モーゼが爬虫類人(レプティリアン)であった証拠

まず、吸血鬼(人の血肉を食う)というのは、爬虫類人とイコールで結んで差し支えない。ただ、爬虫類人には色々と種族がいるし、主義もあるので、吸血や肉食しない爬虫類人もいるという認識で。もちろん、悪人だと決め付けてもいけない。

モーゼ(モーセ)というのは旧約聖書に登場する主役級の人物で指導者。
真実から健康への扉というブログで、モーゼは爬虫類人であった証拠という記事があったので紹介したい。

1、モーゼは爬虫類人のシンボルを崇めさせていた
2、十戒の石板が納められている”契約の箱”は偽物
3、人間の内臓を塩漬けにし食べていた

項目としては以上で、詳細は先方のブログを参照して貰いたい。一字一句バッチリか粗探しするのではなく、おおむねそういう事かと納得して貰いたい。2は別に爬虫類人の話と直接関係ないとは思うが、怪しい人物である証拠にはなる。

特に交流は無いが、先方の管理人は当ブログの読者でもある。1つ情報提供だが、リーマンショックでは、ゴールドの価格も暴落している。その部分が間違っている記事があったので、この場となるが伝えたい。


モーゼが吸血鬼同然だとして、当ブログではイエス・キリストが吸血鬼と称される創作物が幾つか存在すると語った。ルパン三世がその1つで、他には黒塚とクオ・ヴァディス(読者情報)なる。他にも、吸血鬼としてズバリ登場したり、登場人物に名前は無いけど正体がイエスやキリストだと想定できる作品があれば、常時募集している。なるべく現代物か歴史物の作品が良い。

ルパンの映画「次元大介の墓標」は、敵の青肌に注目。ルパン三世は、実は陰謀論で語られる真実が満載で、コッソリと世の中の真実を教えてくれる、ありがたい脚本家だといえる。そんな人が急にオカルトの分野に限って、嘘をつき出すとは考えにくいのだ。20世紀当時は陰謀論の存在すら知らない人が多い中、ルパンの物語が実は世の中の真実(陰謀論の範囲)を語っている事を認識できる人は少ない。つまり、わざわざルパン三世の世界観(超常を含む)を現実だと信じさせる陰謀は無いというわけだ。舞台は現代物なので、超常がある事自体、場違いのはずが、むしろ超常が事実だからこそ導入されたのだ。

レオナルド・ダビンチがレプティリアンだという話を、はやし浩司氏が主張している。この話はネットを探せば出るので省略とする。ムービーが主体で、そのムービーを見た人のブログも見つかるはずだ。

当ブログでは爬虫類人に関し「歴史上の人や有名人はほぼ該当」という思想なので、名前の通った人が新たに挙がったとしても、驚きでも何でもない。タレントとかの衣装やメイク・顔付きが悪魔的になったとしても、目覚めた、憑依されたという解釈だ。活躍している人や歴史上の人物で爬虫類人じゃない人なんて、見当たらないと考えた方が早いわけだ。奴隷大衆のホモサピエンスには一切活躍する機会が無く、たとえたまには登場したとして、軽くて冷たい扱いで名前が残る程度というわけだ。ここで間違ってはいけないのは、たとえ爬虫類人であっても底辺の生活で活躍できなかったり、目覚める事無く生涯を終える人も多いという認識でいて貰いたい。また、以前に話したが、地球に来る魂の大半は元は純爬虫類人(爬虫類的宇宙人)で、改心した派閥が償いのためにやってきているのだ。

さて、当ブログでは宇宙人がいる根拠を解説しており、ずっと読み進めれば、通常は「宇宙人がいないと語る情報」を疑う方向になる。ただ、「自分の所属する宗教の条文でいない事が明記されている」という場合には、反論しようと試みるも最終的には「宇宙人はいないんだ」とは語らず、無関係な部分で当ブログの粗探しをし出す事はある。とにかく、「所属宗教の条文」が原因なので、そんなもんは宇宙人がいるいないとは無関係だ。また、その宗教の上層部が、条文を信じているわけではない。会社も含め、得てして、組織というのは、末端と上層の思想は違うのだ。

その他にも実は「宇宙人がいないと語る、こんな情報があります(だから、キミは違ってます)」というコメントが飛び込む時ある。どういう場合かというと、要するに当ブログをチラッと流しただけで、ろくに読んでいない場合だ。爬虫類人が出て来たので「そんなもん嘘ですよ」と親切のつもりで来る場合だ。宇宙人はいないと語るサイトの主張は、過去ログでとっくに潰しているのに、あたかも当ブログが、その手の情報を知らないと錯覚したり、その手の情報を既に崩している事を知らずに、実際には論理的ではない文章に対し「宇宙人はいないという論理的な情報ありますよ」と伝えてくる場合もあり得るわけだ。

直前の話を纏める前に、関連する話を先にしよう。
爬虫類人による人類創造を肯定する某宗教をやめた人が、急に進化論を勉強し出すという馬鹿げた状況が実際にあった。つまり、宗教を破門されたり、自分から逃げた場合、元の宗教の教義など、クソ食らえの域なのだ。爬虫類的宇宙人による人類創造を否定したとしても、天使的で人に近い宇宙人によって遺伝子改造された事を信じればいいのに(笑)

ここでいい例だ。エ●バの証人や統●教会など、宇宙人を明確に否定する宗教に誰かが属しているとしよう。当然、その信者は「宇宙人はいない。聖書は正しい」みたいな主張をし、狂信者だと宇宙人を肯定する論者に乗り込んで噛み付き始めるだろう。そんな中、その人が何かを理由に所属宗教を破門されたとしよう。果たして、その人は「宇宙人はいない」と言い続ける事ができるだろうか? 単にその個人が所属しているか否かで、宇宙人がいるかいないかが変わるような主張は、一切、無視すべきとなる。当ブログにも以前、自分の宗教を隠しつつ、「宇宙人はいないんだ」という人が乗り込んできた。いつも長文で不愉快な態度で、当ブログ筆者が「所属している宗教が宇宙人を否定しているだけだ」と気付くまで、時間を無駄にしてしまった。まあ、今後、そういう話は無視する方向だが、無視しない場合には、必ず相手の宗教をまず名乗らせる事にする。その時点で相手は詰むというオチなのだ。もし、あなたもブロガーで、理不尽な思考をする人が乗り込んできたら、完全無視でもいいが、相手にする場合には、議論する前に相手の宗教を表明して貰おう。反対意見を出す人が無宗教の場合にのみ、相手にする価値が発生する。もちろん、肯定意見ならば、宗教を詮索する必要は無い。無宗教で科学を盾にしてくる場合には、「科学にお金を出しているのは大富豪、お金は大富豪が発行しているので惜しくない。まずは銀行を誰が作っているか調べなさい」という話で、まず大打撃を与えられる。

科学信望者と話す時は、科学理論を語ってはならない。科学以外の金融とか、医療殺戮、原発安全神話、食品添加物、遺伝子組み換え、電磁波の害毒など、科学そのものを信じられないという話から始めて貰いたい。金融や資源、食料支配者と同じ勢力が科学を運営してるという話に持ち込むわけだ。相手の土俵(科学理論そのもの)に入ると不利になる。

爬虫類人を否定するキリスト教系のブログ、恐らくエホバか統一(去年にできた奴ではなく、以前から続いている)がある。そのブログに対し、当ブログでは宇宙人や爬虫類人の拒絶部分をとっくに否定している。先方の管理人は性格が仰天なので、名指ししないだけだ。先方の文章には詭弁のテクニックが使われているだけで、論理的でもなんでもない。そのブログが所属宗教を明かせば、瞬時に全ての記事が相手にされなくなるような無価値な情報というわけだ。ちなみに、イエスの言葉を根拠に「魔法に近づくな」という方向なので、魔法を追求しつつ、そのブログを支持するのは矛盾と言える。そのブログとは別のもう1つだが、布教し出したので、当筆者は一切見る事をやめた。いまだに見ている人は、術にはめられている域だ。共通しているのは、イエスを根拠に何かを語るのに、バチカンを叩く事もある。カルトといっても能力開発部門はなかなかで、スペシャリスト(権力は小さいが分野を深く理解)や幹部候補ならば、それなりの実務能力を授かると考えられる。そして、その得た能力を神や聖霊のお蔭と錯覚したり、従属・盲信する事にも繋がる。

ちなみに、宗教(キリスト教系)が末端信者に宇宙人を信じさせないようにする理由は2つある。まずはチャネリングメッセージという、聖書よりも格上の真理を信者から遠ざけるため。もう1つは、どの教祖も宇宙人からパワーを得ており、その事実を末端信者に想定させないため。

爬虫類人の話に戻し、「ゼカリア・シッチンやデーヴィッド・アイクが秘密結社員だから、爬虫類人による人類創造や支配は嘘だ」という話は戯言だと、もちろん当ブログで語っている。根拠をもう一度語っても仕方無いので、関連記事を読み進めて貰いたい。シッチンが陰謀ならば、どんどん支援されるはずなのに、本はプレミア化する一方だ。要は支配層に都合悪く、支援なんて受けていないので再販されない。

なお、最近の筆者の思考では、シッチンは「過去には宇宙人がいたけれど、今はいなし、真の姿は不明」と思わせる工作員だ。しかしながら、過去にいたという部分はデタラメではない。

科学は置いておいて、爬虫類人はいないという主張はカルト宗教者や「知られたくない魔導師」が語っているだけなのに、無宗教者などがそれを信じて、当ブログにコメントする事があるという話に戻るわけだ。

ちなみに、爬虫類人を肯定する「日本や世界や宇宙の動向(ブログ)」は、神の子とか、悪魔、獣というワードを使うので一見、キリスト教に見えるだろうが、神道のバックから入るクリスチャンカバラならば、そのような表現もあり得る。あるいはモルモンか。

聖徳太子なんて存在しないし、イエスやモーセも、伝説はデタラメと語る本。

残念ながら、誰か買い占めて、世に出ないようにしたな……。買い占めた後に転売して高く出してくるのが、アマゾンで儲ける人のやり口だが、この本は無宗教者には大した話ではないのに、キリスト教系宗教者に都合悪過ぎるのか、こうなってしまった。シッチンと同じ話だが、この本が(聖書を破壊する)陰謀だとすれば、相当に支援されて出回っていてもおかしくない。しかし、実態は逆で、封印される方向なのだ。聖書こそが偽りの元凶というわけだ。

以前に青鬼という映画を紹介した。同様にアマチュア無料ゲームが原作の「恐怖の森」という映画もある。「口裂けで、白肌の、明らかに人間とは違う未知の生物が森にいる」という話のようだ。口裂けで血肉に反応する生物を最近は爬虫類人と言い、魔法結社の知識だ。まあ、青鬼というゲームの模倣と言えばそれまでだが、理解していない対象は模倣すらできない。魔法結社のコネが加味されて映画になったと考えている。仮に無宗教・素人でも同人でヒットし、映画デビューできる、そんな稀な場合があったとして、その他の大ヒット作品にも当てはまるわけではない。もちろん、仮の話なので、非魔導師の活躍は無いという話が主体だ。

極度のホラー作品を作る事自体が、黒魔導師だからだと考えている。ホラーのファンがホラーを作るという思考は誤りなのだ。ゲームのファンがゲームを作るわけではなく、黎明期より魔導師だと当ブログでは語っている。理解していない対象を作る事は難しく、理解したからこそ、その対象(例えば口裂け)を物語に表現できるのだ。ましてやヒットさせるには、対象の理解が決め手と言える。

前に紹介した神世紀オデッセリアというスーファミのゲームでは、モーゼみたいな海を割るキャラクターが登場しつつ、もっと過去の時代には龍人や猿人が暮らしていた。モーゼの功績をゲーム化するような人材は爬虫類人を認めているというわけだ。最近語った、スーパー・ドンキーコングも、猿人と爬虫類人がバトルする設定だ。

当ブログでは実は「ゲーム、アニメは影響を与える」という思想だ。魔導師が作っているのだから当然といえる。しかし、実写映画やテレビ番組だって、むしろ害悪といえ、ゲーム・アニメに限った話ではない。映画やテレビを差し置いて、ゲーム・アニメ主体に叩いていたら却下となる。爬虫類人や宇宙人の否定者が、「漫画アニメはデタラメで害悪」という主張を採用する傾向にあるので釘を刺しておく。まあ、この記事を読まない人が、当ブログにまた舞い込む可能性もあるのだけど(爆)


ブログは暫く放置するつもりでいたが、前記事のベンジャミン・Fやコブラ解放の話がつまらなかったのか、思ったより受けていないので当記事で埋めた。

関連記事
イエスの(モデルとなった人物の)正体は吸血鬼~KUROZUKA(黒塚)
ルパン三世~キリストの姉妹がヴァンパイア?
食人と殺人のブルーブラッド貴族~ルパン三世より

爬虫類人はいるんだってば

爬虫類人がいないという説を否定~超古代の地球人文明説 VS 宇宙人由来の文明説1
宇宙人は古代にも現代にもいる~超古代の地球人文明説 VS 宇宙人由来の文明説2
地球の生物を創造した天使的宇宙人~超古代の地球人文明説 VS 宇宙人由来の文明説3

ヴァンパイア=爬虫類人=妖怪~現実に存在するから漫画やゲームに登場する
創作物ではヴァンパイアが当たり前の存在~本当にいるからが理由
関連記事

テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

No title

興味深いですね

ダビンチには驚き!!!

はやし浩司さんの動画、先々週位に観ました。

ダビンチのもの凄い形相、そして、一緒に描いている、
同じくレプティリアンと見られる女性の形相にも恐怖!!

正直、ダビンチコードの映画や書籍が出た時の印象より凄くて、しばらく、用事が手につかないほどの衝撃でした・・・。

また、ダビンチの描いた、レプと思われる身体の構造図・・・
首を支える骨とか・・・。あれって、本当なんでしょうか?
そういえば、よく「宇宙への旅立ち」さんがブログにUPされてましたが。

もう一つ、マリア様もあちら側の人でしたね。恐っ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

赤瀬川

画家の赤瀬川原平の個展に行った時のこと。作品を観覧している時に思わぬブツに出くわしました。ダビンチでお馴染み人(爬虫類人)の足の解剖図です。レイアウトから足のツメの部分のクローズアップまでそっくりそのままです!これは何を意図しているのでしょうか?単なるパロディなのか...それともオマージュなのか。魔法のシンボルを取り入れた絵画も結構ありましたから、氏も魔導師だったのではないかと推測します。

そうであるならば、赤瀬川原平は生前、赤塚不二夫らとも交流がありましたが、その赤塚不二夫が手塩にかけて育てたタモリ。。彼の若かりし頃のイグアナ芸は、コミュニティ(全日本満足研究会)で得た知識から生み出された芸だったのでは…

優しい爬虫類人が出て来るアニメ

天才てれびくんという番組内のワンコーナーで恐竜惑星というアニメがありました。遺伝子情報により時間を遡り、また種の起源となる色んな生物のDNAを採取する小学生少女のお話で、怖い恐竜人と優しい恐竜人との戦いに巻き込まれてしまいます。こわい恐竜人は歴史操作する宇宙の眼を造る計画を企ててます。続編のジーンダイバーではネズミ人類が誕生してました。木星の衛生エウロパ出身の宇宙人がいて、あらゆる有機生物の介入者スネーカーというラスボスの本拠地は月みたいです。

モーゼの言動を詳しく調べると爬虫類人臭がかなりします。短気で激昂して人間を殺す人物に高次元の神が十戒を渡すはずがないです。しかも、表紙には遺伝子操作をした証拠となる2重螺旋と、彼らの本来の姿である蛇の絵です
また、モーゼは動物の生け贄(羊かヤギ?)を神に捧げると、その神は大層喜んだそうです。
邪神ですね。
よくよく調べると宗教関連には邪神だらけなのに何故騙されるんでしょうね?
プロビデンズの一つ目でも、盲目の人間を支配するには十二分なんですよね。


吸血鬼 蝙蝠 青髪

そういえば、吸血鬼は蝙蝠に変身します。
ドラゴンは蝙蝠の翼ですが、蝙蝠がドラゴンのサインなら
バットマンも爬虫類となりますかね。

最近は復活のFの悟空の髪が青なのが気になりました。
スーパーサイヤ人ゴッド という名前なので
金髪より力は上だと思います。

エヴァンゲリオンの綾波や
装甲騎兵ボトムズのキリコは造られた人間で青髪です。
単に色の魔法かもしれませんが
青髪は能力者という感じがします。

聖闘士星矢は漫画では黄金聖闘士が金髪碧眼ばかりなのが
アニメでは青髪に数名がチェンジされ
金髪は一人だけになっていました。

No title

モーセについては自分はレプティリアンというよりドラコニアンだったのではと考えています

自分の推測しているレプ、ドラコの定義ですが

レプティリアン
・RH-の遺伝子をもつ
・アヌンナキとの交配によって生まれたETの末裔
・肉体的シェイプシフトが可能
・遺伝子的要素から人肉食が必要?
・アーリア人などの金髪碧眼が純度の高い個体
・アトランティスに関係ありそう
・キリスト教でいうネフィリム
・月(というより衛星型宇宙船であり、古代に二つ目の月と言われていたニビル)信仰

ドラコニアン
・YAPの遺伝子をもつ
・ETによる遺伝子操作で人類を創ったとき、主にシリウス星の魂(幻の桜でいう大犬)の転生先として設計された?
・憑依により霊的シェイプシフトはするが、肉体的シェイプシフトはするか不明
・人肉食を行う者も一部いる模様(RH-持ちのYAPなのか、特別な理由があるのかは不明)
・主に日本、チベット、ブータン、中東地域に分布
・ムー→シュメール→エジプト→古代イスラエル→日本と移動してきた可能性
・ムー→アガルタに移動した種もいる?
(アガルタへの入口があると言われている日本、チベットに分布している為、アガルタとは関係ありそう)
・龍神信仰
・現在レプ系に弾圧されているが、指示してる奴はドラコ上層部の可能性あり

※第二次世界大戦も支配者層のいる国(天皇派トップ日本、教皇派トップイタリア、ロスチャイルド家発祥ドイツ)を敗戦国にして支配構造を分かりづらくする目的があったので、一番上層部は繋がっていた可能性あり
日本海軍大将である山本五十六が米国と繋がっていた話は有名だが、昭和天皇も原爆の日時を指定するレベルで繋がっていた話や、ヒトラーが戦後南米で余生を過ごしていた説もある(あくまで噂なので真偽は自分で調べて欲しい)
ISILも上層部の繋がったマッチポンプなので、これが連中の常套戦術なのでしょう
いつの時代も苦しむのは何も知らない末端です


ここまで書いて思ったのですが、モーセはレプ、ドラコ両方(YAP種のヒューマノイドにアヌンナキの血が混ざった個体)の可能性も無くはないですね

あと双方共に霊感が強く、高次元のETの受肉転生や憑依転生先に選ばれやすいです

龍人系の物語に興味を惹かれ、龍的な魂を神降ろし出来る魔龍さんは、もしかしたらYAPドラコニアンの血を多少引いているのかも知れませんね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

リンク先の真実から健康への扉さんにて「爬虫類人が宇宙を吊し上げている」という記述を発見しました

これはクトゥルフ神話におけるアザトース(宇宙の根源)の意識を旧神が封印している話と関係がある様思います
クトゥルフ神話における旧神とはRH-、ニビル、アヌンナキ組の事を、旧支配者とはYAP、アガルタ、龍神組の事を暗示しているのではないかと感じています

クトゥルフ(九頭竜)神話は結社員が内部情報を元にジョークでつくった物の為、他の支配ツール神話よりも嘘を混ぜる必要性が薄く、真実の割合が比較的高いと考えています(まあ旧神側がつくったので旧神が善という大嘘が混じってますが)

地球の人類はシリウス人やらプレアデス人など様々なET達によって複数種創られたと考えていますが、この内のYAP種を創ったのが国常立神を中心とするETで、このET達が地球を統治している間は人のDNAは完全で人は様々なサイキック能力を発揮していたと考察しています

しかしシュメール文明期に現れた爬虫類型ETアヌンナキとの戦いで、根源意識の顕現である国常立神が日本に封じられ、地上に残された人類はアヌンナキによってDNAを二本に封じられ、アヌンナキの血の入った者達によって支配されていたのではないでしょうか

この後YAP民族が移動した地域で暴風神が多頭龍神を討伐した神話が多数ありますが、この戦いの事を移動先の言葉で表現していたのかも知れませんね(アヌンナキが乗っ取り済みなので善悪逆転や成り済ましはありそうです。生贄にしても自分達が裏でやっている事をなすり付けたのかも知れません)

トップに立つ人はレプテイリアン

僕の離婚して離れた親が創価学会にどはまりして会うたんびに勧めてくるのですが、こりゃどうしようもないです。全ては必然でなんやかんやつながってうまくいってますね。なんか子供の頃は世界のすべての人が創価学会に入ってると思ってたと知り合いのおじさんがいっていました。男にふられてすぐ入るし、生活が苦しかったら逃避ではいる。子供の頃から洗脳される。仕組みがえげつないです。話を聞いてて思ったのが宗教には平和主義が根底にあるわけですが、戦争や貧困があるからこそ、ここでも利用できるのですね。寄付搾取だけではないわけです。

池田大作に似てるのがハガレンの初期に出たおじさんですが、これだけ組織後大きくしてやりたい放題できてるのはもう魔法の域です。レプテイリアンと絡んで魔術を使ってるわけですね。そもそも平和主義と自由といいながら邪教撲滅とか笑っちゃますよ。争いを起こす気満面で、相手の自由を侵害して犯してます。

なんともこんな矛盾だらけのまぬけな宗教がよくここまで大きくなりましたね。本物の本はプレミヤ化して読むのが制限されますが、偽物の本は広めるためにただでばらまかれてりしてますね。後で養分として回収できるからでしょう。というかその本代自体信者の金なわけですが。

そうそうネットの情報はでたらめだから公式の創価ネットをみなさいと言われましたよ。完全にカルトです。

またソロモン王はいなかった?ようですが、いたとしてもきっとレプテイリアンですね。

そういえば二枚舌ってことばありますが、蛇は舌が二枚に分かれてるしレプティリアンのことですね。これくらい誰かが発見しているでしょうが。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

高校の時に買ったエヴァの考察本に
碇シンジがモーセに例えられてました。
(エヴァに飽きてその本は売ってしまいました。)

人類を救う為のエヴァのパイロットに選ばれた少年ですし。
残酷な天使のテーゼの歌詞もそういう意味に思えてきます。

あと、シンジはルシファーにも例えられてました。


地球人さんの言う通り
私も子供の頃に自分が違う宗教(創価)と知った時は
びっくりしました。

今は無宗教ですが
手塚治虫の火の鳥の太陽編と鳳凰編を小六の時に読んで
宗教の裏をなんとなく知ったことで完全洗脳が回避できたと思ってます。

カルトにありがちですが
ネットは嘘ばかりだから見るな
と言ってました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私も上の人がコメントされているように、国常立神が日本で封印されたと思っています。
そして、最近蘇ったか、蘇ろうとしついると思うのですが。

No title

はじめまして、いつも拝見させてもらっております。真実から健康への扉ブログ主のなぐらと申します。

実はなぜ他では手に入りにくい情報を流しているのかというと、宇宙人と実際に交流してネットで促すように言われていたので(そのようにインプットされていた?)こっちに集中して作業をしたりしてしまうのですが。

何か情報提供できればいいかなと思っています。もしよかったらまた私のブログを使ってください。

あと宇宙人と交流してからDNAがいじられて考え方や体の変化などが起こり、自分の波長が見える、オーラが見える、テレパシーがうすうすながらできる。霊がはっきりと見える。などなどあらゆる体験をしました。

ちなみに宇宙人はリトルグレイです。そして爬虫類人からは命を狙われています。毎日爬虫類人が夢で現れます。そのため集団ストーカーをうけています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

モーゼ

恐れ入ります。再度投稿いたします。

モーゼの件が出ましたので、以前、達人さんのブログ<現在のブログ名;ハムレットの水車小屋>でサイトを更にググって見た情報です。

『モーゼは人類最初に今回の文明を総支配しようと試みた。モーゼの十戒の一つには【人を殺してはいけない】とあるにも拘らず、一番犯している。
また、モーゼの子孫がいて、この子孫がこの世を操る中心でその周囲の王侯貴族などはそれを知っている。その子孫の二人の息子の一人がジョン・トッドである。』
というのが書かれてました。

魔龍さん、モーゼも宗教も全部洗脳の為と理解しますが、上記が真実なのでしょうか?

話は変わりますが、5月になってから、風が変わったように感じます。また、自分の身体を通して、細胞単位から何か変化があるような気が・・・。自分の中心に、いつも居る事が大切なのだと思いました。

もう一つ、今日の昼間、数年前から動画でUPされている<地球上のあちこちで、ラッパ音のような響く音>が聴こえました。

すみません。書かずにはいられませんでした。
いつも有り難うございます。

昆虫型の宇宙人

鉄腕バーディー というアニメに昆虫型宇宙人が出ていました。
他にも 犬型 鳥型 蛙型 の宇宙人がいました。

宇宙連邦捜査官のバーディーが地球人の少年と二心同体になり
軍事的大事件に巻き込まれる というストーリーです。


どこかのサイトさんで見ましたが
トラウマもないのに虫が苦手な人は
前世で昆虫型宇宙人相手に恐怖体験をしたからだそうです。

No title

レプティリアンはアヌンナキとの交配種と書いた者ですが、アヌンナ(青肌ET)の手下イギギ(月拠点の爬虫類型ET)との交配種と書いた方が分かりやすそうでした

またDNAですが、月から発信される波長で封じられているのでは?と思いました
これがアイクのいうコントロールシステムで、DNAを復元し高次元を知覚出来る様になったりする事をマトリックスからの脱却やアセンションと表現しているのだと思います

あと現在の地球の支配勢力ですが、彼らオリオン星系のアヌンナキの一部と、生前アストラル投射をマスターした高位魔術師(アデプト)のアストラル想念体なのでは無いかと推察しています

後者は闇のアセンデットマスターとか言われる者で、アヌンナキによってDNAを一部開放して貰う事で至れるのでしょうが、錬金術や賢者の石から考えると人の血がいるのかも知れません(最近は高次元光エネルギーが流入しているので、なくてもDNA解放は出来るかも知れません)

ダライラマ等の肉体的には違う人物の同一視はアストラル体の憑依転生によるものでしょう
人間にはアルクトゥルス人などの善玉ETも憑依したりするので見分けが肝心です

アストラル想念体のいる幽界ですが、これは生命の樹におけるクリフォトで、人のDNAが制限され想念が現実化しなくなった事により発生した空間と考察しています
よく4次元とか言われますが、一般的な次元換算とはベクトルが違う様感じます
DQ6の夢界や、FF10のエボン樹が創る世界が結社員によるインサイダー情報でしょうか

ゲームでいうとテイルズオブシンフォニアがこの世界の現状をよく表していると思うのでお勧めです

狐さんに便乗してみます(^^ )スピルバーグのメンインブラックというコメディ映画ではウィルスミスがゴキブリ型宇宙人と戦うお話でしたね。テラフォーマーズは火星のゴキブリが進化したのを退治するお話で、ドラゴンボールのセルも虫の羽根が生えてますね。風の谷のナウシカも虫めずる姫が終盤で王蟲の子供を守った結果に体液で服が青き衣の言い伝え通りの姿になった所も気になります。イナゴも漢字で書くと「蝗」と言う字になるのも気になりますし、妖怪や神の類で「蝗神(コウジン)」という強い神がいるみたいです。あと、前から気になってたんですが竜の天敵やライバルに虎と一緒にムカデが挙がるみたいです。検索したらムカデの家紋も出て来ました。何なんでしょうね。(・~・)?

<モーゼ>の補足です。

子孫とは、「コリンズ家」と書いてありました。

レプにも善玉と悪玉が同じ世界にいるようです。
例えば、政界とか財界、イルミ、そして、犬HKにも。

また、はやし浩司さんは<レイライン>の事を言われてますが、このレイライン上は、特に、レプ人口?が多いそうですね。100人に一人?・・・・・どこかで見ました。
しかし、このレイライン上がいいのです、パワースポットが近くにあったりして。勿論、封印解きをしてからですが。

一二三神事、、、結構凄いんですね。
何度も失礼しました。

よく理解もせずにコメントしてしまい

11日の昼頃にコメントした者です。ブログ主さんや読者の方には不快な思いをさせてしまいました。申し訳ありませんでした。コメントが短絡的過ぎましたし記事も熟読せずにコメントして申し訳ありませんでした。某超有名ブログにもレプティリアンと書くとカタカナでも英語でもコメントが弾かれてしまうものもあり、レプティリアンなどといってる者は工作員だと判断し、そこに私の浅はかさが加わりあのようなコメントをしてしまいました。顔から火が出るばかりです。
私は無宗教ですが考えを改めようと思います。皆様の気分を害し本当に申し訳ありませんでした。

すみません、動揺してました

連投すみません。
一度、ブログ内で説明済みのことをお仕事が忙しい中、時間を割いて分かり易く解説してくださり本当にありがとうございました。

ムカデと大蛇の戦いと白い鹿

魔龍さん、こんばんは。
いつも刺激的な記事ありがとうございます。

さて上記のコメントから連想したのですが、
栃木県の男体山と群馬の赤城山には伝説があり、
それぞれコッチが大蛇でそっちがムカデだと、
両県の見解が不一致なのですが、

一般的、全国的に多少優位な説として、
栃木県が男体山の大蛇神で
秋田県の猟師の助力を得るため、
巨大な白鹿に変身して力を借り、
群馬県の赤城山から侵攻したムカデ神軍勢を
撃退したという伝説があります。

栃木県日光の戦場ヶ原という観光地は、
大蛇神とムカデ神、そして謎の白い鹿と秋田の猟師
の戦場から由来したというなんとも
不思議な伝説であります。

白い鹿と大蛇を融合して連想すると、
『千と千尋の神隠し』のハクを思い出します。
ハクの本名がニギハヤミコハクヌシと、
これまた出雲の神様の伝説とリンクしたりと、

当方の安易な仮説としては、
昆虫型異星人と爬虫類型異星人&
どちらにも与しないが両方を利用しようとする
地球を弄んでいる太陽系外から侵入した
異星人同士の対立と興亡を連想しました。



『預言の映画『ストーカー』の原作などロシアへ疎開』

映画『ストーカー』の原作などアルカージイ、ボリス・ストルガツキー兄弟の小説原稿が15日から16日にドネツクからロシアへ疎開http://jp.sputniknews.com/culture/20150516/342923.htmlスプートニクさん

19世紀くらいまで

妖怪・竜・幽霊などが歴史上の人物と関わる場合がありますね。それも全世界規模。だったが新聞、ラジオ、TVが普及した時には「存在しない」事になりましたね。

鳥獣人物戯画

そう言えば今年は鳥獣人物戯画の展覧会でテレビでちょくちょく流れたりしてるんですが、蛙・兎・猿・狐・人間などなど…動物が相撲をとっている絵で有名なユーモラスな可愛い印象でとらえられてますが、ここを見た方々の目にはどう映るでしょうか?ちょっと異様に思うのではないでしょうか。日本最古の漫画と言われるこの日本の国宝は、作者不明の謎の作品です。

鳥獣人物戯画ですね

電波を人類は現代ほど使わなかった為、現れた宇宙人でしょう。<ちょくちょくさん

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: 凄いサイトと動画を見つけました。

マリアさん、コメント非公開の理由を察してください。

映画そのものは、そんなに悪くないのかも知れませんが、工作員くさいサイトに限って紹介している所を見ると、魔法結社で紹介されたからブログで拡散させている程度の話です。映画自体も粗を探せば見つかるはずです。

凄いサイトとの事ですが、結局宇宙人はいないとか、科学を基盤にしているので、工作員だと解釈しています。無償で翻訳しているはずもないサイトの1つです。

ここで1つオチですが、ある程度のアクセス(1日1000以上)があり、内容が当ブログみたいな本物が他にあるはずもないでしょう(笑)

●●●のサイトで見つけたとの事ですが、●●●自体が自分のグループ(宗教か結社)のサイトばかり掲載する、宣伝サイトの1つです。もちろん、紹介記事の中には当ブログなど、管理人が注目したサイトを掲載する場合もあります。しかし、長年、掲載する場合は同じグループだからです。

丁寧に、ご返答有り難うございます。

魔龍さん、いつも、刺激になる情報有り難うございます。
今頃、こちらのコメント<2015 05-18 (03:31) >読ませていただきました。

よく考えてみれば、胡散臭い臭~ぷんぷんですね。
なぜ沖縄なのか?とか・・・。
「in deep さん」も、もう少し思慮深い方と思ってました。

世の中には、間違った情報を流して覚醒を遅らせようとする奴らが暗躍十厘跋扈していますね。
具体的な見分け方まで教えて頂き、有り難うございます。

4次元領域の存在にもエネルギーを抜かれないよう、
正しい情報のみ身に付けて行きたいです。

今後共宜しくお願いします。
リンク
月齢
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人と引き合わせる事のないようにお願いします(お子さんなどはO.K.)

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
本物の魔道書
魔法は存在するからこそ、この価格に
最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。相談は承りますが、意見メールは特に不要です。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
放射能が除去できる空気清浄機
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  3ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運