妖怪の血を引く者の家は決まって栄えている~妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス)

今回、解説する妖狐×僕SSの読みは、いぬぼくシークレットサービスとなる。僕というのは下僕などに使われるよう、「しもべ」の意味となる。読者から「その物語では、金持ちはみんな妖怪の血を引いている」と紹介された。ファンの人には申し訳ないが、疑念も交えて語りたい。物語そのものは批判しないが、設定に対して「そんなの必要ないのに」という主張になる。もちろん、興味深い表現も色々と発見している。


登場人物には男、特にイケメンが中心なので、乙女アニメ(イケメンだらけで女性向け)だと判断した。ブログ筆者はアニメの全話を視聴し、原作は読んでいない。余談だが、前記事の「カオスヘッド」でギャルアニメを紹介して、筆者に疑念を抱いた人(爆)もいるかも知れないが、筆者はジャンルにかかわらず面白そうだと判断した物語を知る事にしている。

「りりちよ」というヒロインだが、りりちよ6624という所か。2+4は6となる。「り」はドラえもん・鉄人兵団のリルルや、FF2リチャードで語ったが、六道を「りくどう」と読んだりと、りは6となる。「みけつかみ」という下僕(従者)は、33で順当。

現代日本、妖怪の血を引く者だけが一緒に暮らすマンションが舞台。そのマンションの実態は金持ちだから入居できるわけではないという設定だ。金持ちの家の出身者だけでなく、下僕までもが妖怪の血を引くから一緒に暮らせるという状況だ。

先日はディアボロスという現代に潜むオカルト映画を解説した。映画のシーンで、「いい仕事に就いている者だけが住む事のできるマンション」か登場し、実態としては、悪魔的な姿にシェイプシフトする者達が中心だったというシーンが登場した。


妖狐×僕SSの設定には特徴ある基盤が2つあって、
1.妖怪の血を引く者達だけが集まる高級マンションがある
2.妖怪の血を引く者の家は決まって栄えている
となる。

妖怪一族が金持ちというのは、現実でもその通りだ。妖怪は最近では爬虫類人と呼ばれている。名探偵コナンでも、武家の殿様や姫が吸血鬼で、子孫は現代の金持ちになり、屋敷が舞台になった事がある。その金持ちは吸血鬼のコスプレをするのが趣味。

作者は世の中の仕組みを示した本を読んで架空の物語だと認識しながらも作品にしたのではなく、魔法結社で「富豪は人間かじゃないから大衆の暮らしを超越している」と教わったから書いた物語だという事を当ブログでは強調したい。理由としては2009年に物語がスタートしており、この時点ならば、「大富豪や王族貴族の正体は爬虫類人」がインターネットでも出回っており、話のネタにできるのではという疑問を持つ余地があるからだ。

表向きは選ばれた者だけが住む最高級のマンションだが、強盗がアッサリ侵入できた。セキュリティは人のためのものではなく、純血種の化け物から守るためのものだった。当ブログに言わせれば宇宙人というわけだ。

先祖に妖怪と交わった者がいる。その血が濃く出てしまった場合には、妖怪にシェイプシフトできる。ヒロインは名家・富豪の息女で、鬼のような角が生える。ナルトでは、ラスボスのウサ耳・月女「カグヤ」が後に鬼と呼ばれる事になった、アニメ妖狐×SSでは月人は登場しないが、鬼とは月人の事だ。

妖怪の種類は千差万別で、動物的宇宙人には限定されない。例えば、一反木綿[いったんもめん]にシェイプシフトし、普段の見た目が人間の半妖怪がいる。ウサギみたいな格好をした男の正体は百目。月と眼に関係があると言いたいのだろうか。

驚いてシェイプシフトする者もいる。彼らはれっきとした人間を主張する。現実の爬虫類人も、自分の事を妖怪とは言わない。

物語の中には次のような台詞がある。
(庶民を超越した優雅な暮らしをしているのは)ウチだけではない。(妖怪の血を引く)他の家も不思議と栄えていた。

血の濃い者が現れた場合、一族全体で隔離される家系もある。宗教じみた所があるのだ。宗教と言うより、秘教、妖術だというのが、当ブログの主張だ。

作者名の「ここあ」はcocoaなので。331(cca)の数秘術だろうか。ちなみに、作者は30歳ちょいで亡くなったようだ。死因に関しては憶測になるのでコメントしないでおく。

制作はデーヴィッド(ダビデ)という名前の付く会社で、それだけでも言いたい事があるのだが、フジテレビの子会社という所により注目した。要するに、小さいソフトハウスとかが染まっているというより、大きなテレビ局自体が魔法結社の一派という事なのだ。

全般的にふざけた内容で癖がある。好きな人ならば楽しめるだろう。筆者としては、別に好きでも嫌いでもなく、視聴を進めた。そんな中で、「ブルーブラッドの家系が特別で富豪」という部分だけは、事実と同一というわけだ。


物語はオカルト満載のバトルかと思ったら、恋愛の物語が主体となる。ブログ筆者が視聴する前は、陰謀が張り巡らされ、殺し合いとかがあるのだと思っていた。お嬢様と従者とのドラマで、婚約者がいたり、お嬢様が素直になっていくとか、それだけでも成立している。にもかかわわらず、そいつらの正体が人間でない事が、もう1つのテーマとなっていて、しかも、ブルーブラッド家系の掟みたいなのが埋込まれているので、不自然に思えたのだ。登場人物は、実は人間味に溢れている場合があり、感情は妖怪らしくない。言い換えると、お嬢様の恋愛物語なのに、なんでお嬢様自身が、そしてイケメンの従者までもがシェイプシフトする半妖怪でなくてはならないのか? 事実がそう(お嬢なんて妖怪の血族)だと認識していない限り、そんな馬鹿げた表現は実施しないのだ。ちなみに、1970年代の作品・スケバン刑事でも、お嬢様は爬虫類人として描かれていた。また、別のお嬢様もやはりそうで、祖父の大富豪は妖怪と呼ばれていた。

結局アニメでは、「好き好き」「愛してます」で終わった。恋愛ストーリーならば、別にそれで文句は無いが、主要人物を半妖怪という設定にせねばならなかった点で違和感を感じたわけだ、

物語中のホモレズはまあ、ギャグの範囲内で済ませてもいい。なお、普通の物語の振りをして、男の作者がホモを強調するストーリーを作る場合、おかしな結社員と断定できる。

面白い表現としては、
人間は信じられない事に遭遇した時、勝手に脳内補正する。写真に撮られても、都市伝説になるだけ。
現実でも、オカルトが存在しないと思っている人が何かを見ても、実在が証明されている対象だと勝手に思い込むというわけだ。

妖怪の血族には、稀に記憶を受け継ぐ者がいる
支配層は肉体が主ではなく、同じ宇宙人が憑依して、大富豪総帥や国家君主などに君臨しているという表現と解釈した。

時間は重み
時間は重力と関係しているという示唆か? 時間と重力の話は、物理学でもあるはずだ。銀河鉄道999でも、重力の底の墓場では、時間の流れが不安定だった。重力の底には土星人のように頭の尖った機械女がいた。「時間のある空間には重力がある」か「重力のある空間には時間がある」か、どっちか分からんが、そんな法則は魔導師としての知識に加えるべきだ。

ちなみに、銀河鉄道999は、あちこちの星で大人の女性によって、主人公の少年・哲郎が頻繁に拉致・誘拐される物語。相棒のメーテルも、頻繁に拉致・誘拐され、裸になっている。

さて、ここからは一旦、物語とは直接関係ないが、オカルトをとにかく拒絶する人について。下手に高学歴を取ると、自分は頭がいいと錯覚してしまう。そういう奴に限って、オカルト分野に限らず支配層が信じさせたい事を信じていたりする。

会話中、拒絶派にオカルトな何かを信じて貰えないので、肯定派が論の補足を実施すると、「後付けの説明だ(信じさせるための作り話だ)」のように拒絶する人もいる。彼らは初めて聞く知らない事を後付けと錯覚しているだけなのだ。「自分が知らない事がある」と認識できる者こそが、知能があると言えよう。

「古代人が遊びで爬虫類神像を造った」「ジョークで古代文献に爬虫類人を描いた」みたいな思考で、オカルトな存在がいない事を証明しようと試みる人もいる。だが、別に本当にいたって、遊びやジョークで作る事ができる。つまり、遊びやジョークが文明に存在する事は、なんらいない証明にはならない。むしろ、遺跡に異種族の像や文献がある事は、いる事の証明になる。存在がいない場合に像や文献を造る可能性は極小で、存在がいる場合に像や文献を造る可能性は極大なのだから。

当ブログでは、これからは何度も語ってゆきたいが、オカルト・超常現象を拒絶する人は、得てして「存在しない場合にあり得る事」と「存在しない事」とを混同している状況を、読者は見抜いて貰いたい。「存在しない場合にあり得る事」も、多くの場合、「存在する場合でもあり得る事」に過ぎないのだ。

当記事の物語だと、拒絶派は「作者が富豪=半妖怪という設定を考えたんだ」「富豪=爬虫類人というデタラメのオカルト本を参考にしたんだ」のように言い訳してくるはずだ。どれもこれも、そう(富豪=半妖怪)でない場合に考慮する余地が発生するだけで、そうでない事の証明ではない。富豪=半妖怪を教えてくれる集会があれば作者は考える必要が無いし、富豪=半妖怪と語る本が真実であっても、それを参考にして作るのだから。


関連記事
ディアボロス・悪魔の扉~有力者の中に悪魔がいる? 有力者の一族が有力者になる

ブルーブラッド 悪魔の愚民化統治1~ヴァンパイア
ブルーブラッド 悪魔の愚民化統治2~宇宙人の存在
ブルーブラッド 悪魔の愚民化統治3~金融のトリック
ブルーブラッド 悪魔の愚民化統治4~地下都市
ブルーブラッド 悪魔の愚民化統治5~タバコの効能は薬

有名アニメ、最近の傾向は爬虫類人と吸血鬼
ナルトの月の眼計画~忍者同士のバトルが、なぜか古代から他星のエイリアンが侵略している話に

スケバン刑事のオカルト都市伝説~権力者に潜む爬虫類人と地下モノレール……最近ではなく、1970年代でも、お嬢様や富豪は目が妖怪だった。つまり、爬虫類人という概念は、最終的には太古の昔より存在するという話になる。

漫画家の見た事や体験した事、感動した事を書いてこそ面白くなる~ジョジョの奇妙な冒険・岸部露伴
おとぎ話は何に基づく? イマジネーション? その源は? どこかにあるはずだ~ワンスアポンタイム(米ドラマ)
関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

UFO学園見てレプテリアン信じるカルト信者が増えそうw

UFO学園

アニメUFO学園は教祖の大川氏が総指揮というわけですね。UFO学園は見てませんが、恐らく、地球の真実が多く語られている事でしょう。よって、真実を発見したと感動して入信してしまう人もいるわけです。レプティリアンを信じるのは問題無いですが、幸福の科学の正しさとは関係ありません。オカルトが真実だからこそ、幸福の科学も採用して信者を集めようとするというのが当ブログの見解です。真実に気付いた人を一部でも囲って誤誘導する使命が新興宗教にあります。しかしながら、どの宗教でも幹部になれば秘術を授かるので、末端信者だけが駄目という状況です。

いぬぼくは好きです。

妖館の住民は金持ちもメイドも執事も皆、結構食べる割には痩せてますよね。
中でもカルタちゃんは大食い選手権で優勝しそうなほど1日中食べているのに、小柄で華奢で可愛い。
カルタちゃんはガシャラドクロの先祖返りで、シェイプシフトするとドクロの巨人になってしまう。

食べても食べても太らない痩せの大食い体質の人は、爬虫類の血が入ってるのではないかと考えてます。富裕層、芸能人にこの体質は多いような気がします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ユニセフのCMで、爬虫類人をイジメるなの、プロパガンダの記事が宇宙への旅立ちさんに載っていましたが、近い将来、ひょっとすると、今年中に、テレビ映像だけではなく、肉眼でも、はっきりと、爬虫類人のホログラムの乱れ、もしくは、はっきりと爬虫類人の姿を認識できるようになるのでしょうか。もうすぐ、ホログラムが通用しなくなることを知っている爬虫類人が焦っているのではないかと、なので、人間のみなさん、私たちをいじめないで、と勝手に思ったんですけど、実際はどうなんでしょうか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

今、シュタインズゲートの再放送があっているらしいのですが、エンドカードが新規イラストにかわったらしいです。
しかし、それを話題にしたまとめスレッドの記事がたったの2時間で別のものに刷り変わってました。
なにか問題か不都合のある内容で、圧力がかかったのでしょうか?
8月27日の7時なので、記事があがったのは5時ほど。

うちの旦那さんは世間的には高学歴の部類に入るのですが
はやし浩さんの動画などでレプタリアンやUFOの解説を見て信じてたのに
自分に言い聞かせるように『人間は猿から進化したんや、UFOなんか居ないんだ』
と何度も呪文のように言ってます(;・∀・)
極めつけは 自分もわりと幽霊見たりしてるのくせに
『幽霊なんか居ないんだよ 学校で習ってないんだから居ないんだ』
と 呪文のように連呼していました
頭がおかしくなってしまったんでしょうか
( ̄0 ̄;

No title

富豪である宇佐見秋彦氏とその家族が縦長瞳孔でした
こんなところにまで。
記事の内容と関係なくて申し訳ない
リンク
月齢
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人と引き合わせる事のないようにお願いします(お子さんなどはO.K.)

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
本物の魔道書
魔法は存在するからこそ、この価格に
最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。相談は承りますが、意見メールは特に不要です。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
放射能が除去できる空気清浄機
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  3ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運