イエスの(モデルとなった人物の)正体は吸血鬼~KUROZUKA(黒塚)

本日はKUROZUKA(黒塚)という物語を紹介する。

ブログ筆者はシナリオライターなので、他の人が書いた物語を色々と研究している。つまり、ブログを書くためにコミックを読んでいるわけではない。知った作品の中で当ブログに使えそうな内容があれば紹介している。なお、本やDVDなどを紹介している以上は、読んだり視聴して欲しいという意味だ。当ブログの話だけで終わっても意義は薄い。

黒塚の概要だが、日本に昔から住む鬼女(八百比丘尼[やおびくに])がいて、吸血鬼だった。鬼=ヴァンパイアを描いているが、わざわざ1つの記事で語る程の作品ではないという感じで読み進めていた。しかし、若い娘がヴァンパイア鬼女になった理由は「(名前は明確にされていないが)イエスが吸血鬼だったので、その血を飲んだユダの血を飲む事でヴァンパイア鬼女として覚醒した」みたいなオチだったのだ。別にこのオチがあっても慌てて書くような記事ではない。だが実は、ルパン三世でも「キリストの姉妹はヴァンパイア」というストーリーがあり、当ブログで解説しているのだ。イエス(イエスは存在しないのでモデルとなった人物)は爬虫類人・ヴァンパイアという話が複数の物語で確認できたから記事にしたのだ。つまり、魔法結社では、イエスにモデルとなる人物がいたという話の他に、ヴァンパイアだったとも語られているわけだ。魔法結社にはクリスチャンカバラ系列もあるだろうが、もちろんその系列でも、イエスの真実を知らされると言える。末端の聖書信者は、いかに真相を教えてもらえないかが判明する。

イエスは超能力を使ったわけだが、爬虫類人だから使えたというわけだ。爬虫類人というのは宇宙人の遺伝子を強く持つ。ビリー・マイヤーの本でも、イエスはプレアデス人の血を引くみたいな話が語られていた。結局、マイヤーの誘導する方向は嘘だという判断になったのだが、「宇宙人の血を引く」という部分は、あながちデタラメではなかったと言える。マイヤーが嘘だという根拠は、「宇宙人である私達は、1998年には皆さんの前に現れる」という戯言を発して何も起きなかったからだ。

話を纏めると、ビリー・マイヤーは「イエスは宇宙人の血を持つから超能力者」「書き換えられる前の原聖書が本物だ」みたいな主張をしている。一方、イエスは架空の人物で、地球に関わる宇宙人というのは人間型ではないのだ。つまり、イエスのモデルとなった人物は爬虫類的宇宙人の血を引き、超能力を発揮したという結論になる。爬虫類人=ヴァンパイアも通念で、物語に組み込むとなれば、そういう事になるのだ。


外部サイトだが、キリスト教の絵画にUFOという証拠がある。ただ、描かせて貰っている以上は、末端教徒の絵描きではなくカバラの奥義を会得した魔導師だからこそだ。

聖書の神は宇宙人だ。だからこそ、1神だという偽りの教義で奴隷大衆を騙す事が重要となる。天から複数の神々が舞い降りたという古代の宗教だと、宇宙からやってきた事が容易に連想できる。しかし、宇宙人が1人でやってくるというのは不自然なので、ごまかせるというわけだ。

もう1つ、支配層が聖書によって封じたい内容があって、それはずばりセックスだ。性的な話が出たら、途端に拒絶反応を示すような人が聖書狂信者には多い。支配というのは、基準を作る事で強力になる。セックスに限らず、「はみ出てはいけない基準」というのを設定し、大衆を家畜化するわけだ。この話は、改めて別記事で実施したい。(「別記事で実施」と言いつつ、書いていない記事が無数にあるので、書くのにお金を貰っていないブログはそういうもんだ。) 大衆は確かに金融、政治、歴史や医学、天文学などでも偽られているが、セックス程に偽られている対象は存在しない。あまりに大衆の洗脳が深く、「この程度の性的行為は全然問題無い」みたいなのをネットで語ると叩かれるので、流石に当ブログでも具体的には語れない。「爬虫類人はいる」とは言えても、「こういうセックスくらいはいいでしょう」とは語れないのだ(爆) 代わりの内容を語ると、支配層が設定した基準に触れるようなセックスについて叩く人がいるとして、結局は自分がしたいのにできず、平然とやっている人を見て嫉妬しており、その裏返しで叩く事が通常だ。もし、自分がしたくない場合(中年の場合、若い時にしたくなかった場合)、どうでもいいので、話題にする事すらしないのだから。仮にある種の性行為そのものに対して願望は無くても、その行為で性的幸福を得られる人への嫉妬が潜んでいる。(例:あいつは夜の公園のノゾキで興奮するのに、俺は興奮しない。俺よりも1つ幸せが多いわけで、ノゾキ嗜好は、けしからん!……深層心理としては、ノゾキで興奮したい願望。)


セックスは覚醒の手段の1つだ。だから支配層は封じたくて仕方が無い。ポルノや風俗関連の規制は強くなる一方だ。ネットを調べると、創作(小説、漫画、ゲーム)のポルノでも表現を自主規制していたり、店舗が繁華街や温泉街から消えるなど、肩身の狭い思いをしているようだ。次のデータは事実とは異なるかも知れないが、20代のセックスレス(交際もしない)が増えているという情報もある。当ブログでは大衆愚民化の3S政策があるというのは支持していない。3S政策と称してセックスを蔓延させたいにしては、逆行する傾向が強過ぎるのだ。江戸時代以前はセックスが男女交際で、神社でセックスできるくらいだったのに、明治維新や敗戦でキリスト教系の支配が入り込み、今のような世の中となっている。


日本にはキリスト教徒は少ないから影響力が無いと思ったら大間違い。西暦を使用している時点で関係は強烈だ。年号の紀元というのは、もちろんイエスの生まれたとされた年を基準にしている。しかし、暦の正体は術で、誘導されているのだ。イエスなんかいないという本は次となる。ついでに、モーセもデタラメのようだ(いない?)。どこまで嘘なんだよ聖書は?! まあ、嘘というより、古代の伝記を寄せ集めて、都合の悪い部分を都合良く書き換え、登場人物の名前などを変えて「はい聖書です」というのが正確なのだけどね。

他にも「イエスはいない」という話が主題の本があれば、ブログのコメントで紹介して戴きたい。デーヴィッド・アイクは筆者が認識しているので不要で、アイクが参考としている書籍は該当しそうだ。実はキリスト教の教典には、旧約偽典と呼ばれる異端がある。昔の支配層が排除した内容というわけだ。偽典の方にこそ、むしろ真実、知られたくない内容があるのかも知れない。

なお、筆者は無宗教だが、子供の頃にはプロテスタントの親戚に連れられ、教会には何度も足を運んでいる。その親戚の葬式もキリスト教式だった。プロテスタントには長い歴史があるわけでもないが、伝統的なキリスト教の部類だろう。「キリスト教以外は邪教」みたいな押しつけも無いので、それ程に嫌いではなかった。しかし、ネットには狂信者がいるので、否定的に語らねばならない。

余談だが、狂信者という言葉は真・女神転生2というゲームで習得した。

物語内にはキリスト教っぽい「メシア教」というのがあり、狂信者という分類があったのだ。無個性で、上からの指令に従うだけの集団だ。しかも他人を強引に引き入れようとする。異教徒は許さない。一方、密教呪術や神道っぽい「ガイア教」ではそれぞれが個性・特技を持ち、狂信者という存在はいなかった。仏教や神道では、修行者とか役職のある人には戒律があるにせよ、一般大衆にまで強烈な戒律を課す事は無い。例えば、仏道修行僧の男は女を抱く事を禁じられているが、実際にはやってしまっているし、信者にそれを押しつける事は無い。一方のキリスト教は、末端信者や非信仰者、更には別宗教の信仰者(爆)にまで基準を押しつけてくるので狂信者が存在できるというわけだ。支配層の設定した基準を大衆に押しつけるためには、聖書というツールがいかに有用かを認識できるだろう。

創作物の話に戻す。イエスは真実としてはいないにしても、歴史書が偽りだらけにしても、歴史上の人物としては存在する。だから、例えば牛若丸や織田信長を出すように、小説や漫画の脇役キャラクターとしてイエス登場させても違和感は無い。しかし、どうしてよりによって吸血鬼として描かれるのだろうか? 単なる歴史上の人物ではなく、宗教の核となるイエスをそんな風に描くとしたら、何か根拠が必要とされる。「反キリストの結社がでっち上げ」など色んな意見が考えられるが、イエスが吸血鬼として描かれても、別に馬鹿にした風ではなく、むしろ、偉大な超能力者として描かれているとなれば矛盾する。当ブログとしては「イエスのモデルとなった人物が爬虫類人(ブルーブラッド)で、吸血鬼だったから」と語りたい。


KUROZUKAはアニメにもなっている。原作は小説のようだ。筆者はコミックだけを読破した。


もし、イエスが吸血鬼とされる漫画・アニメ・小説・ゲームを発見したら知らせて戴きたい。多分、短く終わる映画には無いだろうが。

読者コメント
ファイナルファンタジータクティクスの中で黒幕として出てくる「聖アジョラ」が
おそらくイエスをモチーフにしています。
http://www.geocities.jp/sagablack/IvaliceAjora.html
聖典に記され、聖人として崇められる人物が、最終戦で悪魔的な存在として出現します。
つまり主人公が信じてきた聖典は、嘘の上に成り立っていたわけです。
また、このゲームの中では、教皇、高級騎士などがことごとく悪魔化(堕天?)し、
人間離れした力と姿で主人公の前へ立ちはだかります。

ファイナルファンタジーの作者も聖書を信じていたが、クリスチャンカバラの魔導師になり、真実に目覚めて、ゲームで語ったという所だろう。

誤解を受けやすいので、改めて筆者の見解を語る。イエスのモデルとなった人物は爬虫類人なので才能を発揮し、それなりの偉人の域にまで達したと想定している。しかし、名前はイエスではないし、聖書に記されている物語はもちろん、伝統的なキリスト教は大衆を支配するためのトラップに満ち溢れている。よって、聖書を根拠とした思想で、他人に基準を押し付けてはならないという感じだ。

「これが世の中の仕組みなんだ」みたいな情報をネットで発信する事は悪い事ではないと考える。しかし、それと同時に「聖書以外は偽り」みたいな態度を見せたら却下となる。それだけ世の中の仕組みを見抜けるならば、聖書の偽りくらい簡単に見抜ける。なのに、見て見ぬ振りをする、その態度は受け入れられないわけだ。「聖書の勉強会にずっと参加し、私は勉強になったんだ」みたないのはカルトと呼ぶ。性や魔法を嫌うように洗脳されているだけだ。

ついでに語ると、イエスからのチャネリングメッセージとか、サナンダ(イエスのアセンションした存在)というのも、大嘘の連続だと思って貰いたい。もちろん、そんなもんは無いが、メッセージの横に「顔が青くて耳が尖っているイエス」が描かれていて、「私はイエスと呼ばれている存在です。本当は別の名前でした。」で始まるメッセージならば、多少は見所がある。

誰かが分野で突き詰めて昇ると、魔法結社に誘われる。それは聖書の研究でも同様だ。要するにクリスチャンカバラに誘われる事で、研究を深く追求できる立場・役職になれる。魔法結社に属していないのに、お金を貰って聖書の研究や翻訳など、させてもらえる仕組みにはなっていないのだ。聖書の日本語訳があったとして、翻訳はクリスチャンカバラにのみ許された行為というわけだ。科学者は魔法結社に入ると「公開されている科学は大衆を偽る術」という事実を突き付けられる。「自分は科学を使って金を得る立場」という認識になるわけだ。同様に「公開されている聖書の解釈は大衆を偽る術」という事実を突き付けられ、「自分は聖書を使って金を得る立場」という認識になるわけだ。要するに、聖書教(伝統+カルト)の世界でも代表格は魔導師と言える。そんな魔導師にとって、キリスト教という言葉は、自分が魔導師である事を隠すための仮面に過ぎない。

カバラ関係の本を書く人は、もちろん自分が魔導師である事を隠していない。それだけでも格段に科学者や聖書研究者よりも正直者と言える。

関連記事
ルパン三世~キリストの姉妹がヴァンパイア?

世の中の仕組み纏め1
世の中の仕組み纏め2……暦について

偽チャネリングの見分け方3~イエスの正体はホルス

鬼=牛型化け物=宇宙人~うる星やつら
デッドマン(DEADMAN)と吸血鬼~江川達也……織田信長が吸血鬼だった
ヴァンパイア=爬虫類人=妖怪~現実に存在するから漫画やゲームに登場する

人間や宇宙人は霊的存在であり肉体的存在1……キリスト教・狂信者の話

外部サイト
キリスト教の絵画のUFO
関連記事

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

度々コメント失礼します。
私が、最近気になっていた瞑想の創始者の方のブログではイエスやらサナンダやらよく出てきていました。
イラストに爬虫類っぽい青い顔の神様もありました。
うっかり瞑想会などに参加していたらエネルギーをごっそり吸われていたのでしょうね…。

魔龍さんのブログを読むようになり、私の信じていたことが作られたものである事を知りました。

一人一人の思い描く幸せの基準すら操作されていたんですね…。好きな人が他の人を抱くなんて嫌ですけど…そういう独占してしまう気持ちとか間違いなのかな?
お金持ちになりたいとかそんな事でなく、ささやかな幸せを願っていますが…。
まぁ、欲というのはきりがありません。満たされる事がありません。働いてお金を貯めて…人生って何だろって思っちゃいます。

その先を知る手立てが魔術、という事なのでしょうか。
魔術に対するイメージも操作されていますよね。
色々とおききしたい事もありますが、考えがまとまりませんし、私の知ってることが何だか不確かである事はわかりました^ ^

私ももっと勉強しようと思いました。ありがとうございます。

No title

お久しぶりです。
夢枕獏先生の作品でしたか。
レビューを読むと、流石陰陽師シリーズの作者さんだなって内容みたいですね。「黒塚」で鬼と来たら、能の世界を連想します。般若を使う演目ですし。


ふと思うのですが、能って「血筋」(幻の桜さん風表現)への指令みたいな雰囲気がありますよね。
例えば結婚式で有名な謡曲の「高砂」も、庶民と高貴な方で使う部分が違ったり、庶民用は更に歌詞を(結婚式用は上演用と)変えていたり。重要な部分は血筋のものって感じがします。
三島由紀夫も能をアレンジした作品を残してますし、実はストーリーの源泉に最適なのかも知れないなぁとすら思います。

キリスト教関係で言えば、通っていた高校が偶々カトリック系の学校でした。当然、宗教の授業もあったけれど真面目に受けていませんでした(笑)
(授業を担当しているシスターの話を「嘘だ〜」と思いながら見た目は真面目っぽく繕ってました)
キリスト教絡みやイエス(なる人物)が出ている作品がありましたら提供致します。

No title

初めまして。
いつも大変興味深く拝読させて頂いております。

イエスが吸血鬼だという設定の漫画がありますので
ここで紹介させて頂きたいと思います。
もし既にご存知でしたらご容赦下さい。

『Quo Vadis』(クオ・ヴァディス)
BIRZ COMICS
画:佐伯かよの
作:新谷かおる(AREA88等の作品で有名ですね)
現在15巻まで発売。

物語の大筋は、未来人である主人公達が過去にジャンプしてきて
誤った人の歴史の分岐点を探るという目的で旅を続けます。
その過程で幼少のイエスとも出会っており
イエスは遺伝的な吸血鬼として描かれています。

もし気が向いたらチェックしてみて下さい。

上記のコメントの「編集」を押してもエラーとなるのでこのコメントを追記と致します。

「トリニティ・ブラッド」
原作:吉田直
漫画:九条キヨ
小説のコミック版を読んでいます。
イエスが出ているかは未確認ですが、キリスト教と吸血鬼の2つの要素がある作品です。
コミックは実家にあるので、覚えている範囲の提供となることをご了承下さい。

現代よりずっと未来、戦争がきっかけで人間(吸血鬼からは短生種(テラン)と呼ばれる)と吸血鬼(長生種(メトセラ)と言っている)が対立し合う世界に変わる。主人公で教皇庁(ヴァチカン)の神父・アベルは見た目は頼りなさそうですが、時に吸血鬼の血を吸う吸血鬼・クルースニクに変化します。

基本は主に教皇庁所属の神父やシスターが吸血鬼を退治(むしろ殲滅に近いかも)しますが、場所に寄っては人間と吸血鬼が共存していたりして、それが教皇庁に目をつけられる原因となり、人間共々領地ごと殲滅されることもあります。

教皇庁の中で、吸血鬼に理解を示しているのはアベル、シスターのエステルですが、同じ聖職者なのに吸血鬼の肩を持つとは言語道断と思っている聖職者(狂信者に近い)からは良く思われていません。

吸血鬼は戦争の後に突然変異で出てきたと話にあったので、魔龍さまのブログに出会う前は一種の新人類なのか?それとも先祖返りか?とも考えておりましたが、貴ブログを拝読している者としては先祖返りだと断言します。

お久し振りでございます。とはいっても私はしょっちゅうブログ拝見させていただいておりますが、、、。

今回の記事、面白かったです♪

イエスってやっぱり人間じゃないですよねー(笑)

最近、想いを言葉にして、尊敬する方に伝えたら、依頼したというわけでないのに、
物質化していただくという体験をしました。
もっともその発明品を世にだす事が自身の使命だという手応えを感じています。

マーケティングを学んでいますが、マーケティングはまさに魔法が名を変えた物でもあると思います。

幻の桜は読んでいてつくづくビジネスブログだなあ感じますが、(だから悪いとかそういう意味ではないですよ)

最近ひとつ変なブログを見つけました。
興味本意ですが、こういうブログ書いてる人って一体なにが目的なんだろうって不思議なんです。

筆者様はどんな感想や意見を持たれるか知りたいです。

良かったらお聞かせください

⬇これです

http://kaminokimochi.blog.fc2.com/

No title

イエスが敵と暗示されてるゲームにテイルズオブシンフォニアがあると思います。
主人公たちが世界を救う旅に出るのですが最後の敵ユグドラシルがマーテル教の教祖として描かれています。手下に五芒星を表す五聖刃なる強敵にレネゲードという蛇ゴラゴン連合?なる存在もいます。
舞台は主人公たちが元から住むシルヴァラント(ハーフレプティリアンを表すハーフエルフが魔法を使い、魔法を使えない人間を人間牧場と呼ばれる施設で奴隷として管理している世界)とシルヴァラントから見て月の世界、テセアラ(こちらではハーフエルフが蔑まれ迫害されている世界です)を行き来する物です。どちらかの世界がエネルギー豊かだともう片方は貧しい、魔法を使えるのはエルフの血を引く者とFF6に見られるセリスのような魔導注入をした者だけ、最後の敵ユグドラシルの基地にだけ無機質なロボットが現れる、手下は天使や機械化して天使や王族と対立している教皇などこのブログで語られる知識がふんだんに入っていますし、最後の敵は最近までルシファーの暗喩かと思いましたがこのブログから実はイエスなのでは?と思えてきました。
リンク
月齢
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人と引き合わせる事のないようにお願いします(お子さんなどはO.K.)

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
本物の魔道書
魔法は存在するからこそ、この価格に
最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。相談は承りますが、意見メールは特に不要です。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
放射能が除去できる空気清浄機
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  3ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運