フェアリーテイル(真島ヒロ)~ドラゴンの魔力を秘めた物語

「真島ヒロの都市伝説~フェアリーテイルとレイヴには竜人ばかり」みたいな記事タイトルで準備していたが、アニメの再開を見落としており、一気にアニメの最新話まで見る事にした。結果的にタイトルは少し変更となる。

まず、筆者としてはフェアリーテイルという作品はお気に入りだ。真島ヒロ氏の前作レイヴからのファンとなる。ブログ筆者自身が(無名とはいえ)シナリオライターなので、他人の作品のファンと語る事は体裁が許さない事がある。にもかかわらず、ファンだと語るような作品といえる。


フェアリーテイルは、実はワンピースと比較される作品なのだ。集英社の筆頭と講談社の代表格くらいの格の違いはある。異世界の物語で、お馬鹿な主人公に惹かれる個性溢れる者達が一緒になって目的を果たすみたいな所でジャンルが近いのだ。


筆者はワンピースもアニメ・全話を見てはいるが、一作品としてしか見ていない。筆者はワンピース派ではなく、フェアリーテイル派となる。

フェアリーテイルにはワンピースに対するパクリの疑惑もあるが、同じくカバラの魔道を基盤としているのだから、似ている所が発生するのは当然だ。パクリというより、ワンピースもフェアリーテイルもカバラ魔道の模倣という表現ならばできる。人物などの造形が似ているという噂もあるが、ワンピースの造形もフェアリーテイルの造形も、読者・視聴者を催眠術に掛ける形になっているので、そういう意味で似通っているのだ。ネットには作者同士が師弟関係という噂もあるが、そんな事実は無いという情報もある。どちらなのか、バッチリ事情を把握している人がいれば教えて戴きたい。なお、魔法結社で義兄弟の関係という情報はウチだけなので、他を探す必要は無い(爆)

人気に鑑みると、周辺にいる魔導師群としてはワンピース作者・尾田氏の方が格段に上と言えよう。

フェアリーテイルと比べたワンピースの短所を述べよう。ギャグの質は断然、フェアリーテイルに軍配が上がる。対象年齢はフェアリーテイルの方が高く、設定がより込み入っている事が挙げられる。ワンピースは女キャラクターに変な偏りがある。黒髪のキャラが多いのだ。また、男女共に身長が高過ぎる。純巨人もいるのだが、準巨人が多いのだ。巨人信仰?


フェアリーテイルは実にカラフル。主人公のナツが既にピンクだし。筆者は物語の主人公の男を嫌いな事が多いのだが、ナツは普通の域に収まっている。

ワンピースでは、各章の初期で敵役が一目瞭然で明確だが、実はフェアリーテイルでは終盤まで誰が黒幕でボスなのかは分からない事が通常だ。これは味方も同様で、てっきり敵だと思っていた人こそが真実だったとか逆の例もある。各話に叙述トリックがある時点で、フェアリーテイルに軍配を上げたいのだ。

フェアリーテイルでは戦う女キャラクターの割合が高く、女キャラクターが守られる存在ばかりみたいな男女差別も無い。それから、ワンピースのキャラクターには年増が多い。男キャラクターもオッサンとか爺の割合が高過ぎる。フェアリーテイルでは、爺婆もオッサンもいるが、割合としては10代の若いのばっかで、活き活きとしているわけだ。ワンピース主人公ルフィの仲間には、ハタチ超えと30超えの女で構成される(笑) 10代のルフィなのに、彼女候補?も30歳を超えている(爆)
←31歳でも、こんな感じだが、問題は190cm超えの身長。妹達の身長は4m(爆) その巨人女は大蛇に変身する
ワンピースのいい所というか、女キャラクターはフェアリーテイルよりも色っぽい。イケメンはフェアリーテイルの方が多い。人格的に人間味が溢れるキャラクターとしては、フェアリーテイルの勝ちとしたい。

さて、フェアリーテイルの魔道を語ってゆこう。そもそもフェアリーテイルというのは魔術師ギルドの事だ。現実で言うと魔法結社みたいなもので、魔法の修行をしながら色々な仕事を請け負う集団だ。個人の悩み解決から国家からの依頼までが仕事となる。ギルドの紋章だが、どのギルドもホルスの目となっている。まあ、魔導師の物語なので、言い訳は自在だ(笑) ヒットする魔導師の物語なんて、作者が魔導師でない限り、描けないといえる。魔導師でもない人が、魔導師の作品でヒットはあり得ないというわけだ。


当ブログ読者が反応しそうな目玉としては、主人公が爬虫類人という所だ。限界を超えて本気を出すと顔に竜の鱗みたいなのが浮かび、竜のパワーを大きく発揮できる。まだ完結していないのでオチは分からないが、主人公達自身が竜という設定か、もしくは竜と同化したという設定だと考えられる。

魔法評議会みたいな元締め組織があるのだが、兵士は二足歩行のカエルの姿をしている。カエルは両生類だが、爬虫類人と同じ意味を持つ。あくまで見た目なので、爬虫類人をタイやヒラメと表現した物語もある。乙姫という龍女に会った話の事だ。


フェアリーテイルにはドラゴンそのものも登場し、人と言葉でのコミュニケーションも可能だが、ドラゴンは人を食う。人間をなんとも思っていないが、食料として好きという場合はある。ドラゴンは突如、いなくなったのだ。現実世界でも、突如「人食いオロチ、妖怪」が表向きには消えているわけで合致する


恒例の数秘術。
ナツ・ドラグニル……72+2
ルーシィ・ハートフィリア……48
エルザ・スカーレット……33
グレイ・フルバスター……90+2
ハッピー……82
以上主役で足すと333を期待したいが……。実はうまくいってない。誤りがあるわけだ。進撃の巨人では楽勝だったのに。魔力は真島ヒロ氏が上だと信じている。ナツ・ドラグニルはドラゴン、ルーシィはルシファー(天使長・悪魔)、グレイは宇宙人というわけで、魔導師として信仰の対象が揃っている。エルザはピラミッドアイ(ホルス)、ハッピーはバステトで決まり。

ルーシィ=ルシファーの根拠はワンピースの主人公ルフィ(偽名ルーシー、爺の名は悪魔ガープ)からも推察できるが、もう1つ面白い話をする。中学の英語の教科書でニュー・ホライズンの人もいただろうか。筆者の時はマイクとルーシーが人物として登場した。マイクはミカエル(熾天使)の愛称、対になるルーシーは当然ルシファー(天使長)だ。そう、教科書に登場するキャラクターすら、とっくに魔道に染まっているのだよ。


エルザはエリザベス(エル リザード バース)の愛称なので、エルザの由来はトカゲ人間! ピラミッドアイやホルスよりも面白いかも知れない。シェイプシフトはしないが、魔法で服が次々とシフト(チェンジ)する。

筆者はライター稼業だが、フェアリーテイルの面白さを伝えるみたいな文章には慣れておらず、あまり魅力は伝わらないかも知れないが、物語も傑作だと評しておく。ワンピースで泣いた事は無いが、フェフリーテイルでは泣いた域だ。フェアリーテイルの作者自身が苦汁を飲んでいるのか、人生論を語る事があり、筆者の心に通じるものがあるのだ。

フェアリーテイルのアニメは、一時、打ち切り同然で中断したが、今年の4月からまた再開した。とんでもなく中途半端な所(魔術大会の途中)で切れていて、「おい、打ち切り直前の、覆面のあいつの正体は誰だよ?」みたいな域だった。もしかすると、DVDを買わせて続きを見させるための策略だったのかも知れない。

さて、フェアリーテイルの魔術大会(バトル)編の終盤で「時を失った魔導師」の台詞があるのだが、その台詞を聞いたら、今までのテーマでこのブログを更新する事が恥ずかしくなってしまった。先にも語ったが、ブログ筆者の人生観まで変えてしまうようなシーンだったのだ。筆者がこのブログでやっていた事と、物語の魔導師(時を失った)の心境が同じだったのだ。

フェアリーテイルの娘達のお色気水着シーンでしか巻き戻し(早戻し)をしなかった筆者が、時を失った魔導師の言葉では巻き戻した。←ジョークという事で。

差し当たり、次の記事は魔法入門の本より、弛緩と呼吸法の話にしようかなと思っている。当ブログは元々は、魔法入門から役立ちそうな話を纏める感じでスタートしている。

そして、他の魔道書からも、無難な話をブログで語るようなつもりだった。実際の記事としては、真実を語るという方向が強過ぎ、魔道そのものの記事は控えめで1年以上過ぎてしまった。そもそも、筆者がシナリオの質を上げようと、更なる魔道を追求しようとしていたのに、ブログ開設以降、5本仕上げた物語は、開設前に仕上げた作品に比べると駄作も同然。レベルアップのつもりが、ダウンとしか言いようがないのだ。しかも、その1本は夢で見た物語があったから描けたみたいな、実力ではない要素が主体となった。

状況としては、このブログの反応・評価とかが気になり、シナリオを描けない日々が続いていたのだ。よって、今後はレベルアップに繋がるような内容に、ブログの記事を変更する方向にしたいわけだ。作ったシナリオも駄作だが、最近のブログ記事の拍手数を見てもバッチリとは言えず、葛藤の状態で記事を書いても受けない事も身に沁みた。

フェアリーテイルやレイヴのオカルト要素は、他のテーマで語った時にも述べている。詳しくは関連記事で読んでもらいたいが、「登場人物は爬虫類人が主体」「月が幻だった村の住人は、自分の正体に気づいていなかった」みたいな話だ。

さて、当ブログ筆者の人生の方向を変えるような台詞とは? やはりコミックや映像を1話から見ないと分からないだろう。フェアリーテイルは魔導師の物語なので、当ブログ読者には最適。

……みたいに紹介しているんだけど、前記事のスケバン刑事を買った人はゼロだ(笑) 実は広告収入額でも、筆者は自分の道が正しいかを占っている。道が正しいならば予想外に売れ、道が間違っているならば、期待外れというわけだ。

アイテムの購入に関し、楽天の会員の人は楽天からどうぞ。魔術グッズも揃い、食用金箔(覚醒に結び付く)も購入できる。なお、アマゾンの方が広告料の還元率は大きい。


関連記事
三次元空間は地球だけ? ニビルや月は何次元?

龍人は本当にいるのか~デーヴィッド・アイクの真偽

スーパームーンの満月~月は人工機械
関連記事

テーマ : FAIRY TAIL
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

フェアリーテイルは自分も36巻までもっていましたが、新しく買っていなかったので購読、再開してみようと思います。


>差し当たり、次の記事は魔法入門の本より、弛緩と呼吸法の話にしようかなと思っている。当ブログは元々は、魔法入門から役立ちそうな話を纏める感じでスタートしている。

楽しみにしています。

表題からはそれますが、今日はネットでの魔法使用に関して書きこませていただきます。

 流行している個人での放送だが、あるサイトにて複数の放送者が魔法を使うのを目撃した。一人目の放送者はオリジナル曲を出したこともある歌手で、ライブ等への誘導がメインで無料の放送をしている。この女性がリスナーのエネルギーを吸い取る魔法を使っている。具体的な方法は詳述を避けるが、「パワーをちょうだい」などと言っている。抜かれる感覚があり、気がついてすぐに対策した。
二人目はやはりプロ歌手で、デイリーではあるがオリコンチャートに名前が挙がったこともある10代の女の子。こちらはそのものズバリだ。自分の右手に目を描き、その手で右目を隠して左目を強調していた。ライブやグッヅ販売に誘導している正直さは好ましいが、何らかの悪意をもって魔法を掛けているなら恐ろしい。一部のブログではネットに蔓延する魔法あるいは呪いについて語られているが、対象の名前や住所を知らなくても、呪いを掛けられるとの指摘もあるので注意すべきだろう。どこに術者が潜んでいるかわからないので、音楽シーン等で操られている場面が多々ありそうだ。
 二人の共通点はそろってプニ顔であること。まどマギの影響なのか?
現実がアニメを追随しているようで、愉快である。加えて、魔法であるとの指摘をすると術の効果が消えること。
上記の二人が結社員かどうかは知らないが、自分の魅力を増すために魔法を使ってるのは確かだ。(それだけなら問題はないのだが・・・。)
操られない為には術を見破ることが肝要で、体系的な魔術の知識が必要なのだろう。

東洋医学と魔術の可能性について

魔術の本では注意書きとして「自分が魔法を使う際に人に見られてはいけない見られると精神がみだれ術に集中できなくなる」と書いてあったりしますが、逆に魔術使い人に対して指摘すれば、効果を消したりできそうですね。


また、ネオヒルズのようなビジネスをやっている人が、インドに行ったこをブログに書いてたんですが、山奥の蛇を祀っているパワースポットの神社にいき、体のエネルギーが増えたそうです。

面白かったのは、エネルギーの確かめ方として経絡14箇所を指で刺激し、筋肉の反射を見てエネルギーの流れを見ていると書いていたことです。経絡を刺激したあとの筋肉の反応がいいと経絡の流れがいい=体中にエネルギーが通ってる ということになるんだそうです。


東洋の医学は魔術に大いに役立つと思います。指一本で体のバランスを確かめ整えたりするので道具はあまり必要としませんし、またエネルギーの流れも見れるので。また自分で覚えれば西洋医学より安上がりでもあります。

西洋医学を抜かした4つの自然系流派の医療について興味をもったので、もっと詳しく調べてみます。また新たな発見があれば報告します。

少しずつだけど

ワンピースも髪の色付け
最近は少しずつ増やして頑張ってるみたいです。
女海軍のヒナはピンク
男だけど海軍コビー大佐もピンクで見聞色の覇気が異常発達しているらしいです。
海賊バギーはブルー。
海軍のプリンプリン大佐は紫。
ビッグキスの人魚しらほし姫はピンク。で、生まれながらに海王類の王であり、自らの力を制御出来れば、後に古代兵器ポセイドンの名を襲名する予定。姫は力を導く運命の師と出逢う言い伝え有り。

砂漠のネフェルタリ王家のビビはブルー
革命軍の少女コアラはオレンジ
ヒロインのナミはオレンジ
ゾロはグリーン
ペローナはピンク
ドフラミンゴ幹部シュガーはセロリアンブルー
同じく幹部モネは明るいグリーン
ルフィの熱狂的ファンなバルトロメオは黄緑
目立ちたがり屋で美形ナルシストのキャベンディッシュは金髪
闘技場の女戦士レベッカはピンク
小人のトンタッタ族の少女ウィッカは濃いブルー



カラフルヘアーを頑張りだしたのはごく最近みたいに思いますが、
読者に指摘でもされたんでしょうか。

ついでに最近出てきた成長後のルフィの義兄サボは元貴族で、自分が貴族に生まれてきて恥ずかしいと海に出たんですが、
今は革命軍にいて、戦い方が独特な手つき「竜のカギヅメ」で闘います。

黒髪が多いのは作者がサムライや邦画が大好きだからと思います。
特に「次郎長三国志」に影響を受けたらしく、
ジブリ汗まみれと言うネットラジオで鈴木プロデューサーと話していて、気が合った事から、念願であったDVD化をして貰って、そのパッケージイラストを描いたそうです。
だから昔の邦画に出演した俳優におもいっきり似せたキャラが海軍大将として登場したりしています。
田中邦衛さん
菅原文太さん
松田優作さん
みたいに。

実にすばらしい!当方もフェアリーテイル派

魔龍さんこんばんは。フェアリーテイル推し大賛成です!

当方が最近紹介した『夏目友人帳』も
主人公は龍人系の『見える人系、知ってる人系』です。
フェアリーテイルもそうですけれども
比較されている某漫画よりも、
はるかに深くてダイレクトな内容ですね。

講談社もカラーの違いを出す為なのか、
DQN系が喜ぶようなヤンキー系作品が
盛り上がった時期に嫌いになりました。
『はじめの一歩』とか良作もあるのですが……

クリエーター様も時代に応じて
大多数の読者にウケる内容を
模索する必要があるのかもしれません。

ちなみに比較される某漫画家さんは、
わりと魔法や精神能力系を匂わせるコメントを
単行本でしていたりするんですよね。
本物が必ずしもメジャーとは限らないようであります。

この記事は嬉しかった。ありがとうございます。
リンク
月齢
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人と引き合わせる事のないようにお願いします(お子さんなどはO.K.)

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
本物の魔道書
魔法は存在するからこそ、この価格に
最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。相談は承りますが、意見メールは特に不要です。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
放射能が除去できる空気清浄機
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  3ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運