べるぜバブ(田村隆平)~異次元のスピリットと繋がっていない人間はミソッカス

べるぜバブというのは、ソロモン72柱・魔王ベルゼバブが主体となる漫画・アニメの事だ。

ミソッカスとは味噌っ滓と書き、凡人で取るに足りず、何事でも主役にはなれない人間を見下した表現となる。

最近、べるぜバブ全27巻を読んだ。彼岸島33+1+16巻を読破したばかりで、続けてべるぜバブというわけだ。「毎日、漫画・アニメを見て、たまにはゲームもして実写映画を見てブログを書き、うはうは収入になる」みたいな魔術も実施しているわけだ。まあ、ほとんど実現していないので、ブログを書く気が薄れているのが現状だが(爆)。やはりスポンサーがいないと、続く物も続かないのだ(汗)。ちなみに、このブログのためにべるぜバブを読んだのではなく、アニメでやっていて絵柄も好みだったのでアニメを全部見ていた。打ち切りなのかコミックに追いついたからなのか不明だが、アニメは突然終了した。物語の続きを知りたいとは思っており、漸く実現したというわけだ。

さて、べるぜバブの内容だが、現代の物語となる。元々、喧嘩の強かった男子高校生が、赤ん坊状態の魔王ベルゼバブとくっついて、パワーを得る事で超越した能力を発揮といった物語だ。悪魔には性格や個性も有り、一般的な悪印象の悪魔ではなく、天使と中性的な異次元の存在だと思ってもらいたい。初期は悪魔のパワーを持たない相手がライバルという事もあったが、多くの場合に圧勝する。つまり、悪魔のパワーを発揮した主人公はほぼ無敵で、粋がっているような凡人はアッサリ敗れるミソッカスというわけだ。特に中盤からは、ライバルや心強い味方となり得えるのは、悪魔のパワーを得た者のみ、あるいは悪魔そのものだけだ。

悪魔のパワーを得ていない凡人は、敵味方にかかわらずミソッカス状態でやられる原理がある。ただし、主人公の味方になる1人に財閥の子息がおり、その人物だけはミソッカスではない。大金さえあれば悪魔の力無しに、それなりに役立つというわけだ。また、最終的にはそのお坊ちゃんも、主人公の力のお零れだが悪魔の力を得る。現実では、そのような財閥の子息は確実に魔法を得ているわけで、「悪魔のパワーを得ていない大金持ち」なんてのは創作の世界だけに存在できる。

主人公の名前は男鹿辰巳で、辰巳というのは龍蛇の事だ。読者に指摘されたら、あたかも偶然かのように、作者は「本当だ~」のようにすっとぼけているが、魔法結社の系列で龍蛇を信仰し出したわけで、隠したいのだろう。鋼の錬金術師の作者がメイソンという名前のキャラクターを登場させて「人名辞典をえいっと開いて偶然に」と言い訳したとぼけ具合に等しい。男鹿半島というのが秋田県にあるが、物語の舞台としては神奈川県横浜市がモデルで、男鹿にはオーガ(邪鬼)の意味合いが強い。

物語の途中に霊薬が登場した。これを飲む事でより覚醒するのだ。連想されるのは、覚醒剤というのは、要するに、現実でも覚醒するから規制されているって事だ。


もちろん、量や種類というのもあるので、本当に覚醒する霊薬でないと精神は崩壊に向かうだろう。ただ、薬というのは、どの個人にも同じ作用をもたらすとは限らない。よって、本物の覚醒者が出てしまうのも困るわけで禁止される事になる。次の本は凡人サラリーマンが精神科で脳を活性化する方向のきつい薬を処方されたら脳が覚醒してしまい、異次元の守護霊からガンガンとメッセージが届き、最終的には「この放射能のご時世、北海道から東京に移り住む理由が有り、全国で公演し、5万円もする瞑想CDを売る人間」にまで覚醒した人(爆)が書いている。初期の本は面白いので読んでもらいたい。


安く仕入れて高く売れる以上は、支配層は麻薬類を売る事も実施している。昨今ではネットもあるし、借金して買う人もいるだろう。ただ本来は、実際に覚醒薬なんて買えるのは、ルートを開発できる人脈があり、それなりの金持ちが中心だと考えられる。よく、芸能人の服用がニュースになるが、芸能人としての才能を発揮するために、使ってしまう人が多いといえよう。基本的に原価はそれ程には高くないのに、禁止されている事によって高額な品(麻薬など)とか、最初から高い品(宝石など)というのは、庶民に使わせないようにするトリックだ。

べるぜバブでは、悪魔と同化したり制御するテクニックを身に付ける事で強くなってゆく。これは魔導師としての修行の1つでもある。スペルマスターというのは、悪魔と同等以上の立場で契約する者の称号だ。

中盤では、将来、政財界を担う者達だけが通う学園が登場し、飲料の自動販売機や食事は全てタダ。地下には戦闘のコロシアムまで存在し、富豪、権力者達は熱狂。そして、出てきて笑ってしまったが「首相官邸と繋がっている地下鉄」が存在した。当ブログでは以前から語っているよう、凡人は存在すら知らない秘密の地下鉄が存在するという話に通じる。スケバン刑事には「陰謀の中心となる学園と大富豪の邸が地下モノレールで繋がっている」というシーンが存在した

後半にはソロモン商会という「悪魔そのものや制御装置を売る謎の組織」が登場する。本部は天使のいない町・ロサンゼルスにある。ソロモン商会の工場ができた街は若者がアウトロー的な思想に取り込まれる。要するに、不良になるのだが、悪魔の使い方を学ぶ事で維持できる。つまり、若者の暴力の世界(ギャング、チーマー、暴走族みたいな世界)にも、ちゃんと悪魔のパワーを得た者が集まってこそ成立するのだ。少なくともヘッドクラスには必要となる。現実の話にしてゆき、言い換えると、当記事のタイトルと同じで、悪魔のパワーを借りられない奴は、喧嘩すらままならないという話になる。格闘技も同様で、悪魔を降臨させた奴が強いのだ。スポーツも同じだ。国によっては、当然、相手に体当たりしてライバルを潰すような事も平気で実施してくる。アスリートが正義感溢れる人間だと思ったら大間違いだ。カメラ盗んで拘束された人もいるし(冤罪にしても、そういう事を平気でされる業界だと言える)。ちなみに、フィギュアスケートで、間違いが起こりやすい危険な練習時間がある事自体が、悪魔崇拝の結果と言える。オリンピックなどの祭典が悪魔崇拝的な事は、当ブログに来る人ならば知っているだろう。そんな状況で、参加する選手が真人間なんて事があるはずも無い。派閥や知識の度合いは違えど、みんな術師なのだ。自分が理解していない業界でトップクラスになるなど、あるはずも無いではないか。


べるぜバブの話に戻し、1つ面白いのは、終盤で主人公がベルゼバブとのリンクが切れた時は、主人公がミソッカスになる。悪魔と繋がっている者達と、まともな勝負ができない。現実で悪魔と繋がって何か凄い事ができている人がいるとして、あくまで悪魔のお蔭に過ぎないのだ。まあ、悪魔のパワーを得ていた時も経験ではあるので、その経験が無駄になるわけではない。ちなみに、筆者の実感としては、スピリットと繋がっていると能力が高まるというより、集中力とかやる気とか運勢が高まる。「えーっ? この程度の実践で、こんな美味しい状況になってもイイの? もちろん、その道に向けて、バリバリ実践していたのは確かだけど」みたいな感じだ。

物語の終盤ではサタンを制御する少年が登場。ベルゼバブが勝利するのだが、ソロモン商会の長老達はベルゼバブとのリンクが切れてサタンと戦えないと思い込んでいて、月に逃げようとしていた。作者は月に関し、真実を教わっているからそんな発想が出たと言えよう。恐らく、人も住めるはずだ。

彼岸島は内容が酷いので、べるぜバブで口直しという事で。


アイテムの購入に関し、楽天の会員の人は楽天からどうぞ。魔術グッズも揃い、食用金箔(覚醒に結び付く)も購入できる。


関連記事
マリオブラザーズは異次元から発生する悪魔を退治するゲーム……登場する蝿はベルゼバブと判断

ルパン三世のカバラ数秘術~ルパン三世Yの魔法の知識……秘密の地下鉄
スケバン刑事のオカルト都市伝説~権力者に潜む爬虫類人と地下モノレール
東京に地下都市があるというムービー~大阪にもあるやろ
関連記事

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ここでドラえもんはドラゴンでえもんと知り、のび太のような人が増えると困るんでしょうね。日野日出志さんがドラえもんのパロディーを描いていますがドラえもんの世界観はこっちのほうが正しいのかもしれません。
それにしても使用罪というのがよくわかりませんでしたが、ドラえもんの他にエネルギーが混ぜ物入りになるのが嫌なのかもしれません。
マリファナは使用罪はないので自然なハーブはokなのかも。
ゴルゴ13で大麻ビジネスやってるそうです。

ミソッカスだと!

馬鹿にされるのはムカつきますが、事実なのでしかたありませんね。「ジャンクDNAでできたクズの塊、劣等種族」と言われても、じゃあ天然大麻と覚醒キノコくれよって話で。あと上等なフルーツを。


でも彼らはそこまで人間を構っていないので、馬鹿にして見下すことはあっても批判すらいいませんよね。ムカつく言葉でも、言われると事実に気づけるわけで、無関心のほうがよっぽど怖い。金持ち喧嘩せずと言われますが、無駄にエネルギー浪費をしたくないのでしょうね。


正直者が幅を利かせられるなんて教科書はインチキばっかりです(怒)ドラえもんの道具もリアルではえげつない使われ方してるし、実際自分たちが遺伝子組み換えられて、奴隷化され操られるんだから、ひどいですね。ドラえもんホラーのパロディーは現実の話で、地球を地獄に見立てて、そこに人間を入れちゃうみたいな話だと思っています。


べるぜバブはベルゼブブという悪魔のことで、ゴルゴ13の13はパワー数字ですね。魔界が存在する漫画がこれだけあり、人間界を狙っていることを考えると、人間がどれだけ知らぬ幸せだったかを思い知らされます。実際にはすでに異次元の悪魔が人間を支配しちゃってて、ジョークにもなりませんが。

魔龍さんはこんな考え方はないのか?

魔龍さん、はじめまして。

私は常日頃から自分の願望をできるだけたくさん実現するために
宇宙の仕組みを知ろうとネットをあちこち徘徊してきた者ですが
いろいろ矛盾する情報が多くて
どれを信じたらいいのかと本当に混乱させられてきました。

しかし、この人のこの記事を読んで
http://siran.gjpw.net/Date/20140918/1/
結局はこれなんじゃないかとかなり気が楽になりました。

この世は自分の意識の投影による幻なので
他人がどんな考えを述べようとそれも幻であって外の世界に絶対的な真実はない
ということのようですが、
魔龍さんはこんな考えは持っておられないのでしょうか?

魔龍さんからは、ある事象における真実はあくまでたった1つに決まらなければならないという雰囲気がひしひしと伝わってきますけど。

追伸です。

というか
アイクがお好きであるなら
アイクの唱えるパラレルワールド説は信じておられないのでしょうか?

パラレルワールド説に従えば
どんな可能性の世界も非物質エネルギーとして無限に存在していて
その中からその時々で意識がアクセスした世界を見ているだけなので
それこそ外の世界には絶対的な真実なぞ存在しない
となるはずなのですが。

グリズリーさんへ

ある真実情報を得て幸せになるのかといった問いには、それぞれの正解があるでしょう。
しかし、権力者や有名人が術を学んでいるかという問いには、人に依存しない正解があります。
リンク先の話は、あくまでその人が正解だと思った思考に過ぎません。また、意味を過大解釈してはなりません。

パラレルワードがあったとして、ある有名人が術に出会わなかった世界だとします。有名人とやらは、その世界では無名のミソッカスという状況となります。ある有名人が術者だという私の話は、その人が術者ではなく無名の世界では通用しないでしょう。しかし、元より私は「実力を発揮して有名になるには術が必要」という話をしているだけなのです。特定の誰かに絞った話をしているつもりはありません。

無限の可能性はありますが、異次元と繋がる術無しに才能を発揮する世界は無いのです。あくまで存在する可能性というのは、各人がどんな選択をし、どの程度の知識を持ち、どの程度の術者なのかで分岐する可能性です。

神経毒として発明した化学調味料が誰にも神経毒として機能しない世界とか、そんなもんは存在できないのです。人を殺すために造った戦争の兵器が、誰にも全く効かない世界も存在できません。

可能性や分岐はあっても、首が取れても生きているとか、根本的なルールが崩れる世界は存在できません。

私の言う真実の多くは、根本的なルールそのものを基盤にしているつもりです。結果が出てしまっている事に対しては、原因を的確に当てるようなスタンスです。パラレルワールドというのは、結果そのものが違う世界です。根本的なルールが異なる世界ではありません。

No title

言い忘れてましたがこれはこの記事自体に対する疑問ではなく
他の記事をいろいろ読んでそれら全体に対してあてたつもりです。


>リンク先の話は、あくまでその人が正解だと思った思考に過ぎません。


それなら魔龍さんのこのブログでの話だって魔龍さんが正解だと思った思考にすぎないんじゃないんでしょうかねえ?

同じく魔龍さんがお気に入りの著者であるはずのManaさんも「空」で言われてましたよ。

「絶対的に正しいたった1つの情報なんてないので、そんなのを探すのは不毛で疲れるだけだから辞めなさい。
そんな情報なんてない。単にあなたが採用した情報が現実化するだけだ。」と。


そして電話であの方と話した時はこうも言われました。

「絶対的な真実というのがあるとすれば、それは自分の意識が現実を作るということだけである。」と。
これは他の方にも何度か言われたことですが(ちなみに↑のリンク先の人の言い分もモロにこれですよね。)、
根本的なルールというのがあるとするなら、これぐらいじゃないのでしょうかね?

そこで言われるようなレベルの根本的なルールを超越したと思われる例は結構ありますよ。
過去が変わっていたり時間が逆行していたり。

というか
現実は幻だという説は信じておられるのにパラレルワールド説は信じておられないのでしょうか?

絶対真理とパラレルワールド

当ブログでは実際には、99%の確率で正しいとされる内容を語っているつもりです。100%正しい真理を語っているように思わせている点は、私の話法みたいなものです。わざわざ、そんな事は注意書きに書く必要は無いという方針です。

当方が紹介するブログがあったとしても、そのブログの内容を全部読んでいるわけでもなければ、一字一句正しいと考えているわけでもありません。また、正しいにしても、今回のように補足しないと誤解を生むような対象もあるでしょう。

パラレルワールドについてですが、移行にはエネルギーが必要です。修行していない人間が単独で、今いる世界から大きく離れる世界へ行く事はできないという点で、パラレルワールドは考慮する必要が無いと考えます。パラレルワールドがある事と、大衆が現状を逸脱した世界に移行できる事とは別なのです。大衆が移行できる程度の別世界があったとして、その世界はそんなに現状とは変わらず、結局は当ブログの話は99.99%の確率で正しい情報となり得ます。

「携帯電話もパソコンも無い西暦2014年の並行世界もあるはずだー」のようなパラレルワールド論を持ち出されても困るのです。この世界から簡単に移行できるわけでもないので、当方はパソコンの存在を絶対的な物として扱う事に抵抗は無いのです。

言い換えると、どのパラレルワールドでも確実に成立するような話ではないにせよ、現状のこの世界から多少違う程度のパラレルワールドにも耐えられるのが、当ブログの話というわけです。「絶対真理は無い」というのは真理にせよ、どの世界でも高確率で正解となる情報というのはあるわけです。

「絶対的な真理は無い」というのは迷走思想の1つとも言えます。解釈を誤ると「高確率で真実となる情報」を軽視してしまうからです。また、高確率で誤解・虚偽という情報と同格に扱う危険性もあります。

このテーマを語り始めると長くなる反面、当ブログの方針とは異なり記事にもできず、これで切り上げて下さい。言いたい事があれば、ご自分でブログを立ち上げ、当ブログを引用しつつ、ぜひ述べて下さい。こちらには、奉仕活動として議論や質問回答等をする心構えはありません。

ミソッカスの人は悪魔が付いてなくて、
だけど悪魔とは同等以上の立場でなくちゃ、
悪魔をくっつけれない。

…???

ミソッカスはずっとミソッカス?
それとも、人間の言うミソッカスと
悪魔の世界でのミソッカスは必ずしもイコールしない、
価値観が違うって事…?
何か、悪魔側から見て「あいつ良いな…」って思えるミソッカス人間に悪魔が寄って来て、人間社会で才能が開花するのかな?

敏腕プロデューサーが街角で「あの子良いな…」って、凡人の娘さんに名刺を渡すみたいなものかなあ?

一方的に向こうから好かれて運命が変わる人もいるんじゃないかとも思います。
ええっと、サザンオールスターズのキーボードの女性が『涙の天使に花束を』と言う歌で歌ってるんです。
♪涙の天使が私に宿り、見えないさだめに弄ばれる♪
この部分を聴くと、
何も出来ない幼くか弱い少女が、天使の仕業にて涙しながら一変してしまった運命の荒波に揉まれている…
と言う感じから理不尽で哀れで切ない気分になります。


悪魔側の基準って、何なんでしょうね。
同じ価値観とか、タイプの美人とかでしょうか…?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ちょっと待った~!

魔龍さんよ

私はあなたの発言によって混乱してるわけですよ。

他所の多くの先人は
絶対的な真実なんてないから気に入った情報を信じろというけど
あなたはまるで真逆のことを言うもんでねー。

他の多くの先人は
外に情報を探すのは不毛だからやめなさいと言いますけど
ではあなたは正しい情報をあちこち駆けずり回って探し回れというのでしょうか?

他の多くの先人は
人は本来、他人に質問する必要はないと言いますけど
あなたはあちこち駆けずり回って質問しまくれというのでしょうか?


それとあなたが陰謀論の数々をブログでわざわざ公開するのは
結局は世界平和を望んでるからですよね?

今と大きく違うパラレルワールドへ移行するのはまず無理だと言うなら
世界平和なんてそれこそ一生無理なんじゃないんでしょうかね?
リンク
月齢
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人と引き合わせる事のないようにお願いします(お子さんなどはO.K.)

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
本物の魔道書
魔法は存在するからこそ、この価格に
最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。相談は承りますが、意見メールは特に不要です。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
放射能が除去できる空気清浄機
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  3ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運