羽生善治氏~インターネットの普及がもたらした学習の高速道路と大渋滞

2004年末の話題なので10年も経ってしまっているが、筆者が2010年にはヒシヒシと感じていた事を将棋の羽生名人が語っていたので、当ブログの表現で語る事にする。


羽生名人の言葉が存在する記事も紹介しておく。必読ではないが。高速道路という同じ言葉を使うのも芸が無いので、「新幹線と降りた後の混雑」と呼んでもいいが。
CNET……インターネットの普及がもたらした学習の高速道路と大渋滞
引用部分を青とする。黒字は筆者の言葉で間に挟む。

まず、羽生名人は次のような質問を受ける。この10年というのは1994年~2004年に相当する。
「この10年のITの進化とインターネットの普及によって将棋の世界の何が一番変わったか。」

羽生「将棋が強くなるための高速道路が一気に敷かれたということだと思います。でも、その高速道路を走り切ったところで大渋滞が起きています」

実は1994年の時点では、今のようなインターネットは構築されていない。Googleも1998年にスタートだし、そもそもインターネットをやっている人の割合自体が、極めて小さかった(1995年末で2.6%)。携帯電話はあったが、あくまで電話をするためのツールだった。筆者がインターネットを始めたのは西暦1999年だったとメモされていた。Windows98でインターネットをやっていたはずだ。2000年には最初のホームページを開設する。2000年頃はインターネットが定額料金でできるようになった時期で、2~3割の人が利用していた。2000年末となれば3人に1人は可能になっていたのだ。ただ、ホームページの開設となれば、可能な人は一気に限られた。ホームページでビジネスをする際には圧倒的に有利だったのだ。現在は4人に3人がインターネットをしているという。ただ、スマホユーザーの割合も高く、パソコンを手放した層もいる事だろう。

羽生「自分はIT化以前、特にインターネット以前の環境で強くなった。そして今の若い人たちの将棋の勉強の仕方は、自分たちの頃のやり方と全く違う。」

IT化という点では1994~1999年の期間では、それなりにパソコンが普及してきたが、インターネットに必ずしも接続されておらず、将棋のスキルを磨く事に対して、パソコンが有用なツールであったとは考えられない。しかし、2004年には、スキルアップの情報を使用者が検索し、ネットでの対戦などは可能になっていた。将棋のスキルアップがインターネット時代前と比べて、圧倒的に速いスピードで可能となったと言える。

羽生「将棋の勉強に没頭しさえすれば、昔と比べて圧倒的に速いスピードで、かなりのレベルまで強くなることができるようになった。そこが将棋の世界で起きているいちばん大きな変化なのだ」

「それで、かなりのレベルまで強くなるって、どのくらいのレベルのことをおっしゃっているんですか?」

羽生「奨励会の二段くらいまででしょうか」


アマチュアは新進棋士・奨励会の三段までで、四段からプロ棋士になる。二段となれば、アマチュアではトップレベルと言える。弱いプロよりは、かなり強いクラスとされる。つまり、別の職業を持ってプロではないというだけで、無名プロレベルの実力というわけだ。没頭する事を前提に、インターネットの活用で、プロレベルにまで到達できるのだ。しかも、年齢は10歳くらいから可能だ。

羽生「自分たちの世代の感覚からすると、全く信じられないスピードなんです」

「でもそれで、そのあとの大渋滞って、どういうことなんですか?」

羽生「確かにそのレベルまでは一気に強くなれるのだが、そこまで到達した者たち同士の競争となると、勝ったり負けたりの状態になってしまい、そこから抜け出るのは難しい。一方、後ろからも高速道路を駆け抜けてくる連中が皆どんどん追いついてくるから、自然と大渋滞が起きる。最も効率のよい勉強の仕方、しかし同質の勉強の仕方で、皆が、高速道路をひた走ってくる。結果として、その一群は、確かに一つ前の世代の並のプロは追い抜いてしまう勢いなのだが、そうやって皆で到達したところで直面する大渋滞を抜け出すには、どうも全く別の要素が必要なようである」


「大渋滞を抜ける競争を抜けるためには、それ(ネットの活用)だけではない、もっと違う何かが必要になる。」というテーマも挙がっているが、リンク先の記事ではもちろん語られていない。当ブログでは、「ホルスの目を開く事だ」と語る。その手段は別にカバラに限らず、自分がマッチすると思う方法を見つけ出して欲しい。候補としては、神道、密教呪術、仙道、鬼道、タオなどが思い浮かぶ。


筆者が子供の頃からの付き合いの男がいて、ある資格試験を目指している。だが、実はその人はインターネットを使っていない。実際には携帯電話(スマホじゃない)で簡単なインターネットをしているし、その男の自宅に住む親がインターネットしているので、環境自体は存在する。しかし、パソコンでのインターネットはしていないのだ。資格試験合格に向けてとなれば、パソコンで情報収集した方が圧倒的に有利と言える。多くの人が高速道路で資格試験合格にリーチを掛けている一方、その男はいまだに(試験不合格の)経験やテキストで勝負しているのだ。次の言葉も含めて、本人の前で言わねばならない。「今はそんな時代じゃない」と。

シナリオを書ける人となれば渋滞は発生していない。まあ、ニーズもあまり無いのだが。一方、一定レベルのCGを描ける人は今は売れっ子なので、もし、興味があるならばCGを勉強すべきだと宣言する。ITの知識が必要となる3次元である必要は無く、一般的な2次元イラストや萌え絵で充分だ。


次のグラフ「日本のインターネット普及率」の推移グラフは筆者が作ったのだが、2000年当時では、この程度ができる人でさえ、割合的には小さかった。しかし、今では、このグラフよりも見栄えのいいグラフを作る人が大量に存在するというわけだ。

2000年当時はホームページを開設できる人が限られていたので、ビジネスはうまくいきやすかった。しかし、2015年の世の中では、誰でも気軽に幾つもブログを開設でき、2000年と比べてインターネット人口は2倍強でしかないのに、サイトの数は計測不能なくらいに倍増している。つまり、広告収入のビジネスも、難しくなったというわけだ。消滅するサイトよりも、新たに生まれるサイトの方が圧倒的に多い時期が続いたのもあり、その意味でもサイト数は増え続けているのだ。2000年にはホームページを開設するスキルを持ち、トップレベルにあぐらを掻いていた筆者だが、その程度のITスキルを後続者が得てしまい、追い抜かれてしまっているのだ。筆者はそれに気づかず、ようやく大渋滞の中に巻き込まれている状況を認識した。よって、羽生名人の言葉を、今頃になって引っ張り出してきたというわけだ。原因の一つとしては、FXなんて時間の浪費をしてしまったのがある。なまじ4年くらいうまくくいっていたのが、停滞の原因だ。FXについては、こちらの記事をどうぞ

次は言葉の綾だが語る。それにしても、2000年の時点で当ブログのような情報があって筆者が読んでいれば、今よりも更に可能性を秘めた筆者が、効率的に何事も習得できたのに。ここからはマジだが、そもそも、どうして当ブログを作ったか? 他の真実追究系の情報は、ことごとく真実を隠すブログまたは真実を知らないブログだったからだ。仕方無いので自分で作ったというわけだ。当ブログを読んでいる青年達は幸運だ。

さて、羽生名人は先読みし過ぎだ。2004年の時点ではホームページを開設できる人は、まだまだ限られており、開設スキルを持っていれば、のほほんとしていられた。しかし、あぐらを掻いている人が先読みする羽生名人の言葉を見つける事なんて及ばなかったのだ。以後にネット系の新技術も登場している。なお、広告収入というのは、特にフリーランスに取っては重要な収入源だ。実際には思った程には儲からない。月5000円の域がどんなに厳しいか、やってみれば分かる。一方、サラリーマンなどでは、誰もが年収200~500万円くらい得ているわけで、どれだけあくどい商売に加担しているかを認識して貰いたい。批判すべきは、広告のあるブログ(特に独自性の高い内容)ではないというわけだ。

羽生名人は将棋に限らず本を出しているので、参考になる話を見つけて貰いたい。


読者のコメント(以前の羽生名人の記事より
米長元名人が、将棋に勝つためには日常生活から運を作っていかないと駄目だと言ってたと思うのですが、勝運を引き寄せるのは術としか言い様がないですね。米長さんが言った、兄貴は頭が悪いから東大に行ったというのは、勉強が出来る程度ではだめで世の中を操作出来る魔術の実力こそが必要ということだったのですね。

羽生名人はエハンデラヴィ氏にリモートビューイング習ったって、エハン氏のブログかなにかに書いてあるの見ました! 右脳を活性化して、未来予知や遠隔透視・潜在能力の開発が出来る、米軍が開発した技術だそうです。


特に将棋では、大渋滞を抜けるのに、魔術・妖術がいかに大事かを講説できる。逆に言えば、他の人にいかにして魔術を隠すかが、業界に君臨する魔術師の命題と言える。

関連記事
羽生名人にネット将棋で勝つ魔法~棋士の脳はどうなっているの?

スイスフラン大暴騰!~金融の魔法FX~参加者の注文を見てから動かす先物取引
関連記事

テーマ : 将棋
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

奨励会

魔龍さんこんにちは、奨励会に入れる子(小中学生のうちに入るのがほとんどだそう)たちというのは
小中学生の段階で大人のアマチュア二段クラスと互角に指すほどの天才児ばかりだそうです
アマ将棋の全国大会に各県の代表としてでてくるのがだいたいアマ三段とかアマ四段だというから
子供の時点で相当な物なんですよね、その中で奨励会を抜けて四段になってプロになれるのは
三割ほどだと言われてます。だいたいは若いうちに見切りをつけるか、
年齢制限(現在は知らないけど2001年頃だと三十歳までに奨励会を抜けなければならないそうです)
で辞めさせられるかだそうです。やはりこんな天才児の集団を抜けてプロになれる人たちというのは
魔導師なんでしょうね、すでになくなれたプロの米永氏も運についての本を何冊か
だしてましたね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

タイムループ

こんばんは魔龍さん、現在の奨励会は26歳になってるんですか、ますます狭い門になりましたね、
ところで奨励会に入る子(ほとんどが小中学生で入るそうだし)たちというのは
小学生位の時点で大人のアマ初段だの二段だのと互角に指す天才児ばかりで、
車に例えれば奨励会に入る子たちは全員F1レースにでる特別仕様車に乗ってるような物ですよね、
その中で奨励会をぬけてプロになるには仙道(気功)、魔術、密教などの技法でチャクラを開く
必要があるという魔龍さんの意見に納得です。そのプロ棋士でもB-1クラス以上は大魔導師と
いえますね、羽生さんみたいに20年以上大魔導師揃いのAクラスにいて一時的とはいえ7冠全部を制覇するというのは
人間の枠をこえてます。これは私の妄想になりますが、もしかしたら羽生さんはタイムループして、
記憶を保持したまま同じ人生を何度もループしてるんじゃないかなと思うようになりました、
まどマギの暁美ほむらのように羽生さんは若い頃格下だった頃、上座(将棋は格上が上座に座り格下が下座に座るが、当時の羽生さんは
先に対局場にきて上座に座ってまっている)事件を起こして大騒ぎになったりしてるし
大ベテランの加藤さんに怒鳴りつけられても平然としてる肝っ玉といい普通の若手ではありませんでした。
羽生さんタイムループ説は私が勝手にそうかもしれないと思ってるだけですので、

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
リンク
月齢
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人と引き合わせる事のないようにお願いします(お子さんなどはO.K.)

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
本物の魔道書
魔法は存在するからこそ、この価格に
最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。相談は承りますが、意見メールは特に不要です。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
放射能が除去できる空気清浄機
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  3ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運