宇宙人を信じさせる陰謀は無い~月が人工物ではないと疑念を持つと人工物だという証拠を増やす

先日の記事では
月は多くの謎を抱え、科学者を悩ませている?
と称して、月は人工物で宇宙人が住んでいるという話をした。グーグルムーンで見つかった地下のへ入口、火星でも見つかった、アマチュアも建造物を見つけている、宇宙飛行士が都市の写真を撮ったなどの内容となる。

そんな中、懐疑派の人間から「グーグルムーンの画像が操作されている可能性があるはずだ」のように難癖を付ける人がいた。火星でも入口が見つかり、アマチュアの写真、飛行士の写真でも建造物が見つかっているのだから、グーグルムーンの画像をグーグルが修正した所で、効果範囲が狭過ぎる。

そもそも、グーグルムーンができる40年前から、月の建造物が写真に撮られたとか本になっているのだから、今さらグーグルムーンだけ直した所で無意味。また、月を見られる望遠鏡と写真機さえあれば、多くの人が発見可能だ。望遠鏡で実証するつもりが無い人は、発見したと語る人に任せておけばいい。

幾つも建造物が見つかっており、建造物全てを描き足し修正したとしたら深い問題といえる。つまり、科学や有数企業は信用できないという陰謀論の世界になる。となれば、科学・政府・マスコミ・有数企業は疑うべきという話になる。そんな社会に住んでいるのだとしたら、科学の語る常識である「月は岩の塊」という話自体に全く根拠が無い。

グーグルムーンの画像が操作されて建造物が描き足された可能性を追求するならば、その他の要素で大衆が偽られている可能性を追求する事になる。結局は月は人工物で地下があるという環境的な証拠を強くするのだ。

画像を操作するとしたら目的がある。その目的を次に考察してみよう。

1.月には宇宙人なんていないのに、いると信じさせる陰謀のため。 → 支配層にメリットが無い ※後述
2.月に宇宙人がいるからこそ、画像を操作する事でデタラメだと思い込ませて、大衆が信じないようにする陰謀のため。 → 支配層にメリットがある

画像に加工があろうと無かろうと、宇宙人はいるという真実には特に影響しない事になる。画像の修正を考慮するならば、建造物を描き足す方向ばかりを考えるのではなく、消す方向も考えねばならない。両方共に可能な事なので、「宇宙人はいない事を信じたいから描き足す事だけを考えた」という態度は却下だ。支配層のメリットを考えると、修正する必要があるとしたら、建造物を消す方向だ。

以前の記事でも語ったが、いる場合にいないと偽るメリットと、いない場合にいると偽るメリットを比較すると、とんでもなく差が出るという話をした。

宇宙人を信じさせる陰謀なんて無いという話は当ブログで何度も語った
「オカルト研究家が、金儲けのために」のようなくだらない理由にナサやグーグルは加担しない。「恐ろしい宇宙人を信じさせ、本当の支配層(皇族・欧州大富豪)から目を逸らせるため」という主張もあるが、宇宙人がいた場合にも宇宙人が脅威なのは同じだ。仮の話だが、宇宙人がいない場合には恐ろしくて、いた場合には安心ならば、「宇宙人で怖がらせるために話題にする」という主張にやっと意味が出る。また、宇宙人がいようといまいと、「大富豪は宇宙人の真実までも隠している悪い奴だ!」という話になり、大富豪から矛先は全く逸れない。更には、「宇宙人から秘法を授かって、それを独占する事で支配してやがったのか!」という話にもなり、ますます矛が強くなる。つまり、いようがいまいが、大衆には宇宙人(大富豪や教皇、皇帝に指示を出す存在)を信じてもらっては困るのだ。その結果、教科書では一切記されない。まあ、テレビのオカルト番組はあるが、いると確信した大衆を誤誘導するためには、その手の番組が必要となる。オカルトは無いと信じている人は、どうせその手の番組は見ないか、馬鹿にする目的で見るので大丈夫。また、視聴率が全ての世界で、秘密結社で真実を習ったプロデューサーの取る行動は「真実でもいいから可能な範囲で番組にする」だ。

画像が修正されているか否かの疑念を表した人がいるとして、その人が「修正の可能性を探る理由」を明確にしてもらわないと、最終的な回答が異なる。

グーグルムーンの画像が操作されているので、宇宙人はいないという主張をしたい人にはこうだ。グーグルムーンの他にもアマチュアや航海士の写真とか、クリスタルの話、月人とチャネリングした人からのメッセージがあるので、全て嘘という話にならないと、いないという結論にはならない。よって、グーグルムーンの可能性だけを得意げに語られても困ると返す。当記事の前半の話も突き付けたい。

次に「月人はいるけれど、その部分は捏造の可能性がある。例えば、その入口を発見した人の名前を売るためにグーグルが加工した」という話ならば、当ブログからは何も返さない。その人はたとえグーグルムーンがいかなる状況であれ、他の理由で月人を信じているわけで。月人を信じている人に対して、当ブログが何かを突き返す道理は無い。

月人の話に関連して、読者情報を追加。この前の記事では、FF4(1991年のゲーム)で「月人は、火星と木星との軌道の間にある惑星からやってきた」という話だった。しかし、その話に反応した読者によると、エロゲーム(当時の最大手から1990年発売)にも同じ設定があるという情報だった。この情報は検証済みで、FF4のネタはエロゲームのパクリという話になってしまう。パクリを実施するにしても、エロゲームからでは後々の評判に関わる。元ネタがエロゲーム界の最大手となれば、多くの人が知っているので、たまたま同じという言い訳は許されない。

エロゲームから設定をパクッたと言えば、進撃の巨人だ。これは作者が「済みませんパクリました」と公式の場で謝罪している程の認知度。指摘されたパクリ元は「マブラヴオルタネイティヴ」。プレステにも参入しており、エロシーンを削っても販売できる水準だと言える。また、コミックでも連載した。なお、筆者はゲームもコミックも深くは知らない。


だが、当ブログではパクリという認定ではない。魔法結社には、エロも含めてゲーム業界の社長や幹部が所属していて、その結社で習った真実だ。よって、たとえエロゲームが先でFF4や進撃の巨人が後でも、パクッたのではなく、元ネタは魔法結社にあるというわけだ。

遊戯王という漫画・アニメでは、兵器産業の2社が、こぞってゲーム業界に転身したという物語展開になる。戦争が無ければ、発展が見込める他の業界に参入する事になるわけだ。


ゲーム業界そのものに、大富豪や魔法使い達が君臨していると思ってもらいたい。そのグループに属せないゲームクリエーターが努力以上に儲かる事は無い。(たとえアマチュアやセミプロでも、ヒット作を出す人は実は魔法使いでしたというオチ)

当記事の纏めだが、「宇宙人を信じさせる陰謀は無い」を強調しておく。「宇宙人がいるからこそ、デタラメの宇宙人情報を捏造」はあるにしても。

そもそも「宇宙人を信じさせる陰謀」という言葉自体、宇宙人がいない前提になっており話にならない。

宇宙人からのメッセージと称して「もう爬虫類人の支配は終わり、5月に大金配布されます」のような大嘘が蔓延しており、宇宙人なんていないから外れるというより、宇宙人の存在そのものを信じないようにする陰謀と言える。

ちなみに、「宇宙人はいるけれど、肉体を持っていないんだ」という主張の人もいる。しかし、古代文献や現代の都市伝説では人間が物理的に食われているので肉体的。また、「肉体を持たない宇宙人がいる」と「宇宙人は肉体を持たない」では意味が違う。

関連記事
月は多くの謎を抱え、科学者を悩ませている?……FF4の話も

月は巨大機械! 大統領は魔女の支配下、その魔女は時空を超えた大魔女の支配下~ファイナルファンタジー8

ビートたけしの超常現象(秘)Xファイル 2013年……テレビでもオカルトな真実が部分的とはいえ語られる

宇宙人(地球に来ている)を拒絶する人をプロファイリング
宇宙人(地球に来ている)を拒絶する人をプロファイリング2

宇宙人を隠蔽したい勢力、オカルト分野で誤誘導する工作員

アイゼンハワー大統領の曾孫(ローラ・アイゼンハワー)が伝える異星人侵略……宇宙人がいた場合に隠すメリットの大きさを解説

漫画家には共有のネタ庫があって、そこからアイディアを取っている

大衆を騙す学説やオカルト否定説は、テーマ以外の事が一切成立しない……タイトルは抽象的だが、読めば傑作
大衆を騙す学説やオカルト否定説は、テーマ以外の事が一切成立しない2

テーマ : 宇宙人
ジャンル :

宇宙人(地球に来ている)を拒絶する人をプロファイリング2

宇宙人(地球に来ている)を拒絶する人をプロファイリング
の続きとなる。


1弾では
1.科学・公式見解を信じてしまっている
2.所属する宗教の教義(ドグマ)に宇宙人はいないと宣言されている
3.自分または家族が、宗教で大きく人生を損ない、オカルトアレルギーになった
4.実は信じているのだが、工作員なので拒絶している
を挙げた。

また、該当する人にアドバイスも記した。

5がある事に気付いたのでアップ

5.宇宙人の存在が神の否定になると思っている

スピリチュアルを追求しており、霊界からのメッセージなどを信望している人の中で、宇宙人からのメッセージを認識できない人がいる。そして、なぜか「宇宙人がいると、神を否定する事になる」と思い込む場合がある。霊界からのスピリチュアル・メッセージを読んでいたら、神そのものの存在を強く認識する。その上で、神の正体は宇宙人とだけ聞いてしまうと、「神の存在を否定するだなんて、宇宙人論者はけしからん!」のように拒絶する事になるわけだ。


宇宙人からのメッセージの大半は、宇宙には創造神がいて(創造の法則があり)、恒星や惑星、宇宙人を創造した。そして、宇宙人は色々な星に生命を誕生させ、その1つが地球。つまり、地球人は宇宙人によって造られた……という話だ。

全くもって、神の否定などしておらず、創造神がいるからこその宇宙人だ。なお、別の見方としては、神の正体が宇宙人だとして、宇宙人という神はいるという意味だ。「神がいないとでも言うつもりか?」という主張は難癖でしかないのだ。

対策だが、当ブログを読んだ時点で解決となる。「宇宙人が存在→神の存在否定」という連想が勘違いだったのだ。


この記事を書いた理由だが、地球に関わる宇宙人の話に対し、「神を否定している」のような勘違い者が現れるのを忘れていたのだ。当記事で示したが、宇宙人を語る人の大半は、宇宙人の上には大天使や邪神がいて、その上に宇宙創造の神という思考なので把握してもらいたい。

進化論を却下し、宇宙人遺伝子改造論を採用しつつ、創造論を棄却する理由
の記事にも記した。

宇宙人そのものの話ではないが、「あの論者はフリーメーソンだから信用できない」みたいな思考も勘違いだという話をする。まず、フリーメーソンの定義だが、1つの秘密結社の事を指すとする。秘密結社というのは、要するに魔法結社の事で、魔術結社というのは真実を教わる場所だ。よって、別にフリーメーソンだからといって、全員が嘘つきという事にはならない。もちろん、結社の方針に「非魔導師を制圧し搾取」という目的が無いとは言わないが、「秘密結社員=嘘つき集団」という図式は成立しない。「秘密結社員=魔道師」が成立するだけだ。陰謀の手先かどうかは、その人によると語っておく。一方、フリーメーソン以外にも、多くの魔法結社がある。黄金の夜明けに、バラ十字会に、スカルアンドボーンズに……。どうも、そういうのを総称してフリーメーソンとしている定義もあるが、たとえ総称だとしても魔法使いという概念を把握して思考してもらいたい。なお、論者が総称で話を進めているのに、創立年月日とか支部の場所などが登場したら、デタラメ確定となる。


霊界スピリチュアル系の人に関し、爬虫類人に対する思考で面白い情報を読んだ。爬虫類人なんてと鼻で笑っていた人が、自分の師匠みたいな人から爬虫類人の話をされた途端に、コロッと半分は信じるようになったという展開だった。霊界は認めても、宇宙人について認めていない人は、「SETI(科学による探査プロジェクト)を知らんのかっ」など、科学を使って得意げに宇宙人を否定していた。もちろん、当ブログに言わせれば「まだ見つかっていないという前提を押し付け、いないと思わせるためのインチキでしょ」となる。爬虫類人なんていないという思考は、格上の人からの話ならばコロッとなる程度の根拠の無い砂上にあるというわけだ。


霊界の話が出たので、当ブログにおける霊界の説を語ると、霊界を造ったのは地球人からエナジーを吸うため、死後の世界をも支配する邪悪な宇宙人。霊界からのメッセージも、邪悪な宇宙人からの可能性があるという話をしている。関連記事より、読み進めてもらいたい
もう一度、「地球は牢獄、霊界すら支配する邪霊」の話をしたいと思っている。

上のムービーにイエスが出る所は却下だが、他はなかなか。

今年の後半には、長文記事を書かないと決めていたのだが、実際には最近の記事に長文が続いていた。今回は、これでO.K.という事で。


関連記事
宇宙人(地球に来ている)を拒絶する人をプロファイリング……記事の1弾

月は多くの謎を抱え、科学者を悩ませている?……タイトルの話は3分の1で、残りは当ブログを以前から荒らす聖書カルトへのクレーム(爆)

現・支配執行層(大統領や首相)を光の勢力だと信じる人達をプロファイリング

進化論を却下し、宇宙人遺伝子改造論を採用しつつ、創造論を棄却する理由

爆れつハンター(魔導師狩り)~魔導師が法律を作っている~与えられた特権によって聖職者ぶる……魔道師が一般ピープルを制圧した世を描いたアニメ

死後の世界の嘘~あの世すらも支配する悪魔的宇宙人

テーマ : 宇宙人
ジャンル :

月は多くの謎を抱え、科学者を悩ませている?


月の謎が語られるムービーがあったので視聴してみた。


グーグル・ムーンで地底への入口が発見されたという話だ。火星にも同様な入口が見つかるという。

月や火星に宇宙人がいるならば、なぜ地球人が捉えられないのか(捕まえるという意味ではなく発見する意)という問いに、「地底に基地があるから」と強気で答える研究家が紹介されていた。

ムービーには建造物なども、結構映っていた。ぼやけているのも多く、筆者の目に留まったのは、2つ3つ程度だった。他にもっと深い証拠があるのだから、ぼやけた建造物程度では証拠補充にはならないというわけだ。

月にはクリスタル形質の透明物質があるとムービーでは語られる。透明クリスタルの話は面白く、この概念で思い出すのは、ファイナルファンタジー4(FF4)だ。FF4では後半に月へ到達し、岩だらけの地面を潜ってゆくと、人工的な透明クリスタルの床が登場する。そして、外宇宙からの侵略者を打ち倒す展開となる。


当ブログでは、FFは1、2、8を独立した記事で語っている。3はもっと上手そうな人がいて、その人を超えられる内容になるまで書くのをためらっている。4は何度も月のテーマで語っているが、独立した記事は書いていない。

ムービーには陰謀論的概念は無いので、「上層の科学者は、月人と交信する秘密結社員なので、真相を知っている」という発想に欠けていた。ただ、欠点があっても駄目と決め付けるのではなく、詳しい他の者が具体的に情報を付加せねばなるまい。「地球でも地底に宇宙人が住んでいる」を取りあえず付加しよう。

聖書カルトの一部には、「宇宙人はいない」と宣言されている。よって、聖書に書かれている事(悪魔)や書かれていない事(超古代人)を使って、宇宙人の証拠を別の証拠だとすり替える妄想を続けている信者もいる。

その手の聖書カルト信者達は、自分の宗教の教義にある「宇宙人はいない」を貫きたい余り、実は思考が統一されていない。
あるカルト信者は「地球の超古代人が月や火星に行ったので建造物があるんだ」として、「宇宙人はいない」を守ろうとする。また別の信者は、「宇宙人は悪魔が化けているんだ」と、たとえ悪魔が正体だとしても宇宙人の見た目を持つ存在がいる事自体を認める思考で「宇宙人はいない」を守ろうとする。そういう可能性は、カルトが正しかった場合の説明であって、間違っていた時の場合分けを考慮されていないので問題だ。いや、むしろカルトが間違っている証明は簡単で、他のブログとかを見に行けば15分で判明する事だ。

カルト信者の一派からは
地球は超古代人(地球で神に創られた)によって支配されていて、騙すために映画や漫画の世界で宇宙人を記した
のような奇説が飛び出す。「宇宙人はいない」という教義の無い宗教者や無宗教者が、その説を強く主張しているのならば、その原因を究明せねばならない。が、99.99%は自分の宗教教義に「宇宙人はいない」とあるからこそ、その説を主張している。となれば、「前提(教義)の都合で主張している」と判断でき、説が真実である可能性は封殺すべきだ。

教義に「宇宙人はいない」が無いとしよう。支配者の正体に対し「超古代地球人」と「外来宇宙人」との選択を迫られて「超古代地球人」を採用できるとしても、カルトが正しい証拠にはならない。譲って、たとえ「超古代地球人」が真実だとしても、別の要素でカルトは却下なのだ。他の視点で語ると、地球出身の超古代人が支配者だとしても、その上に宇宙人がいる事は別に矛盾しない。超古代人がいる事によって宇宙人の存在は消えないのだ。悪魔が化けている話にしても、たとえ宇宙人に化ける悪魔がいたとして、他の宇宙人がいない事には結び付かない。いずれも、他の説明がある事と、その存在が無い事とを混同しているのだ。

ここで、宇宙に飛び出した超古代人という別の種族がいたとして、その支配を宇宙人になすりつける事にメリットは無い。「元地球人で宇宙から支配する人達」と「遠い宇宙からやってきた人達」とで、大衆ができる事に違いは無いからだ。それにカルト信者の信じる教義に「宇宙人はいない」と記されているわけで、超古代人のその嘘が簡単にバレてしまう。そんなカルトにばかり都合のいい真実はあり得ない。また、宇宙人の話が出たからこそ、「超古代人の支配者」という説が登場したわけで後出しだ。宇宙人の話がどこにもなかったら、「超古代人の支配者説」自体が登場しなくても、カルトの教義に矛盾が生じず、説が存在したかも疑わしい。後出しでしか存在できない説は偽りと判断すべき。

宇宙から支配する超古代人が地球ルーツである根拠を信者に語らせると、最終的には「教義に宇宙人はいないとあるから」となる。それは根拠ではないのだ。だいたい、支配者を想定したのならば、自分のカルトなんて真っ先に支配されている。「自分のカルトだけが、支配から逃れられている」という根拠なんて存在できないのだ。差し当たり、教団のマークでも解析してもらいたい。絶対に魔法結社のシンボルだから(爆)


カルト信者の思考はこうで
1.ウチの教義に「宇宙人はいない」とある
2.宇宙人らしき存在を見た人、テレパシーなどでコンタクトがあった人がいる事は事実のようだ
3.他の星に人工物があるのは事実のようだ
4.地球の支配者が地球人そのものではない事も確かのようだ(大富豪は悪魔崇拝をしていて格上もいるわけだし)
5.となれば、悪魔が化けているか、超古代人が文明を築いていなければならない
のように迷走する。聖書カルトは、「こういう可能性もあるはずだ」のように話をするが、実際には「宇宙人がいない場合」の話しかしていない。もし、宇宙人がいるか不明の場合に、月に建造物があり、宇宙人っぽい姿の何者かが現れたり、宇宙人だと名乗るメッセージがあったら、それを超古代人だとか、悪魔だとか考える必要が無く、素直に宇宙人だと推定すればよいのだ。別に宇宙人がいたとしても、超古代人や悪魔がいないわけではないのだから。

なお、一旦、宇宙に飛び出した地球の種族がいたとしても宇宙人だ。ヨーロッパを飛び出してアメリカに移住した存在は、ヨーロッパ人ではなくアメリカ人と呼ばれる。地底だと宇宙とニュアンスが近くなるが、元地上人で地底へ潜って代を重ねた子孫の事をなんというだろうか? 地底人に決まってるよね。つまり、「超古代人が宇宙にいる」という説は宇宙人という言葉を回避したい余り、都合で設定されている。実態としては「宇宙人」なのに、教義に沿わせるために「地球を飛び出した超古代人」という別の称号を創作しているだけなのだ。悪魔にしても、悪魔は星を移動し、宇宙人の姿に化けているとしたら、宇宙人の正体が悪魔であり、悪魔の正体は宇宙人という、相互にイコールで結ばれる関係だ。ドラえもんの魔界大冒険では、悪魔の出身星は宇宙だった。もちろん、生まれは地球ではなく、カルトの「宇宙人を回避したいので出身は地球なんだ」に沿うわけもないのだ。


かぐや姫は月人だが、たとえ月人のルーツが地球であっても、かぐや姫は宇宙人だ。「宇宙人はいない」と教義にあったら、地球ルーツの古代人であっても月にいてはならないのだ。FF4では、月の民のルーツは、火星と木星との間に軌道があった惑星(現在は小惑星帯)だった。もちろん、月人のルーツは地球ではない。FF4の時点で既にネタ切れとなり、魔法結社で習った真実を元にシナリオを書くしかなくなっていたとも解釈できる。やはりポイントは映画や漫画も含め、設定を無から生み出せる人はおらず、真実を基盤にせねば描けないという事だ。「秘密結社に属する魔道師自体が、もっと格上の大魔道に騙されている」という場合分けもそりゃあるが、その結果、聖書カルト信者が喜ぶような方向になるのはおかしい。カルトという誰でも入れる場所で真実が語られるという可能性は捨て、秘密結社に入った以上は宇宙の真理を教わっていると考えるべきだ。月の宇宙人が火星と木星の間の惑星出身である事を信じさせる陰謀なんてのは無い。あるならば、ゲームで語られる前からオカルトの分野で語られればいいのに、秘密結社員の作ったゲームの方が先に登場し、オカルトの研究家の方が後に語り始めているくらい。それはつまり、秘密結社で先に真実を知らされている事を意味する。これは爬虫類人の話など、多くの事柄で「創作物が先、オカルト研究家が後」現象があり、「秘密結社は真実を知る所」といえる。

なお、当ブログでは、地球人こそが月ルーツという説を支持する。また、月だけでなく、火星や他の星もルーツの1つとなる。更には、超古代人=他の星からやってきた文明人となる。先日語ったアレックス・コリアーによると、22種類の別ルーツの遺伝子を持つのが地球人だそうだ。なお、現在のアレックスは「爬虫類的宇宙人による支配」については前に出さず、特別視できるポイントは無い。


次は他ブログの情報
「イエスの物語は、人間どうしを殺し合いさせる目的で創った嘘だ」と北欧型 ET から UFO の中で教えられた

地球に関わる宇宙人の話に対し、「神を否定している」のような勘違い者が現れるのだが、宇宙人を語る人の大半は、宇宙人の上には大天使や邪神がいて、その上に宇宙創造の神という思考なので把握してもらいたい。

宇宙人の話をすると一番うるさいのが聖書カルトで、大衆同士で争わせて矛先が支配層に向かないようにする自覚無き工作員にされるのがカルト信者だ。真実を語る人が、予想外の所(カルト)から責められるというわけだ。宇宙人がいるとか、イエスがいないとか証拠を出して迫られたら、噛み付くべきは、カルトは嘘と語った人ではなく、教団本部のはずだ。ターゲットを間違わないでもらいたい。自分の所属するカルトを辞めた元信者のブログをお薦めする。

以前にカルト信者による「宇宙人を信じられないコメント紹介」を実施した。読者の大半がブログ記事を支持しており、欠点があるのは当ブログではなく、コメント者のようなカルト思考に問題がある事が証明されている。仮に当ブログに粗があっても、当ブログが却下され、しかもカルトの主張が支持されるなんて事は一切無い。なお、この頃は議論は無料サービスだったが、現在では議論したい場合には、自分の立場(宗教や自分はどういう思考なのか)を明確にした上で有料とした。

ここはジョークだが、筆者が「宇宙人はいないと主張してもらいたい」と仕事を受けたら、「並行世界があって、その住人が地球の支配者なんだ」とでも語っておこうか。「並行世界人がいるだけなので、宇宙人はいない。宇宙人は並行世界人が化けているんだ!」という主張になるわけだ。

関連記事
宇宙人を信じられないコメント紹介~ホモ・カペンシス説の破綻

宇宙人(地球に来ている)を拒絶する人をプロファイリング

アイゼンハワー大統領の曾孫(ローラ・アイゼンハワー)が伝える異星人侵略


悪魔の星は地球の近くに~科学は魔法~大長編・映画ドラえもん のび太の魔界大冒険+宇宙英雄記
魔法には勉強が必要~大長編・映画ドラえもん のび太の魔界大冒険2

エイリアンは悪魔・堕天使が化けている?!~キリスト教信者(狂信者)による宇宙人拒絶

月は巨大機械! 大統領は魔女の支配下、その魔女は時空を超えた大魔女の支配下~ファイナルファンタジー8

かぐや姫は月の罪人、地球人に生まれ変わって償う宇宙人

アレックス・コリアー~1994年に地球を支配するレプティリアンを事実として語った

進化論を却下し、宇宙人遺伝子改造論を採用しつつ、創造論を棄却する理由

テーマ : 宇宙人
ジャンル :

宇宙人(地球に来ている)を拒絶する人をプロファイリング

先日は地球に来ている宇宙人がいるという話を語った。しかし、拒絶する人もいるので、その分類と拒絶の要因、そして該当する人に対するアドバイスを語る。


まず、4つの分類を挙げる。

1.科学・公式見解を信じてしまっている
2.所属する宗教の教義(ドグマ)に宇宙人はいないと宣言されている
3.自分または家族が、宗教で大きく人生を損ない、オカルトアレルギーになった
4.実は信じているのだが、工作員なので拒絶している

1.科学・公式見解を信じてしまっている
別に科学者ならばことごとく、地球に関わる宇宙人を否定しているわけではない。
地球外生命体の話だが、NASAの主席科学者が「20年以内に見つかる」と宣言している。既に見つかっているからこそ言えるような域だ。
ホーキングなんかも、宇宙人とコンタクトを取るべきではないと、身近にいるかのような論調になってきたし、地球はマトリックスの空間で、意識を持った管理者がいるという説も登場している。

一方、科学と言っても、実際には政府や大富豪の言いなりだ。例えば、科学者が「原発は安全だ、遺伝子組み換えは問題なし、食品添加物も大丈夫、電磁波も無害」と唱えていたとして、信じないはずだ。つまり、科学だからと言って、なんの証拠にもならないのだ。ある科学者の方程式を理由に宇宙人を拒絶する場合、「地球に来ている宇宙人を拒絶するように仕向ける偽りの方程式」を信じている事が原因だ。それから別の側面だと、軍事的に秘密な科学技術があるとしよう。それらは一般には公開されないし、末端の科学者も存在を知る事できない。つまり、公開されている科学情報だけで何かを語る事では、真実には到達できない原理なのだ。

主流科学の根底にあるのは、「宇宙人はいるはずなのに、どうして地球では発見されていないのだろう?」のように、地球に関わっていない事が前提となっている。つまり、前提に「発見されていない」とある以上、以後、どんなに科学的に語ろうとも、結論は正解に辿り着けない。偽るためのトリックというわけだ。


日本の国会という公式の場で、アントニオ猪木は宇宙人が現れた場合の議題を出している。またカナダの元防衛大臣が公式の講演会で宇宙人が関わっている事を宣言している。公式の場で、ちゃんと議論や講演はされている。「公式な証拠が無い」というのは妄想というわけだ。

カナダ元大臣などによる公式講演


2.宗教の教義(ドグマ)に宇宙人はいないと宣言されている
まず、科学信望者であっても、地球外生命体がいる事は信じている。地球に関わっているという部分を否定する事が通常だ。まあ、その否定理由は「まだ公式発表されていないから(見つかっているならば政府マスコミが発表し、教科書にも載るはずだから)」と、根拠と結論を混同した迷走なのだが。

ドグマというのは、信者自らが検証できず、自分自身で証明できない事をいう。
宇宙人がいない事を証明する事は原理的に不可能だ。全宇宙を調べない限り、可能性は残されるからだ。その立場にもかかわらず、「宇宙人はいないんだ」と宣言できるとしたら、自分の所属する宗教で「宇宙人はいない」と宣言されている必要がある。その宣言こそが「宇宙人はいない」と断言できる根拠となる人がいるわけだ。大体、宇宙を創造し、隅々まで把握できている神様ならば、宇宙人を作っていてもおかしくない。にもかかわらず、地球の古代書物の一解釈を理由に宇宙人がいない事を断言する事自体、論理的思考ではあり得ないのだ。

宗教の教義が理由で「宇宙人はいない」と断言する人が、その宗教を破門されたとする。さて、その人はいないと言い続ける事ができるのだろうか? 破門されても、その宗教の教義が正しいと思い続けられるだろうか? 客観的には、ある宗教が勝手にいないと断言しているだけで、いない根拠はどこにも存在しないのだ。

当筆者が調べた限り、聖書そのものには、不思議な飛行物体や龍、獣などが登場し、神も複数形で記されていたりと、宇宙人や爬虫類人と解釈できる。バプテスト教会というキリスト原理主義の牧師には、宇宙人の地球来訪を認めている人がいた。つまり、聖書を根拠に宇宙人を否定する組織は、軽視して問題ない異端というわけだ。そんな中、ある宗教の聖書解釈で「宇宙人はいない」と出た所で、なんの根拠にもならないのだ。いずれにしても、いると主張する人は、カルトによるいない教義など、全く眼中にない。ちなみに、カルトが派生する要因は、宗教の中にクリスチャンカバラの魔道師が誕生するわけだが、その宗教に属していても自分がトップになる事はできない。よって、違った教義を掲げてのれん分けみたいに派生する。

書籍・エデンの神々では、イエスそのものを持ち上げつつ、宇宙人による古代からの支配描いている。まずは、イエスへの信仰と宇宙人の存在を両立させるべきだ。宇宙人の存在さえ拒絶しなければ、イエスを信じる事までも当ブログは干渉しない。


3.自分または家族が、宗教で大きく人生を損ない、オカルトアレルギーになった
例としては、その宗教に属して通わされ、霊などの話をされたが、全く幸福にはならず、金銭的面でも吸われた体験が該当する。まず、ある宗教が信者からお金を奪うために霊を語っていても、霊そのものの存在には影響しない。霊能力の無い宗教幹部に、「お前の先祖の霊を呼び出したら、もっとお金を出すように言われた」として奪われたとしても、霊がいない事や、その宗教の神がいない事とは関係が無いのだ。むしろ、邪神や悪霊の配下という可能性さえ出てくる。その宗教のアンチになるのは自由だが、オカルトアンチになるのは筋が違う。別の例だと、幸福の科学は爬虫類人による支配を唱えているが、元信者が反抗のため進化論を勉強し出し、爬虫類人の存在までも叩いていた。宇宙人が地球に関わっているかどうかは、幸福の科学が誕生する以前に決まっていた事だ。全くの筋違いというわけだ。


オカルトアレルギーの人は、別に科学を信じているわけでも宗教を信じているわけでもない。いないと断言する理由が体験や心理に基づいているので、客観的には扱いにくい場合もある。大きな矛盾そのもの(カルトに属しているなど)が見つかりにくく、原因の特定が難しい。一応、扱うと「俺はオカルトに辱められた、だからオカルトは嫌いだ。あるわけがない」のような歪んだ論理思考となっている。この心理が根底にあるので、どんな証拠も「嘘だ」となってしまうのだ。相手の頭が固い事が多い。この手の人には今の所、対策は思いつかない。トラウマになっている人へ論理的に語っても効果が薄いからだ。実体験でもするしかあるまい。なお、実体験しても、カルト所属の場合、「悪魔が宇宙人の姿で現れた」のように解釈するし、科学信望者だと「幻影発生装置で幻を見せられた、最新型のゴムマスクだ」のように解釈するはず。まあ、それは「本当の宇宙人がいなかった場合」の説明であって、いない証拠ではない。宇宙人が関わっていたとしても、幻影装置やゴムマスクは製造できる。証拠と前提とを混同しているのが科学信望者だ。また、混同させるのが科学と言えよう。(宇宙人がいた場合には絶対に幻影装置やマスクが製造できない場合に、初めて「装置やマスクがある」が「宇宙人はいない」の証拠になる。)

4.実は信じているのだが、工作員なので拒絶している
末端の科学者による「他の星で独自の進化を遂げた宇宙人が、人の形をしている事はあり得ない。よって地球に来ている宇宙人は嘘」の話は前記事で実施した

ある例を挙げると、相も変わらず「本当の支配者(皇帝や欧州大富豪)から目を逸らすために、悪魔や宇宙人を演出している」と言い続けている輩がいる。一貫してオカルトは無いという主張ならばまだしも、活動開始当初は「僕も爬虫類人だったら楽しい」みたいに、本音で語っていた。また、悪魔というワードを自分のブログに多用しており、活動理念の部分にも悪魔という言葉が存在した。そういう人間は確実に偽りだという話だ。社会問題の範囲で語っている事は正論なのだが、その状況を大衆に受け入れさせるための工作というわけだ。例えば、突然、徴兵があると大衆がどんな反応をするか分からないが、徴兵が起きるみたいな事を読ませれば、反発しそうな大衆は予めそれを知っている事が多く、操作しやすいという例で把握してもらいたい。

既に宇宙人を信じているのだから、その人が信じる方向になる対策は不要だ。

以上が1~4の説明となる。

先日はアレックス・コリアー(レプティリアン支配説)の話をしたが、「君の説には穴がある。気づかないはずも無いのに、なぜ語らない?」みたいな人がいた。宇宙人はいないと思っていて、穴があるはずだという先入観から穴を想定しているだけだ。いるのかいないのか証拠を探している人や、いると判断した人が当ブログを読めば、ますます証拠が集まったという解釈にしかならないのだ。「ある特定のカルト宗教だけが正しくて、宇宙人はいない(悪魔が化けているんだ)」という場合分けも、そりゃあるが、イエスの存在すら疑わしい中、聖書カルトが語っているだけなので、可能性は封鎖すべきという話だった。仮に当ブログの説明が不十分であっても、その説明不足が急に「その人の所属するカルトが正しく、イエスがいて、宇宙人はいない」の証拠になるわけもないので、やはり勘違いしているのだ。イエスがいないとか証拠を出して迫られたら、噛み付くべきは、いないと語った人ではなく、教団本部のはずだ。ターゲットを間違わないでもらいたい。


関連記事
エイリアンは悪魔・堕天使が化けている?!~キリスト教信者(狂信者)による宇宙人拒絶

宇宙人・地球外知的生命は地球人の脳を遠隔操作していた! の感想

宇宙人を隠蔽したい勢力、オカルト分野で誤誘導する工作員

アレックス・コリアー~1994年に地球を支配するレプティリアンを事実として語った

現・支配執行層(大統領や首相)を光の勢力だと信じる人達をプロファイリング
爬虫類人を却下させるトリック~いると語る人の偽り

宇宙人が地球にやって来た本当の目的

宇宙人はいないとする3つの説を否定……地球外生命体がいると考えている人は多数派、科学を信望すると地球に来ている事を拒絶する

宇宙は超知性を持つ宇宙人によってデザインされたマトリックス的コンピューターゲームである

本物のドレイクの方程式とフェルミのパラドックスの解

2015/4/1 国会でUFO質問・宇宙人言及、アントニオ猪木議員~カナダの元国防大臣は2年前に言及

NASAの主席科学者が衝撃発言 「20年以内に地球外生命体を発見できるだろう」
ホーキング博士が、地球外の知的生命体探査で史上最大の計画を発表

テーマ : 宇宙人
ジャンル :

アレックス・コリアー~1994年に地球を支配するレプティリアンを事実として語った

まず、爬虫類的宇宙人は1970年代でも創作物(映画、漫画)では語られている。だが、レプティリアンの事を地球における事実なんだとオカルト分野で語った人は1990年では見つかっていなかったものの、1994年には、アレックス・コリアーが語っていたのだ。レプティリアンの話はデーヴィッド・アイク(1998年)が初ではなく、アイクは他の人からレプティリアンの話を聞いて本にしたと自著で語っている。つまり、アイクは最初から自分が情報の発信元だという宣言はしていないのだ。


次がムービーで、10まである。


1994年かどうかの検証だが、アレックスは現在も活動をしており、その老け具合から察するに、1994年を疑う必要は無い。

アレックスはアンドロメダ人に宇宙船に乗せてもらい、地球の真の歴史や現代社会の支配構造を教わったと語る。肌の色は青白色だそうだ。

銀河鉄道999ではアンドロメダ人は悪役だったので、アンドロメダ人は悪い宇宙人のような印象がある。まあ、ヒロインのメーテルもアンドロメダ人なわけで、穏やかな人格のアンドロメダ人もいるという事でいい。メーテルのお母さんの顔も、そういや青だった。1970年代の作品なので、魔法結社員ならばとっくに知っていた情報と言える。


ドラゴンボールのウィスやヴァドスは、シリウスではなくアンドロメダ人がモデル? 特に悪役ではない。

よって、アンドロメダ人から得た情報の内容そのものにアプローチしてみよう。

レプティリアンが地底にいて人食い。地球人の工作員が捕獲
地球人は他の所から来た
・ドラコニアンは他の宇宙から地球に捨てられた。肉体的な種族

おやー? 当ブログ筆者の思想とピッタリだ! 地球がゴミ捨て場という話は、エイリアンインタビューの記事でも語った

他の話では、「善の宇宙人が助けに来る事は無い。地球人が自分で何とかせねば」と語る。
「聖書は人によって書かれた。エイリアンによって書されたという側面もある」と語る点は評価できる。

筆者はアレックスの話を何もかも受け止められたわけではない。爬虫類的宇宙人と人間とのハイブリッドが皇族王族という話が出ておらず、戦争の理由が人間同士のすれ違いという陰謀論に欠けた内容となっている。また、レプティリアンではなく、グレイが地球を統治していると語る所は、そのままは受け入れられなかった。ただし、記事の終末までに、この態度に対するフォローを語る。


ムービー視聴者の感想は概ね肯定的なコメントだが、否定的なものを挙げてゆく。

考古学、生物学をちゃんと勉強してこい……アレックスの話では地球に良質の変化があるとすれば、考古学や科学から躍進があるとの事だった。要は、今までの考古学とか生物学はデタラメだと判明するわけだ。まあ当ブログとしては、「考古学や科学は偽るためにある」という思考なので、アレックスの話は1つの表現と解釈したが。「地球は宇宙人によって支配されているので真実を知らされない」となれば、考古学や科学が本当の事を語るはずも無い事を同時に表明している。「学問と違っているから嘘だ」と語るのは筋違いというわけだ。

この男が何かを思い出す時に、目の位置が嘘を付く人と同じなので嘘だ……嘘以外の時にもその目になる人がいる。別に嘘確定の根拠にはならない。

詐欺師だ、こいつは逮捕されている……まず、逮捕されたという裏付けは取れていない。インターネットも無いようなあの時代で真実を語るような態度を見せたら、そういう人こそが拘束されるので、別に嘘つきの理由にはならない。また、植草氏のように、拘束されたからこそ、今度こそ言葉を選びつつ本格的に暴露する心構えができる場合もある。

アレックスに対して否定的な思考があっても、「宇宙人は地球にいるけど、アレックスの語る話はデタラメだ」という話ならば、煮詰める余地はある。「宇宙人は地球には関わっていないので、こいつの話は嘘」や「私の所属するキリスト系カルトでは宇宙人はいないので嘘」という思考ならば却下となる。

アレックスは地球人の大衆が取れる対策方法について、「分かりません。この手の情報に耳を傾ける事くらいですか」と語る。「対策方法を示さないのは偽りだ」という難癖は却下せねばなるまい。

アレックスの言動で面白いのは、この手の話(オカルト情報)を耳にすると、視聴者・読者は支配者層に噛み付くべきなのに、オカルトの話をする人に噛み付き出すのが大衆との事だった。

1994年というと、1999年ノストラダムス地球滅亡とか、バシャール達が1998年までには皆さんの前に現れますのような、悪質なデタラメが主流で、アレックスの話に耳を傾けられるような状況ではなかった。


ここで20年以上前にいい事を言っているが、現状は良い方にはなにも変わっていない(911テロが起き、悪化と解釈できる)。それは、つまり当時の若い人間が中年になり、中年は年寄りになっており、もはや人生が過ぎてしまっているという事なのだ

大統領のすべき事は、銀行などの真実を公表する事だと語る。しかし、ドナルド・トランプが「連邦準備銀行」の話をしない以上は期待できないと言える。


火星については2001年の映画ゴースト・オブ・マーズと同じ話だった。映画ゼイリブと同じ監督だ。
アレックスがトンデモだと仮定すると、1994年以前に主張していた事を、本来、物語を考えるべき映画監督・脚本家がパクッた事になってしまう。それはつまり、トンデモな人に創造力があり、脚本家はパクリしかできないという矛盾が発生する。そうではなく、真実だからこそ、アレックスも教わり、映画監督もその真実を知る立場だからこそ、世界的に有名という事になる。


話の全体を聞いて、デーヴィッド・アイクの所属する秘教結社と同じ系列で、真実を語る者だと判断した。「皇族・王族・貴族が、宇宙人とのハイブリッドで純粋な地球人ではない」という話は秘密の度合いが高い。よって、口を割る事ができずごまかしたり、レプティリアンを地球の支配者だとしながらも、グレイが直接、地球人を支配しているかのような誘導も存在したのは確か。そう考えると、デーヴィッド・アイクは、どれだけ危険な事を正直に語ったのかとなり、再評価できる。

アレックスの話ではドラコニアンの格はレプティリアンより軽視されていたように思える。レプティリアンの話すら止められているのだから、ドラコニアンが格上だとすれば、ごまかす事になったのだろうか。それとも、ドラゴンボールの神のように、ドラゴン人(ナメック星人)は格下で、フリーザのような爬虫類人こそが格上なのだろうか? はたまた、ドラえもんの竜の騎士のように地上人よりは高度な文明を持ちながらも、宇宙人から見れば格下の立場?


本当の事を隠さず語っているわけではない人にも2種類あると言えよう。1つは誤誘導そのものが目的でもデタラメを交える場合。もう1つは、当時のアレックスのように、周りから「レプティリアンの事は語らない方がいい」と止められている人が、どうしても一部だけを語りたい場合に、「グレイが支配者だ」のような、特にそれによって大衆の対策が変わらない部分で嘘をつく事になる場合だ。改めて語るが、地球の支配者をレプティリアンだとしながらも、グレイがマスコミを操作しているのような主張をアレックスは実施していた。

語れなかった事が混じっても支持したい理由として、地球人が同胞を売り渡している話をした所がある。「ドラコニアンですら、同胞にはそんな非道な事はしない。同胞を金銭の有無で差別したり、宇宙人に売るのは地球人だけだ!」と熱弁する。映画ゼイリブでは、確かに宇宙人は地球人を心の中で蔑んではいた。だが、同じ地球人なのに、権力やお金の無い人間に対し、「お前らとは違うんだ」という態度を取る人間が宇宙人とつるんでいるのだ。


アレックスのムービーは筆者も見ようと思ってメモしてから2年くらい経ってしまった有り様。全編を見る余裕の無い人は、次の要約サイトでもいいので把握してもらいたい。
1994年アレックス・コリアー氏インタビュー映像 (♯1~♯10)

アレックス・コリアーというと、日本沈没の予言(予定)を語った事でも有名のようだ。アメリカにいながら小国・属国に過ぎないはずの日本沈没について言及する事を考えると、日本はやはり皇帝の君臨する最重要国と言える。アイクは、日本に関しては特に重視していない(自分の説を広めるための講演国の1つという程度)。

日本沈没に関し、ブログ筆者としては馬鹿馬鹿しくて相手にしないと言いたい所だが、筆者の夢の中、秘密結社の部屋みたいな所で、日本の一部が存在しない地図を見てしまったのだ。なので、一笑に付して却下というわけにはゆかなくなっている。まあ、22年も起きなかったので、後30年粘れば、関係無い人がほとんどと言える。

アレックスは書籍のエデンの神々を推薦していた。しかし、8割が真実で2割が嘘だと語る。その嘘の部分はイエス・キリストの話だそうだ。エデンの神々では、イエスを実在の人物としているが、アレックスは「そんなもん嘘」という態度を醸し出している。デーヴィッド・アイクも、イエスにはモデルがいただけで、奇跡を起こしたイエスそのものはいないと宣言している。


真実はそれだけで証明になり、それを立たせるための嘘は不要という表明でムービーは終わる。
なお、当記事のアレックスはあくまで1994年の話。現在のアレックスが真実を語っているかの検証は実施していない。

アレックスの話とは別に、末端科学者2人が宇宙人の姿について討論したムービーも視聴した。内容としては、「地球外生命体がいるとしても、地球人のように頭に胴体に手足のようなデザインになるはずがないのでグレイは嘘だ」のような定番の誤誘導だった。宇宙人情報の核心としては、地球人そのものを宇宙人が造っているという所にある。当然、宇宙人の遺伝子によって似せられて誕生しており、地球人のデザインの方が後なのだ。よって、宇宙人の姿が頭に胴体に手足というデザインであっても、全く不思議ではなく、地球外生命体の分野でこのデザインの宇宙人が中心に登場する事自体、「宇宙人によって造られた」という主張を同時に実施しているのだ。


関連記事
ゴースト・オブ・マーズ~火星の邪霊

帝都の地下に爬虫類人・宇宙人に生け贄を捧げる井戸がある?!
地底にいる肉体を持ったレプティリアン、色は青が主流?
ラケルタファイル(地底の爬虫類人)の有用性と疑念

エイリアンインタビュー1~宇宙人が地球人とコンタクトしない理由~地球人は囚人

聖徳太子はいなかった! 教科書から消える~同様にイエス・キリストもいなかった

白い爬虫類的宇宙人よりも格上の破壊神~ドラゴンボール超のビルスの正体はアヌビス
どんなに辺境の星でも吸われる2~ドラゴンボールのフリーザ帝王
映画ジュピター1~地球人は作物、木星はトカゲ人の巣窟
映画ジュピター2~宇宙で争う価値のある資源は時間のみ
ドラえもん・のび太と竜の騎士~地底には恐竜が進化した爬虫類人がいる、恐竜のルーツは木星?

バシャールは残念ながら寸止めのマヤカシ~実質はカバラ

テーマ : 宇宙人
ジャンル :

聖徳太子はいなかった! 教科書から消える~同様にイエス・キリストもいなかった

最初に言うと、聖徳太子の話をしたいのではなく、イエスがいないという話に繋げたい。


聖徳太子といえば中学の歴史の教科書の序盤に登場し、小学校の社会の教科書にも出たはずだ。しかし、なんと聖徳太子の名前が歴史の教科書から消える事で話題になっている。実はそんな名前の人はいなかったし、聖徳太子の仕事とされる対象は複数の人間によって実施された(モデルとなった別人はいる)。同時に何人もの話を聞き分けたという逸話に対しては、モデルとなった人に、そんな能力は無かったという結論が出たのだ。

聖徳太子のした仕事を実施したとされる歴史上の人物は確かにいる。しかし、その人は聖徳太子ではないのだ。聖徳太子はいなかったという表現が相応しい。

イエスの逸話も同様に評価してもらいたい。2000年以上前に中東で教えを広めた人はいるのだが、その人の名前はイエスではないし、イエスが起こしたとされる奇跡は、もっと以前の神話(ギルガメッシュ物語など)から流用した話で、「中東で教えを広めた人」とは関係が無いのだ。もちろん、誕生日も12/25ではないし、2000年前辺りにはイエスはどこにもいないのだ。

聖徳太子が教科書から消える話は、ネットで比較的容易に見つかる。そして、イエスがいないという話も見つかる。当記事では具体的な項目までは語らないので、裏付けは各自が取ってもらいたい。

改めて語ると、聖徳太子のモデルとなる人物は聖徳太子そのものではないし、伝記にあるような偉業を全部成し遂げたなんて事は無く、名前も違う。同様にイエスのモデルとなる人物はイエスそのものではないし、奇跡も起こしておらず、名前も違う。

モーゼ(モーセ)も同じような立場とされる。しかし、その事が記された本がアマゾンから消えてしまっている。楽天市場には古本すら見つからない。何者かに買い占められたとしか思えない。理由はもちろん、聖徳太子の真実ではなく、イエスがらみだ。


聖徳太子の真実は普通に出版されている。ついでに金運グッズ。


当ブログのいつもの話に繋げると、モデルとなった人物自体が爬虫類人で、ヴァンパイアのような正体が見え隠れする。関連記事でこの話を読んでもらいたい。


関連記事
イエスの(モデルとなった人物の)正体は吸血鬼~KUROZUKA(黒塚)
ルパン三世~キリストの姉妹がヴァンパイア?

モーゼが爬虫類人(レプティリアン)であった証拠

偽チャネリングの見分け方3~イエスの正体はホルス

テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー
ジャンル :

月は巨大機械! 大統領は魔女の支配下、その魔女は時空を超えた大魔女の支配下~ファイナルファンタジー8

ブログのための文章は書き溜めてあるのだが、アップする状態に纏まった記事が無いので、今回はテレビゲームの設定の話。


ファイナルファンタジー8(FF8)は1999年の作品。筆者はプレイステーション1の時代に、ほぼリアルタイムでプレイした。その時の記憶なので、詳細では違っている部分があるかも知れないが、大筋は合致しているという思考で語る。

当ブログでは、これまでには月は機械だという話をしてきた。その設定が埋め込まれている最たる物語がFF8だ。FF4でも、月の地底が人工物を想定出来る流れとなる。

月は機械なんだと言われても、「はぁー?」と思う人は、次のように思考してもらいたい。まず、現実の地球は大富豪が掌握しており、そのバックに大魔道師がいるからこそだ。大魔道師は月の住人とコンタクトを取れる。そういう存在を大魔道師と呼ぶ。そして、科学という大衆に偽りを信じさせるジャンルを創設し、岩の塊だと教科書に書かせた。科学者は岩の塊だと主張する事で仕事(給料)を貰える。はい、ここで、あなたは月が岩の塊だという根拠を示せるだろうか?

飛鳥時代~平安時代には月に人がいるという物語や歌で溢れていた。科学が無い頃の方が、本当の事を語られていたのだ。有名なのは、竹取物語・かぐや姫だ。いや、現代でもちゃんと、ファイナルファンタジーが語ってくれているか。

次期大統領も決まった事だし、FF8で大統領関係の話をする。大統領がFF8の社会のリーダーではあったが、バックには魔女が控えていて、大統領は言いなりの操り人形でしかなかった。しかし、その魔女も自分の意思で大統領や大衆を支配下に置いていたのではなく、異次元の大魔女の霊(アルティミシア)が降臨して支配を実施していた。

物語では主人公達は大統領が最高権力者だと思って誘拐を仕掛けるも、魔女達の登場という流れだ。

大魔女は主人公が頭の中で描いているライオンのような魔獣を実体化でき、その魔獣にも降臨する事ができる。人の思い描いた存在が実体化する空間があり、想いの世界も現実だという解釈でいいだろうか。


FF8では異次元の魔獣(G.F.)を自分自身(人間)に降臨させる事ができ、ジャンクションと呼ばれる。「あまりに何度もジャンクションさせていると、切り離せなくなる」のような表現があった。現実に直すと、悪魔などを召喚魔術で自分とシンクロさせていると、そのものになってしまう事を知っているが故の表現というわけだ。

「……G.F.を使う代償」
「G.F.は力を与えてくれる」
「でも、G.F.は僕たちの頭の中に自分の場所をつくるから……」


FFシリーズの作者が、うーんと唸って物語を思いついたのではなく、魔法結社で真実を知って、その話を元に作ったというわけだ。大統領のバックにいる魔女の名前はイデアなのだが、イデアの日という別会社の作品でも、魔女の名前がイデアだった。作者が同じ魔法結社に属しているので、「魔女といえば、名前はイデアかソフィアだ!」となり、同じ名前にしてしまったという所だ。どちらも、叡知という意味がある。

イデアの日は相当にシナリオが練られており、シナリオ目的では、かなりのお奨め作品となる。

FF8では異次元みたいな世界の城へ行って魔女の本体を倒す事で解決した。社会に現れる大統領はもちろん、そのバックにいる魔女程度が倒れたとしても、なんの解決にもならないという話だ。

今回の魔女は悪役として語っているが、本来の魔女は「真理に目覚めていて抜群に賢い女」という意味で、大衆に真実を語ってくれる。

魔女イデアも、大魔女のアルティミシアが抜けると本来の穏やかな性格になる。衣装や髪型は変わらなかったが(爆)


ここからは現実のインターネット情報の話となる。
爬虫類人の存在を肯定し、激しく叩いているブログがある。しかし、そもそも爬虫類的宇宙人というのは邪霊のような存在なので、たとえ皇族の誰彼が死んだとしても、その邪霊は若い皇族の誰かに成人の儀式とかで降臨するので、消えて無くなったわけではないのだ。一方、そのブログは地震や事故などで人が死んだ事に対し、「爬虫類人が退治されて、めでたい」という馬鹿げた主張をしている。かなり酷い状態だ。たとえ誰かがブログなどで爬虫類人の存在を語りたい場合でも、「退治されているので、めでたい」と語るブログの情報を支持してはならない。ともかく、FF8の大魔女のように霊魂である以上、「爬虫類人が光の勢力に次々と退治されているなんて事はない」という宣言をしておく。

親玉のレプティリアンが退治されているとしたら、年金を減らす会議したり、カジノなんて作ってる場合じゃないでしょ! カジノは海外では合法で、筆者も海外では入場した事がある(プレイはしていない)。日本ではパチンコ業界が儲からなくなったので、カジノを作る事にしただけと考えている。

関連記事
魔法大戦争、小さな救世主~真の魔法使いとは真実を運ぶ者

ファイナルファンタジーの月物語
ファイナルファンタジー1は魔道の物語~FFの都市伝説
ファイナルファンタジー2は魔道とドラゴンの物語

地球は神、水棲類、爬虫類、巨人、人間の順に栄えた~ルドラの秘宝(スクウェア)
クロノトリガー~星に巣食ってエナジーを吸う宇宙人

かぐや姫は月の罪人、地球人に生まれ変わって償う宇宙人

テーマ : ファイナルファンタジーVIII
ジャンル : ゲーム

宇宙人を隠蔽したい勢力、オカルト分野で誤誘導する工作員

先日は地球には高性能レーダーがあるのに発見できない理由として、
・そもそも政府マスコミは隠蔽する機関
・宇宙人自体が隠れたい
・ある小さな物体を捉えられる事と、全てのエリアの物体を常に監視する事は別
のような説を語った。


本日は、関連する話を広げてゆこう。

宇宙人の話はオカルトに分類され、その道の専門家も存在する。しかし、実態としては、隠したい勢力によって専門家は用意されており、真実に辿り着けないようにする工作員なのだ。つまり、オカルト研究家がいる事と、その研究で判明した真実が正しく公表される事は別なのだ。もちろん、科学を盾に超常現象が無いと語るよりはマシなのだが。

オカルト懐疑派の中には、オカルト研究家のデタラメを暴露して、あたかもオカルトそのものが存在しないかのように誘導する人もいる。しかし、陰謀論を把握した上での道理として、「本当は超常現象があるからこそデタラメを語る人がいる(超常現象が存在するならば、大富豪が独占するに決まっている)」という現象を考慮する事こそが、真に科学的(合理的)な思考と言える。論理学的に言うと、デタラメのオカルトを語る人がいる事と、オカルトがデタラメな事(存在しない事)とは独立している。

トンデモを切り裂く「と学会」のシンボル自体がオカルトなのを把握しておこう。

映画ゼイリブ関連の評論ムービーをユーチューブで見たのだが、「爬虫類的宇宙人のドラマVを参考にして爬虫類人の本を書いたので爬虫類人はいない」みたいな主張だった。「模倣できる=真の歴史ではない」は成立しない。歴史上に確かにいた人の逸話を模倣して物語を作ったとして、元々の逸話の人物の存在が却下される事はない。爬虫類人を描いた作品を参考にして著書を書いたとして、爬虫類人の存在が却下される事には繋がらないのだ。爬虫類的宇宙人がいたからこそ、元ネタとされる「爬虫類人を描いたドラマ」が登場したのだ。その可能性を無視して「だからいない」と宣言したら、偽りの臭いしかしないのだ。

各地の古代文献や遺跡に記されている事実がある中、あるドラマを元にデーヴィッド・アイクが著書を記したなんて話は、確実に誤誘導というわけだ。

もし、テレビに出るような人で頭が悪くないはずなのに、「爬虫類人のドラマを参考にして爬虫類人の本を書いたので、いない」のような誘導をする人がいれば、本人が爬虫類的宇宙人(悪魔)から才能を授かる事でその分野で仕事を貰える嘘つきだという事だ。

なお、ムービーの人の話を聞いていて、「こんな話に納得する人がいるのかな」とまで思った。そもそも、テレビでは顔が知られていても、ネットでは信用に対して特に優位性を持たず、むしろ工作員認定のリスクさえ発生するのだ。

UFOには未来人が乗っているという情報もある。当ブログでは、あまり支持していない。「宇宙人というのは、悪魔・天使のように支配したり支援する存在」という思考が基盤なので、未来人が先祖達を支配するというのはおかしな話だからだ。支援にしても、してもしなくても未来があるのだから、無意味と解釈する。
ネットには「僕は未来人です」みたいな情報もある。なんで匿名掲示板に現れるのか(爆) その時点で信憑性は低い。日本では、匿名の発言が気になる人の割合もある程度大きいのだが、海外では匿名で語られている情報は軽視される。フェイスブックでは実名が基本だが、実名で初めて評価の対象になるのだ。せめて固定ハンドル名(ブログやツイッターで主張するペンネーム)ならばまだしも、匿名掲示板はあり得ないのだ。本当に何かを伝えたいならば、政府マスコミ関係者に未来人とやらが降臨すればいい。

未来からやってきた者が現代人に情報を授ける事があり得ないとは言わないが、伝えてくる内容で偽物かどうか判断できる。「すべてを話すわけにはゆかない」と称して、現代人でも作り話出来るような内容は却下となる。ここは皮肉だが、「話してはいけない未来の事」を持っている未来人など、未来人である必要が無い。せっかく未来人なのだとしたら、その人から凄い事を聞きたいのであって、差し障りのない事など、どうでもいいのだ。実態を考察すると、ある程度知識を得た魔法結社員が、ライターやコメンテーター志望だったり、人の心を掴むテストの一環として未来と称した話を記しているといった所だ。

「西暦21XX年に宇宙人とコンタクト開始」みたいなメッセージはデタラメ。古代より地球人は宇宙人とコンタクトしており、地球は支配下。現代でも秘密結社で交流している。コンタクト開始が未来という事はないのだ。「地球は宇宙人の支配下」という情報が現代でも既に広まっているので、「支配していた宇宙人は排除され、公式にコンタクト開始」と語るべきなのに隠す理由も不自然。

真実を隠蔽するには、「木は森に隠せ」がキーワードとなり、とにかく情報量を増やす事だ。全ての情報を把握する時間が必要になるし、そこから取捨選択ができる者ばかりではないからだ。

これまでにも、そのような誤誘導を語ってきた。思い浮かんだのは、宇宙人はいると称して、爬虫類的宇宙人は地球には関わっていない(地球で人間によって造られた合成生物)という情報だ。


大衆の認識に応じて、
1.超常現象そのものがデタラメだと誘導される……オカルト研究家の説の実態は、こんなデタラメだ など
2.超常現象は存在するが、見当違いのネタを掴まされる……宇宙人はいるけれど、爬虫類人は地球人産の合成生物 など
のように真実から遠ざけられるという事だ。

関連記事
どんなに辺境の星でも吸われる~キャラバンキッド(真鍋讓治)……「地球には用が無い」という話を否定
どんなに辺境の星でも吸われる2~ドラゴンボールのフリーザ帝王

宇宙人を否定する陰謀は宇宙人が実施
宇宙人がいる事にする陰謀は宇宙人の末裔が実施

フリーエネルギーと宇宙人~グリア説は陽動とデタラメ

レベルE(冨樫義博)1~既に地球住み着いている多種の宇宙人
レベルE(冨樫義博)2~地球の上空にスクリーンがあり、異星人の宇宙船を覆い隠している

地球の高性能レーダーがUFOをキャッチしない3つの理由

テーマ : 宇宙人
ジャンル :

地球の高性能レーダーがUFOをキャッチしない3つの理由


ユーチューブのムービーを視聴している時に、UFOがなかなか目視されない理由なる作品を視聴する事にした。


ムービーの評価はあまり良くないのだが、地球周辺に宇宙人の乗る宇宙船なんて無いと考える人には、当ブログ級の話をしない限り、何を説明しても低評価という事だろう。

ムービーの内容だが、デブリという宇宙ゴミは、5mm程度の大きさでもレーダーで捉えているのに、巨大なはずの宇宙船には全く反応しない。その理由を語っているのだ。

1.発見されているが政府の管理下にある観測レーダー設備のために他の極秘UFO情報と同様、公表されていないだけの可能性

既にキャッチしているのに政府がストップしているならば、「レーダーに引っ掛からない」という見かけの状態になるのは当然だ。

2.UFOも最先端のステルス構造になっており、どのような波長のレーダー波も可視光もまったく反射しない仕組みの可能性

地球製のステルスで、もはやレーダーでは捉えられないのだから、宇宙人のステルスが捉えられるはずもない。

3.普段は月か太陽にどの裏側に潜み、必要な時に必要な場所に向かうため、ほんの短時間しか地球接近していない故に、見つけられない可能性

なんかよく分からん(爆) ある5mmの物体を捉えられたとしても、逃さず全ての5mm超を捉えているわけではないという解釈でいいか。また、太陽の裏などにレーダーが届かない事を宇宙人は知っているからこそ、その場所を活動拠点にしているというわけだ。

特に1~3そのものには矛盾は無いのだが、伝え方に説得力が無いと言えよう。


宇宙科学からオカルトへ結びつけるポイントを語る。科学的に説明するのではなく、まず陰謀論的に説明せねばならない。単なる陰謀論(超常現象を語らない)ではなく、超常現象自体が隠されていると解釈する陰謀論的思考だ。

当ブログだと、「地球の宇宙科学機関は、見つかった物を公表する機関ではなく、隠蔽する機関」という話がまず登場する。次に、とうの昔より宇宙人と交流した者が権力者なので、宇宙人を隠したい権力者と、隠れたい宇宙人が手を組んだら、公式に発表される事があり得ない。


陰謀論的概念が無いと、政府が隠す理由に対し、「パニックを避けるため」のようにしか、聞き手は解釈できない。しかし、「政府の権力者は、そもそも宇宙人のパワーによって君臨しており、隠さざるを得ない」という情報を追加すれば、納得できる人が増えるのではなかろうか。

また、懐疑派には「地球は宇宙人にはまだ支配されていない」という概念も暗黙の了解として存在する。つまり、「まだ地球は宇宙人と公式には関わっていない」という前提では、「レーダーに掛からない理由」を説明する事が難しいのだ。しかし、「既に宇宙人の支配下」という前提ならば、「レーダーに掛からない理由」を考察する必要が無いのだ。言うまでもなく、レーダーに掛けたり公表する勢力が宇宙人の配下なのだから。レーダーに引っ掛かる事と、公表される事とは別という思考だ。


とっくに支配されているからこそ、存在する宇宙船すら知らされずに学校で偽りを勉強させられたり、会社で働かされているのが現状というわけだ。


当ブログに言わせれば、宇宙人なんて秘密結社の儀式で会っている人ばかりなので、宇宙を飛んでいる宇宙船に注目しても仕方が無いのだ。

地球を裏から支配する宇宙人を悪魔だと考えると分かりやすい。悪魔が宇宙船に乗って地球周辺を移動しつつ、秘密結社員を中心に交流している。さて、悪魔の乗る宇宙船を秘密結社配下の宇宙機関や報道機関とかが、正しく公表するのだろうか? あり得ない事が分かる。高性能レーダーがある事と、大衆が支配層から事実を知らされる事とは、全く別というわけだ。言い換えると、大衆が真実を偽られている社会である以上、高性能レーダーの有無は、なんらその現状に影響しないというわけだ。

映画ではゼイリブがお奨め。とっくに宇宙人の支配下なのに、大衆は宇宙人がいる事を知らされず、景気が良くなるのを待ちながら働き続ける。支配階級は平然と宇宙人と交流し、美味しい生活を享受している。ゼイリブでは、支配者達は科学技術を使って大衆に本当の何かを見せてくれるどころか、支配者達の本当の姿(まかまがしい宇宙人)を隠すために科学技術を使っていた。


レーダーに引っ掛からない理由を読者は自分で納得できただろうか?

関連記事
映画・ゼイリブ~結婚して子供を産めの解釈

レベルE(冨樫義博)1~既に地球住み着いている多種の宇宙人
レベルE(冨樫義博)2~地球の上空にスクリーンがあり、異星人の宇宙船を覆い隠している

支配層がブルービーム計画で映したい空は、宇宙船の無い宇宙
本物のドレイクの方程式とフェルミのパラドックスの解

悪魔の存在証明~悪魔は心の中にいる? 爬虫類的宇宙人として人間の管轄外に

テーマ : 宇宙人
ジャンル :

リンク
月齢
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人と引き合わせる事のないようにお願いします(お子さんなどはO.K.)

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
本物の魔道書
魔法は存在するからこそ、この価格に
最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。相談は承りますが、意見メールは特に不要です。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
放射能が除去できる空気清浄機
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  3ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運