世にも奇妙な物語 ・恐竜はどこへ行ったのか?~爬虫類的宇宙人は低層4次元へ移動した

本日も世にも奇妙な物語から、「恐竜はどこへ行ったのか?」という話をテーマにする。

まず、発表された年代に注目すると1994年となる。一方、爬虫類的宇宙人の話と言えば、デーヴィッド・アイクだが、1998年に英書、1999年に日本語訳が登場している。つまり、アイクが唐突に語り始めたはずの、低層4次元にいる爬虫類人説は、「恐竜はどこへ行ったのか?」よりも遅れているわけだ。また、アイク自身が自分の本で、「爬虫類人というわけの分からない話を急に知らされたのだが、調べる程に証拠が集まってきた」のように語っている。つまり、アイク自身が誰かから聞いた立場で、当初は「何言ってんだ、こいつ」のような思いでスタートしているのだ。


「恐竜はどこへ行ったのか?」の粗筋を語ると、科学者がいて、恐竜がいなくなった理由に結論を出した。隕石が降ってきて絶滅した事になっているが、その化石が少な過ぎる。絶滅したのではなく、異次元空間に逃げ込んだんだという説だ。そして、自らの専門分野である大脳生理学を活かし、古代植物に近い植物から抽出した薬を注射し、異次元と繋がる事ができた。

当ブログがこの話の元ネタを語るならば、デーヴィッド・アイクの話と全く同じだ。古代には爬虫類的宇宙人が地球人と同じ3次元にいたが、今は低層4次元に行った。人間がある種の覚醒剤を打つと、異次元空間が見えるようになる。

実は筆者は、リアルタイムの1994年か、その再放送で、「恐竜はどこへ行ったのか?」を視聴していた。その時は無知だったので、「わけの分からん話を作りやがって」と思っていた。しかし、今ならば、「秘密結社で習った知識を元に作ったので真実が基盤になっている」、「アイクもその真実を聞かされたのだな」という感想になる。地底空間が4次元だとすれば、恐竜そのものも4次元空間の住人になっているという思考も成立する。主人である宇宙人と交信しつつ、地球産の爬虫類人として存在しているという話も、当ブログでは実施している

爬虫類人の存在否定論は色々とあるが、今回は「確たる証拠が無い」というのを却下しよう。地球の支配者である爬虫類人が存在する場合、支配層が爬虫類人である事を隠す事になる。となれば、社会で証拠として扱われやすい内容が封じられる事になる。専門家や報道機関を抱き込んだり、そもそもそんな機構の幹部には爬虫類人しか居座れない。この場合、大衆の中に「確たる証拠が無い」と思い込んでいる人が結構な割合でいるわけだ。

よって、爬虫類人が存在しない場合でも、存在する場合でも、大衆には「確たる証拠が無い」という思考が根付く事になる。つまり、「確たる証拠が無い」という状況は、いない証拠にはなり得ないのだ。

他にも爬虫類人の話に限らず、オカルト全般を「人を騙している奴は嫌いだ」みたいな感情論で語る事がある。成立するのはオカルトが存在せず騙している事が確定している場合であり、存在しないと決まっていない状況では、騙していると語れる根拠にはなり得ない。彼らは想像力が無いので、ナマで見たものしか信じられないのだ。


一方、最近は爬虫類人の証拠がたくさんある事を認識する人が増えた。そんな人を洗脳するため、爬虫類人の存在を肯定的に語りつつ、オバマや小池が光の勢力だとか、大金が配布されるとか、頓珍漢な嘘を同時に発信し、デタラメを信じさせようとするブログもある。レプティリアンの存在という真実を人の心から消す事はできないので、レプティリアンに関するデタラメを語り、その他の情報で大嘘を掴ませるトリックというわけだ。発信するまでは、その人の仕事なので別にいい。しかし、頓珍漢を信じた上に、間違いを指摘されて信じたままの人もおり、そうなれば頭が冴えないとしか評価ができず、悪玉を善玉と信じる人の方に虫酸が走る。

進化論を拒絶するキリスト教系の創造論というのがある。地球の誕生自体が約6000年前という、狂った思考で、恐竜の化石は生物誕生の後の大洪水によってできたと語る。ならば、もっとたくさん化石があってもいいという疑問は、やはり解決しない。異次元や地底に行ったというのが正解で、聖書にはもちろん記されていない。

学問的には恐竜絶滅の原因に100の仮説があるとされるが、これといった決定打は見つかっていない。発想の転換で、絶滅したのではなく、実は生きているのだ。当ブログでは恐竜絶滅の原因に結論を出している。地底に逃げたのだと。また、絶滅させようとしたのは地球を搾取する高度な宇宙人で、食用トカゲの代わりに食用サルを養殖する事にしたので、邪魔になったトカゲを排除したというわけだ。食用トカゲは木星で生まれ、食用サルは月で生まれた。映画ジュピターはかなり勉強になる。最近、「実はこの世は映画マトリックスの世界みたいでした」と、科学者や世界的機関(バンク・オブ・アメリカ、ノートルダムオーストラリア大学)のメンバーが語っているという話題がある。その映画マトリックスと同じ作者の作品がジュピターなのだ。


世にも奇妙な物語には、「過去からの日記」 という名作がある。物語の当初の主人公は35歳で小説家なのだが、1冊しか本を出しておらず、食っていけているわけではなく、実は肉体労働をしていた。主人公は小説家を諦める事になる奴隷労働サラリーマンになる事を蹴って、小説家を続けるのだった。当ブログ筆者もシナリオライターの仕事だけで食っているわけではなく、過去の自分の儲けを食い潰している状況だ。仕事そのものはあるのだが、毎月が赤字な状況という事を明かしておく。


関連記事
ファンタシースター(PHANTASY STAR generation)のデゾリス星人はドラコニアン……1987年のゲーム作品に登場する爬虫類的宇宙人。後半はデーヴィッド・アイクの話。

優生学~爬虫類的遺伝子を強く持った者が子孫を残せる~狂四郎2030……ワンピース作者の師匠が、1990年代に支配層に潜む爬虫類人の話を実施

ラケルタファイル(地底の爬虫類人)の有用性と疑念

ドラえもん・のび太と竜の騎士~地底には恐竜が進化した爬虫類人がいる、恐竜のルーツは木星?
宇宙人アヌンナキが木星ルーツの地球産・爬虫類人を利用した?!
木星にいる爬虫類的宇宙人~機動戦艦ナデシコ~トカゲのなみだ

世にも奇妙な物語・自殺者リサイクル法~自殺未遂者を収容する施設がある?

映画ジュピター1~地球人は作物、木星はトカゲ人の巣窟
映画ジュピター2~宇宙で争う価値のある資源は時間のみ

クロノトリガー~星に巣食ってエナジーを吸う宇宙人
ドンキーコング64~古代の地球猿人と侵略者の爬虫類的宇宙人が基盤……トカゲとサルの戦い
関連記事

テーマ : 恐竜絶滅の真の原因は?
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

竜の騎士

魔龍さんも『竜の騎士』と同じような考えなんですね。
御ブログを読んでからドラえもんが怖くて・・・。
ほとんど売りました。
保育園のバスでドラえもんが描いてあるようなのを見かけると「アイツはいい奴だから・・・」とか思ったりする事もあります(笑)。
てか藤子不二雄さんの絵自体怖いですね。
漫画ばかり読んでたのにアートを見たり小説を読むようになりました。
アートは漫画よりはわかりにくいですね。
私は漫画よりアートのほうが上とは思いませんが、世間的にはそのほうが受け入れられるし良かったんでしょうかね(笑)

No title

映画ドラえもんのび太と竜騎士の結末がドラえもんが道具を使って異次元を作って地下世界へ恐竜達を避難させてましたね

恐竜と幻想種

今回も興味深く読ませて頂きました。

今回の恐竜のお話を読んで、”幻想種”のことを連想しました。
幻想種とは、「Fate/stay night」などを制作したTYPE-MOONの作品に出てくる「伝説上の獣」のことです。その多くはキメラ(掛け合わせ)。
作中では、ほとんど登場しないのですが、その理由は、「幻獣ランク以上のものは既に世界の裏側に肉体を捨て、魂だけでシフトしてしまっている。捨てられた肉体は地下で石油等に成っている」と作中では説明されていました。

恐竜も似たようなものなのかなと思いました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
リンク
月齢
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人と引き合わせる事のないようにお願いします(お子さんなどはO.K.)

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
本物の魔道書
魔法は存在するからこそ、この価格に
最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。相談は承りますが、意見メールは特に不要です。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
放射能が除去できる空気清浄機
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  3ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運