集団ストーカー被害は存在するのか?~憑依による錯覚?

以前から言葉としては認識していた「集団ストーカー」について述べる。あくまで現時点での見解なので、証拠次第では変わるかも知れない。なお、「私は確かに被害を受けている」というのは証拠にはならない。「私の知人が受けている。これだけの実証がある」という話の方が客観的なのでマシだ。ただし、相手を対面で知らない人が憶測で「あるかも知れない」という話は避けてもらいたい。本件では、可能性というのはあまり重視できず、的確な証拠や他に説明がつかない現象を重視する。

集団ストーカー被害の概要をまず。仏教系のカルト要員が、ある個人を10人20人単位で付け回すといった訴えをする人が、ネットには結構いるという状況だ。実態を調べると、通常は妄想とされ、もう少し納得のいく話だと錯覚という結論だった。

ある人が転んだとする。すると、通りかかった近所の人が寄ってきて手を近づけてきた。通常は起き上がるために手を差し出してきたと思うはずだ。しかし、「私は集団ストーカーの……」という想いがある人は、思考が反転してしまっている。「転んだ俺(私)に、更なる追い打ちを掛けようとしてきやがった! いつもストーカーしているから、近くにいたんだな!」となるわけだ。自分の家の前は公道なのだから、色々な車が駐車するわけだし、自宅敷地に裏から入り込むような人でも電気や水道のメーターを見に来ただけかも知れない。その人に対してどう思うかというのは、心の中にしか存在しないわけだ。

ここで、1つ体験談。実は筆者のブログ・コメントに新手の出会い系の勧誘が昨日あった(メルアド記載だった)。最初から判明するわけではなく、相談を持ちかける読者だと思っていた。当ブログは人と会う事も実施している上、悩み相談を受けやすい立場でもある。メールをやり取りして1日以内に勧誘だと気付いたのたが、勝手に相手を工作員だと思った時間もあった。要するに、筆者の時間を奪うためのトラップの可能性を考慮したわけだ。ここで気付いてもらいたい。相手のメールアドレスを検索すると、実際にはFC2ブログに広く書き込まれたスパムに過ぎず、相手にはなんら当ブログへの工作の思惑は無かった。しかしながら、ブロガーの性格によっては、「集団ストーカーの一種で工作員だ!」と信じたまま、動かないのではあるまいか?

一方、たとえカルト員であっても、報酬無しには動かないと考えられる。1回2回ならばともかく、毎日のように集団でという事はあり得ない。奉仕活動は無償という事はあれど、何か大義名分(デモ行進など)があっての上で、個人攻撃にそんな何十人も動かせない。街頭演説とかで原発反対とか叫んでいる人も、仕事だからやっているのだ。たとえ原発反対は本意だとしても、報酬無しに演説をさせられる人はいないのだ。

ターゲットの決定権を持つような立場の人が、わざわざ利用価値の薄い相手を選ぶ理由に欠ける。自分の活動に邪魔で、影響力のある相手に仕掛ける事に意味がある。影響力の無い人間をターゲットにする事には理解できないのだ。

ネットで政権批判や陰謀論を展開している場合であっても、アクセスの小さいブログが「私は被害に」と叫んでいる事が多い。仮に後にある程度のアクセスを集めるにしても、開設時期は存在すら知らない人が全ての中、最初の内から「私は被害に」と言っている状況は矛盾する。ツイッターにせよ、ブロガーにせよ、わざわざ日当を払ってストーカーをさせる程に影響力があるとは思えないのだ。また、ターゲットに選ばれた以上は、それなりの理由があるはず。誰かを傷つけたとか、そういう事をして、仕返しをされているとは思わないのだろうか?

確かにネットメールのやり取りは監視できる。しかし、それが可能なのは権限を持った人であって、しかも高給を得ている人の話だ。権限の小さい末端員が、1人の個人相手に限って監視する立場にある事は考えにくいのだ。指令を出す人が通信業者やネットの利用サービスなどに、相当に影響力が無いと不可能だし。本当に監視したい場合には、気付かれずにやるのだから、相手にはストーカー被害意識が無いはずだ。

やはり、実施に意義があるとすれば、自分の思想の邪魔をする有力者とか影響力のある人に限られる。だが、そういう人ならば対策法もすぐに打ち出してくるはず。もっと言うならば、集団ストーカをする方もリスク(訴えられたり、暴力を振るわれたり)がある。つまり、影響力がありつつ、相手が反撃しない事を知っている状況でしか、集団ストーカーは実行できないのだ。「被害を受けても対策方法が思いついていない」という事を知っているのは、本人以外にはあり得ないのだが。

証拠映像があるというのも、証拠にはならない。例えば、いつも同じ郵便局員が自分の家の前で作業している、近くの公園に停まっているタクシーの運転者とナンバーが同じ、いつも同じ宅配便のスタッフがうろうろしている、町内パトロールでいつも同じ時間に同じ車が自宅前を通る、スーパーマーケット・コンビニに行くといつも近所のあの人がいる……これらの映像を撮ったとして、それらは証拠映像とは言わない。また、撮られた人が、気まずそうな顔とか、嫌な顔をしても証拠にはならない。普通の人は、毎日知らない人からカメラでじーっと撮られて平然とはしていられない。ストーカーの立場が逆だ。

以前に「ウチの上にいつもヘリが通る」という他のブログ記事を読んでいて、「そういう事もあるの?」と思った事もある。しかし、ヘリコプターをチャーターした場合、1回20万円とか掛かる。自前のヘリを使うにしても、毎日飛ばしたら、馬鹿にならない金額だ。ブログなどをやめるかどうか分からない1個人相手に、そこまでの出費をするとは考えられないのだ。ちなみに、筆者の自宅周辺の上空を爆音の戦闘機が横回転しながら何機も飛んだ時は驚いた。戦闘機を数台も飛ばすとなれば、とんでもない経費になるわけだし、冷静に考えると自衛隊の演習というわけだ。「近所に工作員がいる」と語りつつ、「ヘリコプターが上空を」という訴えは矛盾する。近所の工作員の家上空を通るわけで、工作員に取ってもうるさいではないか。それ以前に、自分の家以外の上空も通って到達できるわけで、他の人に迷惑が掛かり過ぎる。ワープして上空に現れるわけじゃないんだから。

お金を用意してでも黙らせたいのならば、人を雇ってストーカーや嫌がらせではなく「現金50万円上げるので、もうブログとツイッターやめて」という方が安上がりだ。継続的に資金を投入し、人員を導入しても結果は不明なのだから、いっその事、「金やるからやめて」の方が早いわけだ。なお、当ブログは50万円では安過ぎる(笑) 一部記事削除ならば、それでもいいけれど。

集団ストーカー、筆者の見解としては、精神病(医学的な意味は薄い)の一種で、なにか邪霊に憑依されていると、その症状が出るのだと考えた。ただし、霊に憑依されているので、人によってはかなり感受性が高まり、陰謀論や宇宙人による支配までも見抜いてしまう事があったり、「俺は宇宙人からメッセージを受け取っている」という自覚を持つ人もいる。実はそういう人を2人発見しており、言っている事は当ブログに準じるくらいの凄い内容を展開しつつ、なぜか「被害に遭っている」と語るのだ。しかし、影響力はほとんど無いし、他に影響力のあるブロガーを野放しにしつつ、アクセスの小さいブログをわざわざ遠回しな方法でストーカーする道理は無いのだ。


ポイントを整理すると、集団ストーカーというのは実質的な危害はほぼ無く、近所の人や知らない人がコソコソ話したり、睨んでくる程度。自宅前に知っている人や、知らない人が常にいる。知っている車もあれば、知らない車も常にある。行く先々、と言っても、最寄りの駅とかお店で同じ人と出くわす。これは別にストーカーされていない人でも当然のように起きる事だ。睨んでくるといっても、憑依された顔とか、「お前ストーカーだろ」という顔で見られれば、誰でも無視しようとしたり、嫌な顔をしたり、睨み返す事になる。ここがポイントだが、仮に嫌がらせをしたい相手がいるにしても、追いかけたり、コソコソと噂したり、睨む程度で済ませる理由が全く存在しないのだ。毎回、物を投げられたり、つつかれたり、目の前で暴言を吐かれたりというならば分かるのだが。

「被害に遭っているんだ」という人は多くが自家用車を持っておらず、行動範囲が狭い人だと考えられる。移動するにしても電車に乗るから接近されるのだ。片道1000円くらいの街へ電車で行ってもらいたい。それでも見知った人達が追いかけてくるようだったら、ストーカー者にしても経費の2000円が出ないといけないわけで、時間も関わるし、もっと謝礼を貰って当然という認識になるはず。その人達に充分なお金を払う勢力が無いと成立しない。そんな金銭的価値は想定できないので、やはり錯覚というわけだ。もっと大袈裟な話、海外旅行へ行っても付いてくるようだったら本物だ(笑) 早速、「それだけの人数を海外にまで派遣できるならば、300万円くらい下さい。それでツイッターやめるんで」と切り出そう。

皆が顔見知りに近い田舎ならば閉鎖的なので、集団ストーカーとはニュアンスの違う行為はあるにせよ、ストーカーを自覚しながら都会で住み続けるというのは別問題と言える。「村八分的に妨害を受ける」と「集団ストーカー」とは異なるわけだ。また、何かの報復の嫌がらせや、嫌がらせのつもりは無く勧誘のための待ち伏せなども、ニュアンスは異なる。もっと明確に判断せねばならないのは、集団ストーカーが存在する事と、叫んでいる人が本当に被害に遭っているのかは別という事だ。ヘリが上空を飛ぶとか、自宅周辺に停まる車のナンバーに4や9や6が入ってる訴えとかは、別物と言える。

集団ストーカーは実質は可能だが、実行者には金銭的問題が発生する。ネットで被害者がたくさん出現する程にケースは多くないはずだし、それだけの人数(金銭)を動員して追い詰める程の価値がある状況というのも想定できないのだ。ましてや、それが何年も続く事はあり得ない。憑依ならば、何年も続く事はあるという思考というわけだ。


一説では、日当を7000円くらい貰ってやっているという説もある。宗教は末端からエナジーを吸うシステムなので、金銭だけが吸われるわけではない。しかし、ある1人が宗教の勧誘を断った(その1信者から将来得られるお布施を逃した)程度でストーカー対象になるとすれば確実に赤字なのだ。宗教組織は折角信者から集めたのに、なんでそんな事に使わないといけないのか? せめて、新たな信者候補を見つける事にお金を使えばいいはずだ。脱会者への見せしめは想定しやすいが、何年も経つ内に脱会者なんてどんどん増えるのだから、特定の人に長期間という事は無い。

「創●学会叩きにデマという禁じ手を使い、統合失調症の人をも利用してきた」という意見もある。アニメでもよく、創●学会だからデタラメだというデマを信じている人がいる。アニメに臓器提供推奨シーンでもあれば、即、創価のせいになるという具合だ。要するに、情報戦の一種であって、ネットで肯定される程にたくさんあるケースではないというわけだ。

1つ気に食わないのは、リチャード・Kに「私は被害に遭っています」と助けを求めた女性信者がいて、「病院へ行ってください」と返した事だ。「偽りに過ぎない病院なんかを奨めやがって」と思った時期もあったが、そんなものは存在しない事(あっても、そう簡単に成立しない事)を知っての返答だった事だ。リチャード・Kは創価を叩いているのに、なぜか集団ストーカーについては存在しないと切り捨てる。

ネットを調べると、実は総合失調症と診断され、治るのが通常のようだ。治るって事は、最初からストーカーは無かったというわけだ。まあ、宇宙人からのメッセージを受け取っていたら、ついでに病院の治療で脳を麻痺させられ、メッセージを受け取れなくなるリスクがあるのだけど、ストーカーの錯覚は消えるというわけだ。


被害者の訴えには「私がスーパーマーケットやコンビニに行くたびに知っている奴が……」とある。もちろん、近所の人なので当然、その店は利用するわけだ。今は楽天というサービスがあるので、一歩も家を出なくても、食料や飲料は手に入る。つまり、対策をしない事そのものにも疑念があるわけだ。


道理に外れる例だと、「俺はストーカーされている、俺のブログにもコメントがしつこい」とか言いながら、ネットで顔を出している理解不能な人もいた。顔を出すから本人だとバレるのだ。顔を出していないのにブログがバレバレならば、パソコンを乗っ取られていたり、部屋に入り込まれたり、何らかの被害は想定できる。まあ、その場合も、人が出入りしやすい部屋(寮とか昔ながらの共同廊下・便所のアパート)に住んでいるとか、そういう穴だらけなのだが。

パソコンがよくフリーズする事までもストーカーのせいにしている。中国製の安物を買ったので、壊れそうになったり処理能力が劣るだけの話。ネットを探せば、パソコンが不安定な人は多く存在する。クリエーターパソコン、ゲームパソコンなどを買えば、そう簡単にはフリーズしないし、長時間連続で不安定になっても再起動で解決する。電磁波兵器なんてのがあれば、パソコンそのものを破壊すればいいのに、その人は問題無くツイッターとかをやっている。

本来はストーカー対象なのに、ターゲットの性格によっては、集団ストーカーを実施しない(実施しても効果が無いとか、反撃されると判断した)場合があるのだとすれば、ターゲットが自分の思考や行動を変えるだけで、ある程度は現状が変わる事を意味する。工作は相手に応じて変えるのが常道だが、そうなると実施行為が集団ストーカーに決まった理由はターゲットにあると言える。

会社の不要人材に対し、辞めさせるためにストーカーを雇っているんだみたいな説もあるが、うつになるかどうか、辞めるかどうか、会社が雇っている事に気付くリスクなど、不確定要素が多過ぎて駄目だ。

呪いでもそうだが、実際に呪われているかよりも、本人が呪われていると信じる事こそが大ダメージなのだ。つまり、実際にストーカーがあるかよりも重大なのは、本人が被害を信じてしまう事なのだ。良い所に目を向ける人には良い事ばかり起き、悪い所しか見ない人には悪い事しか起らない。傍目には全く同じでもだ。

変な装置を照射され、鼻血が出るんだと語る人もいるが、福島から近い地域でそれを言われても結論は決まっている。放射能地域で心配すべきは、架空の電磁波兵器ではなく放射能だ。電磁波兵器で身体が勝手に動くという重傷の人もいるが、憑依されれば身体は意思に反して動く。ちなみに、霊というのは3次元空間では電磁波として存在できる。となれば、霊に憑依されると、その性質によってはパソコンが壊れやすくなる。霊に取ってみれば、実社会での肩書きなどどうでも良く、影響力なんて無い一庶民でもエナジーを吸うために標的とできるので実態と合致する。

思考盗聴の訴えもあるが、大統領とか超越した技術者、芸術家の思考を盗聴するならばともかく、別にスケベとかかがバレても大した話ではない一般庶民の思考を読んで、なにをしようというのか? 余談となり、超能力物語ではたまにあるが、女の読心者を逆に辱めるために、エッチな事を妄想して心を読ませるシーンなんてある。

他の可能性としては、本物の集団ストーカーがあるので、偽りの集団ストーカーの話を多く混ぜて、真相を分かりにくくするという説もある。しかし、それにしたって、ターゲットや目的が依然として定まらない。「宇宙人からメッセージを受け取っている人に嫌がらせをするんだ」では説得力が無いわけだ。なんで、他人が宇宙人からメッセージを受け取っているその人を知っているのか。宇宙人からメッセージを受け取りつつ、野放しになっている人との違いは何なのかなど、真相ではない場合には必ず疑問が発生する。

この世に一切の集団ストーカーが存在しないという断言まではできない。1割くらいは本当だろうし、その1割の人にしても、無関係な要素をストーカー被害だと勘違いしている。
当ブログが言いたいのは存在しない事ではなく、叫んでいる人の大半が錯覚の可能性が高いという事なのだ。無関係なケースを排除して、実際に存在したとしても、ネットで語られるような話はほとんど消えてしまうというわけだ。記事を書けば、情報が集まり、考察が進むかも知れないとの思いで記した。

なぜこの話をするのか他にも理由はあり、せっかく宇宙人や陰謀論でいい事を語っていても、「私は被害に」という話が付加してあると、一気に宇宙人の話までも信用されなくなるからだ。「宇宙人なんて言っている奴は被害妄想が激しい(よって宇宙人はいない)」というレッテルを避けて欲しいわけだ。と言うか、霊や宇宙人がいたら、どこからともなく聞こえる声は、宇宙人か悪霊の仕業であって、兵器という発想になるのは理解できない。

道理を把握してもらいたいのだが、真実を知らせたいとして、集団ストーカーの事実が国民全体に拡がっても、恐らく世の中は変わらない。一方、地球の支配者がなんなのかという事が国民全体に拡がる事は、ある程度の変化を実現させる事になる。よって、ストーカーの有無にかかわらず、宇宙人情報とかの発信者が語る事ではないのだ。仮にストーカーの話をしたくて、別ブログとか別IDという方法がある。

無関係な要素をなにかと23に結びつける妄想者の物語。


次の本は、33人の被害報告とか言うが、33が出る時点で著者は普通の人ではない。ハートマークはメンフクロウの事だ。


続編に該当する記事はこちら。
世にも奇妙な物語~華やかな3つの願い(悪魔との契約)……前半は悪魔の話で、後半が関係する

関連記事
肉食は本当に害なのか?~うつが治る~森脇健児が芸能界を干された理由は焼肉?

AngelBeats! 2~臓器提供意思表示を促す陰謀? 三位一体・キリスト教布教の陰謀?

デマ発信・翻訳のカラクリ~無記名や素性の無い相手には要注意
ホームページやブログに承認欲求が無い場合には工作員
関連記事

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

youtubeで探せば明らかに被害妄想な人がたくさんいますよ

被害妄想

私の父親も似たような症状で、町内の人たちが結束して自分たちを町内から追い出そうとしてる
だの、家を追い出される、だれだれがはめようとするなど
かなりの被害妄想で心療内科で受診して数ヶ月入院させたらおさまりましたが、
しかし今度は薬の副作用の為に薬を弱くしたら、また同じ症状がでて、
心療内科で何度か薬の調整をしないとならなかったですね、
祖母も同じような症状がありました(現在は完全に痴呆ですが)ので
家系なのかもしれません、

あのブログのかたのことを言われていると思うのですが、私はこのブログもあのブログも全部読んでいますが、あのかたの情報凄いので、本当かもしれませんよ。

No title

理屈はどうあれ、集ストは存在するよ。

・魔法結社の集スト(イニシエーション)のアニメ
Binbo's Initiation
https://www.youtube.com/watch?v=gua71Ia7rAU

なぜはじめにミッ○ーマ○スがでてくるのか、
なぜこんなアニメをつくるのか。

ハニートラップには要注意ですよ。

スレンダーマン事件

被害妄想などといった強すぎる思い込みは時に人を狂わせますね。

日本人は加害妄想(自分が誰かに迷惑をかけてないだろうかという思い込み)
のほうが多いと思います。

スレンダーマン という架空の存在を信じた少女達が
殺人事件を起こしてましたが
ああいうことを招く危険性もありますね。

井上敏樹のアニメ『カオスヘッド (全12話)』

『仮面ライダー竜騎』の井上敏樹が渋谷を舞台にしたアニメ『カオスヘッド (全12話)』でもカルトの工作部隊による『集団ストーカー』を描いていました。https://anime.dmkt-sp.jp/animestore/ci_pc?workId=10470

No title

いじめのような生贄の儀式か
エナジードレインの一種
もしくは呪いといった黒魔術でしょうかね?魔術として考えるなら

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おひさしぶりです。相変わらず
毎度楽しみに読ませて頂いております
集団ストーカーとまで呼ばれる部類の物かは主観になりますが自身の意見を述べさせていただきます。
10代の頃、地元や同級生に創価学会員が多いこともあり、創価学会の勧誘を受けながら、もう入信するものだろうと思わせながら、内部の座談会や会合に入り込み、興味本意で参加して見てきたという経験があります。
そのなかで、勧誘が嫌で会ってもくれなくなった友人と話すために、マンションの下で待ち伏せをしたり、家ノ前で待ち伏せをするという(もちろん無料奉仕ですよ)勧誘活動をしてきたという方法を、まったく恥ずかしげもなく誇らしげに報告している人が居ました。
その方は、家族にも反対され家を追い出されて一人暮らししている20代の女性でした。集団という根拠はありませんが、数人でそれを別の場所で行えば、集団ストーカーと言うことにはなるのかな?と、私は思います。信者自身に悪気はなく、友達をよい教えに導いてあげるための誇りある活動と思っているんですよ。だから無料奉仕で動くのです。

もう1件の例ですが、親戚の経営していた宅配弁当の会社が営業のテリトリーを拡大していたころの話です。
親戚の会社の営業社員数名に同業他社の関係者がお金をもらって入り込んでいたことが発覚し、(いわゆるスパイ)首にしたという出来事がありました。
配達車をすべてパンクさせられたり、色々あったようです。
魔龍さんに参考にしていただけるかはわかりませんけれども、その二件の体験とちかしい人の話で、集団ストーカーの実在を確信しています。
ただ、生きた人間に憑依した存在が憑依してくる言う言い方も出来るとは思っています。

どちらもそうとう昔の話で、年齢がばれてしまいそうですのでこの辺で失礼します。

(><*)ノ~

度々すみません。
もうひとつ20代前半のころの思い出した事があったのでコメントさせていただきたくなりました。
その頃とあるきっかけで、琴を習うことになったのですが(今はやってませんが)
そのお琴のお師匠さん(年齢は70代で病気がちな方でした)が、創価学会の人たちに断ってるのに家に上がり込まれて仏壇を置いていかれた。
うちでやらないでほしいのにかってにうちが座談会の場所にされた。
うちにはうちの昔からある宗教があるからって言ってるのになんで、、、という感じで涙ながらに打ち明けられた事がありました。
もうお婆さんでしたし、抵抗しきる気力もなかったのかもしれないなと今になって思います。
どうにもしてあげることができずに縁は切れてしまい、少しやはり心残りがわたしの中にあり思い出してしまいました。

こういったことは集団で行われていたようですし、集団ストーカーに当たると思います。

創価の人で知り合いが複数いますが、表面上の付き合い(近所付き合い)だけなら、本当に親切な人が多い、という印象です。末端の信者さんたちは信仰以外にはごく普通です。
聖教新聞を毎月手渡されることはあるけれど、思想的に宗教嫌いが滲み出ているのか集会には誘われたことはありません。
あと、やたらと県営や市営住宅にお住まいの方が多いので、行政による優遇があるのかなぁ、なんて勘ぐってはいます。

集団ストーカーについては被害妄想の類いの方が多そうですね。陰謀系のブログ主で宇宙人からテレパシーを受け取っている、なんて言われると神憑り的な雰囲気がプーンと漂い、盲従されている読者さんたちのエネルギーが吸われていないか心配になります。

ムー読んでる時みたいな緩い気持ちで宜しく

残念ながら集団ストーカーだけでなく思考盗聴まで存在します
その思考盗聴もテクノロジーによるものと、テレパシーの様な霊的なものがあります

テクノロジーによるものは電線に機器を設置するやり方が主流と見ていますが、衛星(電磁波を上から感じたので。HAARPかも)を使った方法など色々な手口がある様です
電磁波がお隣から来ているからといって安易に隣家を疑ってはいけません

霊的な方は双子を使ったテレパシー実験を行っていたナチス系列が怪しいです

まあこういった事の存在は霊的体験と同じで、実際に自分が遭遇しないと信じる事は難しいでしょう
自分も少し前までは狂人の戯言だと思っていました
しかし霊的体験とは違い面白い話では無い上、大概は精神病患者の妄想であったり、偽被害者の工作員も多いので敢えて信じる必要も無さそうです

集団ストーカーにしても対抗できる手段があるならともかく、特に有効手段が無いのなら変に話題にしない方がいいかも知れませんね
リスクやデメリットが大きすぎます

因みに集団ストーカーのメリットは
・宗教団体なら脱会者への見せしめや、組織内の団結を図る
・ガスライターという手法がある様に、気に食わない相手をローリスクで潰す(依頼を受けて集団ストーカーを行う組織も存在するでしょう)
・ビッグデータの為に特殊な人間であれば行動パターンや思考パターンを記録する(特殊でなくても一般的な行動パターンの記録として、運が悪いとターゲットになる事も十分考えられますが)
・エナジーを集団で奪う(幻の桜でいう ぬし に対して)

スパイ大好きCIAの下部組織なども、アメリカの植民地国家の日本であれば様々な所にあるでしょう
一般人であっても彼らの演習に付き合わされる可能性は否定できません

また宗教団体やエナジー目的の結社員の末端であれば、上からの命令で無償で集団ストーカーを行う事もあるでしょう

まあ繰り返しますが、こういった問題は余程有効手段がある場合以外は当事者に任せ、変に手を出さない方がいいです

自分は霊能力の伸びしろに自信があるので、どの様な事が出来るかじっくり対抗策を試しているところです
最後に糖質っぽい事を言ってしまった(笑)
やっぱ思考盗聴とか言ってる奴は信憑性に欠けますね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

カオスヘッドってギャルゲーで集団ストーカー被害にあったヒロインが覚醒して真の力に目覚めるなんてのがあったね
なんか目的があってやってんのかもよw

はじめまして

クロイと申します。
もしよろしかったら私のTwilogをご覧になってみて下さい。
集団ストーキングのこと、陰謀論、オカルト…。
色々個人で検証しています。
 

はじめまして。

おおまに経由でこのブログを知りました。
興味深くて面白い記事が多くて(特に性的なやつ^^)、そのうちコメントとかしてみたいな〜と思っていたのですが、この記事に関しては、魔法や宇宙人や高次元や霊的なもの何でもありな管理人さんにしては意外な結論の記事だな〜と思って、ついここに初コメントしてしまいました。
ちなみに私は、特に突出した能力を持っていない人でもターゲットになる集ストもあるだろうな〜と思っています。

それでは失礼しました〜。

Re: はじめまして。

だいぶ古い記事なのでコッソリと語れますが、ターゲットを決められる人の気に食わない相手というケースはあるでしょう。が、それだけの決定権のある人のターゲットが、利用価値の無い一個人というのは理解できません。子供の頃にターゲットにいじめられたとか、個人的な恨みというのはありますが、それは自業自得と言います。

利用価値の無い凡才相手への攻撃が(過去の恨みとかで)あり得るとしても、霊的憑依などを一切除外した態度の「俺はやられている」という人の主張は受け入れられません。彼らの主張は「霊なんかいるはずも無いし、いもしない奴に語りかけられる以上は兵器だ」のように聞こえるのです。記事で述べたよう、いつも同じタクシードライバーや郵便局員とかは当たり前です。パトロールする人達も毎回変わる方がおかしいです。

あり得る事と、攻撃を受けていると語る人に整合性がある事は別です。
私は兵器そのものはあると考えていますが、攻撃を受けていると語る人の話には矛盾だらけという思考です。
古来、そのような人達は、取り憑かれていると表現されます。

被害は存在するという広告の本。33とハートですが、33は言うまでもないでしょう。ハートはフクロウの事です。

世にも

世にも奇妙な物語の復讐クラブが集団ストーカーなのでは?と思っていたら、自殺者リサイクル法と結び付いた。
復讐クラブで集団ストーカーして、自殺に追い込んで自殺者リサイクル法に掛ける、みたいな。
普通に死んだらその人は死後には支配者から解放されてしまうから、集団ストーカーで自殺にする、とか。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
リンク
月齢
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人と引き合わせる事のないようにお願いします(お子さんなどはO.K.)

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
本物の魔道書
魔法は存在するからこそ、この価格に
最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。相談は承りますが、意見メールは特に不要です。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
放射能が除去できる空気清浄機
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  3ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運