放射能は呪い!?~日帰りクエスト1

以前、瞳が変化する手品師の記事で「ロードス島戦記」という作品の話をした。小説が原作だが、アニメにもなっているので、アニメ2作(オリジナルビデオ版、TV版)を見たのだ。原作の小説では、魔道の知識フルパワーらしい。

ロードス島の出版社は魔法入門の出版社でもある角川!

ロードス島のファンであるイドリシさんから、同じく角川で「日帰りクエスト」という作品に竜人が出るという話を聞いた。当ブログ筆者は小説を読む気は無いのでコミックをゲットした。1巻の冒頭から猛烈な秘密の知識。

ヒロインは異世界からの召喚に応じた女子高生。いい学校、いい会社というお決まりのパターンに疑問を持つ。「勉強する」と言えば、親は認めてくれるわけで呪文だとか、放射能は呪いだとか、そんなスタートとなる。召喚先の異世界では、国を竜人が乗っ取っていた。別に人間を無闇に殺戮するわけではなく、人間を支配し、税などを搾り取る状況。しかも、術を使う。

まだほとんど読んでいないのだが、このご時世なので「放射能は呪い」という話にピンと来た。

呪いの性質を挙げてみよう。

・目に見えない
・仕掛けた者が見えない
・本来の力を発揮できない
・実務がこなせない
・著しい不健康状態になる
・評判が悪くなる
・運が悪くなる
・霊力のある人ならば、掛かっている他人がよく見える
・通常は対処できない

これって放射能にも、相当に当てはまるのではなかろうか。仕掛けた者が見えないという話だが、原発事故の原因は、いまだ明確になっていない。まあ、陰謀論でゆけば、判明するけどね。運が悪くなるというのは、放射能とは合致しない気もするが、そんなもんは説得の文章次第だ。放射能を身体に取り込んでいる人って、運がいい訳ないでしょ。通常は対処できないという話だが、東京はもちろん福島ですら、転居する人が極めて少数派という現実を見れば把握できる。国民に呪いを掛けたい場合、現代では放射能が的確というわけだ。

「笑っている人には放射能はやって来ないんだ」なんて主張する人もいるが、あながち的外れではないと、実はずっと思っていた。笑っている相手ならば、呪いが効きにくい相手と言える。「風評被害だ、許さん!」なんて人は、笑っていないわけで、もちろん呪いは優先的にやって来る。

「科学のアイテムを使ったら魔法じゃない」というのは成立しない。つまり、科学テクノロジーで何かを実現しても魔法なのだ。同じく宇宙のエネルギーを目的の達成に利用したという点で、アイテムを使う事と見えない世界のエネルギーを使う事に何も違いは無いのだ。いつも話しているが、科学というのは魔法から派生している。そういう観点でもテクノロジーは魔法の一種なのだ。そう考えると、放射能=呪いという意味がますます把握できる。

放射能関連で、先日は美味しんぼ騒動について述べた

コミックとしては3回で終了する段取りだったようだ。不定期に連載しているので、今回の騒動が原因で休載するのではなく、元々、区切りのいい所で休載するつもりはあったのだろう。

2話目の漫画を公開している人がいたので読んだ所、あれはグルメの漫画でもなんでもなく、単に福島がやばいという話をしているだけだった。全く別の漫画でもいい所を、美味しんぼとして発表したに過ぎない。結局、漫画の結論としては、「福島はやばいんだから、勇気を持って引っ越そう」程度が語られるだけで、奇形が生まれるとか、ガンになっているという話はできなかったようだ。

いいや、自分の住んでいる所は安全だと思う人は、真実を探すさんのマップを見て貰いたい。呪いの地図だ。社会問題追及サイトでは主流なのだが、たまたま地震が起きて、たまたま津波で原発が壊れたと思っている人が多い。当ブログの見解としては、原発の事故は故意だと考えている。ここをはっきりしないと、何も見えないので注意。

福島が呪われた理由。会津藩の白虎隊の抵抗が強かった歴史が原因だと考えている。どうして白虎隊が粘ったかの理由の方が本質だろうが、そこまでは考察していない。一説では蘇我氏と物部氏の対立が今でも続いているし、白虎隊の事も根に持っているのが日本の支配層だ。総理とか幹事長とかは、支配層に操られる人材(支配執行層)に過ぎない。

次は竜人の話となる。
実は竜人が登場する物語は有象無象にある。しかし潜在意識に訴えるだけで、まさか実在するとは誰も思わない。一方で、人間社会の真実として顕在意識に炙り出した人と言えば、デーヴィッド・アイクで間違いない。


現在の筆者のアイクに対する思いだが、「爬虫類人の血統だけど、光系統・中性系統の魔導師達(同じく爬虫類人)から情報を提供され、地球人を目覚めさせようとしている。真実ばかりなのだが、いきなり全部教えてくれるわけではなく、許可のある内容だけを次々と」のような感じだ。実はアイクの本をじっくり読むと、アイクが元英国首相と接した時、「ジッと見つめられ、遺伝子コードを読み取って……」のような節がある。身内と判断したので、爬虫類人はそれ以上は怪しまずに去っていた……みたいな話があるのだ。

さて、「中性系統(ニュートラル)の爬虫類人」というのはいるにしても、大衆から魔法を隠しつつ、自分達だけが魔法使いになっているという点で、大衆にとって気に食わないのは同じだろう。自分達だけが魔法で就きたい仕事や自己実現を達成しつつ、奴隷大衆に「お前らは低収入サラリーマン奴隷で、見る方、買う方、従う脇役。ウチらだけ高収入で、見せる方、買わせる方、リーダー主役」では納得できない。面白い漫画を描くとかいうのは、別に闇の魔法ではない。むしろ、楽しませてくれる。しかし、「お前ら奴隷大衆はお客さん」という態度は揺らがないのだ。殺戮や強制搾取を実施する闇系統よりはマシに見えるけどね。

アニメが話題になった時にたまに語る一騎当千というアニメだが、爬虫類目になったりする状況や瞳の変化の様子が、マジで現実の話をされているようで印象深い。龍の魂が宿ると、その人は強靱な肉体と戦闘能力を発揮し、しかも目が爬虫類になる。また、素質のある人は、別に龍が宿らなくても、感情の変化で爬虫類目に変化。テレビで放映できるレベルだが、要するにエロアニメなので、コッソリとしか紹介できないのが残念だ。なお、言い訳をしておくと、筆者はシナリオライターなので、面白いという噂を聞いたアニメ・ゲームなどがあれば、ジャンルにかかわらず内容を把握する。もちろん、筆者は物語と人物の瞳に注目するのに忙しく、女キャラの胸元や脚の付け根は見ていない(笑)

魔女みたいなキャラは元々爬虫類的な目だったが龍が宿ると顕著に。

筆者は勘違いしており、一騎当千ドラゴンデスティニーというのは、第2部の事だった。2を最初に見たが、他には1、3、4部があり、1、3も見たので、今は4を見ている所だ。


ファンの層が被っている美少女アニメとしては、ロザリオとバンパイアがある。ヒロインはピンク髪の吸血鬼だが、本気を出すと銀髪になり、身体のサイズまでシェイプシフトして、強靱な精神や肉体を発揮する。もちろん、爬虫類瞳に変形。

なお、実はアニメを見た事は無く、コミックで読んでいる。一騎当千は逆にコミックは見ておらずアニメだけだ。

以上で分かるよう、ただでさえ話題に出すだけで馬鹿にされがちのアニメの中でも、更にオタク扱いされる物語に、とんでもない真実が埋め込まれており、作っている者が魔導師だという事が分かる。ちなみに、新規開拓業界はポルノが分野を切り開く。よって、先陣を切る魔導師達はポルノを作らされるというわけだ。ビデオデッキとかパソコン(ゲーム)、コミケ(イベント)、インターネットの業界を考えれば理解できるだろう。つまり、美少女アニメといえど、むしろ深い知識を持っている人達が集まっているのだ。そもそも、セックスがいけない事だと信じているのは大衆だけで、魔導師達には全くそんな想いは無い。また、以前の日本には、その手の騙しが無かったので、日本の大衆はセックス大好き民族だったのだ。

なお、江戸幻想批判という本は、真実を葬る方向で書かれているので注意。

当ブログでは、唐突な依頼・リクエストのたぐいは、一切やめてもらいたい。「こんなテーマで記事を書いて欲しい」というのも同様だ。具体的には説明しないが、ブログの公開目的や筆者の性格に沿っていないからだ。筆者はシナリオライターなので、視聴者・読者が「こんなストーリーを」というのは筋が違う事を把握している。ブログも同様というわけだ。このブログは筆者による作品という意識が強い。作品に対して、こうしろ、ああしろというのはおかしいわけだ。原稿料が出るならば考慮するが、当ブログではブログを見るだけの読者から無闇にお金を戴くつもりは無い。くださるもんは戴くけれど、こちらからは要求しない方針だ。

コミックを何ページか読んだだけで、放射能の性質をパシッと語り、竜人による支配を語る「日帰りクエスト」とはいったいどんな物語?
次が日帰りクエストだ。マイナーなので、今の所は安く手に入る。高くなったら、もちろん当ブログが原因だ。


関連記事
魔導か魔疑か?(まどかマギカ)と一騎当千
魔法少女まどか☆マギカ~宇宙人から魔法を授かる物語!

妖怪退治のアニメ・BLOOD-C~爬虫類目の女子高生巫女

有名アニメ、最近の傾向は爬虫類人と吸血鬼
創作物ではヴァンパイアが当たり前の存在~本当にいるからが理由

マジシャンに爬虫類的存在が降臨!?……現実にも瞳が変化する人はいる
関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

取り上げていただきどもです

こんばんわ。またまた取り上げていただき感謝します。
日帰りクエスト、モロですよね~読みやすいしおすすめであります。

この本、小説版にはちゃんと「竜人が人間に文明を教えた」って書いてありますよ。モロというかw

おっとこの作者の有名な作品は、「スレイヤーズ」という魔法ネタの小説です。この人は、ライトノベルの世界にすごい影響を与えてて、ラノベではじめて魔法を理論化した人ですよ。洗脳での貢献度でいえば最高ランクではないでしょうか?

おっとアイクの言説が及ばない辺鄙な場所のシャーマンがレプテリアーンと薬飲んで交信するってネタがある「アトランティスの暗号」を読んでました。面白いです。

魔道師の種族ってか現実世界の支配者さんは、カバラ魔術象徴記憶術のようなイメージを使った脳の使い方をするそうで、異種族の人はサヴァン症候群のような脳の構造をしていたようです。

その象徴記憶術なら「魔術は英語の家庭教師」って本ご存知ですか?すごい良書ですよお。図書館の相互貸借をしてでも借りる価値あります。

おっと話がズレてしまいましたが、人間に文明を与えた存在って本当に竜が多いですよね。その手の超古代ネタの本は割りとガセ系多いのですが良書を数冊ご案内したいです。

1 沈黙の大陸 南山宏著 http://amzn.to/1qVo2vX
これほどに、現実的観点からアトランティスに迫ってなおかつ、すごい情報を織り込んだ本はありません。世界で指折りのアトランティス本です。秘密結社が超古代から知識独占したのがよくわかりますね。

2 The Secret Destiny of America マンリー・P・ホール著(フリーメイソンの失われた鍵などで有名なマンリー・P・ホールさん) http://amzn.to/1jVaHKq

これはなかなかすごい本で、洋書ですがアメリカ大陸を魔道師の種族が3000年前に発見して未来のためにセッティングしてたというお話です。どれだけ魔道師はこの世界の秘密を古代から知り尽くしてたかよくわかる本です。

他にもすごい本は何冊もあるのですが、この辺で。

すみません、話にまとまりがなくて。

魔龍さんにはご案内したいネタが沢山ありすぎてたまらないのです。たとえば東電幹部の奥様所有のマンションでグリモワール系の悪魔喚起儀式やったような痕跡のお話や。

デービッド・アイクの思想の背後がカバラ魔術とかいう話http://feidempire.blog71.fc2.com/blog-entry-491.htmlなどもご案内したいネタですう。アイクを教育したベティ・シャイン女史が秘密結社のエージェントなのでしょうね。

魔龍さんの、アイク=魔道師説は裏が取れたと思います。

まあこんな感じでまとまりがありませんでしたが、コメントさせていただきました。いつも取り上げていただき感謝。

またブログの記事できたらお知らせいたしまーす。

チャネラーの知識が魔法結社の話

ここにコメントするのは場違いですが、チャネラーの話の元ネタが魔法結社でって話、大当たりですよ!

日本では大本教派生の和風キリスト教やそういう秘密結社が作った宗教が沢山あるんですが、その思想のコアな部分は魔法結社の知識であるヘルメス思想ですよ。サンプルはうちの親の宗教。

チャネラーのみならず宗教家もおんなじですね。しかしそういった粗悪な宗教やチャネラーの言説聞いてると、内容がテンプレで飽きますわ(笑)

それに気がつかないバカ信者ばかりでうはうはでしょうねwww

おっと話変わって

同じくスレイヤーズと同じ角川系列の富士見書房から出ている小説で「魔術士オーフェン」という小説があるのですが、この作品は魔法使えるのは天人(旧約聖書のネフェリムみたいなものか?)の血を引いた人しか使えないって話なんですが、色々ネタバレあるかもです。

やつら悪の魔道師のお仕事のひとつは宗教を捏造する事ですから、それにしがみつきながら陰謀論とかちゃんちゃらおかしいです。

また面白いネタの作品がありましたら紹介いたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ブログ 過去の最低帝国を審神者していただきたく候

過去の最低帝国さんについて

個人的には頑張って欲しいブログなので叩くわけにもゆきません。
もちろん、論理展開や結論は当ブログと一致せず、突っ込み所は満載です。知識はなかなかある方と判断しました。
該当記事は当ブログが誕生する以前の記事です。
先方の管理人は当ブログの読者なので、多少は影響を受け、見解も変わっている物と考えています。

一年前の記事ですが、読んで見たら納得の行くことがありましたのでコメントさせて戴きます

魔竜さんはハンター×ハンターをご存知でしょうか

そのアニメの1シーンで(漫画ではありません。アニメです)、主人公であるゴンが急激に大人になるシーンがあります(この作品の屈指の明シーンです)


急激に強くなった主人公に「外へ出ろ」と誘われて後ろからついていく敵の獣人(猫の獣人です)が、主人公についていく時に不意討ちをかまそうとタイミングを図るシーンがあります

そのタイミングを図るシーンは獣人の瞳のアップ(当然左目)になり、なんと殺気が高まるにつれて瞳孔が縦に変化するのです

これは、「猫が獲物を捉える時の瞳孔の変化」を表現したものと思われますが、通常猫科の動物が獲物を追跡する際の瞳孔は「縦に割けるのではなく、丸く拡大する」のが正しいです
当方猫をずっと飼っておりますので良く存じております
つまり、アニメのシーンは「全くの逆」ということになります

作画監督が猫の獣人を描く際に猫の資料を見ないなどということはないはずです
しかも少し考えれば光をより集約するために瞳孔は拡大すると考えるのが普通です

これは何らかの意図があってやったものか、凶暴化=爬虫類人化という潜在意識につられた可能性がありそうですね

しかも絵的になんら不自然さがありません
人々の潜在意識に「瞳孔が縦に割れる=本性の発露」というものがあるからだと思います

日頃猫と遊んでいる者にしかあのシーンの不自然さに気付いた者はいないのではと思います


以上長文失礼しました
リンク
月齢
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人と引き合わせる事のないようにお願いします(お子さんなどはO.K.)

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
本物の魔道書
魔法は存在するからこそ、この価格に
最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。相談は承りますが、意見メールは特に不要です。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
放射能が除去できる空気清浄機
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  3ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運