア・エニックスから出ているPSのソフトに通じるようなところが多々ありましたので投稿させていただきます。既出でしたらすみません。

プレイヤーはプレジデンテ(大統領)となり、カリブ海の島を与えられて統治していく独裁国家運営シミュレーションゲームです。植民地時代、世界大戦時代、冷戦時代を経て、第3次世界大戦を回避しようとする流れになっています。


魔龍さんの記事を読んだ後だからこそなるほどなと思ったのが、

・プレイヤーは時間の流れを止めたり、早送りしたりすることができる
・時間停止中に様々な作用を加えることができる
(まずいことはもみ消したり修復したりすることが可能)
・あらゆるジャンルの上層部は自分の血縁関係者で固める
(政治家、実業家、環境保護者、セレブリティ、採掘王、労働組合代表、軍人、扇動者、他利主義者、諜報員など)
・マスコミで民に情報の自由を供給と言いつつお金で情報操作はお手の物(気に入らない人物の醜聞を広めさせることも可能)
・植民地時代から統治者に秘密結社が介入している(この秘密結社には国家という縛りがない)
・ 絡んでくる秘密結社の代表者の名前は「レオン・ケーン」(獅子?)
・秘密結社は世界を終わらせて新しい世界を作ろうとしてる。グランドオーダーという名前で出てくるが、まさしくニューワールドオーダーのことである
・要人にはそっくりさんの替え玉がいる
・世間では死んだことになっている要人が実は生きている(何百年も)
・アインシュタインのようなキャラクターが出てきて、タイムマシンを使って過去に戻り、もう一度統治を行って世界の終わりを回避しようとする
・大型ハドロン衝突型加速器を制作する(時空間の移動のため)
・時空間移動のために3種類の中から建造物を選択する
 自動車タイプ<自動車工場>(バックトゥザフューチャー?)
 ポータルタイプ <地下鉄の駅>(マトリックス?)
 ジャンプタイプ<アパレルメーカー>(???)
 (関係ないかもしれませんが、数年前にルイヴィトンから時間の旅と  いう凝った内容の雑誌が送られてきたことがあります。2013年か201 4年だったと思います)
・実験途中で大型ハドロンに入った血縁者の一人が時空間に消える
・敵国の民に肉を食べさせ、国力を落とそうとする政策がある
・税金や国益の一部はスイス銀行で自分の個人利益にする
・時間の行き来が可能なため、ある程度国際情勢において起こることを予測することができ、証券取引において莫大な利益を享受できる
・国家間同士で表向きの偽戦争を実施することができる
・気に入らない勢力を挑発して戦争を開始することができる
・反体制派はCIAが操っている
・アメリカ大統領の連絡先は1ー800という電話番号
・ハーバード大学を出ると国交が有利になる
・民主主義は見せかけである



これからも更新楽しみにしております。いつもありがとうございます。

初めまして。興味深く記事を拝見させてもらっています。
地球は宇宙の流刑地的な場所であり、ろくでもない存在にずっと牛耳られているといった事は昔から見聞していました。おそらくそれは事実を含んだ歴史の話なのでしょう。しかし、それにしては人類はまだよくやっているとも言えるのではないでしょうか?
確かに人類はこれまで無数の愚行を繰り返し、悪しき者の方が数の上ではずっと優勢な有り様だけど、アナンヌキだか爬虫類人類だかは未だに地球支配も人類の奴隷化も完遂出来ていないではないではありませんか。
そしてそうした歴史にあっても、高い志を持った目覚めた人による様々な活動は、絶える事無く次々に出現して来ています。

人類に奴隷的な起源があったとしても、今の自分らが奴隷としてしか生きられない訳では決して無いです。
思うに、地球に生きる人類の方が物質世界の土俵では本当は彼らよりずっと強く、彼らも内心ではそれを恐れているのではないでしょうか?

No title

魔龍さん こんばんは!いつもありがとうございます。

リュウライザーさんの書き込みを拝見して・・・・

我々が奴隷から脱出するためにはアイクが言うように、人類を自由にしたいと考えている霊的な力に守ってもらう必要があり、霊的保護を受けるためには、自分から求める必要があるのでしょうね。待っているだけではダメで、求めなくてはならないのでしょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

山田さんのブログ

魔龍さん連投失礼します。リュウライザーさんのブログのリンクに
山田大介さんのブログがありますけど、この山田さんて方は
陰謀論もオカルトの知識のない方だと思われるのですが
それにも関わらず山田さんはこの世界の本質を見抜いてますね、
本当にいいブログでした。紹介してくれたリュウライザーさんにも感謝です。

No title

Amazonの納期が早まりました。当方には数日中に届くと思われ。

このての話でよく思うことがあります
古代史から見ると世界中で自然崇拝してるものたち主に龍蛇信仰とかと人物的神を信仰してる勢力が争っているようです
あとゾロアスター教のような拝火教なんかはキリスト教のような勢力に滅ぼされている
キリスト教は聖水とかを重んじてるから水属性の宗教のようです、もとは砂漠の民にその起源があるからだと思ってます
陰陽五行で言えばたしかに火は水に弱い
古代史から現代に至るまでを陰陽五行の法則で説明できないものかと思いました
その辺も是非とも記事にしていただきたいです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

スターウォーズを連想します

映画だけでなくスピンオフや
裏設定まで含めた作中では語られていないストーリーや歴史の設定が
エイリアンインタビューの内容と近いのではないのかと思いました

囚われた同胞というのはジェダイのことなのかもしれません
リンク
月齢
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人と引き合わせる事のないようにお願いします(お子さんなどはO.K.)

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
本物の魔道書
魔法は存在するからこそ、この価格に
最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。相談は承りますが、意見メールは特に不要です。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
放射能が除去できる空気清浄機
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  3ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運