彼岸島(松本光司)~吸血鬼が飲血する理由とは?

今月の初頭の話だが、講談社の週刊ヤングマガジンを座り読みし、彼岸島48日後という漫画を目にした話をした。吸血鬼の実施する非道な行為などが現実そのもので、たった1話でその方向性を把握できた。その話はこちら

興味を持った筆者は「彼岸島」全33巻と続編の「彼岸島 最後の47日間」全16巻を読破する事にした。まだ4巻までの読書となるが、やはり案の定だった。なお、記事としては4巻までで判明した内容を元に書く事にする。後に新たな事実が判明して、物語が引っ繰り返る可能性もあるので、「物語のオチとは異なる」みたいなネタバレの指摘は不要だ。

第一話から吸血鬼の話だった。吸血鬼の支配する島があり、住民のほとんどは吸血鬼。しかし、実際の生活は田舎村の状況と変わらない。自給自足的な生活を営んでいるのだ。文化もあり、家にはカレンダーがあったりする。いわば人間そのものだ。しかし、やはり子供も含めて吸血鬼の巣窟だった。

吸血鬼にはもちろん知能があり、人間の言葉を話す。血を吸うために全国から人をポツポツと集める。問題となるような大人数ではなく、あくまで目立たない範囲で人間を狩るのだ。その手法は行方不明になった人(血を吸われて死んだ人)の免許証を使う。知人や家族に対し、その人が見つかったと称して島へおびき寄せ、更にその人達が持つ免許証を使って、少しずつ獲物を招くというわけだ。

吸血鬼には個性があり、人に興味津々だったり、無関心だったり、おしゃべりだったり、無口だったり……要するに人間の性格と同じなのだ。違いとしては歯となる。また、興奮した時は目も変化する。

島に到着した主人公達、「こんな島が日本にあったとは」のような表現がある。現実にもそのような隔離された島や村がありそうだ。監禁装置では、人は栄養を補給されつつ、吸血鬼が血を吸いやすいように固定されている。言わば、無闇に殺すのではなく、少しでも血を生産してもらってからとし、死んだ場合に処分するというわけだ。

作者は吸血鬼になる理由をウィルスとしている。現実の吸血鬼はウィルスの前にDNA、言わば生まれつきヴァンパイアだが、そこにウィルスが関わっていると言いたいのだろうか。

吸血鬼の食料は人間だろうか? 既に「自給自足」というヒントは書いたが、食べ物は人間と同じなのだ。のりお握りとかを食べている。実は吸血するのは食料のためではなく、吸血鬼としての症状を悪化させないためだ。血を飲まないでいると、邪鬼[オニ]と呼ばれる化け物になってしまう。その姿はまさに巨人のレプティリアン!

つまり、現実と同じく、レプティリアンの姿にならないように、人間の血を必要としているわけだ。表現としては、「オニにならない薬が人間の血」となる。現実でも献血の広報がうざいのは、そういう事なのだ。単純に血を吸うのではなく、残虐な所も現実のヴァンパイアと同じだ。また、人間の娘を性的対象とし、血を吸うだけが生きがいではない。

何が言いたいかというと、現実の真相と同じ話が漫画に語られているというわけだ。そして、その事実は魔法結社に行けば習う事ができる。魔導師(や妖術師など)だけが真実を知る状況が何千年も続いており、庶民が勝手に知らないだけなのだ。しかも、映画・漫画・アニメ・ゲームの世界では、ちゃんと語られているのに「あくまで架空の出来事。作者はそんな設定を思いつくだなんて、天才だ~」と思っている愚かな状態なのだ。

実写版もあるので見てみるといいだろう。日本の映画にしては面白そうだ。

吸血と魔法は無関係ではない。関連性の説明は省略するが、筆者が子供の頃に読んだ魔法本の章間に、1ページ程度だったか、ヴァンパイアの話があった。読んだ時は、「魔法の本なのに馬鹿馬鹿しい話をしやがって」と思っていたが、真実を知ったらこのブログの通り、ヴァンパイアの話が多くなっている。

さて、記事のテーマとして彼岸島ではなく、埼玉・春日部の大空洞神殿の話もしたいのだが、その話をしている内に彼岸島を読み進めてしまうのは嫌なので先に書いた。春日部の大神殿も「日本にこんな所があったのか」という表現にふさわしい。大神殿があるならば、吸血鬼の村もあるのだ。

珍しく24時間以内に更新したので、前記事の未確認飛行物体も宜しくお願いしたい。

アイテムの購入に関し、楽天の会員の人は楽天からどうぞ。魔術グッズも揃い、食用金箔(覚醒に結び付く)も購入できる。


関連記事
彼岸島 48日後~吸血鬼による飲血……筆者の彼岸島との出会い

創作物ではヴァンパイアが当たり前の存在~本当にいるからが理由
ヴァンパイア=爬虫類人=妖怪~現実に存在するから漫画やゲームに登場する

デッドマン(DEADMAN)と吸血鬼~江川達也(まじかるタルるート)
妖怪退治のアニメ・BLOOD-C~爬虫類目の女子高生巫女
関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

支配者がニートや無職などを島流しにして、その殺し合いを見て楽しむという作品や、知り合いから同窓会の招待状着ていてそれを信用して会場にいってみたら、ブルーブラットにハンティングされそうになったなんていく作品もありましたね。

妖怪ウォッチ=レプの時計

よくでる よくでる よくでる よくでる
妖怪でるから 外出れない

今は? 一大事

ニートや無職などを島流し、 殺し合いを楽しむ

ニートや無職などを島流しし、殺し合いを楽しむという漫画のタイトルを教えて下さい。メールでも構いません。

この記事の筆頭コメントとは違うタイトルですけれども

・魔龍さんこんばんは。
裏サンデーという媒体で、
『ヒト喰い』というタイトルがあります。

彼岸島やレプティリアン、ヴァンパイアに
通じるものがあります。

No title

 手塚氏もやたら吸血鬼関係の漫画を書きますね。田舎に秘密の村があるというテーマもあります。無闇に山村を歩くのが怖くなってきました。

島流しして殺し合いを楽しむ作品名

ブテュームという作品です。
ネタバレになってしったような気がします。申し訳ないです。
なのでもうこの作品について自分は話しません。
2期を期待する人もいたんですが、アニメは中途半端に終わっていますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

妖怪ウォッチ

赤い猫のマスコットキャラクター、
体も頭も魔法陣~。

そう言えば、爬虫類は人間の血を飲む話はこのブログに沢山ありましたが、
龍の血を飲む者はいたのでしょうか。

映画ドラえもん龍の騎士でしたか、
龍の血を浴びると不死になるとありました。

あと、ワンピースのアニメオリジナルストーリーで、絶滅寸前の老龍を悪い金持ちが狙ってて、不老長寿を与える龍骨がとても高価な商品になるとかだったと記憶しています。

誰が龍の血や骨を食そうと思ったんでしょうね。

あ、あとはエニックス漫画でハーメルンのバイオリン弾きという作品で、
終盤近くに魔法陣の中に拘束された老龍がいて、死ぬまで少しずつ力を搾取されてると言ってました。
その力を受け取るのが大魔王ケストラーという魔族の王です。

更に魔王は人間に化けて聖女を誘惑して夫婦になり、悪魔と天使の姿の双子の子供が産まれるとその子供の血を狙います。最初から、より魔力の高い血を手に入れる為でした。なんか聖書に自分の子を食べなさいって書いてるってこのブログで読んだと思うのですが、まさに。

量産型の畜肉と、高級ブランド肉みたいに、
飲血用の血にも価値や等級があるのかも。

その漫画は魔族に対してバイオリンやピアノなどの音色の魔法で対抗してます。
その楽器を魔器と呼んでいたと思います。

……老龍、魔を宿した赤子も力を持たねば搾取されるのかな?
悪魔や龍の社会も意外と大変かも。

平和がいいなあ。

No title

龍の血を飲むアニメ
ドラゴンクエストのアベルの方。
龍を聖剣で傷付け、流した血を聖杯に流し込みそれを飲むと不老不死になるとの設定。

私は面白いと思ったが、視聴率は低かった。
DVDボックスも購入してしまった。

因みにルパンもDVDボックスをコンプリートしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
リンク
月齢
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人と引き合わせる事のないようにお願いします(お子さんなどはO.K.)

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
本物の魔道書
魔法は存在するからこそ、この価格に
最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。相談は承りますが、意見メールは特に不要です。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
放射能が除去できる空気清浄機
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  3ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運