起きた確率と起きる確率の違い~進化論とホモ・カペンシス

先週は金沢交流会を開いた。金沢へ行くまでにひらめいた事をメモしていたのだが、起きた確率と起きる確率とをバッチリ把握する事が、世の中の深層を見抜く手段になると考えた。

以前に「爬虫類的宇宙人はいない。理由としては、サルから進化したホモ・カペンシスという地球産の別人類が世界の支配者というだけだからだ」みたいな迷走者が当ブログに乗り込んできた事がある。当ブログの結論としては「爬虫類的宇宙人が地球に適応して人類を創造する可能性だけを懸命に考えているから迷走する」みたいな話だった。この話からもう少し突き詰めると、起きる確率と起きた確率の話になるのだ。

例えば、名古屋という知名がある。3文字の都市名は少数派で、しかもある町が名古屋なんて名前になる確率にスポットを当てて計算しても、相当にゼロに近くなってしまう。起きる確率に注目すると、愛知県の都市名が名古屋になる可能性を見いだせないわけだ。ここで、名古屋城という建造物が、ある地域に存在したとしよう。その都市名が名古屋になる確率は一気に跳ね上がる。つまり、これが起きた確率というわけだ。数学の用語を知っているならば、起きた確率というのは「条件付き確率」のニュアンスを取り入れると理解が深まる。用語を把握していない場合には、用語の話は飛ばしてもらいたい。

起きる確率と起きた確率とを爬虫類人の存在に当てはめる。宇宙人が爬虫類的な姿になる確率や、その宇宙人が地球に適応して、しかも地球人を創造せねばならない確率なんてのに注目してもゼロに近くなってしまう。理由としては、起きる確率を計算しているからだ。しかし、地球のあらゆる地域で龍蛇が崇められていて、しかも現代の宗教が龍蛇を奉り、支配者達がこぞって崇拝しているという現状がある。ゲーム・アニメでも、ことごとく龍蛇や爬虫類人が登場する。これらの事実がある場合に、起きた確率を計算すれば、爬虫類的宇宙人の存在を見いだせるわけだ。


もう一度、確率を考えてみよう。「世界の支配者がサルから進化した存在に過ぎないのに各地の遺跡に龍蛇神だらけの確率、支配層が崇拝する確率、クリエーターがネタにする確率」……そんな確率はゼロというわけだ。そして、人類の支配者・爬虫類人(ヴァンパイア)によって、「サルから進化した別の人類・ホモカペンシスが支配者だ」みたいなインチキを伝えられる確率は相当に跳ね上がる。

当ブログに来れる素質があるのならば、起きる確率と起きた確率の違いをバッチリ把握したい。なお、当ブログよりも明らかに真実から遠いのに真実系を主張し、当ブログよりも断然にアクセスが集まるブログもある。多くの人は、そんなブログに集まる、その程度の水準でしかないのだ。当ブログに来れる人は、そういう人達よりも鋭い目を持っているのだ。

なお、ヒトの誕生に関して「進化論が起きた確率」を使おうとする愚者もいるが、使い方が誤っている。存在する事実というのは、サルからヒトの間に位置するはずの個体が全く古代にも現在にもいない事。原人、猿人とされている骨は捏造である事などだ。進化論が嘘の場合に、そういう捏造が起きる確率はほぼ100%。政治経済歴史などで大衆を偽る世界の支配層が人類のルーツを偽る可能性もほぼ100%となる。もちろん、進化論やついでに創造論(神が土くれからぽっと造った)も嘘である確率は100%というわけだ。ここで、進化学者や考古学者の上層は、爬虫類人が地球の支配者だと知りつつ、それを隠すのが仕事で魔導師となる。下っ端は、その魔法に引っかかり、あたかも学説が正しいかのように騙されて、研究を進める哀れな者達だ。まあ、給料貰えるならば、何でもいいんだろうが。

さて、記事テーマとは異なるが、明日の夜は皆既月食なので、晴れる地域の人は観測するといいだろう。月というのは、高次元の人工機械で、地球人を三次元空間に閉じ込めるような波動の発生装置だ。そして、そのエネルギーは土星を経由して外宇宙から取り入れている。五芒星(ペンタグラム)というのは、土星の象徴となる。スーパーマリオのスターもそうだ。

魔導師だけが、月の幻を打ち破ったり、月に翻弄される大衆を掌握できるのだ。

アイテムの購入に関し、楽天の会員の人は楽天からどうぞ。魔術グッズも揃い、食用金箔(覚醒に結び付く)も購入できる。


関連記事
スーパームーンの満月~月は人工機械

宇宙人を信じられないコメント紹介~ホモ・カペンシス説の破綻

スーパーマリオブラザーズは性ゲームだった? 秘められた魔道……マリオは実は25歳という設定のようだ。この若さならば、ピーチという女性器の象徴を求めて旅するのも納得と言える。

小保方晴子氏が「魔術」を使う事を危惧!……科学者とは魔法使いの事。そもそも、錬金術という魔術が科学の発端。
関連記事

テーマ : 怪奇・超常現象
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

忍者漫画

こんにちは。
家紋にも三角や鶴や蝶に亀やらがありますが、
あのマークも何かを主張してる確率があるかも知れませんね。
プラス栄えていたり、霊感があったり。

あ、忍者の漫画で「落第忍者乱太郎」というのがあるんですが、
ファンの感想等を某掲示板やブログで見ていると
とても詳しいとうたう大人の読む様な忍者の書籍でも、
落第忍者乱太郎の読者からすると、
もう知ってる忍術ばかり、
おまけに漫画の方がそれ以外ももっと教えてくれてる。
…と、物足りなさを語っていたのを見た事があります。
この漫画の作者は恐らく忍者の知識にかけては漫画界で一番なのではないかと噂されていて、
おまけに作者自身が忍者屋敷に住むくのいちなんだそうです。
ギャグ漫画で読みやすいです。

No title

皆既月食、見ました。
と言ってもすることがあって、最後の数分しか見る時間は確保出来ませんでしたが。
プラシーボ効果かも知れませんが、先日のスーパームーンとは感じ方も違いました。個人的には今回の月食の方が、色はおどろおどろしいものの、好みの感覚でした。
魔龍さんの感覚もお聞かせ頂けると光栄です。

追伸
月食前夜、いきなり黄金炒飯が食べたくなり、月食当日の食事は黄金炒飯にしました。普通に作るよりパラパラになるのが良いですよね。ついでにカレー風味にしたのでターメリックも入っていた筈です。

龍伝説

龍伝説という本で興味深ものがありましたので、いくつか引用します。
1つ1つ全く文脈が違うので別の文章としてご覧ください。

1『いうならば龍の世界である、という事実は納得のゆくところであろう。そして王朝時代、「真龍天子」としてみずからも龍であった皇帝たちが、この世界に君臨した。皇帝は「龍顔」をもち、「龍袍」を身にまとい、「龍行」の歩みをすすめ、治下に「龍恩」をほどこしたのである。』

2『高祖 劉邦(りゅうほう)を龍の子であるとしたことも深い関係があろう』

3『「夏」王朝の創始者である兎(う) 自身が龍であったとされ龍族の国家であったと言われている』

4『同じく伝説上の人物で中華文明の始祖とされる黄帝も龍に縁が深く、荒廃に大きな影響を与えた』

5『その時代に実在し、人間の生活に身近な位置にいたからこそ組み込まれたのではないだろうか。』(干支や伝説などに)

6『いまも、問うひとがあれば「中国に龍は実在した」、と答える私だが、その実態を把握し、何が龍であったかを断言することは至難である。龍が登場する中国古代神話、龍に関する歴代の記録や著記などに記し残されたその姿は、実に変幻自在、曖昧模糊、ときには荒唐ですらある。
だが実のところ、こうした龍の姿こそその実態を探る上で、重要な鍵となるものかもしれない。
ことに変幻ということは龍の特性のひとつとしてながく語り継がれてきた。そしてこの特性が幾多の龍のイメージを創出したのであった。

漢時代に龍について解釈した許慎(きょしん)は龍の変幻についていう。「明らかに姿を見せることも、幽かにおぼろげにしか見えないこともある。また、巨大にも微小にもなり、長くも短くもなる。春分のころ天に上り、秋分には深い縁に潜る」(説文解字)』


「龍とは、レプティリアンのことだ!」とまでは書いていないものの(笑)「龍はいた」「中国をしきってたあらゆる権力者は龍だと名乗ってたんだ」的なこと書いてあってレプティリアン、ドラゴニアンを知った上で見る分には面白い本だと思います。(写真家の本なのでほとんど写真だけです)

では。
リンク
月齢
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人と引き合わせる事のないようにお願いします(お子さんなどはO.K.)

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
本物の魔道書
魔法は存在するからこそ、この価格に
最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。相談は承りますが、意見メールは特に不要です。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
放射能が除去できる空気清浄機
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  3ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運