陰謀論やスピリチュアルに嘘が蔓延している理由

陰謀論を追求しても、ベンジャミンのように、「陰謀団が次々と逮捕され、お金が配布される(だけど電子通貨を100万円程度ね)」のような馬鹿げた思想に誘導される。一方、精神世界を追求しても、何一つ能力は身に付かず「2012年末完全アセンション、3次元地球は無くなる」「今年の夏に金融のリセットと貨幣経済崩壊、宇宙人主導で電子通貨のお金が配布される」のような戯言に誘導される。

一体、どうなっているのだろうか? 陰謀団の力は本当に弱くなっているのだろうか? 宇宙人などいるはずがなく、オカルトは大富豪による陰謀なのだろうか?

さて、どこに謎を解く鍵があるのか? 実は地球は古代の時点で、意地悪な宇宙人によって支配されてしまっている。よって、科学という偽りによって、宇宙人がいないとか、来られないとかいう嘘を真実かのように植えつけられるのだ。陰謀論で止まってしまう理由は、実は宇宙人こそが決め手だという事に気づけないからだ。異次元からのメッセージの内容が素晴らしい・凄い理由は、本当に宇宙人がいるからなのだが、意地悪な宇宙人からのメッセージもたくさんあるからこそ、嘘をつかれてしまうというわけだ。

現状を説明すると、意地悪な宇宙人が健在だからこそ、陰謀団のパワーが弱ったとか、宇宙人は陰謀だから存在しないかのような嘘が「陰謀論やスピリチュアルで真実に目覚めたつもりの大衆」に降り掛かってきて騙されるという事になる。

世界の支配層は異次元の存在を崇拝している。儀式も実施している。科学で説明しようとすると、まるで理解不能となる。だって、存在しない存在を崇拝するなんて変じゃないか。しかし、ここで科学というのは大富豪が大衆に偽りの世界を信じさせるトリックだと考えると解けるのだ。

支配者たちは万有引力・相対性理論など信じていないという話が次の本にある。筆者としては、あまり信用していない人の本なのだが、説明の過程では真実も含まれるのでピックアップした。

「大富豪は進化論など信じていない、西洋医学を信じていない」という話を筆者が付け加えたい。科学というのは、大衆に偽りの世界観を植え付ける魔法というわけだ。どのブログ情報か忘れたが、米国大富豪の総帥の主治医は、白魔術師のようなヒーラーという話だ。大衆を支配するために設定している医学など、自分に適用するはずがないというわけだ。なお、以前に述べたよう、真実の治療でもキッチリお金も取られるし、施術師(ヒーラー)の能力の見極めは困難だし、適正価格が曖昧だったり、保険などが効かない理由によって、むしろ大金が必要になる。

昨日の記事の続きだが、オリンピックで東京の物件価格が上がっているという演出もあるが、要するに値崩れしているので、不動産業界がオリンピックを誘致する勢力に加わったという状況ではなかろうか。
近畿圏が世界の中心になるという話だったが、東大、早慶の西日本からの志望者が減っているそうだ。東大離れという言葉で説明しているが、放射能が原因だ。京都大にはほとんど変化が無い。

学歴なんてのは、偽りの知識を詰め込むテクニックの判定に過ぎず、奴隷労働者の知能を測るツールでしかなかった。それを知ったホリエモンは慌てて東大をやめ、ビル・ゲイツはハーバードをやめた。

筆者はずっと気づけず、「割りといい大学を出たのに、なんで他に才能のある人がたくさんいるんだろ? 年収も平凡過ぎるし……」のように思っていたが、魔法結社などでホルスの目が開く事こそが全てで、他は奴隷という事に気づくまでが長かった。

クリエーターに対しては、色々とネタを考えつくので凄いと思っていたが、普通の人の脳が3%しか使われていないとして、ホルスの目により5%超を使うようになったから、常人が太刀打ちできないだけの話だったのだ。誰もが能力を開発すれば、現時点でトップレベルのような人は、即座に凡庸の才能に落ちぶれるというわけだ。だからこそ、秘密結社などの教義は秘密なのだ。存在が秘密なのではないので誤解しないようにしよう。結社のテンプルでさえテレビ番組に公開されるくらいなのだから。(やりすぎ都市伝説という番組)

話を戻し、陰謀論やスピリチュアルに嘘が蔓延している理由、既に述べたよう、意地悪な宇宙人が地球を支配しているからというわけだ。

陰謀論系で、そこまで話している人の代表としては、デーヴィッド・アイクがいる。

爬虫類人というのが信用できず、デマだと考える人もいる。一方では、口に出さないだけで、ある割合の人が、アイクの話こそが真実だと考えている。そうしないと、説明の付かない事が多過ぎるのだ。例えば、サルがヒトへ進化する論に矛盾がある理由の説明は、アイクや当ブログ筆者の話に準じる解説以外では成立しないのだ。

ちなみに、米国大富豪総帥の若い頃とアイクの顔が似ているという話もある。つまり、アイクは彼らを裏切ったインサイダーというわけだ。主張が真実に近い理由は、アイク自体が元々は闇の血筋だからなのだ。筆者の想像では、労働者階級の家に生まれ理不尽な暮らしをさせられ、血筋によって結社に誘われたはいいが、下っ端で戒律があり、耐えられずに暴露といった所だろう。

地球周辺では意地悪な宇宙人が主体だが、マシな勢力もあり、「我々爬虫類人が支配者である事には変わりないが、家畜大衆を必要以上に苦しめたり、偽りの情報で騙すのは気が進まない」といった感じで真実の情報も流れると考えられる。

ゼイリブという映画では、エイリアンの支配の手法まで暴露しており、その事が知れ渡ったためにプレミア価格となっている。欠点もあり、必要性に薄い殴り合いが長時間続いたり、救いようのない終わり方をする。疑念を持った考え方をするならば、奴隷大衆に対して「お前ら奴隷は、これを真実だと気付く事ができまい。せいぜい架空の物語だと思って、映画を見た後はいつものように奴隷労働に励め」という気持ちで作られているという話になる。しかしながら、真実だとばれて汗汗という感じだ。監督はジョン・カーペンターとなる。

ゼイリブより、仕事をしたりしなかったりの労働者階級の黒人による台詞。
「スタートはみんな一緒、みんなが同時に努力するんだ」
そして白人の主人公
「働きながらチャンスを待っている。俺はアメリカを信じている。」
これが大衆、高学歴者も含めた奴隷に共通する思想なのだ。そんなもんは嘘っぱちだと強調したい。
ゼイリブには他にも、会社で昇進するのがエイリアンで、同じ会社でも人間はなかなか昇進しないみたいなシーンがある。ヒロインは人間ながらもエイリアンに仕える者だった! 家族がいるという理由で、真実を知る事を拒絶する男……。エイリアン専用の地下通路が出てきたりと、知っていなくちゃ書けないストーリー。筆者によるゼイリブの日本語訳は「奴らはいる!」となる。

ついでに映画の話をすると、アイズワイドシャットでは、大富豪達や有名人、聖職の幹部などが裸になったり、仮面を着けて魔法の儀式をするシーンがある。手塚治虫の「ばるぼら」という漫画でもその儀式が描かれていた。人聞きの話だが、筆者の知り合いが海外にいた際の友達は、ある国の王子に仕える人なのだが、王子の別荘では同様のパーティがあったと主張している。ともかく、実際に行われている事というわけだ。パーティーではフリーセックスだと考えられる。そういうのが嫌いな人もいるだろうが、世の中で成功している人がフリーセックスという事は、むしろホルスの目を開く鍵となる事は間違いない。性魔術という奴だ。大衆に性魔術を嫌わせる事こそが、大衆を成功から遠ざけるテクニックだ(性魔術をある程度マスターする事こそが成功の秘訣だ)。大衆には結婚制度や、浮気はいけないかのような道徳を植え付け、覚醒から遠ざけているというのが筆者の説だ。なお、フリーセックスといっても有閑者同士でするのではなく、ミスコンなどで優勝した美人や鍛えられた男などのスタッフが対応する。

デーヴィッド・アイクがフリーセックスという噂もあるが、嫌う必要は一切無い。フリーセックスを理由でアイクを批判したエハン・デラヴィなんか、「2012年末完全アセンション」を騙る大嘘つきに過ぎなかったのだし。基本的にフリーセックスを(仕事ではなく心から)否定する人は成功者ではない。もちろん、性的に愉しんだ経験も少ない人だ。ちなみに、ネット工作員は多くの場合、アイクの説を否定する。「否定している有名ブロガーとかは工作員」と考えてもいいくらいだ。もちろん、単に迷走しているブロガーが否定する場合もある。

次の本はアイクが全裸の表紙となっている。大事な部分は隠されてしまったが。むしろ、このような行動をする事こそが本物である証だ。タブーの領域にこそ、根深い偽りがあるのだ。彼が工作員だったら、脱ぐ必要までは無い(笑) むしろ信用を落とす行為になりかねないわけで。

アイク説では、元々真実に目覚める素質のある人しか目覚める事ができないというわけで、万人向けでない事が短所と言える。「人間はホモ・サピエンスのみ」「セックスは忌み嫌うべき対象」と考えている人にとっては逆効果というわけだ。一旦、アイク説を拒絶してしまうと、「他に真実があるはずだ、オカルトは全て陰謀なんだ」のように迷走し、もはや真相に辿り着けない。「宇宙人はいるけれど、肉体を持つ宇宙人なんていないんだ」「神話伝承は全て異次元での出来事なんだ、異次元ならば龍や蛇神はいるんだ」「進化論は嘘だろうけど、宇宙人による地球人進化論(創造論)も嘘だ」のようなおかしな思想になる人もいる。

特定のパートナーでも、愛情を本当に深めれば覚醒の道はある。問題は、特定のパートナーすらいない人はどうするんだという話だ。

いずれにしても支配層は、知られたくない事、真実に繋がる事を貶めさせる傾向にある。セックスの他には、オカルト、オタクなどがある。
関連記事

テーマ : 考察
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんわ魔龍さん

米国にはヒーラー医師がいると聞いたことがあります。インデアンの占い師などが迷信だと映画などにより洗脳される自分のほうが馬鹿だったということですね。前に苫米地さんが洗脳を解くためには変性意識を書き換えないとダメだと本で書かれていてトライしましたが、いまから考えれば魔法の仕方をかいてくれてないわけですから。
大阪万博の時には、岡本太郎の太陽の塔の一つ目の魔法で大衆を動員できたのでしょうが、あれほどの巨大な一つ目でさえも、大衆には魔法が存在してるということさえも理解できなかった。それほど常識という教育で社会にかけられた魔法は強いということでしょうね。さらにいえば必至に働かないといけないという脅迫観念の魔法から逃れないといけませんね。頑張らないと、努力しないといけないという魔法ですね。
大阪万博の時の三菱未来館では三菱グループの総力を結集して地球改変計画を推進すると発表していました。多分当時すでにハープが実戦配備についていたようです。それ以後隠されました。思うに魔法企業臭い三菱はムーやアトランテスの時代からの技術を持って大衆を煙にまいてるということになります。

No title

アイズワイドシャットは好きな映画で何度も観ました。元々キューブリックファンで静謐な映像美の集大成的意味で好んでいたのですが、世の真実だったわけですね。

今思うに、この映画はキューブリックが消された!疑惑ゆえに秘密結社の暴露が第一のテーマかのように論じている人が多数いますが、実はニコール・キッドマンの最後のセリフ、「ふあつく」が殺されたにしても問題の核にあるような気がするのです。「ふあつく」とは向こうのスラングで、この糞が、的な意味合いもありますから秘密結社に向けて放ったメッセージとも一見とれるのですが、あの貸衣装屋のフリー
○ックス美少女の唐突なセリフ「このマントにしなさい」という言葉にあるように、せいこういは覚醒に至りますよ、というのが第一のメッセージのような気がするのです。あの少女は覚醒者として描かれていたと思います。

高い地位、高い収入にある主人公のトムクルーズが年に1回誘われるパーティ。一般的にはセレブと言われる地位にある彼でも周囲に見知った顔は誰もいない、超セレブなパーティです。その主催者が妻の目を盗みせいこういに明け暮れていた姿が垣間見えた。
医師として日常的に裸体に接している彼がきっかけを与えられ、事の本質をもう一度見つめ直したいと探索した物語、なのだと現在は思っています。

魔龍さん、いつも面白い記事をありがとうです。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

いつもありがとうございます

自分って何者?
この世界ってどうなってんの?
と思いながらずっといろんな情報に翻弄されてきました。
でも今はここで記事を読ませていただいてると
気持ちが納得して落ち着きます。世の中あまりにも嘘が多すぎます。
だけど、奴隷だったの私?と考えると
妙に納得します。これからはこの心の呪縛を解くことを考えながら
潜在意識に話しかけていこうと思います。

気づきをありがとうございます。

Re: いつもありがとうございます

花まる子さん、
個人的には「自分は奴隷なんだ」「宗教は陰謀」と気付く陰謀論で止まってしまう人が、一番精神的にきついと思います。何も知らない状態だったり、精神世界という心の支えがあれば、なんとかなります。
漸く真相に辿り着いたようで幸いです。

性義式シーン

まもりさん。
貸衣装屋の美少女には注目してませんでした。
会場に仮面の女が出てきたりと、実は誰が誰か把握できていません。
そもそも結社に所属している事自体が家族に秘密なのだから、パーティーも秘密でしょうね。
私としては、彼らを嫌うのではなく、見習いたいと考えています。それこそが奴隷脱出の手段です。

古代文明から探す

清太郎さん
宝くじや募金などは騙しですが、あまり話題にするつもりはありません。募金のようにお金を集める魔法を身に着ける方法があれば解説するというスタンスです。また、当選する宝くじを自分が受け取る立場になるためのブログです。

苫米地氏は魔法使いながらも、魔法を隠しながら脳を開発というスタンスです。大きなお金を取っているので、自分には関係ない人だと判断しています。

迷信と思われている事が真実。学会の主張が嘘というスタンスで物事を考えた方が手っ取り早いです。迷信の中にも意味無しがあり、学会の説の中にも真実があるというやり方でいいのです。

ムーやアトランティスについては研究したい所ですね。

現代の性の乱れがエイズ治療薬の販売に
貢献している

現世的な成功が何よりの願いなら性魔術などに頼り、欲に溺れ快楽に浸るのも悪いとは思いませんが。

真の霊的成長を第一の目標とし、自身を純粋で高貴なものへと近づけたいという希求こそ本当に魂が願っていることなのではないでしょうか。

その過程で自己実現も叶え、豊かさも手に入れればいいのでは?

こうなりたいという期待を諦め、自己を高めるため魔術を研究することこそが成功(現世的な)に繋がるのではないでしょうか。
リンク
月齢
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人と引き合わせる事のないようにお願いします(お子さんなどはO.K.)

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
本物の魔道書
魔法は存在するからこそ、この価格に
最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。相談は承りますが、意見メールは特に不要です。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
放射能が除去できる空気清浄機
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  3ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運