努力や才能で有名になるわけではない、決め手は魔術

本日は読者コメントより。コメントされた記事は「クリエーターがなぜか真実を知っている理由2」で、内容としては、成功者として知られている人は魔法を得たからこそ才能を発揮し、有名になれたという話だ。記事はあんまり受けていないようだが、あまりに核心を突き過ぎて読者が萎えちゃったかな? 余談がまずいとか。

日経新聞の最終ページに各界成功者の、文化勲章受章者達などを含めた人達の自叙伝が載ってたのです。で水木しげるさんも書いておられました。水木さんは、全然だめな自分だったし頑張らなくてもいいよ、というようなニアンスのことを言っておられて、成功した秘訣にしては変だなと想っていたものです。今から思えば片目の鬼太郎やら一つ目のお父さんなど、もろホルスの目ですね。これが成功した秘訣だったとは、それは日経では書けんでしょう。

タレントでもクリエータでもミュージシャンでもいいが、成功者・有名になった理由として、才能を想定したり、努力を挙げる大衆がいる。しかし、そんなもんは表向きのイメージであって、その成功者が才能を発揮し有名になれた理由は魔法(あるいは仙術や密教などの秘術の類い)こそが決め手だと語りたい。術が決め手なんだから、「頑張らなくていい」とか「元々の才能は不要」のように、人によってはかなり正直に語ってしまうというわけだ。ちなみに、水木漫画に登場する「百目」という妖怪も1つ目の重出で、同じ意味を強く持たせる。

鬼太郎とサンジが同じ髪型をしている理由が分からない人は、当ブログ読者にはいまい。

以前に某タレントグループが魔法陣の配置で並んでいるという記事に対して、筆者が述べた事がある。「何も知らずに魔法陣を描かされている」と考える事こそが、その人達に失礼だという話だ。ちゃんとタレントとかは魔術の意味を分かって陣を組んでいるという話だった。

この記事が詳しい。まあ、別にいちいち驚かなくても、「関わっていない業界があった!」の方が、余程に当ブログ読者にとっては驚きだろう(笑)

どこの業界も秘術を使っているからこそ成立しているのたがら、秘術と関係の無い業界を想定する事自体が愚盲といえる。ちなみに、多くの大衆はたとえ秘密結社の存在を信じていても、その結社で何が行われているかまでは想定できていない。想定しても「単なる社交クラブ」「何やら企んでいる」「大富豪の先兵部隊だ」「成功者が集まりに加わる」のように間違っているから、いちいち驚くというわけだ。 ちなみに、4番目は「集まりに加わったから成功者に」が正解だ。

唯物・陰謀論では秘密結社の存在は認識できるが、やっている事はまるで理解できないという結論となる。魔法なんて存在しないという科学を信じてしまっている時点で行き詰まる事は確定するのだ。科学こそが陰謀のツールとなる魔法なのだから。宗教原理主義・陰謀論では、魔法まで辿り着く事もあるが、「魔法なんて反キリストの所行だ(効果があると錯覚させるインチキだ)」のような結論なる。聖書を信じてしまっている時点で行き詰まる事は確定するのだ。宗教こそが陰謀のツールとなる魔法なのだから。

「オーナーは結社に関わっているけど、本人達は無関係だ」という砦も崩しておきたい。だいたい、既存の業界や新たな業界を任せる相手に「才能」という曖昧で測りにくい要素だけで大金を投じるはずも無いではないか。ちゃんと魔法を伝授したからこそ、タレントやクリエーターとして活躍の場を設定しているのだ。ゲーム業界の黎明期に、実にくだらないゲームへ既に魔法のシンボルが埋め込まれていた話は以前の記事で語った。

デビュー当時の鳥山明の担当者は、鳥山明を鍛えてから漫画家として連載を始めさせている。何を鍛えて貰ったのか、皆目、見当が付かない人は、当ブログの記事を読み進めて貰いたい。
手塚治虫「ちょっと上手過ぎるよね」「彼は僕の後継者」……鳥山明について語ったメッセージ。

手塚治虫の「ばるぼら」という漫画より。主人公の小説家のセリフ。
たとえ悪魔に魂を売り渡しても、俺は芸術を創造する。
手塚氏が自分の事を言っていると思ったのは筆者だけではないはずだ。

ばるぼらでは、金持ち集団による、仮面をした怪しげな会合を描いている。また、一つ目だらけのコマがある。

ホリエモンの師匠にしても、弟子が魔術師になる事が確定したからこそ大金を支援する事ができたのだ。ホリエモンにしても、魔法を得たからこそ自信を持つ事ができ。東大の学歴が無意味と判断して東大をやめる方向になったわけだ。言いたいのは、有名になるために努力して有名になった人もいるが、そこまで自分を信じて努力できた理由というのは、魔法によって皆が有名になっている真実を知らされ、自分が既に魔法結社などに入会したからできる努力なのだ。

玉蔵氏のブログで紹介されていた有数の実業家の話で、実名は忘れてしまったが、「事業を成功させるのに努力なんて一切不要」みたいな主張をしている人がいた。要するに、魔法を使えば努力なんて要らんと言うわけだ。まあ、魔法を使うための努力や勉強は要るだろう。ただ、それもその内に魔法でなんとかなる(笑) そもそも、成功が約束されている努力なのだから、傍目程にはつらくないのだ。

同じ読者のコメントとなり、漫画アニメ業界の黎明期グループのネタが月人や爬虫類人ばかりという話もしてくださった。

手塚さんの「三つ目がとおる」という作品がありました。額に第三の目がある子供の話です。その目が開いてる時は世の中の実相が見えるのです。かつ超能力を使える超人となるわけでしてお釈迦様の額の目のようなものです。目が閉じてれば只の子供に戻ります。今考えるとあれは手塚さん自身のことだったのかもしれませんね。手塚さんは何時も帽子を被られていましたから、帽子を脱いだ時はチャクラが開いていたのかもしれない。

石森さんの幻魔大戦も宇宙を支配して破壊する幻魔というのはトカゲでした。妖術を使う幻魔が地球征服をするのを地球の超能力者達が防衛するという話しでしたが、オチはその地球の超能力者たちも古代に地球人に胤(たね)をつけた幻魔の子孫だったという話でした。宇宙からは幻魔大王の万能の目が何時も地球人を見張ってるという、月人やホルスの目のような話でした。


魔法というのは大衆から隠されている真の知識という意味も持つ。爬虫類的な異星人は実在するというのが地球周辺の真実なのだ。古来は悪魔や妖怪、そして神と呼ばれていた存在だ。


記事の趣旨を再確認したいが、「教えられた知識が元ネタの中心となる理由は、魔術の紋章を入れている事で証明できる」という点を基盤にしている。神話伝承を元にしたのではなく、結社によって神話伝承に注目するようになったという流れだと言いたいわけだ。みんなが神話伝承をネタ元にしているのならば、誰一人として魔術の紋章は入れないわけで。そもそも、神話伝承は事実を元に作られているんだし。
たとえ、神話伝承などにネタがあっても、理解できない事は自分の創作物に記せないという話は「クリエーターがなぜか真実を知っている理由2」で実施している。その記事では「現代物の取るに足りないストーリーを作ってた人が、突然、龍や地底や超能力の話をし出した」という話で説を強化している。

もちろん、魔法結社から習った知識以外も、物語に組み込む事になるだろうが、「ほら、だからあの人は、自分で調査して作品を作っている(だから魔法結社員ではない)」という話になるわけではないのだ。

米宇宙軍に入れば、本当の人類の歴史、地球の本当の歴史、宇宙の実相などを再教育されるそうだ。それって、一般人に伝えている事とは別に本当の知識があるって意味だ。一般人に伝わってこないという事は秘密主義、各業界の先導者となる人が真実を知る秘密結社があるって事を意味する。有名クリエーターが独自に調査し、真実に辿り着くという妄想は捨てて欲しい。独自に辿り着く人がいても、有名プロの中には割合としては少なく、そもそも結社のコネでないと有名になる事はできない。例えば無名のライターである筆者が該当する。

以前に当ブログで次のような話をした。
HUNTER×HUNTERや幽遊白書の冨樫義博氏の人生の変わり様は凄い。借金だらけでドエロのオカルト漫画を描いていたのに、後にヒットしまくり、しかもセーラームーンの作者を嫁さんに貰うなど、まさに魔法使いだ。ブログ筆者も、嫁さんを貰うならば魔法使いに限る。奥様は魔女!

冨樫義博氏の初期の漫画は持っているので作者本人の言葉を目にしている。漫画家になった理由は、「楽して儲かりそうだったから」だった。実際にはきつかったわけだが、きつくて儲からない仕事だって無数にあるわけで。とにかく、彼のそのような動機でも魔法使いになれば才能を発揮できるというわけだ。冨樫義博氏はお金持ちになった後は、仕事をさぼる日々が続いている。さぼるというより、漫画を描く動機が無いので、机に向かうと気分が悪くなるだけというわけだ。「好きだから努力でき成功した」という言葉は好きだが、反例がある事を隠すわけにもゆかないので冨樫義博氏の話をした。

「てんで性悪キューピッド」は魔法陣から悪魔娘が出現する所から始まる。宇宙人が出てきたり、吸血鬼が出てきたりと、てんやわんや。

関連記事
魔法によって突然、花開いたシナリオライター

お金で好きな事ができるのではなく、好きだからお金になる……反例とも言えるが、嫌いな事をやっているよりは魔法の世界に行きやすいはず
関連記事

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

実によい記事であります

こんばんは。いつも面白い記事ありがとうございます。
このブログの筆者様とは見解が95%同意です。
残り5%は、クリエーターが死の淵を目撃し、
その最終的な現実に追い込まれた結果、
ひとによっては、
魔法結社員の魔術師との出会いがあり、
魔法結社への勧誘があり。
もしかしたら、悪戦苦闘の命がけの試行錯誤の結果、
アカシックレコード、サイコスフィアに、
チャクラが開いた結果つながり、創作能力が
爆発的に開花してしまったのかも、という可能性が
残るからです。
当方の疑問は”なぜ”?絶対的に不利な条件で
地球に誕生してしまう存在と、その真逆の存在と、
ニュートラルというか、ある程度の可塑性と可能性が、
条件づけられている存在が、発生するのか?
というコトであります。いやはや実に面白い。
因果の関係軸が、
転倒している可能性も思索させていただき、刺激的で面白いであります。事実かどうかははっきりわかりませんが
世界三大投資家ジョージ・ソロスさんは、
母国ハンガリーから海外留学した先のロンドンで、
完璧な一文無しになったと、何かの本で読みました。
さいとうひとりさんは、自身が小学生の時に、
母親が毎年家や会社を、数十件建てたり、
企業として設立している事実を目撃して、
これは学校に通っている場合じゃないなと、
確信したと、著書で本人が語っています。
産まれついた条件や、制限が真逆の両者が、
共に大富豪として君臨している事実には、
何らかの超越的存在の可能性を、考えるのが、
正当な探究心だと思いました。
ありがとうございました。

No title

こんばんわ魔龍さん。自前の魔術を極めたいですね。

ずっと昔に爬虫類人とか超科学の驚くような実態の話をするブログがあったのです。直接に世界中に行って相当な人々から聞いてるということでした。牧師さんのようでした。その人が言うのには米宇宙軍に入れば本当の人類の歴史、地球の本当の歴史、宇宙の実相などを教育されるということでした。欧米の宇宙暴露系ブログにあることが真相として語られてました。ずっとあとになって高山さんが語られた爬虫類人の話しとそっくりだったのです。今になって思えば魔法結社に入ってレクチャーを受けたのが本当だったのでしょう。魔法は言われなかったですがアトランテスやムーの時代は超能力を使ったそうです。

今、近くの中小企業などの魔法のロゴ使用を調べてますが、これが殆ど使ってると仮定すると、道徳というものは騙しだったというよりも、人生観の崩壊を招き天下大乱でしょうか。勿論社会の大勢は当分は洗脳からは醒めないでしょうが。

Re: 実によい記事であります

ライトさん
人によってルートは異なれど、魔法に辿り着いたという点では同じでしょうね。
自力で開発した人だけが、後付けで有名結社に入会という感じで、結局は結社員になると思います。

宇宙局と中小ロゴ

宇宙局に入る際に再教育されるというわけですね。その教育機関が秘密結社という事ですか。
あまり小さい所だと、デザイナーにロゴをお任せなんて事もあるので、一概に結社員だとは言えないんですけどね。要するにデザイナー事務所のオーナーか結社員というわけです。

学問の学会について

清太郎さん
公開されている場所で、他のブロガーの深い噂はできません。
ただ、当ブログでは「東京へ引っ越したり、不自然に頻繁に通うような人は魔法結社員」のような話はしています。
黄金の夜明けに属しているならば、他の結社についての批判をブログで語ってもおかしくないですね。
私は当ブログで結社の具体的な名称は出さない方針です。

学会についての話は役に立ちそうです。私の洞察と全く同じなんですが、実際に科学に関わった人の言葉だと裏付けになるというわけです。

清太郎さんへ

他ブロガーに関するコメントは削除しておきました。
漫画の情報についてはありがたいので、また気付いた事があれば教えてください。

No title

だいぶ昔になりますが、米映画で物理学者が、脳に、ある波長の電磁波を当てて額の第三の目を活性化させる実験をしていました。実験は成功して第三の目によって異次元の生物が見えるようになってきたのです。さらに実験を進めた結果、電磁波の当て過ぎによって額から第三の目が飛びだしてしまい、それによって異次元と繋がり一つ目の怪物達が出てきてしまい、その怪物たちに食われてしまったという結末でした。今になって思えば4次元低層爬虫類を知ってる人が作ったかもしれません。この世の他の世界には簡単に通じているのかもしれない。

第三の目によって異次元の生物

清太郎さん、その映画では「第三の目によって異次元の生物が見えるようになってきた」というのが気になりました。私が常日頃思っている事と一致します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんわ魔龍さん

レイキの場合は師匠から伝授されたら、努力しなくても出来るようになるそうです。 親と一緒に生活することによって親からエネルギーをうけとっていろんなことができるようになるといわれますが、習い事でも師匠のエネルギーを受け取って自然と出来るようになるみたいですね。そうなると魔法でも独学ではエネルギーを受けとれないから難しいかもしれませんね。仕方を習うと同時に実現するエネルギーを受け取らないとダメかもしれませんね。

レイキ

レイキの噂としては、まともなレイキ使いは少ないそうです。
理解しない内にカリキュラム完了というのが要因だそうです。

ただ、レイキではないと思いますが、「今から渡すパワーで金を取るなよ」のような感じで、ハンドパワーを授かる人の話は聞いています。

No title

こんばんわ魔龍さん

レイキも鍼灸も大変みたいですね。

http://takehariy.seesaa.net/article/353203478.html

たとえば現在の境遇は前世のカルマの禊だとすると、境遇を改善するというのはカルマを否定することになりますから、反作用の報復が帰ってくるかもしれない時には、さてどうするかですよね。術をかけて気をすいとれば、いつかは魔界に落ちるというか、人を呪えば穴二つが宇宙の法則でもあるわけだし。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
リンク
月齢
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人と引き合わせる事のないようにお願いします(お子さんなどはO.K.)

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
本物の魔道書
魔法は存在するからこそ、この価格に
最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。相談は承りますが、意見メールは特に不要です。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
放射能が除去できる空気清浄機
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  3ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運