ブランドとは魔術~自信を身に付ける魔法のアイテム

以前に一度紹介した小夏さんのブログだが、ブランドの話があったので疑問に答えたい。ブランドバッグでどうしてステータスが測れるのかという話だ。当記事では、高級ブランドの事をブランドという用語で進めてゆく。

ブランドというのは魔法なので、本質の価値以上に見せる術と言える。本質以上に他人には見えるのだから、本質よりも実効を選択する事は馬鹿げた事ではない。

次に、ブランド品には物作りにこだわりがあり、丈夫だったり長持ちする。3000円の適当なバッグをあまりの気が進まないまま安いという理由で1年で壊したり飽きるよりも、5万円のブランドバッグを気持ちも充実したまま壊れずに10年使った方が値打ちというわけだ。別にブランド品との比較に限らず、安物の服とか靴・靴下は、「やっぱり安物だった」と頭に来て捨てる事もある。ズボンとか腕時計みたいなのが安物だと、満足しないまま、あるいはほとんど使わないまま10年も付き合う事になるのだ。

車でも似たような事になる。500万円のベンツならば、10年経ってもベンツだ。しかし、200万円の車ならば、多くの場合1年で飽きる。200万円という事は、車に対して最低限のこだわりがある人の予算だ。食べ物でも同じ事が起きる。価格が安い理由でまずーい食べ物とか、危険で安い食べ物を食うよりも、シッカリとした予算で、ちゃんとした物を食った方が充実できる。筆者としては外食は推奨しない(接待されたり、奢ってもらう物だと思っている)のだが、寿司なんかは1皿なんでも100円の所はクズで、行ったら損をした気分になるし、1皿平均400円くらいの店は行った甲斐を感じられるはずだ。なお、1皿なんでも100円の店にしか行っていない人は、ちゃんと食べ比べてから評して貰いたい。

お金持ちは上等な品を買う事が通常だが、無駄な事には使わない傾向にあるから金持ちなのだ。庶民こそが、くだらない事でお金を使うのだ。そう考えると、ブランドは無意味なマヤカシではなく、意味のある魔法だと把握できる事だろう。もちろん、ブランドではなく、別の有効分野にお金を使う金持ちもいる。

庶民は不満足で飽きやすく壊れやすい物を使う傾向にあり、金持ちは満足しながら壊れにくい物を使う。となると、ブランドバッグは物を入れる物というだけではなく、ステータスを示す物となり得る。別に庶民が無理をして買う物ではないとはいえ、その価値を理解したならば身近にし、自分のステージアップに活用する事も可能だ。どうしてブランドなのか理解しないまま、高額なお金を出すのは良くない。ただ、使ってみれば、普通の代物とは違う事が把握できるので、完全に無駄というわけではない。使ってもいない時点で、「ブランド品に騙される奴は愚か」なんて評価を下してはいけない。別にブランド品は、「安物と同じなのに、値段だけ高い」というわけではないのだ。もちろん、付加価値は大きく、物としての用途だけを考えると割高に思える事だろう。

一方、庶民の場合、自信の無い人がブランド品を身に着けるという話もある。自信が身に付くならば、むしろ意味のある行為だ。どこの世の中に、自分に自信を授けてくれる魔法のアイテムがあるのか? ブランド品というのが実はあったのだ。自信こそが、魔法の原動力の1つ。ブランドに払うお金すら安く思える。「ブランド品無しで自信の無い人」と「ブランド品によって自信を得た人」を比較した場合の話であって、最終的にはアイテム無しで自信は確保したい所だ。「身に着けても自信が付かないと思っている人」「価値を認識できない人(お金その物が好きな人)」のような場合には意味は無い。使いこなせない人には無効なのだ。同じく絵筆と絵の具を渡されても、センスによってキャンバスに描ける物は違う。道具だからだ。ブランド品も同様で、その人が使いこなせるかに尽きる。

自信の増幅が基本であって、自信がゼロの人はブランドに近付く事は難しい。なんだかんだで、ブランドを認めているので、自分にはふさわしくないとして拒絶するのだ。また、「イケメン、美女などで、既に自信がある人」など、自信のゲージが満タンの人も効果が無い。ブランドは無くても自信満々なわけで。通常はある程度の自信はあるがバランスが悪く、現実に満足していない人に有効だ。例えば、「仕事はできるし、大卒に負けない役職。それなりに年下の大卒美女を嫁に貰ったけど高卒のコンプレックスがある」のような人など、ある程度の何かを有し、理想的な状況とのギャップを埋める何かがある人だ。ちなみに、筆者に取っては以前の知人の話となる。以前の筆者の場合には、国立大卒で年収も1000万円超えだったのに彼女がいない(出会いの場にすら行けない)という心の隙間を埋める必要があった。余談となるが、一時的だが年収2000万円になったら、ようやく彼女はできた(爆) まあ、そんな年には税金は一般サラリーマンの年収くらい取られるので、税を奪われる立場ではなく、受け取る立場というのに興味が大きくなった。余談が続くが、高収入者には寄ってくる女が金目当てかどうかを吟味する性格の人が多数派だ。筆者の以前の彼女は彼氏を作る事その物が目的の大半だと判断したので付き合った(年収の話はせず、平凡だけど賢いサラリーマンという立場を演じていた)。その話より後の時期だが、「海外旅行が好きなのでスポンサーを探している」と語り出した女とは、二度と会っていない。身体の関係ならば、恐らく実現しただろう。自分が金銭を負担する欧州旅行とかで(爆) ちなみに、筆者の理想の女性は、ブランドが無くても人格を維持できるか、ブランド品など余裕で買えるくらい稼げる理力を持っている人だ。ブランド品を筆者に買わせようとする女には興味は無い(笑) もちろん、筆者が余裕で買って上げられるように、筆者を儲けさせてくれる自信やパワーを与えられる女性ならば別だが。

高級ブランド品はお金を生まないから無駄という意見もあるが、お金よりももっと大事な自信を生むならば、それ以上の物は不要だ。そして、自信こそがビジネスでパワーを発揮する根源とも言え、間接的にはお金を生むと言える。なお、自信の器というのがあり、足りない分を補う事はできるし、アイテムではある程度は器も大きくできる。しかし、器を溢れるブランドは過剰となる。いくら高級車で自信を高めたくて、貯金が2500万円あっても、2500万円の超高級車のベントレーを買うのでは器から溢れてお金は無駄になってしまうのだ。10万や20万のバッグやスーツ、50万の腕時計で溢れる事は無いという意味で語っている。


魔導師になれば、魔導師がブランドを生み出している事を把握できるので、無碍に無駄金だと判断する事は無い。ブランドを極度に嫌っている人は、その原因がどこにあるのか自己分析して貰いたい。

関連した話で独立した記事にするまでもないのでここで語る。ドラマにもなった「女帝~スーパークイーン」の原作漫画を読んだ事がある。コミックを持っており、ストーリーはほぼ把握している。繁華街の高級クラブの話だ。

筆者はそれなりのクラブに歓迎会みたいなので行った事がある程度で、あくまで漫画を読んで考察した話となる。年収2000万円程度では、銀座のクラブみたいな場所に通う水準ではないのだ。

特に銀座やキタ(梅田)にあるような高級クラブという場所は、座るだけで1人5万円、適当な酒を飲んで飲んで1人5万円のような場所だ。接待などで使われるが、何の取り柄も無い人が通うような場所ではない。いつの時代が全盛期かは知らないが、京都の祇園にも似た傾向があり、紹介がない限り、誰でも出入りできる場所ではないのだ。

クラブという場所には性的な何かを求めにゆくわけではない。お触りとか脱ぐとか、変な事は一切無い。しかしながら、ホステス目的に通う事が通常となる。ホステスは別に若い娘ばかりではない。高級クラブになれば、ホステスに容姿は要求されるといった具合だ。そして、それ以上に客の話題に合わせる能力などが必要となる。一流の男に話を合わせられるなんて、並大抵の女には勤まらない。

さて、実は高級クラブや祇園というのも、ステータスを示すブランドなのだ。そこに出入りする男達は、各ジャンルでのトップレベルの人達ばかり。そんな場所に通えるようになった事で、男は自分の地位を自覚する。つまり、大きな自信を維持する事ができるというわけだ。

別に性的満足が得られるわけでもないので、スケールの小さい人や、女性にはお金を払う事がまるで理解できないだろうが、自信を維持するブランドと考えれば少しは理解できる事だろう。

女帝が元祖で東京・銀座の話、花舞は女帝の娘で京都・祇園の話。文庫版は買わない事! 実は完結せずに販売を打ち切られている。

ブランドでどうしてステータスが測れるのか? 何かステータスを測る物として、ブランド品やクラブ・祇園などを設定したからというのが答えだ。設定されている以上は効果を発揮する。そんな道理だ。自分のステージを確認する意味で、ブランドは重要となる場合があるのだ。ブランドとか高級クラブがなぜ高いか? 大衆(現実をコントロールできない非魔導師)が接しては困るからなのだ。

なお、装飾としては存在その物が天然のブランドと言える金銀プラチナを、筆者はお奨めしたい。宝石というのもあるのだが、品質に差があり、価値を見極めるのが貴金属よりも遥かに難しく、相当な知識が必要となるし、ミスも発生しやすいので。


本日は趣向を変えた話にした。昨日の記事は、どちらかというと受けていない部類の拍手数だ。あの話で納得しない人が当ブログを訪問しているだなんて、いったい何を読むために皆さんが訪問しているのか分からない。とは言いつつ、大摩邇の元気丸さんは採用して下さったし、ライトさんも声援を下さった。まあ、昨日の記事は、衝撃的過ぎて、拍手ボタンを押すのを忘れてしまったのだろう。うーん、きっと、ゲーム・アニメの話をすれば、忘れないでクリックするんだっ☆ 漫画ギルガメッシュ(レトロ)やアニメ魔法少女まどマギ(マニア)、SFオンラインゲーム(最先端)の続報は、その内という事で。

関連記事
お金を得たければイイ財布を買え、魔力がアップする
関連記事

テーマ : 有名ブランド・バック・小物
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

どうも小夏です

どうも小夏です。とりあげていただきありがとうございます。
そうですかそこに反応されましたか。ふっふっ。

Re: どうも小夏です

小夏さん、こんにちは。ブログを周回している時に、小夏さんのブログで疑問で終わっている記事があったので話題にしました。皇室が(プレゼントされた)ブランド品を身に着けている事もあり、彼らがそんな無意味な事をするはずもないという観点でも、高級ブランドには価値があるという判断です。

以前の「貴族は元から貴族」という話は、言われてみて再確認しました。アイクの本を読めば書いてあるというものの、その視点は弱かったというわけです。

ということは?

ナインティナインの番組のワンコーナー「ゴチになります!」で
大御所や旬の参加芸能人のお財布チェックの時なんかが参考になるかも知れませんね。
あと王室御用達の~なんて言う品物は真似すると良い事があるかもですね。

No title

世の中、上を目指すと終わりがないよね。どうしてみんな、ほどほどに生きられないのか?
みのもんたも、銀座で飲み歩いてたらしいけど、最後は無様だよね。
息子は窃盗するし、過去の素行の悪さもネットでばらされるし。
大金叩いて、銀座のホステス相手しても、ホステスも嫌がってたんだろうね。ホステスの悪意をもろに受けて、自爆したのかもね。
一番は、人に恨みを買わないで贅沢に生きるのがベストだと思う。
ベンツの重量調べたら、2000kg。価格が500万とすると、
1kgあたり、2500円(以外に安い。計算あってますよね?)
私の使ってる、シマノの竿は、100gで5万。
自転車もチェーンがない特別仕様で20kgで6万。
そう考えると、ベンツは大したことはない。
ブログ主の金箔を食する行為ほど、贅沢なものはない。
ベンツもある程度、高級な住宅街で乗らないと、危険だと思う。
世の中は、ベンツ=金持ちって考えだから、まず空き巣に狙われる。
あと、近所の妬み。
妬み、恨みほど怖いものはないと思う。
多分、邪悪なオーラでベンツが壊れるんじゃないかな?それで、ブレーキが利かなくなって。お釈迦になる。自分自身も大怪我して、近所の人は大満足。まあ、そういうオチだと思う。
だから、1億近辺以上の住宅街で乗らないと厳しいと思う。(経験上)
逆に、高級住宅街で高級車を買わないと、これまた変人扱いされる。
人付き合いは難しいね。
『世にも奇妙な物語』の後続番組の『ifもしも』って番組でもそういうのがあった。6.噂好きの団地・引越のあいさつは安物か高級品か
この話のオチはどっちもバッドエンド。
安物だと、こんなものと言われ、高級品だと、お高いと言われ、結局引っ越してしまった。

No title

思い出した。
イルミナティカードにコシミズがいた。
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4327749.html
凄い、的中率。
作った人は、預言者だね。

No title

魔龍さん、ブランドの物ハンカチもこの記事と同じような効果がえられるのでしょうか?手に使うものなので何か魔力が得ることが出来るかなと思いました。
後、関係ない話ですがff9のラスボス曲をすべてアカペラ
で作成した動画がニコニコにあります。(pupiさんという方が歌ったものでFinal Fantasy 9 『最後の闘い』全部俺の声という動画です)
その曲を聴きながら魔法入門を読むとスラスラ読めました。ff9の植松伸夫さんも動画を見たみたいです。
リンク
月齢
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人と引き合わせる事のないようにお願いします(お子さんなどはO.K.)

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
本物の魔道書
魔法は存在するからこそ、この価格に
最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。相談は承りますが、意見メールは特に不要です。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
放射能が除去できる空気清浄機
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  3ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運