大衆を騙す学説やオカルト否定説は、テーマ以外の事が一切成立しない2


久し振りに、「爬虫類人はいない」と断言するサイトを見つけたので、主張を洗い出してみる。そして、却下の根拠を当ブログが記す。◆に続く青字が引用部。その後の黒字が当ブログ筆者。

悪魔とは何か(爬虫類人はいない) より一部抽出

◆このレプティリアンというのは、80年代に入ってから唐突に出てきた話なのである。あの「V」というプロパガンダ番組を筆頭に。おそらくは、日本の仮面ライダーのショッカーでも参考にしたのだろう。

江戸時代に偽書とされた「先代旧事本紀大成経」(全72巻:飛鳥時代には存在)に、既に君主が爬虫類人という話になっている。よって、1980年代というのは「爬虫類人はいるはずもない」としたいための思い込み。唐突どころか、飛鳥時代の常識でもあった。

仮面ライダーやビジター(V)などは、古代の真実をパクッている。当ブログ筆者自身がシナリオライターなので分かるが、他のシナリオライターは、魔法結社・呪術結社で真実を習っているからこそ、その知識を元にシナリオを作れる。仮面ライダーみたいな設定をゼロから作れる人はいないという事が分かるのだ。幻魔大戦という1960年代の作品で既に宇宙人=地球を支配する悪魔という設定がある。では、どうして作者はそんな設定を思いついたのだろうか? 真実として魔法結社で語られているからに他ならない。


一方、日本の歴史、戦国時代だけでもいいが勉強すると分かるのだが、城主・殿様に対して「マムシ男」とかアダ名が付く人が目立つ事が判明する。信長はマムシの娘を妻にしている。つまり、当時より、殿や姫が爬虫類人として扱われていたのだ。宮や城に仕えるような女にも、蛇になったという話が多い。大和・飛鳥時代や戦国時代の支配層も、大衆を騙すために「爬虫類人の記された書物」を設定していたのだろうか? というか字も読めなかったはずだが。もし、現代の奴隷大衆に爬虫類的存在を信じさせたいのならば、最初から学校の教科書で記せばいいだけ。わざわざ社会・理科の教科書でサルからの進化を述べなくていい。

否定派のポイントとしては、原因と結果(古代からいる爬虫類人の存在と、創作物に登場する爬虫類人)を逆に見ている事が判明する。

◆デービッド・アイクというのはイルミナティのエージェントである。ユースタス・マリンズらが暴いた深い秘密に同調しつつ最終的にバカバカしい世界に引っ張りこむ- それがあいつのミッションだ。

エージェントという証拠はどこにも無い。「爬虫類人なんているはずもない。よって、爬虫類人を知らしめたアイクはエージェント(工作員)だ」という論法だ。爬虫類人がいない証拠もイルミナティの手先の証拠も存在していない愚論だ。この手の論法は、根拠と主張とが常に入れ替わっている。アイクがエージェントの根拠として爬虫類人という馬鹿げた事を語っているからと語りつつ、爬虫類人がいない根拠としてはアイクというエージェントが語っているからという堂々巡りなのだ。

次は踏まえたジョーク。
・アイクが工作員である根拠……爬虫類人を語っているから
・爬虫類人がいない根拠……馬鹿げているから
・馬鹿げている根拠……アイクという工作員が語っているから
↑ このような状況で、主張に根拠が揃っていると勘違い・錯覚。
・錯覚した読み手は……「成る程、疑問はすっきりしました。そう言えば訳者の太田龍は、若い頃に共産主義者でしたし」

なお、「爬虫類人の実態という真実を知らしめ、最初から詰んでいる事に絶望させるため」という観点では、アイクが工作員かどうかに議論の余地がある。

先方の主張を言い換えると、「俺は爬虫類人という話を馬鹿馬鹿しく思った。よって語る人は工作員かバカ」という主観で全てが語られる事になる。最終的にトンデモな世界に行くとして、途中に得る情報でも相当な内容だ。途中に知られたくない内容があるならば、最初から何も語らなくていいはずだ。そもそも最終的にトンデモな世界に行く理由は、トンデモこそが真実だからという場合もあるのだ。

◆《俺達は悪くないんだ、爬虫類型宇宙人に脅されやむを得ず人間を生け贄にするようなことをしてるんだ。俺達には更に大ボスがいるんだ! それが爬虫類型宇宙人だ! 俺達は悪くないんだ、コンピューターが意思を持って勝手なことをやりだしたんだ》(と罪を逃れようとする)

宇宙人がいない場合に支配層が罪から逃れようとするとして、宇宙人がいた場合には正々堂々と罪を認めるのだろうか? そんなわけないでしょ!

これについては、当記事のパート1「大衆を騙す学説やオカルト否定説は、テーマ以外の事が一切成立しない」で語った。要約すると、本当に黒幕として宇宙人がいても、支配層はそういう態度に出るわけで、いない証明とは関係が無いとなる。更には、「俺達だけが宇宙人の秘法を享受でき、大衆は宇宙人とは関われない奴隷だ」という態度なわけで、支配層(大富豪・王族)の罪はますます重くなり、大衆から支配層への矛先が強くなる。コンピュータに悪魔を降臨させる話はこちら

◆なぜこのレプティリアンの話がバカバカしいのかというと、そもそも爬虫類は変温動物である。暑い夏にも寒い冬にも活動が止まってしまうのだ(笑)。

爬虫類的宇宙人は別に爬虫類でも変温動物でもない。無関係なレッテルを貼って叩く方法を藁人形論法(ストローマン)と呼ぶ。詭弁(ずるいテクニック)の一種だ。爬虫類的宇宙人は爬虫類的な見た目に極めて近い宇宙人というのが、正確に近い定義となる。

また、爬虫類人の定義は、爬虫類的宇宙人と地球人とのハイブリッドだ。よって、地球人の遺伝子も持っている。当然、冬でも活動できる。それ以前に、寒かったら部屋を暖かくしたりコートを着るだけだし。

恐竜恒温説というのがあり、爬虫類だと思っていた恐竜が恒温動物だという事もあり得る。また、現代でも一部の爬虫類は、恒温的な調整をする。「爬虫類人は変温だ」という主張は、どこを取っても話にならないわけだ。

◆爬虫類がある程度ヒューマノイド形に進化することはあったとしても、文明を築くなどということは絶対にあり得ない。

なぜか地球で進化した事になっている。あくまで宇宙人なので、他の星で発生したのだが……。しかも、進化論という支配層が(生物学者に)捏造させた説を信じているので話にならない。なお、当ブログでは、爬虫類から(神的存在によって)進化し、爬虫類的宇宙人と手を組んでいる別種の爬虫類人が地底にいるかも知れないという話をしている。

ここまでで判明する否定派の欠落部分だが、爬虫類人を語るアイクは一言も、地球産だとか、変温動物だとか、爬虫類そのものとは語っていない。むしろ、宇宙人で、爬虫類そのものではないと語っている。つまり、否定者は本を読んでいないか、いい加減に読んだために理解していない事が判明する。

◆この話を作った偽ユダヤ人達は、聖書の影響からか(歳を経た蛇等の)、爬虫類をもって悪魔の原型と考えている節がある。

作り話という前提になっている時点で駄目。聖書が原型なのではなく、先に真実があったからこそ聖書にも記されているという状況。やはり、原因と結果を逆に捉えている。また、ハザール人が爬虫類をもって悪魔の原型と考えている節があるとして、それは爬虫類的人間が存在するからこそであって、いないという結論には結び付かない。

◆自然界の生物に悪魔は存在しない。

語り手にそのつもりは無くても、一般的にこのような言葉は、聖書や生物学者の語る進化論が前提になっているので駄目。引用元では続いて地球の生物の役割を色々と語っているが、今回の議題(爬虫類人がいるか否か)とはなんら関係が無い話。

また、自然界の生物に悪魔は存在しないというのは、ある意味正解で、異次元に存在し、自然界にはいないとも言える。つまり、「爬虫類人はいない」という断言をする根拠には、なんら有効な話ではない。

総評としては、「爬虫類人なんているはずもないので、肯定派の主張には頭の悪い部分があるはずだ」という視点で語るも、見当外れといった所だ。全般的に先方の主張には、馬鹿馬鹿しいとか、幼稚だとか、レッテル貼りが見られる。レッテル貼りというのも詭弁の一種で、(爬虫類人を語る人の)頭の悪さを根拠無しに印象付けるずるいテクニックとなる。

先方は人間や地球を制御する神的存在を想定しているが、そんな存在がいれば、爬虫類人が存在しても不自然ではない。にもかかわらず、否定する場合、自分の所属する宗教で宇宙人や爬虫類人を否定するので、自分の思想もそうなっている事が多い。今までは、ほとんどがキリスト教カルトだった。先方がそうかどうかの判断は読者に任せる。ネットで「爬虫類人はいない」「宇宙人もいない」と断言し長文を書いているサイトは、得てして「イエス・キリストがどう、聖書がうんぬん」と語っているのに気付くはずだ。

引用元の後半はそんな世界観に基づいた長文だが、「爬虫類人がいるか否か」とは一切、関係が無い。後半の長文をおおむね認めたとしても、「爬虫類人はいない」という結論にはならない。このような語り方も詭弁となる。

それで、結局、人類はどうして存在するの? という根源的な疑問は、なんら判明しない。聖書の神様がお造りになったのだろうか? それともサルから進化? 「見た目が人間的(あるいは姿の無い)宇宙人が地球人を造った」という話ならば議論の余地はある。「爬虫類的宇宙人はいるけれど、人間を創ったのは天使的な人間型の宇宙人だ」という説だ。

纏めると、
・無関係な事実を挙げ、爬虫類人はいないという見当違いの結論へ結びつけている。
・原因と結果を逆に捉えている。
・主張と根拠が常にすり替わっている。
・全ての主張は、いない事が前提になっている。
・進化論など科学理論(支配のツール)が基盤になっている。

今回の主張者に限らず、否定派は「いない証拠」を示しているのではなく、「いない場合にあり得る事」を示しているだけの状況が通常だ。いない根拠を示す態度の場合でも、いなかったら成立する事柄ばかりで、本来の証拠ではない。「いない場合」と「いない証拠」とをすり替えているのだ。例としては、「宇宙人を演出して本当の支配者を煙に巻いている」という主張だ。語っている本人は「いない証拠」のつもりなのだが、「いない場合」の話をしているだけであり、どこにも「いない証拠」は語られていないのだ。爬虫類的宇宙人の話で先に認識する必要があるのは、現代を支配している事ではなく、古代に人類を遺伝子改造で創造した事にある。まず、人類誕生の理由を明確にした後で、現代の支配を考えねばならない。

前記事でも挙がったが、真実を追究すると看板を掲げる割りには、当ブログを読んでいないブロガーが多いと言える。存在を知らないのも問題だが、真実だと認識できないというのもあろう。更に問題があるとすれば、「爬虫類人はいない」と語るに際し、いると主張するブロガーの説を一切読まずに否定している状況が判明する事だ。たとえ、否定したいにしても、当ブログさえ読んでいれば、あのような否定理由にはなるはずもないのだから。

当記事で洗い出した理由で爬虫類人を信じていない人が当ブログの話を目にしたとする。そんな人が当記事に対しても「いなかった場合に成立」に過ぎない主張で反論する事はあり得る。しかし、当記事で洗い出したような理由で信じていない実態が先にある事を忘れてはならない。完全なる勘違いによって存在を否定していたのに、その矛盾を指摘した当内容に対して、更に言い訳するという態度は筋が違うというわけだ。

次は先方の説に賛同する人のコメントより。
◆私、いくつかのサイトを読んでいて、いつもこの爬虫類のところで躓いてしまっていたのです。地球外生物がいてもそれは構わないのですが、よく掲載されているトカゲ眼をした実在している人々の写真を見る度に、どこかスッキリしない、寧ろ訝しい目で見ていたのですよね。存在を否定するサイトも見ましたが、書き方が何ていうか、嫌味で釈然としませんでした。これでスッキリしました。
思うに、世の中の一般的考えを持つ人々やリアリストと言われている人々が、いわゆる「陰謀論」と言われているものを否定する理由の一つに、このトカゲ人間の存在の主張があるのではないかと想像させられます。

多くの陰謀論では、宇宙人や爬虫類人については語らないか否定する。上の人は「陰謀論(人が黒幕)」と「オカルト陰謀論(宇宙人が黒幕)」とを混同している。陰謀論というのは、大半が宗教者なのでむしろ信じない方が無難だ。

爬虫類人を否定するサイトで嫌味といえば、あそこかな(RAPTではなく、嫌味という言葉が当てはまる所)。あのサイトは統一教会かエホバだと思われる。要するに、ベースとなる教義に「宇宙人はいない」とあるので、否定するに過ぎないのだ。当ブログでは以前によく語っていたが、「長文の反論に相手になる前に」「相手の説に納得する前に」……「まず相手の宗教を聞け。多くの場合に、相手にしたくない宗教に属しているはずだから」を思い出して貰いたい。ちなみに、モルモンでは宇宙人を肯定しており、クリスチャンカバラらしき魔導師の陰謀論サイトでは、「モルモンは結構マトモ」と評価されている。当ブログでは、「性に関する教義とか政治的な思想(中韓を叩き、原発推進、戦争推進など)は駄目だが、宇宙観に関しては真実に接近」という評価にしておく。

爬虫類人を否定している人の中には、「瞳が蛇みたいになる人がいるのは事実だけど、爬虫類人がいる証拠ではない」という意見もある。一方、当筆者は「瞳に映った人やカメラ三脚が縦長瞳孔に見えている画像がネットに出回っている」とも考えている。つまり、不思議な瞳の画像を適当にピックアップしても、決定的な根拠とはなり得ないのだ。

否定派には「トカゲ人間を出せば、みんな信じなくなるので、陰謀論そのものも信じないようにできる」のような主張もあり得る。しかし、実際には、爬虫類人は信じなくても、陰謀そのものを信じる人が多数派だ。つまり、トカゲ人間の登場で信じない人が現れる効果よりも、トカゲ人間以外までを信じる人が現れる効果の方が大きいのだ。となると、支配層がオカルト陰謀説を設定する理由と矛盾する。もちろん、いなかったらの話であって、いる場合には最後まで真実だったという話だ。


爬虫類人の所で躓く理由の1つとして、古代の文献や遺跡が爬虫類人だらけという事実を知らない事が挙げられる。それをまず認識して貰いたい。次に、このような話は、21世紀になってから語られているのではなく、江戸時代でも論争はあったし、その論争の元は飛鳥時代に作られたような書物が原因だ。また、飛鳥時代に記された理由も、元を辿れば、ずっと以前からの事実だからと言える。日本だけの話ではなく、中国やインド、中南米、アフリカ、メソポタミア、その他、各地で同様な伝承が語り継がれている。江戸時代の論争の話は、次の本の右、「天孫降臨」に語られている。

「私の住む町には強盗だけがいるんだ」と信じる人よりも、「強盗は人食いもするんだ」と信じる人の方が警戒度は強い。大衆に余計な警戒を認識させる以上、宇宙人の設定は逆効果だ。つまり、本当だからこそ語られるという結論になる。

以前も語ったが、爬虫類人がいない場合に、いると信じる事で致命的な状況は無い。しかし、爬虫類人がいる場合に、いないと信じる事はかなり致命的な状況に陥る事になる。いると信じて警戒する方が、ずっとマシというわけだ。たとえ信じられなくても、本当に大衆のためを思うのならば「いると思った方が、いた場合の対応が違ってくるので、信じるのもいいと思います」と語るべきだ。いないと断言する人は別にいない根拠があるから断言するのではなく、いると自分の信じた世界観が崩れるのが怖いだけなので、そんな事を理由に、大衆の警戒を弱めてはならないのだ。

関連記事
大衆を騙す学説やオカルト否定説は、テーマ以外の事が一切成立しない

浦島太郎は爬虫類女と交わる物語……浦島太郎を知らない日本人はいないはずだが、どうしてビジターが初の爬虫類人だと思ったのだろうか? かぐや姫を知らぬはずもないのに「最初の宇宙人物語は映画E.T.だ」と語るようなものだ。

幻魔大戦~地底の爬虫類人に月人の物語?
特撮の物語設定も魔法結社からの知識

宇宙人を信じられないコメント紹介~ホモ・カペンシス説の破綻

デーヴィッド・アイクは2012年を転換点と語る~基準を決める事で大衆を支配する
爬虫類人はいるんだってば

爬虫類人がいないという説を否定~超古代の地球人文明説 VS 宇宙人由来の文明説1
宇宙人は古代にも現代にもいる~超古代の地球人文明説 VS 宇宙人由来の文明説2
地球の生物を創造した天使的宇宙人~超古代の地球人文明説 VS 宇宙人由来の文明説3

悪魔的な霊はコンピュータに宿る~SIRIに隠された謎とゾルタクスゼイアン
関連記事

テーマ : 不思議生物
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

No title

マムシと言われた戦国武将は美濃の斎藤道三ですね。油売りから戦国大名に成り上がったらしいですが、この時代、どうやって、油を作ってたんでしょうね。もしも、爬虫類人なら、人間の油?

reptileという言葉の意味には
「卑劣な奴だ」
という意味があります

レプティリアンというのは、単に
「〜は嫌な奴だ」
という文章を、英語に疎い日本人が間違えて訳してしまっただけなのでは?と思います

reptileという言葉の意味

reptileという言葉の意味に「卑劣な奴だ」というのがあるのは事実だとして、レプティリアンを語るアイクの本には1箇所だけでなく、無数に存在するので、前後の文脈や古代遺跡の画像で間違えようがありません。もちろん、日本の古代文献に対し、現代語訳を間違えたという事はあり得ません。

英語圏の風刺ムービーでも、権力者の顔は卑劣な奴の表現ではなく、爬虫類の画像と合成になっています。

「爬虫類人はいるはずもない。よって、誤訳だ」という主張は成立しません。爬虫類人がいない場合にのみ誤訳だと都合いいだけで、爬虫類人がいたとしても誤訳や含み(1つの言葉で複数の意味を持たせる)は発生します。いずれの場合も、いない証拠にはなりません。

その論法が成り立つのなら

メス犬(Bitch)も存在しないことになりますね(笑)

No title

今まで、爬虫類人と聞くとイメージが浮かばず「?」な感じだったのですが、本記事を読み、昔話に出て来る蛇に変身する登場人物達と考える事で、急に理解出来る様になりました。

日本のおとぎ話は、狸や狐、うさぎなどの動物が多く出て来ている印象がありますが、日本神話や民話にまで範囲を広げると、途端に蛇が多く出て来るようになるんですよね。不思議です。そんなに人目につく所に、いっぱいいる動物でないのにな、と。

あと、蛇の様に残忍な、というような慣用句がありますが、動物の蛇に残忍さは無い訳で、そうなるとこの蛇は別の蛇、つまり爬虫類人を表しているって事になるのでしょうか。

しかし、なぜに爬虫類人や魔法などの話をすると必死になって否定する人が、どこからともなく湧いてくるのでしょう?

工作員ならともかく、一般人なら、そういう人知を超えた存在がいると仮定して、どのように自衛するかを考えるのが、正しいリスク管理のように思えるのですが、いかがでしょう。

義務狂育によって、「もしも」を想像して危険を回避する能力すら失くしてしまっているのでしょうか。それって、オカルトにハマるより、危険ですよね。

ブログ主様におきまして、いつも面白い記事をありがとうございます

言葉の真意について

自分は思うのですが、言葉に関して、なぜそう言われているかというのを考えても真実にたどり着く道の一つかもしれません。
例えばずる賢い人を「二枚舌」と言いますしそもそも二枚舌なんて発想が生まれる理由が本当にその人が二枚舌だったからと考えられるんです。
「牛耳る」もなぜ支配することを牛耳と言うのか。本当に牛耳(角)であったからです。

才能が「開花」するというのも霊的に覚醒すると頭頂の周波が変わり、花が咲いたように見えるからです。「見」→もホルスの目が今まで伝達されてきたからこの形な気がしますね。
何故それに例えたのか?がそもそも不思議な言葉には以外真実が隠されていますね。
言葉を生み出した人は霊感があったが故にそう言うことを分かっていたのでしょう。
人々に自分の作り出したものを広め、今まで定着させるほどの能力を持っている人はやはり霊感がずば抜けていたと考えられます。

現実に生活でそれは感じる

実物をみてない弱さがありますが、当方は、「別種の残忍な爬虫類人等の人間が居てもおかしくない。」と考えています。
ジェームスアレンは「あなたを攻撃する悪い人がいても正しい思いさえすれば、いつのまにか、(悪人は視界から)消えていきます。」と教えますが、それは冷血な人間の存在を前提としてます。
残念ながら、ジェームズアレンほどの人間でも「冷血者」の存在を前提に考察しなければない、現実世界は修羅の街ということです。
 レプを否定したがる人は、この世はみんな善人で、「冷血な爬虫類人」等の存在する世界に居たくないのでしょうが、政治もあれですが、社会・経済でひどい目にあってるのに、なぜいい加減わからんのかって言うことです。

No title

一般論でいうなら、レプティリアンがいることを証明出来なければただのファンタジーでしょう

それぞれの説は、それぞれの視点で語っているに過ぎず、決定的な証拠がなければどちらが正しいとはいえません
だから陰謀論を信じる輩がいるわけです
下手な陰謀論を信じるよりファンタジーとしてとらえたほうが遙かに健康的ですけどねw

ちなみに私は霊感体質で幽体離脱でレプティリアンを見たことも有るし、他の宇宙人種族もみたことあるので信じてますけどね

証明の定義

当ブログとしては、既に証拠は揃っていると判断しています。
大衆が証明だと認識する支配層のツール(学問、マスコミ、法律)で語られていないだけの話です。
証明の定義から疑わねばなりません。
なお、正確にはテレビのオカルト番組では報道された事はあります。

深海にいる生物たちはまさか陸地や空が存在していると思っていないかもしれませんね

知っても知らなくても生きてはいけるかもしれません

けれども人の場合 自分が何者のであるのか知りたいという欲求が有ってこそ人として生まれ変われるのかもしれません

地球人に生まれ変わるとは限らないですが、、、

No title

こんな記事が…
血を入れ換えると若返るという記事です
http://matome.naver.jp/odai/2143313784734787001
大昔から支配層が知っていたことをさも研究で明らかになったかのように言っていますね

レプティリアン?

レプティリアン自体は何となく信じています。
個人的な話ですが、「もしかしたら?」と思う女性が居ます。
その方は雨女で電化製品が壊れる、念が強い?変わった人ですが、ご家族に「機嫌が悪い時に爬虫類みたいな冷たい目をする」と言われる事を嫌がっていました。その状態の目を見ていないので私は何とも言えませんが。普段はフワフワした方で、破天荒な教授にも心配されていた程でした。妖狐×僕SSみたく先祖返りかもですが。

疑問ですが
その人はレプティリアンなのでしょうか?
そして、東大はレプティリアンの比率が高いのでしょうか?
毎度質問ばかりですね(;^_^A

No title

ピラミッドアイは別に支配の象徴でもなんでもないんじゃないの?
と思う理由を末筆ながら書いてみました
http://kujira15gou.hippy.jp/technology/

映画

いまから一年前より愛読させていただいています。
貴ブログは陰謀・オカルト分野の研究の最高峰の属性にあると、自分は考えています。
映画のオススメがあります。
『ライラの冒険』
もし宜しければご覧ください。
リンク
月齢
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人と引き合わせる事のないようにお願いします(お子さんなどはO.K.)

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
本物の魔道書
魔法は存在するからこそ、この価格に
最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。相談は承りますが、意見メールは特に不要です。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
放射能が除去できる空気清浄機
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  3ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運