7月1日辺りから金星と木星が最接近

7月1日辺りから金星と木星が最接近する。ある程度の視力がある前提で、肉眼で見える。

ムービーには本日前後の動きがシミュレートされている。言語は英語だが、映像には言語が関係薄いので大丈夫だ。

Juneは6月、Julyは7月。
Venusが金星で、Jupiterが木星となる。大きさはほぼ同じに見えるのだが、金星は欠けて見える。
ヴィーナスは美の女神でギリシアではアフロディーテ。ジュピター(ユーピテル)は天空神でギリシアではゼウスの事。

筆者は昨夜の内に見ている。「金星の近くに光ってる星があるな~」みたいに思った。なお、3次元空間自体が幻影なのだが、見えている星々は幻で、四次元の世界に本物の金星や木星があると言える。それってつまり、天動説って事? いいや、三次元世界で天動というだけで、四次元では別に地球が中心というわけではない。進化論(疑似科学)と創造論(伝記)のどちらを信じても正解ではないよう、地動説(科学)と天動説(古来)のどちらを信じても、本質ではないというわけだ。


昨日の記事とは内容が違いすぎるので笑ってしまうが、同じく宇宙の神秘というわけで。魔導師ならば広くそれなりに深く、何事も把握して貰いたい。

関連記事
月はイリュージョン~見えている月は幻影で、月の真の姿は地球外にある
地球の中に宇宙がある?!~三次元空間が幻である地球
スーパームーンの満月~月は人工機械

未確認飛行物体~光の球の正体は監視者

テーマ : テクノロジー・科学ニュース
ジャンル : ニュース

女はアストラル体で男を受精させ、男はフィジカル体で受精させる

フィジカル体というのは物質体(肉体)、アストラル体は幽体と解釈して貰いたい。
本日は性愛がテーマ。当ブログでは、開設当初より「女からセックスのパワーを受け取れない男が成功する可能性は、露程にも無い」という話をしてきた。

セックスというと、何かと女だけが妊娠して責任を負う印象が強い。しかし、実際には多くの男が金銭的な負担を負う事になっているし、仮に母子手当を貰うにしても、男が納めている税金から出ているようなものだ。

女だけが妊娠するというのが通念だが、実はセックスによって男もアストラル体で妊娠してしまう立場なのだ。女の送り込んできた精のようなエネルギーに幽体が受精させられると、社会で成功したり、失敗したりする事になる。

よく、たとえ公務員とか、一流企業に勤める男でも、病気なども含めてクビになったら即離婚みたいな女もいる。意外に女の方が現実的でステータスにこだわるので、理解できない事は無いが、実質としては、男にとんでもない幽体の子供を次々と妊娠させた、こっ酷い女というわけだ。男が駄目になったら、女にもそれなりに責任があると言える。アストラル体に変なのを妊娠させられた男は残念ながら、女に「責任取って」とは言えない世の中だ。ここは一応ジョークだが、旦那がリストラされたら即離婚と予め宣言しておく女は、女が子供を産んだら即失踪すると予め宣言しておく男と同じだ。

男女の相性も多少は関係するが、原則としては男の価値は女が変化させる。ある女が公務員と結婚しようが、無職と結婚しようが、男の何年か後の格というのは、一定の範囲に収束するというわけだ。そもそも、相性が悪いのに付き合ったり結婚する理由の1つがステータス(肩書き、収入)なワケで、元より女の方には、男本人に惚れている部分なんて存在しなかった事になる。

結婚を前提に男が自分の仕事を女へ語った時に、女の親などから「それで食っていけるの?」みたいな質問が来る事がある。食っていけるかどうかは、女がどう男を成長(受精)させるかであって、男の収入は女で決まる事をまるで理解していない質問と言える。女がいい年になったら、食わせてもらえるかが焦点ではなく、そもそも嫁に貰ってもらえるかが主題となるはずだが。せめて、「女の私が食わせればいい」の方が道理なのだ。

タイトルの話を言い換えると、男というのはフィジカルで妊娠させる事ができ、女はアストラルで妊娠させる事ができるというわけだ。

「妊娠させられる」というのは女の危険が全てはなく、「妊娠させた女を養わねばならない」という男の危険でもあるのだ。妊娠に関しては賠償の対象にならない娼婦を男が選ぶのは、おかしい話ではない。ましてやパートナーがいないならば。ちなみに、避妊無しでも人類の妊娠確率は動物の中では相当に低いので、そんなリスクを恐れていては何もできない。転覆するかも知れないという理由で、観光船などに乗らない人は、そうそういない。病気が不安な人もいるが、当ブログでは以前に「年頃なのにセックス相手がいない状況は人生の病気みたいなもの」と語った気がする。読んだ人もいるはずだ。

ゲーム業界の有数クリエーターを調べると、最初はアダルトゲームを作っていたような人が目立つ。しかも、ゲーム内の世界の女にだけ興味があるのではなく、風俗やキャバクラなどに通っていた情報も発見できる。もちろん、スケベというのもあるのだろうが、幽体の部分を受精させて貰うために、娼婦の力を借りるのが当然という認識なわけだ。ホリエモンも成功するまで風俗に通っていたと自白している。もちろん、成功後で結婚前は愛人だろうが。

もちろん、風俗嬢じゃない女と、妊娠させないように付き合うという状況がより良い。

忍者漫画を描いているのは女忍者という話はしたが、セックスの物語を描いている人が妄想だけで作っていたら馬鹿げているというわけだ。まあ、ネットには童貞や処女の官能作家は語られているが、ビデオとかを見ていないわけではなく、疑似体験は人より遥かに多いはずだ。本番さえしなければ処女童貞は主張できるので、本番以外はバッチリ経験というオチもあろう。一方、実は「エロゲーム会社の社長です」という人と話した事もあるが、長身で奥さんも子供もいて、むしろ成功者だった。


ブロガーなどで、社会問題については多少、分かったような人でも、無神論者などで精神世界がまるで把握できていない男だと「セックスしなくても覚醒している人はいる」みたいな主張をしており、的外れというわけだ。幼稚なのは、「偽りなくセックスしているか、いないか」をどうして、その男が分かるのかという根本的な話にもなる。特にキリスト教の神父・牧師みたいな立場だと、口では説教しつつ、行動はスケベという場合ありがちだ。一方、爬虫類人の存在を認識していても、「爬虫類男は買春が好き」みたいなくだらない話をしていたら却下となる。その論法で行くと「進んで売春するのは爬虫類女」なわけで、爬虫類男ばかり責める態度も許容できない。そもそも、人類は爬虫類的宇宙人と地球原人とのハイブリッドなのだから、支配層の血が濃い事はあれど、大衆だって構成の3割は爬虫類人なのだ。まあ、便宜上は5割超の人を爬虫類人と呼ぶのだけど。

以前に当ブログの読者から「俺は経営で関わっているけれど、ソ●プの女の子は元気。ブログで娼婦の話をして欲しい」とあったので、前回は「アポロは月に行けない~千と千尋の神隠しの湯女と売春宿」という記事で語った。今回も語ると、娼婦というのは男をアストラルの領域で次々と妊娠させている猛烈な女達なのだから、活き活きとしている女が中心でも当然だ。あくまで社会的に悪とされている事が彼女達に重圧なのであって、セックスの歴史や真実さえ大衆に知れ渡れば、ますます元気になる。


男の幽体にいい子供を妊娠させる能力は、容姿や人格、活力も含めて個人差はあれど、若い方が有利とは言える。

霊体革命という本は、サブタイトルが「性エネルギーの秘密」となっている。

セックスというのは1回1が体験(物語)で、思い出と経験を作る事と言える。同じ相手でも1回1回違うのだ。

追記で読者コメントより。続いての言葉はコメント者に向けての回答ではなく、全読者に対して。
幻の桜さんでは、男性側は快楽と引き換えにエネルギーを放出する(一方的に女性に流れる)とあった
そしてそのエネルギーを、風俗従事女性から吸い上げることで、管理し支配層に流しているという

女の方が気持ちいいのだから、男だけが快楽を味わうわけではない。お店に守られている立場となる娼婦ならば安心でき、むしろ女こそが相当に気持ち良くなれる。
幻の桜はあくまで神道水準の話。当ブログの記事は神道の裏奥義とも直結するカバラの話をしている。えっ? このブログでは最初から魔導師が知るべき知識の話しかしてないよ。他のテーマも含めて、関係の無い持論だとでも思った?
まあ、お金というエネルギーに注目すると、特に「娼婦を介して神道マフィアが吸う」という要素が強い。ただ、あくまで風俗の話であって、女が男をアストラル体でという要素は、娼婦以外の女性こそが充分に持っている。娼婦は人数・回数が多いという話。

マネーの虎では、「奥さんで旦那の価値を決める」のような虎(社長)がいた。女が男に格を決定するという話に通じるものがある。

コメントを下さる人へ……エロいワードは標準で弾かれる設定なので言葉は選んでください。

関連記事
男の価値は女が変化させる~あげまん、さげまん

性エネルギーによるトランス状態から願望を実現

アポロは月に行けない~千と千尋の神隠しの湯女と売春宿

テーマ : 性とスピリチュアル
ジャンル :

デーヴィッド・アイクは2012年を転換点と語る~基準を決める事で大衆を支配する

当ブログは別にアイクの紹介ブログではないので、読者が必ずしもデーヴィッド・アイクの本を読んでいるとは限らない。と言いつつ、アイクの話を検索すると、当ブログが引っかかったり、当ブログが無関係ではないのも事実だ。

当ブログができるまでに、のさばっていた「デーヴィッド・アイクは嘘つき、ジョン・コールマンやベンジャミン・Fが正しい」みたいな工作ブログは、今は当ブログよりもアクセスが来なくなっている。当ブログ開設当初だと、先方はFC2のオカルトジャンルでは相当に上位だった。何が真実か、今の皆は把握していると言える。

次は2013年のムービーだが、アイクの思想の一端が出てくるので、本を読んでいない人はぜひ。2012年を転換点と語るがアセンションするなんて語っていない。2012以前は、むしろニューエイジのそういう思想は駄目だとも語っている。アイクの話は2013年以降の現実に沿っているわけだ。

これを見ると、
1.陰謀論を把握しろ
2.その上で精神世界や目に見えない世界の動向を把握しろ
のように、当ブログと指針が同一だと分かる。なお、「爬虫類人は陰謀だ!」というのは却下して貰いたい。科学を信じているだけの陰謀論に過ぎず、科学を疑う状態こそが陰謀論をマスターしたと言える。この話は当ブログではジックリ語っている

ムービーのコメントでデーヴィッド・アイクを本心から悪の手先だと考えているのは、またしてもキリスト教系の信者。まあ、アイクは「キリスト教は極めて偽り、他の宗教も同様だけど」と語っているのだから、キリスト教を信じたままアイクを信じる事はできないのだが。多くの場合、矛盾がすぐに見つかる。アイクを悪の手先と語るある人は宇野正美(陰謀論者)も信望しているのだが、宇野正美は宇宙人やレプティリアンを肯定している。ただし、その部分だけを取り出したムービーは消されてしまった。宇野正美の陰謀論ムービーが多数ある中、ピンポイントでやられてしまったか、自分で消すように仕向けたかだ。「陰謀は語ればいいけど、オカルトはやめろ」と圧力でもあればそうなる。


一方、当ブログに「宇宙人はいない」と長文で乗り込んできたのは、キリスト教系カルトの信者だった

アイクは爬虫類人の存在を大衆の顕在意識に認識させた功績を持つ。実際にはアイクが語らなくても、創作物語にはガンガン出てくる。また、崇拝しているとしか思えないくらい、頻度高く龍蛇が登場する。龍蛇なんて関係無いのに無理にタイトル名や人名に龍蛇・辰巳、ドラゴン・スネーク・コブラを入れたりする理由は、作者陣が崇拝しており、本当に存在すると魔法結社で教わったからだ。

爬虫類人を否定するために作った本には「地球人の科学で宇宙人みたいな生物を合成した。飛行物体も地球の科学で造った」などと記されているが、宇宙人の真実が出回ってしまったために用意された後出しの情報となる。古代遺跡に爬虫類的宇宙人がある理由や、日本も含め古代の権力者の正体が竜や蛇という状況の理由を全く説明できない。騙すターゲットは「爬虫類的宇宙人を認識した人」なので、偽情報の発信者は「私は科学者だが、宇宙人と繋がってメッセージを受け取った。そして、地球を支配する爬虫類的宇宙人はいない事を確信した」のような主張をして裏返そうと躍起になっている。


それから、アイクはオバマを悪人の配下だと語っている。爬虫類人の存在を支持しつつ、聖書の言葉が出たり、オバマを光と語っていたら、主張はハチャメチャとなる。「爬虫類人は陰謀(だからいない)」よりはマシだけどね。当ブログのオバマの話はこちら

基準を決める事で支配する話のアイク・ムービーもある。こちらの方が意味を理解しやすい。

筆者がアイクの素性を解説すると、彼も魔法結社員で、どちらかというと善の勢力といえる。また、彼自身が爬虫類的宇宙人の遺伝子を強く持つ人間だからこそ、サッカー選手になれたり、テレビに出られたり、政党の顔になれた。本には「爬虫類人の首相にスキャンされ、同類だと判断された」とあるので、別に隠しているわけではないのだ。


どうして真実を語るアイクの本が出版され、アイクも無事でいられるのか? 彼は覚醒者だし、バックの結社にはスネーク魔女がわんさかなので、そう簡単にはどうこうできないのだ。


大いなる秘密が日本では最も古く、ブログ筆者もこの本でアイク・デビューした。ブログ筆者は新刊の「ハイジャックされた地球を99%の人が知らない」以外は全て読破している。→その後、読破。

いやー、アイクの本がスムーズに買えるので便利な記事だなぁ~。

アイクはファイナルファンタジー7に、魔法結社のシンボルを見つけていて、どこかで語っていた。本ではなかった気がする。

その後に筆者はファイナルファンタジー9をプレイしており、案の定、見つかったというわけだ。

また、アイクは映画もよく見るようで、
マトリックス
ゼイリブ
アイズワイドシャット
ステップフォード・ワイフ
トゥルーマン・ショー
Vフォー・ヴェンデッタ
クライシスオブアメリカ
を筆者が見た理由はアイクの本に出て来たからだ。


それまでは、バックトゥザフューチャーやバタフライ・エフェクトみたいなのが好みだった。

さて、映画の話になったので、記事タイトルとは直接関係の無い話をする。読者から紹介されたオブリビオンの記事は準備中で、更にもう1つ、TIME/タイムを視聴した。お金が無くなった代わりに、余命という数値に置き換わる。余命を使う(渡す)事で物品やサービスを受け取れる物語だ。富裕層は1000年超の余命を持ち、貧困層は1日しか持たない。記事を書くと、読者にはある程度内容が判明するので、今の内に視聴をどうぞ。


関連記事
宇宙は超知性を持つ宇宙人によってデザインされたマトリックス的コンピューターゲームである
会社で出世しやすい人は爬虫類人?!~ゼイリブから分かる事
アイズ ワイド シャットの都市伝説
クライシスオブアメリカ~洗脳で大統領を仕立て上げる映画

デーヴィッド・アイクの新刊登場~サタン-ムーンマトリックス
デーヴィッド・アイクの新刊登場~サタン-ムーンマトリックス2
太田龍氏~ジョン・コールマンとデーヴィッド・アイク
なわふみひとによるデーヴィッド・アイクへの疑念を崩す
デーヴィッド・アイクの真偽について再考察~バランサーとは?

救世主イエス・キリストの正体は異星人(宇宙人)である
聖書に登場する惑星コロブは神の出身星=爬虫類的宇宙人の惑星ニビル

テーマ : 都市伝説・噂話
ジャンル :

《ガタカ》宇宙飛行士になる物語~身長を伸ばすイリザロフ法~タイタンには何がある? 1

6月に入って、萌え系のアニメの話題が続いていたので、「当ブログにふさわしい格好いい映画」を募った。すると、ガタカとオブリビオンを紹介されたので、ガタカの次にオブリビオンという順で視聴した。「美少女アニメ連続じゃ格好悪いので、当ブログにふさわしい格好いい実写映画」シリーズのパート1となる。

取りあえず、パッケージ上部のイケメンの顔をチェックして貰いたい。ついでに、女優の顔も。

ガタカというのは、宇宙飛行士を養成する会社となる。近未来の世界、平均的以上に裕福な親は、自分達の遺伝子の組み合わせから、より良い受精卵を選択して子作りできる。それが子供の作り方の普通だった。しかしながら、セックスで愛の結晶として生まれてしまう場合もある。そんな主人公の物語。


人は生まれてすぐに遺伝子を検査され、推定寿命や死因が判明する。もちろん、通常は遺伝子解析後に生まれるわけだが。病気を排除し、子供の幸せのために遺伝子選択が推奨とされる。

主人公は成長も鈍く、近視で、体力も弱い。2つ下の弟にすぐに身長は追い抜かれる。大人になっても便所掃除の仕事が貰えるだけだった。会社に受かる適正も遺伝子で決まる世の中なのだ。肌の色ではなくDNAで決まる。これは現実でもそうではあるまいか。特に白人の庶民が勝手に肌の色でランクがあると考えているだけで、実際に富豪や有名になる人には、有色人種も多く存在する。つまり肌の色に絶対的な何かがあるのではなく、爬虫類的宇宙人の遺伝子を強く持っている者こそが覇者となれるわけだ。


映画の話に戻し、主人公は不適合遺伝子という扱いで、本来はガタカ社に合格できるはずもない。ガタカの施設で便所掃除の仕事をする毎日だった。一方、主人公は少年時代より努力はしていた。身体を鍛えたり独学で勉強しつつ、知識や基礎体力としてはガタカに合格するくらいの能力を身に付けていた。10歳代・中盤過ぎの時には遠泳で弟に勝利した事もあった。

ガタカは土星一帯を調査する事業を展開している。社員は勉強やトレーニングをする事になり、学校のようなスペースとも言える。宇宙飛行士養成所なのだ。毎週のように他の星へ飛んでいる。血液認証で出入りするので、部外者はそう簡単には侵入できない。唾液や血液などで遺伝子を調べられ、相手が誰かすぐに判明する。

宇宙飛行士になる夢を諦める事をしない主人公は、仲介者(金儲け)に紹介された適合遺伝子(イケメンで長身で体力がある)の人と契約し、主人公はその別人に成り済ます。適合遺伝子でも、不慮の事故で車イスになる人などが発生し、その人の体液や体毛などを常に借り受ける事で、その人に成り済ます裏のビジネスと契約するのだ。考えてみれば、やりたい職業に就け、高収入になり、女を抱けるならば、必ずしも名前が自分である必要は無い。名前だけ自分で、いい想いをする人がいても仕方が無い。自分の願望を達成できない自分よりはずっといいのだ。

目の色はコンタクトレンズで対応。歯の治療も同じにし、顔付きもある程度に似るようにする。人工皮膚は毎日のように自分の指先に仕込む必要がある。機械の針に刺され、血を調べられて入館する仕組みなのだ。主人公は別人としてガタカ社に採用され入社する。主人公はこうして、遺伝子を偽る者になった。現実の大統領とかも、遺伝子を偽っている模倣?

いや、しかし、身長の低さだけはごまかす事ができないという事で、【イリザロフ法】という身長を伸ばす方法で、1年半かけて激痛が伴う手術を受ける。イリザロフ法を簡単に説明すると、足の骨をわざと切って、繋がる時に少し伸す事を繰り返すというとんでもない方法だ。もちろん、伸びるのを待つ期間はまともに歩けない。本来は左右長が著しく異なる場合の矯正の類いだ。顔の整形はよくあるが、稼いでいるチビの芸人の身長が伸びていない所を考えると、たとえお金があっても実行できないと言える。ハゲなら植毛で解決なのに、チビは大きな物を有していると言える。

ここで親が子供の遺伝子を選択する事について語ろう。映画の話ではなく、もしも現実にそんな世の中だったらという仮定だ。子供の知能は、高い組み合わせに超した事は無い。一方、容姿の評価は時代や地域によっても多少は変わる所はある。しかしながら、身長に関しては、チビを基準にして、高ければ高い程に良くなる。幾ら容姿は関係無いんだと言いつつも、自分の子供の遺伝子を組み合わせの中から決められるとして、わざわざ低身長を設定する事は考えられない。標準よりもやや高め~高身長を設定するはずだ。親と言うより、自分が選択できるとしたら、低身長なんてあり得ないと言える。しかしながら、現実の転生の仕組みを考えると、低身長の運命を選ぶだなんて、大きな試練にチャレンジしたとも言える。顔や学歴など、他の要素は結構ごまかせるが、身長だけは宿命に近い域だと認識して貰いたい。

チビの男がいるとして、嘗められて勝手に上下関係を決められたり、女にもてない事そのものよりも、最初から身長が高くそれなりの扱いを受ける奴がいる事自体が許せないのだ。だから、たとえ手術で身長が20cm伸びて、漸く長身の部類になる事ができる人がいるとして、物凄く痛い思いをしたり、手術に1000万円必要だったり、感染症のリスクや傷跡が残る状況こそが許せないのだ。身長が低い状態でも女にもてたり、容姿が関係する就職にも有利ならば、別に身長を伸ばしたいわけではないのだ。もちろん、その手術が無事終わった場合には、そんなモヤモヤは無くなっているだろうが、チャレンジを開始したり、成功するまではモヤモヤが発生する。

時は金なりという発想はあるが、身長もなにか資産ではなかろうか。ドラえもんの道具で、一定のお金を得る度に身長が縮むアイテムがあった(デビルカード……コミックス22巻)。のび太には何の才能も無いと思ったら大間違い。身長は別に最低レベルではなく、普通の域の人生を歩めるというわけだ。ドラえもんは未来からやってきたドラゴンでえもんという悪魔なのだが、要するに悪魔(宇宙人)って未来人って事? 未来人に関しては、今の所、当ブログでも扱えない。身長を対価に金銭を得る架空の道具には、日本民話の「宝の下駄」がある。


筆者がブログ経由で今まで会った男性では、実は小柄な人の割合が高い気がしている。もちろん、長身の人もいたが。多くの平均~長身者は、ある程度人生に満足してしまうのか、当ブログのような情報を関知できる可能性が激減すると言える。つまり、当ブログのような情報を掴む1つの手段として、低身長というステータスが有効になるわけだ。

当ブログでは以前に、幻魔大戦という漫画内の「ナポレオンはチビだった」という話で身長の記事を書いた。ナポレオンは皇帝にまでなっている。つまり、相当に血の濃い者が選出されたわけだ。チビでも爬虫類的遺伝子を持つ者は問題無くいるわけだ。日本皇帝も別に長身ではない。天皇162cm、皇后162cm、皇太子163cm、昭和天皇165cm。ここで未婚女性に進言、イケメンは当然としても、男の高身長は別に意味が無い気がする。一説では、身長の高い男が女に好まれる理由は、身体のシルエットが男性器の形に似ているからだ。しかし、実際にはチビは足が短いだけで、胴から上のサイズはそんなに違わない。つまり、大事な部分のサイズを身長で決めてはいけないわけだ。また、あまりモテないので女をありがたがる傾向にある。高身長男の相手では女神になれない女性でも、低身長の男性ならば女神になり得る。

ガタカの主人公は土星の衛生タイタンに行く候補者となった。ここはガタカの話から離れるが、別の映画オブリビオンでもタイタンを目指している。土星の衛星数は61~64と言われている。アトラス、プロメテウス、パンドラ、ヤヌスなど、聞いた事のありそうな名前の付いた衛星もある。しかしながら、創作物語ではタイタンばかり。銀河鉄道999でもなぜかタイタンに到着した。土星そのものではなく、タイタンに駅があるのだ。魔法結社では異空間のポータルだと知らされているのではあるまいか。

タイタンというのは土星の6番目の衛星だ。現代科学でも、現在生命が存在している、あるいは過去に存在していたと考える研究者がいる。大陸のような地帯は、“Xanadu”(ザナドゥ、桃源郷)と名づけられている。ザナドゥというのはゲームになっていて、ファザナドゥはクリアしている。内容は覚えていないので、今の所、ブログ記事にはできない。


何度か当ブログでは語っているが、自分の信じている世界しかシナリオに描く事はできない。魔法結社でタイタンと習ったり、本当に行ったのでもない限り、タイタンだけにこだわる理由は存在し得ない。ある創作物作品でタイタンを採用しているのならば、別のクリエーターは「俺はプロメテウスだ」とするのが、パクリ疑惑を避ける手段のはずなのに、ことごとくタイタンという事はタイタンに意味があるのだ。ちなみに、ティターンとも読む。HOT・Bのゲーム・ドナでは、月の支配層はティターンと呼ばれていた。ギリシア神話のティターンと同一と言える。←この記事はあまり受けていないが、結構面白い内容が満載のはずだが。

つまり、土星のタイタン人、月人、地球の支配層ティターンは同一の宇宙人という結論となる。

現実では宇宙飛行士というのは、秘密結社員だとされている。魔導師も健康な肉体が推奨されているので合致する。

宇宙の真実に対しては大きな話ではないが、指が6本など、指が多いピアニスト向けにピアノの曲があるようだ。5本指の人にはまず弾けない曲があるわけだ。

不適合遺伝子の主人公は、ついに美女(ヒロイン)とベッドインする。海沿いのラブホの窓がマジックミラーになっていて、ベッドの側から海が見えるのは面白い。しかし、行為の後日、その美女に遺伝子を偽っている事がばれて困惑させてしまう。だが、最終的には美女は主人公の男に惹かれ、またベッドイン。当ブログのいつものジョークだが、ヒロインは長身とイケメンに惚れたのであって、たとえ遺伝子が不適合の男であっても、更には偽った嘘つきであっても、見た目が長身イケメンでテクニックがあれば、またベッドインしたくなるというわけだ。チビのブサメンにはテクニックを試すチャンスは薄く、大金でも儲けるしか無い。お金は裏切らない、嘘をつかない

当ブログに来ている以上は、身長にかかわらず能力開発の源となる爬虫類的遺伝子を人より濃く持っているはずだ。

なお、イケメン関連で同じジョークは、「超時空要塞マクロス」の記事と「美しき緑の星」の記事で実施している。

主人公の台詞より。
下級遺伝子でも可能なんだ。何ができるか決め付けるな!

これは何を思ってクリエーターは語らせたのだろう? まさか、宇宙人の爬虫類的遺伝子が少ないのに、魔法結社で才能を伸ばした人がライターなのだろうか?

というわけで、映画ガタカの記事となった。殺人事件なども起き、その辺りの事は当記事では語っていない。当記事の情報を有したまま視聴しても充分面白いはずだ。


関連記事
宇宙飛行士が秘密結社員の理由~激論!コロシアム~これでいいのか?ニッポン
NASAの主席科学者が衝撃発言 「20年以内に地球外生命体を発見できるだろう」
土星が守護したセガサターン~土星人は尖り頭でハゲ!?

宇宙人は意思の力で創造する~映画ダークシティ
ゴースト・オブ・マーズ~火星の邪霊
クライシスオブアメリカ~洗脳で大統領を仕立て上げる映画

幻魔大戦~地底の爬虫類人に月人の物語?……低身長の話も

我々の住んでいる世界はドーム2~星をみるひと~宇宙船地球号……本年では最低水準の拍手数。ファミコンのショボ画像は、萌えアニメよりも遥かに相手にされない事が証明された。

テーマ : SF映画
ジャンル : 映画

集団ストーカー被害は存在するのか?~憑依による錯覚?

以前から言葉としては認識していた「集団ストーカー」について述べる。あくまで現時点での見解なので、証拠次第では変わるかも知れない。なお、「私は確かに被害を受けている」というのは証拠にはならない。「私の知人が受けている。これだけの実証がある」という話の方が客観的なのでマシだ。ただし、相手を対面で知らない人が憶測で「あるかも知れない」という話は避けてもらいたい。本件では、可能性というのはあまり重視できず、的確な証拠や他に説明がつかない現象を重視する。

集団ストーカー被害の概要をまず。仏教系のカルト要員が、ある個人を10人20人単位で付け回すといった訴えをする人が、ネットには結構いるという状況だ。実態を調べると、通常は妄想とされ、もう少し納得のいく話だと錯覚という結論だった。

ある人が転んだとする。すると、通りかかった近所の人が寄ってきて手を近づけてきた。通常は起き上がるために手を差し出してきたと思うはずだ。しかし、「私は集団ストーカーの……」という想いがある人は、思考が反転してしまっている。「転んだ俺(私)に、更なる追い打ちを掛けようとしてきやがった! いつもストーカーしているから、近くにいたんだな!」となるわけだ。自分の家の前は公道なのだから、色々な車が駐車するわけだし、自宅敷地に裏から入り込むような人でも電気や水道のメーターを見に来ただけかも知れない。その人に対してどう思うかというのは、心の中にしか存在しないわけだ。

ここで、1つ体験談。実は筆者のブログ・コメントに新手の出会い系の勧誘が昨日あった(メルアド記載だった)。最初から判明するわけではなく、相談を持ちかける読者だと思っていた。当ブログは人と会う事も実施している上、悩み相談を受けやすい立場でもある。メールをやり取りして1日以内に勧誘だと気付いたのたが、勝手に相手を工作員だと思った時間もあった。要するに、筆者の時間を奪うためのトラップの可能性を考慮したわけだ。ここで気付いてもらいたい。相手のメールアドレスを検索すると、実際にはFC2ブログに広く書き込まれたスパムに過ぎず、相手にはなんら当ブログへの工作の思惑は無かった。しかしながら、ブロガーの性格によっては、「集団ストーカーの一種で工作員だ!」と信じたまま、動かないのではあるまいか?

一方、たとえカルト員であっても、報酬無しには動かないと考えられる。1回2回ならばともかく、毎日のように集団でという事はあり得ない。奉仕活動は無償という事はあれど、何か大義名分(デモ行進など)があっての上で、個人攻撃にそんな何十人も動かせない。街頭演説とかで原発反対とか叫んでいる人も、仕事だからやっているのだ。たとえ原発反対は本意だとしても、報酬無しに演説をさせられる人はいないのだ。

ターゲットの決定権を持つような立場の人が、わざわざ利用価値の薄い相手を選ぶ理由に欠ける。自分の活動に邪魔で、影響力のある相手に仕掛ける事に意味がある。影響力の無い人間をターゲットにする事には理解できないのだ。

ネットで政権批判や陰謀論を展開している場合であっても、アクセスの小さいブログが「私は被害に」と叫んでいる事が多い。仮に後にある程度のアクセスを集めるにしても、開設時期は存在すら知らない人が全ての中、最初の内から「私は被害に」と言っている状況は矛盾する。ツイッターにせよ、ブロガーにせよ、わざわざ日当を払ってストーカーをさせる程に影響力があるとは思えないのだ。また、ターゲットに選ばれた以上は、それなりの理由があるはず。誰かを傷つけたとか、そういう事をして、仕返しをされているとは思わないのだろうか?

確かにネットメールのやり取りは監視できる。しかし、それが可能なのは権限を持った人であって、しかも高給を得ている人の話だ。権限の小さい末端員が、1人の個人相手に限って監視する立場にある事は考えにくいのだ。指令を出す人が通信業者やネットの利用サービスなどに、相当に影響力が無いと不可能だし。本当に監視したい場合には、気付かれずにやるのだから、相手にはストーカー被害意識が無いはずだ。

やはり、実施に意義があるとすれば、自分の思想の邪魔をする有力者とか影響力のある人に限られる。だが、そういう人ならば対策法もすぐに打ち出してくるはず。もっと言うならば、集団ストーカをする方もリスク(訴えられたり、暴力を振るわれたり)がある。つまり、影響力がありつつ、相手が反撃しない事を知っている状況でしか、集団ストーカーは実行できないのだ。「被害を受けても対策方法が思いついていない」という事を知っているのは、本人以外にはあり得ないのだが。

以前に「ウチの上にいつもヘリが通る」という他のブログ記事を読んでいて、「そういう事もあるの?」と思った事もある。しかし、ヘリコプターをチャーターした場合、1回20万円とか掛かる。自前のヘリを使うにしても、毎日飛ばしたら、馬鹿にならない金額だ。ブログなどをやめるかどうか分からない1個人相手に、そこまでの出費をするとは考えられないのだ。ちなみに、筆者の自宅周辺の上空を爆音の戦闘機が横回転しながら何機も飛んだ時は驚いた。戦闘機を数台も飛ばすとなれば、とんでもない経費になるわけだし、冷静に考えると自衛隊の演習というわけだ。「近所に工作員がいる」と語りつつ、「ヘリコプターが上空を」という訴えは矛盾する。近所の工作員の家上空を通るわけで、工作員に取ってもうるさいではないか。それ以前に、自分の家以外の上空も通って到達できるわけで、他の人に迷惑が掛かり過ぎる。ワープして上空に現れるわけじゃないんだから。

お金を用意してでも黙らせたいのならば、人を雇ってストーカーや嫌がらせではなく「現金50万円上げるので、もうブログとツイッターやめて」という方が安上がりだ。継続的に資金を投入し、人員を導入しても結果は不明なのだから、いっその事、「金やるからやめて」の方が早いわけだ。なお、当ブログは50万円では安過ぎる(笑) 一部記事削除ならば、それでもいいけれど。

集団ストーカー、筆者の見解としては、精神病(医学的な意味は薄い)の一種で、なにか邪霊に憑依されていると、その症状が出るのだと考えた。ただし、霊に憑依されているので、人によってはかなり感受性が高まり、陰謀論や宇宙人による支配までも見抜いてしまう事があったり、「俺は宇宙人からメッセージを受け取っている」という自覚を持つ人もいる。実はそういう人を2人発見しており、言っている事は当ブログに準じるくらいの凄い内容を展開しつつ、なぜか「被害に遭っている」と語るのだ。しかし、影響力はほとんど無いし、他に影響力のあるブロガーを野放しにしつつ、アクセスの小さいブログをわざわざ遠回しな方法でストーカーする道理は無いのだ。


ポイントを整理すると、集団ストーカーというのは実質的な危害はほぼ無く、近所の人や知らない人がコソコソ話したり、睨んでくる程度。自宅前に知っている人や、知らない人が常にいる。知っている車もあれば、知らない車も常にある。行く先々、と言っても、最寄りの駅とかお店で同じ人と出くわす。これは別にストーカーされていない人でも当然のように起きる事だ。睨んでくるといっても、憑依された顔とか、「お前ストーカーだろ」という顔で見られれば、誰でも無視しようとしたり、嫌な顔をしたり、睨み返す事になる。ここがポイントだが、仮に嫌がらせをしたい相手がいるにしても、追いかけたり、コソコソと噂したり、睨む程度で済ませる理由が全く存在しないのだ。毎回、物を投げられたり、つつかれたり、目の前で暴言を吐かれたりというならば分かるのだが。

「被害に遭っているんだ」という人は多くが自家用車を持っておらず、行動範囲が狭い人だと考えられる。移動するにしても電車に乗るから接近されるのだ。片道1000円くらいの街へ電車で行ってもらいたい。それでも見知った人達が追いかけてくるようだったら、ストーカー者にしても経費の2000円が出ないといけないわけで、時間も関わるし、もっと謝礼を貰って当然という認識になるはず。その人達に充分なお金を払う勢力が無いと成立しない。そんな金銭的価値は想定できないので、やはり錯覚というわけだ。もっと大袈裟な話、海外旅行へ行っても付いてくるようだったら本物だ(笑) 早速、「それだけの人数を海外にまで派遣できるならば、300万円くらい下さい。それでツイッターやめるんで」と切り出そう。

皆が顔見知りに近い田舎ならば閉鎖的なので、集団ストーカーとはニュアンスの違う行為はあるにせよ、ストーカーを自覚しながら都会で住み続けるというのは別問題と言える。「村八分的に妨害を受ける」と「集団ストーカー」とは異なるわけだ。また、何かの報復の嫌がらせや、嫌がらせのつもりは無く勧誘のための待ち伏せなども、ニュアンスは異なる。もっと明確に判断せねばならないのは、集団ストーカーが存在する事と、叫んでいる人が本当に被害に遭っているのかは別という事だ。ヘリが上空を飛ぶとか、自宅周辺に停まる車のナンバーに4や9や6が入ってる訴えとかは、別物と言える。

集団ストーカーは実質は可能だが、実行者には金銭的問題が発生する。ネットで被害者がたくさん出現する程にケースは多くないはずだし、それだけの人数(金銭)を動員して追い詰める程の価値がある状況というのも想定できないのだ。ましてや、それが何年も続く事はあり得ない。憑依ならば、何年も続く事はあるという思考というわけだ。


一説では、日当を7000円くらい貰ってやっているという説もある。宗教は末端からエナジーを吸うシステムなので、金銭だけが吸われるわけではない。しかし、ある1人が宗教の勧誘を断った(その1信者から将来得られるお布施を逃した)程度でストーカー対象になるとすれば確実に赤字なのだ。宗教組織は折角信者から集めたのに、なんでそんな事に使わないといけないのか? せめて、新たな信者候補を見つける事にお金を使えばいいはずだ。脱会者への見せしめは想定しやすいが、何年も経つ内に脱会者なんてどんどん増えるのだから、特定の人に長期間という事は無い。

「創●学会叩きにデマという禁じ手を使い、統合失調症の人をも利用してきた」という意見もある。アニメでもよく、創●学会だからデタラメだというデマを信じている人がいる。アニメに臓器提供推奨シーンでもあれば、即、創価のせいになるという具合だ。要するに、情報戦の一種であって、ネットで肯定される程にたくさんあるケースではないというわけだ。

1つ気に食わないのは、リチャード・Kに「私は被害に遭っています」と助けを求めた女性信者がいて、「病院へ行ってください」と返した事だ。「偽りに過ぎない病院なんかを奨めやがって」と思った時期もあったが、そんなものは存在しない事(あっても、そう簡単に成立しない事)を知っての返答だった事だ。リチャード・Kは創価を叩いているのに、なぜか集団ストーカーについては存在しないと切り捨てる。

ネットを調べると、実は総合失調症と診断され、治るのが通常のようだ。治るって事は、最初からストーカーは無かったというわけだ。まあ、宇宙人からのメッセージを受け取っていたら、ついでに病院の治療で脳を麻痺させられ、メッセージを受け取れなくなるリスクがあるのだけど、ストーカーの錯覚は消えるというわけだ。


被害者の訴えには「私がスーパーマーケットやコンビニに行くたびに知っている奴が……」とある。もちろん、近所の人なので当然、その店は利用するわけだ。今は楽天というサービスがあるので、一歩も家を出なくても、食料や飲料は手に入る。つまり、対策をしない事そのものにも疑念があるわけだ。


道理に外れる例だと、「俺はストーカーされている、俺のブログにもコメントがしつこい」とか言いながら、ネットで顔を出している理解不能な人もいた。顔を出すから本人だとバレるのだ。顔を出していないのにブログがバレバレならば、パソコンを乗っ取られていたり、部屋に入り込まれたり、何らかの被害は想定できる。まあ、その場合も、人が出入りしやすい部屋(寮とか昔ながらの共同廊下・便所のアパート)に住んでいるとか、そういう穴だらけなのだが。

パソコンがよくフリーズする事までもストーカーのせいにしている。中国製の安物を買ったので、壊れそうになったり処理能力が劣るだけの話。ネットを探せば、パソコンが不安定な人は多く存在する。クリエーターパソコン、ゲームパソコンなどを買えば、そう簡単にはフリーズしないし、長時間連続で不安定になっても再起動で解決する。電磁波兵器なんてのがあれば、パソコンそのものを破壊すればいいのに、その人は問題無くツイッターとかをやっている。

本来はストーカー対象なのに、ターゲットの性格によっては、集団ストーカーを実施しない(実施しても効果が無いとか、反撃されると判断した)場合があるのだとすれば、ターゲットが自分の思考や行動を変えるだけで、ある程度は現状が変わる事を意味する。工作は相手に応じて変えるのが常道だが、そうなると実施行為が集団ストーカーに決まった理由はターゲットにあると言える。

会社の不要人材に対し、辞めさせるためにストーカーを雇っているんだみたいな説もあるが、うつになるかどうか、辞めるかどうか、会社が雇っている事に気付くリスクなど、不確定要素が多過ぎて駄目だ。

呪いでもそうだが、実際に呪われているかよりも、本人が呪われていると信じる事こそが大ダメージなのだ。つまり、実際にストーカーがあるかよりも重大なのは、本人が被害を信じてしまう事なのだ。良い所に目を向ける人には良い事ばかり起き、悪い所しか見ない人には悪い事しか起らない。傍目には全く同じでもだ。

変な装置を照射され、鼻血が出るんだと語る人もいるが、福島から近い地域でそれを言われても結論は決まっている。放射能地域で心配すべきは、架空の電磁波兵器ではなく放射能だ。電磁波兵器で身体が勝手に動くという重傷の人もいるが、憑依されれば身体は意思に反して動く。ちなみに、霊というのは3次元空間では電磁波として存在できる。となれば、霊に憑依されると、その性質によってはパソコンが壊れやすくなる。霊に取ってみれば、実社会での肩書きなどどうでも良く、影響力なんて無い一庶民でもエナジーを吸うために標的とできるので実態と合致する。

思考盗聴の訴えもあるが、大統領とか超越した技術者、芸術家の思考を盗聴するならばともかく、別にスケベとかかがバレても大した話ではない一般庶民の思考を読んで、なにをしようというのか? 余談となり、超能力物語ではたまにあるが、女の読心者を逆に辱めるために、エッチな事を妄想して心を読ませるシーンなんてある。

他の可能性としては、本物の集団ストーカーがあるので、偽りの集団ストーカーの話を多く混ぜて、真相を分かりにくくするという説もある。しかし、それにしたって、ターゲットや目的が依然として定まらない。「宇宙人からメッセージを受け取っている人に嫌がらせをするんだ」では説得力が無いわけだ。なんで、他人が宇宙人からメッセージを受け取っているその人を知っているのか。宇宙人からメッセージを受け取りつつ、野放しになっている人との違いは何なのかなど、真相ではない場合には必ず疑問が発生する。

この世に一切の集団ストーカーが存在しないという断言まではできない。1割くらいは本当だろうし、その1割の人にしても、無関係な要素をストーカー被害だと勘違いしている。
当ブログが言いたいのは存在しない事ではなく、叫んでいる人の大半が錯覚の可能性が高いという事なのだ。無関係なケースを排除して、実際に存在したとしても、ネットで語られるような話はほとんど消えてしまうというわけだ。記事を書けば、情報が集まり、考察が進むかも知れないとの思いで記した。

なぜこの話をするのか他にも理由はあり、せっかく宇宙人や陰謀論でいい事を語っていても、「私は被害に」という話が付加してあると、一気に宇宙人の話までも信用されなくなるからだ。「宇宙人なんて言っている奴は被害妄想が激しい(よって宇宙人はいない)」というレッテルを避けて欲しいわけだ。と言うか、霊や宇宙人がいたら、どこからともなく聞こえる声は、宇宙人か悪霊の仕業であって、兵器という発想になるのは理解できない。

道理を把握してもらいたいのだが、真実を知らせたいとして、集団ストーカーの事実が国民全体に拡がっても、恐らく世の中は変わらない。一方、地球の支配者がなんなのかという事が国民全体に拡がる事は、ある程度の変化を実現させる事になる。よって、ストーカーの有無にかかわらず、宇宙人情報とかの発信者が語る事ではないのだ。仮にストーカーの話をしたくて、別ブログとか別IDという方法がある。

無関係な要素をなにかと23に結びつける妄想者の物語。


次の本は、33人の被害報告とか言うが、33が出る時点で著者は普通の人ではない。ハートマークはメンフクロウの事だ。


関連記事
肉食は本当に害なのか?~うつが治る~森脇健児が芸能界を干された理由は焼肉?

AngelBeats! 2~臓器提供意思表示を促す陰謀? 三位一体・キリスト教布教の陰謀?

デマ発信・翻訳のカラクリ~無記名や素性の無い相手には要注意
ホームページやブログに承認欲求が無い場合には工作員

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

我々の住んでいる世界はドーム2~星をみるひと~宇宙船地球号

記事のパート1はこちら。「我々の住んでいる世界はドーム?~ファンタシースター3・時の継承者」

読者情報だが、「星をみるひと」というファミコンゲームも「人々は宇宙船内のドームに住んでいた。多くの大衆は知らない」というオチだそうだ。


4人の超能力者がいて、自分達が住んでいる所は、実は宇宙を旅する宇宙船だという展開だ。しかも、そのドームの支配者は宇宙人で、イルカ・クジラだった! エンディングでは、イルカ・クジラと超能力者達は新たな星に降りる事になる。シナリオの考察だが、主人公達は人間というより超能力を持った宇宙人で、古代の地球に舞い降りた物語を描いているのではあるまいか。

ファミコンの時代でも、ゲームを作っているのは魔導師。たとえグラフィックがショボ過ぎても、ストーリーは馬鹿にできない。星をみるひとよりも超越しているファミコンゲームといえば、「じゅうべえくえすと」か。じゅうべえくえすとはファミコンの時代にプレイしたのではなく、筆者のプレイは去年となる。内容としては、時代劇なのに爬虫類的宇宙人が登場し、人間の女との間に巨人の子供を作ったと暴露。別にこの内容を知ってプレイを開始したのではない。龍姫というキャラを認識し、ラスボスの床が目玉だらけだと知り、「他にもあるかも」みたいな大した理由が無いのにプレイしたら、大当たりだった。


星をみるひとは、とんでもない駄作扱いで、クリアは偉業の域。余談だが、別ゲーム・エルナークの財宝は、インターネットが普及するまで、誰もクリアした人がいないのではないかという伝説まである。内容は不明だが、龍と蛇がパッケージに描かれている所を見ると、そういう事だ。なお、筆者は2作品のどちらもクリアしていない。


星をみるひとは、HOT・Bという倒産した会社の作品となる。これも読者からの情報だが、HOT・Bがパソコンゲームを作っていた時代、1987年にはドナ(DNA)という作品を発表している。

パソコンの黎明期には「ドナ」というアドベンチャーゲームがあった。概要としては、月文明・巨大都市メガロ・ダイナモにひしめくティターン(支配階級)とオーク(労働者階級)達。化け物同然として扱われるオーク男の主人公。最後は地球に到達し、ティターン(月人)の若い娘と結ばれ、その子供がホモサピエンスと呼ばれるようになったという話だ。月の文明が地球人を造ったという話というわけだ。進化論なんかを信じている科学信望者を、超越した場所から見下したような物語だ。魔導師が騙されている科学信望者を見るような、相当に冷たい視線だ。

パソコンの黎明期に、このような物語の作品が登場している事から、魔導師がシナリオを構成したと言える。同時期には、実にくだらないお下劣ゲーム(爆)や人体解剖ゲーム(汗)なども発表されているのだが、それらの作品にも目のマークが刻まれたりと、魔導師が作っている事が分かる。要するに、魔法結社で凄い知識を得つつも、お下劣ゲーム担当の人(笑)はいたわけだ。
josiryou.jpg
支配ツール・パソコンを普及させるために、エロで釣って、まずはモテない金持ち男にパソコンを買わせて……という話は語るまでもないだろう。エロゲ担当の魔導師は重要なポジションというわけだ。

ドラゴンクエストのシナリオライター・堀井雄二氏は元はアダルト全般を取材(調査・報告)するライターだった。人体解剖ゲームについても、コメントしている(爆)←別サイト画像へリンク。もちろん、エロゲームも作っていた。その名は、「軽井沢誘拐案内」。

単なるアダルトライターが、興味を持って何かを調査した程度で、「地底世界アガルタにいる青い肌の魔導師が竜に変身する」みたいな物語を描く事はできないし、ましてや大ヒットするくらい面白いなんてあり得ない話はいつもしている。スタートが殺人事件の物語ならば、それを極める方向が妥当のはずなのに、なぜか地底世界と竜人なのだ。

堀井氏は自称・キリスト教のカトリック(性に対する戒律が厳しい)だが、そんなわけない。本当は何なのか、分からない読者はいないはずだ。

星をみるひとはマニアなゲームなので、サントラはプレミア。音楽も当時の魔導師が創っているので、不思議な魅力があるのだろう。


HOT・Bの作品では、筆者は「バズー! 魔法世界」というスーファミのゲームをクリアしている。ダークエルフみたいな様相の地底人と戦う物語だ。主人公は男女から選べ、ストーリーは同じ。魔法使いを目差す少年少女が、最終的には皇帝の血筋だと判明し、皇帝になるという話だった。皇帝になってからは、地底人と戦争の本当の黒幕が登場し、魔法は人々から消滅する。当ブログのネタにもできそうな域だが、枝葉の部分を忘れてしまった!


「ゲームは面白い! 定年になったらゲームしまくるぞ!」という読者もいた。もちろん、老人でも本当にプレイしたければできない事は無いだろうが、30歳代がボーダーだと思って貰いたい。40代の人に以前聞いたのだが、「慢性的なだるさがある」だそうだ。体力はそれ程までには衰えていないが、若い時に比べて気力が著しく衰えるというわけだ。若い読者はなんとなく学校の勉強をしているヒマがあれば見たいアニメを視聴する。見るアニメを探しているヒマがあれば、ゲームのプレイをお奨めしたい。ある程度、年寄りでも漫画・アニメならば見られるのだ。最新のゲームじゃない方が、何かと安くプレイできる。一説では、ドリームキャストだと最新に準じた画像で、ゲームはおおむね叩き売りで、コストパフォーマンスがいい。20世紀からのゲーマーならば、画像はスーファミやメガドラの方がなじめるだろうが。


ドーム関連で、読者情報をここに。

ドーム型の地球と偽者の月で思い出したのが
天元突破グレンラガン(GAINAX)です。

・まずドーム型の地球について

主人公含む人類は地底に住んでおり
日々ドリルで地下を掘り進む人生。

上には何も無いと長老?から躾けられ
地上に向かうことを禁止されていたが
主人公一派がそれを破って行ってみると
そこには獣人と呼ばれる生命体が闊歩していた。

・次に偽者の月について

主人公達が月と思っていたものは実は人工物で
それを倒す(確かそうだったようなうろ覚えです)と
本物の月が空間から出現します。


天元突破グレンラガンを見てレビューして欲しいという要望は、実は当ブログに何件もある。というわけで、見るリストに追加はしてある。しかしながら、他に優先作品があり、もっと先だと思って貰いたい。また、たとえ見ても、「見たよ」という報告だけで、記事にならない事もあるし。

一方、読者からスーファミ時代のスクウェアのゲーム「ルドラの秘法」が超越しているという話を聞いたので、現在プレイしている。クリアには恐らく10~20日は掛かると読んでいる。スーファミ時代のスクエニ作品には馴染みがあるので、他機種や他社のゲームよりはずっと抵抗が小さいのでチャレンジというわけだ。


さて、地球人がドームで暮らしているという説は、宇宙船地球号というくくりになっているようだ。しかしながら、比喩的に使われる事が多く、本当に宇宙船だという意味で使われる事は少ない。筆者も何度か目にした事はあるが、その時はアホらしいと思っていた。今は本当の意味で宇宙船という状況があり得るという認識になったわけだ。


関連記事
「我々の住んでいる世界はドーム?~ファンタシースター3・時の継承者」
宇宙人は意思の力で創造する~映画ダークシティ……ドームに住んでいたという映画

地球の中に宇宙がある?!~三次元空間が幻である地球

神聖紀オデッセリアとゼノギアスは魔術の物語

銀河の三人(地球戦士ライーザ)~感情を持たない宇宙人が愛を感じて滅びる
じゅうべえくえすと(ナムコ)はデーヴィッド・アイクの世界を超える
聖書の神は宇宙人である!~ファミコン・女神転生Ⅱの唯一神はハゲで青肌

マリオブラザーズは異次元から発生する悪魔を退治するゲーム……カニは、冥界=地獄の意味だと今は認識
スーパーマリオブラザーズは性ゲームだった? 秘められた魔道
スーパーマリオブラザーズ3は悪魔崇拝のゲーム

ドルアーガの塔はドラゴンクエストに先駆けた魔道のゲーム
ドラゴンに変身する魔導師~マドゥーラの翼
ドラゴンに変身する魔導師2~魔鐘~7つの鐘とはチャクラ

外部リンク
マイコン創世期を飾った●リゲーについて語ってみる……マイコンというのはパソコンの事

テーマ : レトロゲーム
ジャンル : ゲーム

我々の住んでいる世界はドーム?~ファンタシースター3・時の継承者


日本や世界や宇宙の動向さんより、太陽系の真実に関して、面白い記事があるので紹介したい。当ブログ特有の診断で、先方のサイトはモルモン・神道キリスト派だと認識している。当ブログが紹介した記事以外は、原則は流して貰いたい。なお、ここでは判定基準は具体的にしない事にする。ばれないように対策されると正体が分かりにくくなるからだ。「政権批判・顔出しムービー男」の正体に関しても、当ブログが具体的に根拠を並べると対策されそうなので、纏まった方式としては語らない事とする。別に政権批判をする事に対して批判したいのではなく、そのブログやムービーの読者・視聴者が相手の正体を認識せずにファンになったり、集会に参加したり、自分のブログで拡散している人がいるのでストップを掛けたいわけだ。組織からの支援が無いのに、淡々と翻訳が進んでいるブログとか、名前とか顔を出しつつ、毎日何記事もアップする政権批判ブログなんてのは存在できないのだ。その事情を認識できず、ファンになっている人に対する忠告というわけだ。

太陽系の真実??

私たちは卵型のドームの中におり、地球の中心部に宇宙(太陽系?)が存在しているということなのでしょう。ドームの上の方にエーテル界(4次元の領域?)があり、そこを支配しているのがサタンでありサタンの従者の堕天使だそうです。

当ブログが補足すると、仮に3次元空間で宇宙がそのような姿であっても、4次元には本物の月や太陽があると考えている。つまり、上の話は「地球だけがあるんだ」みたいな変な誘導の可能性があるので補足せねばならないのだ。地球を中心としたいのは、聖書キリスト原理主義なので、当ブログ読者が無価値な所へ誘導されないようにするサポートというわけだ。

当ブログで数少ないブレだが、月については、3次元の状態が岩の塊に見せかけたメカなのか、あるいは4次元にメカがあるのか、いまだに結論は出ていない。もちろん、ブレていない部分としては、学校で習った月に関する情報はデタラメで、地球の支配に関し、月がかなり重大な秘密を持っているという思想だ。その基盤がある限り、アポロが到着したかどうかの見解が定まる必要は無い。また、「月こそが幻影の発生装置で、月というメカによって宇宙の星々が映し出されている」という認識も堅い。月についてはムーンマトリックスという本をどうぞ。ただ、続編のサターンマトリックス(ハイジャックされた地球を99%の人が知らない)でほとんどをカバーできるので、そちらでも構わない。


以前に紹介したサカサマのパテマというアニメだが、実は奴隷達が生活する学校エリアの上空にはメカがあるだけで、空は偽物だった。


タイトルにある、ファンタシースター3・時の継承者の話をしよう。1990年の作品となる。

ヨーロッパ中世のような舞台で武器やテクニック(魔法)で戦う物語。しかし、すぐにアンドロイド(見た目が人間同様のロボット)やメカが登場し、通路もメカだらけで、自分達の住んでいる世界はドーム型の宇宙船だったという話だ。しかも、そのドームにはサテライト(月)がある。遠くから見た場合には岩の塊だが、実際に到達するとメカニカル(機械仕掛け)となる。サテライトには魔導師の一族となる超人も住んでいる。

ファンタシースターの世界としては、太陽系とは異なる惑星系の物語で、ファンタシースター2では、世界を支配していたのは、実は宇宙人である地球人だったというオチなのだ。しかも、その地球人は星を失った未来の地球人で高度な文明を持っていた。

ファンタシースター3のエンディングは4つあるのだが、
1.他の宇宙船と遭遇
2.ブラックホールで1万年前にタイムスリップし、現代地球(無線通信の文明のあり)に漂着
3.新たなる太陽系を発見、惑星の1つは人類の生存に適している(超古代の地球の事?)
4.神のいないエリアへ向けて更なる旅を続ける
となる。ここで2や3に注目すると、タイムループが発見できる。エンド2では、高度な文明の来訪により、地球文明は急激に発展する。要するに宇宙人=未来人というわけだ。エンド3では古代の地球に住み着いたのが未来人というわけだ。4はループから出るという意味で、やはり深みがあると言えよう。

こうやって解説すると、むしろ漫画・アニメを更に超越した何かがゲームに埋込まれている事が把握できるはずだ。しかも、ゲームなので物語は自分で進めてゆくのだ。ちなみに、このファンタシースター3は駄作扱いされ、プレイヤーの評判はあまり良くない。褒める人もいるが、貶す人も多いという感じだ。大多数のプレイヤーはまるで内容を分かっていないと言える。

次のようなアホっぽいモンスターも駄作の要因なのだが、よく見るとピラミッドアイの覚醒者がモデルだ。まあ、それにしたって脱いでいるムキムキである必要は無いが(爆)


ゲームの展開としては、自分の意思で奥さんを選べる。選ぶ嫁さんによってエンディングが4つになるという展開だ。ドラクエ5の結婚相手選択システムは、ファンタシースター3のパクリと言われている。結婚システムは魔法結社から習った知識(笑)ではなく、マジモンのパクリだ。

実はファンタシースター3には、機械を操る一族と魔法を操る一族との戦争が描かれており、本記事ではその詳細を解説していない。案の定、ドラゴンに変身する魔導師の王子(ライル)がいる(爆) 意欲で取り組めば、またブログ記事は作れそうな予感だ。もちろん、当ブログには固定スポンサーが無いので、当記事の最初に述べたサイトのような精力的な状況はあり得ず、記事の続き登場はアテにならないのだ。

「人類が住んでいたのはドームだった」という意味で似た物語として、アニメ・メガゾーン23を視聴した。東京23区だけが宇宙船で旅している。メガゾーン23の記事は1つ用意してもイイのだが、もう少しここで語ると、他の町へ行ったとか海外へ行ったというのは、催眠術で色々見せられているだけで、実際には行っていないという設定だ。アイドルも仮想空間にしか存在せず、生身の相手として会う事はできない。作品には1~3まであるのだが、1と2の絵柄が違い過ぎて、同じキャラクターでも判別できない。ちなみに、原画家が同じとなるので、メガゾーン23-1と忍者戦士飛影との主人公&ヒロインはそっくりだ。しかも、敵の皇帝はハゲで青肌

バハムート・ラグーンは、ドラゴンを操るゲーム。アニメ・メガゾーン23のメカもバハムートと呼ばれ、別名ベヒーモスと呼ばれる邪龍の事だ。

話は逸れるが、東京23区というのは不和の数秘術23が埋め込まれている。道理で混沌としているわけだ。ブログのロゴ・Rの文字が23とホルスの目になっているおかしなサイトもあったなぁ


メカだらけとして月が描かれる作品としては、ファイナルファンタジー8がそうだ。漫画には多く、ギャラクシーエンジェルでは、月がメカだった。また、王族だけ、なぜか爬虫類目。


一方、月には都があるみたいな作品としては「セーラームーン」や「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」などがある。

漫画ではアウターゾーンに
・室町~江戸時代のような農村で女の子が襲われるのだが、メカのエリアに到達し、実は宇宙船だった
・小学生が月に行ったら、そこは宇宙人の住処でメカだらけ
という話があった。打ち切りの激しい週刊ジャンプで15巻続いた上、オカルト主体なのでかなりお奨めとなる。第1話から性格の悪いオバサンが悪魔にシェイプシフト(笑)する話だ。15巻の中に第1と第2部があり、3部はどうせ言葉だけで、もう終わりだと思っていたら、なんと2011年には続編・リビジテッドが開始していた。まあ、10年以上空いた上に、発表の雑誌やサイクル(週月)が変わって、ましてや出版社が違ったら、筆者的には微妙なのだが。

なお、リビジテッドのホーム社は集英社の子会社なので、まだマシ。ちなみに、集英社は小学館から派生した子会社となる。方針は違うので、別会社と考えてもいいのだが。

さて、漫画・アニメはもちろん魔道の情報満載の物語なのだが、あくまで受動的に見せられる作品だ。小説は受動的とはいえ、想像力を掻き立てられる高度な読み物となる。一方、ゲームの凄い所は能動的に世界に入り込めるシステムだ。主人公はプレイヤー本人なのだ。ゲーム内で無意味な事をしても絶対にクリアには到達できない。ゲーム内に散りばめられた情報を分析して、自分の力で進めてゆく。なお、「とにかく殴り合う」や「ひたすらミサイル・ビームを撃つ」とかは、全くゲームのジャンルが違うので、当ブログの語るゲームの多くはストーリー性の高いRPG、シミュレーションRPGやAVG(大幅な成長やバトルは無いが、RPGとやる事は同じ)となる。

筆者はアニメ・漫画に関しては1960年代でも受けれられるし、2010年以降の作品も問題無く吸収できている。当ブログの記事カテゴリでは、漫画・アニメに最も記事数が多い。それは良いとして、実は意外に少ないと思っているのがゲームの記事だ。筆者へ「テイルズオブシンフォニアがいいよ!」という話をされても、「面白いんだろうけど、プレイはめんどくせー」としか思わないのだ。当ブログ開始後にプレイしたコンシューマ・ゲームは、「ファンタシースターオンライン2」「じゅうべえくえすと」「シャイニングフォース(メガドライブ)」、「バハムートラグーン(スーファミ)」「不確定世界の探偵紳士」となる。確かに最新と懐古が揃っているのだが、ブログを充実させるにはスカスカと言える。実はシュタインズ・ゲートというゲームは家にあるのだが、何年も前に買ったきり積みゲームとなっている。

当ブログでも語っているが、ゲームのプレイは30歳を超えると、特に35歳を超えると難しくなると思って貰いたい。筆者の家には現在はメガドライブ(+メガアダプタ)、セガサターン、ドリームキャスト、プレステ2、ファミコン、スーファミはある。一応の元ゲーマーのはずだが、記事数は伸びていない。ソフトはアマゾンとかで買えば安く手に入る。環境的にはそれらの機種ならば何でも対応できるはずなのだ。しかし、気持ちがついて行かないのが現状なのだ。

ムービーでもゲーム実況系はつらい。一応、当ブログ開始後に見た(ストーリーをほぼ網羅する)ムービーとして、「ボクと魔王」「神世紀オデッセリア」の2つがある。特に神世紀オデッセリアのムービーは長かった。アニメを30話見るのに比べ、格段に疲れるのだ。「時のオカリナ(ゼルダの伝説)」も見たが、後ろ向きに走ってバグで最速クリアみたいな奴で、わけが分からなかった(爆)

ファンタシースター3は取りあえず、プレイステーション2でプレイ可能だ。他にはセガサターンにもある。元祖はメガドライブだ。


記事タイトルはファンタシースター3・時の継承者となっているが、ゲームの記事を増やしたいというのもある。先日はタイムループが主題となっている作品紹介を募ったが、ことごとくアニメで、要するに当ブログの読者には、実写映画やゲームに詳しい人の割合は少ないという事なのだ。アニメ好きの読者もキープしたまま、ゲーム好きの読者を新たに呼び込むために、ゲームの話題を充実させる必要性を考慮したというわけだ。

関連記事
地球の中に宇宙がある?!~三次元空間が幻である地球
月はイリュージョン~見えている月は幻影で、月の真の姿は地球外にある

アポロは月に行けない、人生の資源は時間と身体、捕鯨に圧力がある理由、千と千尋の神隠しの湯女と売春宿

ファイナルファンタジーの月物語

あるネットゲームに含まれる龍人の物語……ファンタシースターオンライン2の話
じゅうべえくえすと(ナムコ)はデーヴィッド・アイクの世界を超える
クロノトリガー~星に巣食ってエナジーを吸う宇宙人……バハムート・ラグーンの話

土星が守護したセガサターン~土星人は尖り頭でハゲ!?

サカサマのパテマ1~地球の三次元モデル

ボクと魔王~子供向けのゲームに隠された魔法結社の知識
神聖紀オデッセリアとゼノギアスは魔術の物語

テーマ : RPG
ジャンル : ゲーム

魔法少女まどか☆マギカは佐々木淳子作品のパクリ!?~全ての根源は真実を習う結社

当ブログでは、魔法少女まどか☆マギカの記事は2つ書いている。プニ・アニメの話だと思ったら大間違い。現実のビジネス界で、社長達の正体が魔導師だという証拠をブログ初期に示した、奮闘記事となる。未読の人はまず読んで貰いたい。

魔導か魔疑か?(まどかマギカ)と美少女系アニメ
魔法少女まどか☆マギカ~宇宙人から魔法を授かる物語!

かなり要約すると、会社のオッサン社長達が持て囃す理由は、自分が所属する魔法結社で習った事そのままがアニメで描かれていたから。実際には、多くの魔法物語や、魔法に直接関係ないオカルト物語、いずれも魔法結社で習った事を元にシナリオを作っているので、別に作者が考えたわけではない。という感じだ。

少女漫画というのもあり、当筆者は佐々木淳子という人の作品を全く知らない。ネットには「パクリ? いや違うよ」みたいな論調のブログがあるのでそこからの引用となる。

魔法少女まどか☆マギカと佐々木淳子作品の関連性についての巻 より

●那由他 ※エヴァ=エヴァンゲリオン 庵野はアニメ監督
古来より地球を監視していた異星人が、ジャルンというアイテムを地球人に与えて超能力者に仕立て上げ、地球人同士を争わせたりして、アレコレする超能力系マンガです。
異星人勢力に反旗を翻した主人公たちは、次々と倒れていきますが、最後に生き残った主人公が監視者の欺瞞を見抜きます。少女漫画雑誌に連載されていたとは思えない、ハードなSF作品です。
余談ですが、この作品にはヒトが融合して完全体になる場面があります。フュージョン!です。この場面で「ふたりはひとりずつで寂しかったから、ひとつになったけど、ひとつになった魂はやはりひとりで、寂しさは変わらなかった」というセリフがあります。庵野がこれをそのままエヴァでパクったわけですが、彼はきっと無意識でそれをやったと思います。


当筆者コメント:古来より地球を監視していた異星人が、アイテムを地球人に与えて超能力者に仕立て上げ、地球人同士を争わせたり……もっと古いデビルマンが、この設定幻魔大戦も同様

●ダークグリーン ※ヒロイックファンタジー=剣と魔法の物語、BL=少年同士の性愛
佐々木先生の代表作です。イケメンファイターと、可愛いツンデレ男子のコンビを中心とする主人公たちが、夢の世界に巣食う魔物と戦う、ヒロイック・ファンタジーです。
お察しの通り、このコンビがBL的な絡みを繰り広げ、そっち方面でも人気になりました。夢の世界では、登場人物はみんな自分が理想とする姿に変身するので、ほとんどコスプレバトルのようになります。たとえば、イケメンファイターは現実世界では冴えない浪人生ですし、ボンキュッボンなセクシー娘が現実世界ではごつい男性だったりします。
こんな感じで、最初は楽しいファンタジーなのですが、夢の世界や魔物の正体がわかってくるにつれ、重い運命が登場人物にのしかかってきます。シリアスな展開ながら、しっかりとしたエンタメになっていて、切ない余韻を残す終わり方を含め、非常に評価が高い作品だと思います。最終回が泣けますね~。


●ショート・ツイスト ※タイムリープ=時間跳躍
主人公男女2人と、彼らを殺そうとする殺人者が織りなす短編です。殺人者が次々と仕掛ける罠を、主人公たちが巧みに排除していく様子が、あるときはサスペンス調に、あるときはコメディ風に描かれます。実は主人公たちは、タイムリープ能力を持っていて、殺人者の罠は最初からお見通しなのでした。
ところで、この殺人者は記憶が欠落しており、なぜ2人を殺したいのか、自分自身で理由がわかっていません。ただひたすら、殺さなければならないと思っているのです。なぜなのか。クライマックスでその謎が明かされるのですが・・・

●霧ではじまる日
1日を何度も繰り返すタイムパラドックス(ループ)もの。シリアスな「うる星やつらビューティフル・ドリーマー」と言えばわかるでしょうか。いまとなってはありがちなアイディアですが、当時(1982年発表)は、かなり衝撃的でした。


当筆者コメント:まどか☆マギカは、うる星やつらビューティフル・ドリーマーのパクリ疑惑はあれど、佐々木作品のパクリにはならないはずだが。

クロスチャンネルというゲームは、何度も繰り返す1週間の物語。まどか☆マギカよりも先に登場している。美少女界では割りと有名のようで、むしろ、この作品に対する疑惑がある。

読者の中で、《繰り返される一定の期間》が主体となる古い作品を知っている人がいれば、教えて戴きたい。クロスチャンネルでは新し過ぎるという認識なので。きまぐれオレンジロードでも、自分の意思で同じ日が繰り返される話はあったが主体ではない。なお、きまぐれオレンジロードには、「超能力者の秘密は地底にあり、ルーツは宇宙人」という示唆があり、そちらの方がぶっ飛びとなる。きまぐれオレンジロードが、少年シャンプで同時期に連載されるドラゴンボール、キャプテン翼、キン肉マン聖闘士星矢、北斗の拳、シティーハンターなど、強力なライバルがありながら、打ち切られず続いた理由が見えてこようというものだ。


追記……読者からも色々と戴いたが、筆者自身が「時のリングに囚われたゲーム」のタイトルを思い出した! 要するに、それを読者に指摘して欲しかったのだ。その名も「ヘラクレスの栄光3 神々の沈黙」。1993年の作品となる。当ブログには、ゲーマーよりもアニメ好きの方が多いのか、このタイトルが読者から出てこないとは、もっとたくさんの人が来ないといけないようだ。


同じくスーパーファミコン(プレステにもあり)から、ドラゴンナイト4も時のリングに囚われた話となる。こちらは1994年原作。


なお、ゲームで時の鎖に囚われた作品は、もっと古くからあった。「ファイナルファンタジー1」の事だ。ファミコンの作品で1987年となる。そればかりではなく、二足歩行のドラゴンに、ネズミの尻尾状のアイテム(クンダリニ開発)を提示すると、覚醒してジョブがクラスアップする。同じ台詞だが、ファイナルファンタジー1の話が読者から出てこないとは、ゲーマーの割合少な過ぎっ! ゲーム記事の充実も課題となりそうだ。


魔法少女まどか☆マギカが佐々木淳子作品のパクリかについて当ブログの見解だが、結論から言うとパクリではない。両方共に魔法結社の知識を流用、模倣して作品を作っている。よって、仮に全く同じであっても、他の作品の設定やシナリオをパクったのではなく、元ネタというものが先にあるのだ。先方のブログにあるよう良質な再構成というわけでもないのだ。

ただ、漫画家やシナリオライターが、まさか魔法結社で習った事を元に物語を描いている事は一般人には想定できないので、あまりに似てしまっているとパクリの声が大きくなる。進撃の巨人の作者は強烈な指摘を受けたのか、自ら「アダルトゲームのマブラヴ・オルタネイティヴをパクリました。済みません」と告白した。ここで考察だが、流用したのではなく、魔法結社で習った事を知られるピンチを避けたくて、パクッた事にしたのだと当筆者は判断している。まあ、作者がマブラヴをプレイしたのかも知れないが、「この話は魔法結社で魔術師みんなが習う真実だから、使っても盗作じゃないよね」と思った結末と言える。ちなみに、マブラヴ・オルタは上で話したクロスチャンネルと同じブランドから発表されている。

当ブログが進撃の巨人に対して冷たい理由だが、講談社の筆頭はフェアリーテイル(真島ヒロ作)で決まりのはずなのに、進撃の巨人がなぜかアピールされていて、お菓子の袋にも印刷されている。真島ヒロ氏のファンとしては、その状況は許せないという事で。なお、進撃の巨人も1物語としては嫌いではないが、超越した人気には納得できないのだ。

佐々木淳子にしても、別にデビルマンや幻魔大戦をパクッたのではなく、地球の真実だと認識しているから、全く同じでも流用だという認識にならず、堂々作品を描けたというわけだ。

先方のブロガーは女性なので、佐々木淳子作品に注目している。しかし、元ゲーマーの筆者に言わせれば、「まどマギの某シーンは、あのゲームのオチと同じだ」と想ってばかりという話になり、佐々木淳子作品以前の問題となる。筆者にとっては、まどか☆マギカはヘラクレスの栄光3やドラゴンナイト4のパクリにしか思えないというわけだ。ともかく、「大元がどこかにあり、少女漫画やゲームシナリオも含め、各クリエーターが流用している。よって、自分の知っている作品範囲でパクリだの模倣だの判断する思想は真理とは異なる」という話になるのだ。

筆者は少女漫画というジャンルには弱いが、長編中編に関し、次の作品は読んでいる。
スケバン刑事……政治家の娘や大富豪一族が爬虫類目に変化(爆)
傀儡師リン……特異能力者だけが集められた離島の学校
・ピグマリオ……爬虫類巨人を倒す目的
・赤い牙……古代超人の霊を操る女超能力者
・やじきた学園道中記……現実的な学園モノ、ボスの中には妖術や忍術を使う者
・BASARA(田村由美)……歴史ミステリー
プライベートアクトレス
・篠原千絵全般……サスペンスと歴史ミステリー
また、アニメ化された
・美少女戦士セーラームーン
少女革命ウテナ……怪しく閉鎖的な学校
・赤ずきんチャチャ……魔女娘の物語
・愛天使伝説ウェディングピーチ……天使と悪魔の生まれ変わりの人間
・魔法騎士レイアース……異世界に召喚された娘
ときめきトゥナイト……ハーフ吸血鬼
も把握している。他にも短編中編で把握している作品は幾つもある。
長編ではないが、「日帰りクエスト」も少女漫画だ。当ブログでは記事1記事2の2つで紹介した。

以前に「忍者漫画の作者はクノイチ! 魔道漫画の作者は魔導師に決まり」という記事を書いた。作者が忍者だからこそ、迫真の忍者漫画となり、そこらの忍者解説図書よりも遥かに詳しい域にまで到達できるのだ。同様に、魔法使いの物語も、魔術師以外が描いて面白いはずもないのだ。つまり、大人気の魔法物語があれば、作者の正体は優遇されている魔導師というわけだ。


忍空という漫画が、少年ジャンプでやっていたが、忍術+空手の意味だ。作者の桐山光侍は「元々、格闘技に関しては、プロレスは好きだったが、テレビ等で見ていただけで、他の格闘技に関しては殆ど知識が無く、忍空の『空(空手)』を描くことが段々出来なくなっていった」と語っている。つまり、興味を持って何かを調査した程度で、人気を支える本格的な作品を描く事はできないのだ。本人がその職業だとか、その道の専門家から、常に情報を提供して貰える立場でもない限り成立しない事を意味する。

あれれ~、作者が「忍者に関しては好きだったが、テレビ等で見ていただけで殆ど知識が無く、忍空の『忍(忍術)』を描くことが段々出来なくなっていった」と語らない所を考えると、この作者も忍者? 忍者ハットリ君の時代ならばともかく、忍者以外の人に忍者漫画を描かせて人気を出そうと考える雑誌編集者は、もはやいないという考察も可能だ。

ある程度の規模となる企業の社長は魔導師だという話だが、別にフリー●ーソンではないので誤解の無いよう。他のブログでは、よく、「あいつはフリーメ●ソンだ(だから悪人だ)」という論調があるが、当ブログの存在を知っているのに、そんな事を言っていたら間違いなく工作員。魔法結社はフリメ以外にも多数あり、フリメだけを強調しつつ、魔法を語らず、他に結社が存在しないかのような論調は嘘か間抜けとなる。フリメの部分はイルミでも同じだ。いずれにしても、そんなブログの新記事を読むヒマがあれば、当ブログの過去記事でもどうぞっ。


一方、「おとぎ話は何に基づく? イマジネーション? その源は? どこかにあるはずだ」という記事も書いている。アメリカの連載ドラマを作るくらいの作者が、自分の作品で「物語の源は既にどこからに存在するから書けている」と語っているのだ。日本でも庵野監督が「アニメ業界にゼロから物語を作る人はいない。エヴァは僕の体験を元に作った」と語り、カバラのセフィロトが登場する場面ばかり(笑) 因果関係を把握して貰いたいが、日米のクリエーターがそのように語っていたから、当ブログが述べているのではない。当ブログが証拠(筆者の心に降臨した思考は除く)無しに述べていたら、読者が証拠を見つけてきてくれたという順序だ。当ブログの説は、証拠は後に集まるというポジションというわけだ。

ちなみに、エヴァはあまり好きではなく、庵野監督で筆者が好きなのは、ふしぎの海のナディアとなる。「地球の支配者はアトランティス人である」がテーマだ。お嬢様のグランディスは赤毛の爬虫類目で、爬虫類人と言える。近代歴史物語かと思ったら、中盤からは人ソックリのロボットや宇宙船まで登場。大衆は原始的な飛行機が飛んだ飛ばないで騒いで最先端だと思っているが、アトランティス人はメカに乗ってビュンビュン空を飛び、深海まで航行しているという話だ。原作は19世紀のフランスの小説「海底2万マイル」ジュール・ヴェルヌ。1800年代にそんな有り様なのだから、当時から魔法結社では真実を教わっていたと言える。なお、映画を見た分には、宇宙船は出ていない。超越した科学が地球に隠されているというテーマの話だ。


「地球はアトランティス人が支配している事にして、歴史のテストは全問答えておいて!」

歌もなかなかのお気に入りだ。ムービーは歌だけでなく、物語のダイジェスト(要約)にもなっているので、興味がある人は雰囲気を知る事ができる。


最近の記事は比較的新しいアニメの話ばかりなので、銀河鉄道999の話でもしようと思っていたら、この情報が飛び込んできた。

関連記事
おとぎ話は何に基づく? イマジネーション? その源は? どこかにあるはずだ~ワンスアポンタイム(米ドラマ)
忍者漫画の作者はクノイチ! 魔道漫画の作者は魔導師に決まり

フェイト・ステイナイト1~現代魔術師の使役バトル~魔導師の心得
フェイト・ステイナイト2~高名な神父の正体は魔導師

新世紀エヴァンゲリオンを見た魔道追求読者の感想~監督の発言

デーモン=爬虫類的宇宙人~永井豪のデビルマンと手塚治虫のアトムキャット
幻魔大戦~地底の爬虫類人に月人の物語?

魔導か魔疑か?(まどかマギカ)と美少女系アニメ
魔法少女まどか☆マギカ~宇宙人から魔法を授かる物語!

テーマ : 魔法少女まどか☆マギカ
ジャンル : アニメ・コミック

救世主イエス・キリストの正体は異星人(宇宙人)である

まず、当ブログでは、イエスなんて人物は存在せず、モデルとなった全く違う名前で別時代の人に尾鰭が付いてイエス(ジーザス)と呼ばれるようなったという思想だ。「それは嘘でイエスはいた」と語る者は、キリスト教の団体や全宗教許容のカルト宗教くらいで、宗教の外から考えると、イエスはいなかったというわけだ。魔法結社に所属していた人からも「イエスにはモデルがいるんですよね」という話を当ブログは受けており、ほぼ確からしいと考えてもらいたい。

イエスの伝説と聖徳太子の伝説とには共通点があり、日本版イエスが聖徳太子と言える。聖徳太子も実在しなかった人物の1人だ。だいたい、歴史の真実としては宇宙人に支配されているのだから、それだけ大きな歴史の偽りがあるとして、イエスや聖徳太子のような人物がいない事程度は大した話ではないのだ。歴史のテストでは、「地球は宇宙人が侵略している事にして、全問答えてっ!」


フェイト・ステイナイトでも「佐々木小次郎は存在しない」というシーンがあり、本当は佐々木小次郎ではなくイエスの事を語りたかったのではあるまいか。佐々木小次郎はキリシタンという本も発見した。


過去を捏造し、人々の記憶だけで剣豪とされた人物。名前を課せられた無名の剣士・佐々木小次郎。
過去を捏造し、人々の記憶だけで救世主とされ、名前を課せられた無名の爬虫類人。そんな歴史上の人物に心当たりがあろう。

そんな中、カラパイアより面白い説を発見したので紹介する。
キリストの正体は異星人である

7. キリストの正体は異星人
 古代人が崇めていた神の正体は異星人であるという説がある。これが真実ならば、イエス・キリストがその一人であったとしてもおかしくはない。この説によれば、キリストの生涯を彩る様々な状況が、彼が地球外に起源を持つことを仄めかしているという。例えば、処女受胎は、聖母マリアが異星人によって人工授精を受けたことが原因である。また、キリストの奇跡や、天使などのこの世ならぬ存在とのコミュニケーション(つまり、天使は異星人だった)をも説明できる。
 また、キリストの「我が国はこの世の国にあらず」という発言も彼の出自を物語るという。彼は復活した後、光線によって宇宙船まで吸い上げられたが、その出来事は教会によって外典である使徒書簡の形にされ、詳細は隠蔽された。


まあ、先方の管理人は魔導師なので、イエスの真実くらい知らされているだろう。

チャネリングメッセージや、実際に宇宙人と会ったと語る人の話には、それなりの割合で「イエスは宇宙人」と主張する。別にイエスを貶めるわけではなく、「だからこそイエスは凄い人なんだ」みたいに、むしろ持ち上げる方向が中心だ。

筆者がピチピチに若い頃に読んだビリー・マイヤーの本でも、イエスが本当はイマヌエルという名前で、プレアデス星人として語られていた。マイヤー本では、イエスは子供の頃、超能力を使って他人を肉体的に傷つけていた。地球に関わる宇宙人の主体が爬虫類的異星人で、歴史上も含め活躍する人のほぼ全員が爬虫類人(見た目だけ人間で、中身は宇宙人)だとすると、イエス・キリストのモデルとなった人物も、当然、爬虫類人というわけだ。

地球の支配者が爬虫類的宇宙人だとすると、ブッダやイエスなどの物語も、爬虫類人の話となる。まさに世界史は「地球は宇宙人が侵略している事にして、考え直してっ」となるわけだ。


モーゼが爬虫類人(レプティリアン)であった証拠は面白い記事だと評価されている。

ルパン三世~キリストの姉妹がヴァンパイア?という記事を以前に書いている。他にも、イエスの(モデルとなった人物の)正体は吸血鬼~KUROZUKA(黒塚)はお奨め。

美しき緑の星(LA BELLE VERTE)~人々に大きな目覚めを促すフランス映画?でもイエスは宇宙人だった。

さて、AngelBeats!の記事は受けていないようだ。5日くらい寝かせて漸く現状の拍手数となる。顔出しムービー男の正体を暴く話は面白いはずだが。新たな考察としては、もはや若いもんを組織に入れて養う事は難しくなったので、半グレや組織外の要員として、本人は都合だけでカタギ(家系など本来は構成員)という事もあり得る。もちろん、構成員の可能性も高く、服を脱がし、海パン一丁にでもすれば入れ墨が出てきて正体はばれるはずだ。受けていないその他の要因としては、臓器提供はブログのテーマからは遠過ぎた? はっきり「爬虫類人が食うために宣伝している」と書かなかったのがマイナスだったのだろうか?

AngelBeats!の次には、アニメ「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」を視聴した。全10話+1話なので、すぐに見終わった。今年になって名古屋で人と会った時に、その人から知らされた作品となる。小説では物語は長い部類で、シナリオの内容も面白い部類なのだが、打ち切りみたいな形で終わってしまった。それとも、最初から10話だけアニメ化されるという企画だったのだろうか。

月には建物があるという展開もある。ノベルが原作なので、相当に深みがあると判断した。しかしながら、アニメは途中で終わった印象で、続きを知るにはライトノベルを読まねばならない。

名古屋というと、読者から
名駅から山王駅へと歩く道に絵が飾ってあり
それは宇宙人がイルカや鯨を造ったという絵でした

のようなコメントも戴いている。
なお、このコメントに対し、筆者はイルカをカタカナに書き直した。以前にも「本当に宇宙人はいるか?」みたいな書き方があり、「イルカは本当に宇宙人?」のように書いてもらわないと、当ブログにイチャモンを付けに来た人(笑)と、一見、区別が付かないので。

キリストというのは、覚醒者とか次元上昇者とかそんな意味がある。覚醒者の墓ならば、いずれもキリストの墓と呼べるわけだ。混同している情報は結構あるものの、キリストの墓はよくあるが、イエスの墓はまず無い事に気付いてもらいたい。

記事のオチとしては、
1.歴史の出来事は、宇宙人が支配している事実に照らし合わせて語らねばならない
2.歴史上の人物には、本当はいない人物が語られていると考えねばならない
という事で。

関連記事
モーゼが爬虫類人(レプティリアン)であった証拠

聖書の神は宇宙人である!~ファミコン・女神転生Ⅱの唯一神はハゲで青肌
聖書に登場する惑星コロブは神の出身星=爬虫類的宇宙人の惑星ニビル

AngelBeats! 1~世界史のテスト「地球は宇宙人が侵略している事にして、全問答えておいて」
AngelBeats! 2~臓器提供意思表示を促す陰謀? 三位一体・キリスト教布教の陰謀?
フェイト・ステイナイト1~現代魔術師の使役バトル~魔導師の心得
フェイト・ステイナイト2~高名な神父の正体は魔導師

偽チャネリングの見分け方3~イエスの正体はホルス
ドンキーコング64~古代の地球猿人と侵略者の爬虫類的宇宙人が基盤

ルパン三世~キリストの姉妹がヴァンパイア?
イエスの(モデルとなった人物の)正体は吸血鬼~KUROZUKA(黒塚)
美しき緑の星(LA BELLE VERTE)~人々に大きな目覚めを促すフランス映画?

テーマ : 都市伝説・噂話
ジャンル :

AngelBeats! 2~臓器提供意思表示を促す陰謀? 三位一体・キリスト教布教の陰謀?

AngelBeats! のアニメは全13話を視聴し終わった。筆者が見進める前から「臓器提供推進アニメだ」のように読者からネタバレ(爆)もあったが、物語の中盤には判明する事だったので核心ではなく安心した。なお、当ブログでネタバレを実施するのは問題無いと考えている。そもそも、読者としては、当ブログに紹介されない限り、その作品の存在を知らずに見ない人が多数派だ。また、紹介されても見ない人もいよう。次点としては、既に視聴済みなのでバレても問題無い人だ。それらの状況で完結すると考えているからだ。仮に当ブログの影響で視聴し出し、当ブログの解説の方が早くても、そういう記事は視聴後に読んでもらいたい。

なお、筆者が見ている長編アニメ(ワンピース、フェアリーテイル、名探偵コナン)があったとし、週刊誌など連載漫画の最新話で起きるような事は語らないでもらいたい。

AngelBeats!は美少女アニメかと思ったが、むしろ男キャラの登場も多いくらいで、若い女性のファンも多そうな雰囲気だ。

AngelBeats!の感想だが、臓器提供・意思表示カードのシーンの有無は、物語としての面白さには特に影響しないとして語る。思春期に大きな未練を残して死んだ少年少女達だけの死後の世界という不思議な世界観を演出しており、総合ではまあまあの作品だと判断した。中には馬鹿げているシーンもあるが、どの作品でもその程度の突っ込み所はあるという意味で許容する。終盤は失速感があるのだが、物語初期に用意しておいた、どんでん返し(叙述トリック、世界観の一変)の設定で、支えているような展開だった。

さて、問題の臓器提供推進のシーンだが、主人公は地下鉄か何かの列車事故で閉じ込められてしまう。同じく閉じ込められた10人前後の人達と過ごす。1週間経ち、皆が息絶え絶えになった頃、主人公は臓器提供の意思表示カードの全臓器に○を付けた後で死亡する。そこまではいいとして、周りの皆まで、主人公に倣って意思表示カードに○を付けるのだ。これを見た陰謀論者が「臓器提供推進アニメだ!」と叫ぶのは当然と言える。

現実の日本では1997年10月辺りには意思表示カードが存在するようで、アニメの2010年より少し前程度がカードの開始時期ではない。しかしながら、自動車免許証の裏に表示された時期でもある。

「そもそも意思表示カードを全員が持っているという状況自体があり得ない」と語る人もいるが、自動車免許証ならば携帯する確率は上がる。しかしながら、中高生では持っているはずがないし、そんな皆が○を付ける確率は考えにくい。ここで中高生に注目すると、カードを持っている=提供の意思があるという条件付確率も考えられるが、となると「カードを持っているのに、まだ○を付けていない確率」はやはりあり得ない。

作者の調査不足(持っている自体が考えにくい状況を見落としている)だったり、将来の想定という事も考えられるが、将来ならばマイナンバーカードとかに表示されているべきで、やはりアニメ放映時点の時代が想定される。いや、エンディングでは、更に約15年後が描かれる事から、当時よりも少し前の時代でも成立する。

臓器提供推奨の陰謀か否かという話だが、作者は別にそれだけの理由で作っているわけではない。ただ、スポンサーや魔法結社での上位者に医師会メンバー、厚生省幹部がいた事は否定できまい。主人公だけが意思表示カードに○を付けたのならば、ストーリー上、仕方無いとフォローできるが、その場の全員が○を付けたというシーンは言い逃れできない。

もちろん、可能性としては「シナリオのネタを考えている時に、たまたま臓器提供のニュースなどを目にした」という事もあるが、その可能性よりも、スポンサーや上位結社員による誘導の確率の方が高いという判断だ。

また、「意思表示を促す」「カード携帯を促す」という方向ならばともかく、「提供の意思を促す」という場合には問題だ。あえてフォローするならば、脚本家としては「陰謀論がネットで出回っている今、どうせ問題になるだろう。しかし、上位結社員の●●さんに頼まれた以上は、炎上してもいいから埋め込んだ。問題を話題にされる方が視聴者は増えるはず」という立場だ。

ここで、そういう陰謀がある事を認めたとしても、「だからアニメはデタラメの巣窟で、仏教系のカルト企業ばかりで、忌み嫌うべき」という説には、全く賛同できない。当ブログでは、依然として、「アニメでは真実が語られる。真実を教わる結社に属している人が作っているから、どんどん見るべき。仏教系のカルトというのはダミーで実態はカバラ」となる。今回は流石に「臓器提供のシーンは、あくまでシナリオ上の都合」のようなフォローはできない。しかしながら「アニメと無関係なはずの業界を結びつけるのは魔法結社だ」とは語れる。

筆者は臓器提供でも、主人公が提供したのは心臓という点に注目した。心臓を天使に提供するというオチなのだ。天使はハートを必要としていた。ハートチャクラの意味なのか、この辺の考察は定まらないが。

当アニメの前記事で紹介したが、作者は侵略者である宇宙人の存在を知っている。その上で臓器を提供となると、もはやその提供先が、病人である可能性は低くなる事(爆)を知っているはずだ。

せめてアニメ作者のコメントくらいは無いと、幾ら当ブログ筆者が魔導師の視点で見ても、「これだ」という根拠が存在せず、臓器提供に関しては憶測の域を出ない。

陰謀論者が問題視すべきとしたら、次の話ではあるまいか?
登場キャラクターのヒロインは《天使》と呼ばれている。また、コンピュータの達人キャラクターは「自分を《キリスト》と呼べ」とうるさい。また、生徒副会長は「我を讃えよ、《神》なのだ」のように話す。要するに、父神、聖霊、子イエスの三位一体が埋め込まれているわけだ。臓器提供カードに注目するのもよいが、キリスト教布教の陰謀こそを語り継いで貰いたい。なお、実態としてはクリスチャン・カバラの魔導師である事の表明なので、「キリスト教布教の陰謀だ!」のような話も却下なのだが。

アニメ企業が仏教系のカルトと戯言を言っている人は、アニメにキリスト教っぽい表現が多い理由をうまく説明して貰いたいものだ。

物語内には面白い表現もある。
常識ぶっている奴が間違い、孤独な人が正しい
常識ぶっている奴が笑っている、次はどんな嘘を言う?

学者や政治家などは大嘘つきという意味になる。当ブログの読者も、孤独な人の割合が高い(パートナーや家族がいても、真理に対する話は合わない)だろう。

地下道関連で興味深いシーンがあり、体育館のステージ下にかなり長く続く人工的な通路が存在し、その先は洞窟、またその先が工場となる。地下全体はギルドと呼ばれる。べるぜバブでも、上流階級の学校の地下に秘密の地下鉄が存在し、首相官邸と繋がっている(笑)。また、スケバン刑事でも、陰謀の中心となる高校と大富豪の家が地下モノレールで結ばれていた。


「記憶に無いものは作れない」という表現がある。まあ要するに、秘密の地下鉄とかを見た事も無い人が「秘密の地下鉄シーン」を作っても、他人を興奮させるシーンではないというわけだ。

一方、物語内の死後世界の空間は、「存在する霊が愛を感じたら崩壊する」みたいな話が飛び出す。当ブログで語った「銀河の三人」のオチと似ていると思った。「銀河の三人」は、感情を持たない宇宙人が愛を感じる滅びるという話だ。

AngelBeats!で臓器提供に関しての考察は決定的ではないにせよ、「魔導師が制作している」という定番の説を充当するためには、依然として意義があろう。

当ブログとしては、臓器提供促進の陰謀がある事を把握しているならば、視聴しても問題無いという扱いだ。痛いギャグが好きな人は、楽しめると考えている。


記事テーマ外の話となる。法律で追い詰められているヤクザが法律の範囲内で政権に盾突くために、社会問題や陰謀論のサイトを作ったり、容姿の悪くない若い衆による顔出しムービーで正義の味方を演出しているのでは? みたいな話もしようと思った。ただ、他にも話題はあるので機会があれば。ヤクザと言っても、東日本大震災では真っ先に被災地に駆けつけ、ボッタクリながらも食料や資材を運んだりし、政府の対応よりも先手を打っている。自分が暴力に晒されない限り、無闇に嫌う対象ではない。


アニメ好きの人にお願いだが
30年くらい前のアニメで、地球だと思って住んでた所は巨大な宇宙船の中で、人気アイドルは軍事コンピューターが作り出したCGだった
のタイトルが分かる人がいれば教えて戴きたい。ちょっと違うような気がしても、違うのはむしろ上の説明だと前提で。→コメントで判明したので終了。ありがとうございました。


関連記事
AngelBeats! 1~世界史のテスト「地球は宇宙人が侵略している事にして、全問答えておいて」

銀河の三人(地球戦士ライーザ)~感情を持たない宇宙人が愛を感じて滅びる

スケバン刑事のオカルト都市伝説~権力者に潜む爬虫類人と地下モノレール
べるぜバブ(田村隆平)~異次元のスピリットと繋がっていない人間はミソッカス

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

アポロは月に行けない、人生の資源は時間と身体、捕鯨に圧力がある理由、千と千尋の神隠しの湯女と売春宿

先日は山陰から筆者の住む街まで来てくださった人と語った。実は12時間もぶっ続けで話していたが、話が途切れないくらいだった。
その人は当ブログのような思想を今年になってから認識している。それまでは「宗教は嘘で科学は正しい」みたいな、日本人の多数派の思想だったが変わったわけだ。海外在住の経験があり、ベースとなる見識は高まっていたので、スムーズに受け入れられたわけだ。京都交流会で出会った2人は、2人共に海外在住の経験があり、そういう人の洞察力も認識している。在住経験が無くても、せめて海外旅行くらいは行っておこう。添乗員にくっ付いていくツアーで充分だ。

海外在住時の話を聞いたのだが、その国では(自宅以外の)トイレの使用が有料となる。お金はトイレの前に立っている人(爆)に渡したり、入場ゲートにカウンターがあり、座っている人に払う事になる。「有料の国があってもおかしくはない」や「そんなものに金を取るのか」と賛否両論あるだろう。当ブログとしては「失業率を低めるために政府が無意味な仕事を作り出している」と解釈する。失業者が溢れているとして、何の役にも立たない仕事を創生する事で、大衆を黙らせる手法だ。キリスト教の国だが(だからこそ)誘拐が多い(爆)ので、学校は別として、子供からは絶対に目を離さないのが鉄則だそうだ。

なお、その国のインターネット料金は電話の機能も含めて月に1500円くらいで、日本における5000円前後と比べて遥かに安い。一方では、魚は日本よりも5~10倍高く、肉は安いという感じ。日本と比べて、特別に物価が安い国ではない。

ちなみに日本でも、インターネットはモバイルのネット契約をし、携帯電話回線で実施すれば、スピードは遅いながらも、月700円もあれば、パソコンでもスマートフォン(外出時も含む)でもインターネット可能だ。ただし、ムービーを頻繁に見る用途には対応できない。しかしながら、あまり見ない人は月700円で各機器総合のインターネットの料金は完結する。もちろん、本体価格や初期設定料(工事料)は別となる。

スマホだけで、月に5000~9000円払っている人はぼられているわけだ。ムービーをバリバリ見るパソコンのインターネットで4000~6000円というのは仕方ないが。もう一度語るが、両方で1万円以上掛かる状況は、ムービーを見ないと決めるだけで月に700円に圧縮できる。

月700円のプランで満足できそうにない場合には、楽天Wifiで月4000円でまかなえる。これならばムービーにも対応し、無線LANのスピードが出、しかも、スマホや携帯ノートPCタブレットを多くの場所で使用できる。もちろん自宅設置のパソコンでも可能だ。楽天ユーザーならば、特典が多く、その意味でも安くできる。なお、無線LAN(電磁波)に抵抗が無い人の場合だ。


筆者がどうしているか語らないと説得力が無いので説明するが、自宅のインターネットと電話で月6000円。携帯電話に1000円、スマホ(インターネットや無線LAN機能あり、電話機能無し)に700円となる。自宅はアップロード(上り回線)を頻繁に使うので、上りに弱い契約は導入できない。つまり、自宅では高速アップロードが必要で、モバイルではムービーなんて見ないという場合の組み合わせというわけだ。なお、全ては経費なので、収益から経費を引いたお金が所得として扱われる。

マウスコンピュータ(日本の企業)から出た、マドスマはWindowsPhone8.1が搭載されているスマホ。8.1はWindows10が出た後に無償アップグレード可能。Phone8.1ではアプリ不足で、ミドルユーザー以上には使いにくいだろうが、Win10になれぱ、パソコンと同じ事ができるようになる。Windows7で動くソフトの多くが、スマホで動くというわけだ、

アマゾンでも楽天でも購入可能。ちなみに、当ブログの紹介料はアマゾンが高い(笑)

話を交流会に戻し、漫画世代の人なので、漫画に関する理解もある。子供が居る人という事もあり、「イナズマイレブン」というアニメを紹介してくださった。サッカー(フットボール)の漫画なのに、登場人物に背後霊みたいなのが降臨してサッカーの鍛錬や試合を実施する(爆) もちろん、ペルソナを降臨させた者が強い。現実のサッカーでもスピリットのパワーを借りて戦っているのが真実だ。どちらの霊力が強いかで、試合の結果は決まる。もちろん、裏金で試合を操作されたり、現実的な細工も試合に影響するわけだが。

当ブログでは、以前に喧嘩の強さは宿った悪魔で決まるというべるぜバブという作品を紹介した。まあ、当ブログ筆者に言わせれば、漫画の面白さは、宿ったスピリットで決まるとなるが。

自分の時間や身体は資源という話になった。日曜大工、引っ越し、車検、登記など、何かをする事に対して、時間を使えば、お金を節約できる事がある。しかし、身体という資源を忘れてしまっているケースがある。例えば、引っ越しを業者に頼めば、10万円単位のお金が出ていく。地方都市ならば、軽トラックも含め、自動車を持っている大人が中心で、要するに自分で運べば、ガソリン代などは別として引っ越し代は掛からない。重たい物を運ぶ場合には、知人を呼びつつ、1万円でも包めば節約できる。しかし、ここには落とし穴があるのだ。もし、自分の身体を痛めたり、負傷した場合には大損だ。身体にダメージが無い場合に、引っ越しで荷物を運ぶ往復時間を使う事が許容できるに過ぎないのだ。また、呼んだ知人が負傷するのも困りもの。若いならばともかく、年寄りが負傷したら、もはや一生のダメージだ。他には引っ越しの荷物自体が破損したり、面白くない事が起きやすい。ここで語りたいのは、自分の身体は資源だという話だ。車検の場合には、自分や知人の点検では、安全性に不安が残る。反面、不動産登記の書類を揃えるという事に関しては、司法書士などを雇うよりも、自分で調査して作った方が安上がりとなる。特に安全性の欠如や体の負担は無いので成立する。

話した人は肉食中心の社会にいたので、特に菜食の人ではない。先日は菜食に疑問を呈する記事を当ブログで書いたので、筆者と会いやすくなったと言える。やはり、食自体が経験を変えるといえよう。

イルカ・クジラの肉を喰う話が出た。オーストラリアの団体が、なぜか日本の捕鯨に対して圧力を掛けるわけだが、理由を考察した。結論としては、難癖をつけて相手に条件を飲ませる術の1つと判断した。韓国や中国は、戦争責任を追及する事で日本に条件を飲ませる。戦争の話を持ち出せない国の場合には、他の何かを探す。内容は何でもいい。たまたまクジラ食の話が実行しやすかった、ただそれだけだというわけだ。もちろん、当ブログでも語るよう、クジラ・イルカというのは宇宙人で、古代の神様の一種でもあった。そして、その思想者を利用できる。しかし、捕鯨をする北欧の国を無視しつつ、日本だけに噛み付く理由は、条件を飲ませたい相手が日本だからという理由でしかないのだ。他の理由は、代表にとっては後付けのどうでもいい話に過ぎないのだ。

人類は月に行ったのかという話も出た。実は当ブログの初期には、前サイトの影響もあり「月に行ったのに、偽映像を流した」のように解釈していた。理由としては、月は宇宙人の巣窟だという認識なので、てっきりそれを知られたくないから隠していると考えていたのだ。しかし、魔導師アニメ・フェアリーテイルを見出した状況で基盤が変わっていた。そして、月が幻という話や、サカサマのパテマを見る内に、月に行っていないという認識になったのだ。ただし、陰謀論にも達していないような「アメリカの力をソ連に見せ付けるための策略」のような根拠で月に行っていないという話ではない。そもそも月なんて3次元には存在しないから、行くという発想自体が成立しないという理由で語っている。月に関して、論点はアポロが到着したかではなく、月とは何なのか、宇宙人が月からやって来るという話こそが重要だ。

語り合った人は、地底世界のアニメ・星を追う子どもに感動したと語っていた。ちなみに、当ブログでは星を追う子どもレビューをまだアップしていない。サカサマのパテマも、いい加減にアップしたいのだが……。

日本皇帝が世界でもトップなのかという再確認も促された。当ブログの根拠としては、
たとえ国のトップであっても、自分は国王だ、自分は皇帝だと名乗る事はできない。皇帝や王、公爵という称号は、自分で名乗る物ではなく、他の国の権力者(国を超越した真の支配者)が認めて決まる事だ。
としている。具体例としては、モナコやリヒテンシュタインだと、領主は王様ではなく、あくまで公爵(大公・大公爵)なのだ。つまり、「俺様はモナコで一番偉いので王様だ!」という宣言はできない事を意味する。もちろん、「俺様はリヒテンシュタインの皇帝だ」というのも無理だ。あくまで他の国の王侯が認めて成立する。となると、日本皇帝も勝手に皇帝を名乗る事はできない。皇帝>王というのは、もはや通念で、日本皇帝こそが世界の君主でトップといえるのだ。オバマ大統領のお辞儀の角度が物語っている。アメリカは征服国なのだから、想定としては、むしろ日本君主の方が頭を下げてもおかしくないはずだ。しかし、現実は国を超越した階級(宇宙人の血の濃さ)というのがあるのだ。他に皇の漢字が付くのは法皇で、皇帝に準じる位となる。皇と王との間として、大王という称号もある。

日本皇帝が最高位なのに、どうして日本はいじめられるんだ? という疑問には次のように回答したい。イタリアがいじめられるとする。別にバチカン市国には関係無い。イタリアが世界大戦で攻められても、別にバチカンが占拠されたわけではない。日本では、皇帝の直轄地と日本とが1つの国として扱われているに過ぎず、そもそも国境自体が、奴隷搾取エリアの便宜上の設定に過ぎないという話でどうだろうか? また、一旦、他の国に巻き上げさせた後、異次元を介して皇帝が享受すればいいだけの話。

デーヴィッド・アイクによると、ロンドンとロンドン・シティとは全く別で、グレートブリテンの中に通貨ポンドを発行するロンドン・シティという別の国があるのと同じだと語っている。そして、通貨ポンドをイギリス(グレートブリテン)というお膝元の国民に使わせる事で、搾取するというわけだ。ロンドン・シティを当ブログが日本語にすると、ロンドン市国となり、バチカン市国と同じ意味となる。ちゃんと、日本にも応用したい。

ちなみに、今回会った人は、実はデーヴィッド・アイクの本は、まだ1冊も読んでいない。それでも当記事のような濃い内容となっている。アイクはキリスト教を否定し、オバマを却下している。ブロガーなどで、爬虫類人を認めつつ、キリストの言葉が出たり、オバマを光だとか大金が配布されるとか語っていたら、もはや駄目だと思って貰いたい。一方では、爬虫類人を認めつつ、オバマを悪人だと語りつつも、聖書用語が出たり、放射能を語らず、中韓を叩いている場合にはモルモンだと思って貰いたい。

皇帝の話はヤッズさんのブログでも語られている。ちなみに、ヤッズさんは山陰の八頭郡にいるという話だ、山陰の人なので身近で、当ブログ筆者が教えられた。

一方、ルパン三世のカリオストロの城はリヒテンシュタイン公国がモデルだという説がある。大公の治める国が舞台で、偽札作りの本拠地となる。改めて語るが、公国というのは公の国ではなく、公爵が治める国の事だ。


宮崎駿アニメの話も出た。ラピュタが好きだとの事だが、千と千尋の神隠しも10回は見たと語る人だった。千と千尋の神隠しの舞台は、お風呂屋さんだが、客には男しかおらず、寝泊まりもできる。要するに、日本ながらの宿屋で、売春施設の事だ。ブログ読者から、「娼婦について解説して欲しい」という話があり、1つの記事では語りにくい内容なので、ここにコッソリ語る。「食べられる物が多いと、得られる物(波動・経験)が多い」という話と道理は同じで、「セックスする相手数が多いと、得られる物が多い」。つまり、古来の娼婦は、色々な男の話を聞いたりエネルギーを受け取ったりするので、得られる物が多い人間の部類と言える。もちろん、現代も同様だ。娼婦について知りたかった読者は「僕は風俗店、ソ●プで男スタッフとして関わっているが、ホステスの女の子は、むしろ活き活きとしていて、一般的なイメージと違っていた(本当に売春って最低で救いようのない事なの?)」という話をしてきたので、ここで語る。戦後の教育で、女性には「身体目当てなのか」のような思想が蔓延しているが、以前の女性は「身体を求めてくれるの?! 私が必要とされているっ、感激!」だったそうだ。ここは筆者の想像だが、「ソ●プで働いているのに、今日は私のお客さんはゼロ、他の女の子は3人5人。私って必要とされていないの?」なんて悩みならば日本の娼婦達には存在しそうだ。


当ブログでもよく語っているが、古代のイシュタル神殿では、上流階級を含む多くの女性が若い頃に売春婦をやらされていた。また、日本では、巫女さんというのは神社でセックスさせてくれる女性の事だった。女性が絶頂に行き着く時に宇宙に繋がり、巫女さんは神界から情報をキャッチしていたのだ。ここは半分はジョークだが、バビロニアの親の思想としても、「セックスも知らない娘を、嫁に出せるわけないだろ。何も知らなかったら旦那とかに恥ずかしいじゃないかっ」。夜這い社会の日本だと、「ちゃんと娘が妊娠できる立派な女だと証明された。もうどこへ嫁にやっても恥ずかしくない。ところで、子供ができた以上は、身に覚えのある男は娘に指名されたら結婚しろよ」。

ちなみに、現代の風俗店の中には、神社のお札や三角錐の盛り塩が設置されている店があるそうだ。要するに、神道の追求者が経営してる場合があるといえる。


他にも、リチャード・Kとさゆふらが、本当に決別したのか? もはやリチャードは用済みで、さゆふらにタスキを渡しただけなのでは? のような話も飛び出す。そもそも、無名状態からいきなり顔を出す人で、マトモな人はこれまでに存在していない。ますます巧妙になるだけというわけだ。まあ、当ブログとしては次元の低い部類の話なので、正体を暴くのは他のブロガーやツイッター者などに任せておこう。

さて、前記事で500記事達成となる。1つの大台といえよう。それから、おかしな内容だと判断して、当記事の一部コメントを削除した。読者にコメントの印象を説明すると、「正体が推測できない人から、いきなり読みづらい長文が登場」という感じだ。「伝え方が9割」という言葉を把握して貰いたい。当ブログの話が、もし異常な書き方をしていたら、恐らく1割の内容も伝わらないし、読者は1割もいないだろう。文章が常識的ならば、内容が常識外れである事は問題無いというわけだ。逆に筆者が本来は理解できるような話であっても、伝え方の基本みたいなのが存在しないと、内容にかかわらず却下となる。


関連記事
フェアリーテイル(真島ヒロ)~ドラゴンの魔力を秘めた物語
月はイリュージョン~見えている月は幻影で、月の真の姿は地球外にある
地底世界アガルタを描いたアニメ~星を追う子ども~信州から地底世界へ
サカサマのパテマ1~地球の三次元モデル

ルパン三世・カリオストロの城の都市伝説
べるぜバブ(田村隆平)~異次元のスピリットと繋がっていない人間はミソッカス
ワンピース~天竜人ドフラミンゴが恐れるカイドウはドラゴン?!……皇帝>教皇>王>大統領>首相の話

肉食は本当に害なのか?~うつが治る~森脇健児が芸能界を干された理由は焼肉?

美しき緑の星(LA BELLE VERTE)~人々に大きな目覚めを促すフランス映画?

テーマ : 都市伝説・噂話
ジャンル :

AngelBeats! 1~世界史のテスト「地球は宇宙人が侵略している事にして、全問答えておいて」

AngelBeats!(エンジェルビーツ)というアニメを見ようと思っていた矢先に、当ブログの読者からもAngelBeats!の話題が出て、優先的に見る事にした。全13話に対し、5話程度視聴した。

先日まではフェイト・ステイナイトを視聴しており、ステイナイト・シリーズに関しては全話見終わった。他にもゼロ・シリーズというのがあるようだ。当ブログの新記事がどんどん美少女ゲーム関連の美少女アニメに侵略されているが、当ブログがイエス・キリストの言葉とかに侵略されるよりはマシだと思うので、宜しく頼みたい。また、当ブログがイエスの言葉ばかりになっていたら、高収入に戻っているはずなので、それはそれで安心して貰いたい。誰か当ブログで紹介すると格好いい実写映画を、非公開コメントで案内してくれないかな~。

当ブログでも、たまには筆者によるジョークを交えており、理解できる人ならば、恐らく何度も爆笑しているはずだ。あまりに強烈過ぎて呆れられる事もあるだろうけど(汗) AngelBeats!ではジョークのレベルがかなり高く、笑わせて貰える。その中で、ついにこの記事を書くに至ったジョークが飛び出した。

物語では、敵である生徒会長をおとしめるために、テストの答案用紙をすり替える作戦が登場する。まずは物理のテストで、将来なりたいものを書くという、ふざけた内容を記して、生徒会長の記した本物と取り替える。そこでは笑わなかった。しかし、次の歴史のテストでデタラメを答案用紙に書かされる人物が、作戦のリーダーに問う。「今度はどんな解答をすればいい? 次は世界史です」と。そしてリーダーは答える「地球は宇宙人が侵略している事にして、全問答えておいてっ!」 筆者は視聴時に酒も飲んでいたが、これには大爆笑だった。宇宙人による侵略を信じていない人でも笑いそうなのに、認識している当ブログ筆者や読者ならば、笑いの壺になるというわけだ。つまり、馬鹿げているから笑うのではなく、真実をこんな所で出すという、作者が仕掛けてくる根性に笑ってしまうのだ。

物語の作者自体が宇宙人の侵略を信じているからこそ、このネタが出たと筆者は判断している。思うに、世界史なんてのはデタラメの巣窟だが、地球は宇宙人が侵略している事実を解答すれば、面白い事になるのではあるまいか。


舞台設定の説明をしたい。最終的なオチまでは把握していないので、世界観のどんでん返しはありそうな雰囲気だ。死ぬ事はなく、霊界っぽい設定。

自我のある人間と自我を持たない箱だけの人間が、2000人規模の学校に存在する。自我を持つ存在はコンサートのように音楽を披露できる。音楽に注目している生徒達から、彼らの持つ食券を巻き上げる。食券というのは生体エナジーの事だろうか。つまり、音楽ライブやコンサートというのは、観客のエナジーをパクパク食べる行為だと言いたいのだろう。別に音楽に限らず、黒魔導師による講演会や宗教の集会でも同様だ。

登場キャラの1人が、自分をChrist[クライスト]と呼べとしつこい。ジーザス・クライストというのは、イエス・キリストとの英語読みだ。かなりの頻度があり、クリスチャンカバラである事を告白していると言えよう。真・女神転生2だったか、最強の武器防具がジーザス●●●という名前ばかりだった。当時はなんでイエスなの? と思っていたが、イエスの正体をホルスだと認識すれば理解できる。ちなみに、女神転生2のラスボスはエホバ
yuitsusin.jpg

クロウ・ソングという歌が出てくる事からヤタガラスも関係しそうだ。裏神道=カバラというのが当ブログの説だ。

AngelBeats!は馬鹿げた話のように思えて、当ブログ筆者が「成る程!」と言いたくなるようなシーンに溢れていて面白いと感じた。


未確認情報だが、AngelBeats!を発表したビジュアルアーツはバックに松下が関わっているようだ。エロ過ぎるゲームも色々と出していたので、松下の名前を出すわけにはゆかないのだろう。なお、松下は以前に3DOリアルというゲーム機を出しており、その機種には実写の不気味な18禁ゲームも出ていたはずだ。3DOリアルは所持した事も、触った事すら無い。セガサターンやプレイステーションの台頭で、3DOリアルは衰退した。


関連記事
フェイト・ステイナイト1~現代魔術師の使役バトル~魔導師の心得
フェイト・ステイナイト2~高名な神父の正体は魔導師
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞1~異次元の龍と戦う女子
ドラゴンの霊が降臨して爬虫類目になる美少女闘士~一騎当千

聖書の神は宇宙人である!~ファミコン・女神転生Ⅱの唯一神はハゲで青肌

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

ローマ法王がエイリアンとの交流についての実態を明らかに?~NESARA詐欺

日本や世界や宇宙の動向さんより。
フランシスコ・ローマ法王がエイリアンとの交流についての実態を明らかにするそうです。


引用部は青。
UFO専門家であり米外交政策の専門家は、もうじきフランシスコ・ローマ法王がエイリアンとの交流についての実態を明らかにするそうです。
法王は人類とエイリアンの交流を推進しているのでしょう。
ただし、エイリアンとの交流が地球の支配構造を破壊することにはなりません。ネット上ではエイリアンの存在について様々な情報を見ることができます。多くの人々が既に知っていることです。
バチカンがそのことを発表したとしても、何も驚くことはありません。

なぜ、今、エイリアンの存在や交流についてバチカンが発表するのでしょうか。。。
世界の金融・経済が崩壊し、世界大戦が勃発し、世界中が大混乱し、致死率の高い伝染病が世界中の人々を襲い、洪水、干ばつ、噴火、地震。。。これらのすべてが同時に世界を襲い、大混乱したところで・・・
「エイリアンは実際に存在します。人類は彼らと仲良くすべきです。世界の国境をなくし地球市民となってまとまり、エイリアンとの交流を盛んにしましょう。世界統一政府と統一宗教を作ります。バチカンがその頂点に君臨します←NWO」とバチカンは世界に向けて呼び掛けます。
そのためにバチカンの存在感を高めたいのでしょう


当ブログでは、以前より、「NESARAと言っても、公表される程度の話はもうネットでは知れ渡っている事なので、今更、権力者が語っても、新しい何かは存在しない」と語っており、似た論調と言える。というか、当ブログを参考にした?

聖書の神というのは宇宙人の事なので、総本山は最初から宇宙人と交流する場所だったと言える。モルモンは末端でも近い事を知らされるので、ある意味、真実に近くなる。しかしながら、婚前交渉を禁止するなど、性や魔術のエリアで偽りを掴まされると言える。
douko.jpg

聖書における「神」という言葉は元々「エロヒム(天空から降りてきた人々)」というヘブライ語となる。聖書自体も書き換わったが、翻訳される内に、意味不明になってゆくのだ。逆に言えば、翻訳する人は神を宇宙人だと認識しているからこそ、曖昧な言葉にしていったのだ。

「5月中に大金配布」という話だったNESARA詐欺のシェルダン・ナイドルだが、最新レポートでは、大金配布の話は一切無い。解説している人の情報を読んでも、次ブロックのような口ぶりだ。次の話をしたブロガーは、キリストの話もし出し、もはや支持のボーダーを割ったしまったか。

NESARA金が貰えても、使用方法については、ある程度制限があるという事です。つまりNESARA金で繁華街で遊びまくったり、ギャンブルしたり、ブランド品を買い漁ったり、宝石や高級車などの贅沢品を買ったりという事はできなくなるという事です。

どこからが高級車なのだろう? 中級車のマークXやレガシーみたいなのはいいのだろうか? どうしてマークXが良くて、クラウンは駄目なのだろうか? そもそもマークXの上位グレードは、クラウンの下位よりずっと高いのだが。BMWといっても1シリーズならば、価格はマークXと変わらない。中古の高級車はどうなるのだろうか? 比較的新しい場合、高級車には結構な値段が付くのだが。


そう言えば、タバコや酒の値段が30倍になると語る、おかしなNESARAもあった。料理に使いたい酒も30倍じゃ困ったもんだ。また、タバコというのは薬というのが真実だ。

使い道を指定される金には意味は無い。また、元々の自分の資産もあるわけで、合算された場合、どこからが元々のお金で、どこからが配布されたお金かの区別はできない。というか、そもそも配布の話が嘘だからこそ、新たな疑問が発生するのだ。真実というのは、これまでの疑問を見事に解決する。この定理を覚えておいて貰いたい。


関連記事
フェイト・ステイナイト2~高名な神父の正体は魔導師
ルパン三世~キリストの姉妹がヴァンパイア?

宇宙人を信じられないコメント紹介~ホモ・カペンシス説の破綻
地球は魂の牢獄~地球は魂の流刑地
ゴールドを掘りに地球へやってきた異星人~ニビルのアヌンナキ
宇宙人が地球に関わっていないという説を否定

爬虫類人がいないという説を否定~超古代の地球人文明説 VS 宇宙人由来の文明説1
宇宙人は古代にも現代にもいる~超古代の地球人文明説 VS 宇宙人由来の文明説2
地球の生物を創造した天使的宇宙人~超古代の地球人文明説 VS 宇宙人由来の文明説3

テーマ : 都市伝説・噂話
ジャンル :

フェイト・ステイナイト2~高名な神父の正体は魔導師

先日はフェイト・ステイナイトの物語の中に、魔術師としての心構えがあるという話をした。あまり受けていないようだが、美少女アニメの話の振りをして、しっかりとした内容を語っていると認識して欲しいのだが。

フェイトには、魔術バトルの監督をする神父が登場する。その人物は神父という仮面を被っている魔導師というわけだ。その親も魔導師で、多くの場合、魔術師というのは家系となる。代々受け継がれているというわけだ。

フェイトでは魔導師の家は、どれも由緒があり、たとえ落ちぶれた部類でも、お金に困らないような生活振りを見せている。そう言えば、筆者の住む都市にも、魔導師が見れば即座に魔導師の家だと判断できる豪邸がある。太陽神がバーンと描かれている(汗) 筆者の住む都市はセキュリティをあまり意識はしなくてもいいエリアなので、その魔導師の家は塀に囲まれる事無く、存在をアピールしている。なお、セキュリティの必要なエリアというのも、セキュリティ企業が中国の窃盗団でも雇えば、売上げが激増というトリックに過ぎないのだが。

さて、神父が魔導師? それもそのはず、カバラの魔導師で主流なのはクリスチャン・カバラ。つまり、最初はキリスト教徒としてエントリーし、見込みのある者が後にカバラに改宗する流れとなっている。以前に語ったが、アリアナ・グランデという音楽家も、クリスチャンからカバラに改宗して、皆に宣言した。もし、聖書信者の中に魔法を嫌っている者がいたら、魔道を授かっていない単なる末端の走狗か、自分が魔導師だからこそ、大衆から遠ざけようとするエージェントだと認識して貰いたい。

「5月中に大金配布」と大嘘をこきくさったシェルダンナイドル「2013年の春夏秋に金融リセット」と宣言しくさったコブラ解放の代表も黒魔術師確定。彼らのメッセージには「闇のカバールが……」のように、あたかもカバラの悪人を糾弾しているように見せているが、そういう場合こそ、本人が闇のカバールというカラクリだ。もちろん、光のカバールもあるわけで、カバラに闇しかないような語り振りが既に偽りくさい。カバール……「一隊」という意味で、カバラの事ではない。


以前に「聖書に神の出身星・惑星コロブがある」のような記事を書いたが、あくまでモルモンの聖典と「エホバは最初はプレアデスについて語っていた」という話が主体なので残念だった。しかし、旧約聖書に次のような謎の文句があるのを改めて発見した。
「あなたはプレアデスの鎖を結ぶことができるか。オリオンの綱を解くことができるか」(旧約聖書、ヨブ記38章31節)
別にこれだけで、聖書信者も宇宙人を信じるべき確証が存在したという話にはならないが、少なくとも断固として宇宙人を否定する理由は存在しない事になる。また、何よりも「宇宙人はいない」と叫んでいるのは、伝統的なキリスト教の宗派ではなく、正当派からは異端とされる聖書系カルトに過ぎないのだ。

また、筆者はよく「聖書は書き換えられた、大事な部分が削除された」と語っているが、宇宙人の部分が削除されていると想定している。他にも輪廻転生などの話が削られている。そう言えば「我々の聖書追求以外は全て悪魔崇拝。神道や仏教はもちろん、カトリックでさえも。」みたいなサイトもあったなぁ。もはや見てないけど。本人は真実を知らされていない走狗だろうけど、サイトのシンボルが23の数秘術でホルスの目になっていたりと、既に上層部はクリスチャンカバラだ。

神社仏閣に油を撒いたり、ぶっ壊しているしている者達の正体は、聖書系カルトだと判明した。1つ面白かったのだが、筆者がモルモンだと疑っている翻訳中心サイトが「犯人は統一やエホバみたいな気持ち悪いキリスト系カルトだと判明しました」と語っている所だ。三大聖書カルトのモルモンだけ入れ忘れるとは、これはいかに?! ただし、モルモンは宇宙人を認めているので、宇宙人を認めない聖書カルトよりは、真実に関して多少はマシな論調になる。しかしながら、ベンジャミン・Fを好意的に紹介したら帳消しとなるが。言いたいのはそこではなく、「爬虫類人はいないと断言するサイトは、聖書系のカルトが主体」「もちろん、真に受けた霊力の低い無宗教者が信じてしまう事はある」という話だ。

神社仏閣、汚損破損の件で、バプテスト教会が無関係を主張している。バプテスト教会というのは福音派(原理主義)でプロテスタント寄りだが、プロテスタントでもカトリックでもないと表明する傾向もある(ランドマーク・バプテスト)。聖書系なのにカトリックを強く叩きつつ、プロテスタントもたまには批判する場合には、バプテストも怪しむべき。筆者の見解としては、神社仏閣への攻撃は聖書系カルトが犯人で、キリスト教系だとばれたので、バプテストに罪を着せる手段に出たという所だ。バプテストの神父の中に、宇宙人を認める人を発見した。別に原理主義だから宇宙人を否定するわけではなさそうだ。聖書の言葉に忠実だと、むしろ宇宙人はいるという方向になるわけだ。なお、福音派は「地球や地球人は6000年前に聖書の神に創造された」という創造論を採用するので、カトリックを叩きつつも6000年前の天地創造を認めない場合には、やはり聖書カルトという事になる。

宇宙人がいる事を教わっていない聖書信者は、末端信者や走狗となる。「宇宙人がいるという話は、私には納得できない」のような話をしてきたら一切相手にしてはいけない。まずは「あなたの宗教は何ですか?」と聞くだけで退散するはずだ。日本語に過ぎないが、聖書では宇宙人の代わりに「寄留人」という言葉を使っているようだ。翻訳を担当させてもらえる人は、既にキリスト教徒というより、クリスチャンカバラ。わざと分かりにくく翻訳していないかい?


実はフェイトの話ではなく、中盤~後半の部分を語りたかったのだが、タイトルが思い浮かばず、こういう事になった。フェイトでも仏閣をぶち壊すシーンがあるという事で。また、フェイトでは教会の隠し地下聖堂に、もちろん死体群がある(爆) 爬虫類目の異次元スピリットの食事だそうだ。こうなってくると、アマチュア作家が思いつきで神父を魔導師にしたのではなく、教会の真実やクリスチャンカバラを実体験として把握した域で描かれた作品だと判明するのだ。


関連記事
フェイト・ステイナイト1~現代魔術師の使役バトル~魔導師の心得

聖書に登場する惑星コロブは神の出身星=爬虫類的宇宙人の惑星ニビル

シェルダン・ナイドル、アニメ視聴(フェイト、怪物王女)、マネーの虎

凡人と魔導師は同じ対象を見ても違う物を見いだす……数秘術23の話
創作活動はスピリットのパワーで可能~音楽は宗教、音楽は魔法

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

フェイト・ステイナイト1~現代魔術師の使役バトル~魔導師の心得

クロスアンジュに続き、エウレカセブンAOも視聴が終わった。次は「フェイト ステイナイト」を見始めた話もしている

フェイト ステイナイトの原作は2004年には発表されている。現代の魔導師の物語で、召喚したサーバントを使役する。アマチュア無料ゲームが原作となっている……というのは誤解で、元同人サークルが商業デビューした作品で有料ゲームとなる。しかも、その原作はアダルトゲーム(爆)のようだ。アニメの方はテレビ放映なので、全年齢向けの物語となっている。なお、進撃の巨人の作者は「マブラヴ オルタネイティブ(アダルトゲーム)のストーリーをパクりました」と告白している事から、アダルトだから劣るって話ではない。アダルトで面白い話からエロシーンを抜いても、面白いままの場合もあり得る。全年齢向けの素晴らしい物語にエロシーンを追加したら、もはやアダルトなのだから、別に物語の面白さとアダルトとは関連性はないのだ。いや、むしろ、表現が規制されない分だけ、アダルトにこそ、真のストーリーが眠っているという解釈も可能だ。

というわけで、見始めたフェイトには、なかなか驚かされた。ゲームの方は一切プレイしていないが、アニメだけでも相当に深い状況が把握できる。別作品の「魔法科高校の劣等生」(筆者は未視聴)の方が面白いという話もあるが、たとえそうであっても、「フェイトを見ているヒマがあれば、魔法科高校にせいや」とまで言われると、いい感じはしない。


なお、今の所、全24話中11話程度の視聴具合だ。特別にストーリー展開が面白いとは思わないし、特に主人公の性格は嫌いなタイプで嫌になるくらいだ。しかしながら、所々に現れる、魔導師の鉄則や常識みたいなのが、特に魔道書を1ページも読んだ事のない場合の当ブログ読者には勉強になると思い、一部だが語る事になった。

本来ならば視聴した範囲の粗筋を踏まえた紹介としたかったが、ブログを書く気力が薄いので、重要な部分だけを挙げてゆく。

《魔法とは等価交換》という言葉が飛び出す。別に自分の何かを捧げるのではなく、他人のエナジーを捧げても構わない。シェルダンナイドルは、「5月中に大金を配布する」と大嘘をこきくさったが、そのようにして期待させて裏切るエナジーを捧げる事で、自分が何かを得るような黒魔術というわけだ。話は逸れるが、シェルダンナイドルのような(サルーサ、コブラ解放、ベンジャミン・F)情報を頒布しているブロガーも同罪だ。直ちにやめないと、黒魔導師の走狗と断定する!

《正体を隠すのは魔術師の義務》という表現がある。現実でも有名人や各分野で才能を発揮している人は全員が魔術師だ。正確には呪術師、妖術師などもいるだろうが、少なくとも魔術師に関しては、「魔術で私は才能を発揮しているんです」と表明する人は確認できていない。もちろん、匿名では居ないわけではないにせよ、顔出し、職業出しでそういう人は、極めてあり得ない状況だ。

《寺院は落ちた霊脈、魂を集めるには絶好のポイント》という表現がある。要するに神社仏閣系のパワースポットというのは、パワーを奪われる所だ。もちろん、相性がいいとか、そのエネルギーに好かれている場合には、得られる物もあろう。

《魔術師と人間の違いは、魔術回路を開いてオンオフにするスイッチがあるかないか》という表現は、当ブログでも2年前にチラリと語っている。端的に語ると、魔法結社でスイッチをオンにして貰う事こそが才能の決め手であって、凡人がスイッチ無しに何かの分野で懸命になっても太刀打ちできないし、一生を掛けて開くもんではないというわけだ。そのような秘法を隠している事こそが支配層が支配層でいられる秘訣であり、オカルトを排除した陰謀論は無価値だと言いたい。

上の本はオカルトを加味した陰謀論、アイクの本の中では手頃な価格なので、高いのが嫌な人は、この本を入門編に。

フェイトに関し、他にも話題はあるが、当筆者が多忙なので実施しないというわけで。少なくとも「魔法高校に比べれば駄作」という程度の作品ではなく、充分に語る価値はある。
アニメのみならず、全年齢としてプレステのゲームやコミックも出ている。

コミックは魔法入門と同じ出版社の角川より。まあ、要するに、自分の作品が出版となる人も魔導師というわけだ。

とにかく、作者は魔道について詳しいと当筆者は判断した。まあ、本人が魔導師なので当たり前だが。あれだけ把握していれば、同人ゲームで大人気は当然で、商業ゲーム化やアニメ化まで行くというわけだ。いや、語りたいのではそこではなく、影に位置する「才能があっても魔道を教えてもらっていない人の作品は、冷遇されるだけ」こそを言いたいのだ。穏やかな表現に戻すと、アマチュア同人であっても、トップレベルに君臨する者は魔導師だと認識して貰いたい。

当ブログでは、信じられないくらいヒットした「青鬼」というアマチュア無料ゲームが、既に実写映画にもなっている話もしている

さて、「魔道書を1ページも読んだ事無い人向けに」と語ったが、多分、いそうな気がするので、せめて市販品でもいいので本を紹介する。4つめは中高生向きで、難しいのが駄目な大人ならぱ、まずそれを。


関連記事
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞1~異次元の龍と戦う女子
ドラゴンの霊が降臨して爬虫類目になる美少女闘士~一騎当千

青鬼(アマチュア無料ゲーム)とファンタスティック・プラネットの宇宙巨人は元ネタが同じ

南アフリカで発見された2億年前の巨人の足跡~進撃の巨人の世界

エナジーヴァンパイア~コブラ解放の術は吸飲

小保方晴子氏が「魔術」を使う事を危惧! STAP検証実験に「監視カメラ」3台

忍者漫画の作者はクノイチ! 魔道漫画の作者は魔導師に決まり……忍者好きの女性が、忍者を調査・空想して描いているというのは幻想。本人が忍者。

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

リンク
月齢
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人と引き合わせる事のないようにお願いします(お子さんなどはO.K.)

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
本物の魔道書
魔法は存在するからこそ、この価格に
最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。相談は承りますが、意見メールは特に不要です。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
放射能が除去できる空気清浄機
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  3ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運