2015/4/1 国会でUFO質問・宇宙人言及、アントニオ猪木議員~カナダの元国防大臣は2年前に言及

先日は元大統領の血族が出演し、「宇宙人が古代から支配しており、地球人が誕生する前に宇宙戦争があった」と語るムービーを紹介した。割りと面白い話をしたつもりだが、拍手数を見るとドンキーコングの話の方が面白かったという事でいいかな? 知名度でいうと、アイゼンハワーよりもドンキーコングの方が上というオチで。あの世でさえ邪悪な宇宙人の支配下という記事も受けている。元大統領の血族が真実を語る理由を「血族の罪滅ぼしのために(一族が魔法結社で習う)真実を公開」と解釈する人もいた。「地球の真実は本物だが、正義の味方の振りをしつつ、新たな支配を企む」よりも、むしろいい線だと判断した。

記事のコメントでは色々と面白い内容があったのだが、ビッグな内容は後回しとし、まずは、アントニオ猪木議員がUFO宇宙人に言及したという話からしよう。デマではなく、本物の国会で4/1に語られた。

ただ、国会というのは台本が存在するので、宇宙人に言及する事自体が台本通りだったと考えた。多少は笑った人はいるものの、誰も驚いていない域だ。国会では感情的に言い合いする場面(それすら台本?)もあるわけで、「宇宙人なんてとんでもない」なんて思っている議員は極めて少数派である事が証明されたと言える。後ろにいる女性議員は「これって中継されているの?」みたいな確認を取るような素振りがある。「宇宙人(から得る秘法)は我々だけの秘密なのに、愚民に知らせてイイの?」という態度だと解釈した。

UFOと言っているだけならば、宇宙人を認めないエホバの証人なんかから「それは日本皇帝の造らせたUFOなんだ」と言われてしまう余地が存在する。しかし、今回の国会の話では宇宙人にも言及しているので扱いが違う。

猪木は著作権うんぬん語っているが「宇宙人がいる」という途轍もない事を証明できるのであれば、人が死ぬわけでもない程度の法律など無視して、なんでもすべきだ。そもそも、宇宙人がいたとなれば、領空侵犯という問題ではない。

宇宙人からマイクロチップを入れられた話まで飛び出したのに、「いいや宇宙人はいない」と言い出す議員はいない状況がある。猪木は「私には分かりません」とあるが、本当はいる事を確信しているはずだ。まあ、放送されている国会なので、猪木が「議員である皆さんは秘密結社で宇宙人が呼び出されてるのをいつも見ているので、わざわざ空のUFOに注目する事はありませんね」とは言えまい(爆)

ちなみに、国会のような場所で宇宙人が語られても、「宇宙人が最近やってきて、侵略が始まる可能性がある」という演出をしたいとしか解釈できない。「古代より支配」とか「宇宙人に人類が造られた」という話が国会出たわけではないのだ。

当ブログを読み進めれば分かるが、実際にはとっくに宇宙人に侵略されている。というか地球人が生まれる前に既に宇宙人は来訪しており、地球人は奴隷として創造されている。もし、今後に何かが現れるとすれば、むしろ人類を解放する宇宙人の船だ。


とにかく、猪木の話はデマではなく、ムービーという証拠がある。
インターネットも証拠を提示できる良い時代になった。初期ではムービーなんて大容量をネットに載せる事は難しかった。大きな画像が1枚あっただけで苦情モノで、古いサイトを見ると、いまだに「ホームページには重たい画像を載せるのはやめましょう」みたいなアドバイスが残っている。筆者はそんな戯言は無視して、10年以上前に大きな画像を何枚も並べてメガヒットを実現している。話を戻すと、以前は文章中心なので、「国会で語った」という内容がデマかマジかを即座に判定できなかった。

一方、2年前、2013年4月29日から5月3日の5日間の話だが、
元カナダ国防相、ポール・ヘリヤーのUFO・エイリアン発言

という事実もある。
カナダの防衛大臣の話は「少なくとも4種類、地球に訪れている」みたいな発言だ。また、後日もアメリカの番組で、この件でインタビューを受けている。ムービーの視聴者は、おおむね同意しているようだ。「地球に来る宇宙人はいない」と言っている人は、そういう時代になっている事に気付いていないのだ。演説が終わってもヤジを飛ばす人はいない。誰もが宇宙人がいる事に納得した様子だ。

冷たい見方をするならば、元大臣の爺サンは淡々と語っているし、発言中には周りの人が全く反応していない。秘密結社でとっくに宇宙人の存在を知っており、何も驚く事は無かったわけだ。数秒くらい発言が中断しても、賛成にせよ反対にせよ、驚いた人が声を上げるべきシーンだ。もちろん、「そういう発言が行われます」と事前に知らされているケースはあるだろうけど。温かい見方をするならば、宇宙人の事実を公の場で語った事に、場に集まった人は感銘を受けているのだろう。

この話題のあった2年前は、実は当ブログは無かった。なので、筆者が語る場が本日の記事になったという事で。それに、筆者にとっては宇宙人がいる事など当たり前なので、カナダの誰が言おうと思想が変わるわけではない。また、当時はムービーまでは見ておらず、「4種類は少ないのでは?」「最近来たという話をしているだけでは?」という想いもあったため、話題を避けていた。実際のムービーだと、「数千年間で少なくとも4種類の宇宙人、背の高い白人、生命でいっぱいの宇宙に住んでいる」となり、それなりに語る価値はあった。

「どの組織が宇宙人の技術を得ているのか」というムービー内の話で、急に秘密結社や影の政府の話になった。要するに、秘密結社というのは宇宙人と交流する場所だ。この話は、特に20世紀以前では、秘密結社の話をする人も、宇宙人の話をする人も、繋げる事をはばかっていた。

反面、くだらないのは「地球温暖化の解決」と言っている状況だ。ただ、たとえ大臣でも、「温暖化が嘘」までは知らないという事もあり得る。秘密結社で彼が授かったのは、防衛大臣としてやっていくだけの超能力であって、実務も忙しく、業務関連以外に無知な事はあり得るのだ。

先日は「20年以内に地球外生命体(バクテリアレベル)が太陽系内で見つかるだろう」と断言する科学者の戯言を紹介した。元大統領の曾孫が宇宙人を語り、カナダの元大臣が語り、アメリカでもインタビューされているのだから、それらを無視して、何言ってるの?! 地球の情報すら見逃すような連中に、木星の衛星からバクテリアを発見できるわけないだろ! もちろん、NASAの科学者は情報(アイゼン曾孫、カナダ相、その他論者)を知らないのではなく、意図的iに無視している。この状況こそが、むしろ宇宙人がいる確証と言える。いない事を演出する役者である証明というわけだ。一方では、知的生命体・探査プロジェクトの新企画も始まったようだ。茶番もいい加減にせいや。

ちなみに、議員には元役者が割りといる。山本太郎や青島知事なんてのもいた。猪木自体も役者の部類だ。実はプロレスというのは、相手を倒すために本気で格闘するのではなく、鍛え上げられた身体を使って、観客を沸かせる役者なのだ。ある程度の台本がある。プロレスは演出をいかに本物らしく見せるかの舞台だと思えばいい。


なお、カナダの元大臣の話をしているサイトが、ベンジャミン・Fというデマだらけの走狗を紹介している事があるので、そういうサイトを読む時はベンは率先して無視・却下してもらいたい。飛鳥昭雄は、そのベンと組んで活動している。

よく、間違っている対象(科学理論、宗教、論者など)を信じていて、否定者に叩かれた人が叩いた人に対し「君が否定する理由は、君がこの科学理論(あるいは宗教)を知らないからだ」のような主張をする。だが、無意味という事を示しておく。例えば、リチャード・Kが間違っている事を証明するために、別に彼の主張や本の9割を調査する必要は無い。ほんの3%程度を調査し、それが間違っていれば、リチャード・Kの偽りは証明できる。仮にリチャード・Kの否定者が、リチャード・Kについて一部誤解している要素があっても、否定している部分が正解していれば成立するのだ。たとえ9割を把握していたとしても、「リチャードさんの全てを理解していないのに、おかしな事を言うな」みたいな詭弁の余地があるので困った所だが。リチャードの部分を宗教や進化論にして、幅を拡げよう。余談だが、ブロガーなどで、「それなりに頭がいいはずなのに、リチャードを信じている」という場合、実は賢くなかったというオチもあるが、自分の通う宗教で推薦されているから信じているというケースもある。

さて、宇宙人・否定派はいったい、誰が「宇宙人はいる」と言えば信じるのか? お父さんお母さんか? 天皇か? 皇室の人なら、とっくに語っているのだが。

また、主流ではないにせよ、学者や教祖の中にも宇宙人が地球にいる話をした人は数多く、ETが存在するから宇宙人本が存在するのだ。もちろん、マスコミでは宇宙人の企画は多いし、鳥山明や松本零士、藤子不二雄などの漫画家も作品を通じて「いる」と語っている。



政治家が言ったら信じるの? もう猪木の話はしたし、鳩山夫妻のどちらだったか、自らを「宇宙人だ」と語ったのではなかったか? 嫁さんが宇宙人に攫われて戻ってきたんだっけ? 石破大臣は「存在しないと断定できる根拠が無い」と語っている。筆者が冗談で言葉を訳すと「宇宙人が存在しないと信じている奴は愚民、我々政治家(ヤクザ)に理力を授けてくれる存在なのだし」となる。

宇宙人を否定する宗教もあるが、ほのめかしたり(初期のエホバ、モルモン)、肯定したり(幸福の科学)、基盤となっている(ラエリアン)宗教もある。また、仮に宇宙人をすっぱり否定する宗教でも、末端信者用の条文に過ぎず、上層部までもが信じているわけではない。教祖(宗教の現代表)が「いる」と宣言するだけで変わってしまうような対象は事実でも何でもない。


ムービー関連で
エレン・グリーン・ヒックス インタビュー1~5
も面白いという話を聞いた。実は筆者はエリア51という言葉がうさん臭かったので見ていなかったのだが、そうではないようだ。虐待を受けていた女性がいて、虐待していたのはことごとく地球人で、爬虫類的宇宙人の中にはその虐待振りに涙を流した者もいた……みたいな凄い話だそうで、視聴して文章が纏まったらアップしたい。

ちなみに、前記事で
ジェイ・パーカー インタビュー1~6
をお奨めとして紹介したが、最後の方にはオルゴナイトが決め手みたいな方向になり「?」となった。黒魔導師は嫌になってやめたけど、ビジネスしないと食えないから、オルゴナイト? 話の内容が凄い割りに、電磁波から身を守るオルゴナイトが結論では拍子抜けなのだ。別にレプティリアンや黒魔術結社の実態なんて話さなくても、電磁波の危険性やオルゴナイトのパワーを認識させる方法はあると思うのだが。

オルゴナイトだが、怪しい専門店で買うとボッタクリだそうだが、アマゾンや楽天ならば、真っ当な価格で手に入る。

一方、
トカゲ人間だと主張する女の子……短く終わる
は、なかなか評判のようだ。実は読者(日本人)からも、「私の目と舌も……」という人がいたので、いよいよ、そういう人がいる事は確定となった。以前はヨーロッパの小国島国を訪れた人から「その国の人は、爬虫類瞳になる人が目立っていた」という情報を得ているので、証拠が積み上がる一方だ。まあ、実は爬虫類人懐疑派の中にも「そういう瞳の人がいるだけの話で、爬虫類人とは関係無い」という人がいて、なんと縦長瞳の存在自体は認めている懐疑派がいる。要するに「全てフォトショップ(画像ツール)で加工した」「全て光の具合だ」みたいな説はデタラメというわけだ。


関連記事
アイゼンハワー大統領の曾孫(ローラ・アイゼンハワー)が伝える異星人侵略

死後の世界の嘘~あの世すらも支配する悪魔的宇宙人

NASAの主席科学者が衝撃発言 「20年以内に地球外生命体を発見できるだろう」

ドンキーコング64~古代の地球猿人と侵略者の爬虫類的宇宙人が基盤

爬虫類人がいないという説を否定~超古代の地球人文明説 VS 宇宙人由来の文明説1……単に爬虫類人を否定するのではなく、肯定者の方が知的だとか、瞳の存在は認識している論に対する言説

テーマ : 宇宙人
ジャンル :

アイゼンハワー大統領の曾孫(ローラ・アイゼンハワー)が伝える異星人侵略

当記事はムービーの内容を踏まえた話なので、たった今はムービーまでを見られなくても、視聴できる環境になった時に必ず見てもらいたい。

アイゼンハワー大統領のひ孫が伝えるET侵略……1と2



アイゼンハワー大統領の曾孫ローラ氏は、銀河戦争、天使戦争みたいなワードから始まり、何千年も宇宙人の地球支配が続いていたと語り出す。
当ブログでは、ドンキーコング64の記事(爆)lで、コッソリと宇宙人同士の戦争や地球支配を記している。映画でもスターウォーズは宇宙戦争の話だ。


アバターも原住民が異星人に侵略されたというストーリー。ただし、見た目と立場は青い宇宙巨人と地球人とが入れ替わっている。


要するに、大統領の一家では、宇宙人同士による戦争など真実の歴史を教わるという事だ。「宇宙人はいない」と言っているのは、カルトの末端だという事が判明している。科学もカルトの一種で、末端だけが(地球に関わる)宇宙人はいないと信じ込んでいる。上層の科学者は魔法結社でちゃんと宇宙人から才能を授かっており、いると確信している。

ローラ氏は「内なる声が聞こえる」みたいな話もし、能力者でもある。大統領の血族という事は、もちろん支配層の血族だ。しかし、「ドラコニアンでもノルデック(人型)でも、いい人も悪い人もいる」と主張する。つまり、「自分はレプティリアンの血統だけど、本当の事を語っているんだ」という方向なのだ。この態度には筆者は支持したい。当ブログでは「爬虫類人は確実にいる」とは言っているが、今まで「爬虫類人や龍人は悪で確定」という話をした事はない。だいたい、ハンドルネームが龍なのだし。

ムービーの内容は全体的にも当ブログの思想とピッタリ合っていて、当ブログがまだ述べていなかった事を語りつつも、残念ながら「自分がその知識を、所属している魔法結社で習った」みたいな話はしない。たとえ、善の魔法結社であっても、「私は魔法結社員です」というのは顔と名前出しでは、滅多にあり得ないのだろう。

この記事で語るような陰謀論ムービーを見る人は、大統領の一族なんて悪人だとしか思っていない人が多数派だと考えられる。「大統領の親族ならば素晴らしい人だろう」と考える人ばかりが視聴するわけではないのだ。よって、ローラ氏は「支配一族の言う事なんて信じられない」という思想が視聴者にある事を承知で語っている。それでもなお、「私達を疑うのは当然です。でも、一族だからこそ真実を教わっており、ぜひ耳を傾けて下さい」という話をしているわけだ。よって、「俺はお前達支配層が嘘つきだと知っているんだよ」という短絡的な思考は理に適っていない。

ローラ氏は早口で、一般的にはトンデモな事(普通の人には基盤となる知識が必要)を連発している。戦争の後はアヌンナキの話が続き、都合悪くなった要人はクローン人間とか、その手の話も飛び出し、当ブログ筆者は既に大笑いしていた。あの内容を真顔で言い続ける女性なんて、初めて見たからだ。聞き手のオッサンも眼鏡の位置を直しつつ、顔がタジタジだった。それにも笑えた。

はっきり言って、当ブログを管理するくらいのオカルトの知識を持っていないと、彼女が何を言っているのか意味不明だと思う(爆) デーヴィッド・アイクの本を読んでいれば、緩和されるはずだが。


ヒトラーやルーズベルト(アイゼンハワー)の話もあった。
両者共に遭遇したのがプレアデス星人達で、どちらもが断ったのです。ナチスとアメリカ政府によってです。グレイや彼らの技術に賛成してです。
という字幕が出るが、ナチスやアメリカが、なにを断ったのか? 断ったのではなく、締結したという解釈でないと前後がおかしくなる。この後、ナチスとアメリカが技術を得たという話が続く。1930年にドラコニアンのテクノロジーが広まり出した。

後半では、人のプラーナを吸って兵器のエネルギーに変換。天候を変えたり、マインドコントロールに使うみたいな話も飛び出す。また、2017年までには多くの人が覚醒すると語る。ここでいう覚醒は、宇宙人による支配を知るという水準だろう。

真実がどこにあろうと、結果がなんであろうと、誰がそれを扱うかのかは関係無しに、私達で議論するべきという主張があった。当ブログで先日は「20年後に地球外生命体が見つかる(これまでは一切見つかっていない)」のような科学者達を紹介したが、真実がどこにあろうと、爬虫類的宇宙人や宇宙人による人類創造の話は、議論されるべきというわけだ。

ムービーでは、CIA(中央情報局)にも正義感のある人はいるみたいな話だった。ムービーに対する視聴者のコメントでは、CIAが全ての元凶だとこだわる人もいるし、レプティリアンが出た時点で「宇宙人のせいにするな」のような脊椎反射もみられる。当ブログでは「宇宙人が出たら、矛先が変わる」という思想自体が仕組まれたものだと考える。バックに宇宙人がいたとしても、別に支配層(大富豪、王族)の罪が消えるとは全く思わない。もちろん、支配執行層(政治家、官僚、大企業トップ、マフィアトップ)の罪も一切消える事はない。

つまり、「支配層が罪から逃れるために宇宙人を演出している」という思考自体を却下したい。また、地球に関わる宇宙人がいない場合にのみ「宇宙人を演出している」という思考が生まれるだけであり、その思考と宇宙人の存在とは全く関連性がない。「宇宙人を設定すれば支配層は罪から逃れられるので、宇宙人はいない」という論法は成立しないわけだ。また、罪から逃れられるというのも妄想で、なんの根拠もない。たとえバックに宇宙人がいたとしても、真実を知った奴隷層(サラリーマンなど)は支配層や支配執行層をむしろ許さない。

「実は宇宙人から秘法を授かって支配していた」という事実を大衆が知った場合、ますます支配層に対する反感を持つと考えられる。大衆が教わっており、予想できるような対象で大衆が支配されているのならば納得したとしよう。しかし、実態は超越した存在のパワーまで借りているとなれば、矛先は宇宙人ではなく、依然として支配層となる。もちろん、「宇宙人のせいになり、大富豪とかを相当に許せる(爆)」という人がゼロではないにせよ、「宇宙人のせいにしようとしている!」みたいな勘違いによって、せっかく支配層の悪事に気づいた人が、情報をせき止めてはならない。

もう一度強調するが、現在、大富豪の卑劣さ(金融や戦争、偽りの医療など)を憎んでいる人がいて、そのバックに宇宙人がいる事で、大富豪の卑劣さを急に許せるのか? むしろ、自分達が「宇宙人のパワーや技術」を隠されていた事によって尚更に腹を立てるはずだ。

別の例に直すと分かりやすい。企業の社長・役員が社員をこき使って搾取する事に対して、労働者は反感を持っているとしよう。株主配当で更に収入を得たり、裏金を作っている事も判明して労働者は怒っている。しかし、ここに「実は社長達は秘密結社で超能力を得て、企業の運営をしていた」という事実が判明したとしよう。労働者達による社長達への怒りはほぼ消えて、秘密結社に怒りが向くだろうか? いいや、ますます社長達に腹が立つはずだ。自分達に超能力を隠しつつ、自分達を搾取していた事実の方が、許せるはずもない状態だからだ。もちろん、秘密結社にも多少は反感を持つかも知れない。

ここで、「実は秘密結社から超能力を授かっていた」という話は、秘密結社のせいにしたい社長達の陰謀で、超能力も秘密結社も存在しないのだろうか? 全くそうではない事が理解できるはずだ。秘密結社という存在は、社長や政治家達が罪を逃れるために作ったダミーではない。秘密結社があろうがなかろうが、秘密結社の話で社長や政治家達が許される方向にはならない。

なり切れば相当に分かりやすい例だと、あなたが画家や小説家、タレントなどを目指していたが諦めたとしよう。実は有名な画家や小説家、タレントが、若い頃から魔法結社で異次元の存在から才能を授かって活躍していたとしよう。さて、あなたは異次元存在や秘密結社に腹が立つだろうか? もはや続きを言うまでもない。

とにかく、「支配層が罪を逃れるために宇宙人を演出」という思想は却下!

ムービーそのものの話ではないが、大富豪の陰謀はあるけれどバックに宇宙人はいないとする人の話を崩しておこう。

・月人や地底人はいるけれど外宇宙からの宇宙人はいない → 飛鳥昭雄のデマなので却下
巨人はいて、悪魔もいるけれど宇宙人はいない → 聖書系カルトの教義なので即却下
・宇宙人といういもしない存在で恐怖を植え付ける → 恐怖を植え付けたい事と、いるいないの真偽は無関係。その手の話をする人は、悪魔とか地底人を認めている。悪魔とか地底人の方が怖いので、わざわざ宇宙人で恐怖させる意味は無い。また、怖いのは悪魔や宇宙人そのものではなく、金融支配、医療殺戮、戦争を実施する大富豪。たとえ、宇宙人がいても、怖い対象は大富豪から不動。
・陰謀を宇宙人のせいにして逃れようとする → 大富豪に腹が立つ理由は、権力やお金を独り占めにしているから。その上で、宇宙人の秘法とか知識までも独り占めにした事が発覚するわけで、宇宙人の存在によって矛先が逸れる事は無い。 ※当記事で述べた
科学では地球外生命体は見つかっていない。ただ、20年後には太陽系内で見つかるらしい。 → 科学というのは大富豪の配下。偽りの世界観を演出する事が使命。

実は日本や世界や宇宙の動向さんが、ムービーの一部に対し、日本語文章にしているのを後に再発見したので、ページを紹介しておく。
アイゼンハワー大統領の曾孫のローラ・アイゼンハワーが伝えるETによる地球侵略
ただ、この時は英語ムービーしかなかったので、筆者はほとんど記憶に残らなかった。つまり、記事程度を読んでも何も習得した事にならない。筆者の意図は実際のムービーを見て理解してもらいたい。

真実は予想外の複数の場所から噴出するのだ。特定の国の特定の人しか語っていなかったら、それは嘘だと疑うべき。

ローラ氏をあえて疑うとすれば、「このような真実を大衆に知らしめて、将来の地球を支配しようとする勢力の手先」のような可能性ならばある。彼女の話を真実という事は認めつつ、活動の理由まで信じないという方針だ。なお、筆者としては、彼女の目的自体を今の所は疑う根拠が無い。

同じ翻訳者のお奨めムービーとして、他には
トカゲ人間だと主張する女の子……短く終わる
ジェイ・パーカー インタビュー1~6……じっくり時間のある時に
があるので、どうぞ。


関連記事
エジプトのファラオの血液型はRH-、米大統領はアメンホテプ4世のクローン?!……訳者は同じ

サラリーマンは奴隷の末裔

聖書に登場する惑星コロブは神の出身星=爬虫類的宇宙人の惑星ニビル……モル●ンとエホバの話

ドンキーコング64~古代の地球猿人と侵略者の爬虫類的宇宙人が基盤……ローラ氏の主張と基板が同じ。どうして、日本のテレビゲームと同じなの?
青い宇宙巨人 VS 地球人類~ファンタスティック・プラネットを視聴……爬虫類的異星人は最近になって語られ始めたはずなのに、どうして1970年代のフランスアニメで語られているの?
ギルガメッシュ(石ノ森章太郎)は魔法結社の知識……政府の要人がクローンという話が1970年代のコミックに。

テーマ : 都市伝説・噂話
ジャンル :

NASAの主席科学者が衝撃発言 「20年以内に地球外生命体を発見できるだろう」

今年の2月頃に、NASA(航空宇宙局)の上位科学者が「20年以内に地球外生命体を発見できるだろう」と語ったニュースがあったようだ。デマではなく、CNNをはじめとする複数の米メディアが報じた。

2015年2月7日にワシントンD.C.で行われた公開討論の場。パネリストの1人として登壇したNASAの主席科学者エレン・ストファン博士は、次のように述べた。

「今後10年以内に、地球外生命体の痕跡を見つけることができると信じています。さらに、その後10~20年で地球外生命体が存在する確たる証拠を得られるでしょう」

地球外生命体に関する彼らの姿勢は、総じて「いるか、いないかではなく、発見がいつになるか」というものだった。太陽系内だと、木星や土星の衛星にいる可能性が高いという説だ。

当ブログでは「ほら、科学者も宇宙生命体がいると語っているじゃないか」という方向ではない。結局、彼らは嘘をついているという話に結び付く。

まず、地球はとっくに宇宙人によって支配されている話が要人の発言も含めて出回っているのに、なんで見つかるのが20年後なのか? その時点で科学者は、とぼけまくっているわけだ。それから、多くの大衆は「人類と地球外生命体との出会いなど、まだまだ当分先の話」なんて思っていない。多少、興味があって調べれば、とっくに来ていると判断する事が通常だといえる。信じるかどうかまでは別として、「地球に来ている」という説が相当に出回っている事を知るはずだ。そもそも、「地球外生命体っているのかな?」という疑問を持って調べる時点で、デマも含めて宇宙人が地球に来ている情報がすぐに飛び込んでくる事になる。そんな時代なのだ。



科学信望者(いつもの読者にはいないはず)に言いたいが、要するに科学の先端では、太陽系内に原始的な生命の発生する余地がたくさんあり、「地球以外には、太陽系内に生命はいない」のような数十年前の科学信望者の妄想は確実に愚かな事が証明されるわけだ。過去にオカルト追求者があれ程までに「いるんだ」と語った事を、今の科学者がアッサリと認めた事になる。

ここからはいつもの読者に向けて。それにしても科学者達は白々しい。魔法結社で宇宙人から才能を授かっておきながら、「後20年もすれば見つかる」という演出をするとは。政治家も役者の部類だが、科学者もなかなかの役者振りだ。科学者といっても他の分野を調査くらいはしており、地球外生命体がテーマならば、とっくに爬虫類的宇宙人が語られている事を知っているはずだ。それを完全に無視しつつ、「20年後に地球外生命体が」と語るなど、呆れ返ると言える。自分の研究にお金を出す組織のトップ(大富豪)が宇宙人なのに、いい加減にしろと言いたい。

「これから見つかる」のような話をするサイトの他の記事を見ると、聖徳太子の予言で2016年に東京滅亡とかいう記事もある。人間にそんな不思議なパワーがあるのならば、地球外生命体とコンタクトするパワーだってあるわけだ。そして、そういうチャネリングメッセージは溢れている。インターネットの無い時代ならば、「その手の本は存在すら知らない」という可能性を考慮できたろう。だが、ネット時代の今は容易に入ってくるし、ましてやオカルトサイトの運営となれば、爬虫類的宇宙人や宇宙人チャネリングの存在を知らないはずもないのだが。

当ブログではもちろん、爬虫類的宇宙人の支配が地球人誕生の時代から存在したという思想だ。オカルトサイトを運営するのならば、その証拠がどうであれ、読者に検討してもらうために爬虫類的宇宙人や古代の宇宙人説を同等の頻度で紹介すべきだ。にもかかわらず、「NASAがうんぬん」「科学ではうんぬん」という話ばかりという状況は、明らかに不自然というわけだ。筆者がもしオカルトサイトの管理人で、中立的な立場で紹介するとすれば、NASAの科学者とマスコミの話もするとして、「爬虫類的宇宙人が地球の支配者という説もあるので、どっちが正しいのでしょうね。宇宙人による地球人創造説も割りと筋は通っているので、科学者達にも検討して欲しいですね」みたいに補足する。まあ、こう記したとしても白々しい域なのだが(笑)

オカルトサイトの振りをして科学の話をしていたら、真実を隠すためのダミーサイト。有名で利益も出ている場合、管理人は魔法結社で宇宙人からパワーを得ていると思ってもらいたい(爆)


地球には砂の粒が無数にある。しかし、実は地球の砂粒の数よりも、宇宙の星の数の方が多い。

科学者やオカルトサイト運営者には「宇宙人は見つかっていないけれど、これから地球外生命体くらいは見つかる。しかも太陽系内に」という偽りの世界観を植え付ける使命があるのだ。それが彼らの仕事で、お金を得られる理由だ。お金は大富豪(宇宙人の血族)から出ている。「どうしてそんな事にお金を?」という疑問は無意味。大富豪がお金を発行しているのだし、支払われた報酬は最終的には銀行(大富豪が運営)にあるのだから、何も損はしない。


ちなみに、「科学でも●●の謎が解けてきた」みたいな話もトリックの域。最初から魔法結社では常識だったり、魔法結社の儀式で宇宙人に教えてもらったから判明したのであって、別に科学者が思いついたわけではないのだ。

関連記事
科学は権力によって知的パラダイムとして扱われている魔法
小保方晴子氏が「魔術」を使う事を危惧! STAP検証実験に「監視カメラ」3台
宇宙飛行士が秘密結社員の理由~激論!コロシアム~これでいいのか?ニッポン

土星が守護したセガサターン~土星人は尖り頭でハゲ!?
木星にいる爬虫類的宇宙人~機動戦艦ナデシコ~トカゲのなみだ
ゴースト・オブ・マーズ~火星の邪霊
聖書の神は宇宙人である!~ファミコン・女神転生Ⅱの唯一神はハゲで青肌

月はイリュージョン~見えている月は幻影で、月の真の姿は地球外にある
スーパームーンの満月~月は人工機械
月は人工機械2~映画ゲームアニメを制作する魔導師が語る月
月は人工物、造ったのは異星人(異次元の知的生命体)

地球の中に宇宙がある?!~三次元空間が幻である地球

会社で出世しやすい人は爬虫類人?!~ゼイリブから分かる事

宇宙人を否定する陰謀は宇宙人が実施
宇宙人はいないとする3つの説を否定

テーマ : 星・宇宙
ジャンル : 学問・文化・芸術

見た夢で東北が存在しなかった2~悪魔と電気世界は相性がいい

昨日は「東北が無くなった地図が出た夢を見た」と語った。夢を見た事自体は事実なので、筆者がわざわざテーマをネットや創作物などから探して話題にしているわけではないという話も添えた。

当記事は「もしも、筆者の見た夢が何かの暗示だとしたら」という話だ。別に「将来の予知だ」という宣言ではないし、「管理人が偽りを夢で見せられた」みたいな説も含めて、考察してもらいたい。

当ブログではこれまで、ほぼ確からしい事を中心に理論を展開している。よって、未来予知みたいな不確定要素をテーマにする事は考えにくく、読者も昨日の記事タイトル「見た夢で東北が存在しなかった!~沖縄独立の陰謀」でビックリした事だろう。しかし、ビックリしているのは管理人だ。記事を書いた、つい3日前に「未来予知は扱わない」と宣言したばかりだからだ。

管理人は実は読者の1人であって、実際の文章を用意する存在は管理人に降臨した異次元のスピリットだ。当ブログはスピリットが発信している。よって、管理人が「未来予知は相手にするな」なんて情報を勝手に発信したら、管理人自身が異次元に呼び出されて説教を受けるという話を前記事では冗談半分で実施している。

ロラン・バルトというフランスの哲学者は本も出している。その人も、「私は(自分の書いた本の)読者の一人である」という台詞を残している。


1記事で終わるはずが、読者コメントや、その後の不思議もあったので、また記事にする。
読者コメントで、「誰か(異次元生命体)が管理人さんの夢に侵入して、それを見せて、ブログで発信させるのが目的」という話があった。

ブログ筆者は前記事ではあえて書かなかったが、何者かがそういう夢を送り込んで来たという可能性も確かにある。しかし、別に筆者が知っている事や起きた事を全てブログに書くわけではない。夢を見た事実をブログを書くかどうかの裁量は、筆者(宿るスピリット)に委ねられている。たとえ、不思議な夢を見たとしても、「こんな知識や出来事はどうでもいい」と思ったらブログの記事にはならないのだ。

まあ、「何者かが夢を送り込んだ」が事実だとしても、むしろ、そういう術や世界があるという話になり、東北の話よりもむしろ当ブログの指針には沿っている。ただ、予知の話を管理人が拒否した僅か3日後に、予知のような夢を何者かが送り込んでいるという話になる。コメントまで読んでいる人は少数派だ。

記事のテーマが今までとは結構違っていたので、それまでコメントしなかった人からも、結構コメントがあった。次も読者のコメントだ。

私は秋田出身で先日から秋田に帰郷しているのですが、母が同じように夢で東北地方がない夢を見たと言っていました。妹は今月から東北から近い東京ではなくなぜか名古屋の学校に通い始めました。2人とも予言や予知夢等は信じないタイプですが、運とか直観は優れていると思います。
私はネットで東北なくなる説は311のことだと思っていたのでスルーしていたのですが、今回の記事で少し気味悪いなーと思いました。


読者のお母さんと夢の内容が同じというのが興味深い。そもそも、当ブログの読者が、どれ程いるというのか。その人の親族が同じ夢を見ているのだ。ただ、妹さんの秋田から名古屋というのは理由としてはある。特に霊感がある場合、秋田クラスの地方都市だと、東京のような大都会とは相当に波動が違うので合わせにくく、名古屋クラスの都会の方が合わせやすいのだ。水準を下げた表現だと、「地方住みなので東京・大阪みたいな大都会は不安。名古屋程度の街が精神的に安定できる」というわけで、秋田県民が名古屋を選択する理由付けはあるのだ。昨今だと東京の放射能汚染も情報があり、名古屋ならば秋田に対して放射能汚染が同等の地域となるわけで。もちろん、なんらかの霊感で名古屋を選択した可能性もある。

日本海側の秋田県は太平洋からの津波が無関係で、311とは関係薄いエリアだと考えている。仮に秋田市ならば、福島原発からはそれなりに離れており、距離ならば長野県と同等なので、必ずしも原発だけが東北消滅説の理由ではない。青森ならばもっと遠いわけで、名古屋や石川県なども同距離の範囲に入る。つまり、放射能の拡散を根拠とする場合、青森がアウトで愛知や石川がセーフという説明にはならないのだ。岩手県の瓦礫を東京で処理する事にクレームした都民が、役所の人に「東京の方が放射能濃度は高いです」と返されていた。岩手の中央部ならば、もはや東京の方が福島原発から近い。

311で亡くなった人や住む家を追われた人にとっては、とんでもない変貌だったろう。しかし、東北全体を考えると、別に滅亡とまではゆかないし、ましてや秋田県や青森県は地震で割りと揺れた程度で影響無しの域だとも考えている。揺れただけならば、中部地方でも揺れているのだ。よって、秋田や青森の人が東北滅亡に関して311の事を思うのは的確ではないと考える。読者のお母さんは、やはり311以外の何かを見たと判断できる。

日月神示を伝えてきたのは「艮の金神」とされているが、実は東北地方(十和田湖や田沢湖のエリア、つまり秋田県)の神様だ。日月神示自体は名前を借りたトラップだと考えているが、艮の金神そのものの存在は否定しない。東北を消滅させる計画というのは、艮の金神(一説ではルシファー)への攻撃なのかも知れない。室町時代にも津波で東北が攻撃を受けたみたいな情報を目にした事もある。

当ブログでも何度か話したが、筆者は夢ではなく現実で、会社を早退した昼間に銀色の大きな飛行物体を見ている。写真を撮ろうとした時には消えていた。ネットによくあるUFOムービーのような小さな物体ではなく、ずっと大きさがあるのだ。筆者や霊感のある人だけに見せてきた物体と言える。その後に筆者は会社を辞め、当ブログが誕生した。もしもなんて無意味だが、会社を辞めていなかったら、当ブログは存在していない。

もちろん、そんな人材だからこそ「東北消滅」みたいな偽りを夢で送り込んできた存在がいるという解釈もやはり可能だが。ただ、筆者に偽りの何かを配信させるために偽り夢を送り込むのだとしたら、イエス・キリストオバマを光の存在として登場させればいいはずで、なんで東北の話なのか疑問だ。そう考えると、偽りではないという想いが強くなるのだ。

以前に語ったダークシティという映画では、毎晩、人々に新たな記憶が植え付けられていた。夢を送り込む話に近い。


同じ夢で名古屋が中心になるという状況も見た。
首都圏の人ならばすぐに意味の分かる「上野東京ライン」という仕組みが今年、出来上がった。他の地域の人に説明すると、JRの列車は東京駅発だったり、上野駅発の列車が基本だった。だが、群馬や茨城からの列車に、上野駅や東京駅を通り越して神奈川県に続く便が主流になったという感じだ。東京駅発着というのは、東京が全ての中心だからだが、その定理を破った列車が登場したというわけだ。東京が中心ではなくなる暗示と解釈したわけだ。

建設中のリニア新幹線だが、どうして東京から名古屋なのか? 別に大阪の方から名古屋に向けた幹線も造り始めてもいいではないか。東京から大阪まで一気に開業でもいいわけだし。岡山が首都になるんだみたいなネット情報もあるが、筆者が見た夢では名古屋だった。首都を主張する声が大きいのは、京都・大阪であり、岡山は考えにくい。そして、東京が手を結ぶとしたら京都・大阪ではなく名古屋というわけだ。筆者が名古屋に住んでいた時には、名古屋って高層ビルのスケールが、東京・大阪と比べて小さいなと思っていた。その後、駅のツインタワーや近くのミッドランドスクエアという高層ビルが出来、以前のような思いは小さくなった。

リニア新幹線に対し、災害対策にならない、採算は合わない、トンネルだらけで景色が良くない、有害だとか、くだらない話で反対している人もいるが、最初からリニアは名古屋へ脱出するためのルートをもう1つ確保したいというケースもあるのだ。反対派の主張に「計画の進め方が理不尽」という説があり、その点はいい所に気づいている。しかし、元々掲げられている理由が、なぜ建前に過ぎないのかまでは到達できまい。

ちなみに、採算が合わないという説が、いかにくだらないかという話だが、日本の支配層に取って、銀行口座のお金の名義がJR東海なのか、リニア開発に関わった企業なのかという違いは、別段、存在しないのだ。何かを建設してもお金が消えてなくなるのではなく、同じく支配層配下の関連企業に流れるだけと言いたいわけだ。切実なのは、環境破壊とかそのたぐいだが、「今後も似たような社会が続く」という前提なので、その理由でも支持できない。。

それから、個人的にはもっと驚く事が起きた。エウレカセブンAO(アニメ作品)を見始めた話をしたが、本日、続きの9話を見ていたら名古屋に国会議事堂があったのだ。つまり、近未来の首都は名古屋という思想なのだ。もし、2日早く、9話を見ていたら、夢の話は穴が空いて破綻していた。しかし、夢の後に9話を見たら話は大きくなる。懐疑派は「夢でアニメのネタを当てた」というオチでもいいけどさ。とは言いつつ、たとえアニメのストーリーでもネタを当てたのならば、予知夢になるわけだが(笑)

エウレカセブンAOの話題は、巨人とか爬虫類目のシェイプシフトするキャラクターの話が主体になるはずが、その手の話以外にも、色々と語れる事が判明した。爬虫類目の男の台詞に「真実は見ようとした者だけに、その姿を見せる」みたいなのがある。当ブログで語る説に説得力が無いと勘違いし、目を背ける者には真実の証拠は現れないのだ。

整理すると、筆者が不思議な夢を見て、東北が無く名古屋が首都級だった。沖縄独立の話はアニメとネット情報で今年4月になって認識した。そして、そのアニメのネタで、なんと名古屋が首都だったというわけだ。ネット情報ならば、岡山が新首都だ、大阪都が狙っているみたいな説が多く、ネットが原因で夢を見たわけではない。

大阪都というのは、東京が都でなくなる事を知っているが故の企画ではあるまいか? 名古屋に取られないための策謀というわけだ。

他の説では、既にアストラルの世界では東北は無くなっていて、それを見られる人はそれなりの数で存在する。アストラルが固まれば、現実化が起きるのだ。筆者が話を加えると、魔法結社では、そのアストラルの世界で既に存在しない東北と名古屋の繁栄が話題になっており、映画や都市伝説などに漏れ出ているという状況も考えられる。逆に言えば、アストラルの世界で東北を再生すれば、3次元の東北も消滅する事は無いといえる。

つまり、筆者の夢は予知夢という以前に、アストラル世界を見せられたという可能性もあるわけだ。まあ、アストラル世界の地図を会議室みたいな所で見せられたという感じで、別にアストラル世界の国土を見たわけでもないので、馬鹿馬鹿しい所もあるが(爆)

このアストラル界に、爬虫類的宇宙人=悪魔が住んでいる。


ネットの情報というのは、もちろん電気の世界だ。異次元の存在、特に悪魔は電気と相性がいい。「悪魔と電気世界は相性がいい」という設定は「デジタルデビルストーリー女神転生」というゲーム化された小説に登場する。悪魔というのは普段は四次元の存在なので、時空が混在している場所(パワースポットや神社仏閣の奥など)や儀式などでもない限り実体化する事は難しい。と同時に、悪魔というのは、電磁波としては存在できる。3次元空間では、リアルな物理空間よりも、インターネット世界の方が住みやすいというわけだ。

女神転生で登場する悪魔というのは天使や神々、妖怪、妖精、鬼などを含めた総称で、堕天使や邪霊だけを差すのではない。

デジタルデビル物語・女神転生はDVDにもなっている。逆さ吊りの女子の大事な部分に噛み付く強烈にエロいシーンもあるので、悪魔をパソコンから召喚する話も含めて興味が出たらどうぞ。

ただし、DVDになっている物語としては小説の序盤のみで、小説の後にファミコンの女神転生が続く。更に関連作品として女神転生Ⅱがあるわけだが、唯一神YHVH(エホバ)が青い巨人として描かれる

同じ知識を得た別の魔導師は、爬虫類的宇宙巨人悪魔的巨人として次のような作品を作る。

青鬼は新しい作品だが、40年前のフランスの作品で、日本ではほぼ無名と思われるファンタスティックプラネットがどうしてブルーレイになっているのか、意外に不思議な状況がある。テレビドラマなど、それなりに有名でも、当時のVHSのビデオテープだけしか商品がなかったり、そもそもVHSすら出ていない有名作品はゴロゴロあるのに。

もう一度、予知夢の話に戻る。実は昨日の朝は、いつもの睡眠と違う所が1つあった。10日程前に筆者の町に来てくださった人と話したのだが、筆者の収入が良かった頃はパワーストーンが肉体に接触して身近にあったという話をした。もう一度、パワーストーンのパワーを認識し、その日はハートチャクラに近い皮膚に当てながら寝たのだ。使ったのはローズクォーツ。


一方、「予言は当ブログでは扱わない」と宣言した、たった3日後に夢を見ているのだ。電子的な情報を異次元の存在が容易に読み取れるのだとすると、筆者が思う事よりもむしろキャッチしやすいといえる。

科学的根拠みたいなものを重視する人は当ブログに少ないだろうが、科学というのは重力の発生原因を突き止めていない。ハエが飛ぶ理由も実は分からない。吸引麻酔でどうして麻酔効果が現れるのかも仮説の域だ。そんな科学が「プレアデスやシリウスには生命が発生する可能性は無い」なんて分かるわけないでしょ! 科学信者は最初から科学という言葉に騙されているのだ。

関連記事
見た夢で東北が存在しなかった!~沖縄独立の陰謀

科学は権力によって知的パラダイムとして扱われている魔法

聖書の神は宇宙人である!~ファミコン・女神転生Ⅱの唯一神はハゲで青肌
青い顔の巨人・ファンタスティックプラネット~進撃の巨人との共通点?
青い宇宙巨人 VS 地球人類~ファンタスティック・プラネットを視聴
青鬼(アマチュア無料ゲーム)とファンタスティック・プラネットの宇宙巨人は元ネタが同じ
地底にいる肉体を持ったレプティリアン、色は青が主流?

宇宙人は意思の力で創造する~映画ダークシティ

テーマ : シンクロニシティ
ジャンル :

見た夢で東北が存在しなかった!~沖縄独立の陰謀

本日は更新の予定は無かったのだが、夢を見たので語る。

筆者の見た夢だが、壁に掛けられた日本の大きな地図があり、東北がなかったのだ。ズームアップしながらエリアごとに見たので、日本全体を見渡したわけではないが、まず名古屋の辺りが首都級の繁栄となっていて、関東は衰退、関西はあまり目立っていなかった。北陸も目立っていない。また、夢の中では四国や九州までは見なかった。沖縄も見ていない。北海道はあった気がする。

名古屋が中心という話だが、リニア新幹線が完成しているとして、もはや隅っこの東京ではなく、名古屋が中心で妥当というこじ付け解釈は可能だ。現実に現時点で大阪を首都にしようと企む勢力もあるのだが、リニア新幹線も無い都市が首都では通用しないのだろう。なお、当ブログでは「東経135度+東回りに1.4度のエリアが地球文明の中心地になる!」という記事を書いており、最終的には京都中心に落ち着くのかも知れない。

別に筆者の見た夢が将来の日本で確定だという話ではない。政治家(のバックにいる人達)は、新幹線の事業を進めていたりと、とても将来に日本が消滅するような事は考えにくい。将来と言っても、もし50年後ならば、どうでもいい気がする。

エネルギーを持っているエリアを筆者が霊視した(というか見せられた)だけで、3次元の様子を見たとも限らない。仮に東北だけがどうかなるとして、アセンション(次元上昇)したのだとしたら、別に悪い意味とは限らない。なお、新幹線事業などがある事から、アセンションもやはり当面は起きないと考えているが。1つの解釈としては、東北が無くなるような呪詛が掛けられていて、その様子を筆者が見たという話だ。ただ、それだと名古屋にパワーが集まっている説明にはならないのだが。

一方、本日の朝に夢を見るまでは、ネットで見つかる「東北が無い予知」とかは、筆者はほとんど相手にしていなかった。既に述べたよう、日本がなくなるにしては、日本の将来のビジョンが支配執行層(政治家、官僚、企業トップ)に溢れているからだ。

もう一度強調するが、筆者がそういう夢を見た話をしているだけで、未来の話だとか、筆者に予言の能力があるとかそんな話ではない。ネットで見た地図が印象的で、それが夢に出ただけなのかも知れない。とは言うものの、夢には意味があるという思想だし、むしろ夢の方が現実に近いという思想でもある。

東北が地図に無いというネットでの噂には幾つかある。
・宇野正美の友人が紛れ込んだ魔法結社の会合に掲げられていた日本地図には東北が無かった。
・ジョン・タイターが2000年に予言した2020年の日本地図
・2009年封切り韓国映画「TSUNAMI」(パラマウント映画配給)のワンシーンに、何の脈絡も無く現れる東北地方の水没した地図


宇野正美というのは陰謀論者。欧米の王族がレプティリアンだとか、そういう話をしており、いきなり大嘘(ゲイツが逮捕された、安倍首相が暗殺される、2014年2月に金融パニック)みたいなベンジャミン・Fとは違う。


東北の人には申し訳ない。わざわざ東北の人から評価の下がるような記事を書く理由は、実際に夢を見たからなので、悪気は無い。よって、今後共、宜しくお願いしたい。

アニメの話だが、以前にエウレカセブンの記事を書いている。暫く違うアニメを幾つか見ていて、クロスアンジュも見終わった。次に見るアニメを何にするか決めたのが、エウレカセブンの続編である「エウレカセブンAO」だ。その話では、沖縄が独立していた。


外部サイトでも、丁度、沖縄独立を企む勢力があるという記事を発見したので紹介する。
中国が仕掛ける沖縄独立の攻防戦(日本や世界や宇宙の動向)
もし、エウレカセブンAOを見始めていなかったら、「日本や世界や宇宙の動向が、またデマ記事を翻訳しやがって」としか思わなかったろう。なお、日本や世界や宇宙の動向さんは、ベンジャミン・F情報を当初は伝えていたが、ある日「信じられなくなりました」と判断して、却下する事にしたようだ。ベンに対するこのふらつき具合は、井口和基ブログに通じている。最近は見ていないが、井口ブログもベンに対して、さん付けで好意的になったり、呼び捨てで工作員呼ばわりしたりと定まらないのだ。中韓を叩き、原発の放射能を一切話題にせず、選挙では戦争原発候補を推薦し、趣味(登山に対してサッカー)をブログで語ったりと、同じ組織に属していると筆者は睨んでいる。原発からの放射能を話題にしない、あるいは安全宣言をする発信者は、原発で電力供給以外の何かを実施している大物の配下にある魔法結社(あるいは宗教)に属している証拠と言える。

地図で那覇の位置を見れば一目瞭然だが、沖縄以外の県からは、距離的には韓国の方がずっと近い。そして、沖縄が元は琉球王国という独立国家というのは、歴史を勉強した人ならば常識だ。

沖縄が舞台になっているのは、BLOOD+もだ。4つも記事を書いているので、まさか読んでいない人は読んで貰いたい。

沖縄の話は夢ではなく、アニメと外部サイトの情報となる。

夢に戻り、日本の話とは別に、「うつ病の人は、江戸時代辺りには憑き物があると言われていた」という講釈を聞く夢も存在した。こちらはまだ筋が通っていると言えよう。本人が鬱というより、邪霊(下層のレプティリアン)が憑依しているという状況だ。


証明はできないが、もしかすると筆者は、精神体が異次元人のいる所へ行き、講釈を聞いて帰って来たのかも知れない。それを夢だと思っているだけというわけだ。実は先日「当ブログでは予知は扱わない」みたいな話をブログのコメントで実施した。どうせ何も起きないという思想だったからだ。しかし、その思想を「いいえ」と諭すために、異次元の存在の講釈を聞かされる羽目になったのかも知れない。なお、今後も自分が見た場合は除いて、未来予知のたぐいは扱わない。「誰かの予知が当たっていた(他の解釈は想定しにくい)」という場合には他人の情報でも扱う場合はあろう。

オチとしては、筆者には予知の能力があるわけではないが、宇宙人に呼び出されて説教を受ける立場にある証明(笑)にはなったという事で。

他にも「中学生の時にクラスで最も成績が悪く粗暴な男がITの知識を相当に身に付けていて、筆者と勉学を争ったライバルも驚いていた」みたいな夢を見たが、異次元人の講釈から帰った後(爆)に見たのだろう。もしかすると、そいつ(高校を退学処分で嫁はいる)の人生は、筆者やライバルよりも今は上という事実なのか、筆者の恐れなのか。多分ライバルの方は、今頃、会社員の中間役職として搾られているはずだ。

夢の話はもう終わりで、飛鳥昭雄が真実じゃない理由の追加となる。宇宙人情報というのは精神世界と密接に関わるのが通常だ。地球に関わっているとすれば、当然地球人との問答があり、宇宙の真理などが明らかになる。しかし、飛鳥昭雄の語る宇宙人というのは、人間をアリ未満のようにしか思っておらず、コミュニケーションを取ろうとせず、意思疎通が不可能な存在でしかないのだ。通常の宇宙人の情報というのは宇宙人の話以外こそが主体で、次々に色々な事が判明してゆく。しかし、飛鳥昭雄の語る話は、1つ1つがバラバラの上に謎のままで、何一つ解決しないという特徴がある。

当ブログでは、これまでに色々な事を語ってきたが、全てが繋がって謎が解ける印象があるだろう。不意に死後の世界の話をしても、これまでの話と一貫性があるわけだ。真実には連鎖的に謎が解けるという特徴があると言いたいわけだ。

以前に「宇宙人情報は、霊的な奥義を隠すトリックだ」みたいな人を話題にしたが、飛鳥昭雄の話だと、見事に霊的な奥義が隠れる事になる。宇宙人からは何一つ受動的に情報を得られる事が無く、地球人が能動的に調査した事だけが決め手だという暗喩が飛鳥説に存在するのだ。

予知夢とか、そういう話で印象的だったのは、きまぐれオレンジロードという漫画だ。そして、最終話近くになって、超能力者の主人公(春日恭介)が地底を探検し、超能力者一族の秘密が地底にある事を教わる。また、主人公の妹が「私達のご先祖様はどこから来たの?」と祖父に問い、「さあな、お天道様のずっと向こうかもな」という場面があった。地底に秘密があると言いつつ、なぜか先祖のルーツは宇宙なのだ。主人公の男子も、自分が宇宙人の血族である可能性を認識する。要するに、人間の超能力者は宇宙人がルーツなのだ。この設定は幻魔大戦でもあった。残念ながら元祖2巻では、悪魔=宇宙人程度しか判明しないのだが。

きまぐれオレンジロードに関して、本邦初の都市伝説、「春日恭介は爬虫類人!」 ここはジョークだが、地底にある超能力一族の秘密とは、要するに地底に住む純爬虫類人なのだ。少年ジャンプ連載だが結構エロいので、青少年の人にはお奨めという事で。
他にも10年程度のタイムスリップやパラレルワールドの話がむしろ印象的だった。ただ、筆者はパラレルワールドに関しては懐疑的で、肯定的には語れない。まあ、通常は超常分野に対しては、「懐疑的=理解の能力が無い」というケースが多く、筆者でも並行世界に関しては理解できていないともいえる。


関連記事
人間や宇宙人は霊的存在であり肉体的存在1

東経135度+東回りに1.4度のエリアが地球文明の中心地になる!

ホリエモンが夢に出てきた~夢の中の人物は本物か?

宗教は悪魔の産物~他星の建造物を人類が造ったと信じる迷走

外部サイト
飛鳥昭雄の大真実PART2……飛鳥昭雄を却下する。当ブログ筆者は読む気がせず、飛鳥説を支持している人のみに推奨。他の人は読む必要無し。ちなみに、パート1というのは書籍の事で、サイトがパート2。

テーマ : 夢日記
ジャンル :

死後の世界の嘘~あの世すらも支配する悪魔的宇宙人

死後の世界のについて、以前から薄々得ていた情報で、まとまりのいい話を発見したので紹介したい。

まずは、筆者が認識していたあの世(死んだら行く世界)とこの世の話。実は支配されているのはこの世だけではなく、あの世すらも爬虫類的異星人によって支配されているという状況だ。ただ、その話はネットで知った程度で、これまで読んできた書籍で「この本に書いてあった」みたいな記憶は無い。もちろん、書いてある本もあるのだろうが、筆者が目にする事は無かったわけだ。

引用元のブログだが、当ブログが紹介した記事以外は原則、流して貰いたい。
死後の世界の嘘(日本や世界や宇宙の動向) より

宗教(仏教など)では負のカルマを清算するために何回も輪廻転生を繰り返すと言われています。また、魂の向上のためにこの世に生まれ変わり様々な体験をして学ぶ必要があるとも言われています。まるで人間にとって輪廻転生はMUST(しなければならない)であるかのごとく教えられてきました。
世界中の多くの人々(特に信仰心のある人々)は宗教の教えとして輪廻転生を信じてあの世に旅立ちます。そして守護霊に迎えに来てもらい光のトンネルをくぐり。。。。人生を振り返る。。。人種や民族に関係なく、人類ひとくくりで全く同じ死後の体験をします。そして地獄のような環境の地球に再び送りこまれます。一体誰がそのようなことをしているのでしょうか。宗教家は神や仏と言うでしょう。
ただ、世界の宗教を見ても、神と呼ばれる存在がトカゲ、蛇、ドラゴンなどの邪悪なエイリアンであるようですから。。。神の意思とはエイリアンの意思ということになるのでしょう。


死後、守護霊や天使によって光の世界に導かれるが、騙されないでほしいと訴えていました。
死後、どこへ行くかは自分が決めることであり、守護霊や天使に連れていかれるべきではないと。
また、本当の守護霊か天使かを見極めなければならず、多くの場合、邪悪なエイリアンが天使の姿をして私たちを騙していると。
4次元の世界には邪悪なエイリアンが生息しており、まるで神界のような世界を作り出しているそうです。チャネラーなどが見せられた美しい光の世界はエイリアンの4次元内に人工的に作った高次元モドキの世界だそうです。光の世界=神界とは限らないそうです。


地球人は異次元の存在の電池だが、なんと死んであの世に行って開放されるのではなく、また生まれ変わって電池をやらされるわけだ。電池という表現はマトリックスに登場した。


ちなみに、セックスではエネルギーの交換が行われる。しかし、自慰の場合には異次元の存在が吸ってしまう。支配層は大衆からセックスを取り上げれば、自慰に流れる人から異次元の存在へエネルギーを貢ぐ事ができるのだ。自慰をするに連れて自信を失うという説もある。自慰が駄目という話ではなく、相手がいなくても生殖機能を維持するための範囲で実施せねばならない。


一方、地球に生まれてこられる時点で、魂の中では超エリートという評価もある。他の存在に吸われまくる恐ろしいエリアに生まれようとするなんて、途轍もない勇気を持っているのだ。

カルマ消化の話をする人が、よく皮肉で「人として生まれてきても、新たなカルマを作るだけでは?」のように語る。つまり、消化どころか増えるという話だ。となると、消化目的という話自体が疑わしくなる。

カルマに関しては以前に記事を書いたが、死んだ後に地球に戻る選択と、大霊と融合する選択ができるとして、要するに、天罰や天恵としてのカルマは、やはり存在しない事になる。死後の世界の通説が崩れるとなれば、カルマの話自体が爬虫類的宇宙人のトリックというわけだ。以前に筆者は「支配層には償って貰わねばならない」みたいな話をした。別に天罰が訪れるという意味ではなく、支配層は自主的になんとかすべきという意味だ。

これは笑い話の域だが、俺らのカルマをつべこべ言う前に、地球の支配者たる爬虫類的宇宙人のカルマをなんとかしろと言いたいわけだ。なんで、俺らだけカルマを背負わされて、悪魔は平然としていられるのか?

テレビゲーム好きにも、関連する話をしたい。ドラクエ6では精神世界がテーマになっていたが、精神世界でも魔王が支配していた。ドラクエ7ではもう1つの世界を自分の物にしていた大魔王がいたみたいな話だった。

ところで、当ブログの内容は宗教者(本人の意思で宗教に属している者)はつらいと思うので、今後は読まないでもらいたい(こう書くと、ますます読みたくなるので、ますますという部分も書いておく)。勝手に傷ついて、当ブログにクレームというのも面倒だからだ。そんな傷つくブログに来なくていいでしょ。深層心理では、当ブログに自分の信じている事(宗教や誤誘導者の情報)を嘘だと暴いて欲しいのだろうが、その心理をしっかり認めてもらいたい。

宗教所属者が読んでもいい場合は、親が勝手に登録して惰性で通っている場合や、名前だけ所属して集会に行っていない場合だ。当ブログの思想が自分の通う宗教に特に反していないならば、別にいいか。また宗教内である程度の上位に来て当ブログと思想があまり変わらない場合もいい。当ブログ程度のレベルでは低い場合には、別の意味で読む事は無いだろう。


当ブログを支持する人の中にも、「あなたのブログは興味深いです。私はアイクシッチンや飛鳥昭雄の本を読みました」みたいに、実は飛鳥昭雄を支持する人がコメントしてくる事がある。不思議な世界を追求すると、どうしても飛鳥昭雄の情報が飛び込む事があり、筆者も本を数冊は読んでいる。当ブログの主張をハッキリさせておくと、飛鳥昭雄は偽りだと判断した。飛鳥を支持するという事は、当ブログを支持しないと同義だ。当ブログを読むまでは何を支持していてもいい。当ブログを読み続けても飛鳥を支持する場合には、当ブログを読む意味は無い。多くの読者は、ベンジャミン・Fなども含めて、そういう偽りを打破している。

飛鳥昭雄を却下するサイトを発見したので紹介したい。
飛鳥昭雄の大真実PART2
実は当ブログ筆者はこのサイトすら読む気がしないので、飛鳥説を支持している人だけが、全てを読んでもらいたい。

「飛鳥昭雄の大真実 ?!」って何?……こちらは1ページなので、飛鳥に興味が無くてもぜひ。飛鳥信者本人が信じる理由を木っ端微塵に砕かれた(笑)という感想で面白い。信者は「以前の嘘をついたり、裁判を起こして敗訴した飛鳥はクローンだったんだ」みたいな、おかしな言い訳をしないように!



今回のあの世の話だが、似た話がOSHOという人の本にあるそうだ(読者情報)。


関連記事
宗教は悪魔の産物~他星の建造物を人類が造ったと信じる迷走……当ブログが飛鳥を信じない特有の根拠

宇宙人を信じられないコメント紹介~ホモ・カペンシス説の破綻

※以下は今回の記事の引用元ブログに関係する記事
地底にいる肉体を持ったレプティリアン、色は青が主流?

マジシャンに爬虫類的存在が降臨!? 爬虫類的覚醒をした手品師

地球の中に宇宙がある?!~三次元空間が幻である地球
月はイリュージョン~見えている月は幻影で、月の真の姿は地球外にある

テーマ : 死後の世界
ジャンル :

聖書に登場する惑星コロブは神の出身星=爬虫類的宇宙人の惑星ニビル

本日は「悪魔や地底人、古代巨人を信じるけれど、宇宙人だけを拒絶する不可解な人」を説明する画期的な記事となる!

科学信望者が地球に来ている宇宙人を信じない事は、大した話ではないと考えている。彼らは「真実を導く手段として科学が存在する」と信じているだけだし、自分が科学的根拠を理由に信じていない事を明確にしているからだ。科学という宗教の場合、自信があるのか自分が科学を信じている事を表明するので分かりやすかった。一方、科学や他の学問を基準に物事を考えているわけではないのに、なぜか宇宙人を否定する人がいる事が気に掛かっていた。だが、多くの場合、自分の宗教を伏せて色々と語るので、何が原因にあるのか見えにくかった、そして、筆者はその原因が宗教にある事を突き止めたのだ。なお、宇宙人の存在を強く認めている宗教(幸福の科学)、宇宙人そのものが基盤となっている宗教(ラエリアン)もあるので、今回は宇宙人を否定する宗教の話となる。

不思議な存在の正体が宇宙人だろうが、超古代の地球人だろうが、不思議な存在がいるという事実を認めている点で、両思想の認識が著しく異なり、間違った方向へ行くわけではない。科学を信じて不思議を否定する状況よりはマシだ。にもかかわらず、宇宙人だけを否定する、その論法に酷く疑念を感じていた。そして今回は、その理由を説明できる。


聖書を信じる陰謀論者が天皇を話題にする事でアクセスを集めている。そこまではいいとして、なぜか頑なに宇宙人だけは拒絶するのだ。古代巨人や地底人、異次元の存在(天使・悪魔、聖霊・悪霊)を認めるにもかかわらずだ。聖書では宇宙の他の星に知的生命体がいる事を否定しているのだろうか? いいや、全然そんな事は無く、聖書(モルモン)には神のいる《惑星コロブ》という言葉が存在する。一方、エホバの証人は初期に「エホバ神の玉座がプレアデス星団にある」みたいに語る。要するに、宇宙生命体を宣言していたわけだ。しかし、現在の教義(末端信者向け)では宇宙人を否定している。あれれ~? なぜか教義が変わってるぞ~。

モルモン神は惑星コロブに住んでいるエロヒムと呼ばれる高貴な人とされる。また、モルモンでは神は肉体を持つ。あれれ~? そういうのを宇宙人っていうんだぞ~。

惑星コロブは、聖書(モルモン御用達)に書かれている。
高価な真珠 アブラハム書3章

当ブログでは、聖書は元の内容から書き換わったという話をしてきたが、宇宙人を思わせる箇所、人間は魂の存在で生まれ変わる箇所、セックスの箇所などが想定できる。

惑星コロブでは惑星ニビルが想定される。惑星ニビルの爬虫類的宇宙人だが、プレアデスにルーツがあると言える。そういう話はチャネリングメッセージに多い。


ネットでは、
スピリチュアルで登場するシリウス星やプレアデス星団に宇宙人がいるとかいうが、科学的にはどちらの星域にも生命が誕生する事は不可能だ
みたいな質問があるが、科学を信じる方向は哀れ。科学自体を疑う事ができれば、何一つ疑問は発生しない。地球という星にいながら、どうしてシリウスとかプレアデスに生命がいるかどうかを計算できるの? 無理だという以前に、最初から科学は偽りだと判断せねばならないのだ。

クリスチャンカバラ(もしかするとユダヤカバラ)として、しっかりと真実を教われば、唯一神YHVH(エホバ)の姿を次のように表す

そして、同じ知識を得た別の魔導師は、宇宙人や巨人として次のような作品を作る。


参考までに、初期には神の存在地にプレアデス星団を叫んでいたエホバの証人は、現在では宇宙人の存在を一切認めない。モルモンは宇宙人ぽい存在からメッセージを受けたみたいな方向だ。モルモン所属と言われる飛鳥昭雄は「宇宙人」というワードは使う。ただ、飛鳥の言う宇宙人は、地球の別人類が宇宙へ旅立ち、その存在を便宜上、宇宙人と呼んでいるだけで、本当の意味での宇宙人を示しているわけではない。まあ、モルモンの聖典では神は肉体的で惑星コロブの話も出ている。

モルモンもエホバも両方共に婚前交渉などを嫌う。エホバには面白い教義があって「天皇に忠誠を誓わない」という事が明文化されているようだ。

バチカンも天皇も叩きつつ、性行為に厳しい戒律を示唆する珍サイトがあれば、エホバの証人を疑うべきだろう。ただ、エホバの証人は独自の聖書を持っているので、一般の聖書を薦める事は考えにくい。しかしながら、薦めている聖書がプロテスタント系なのに、なぜかプロテスタントすら叩いている場合には、やはりエホバを疑うべきか。エホバの聖書を薦めたら即バレなので、プロテスタントの聖書を薦めるというフェイクという所か。また、モルモンだろうがエホバだろうが、それを隠しつつ陰謀論を展開しても信用に値しない。ちゃんと自分の所属する宗教を明確にしてもらいたい。

相当に譲って、聖書が素晴らしい書物だと評価するにしても、ネットを1分調べれば悪名高さが分かる宗教に管理人が所属しつつ、自分の宗教を隠して聖書を薦めるようなそんなサイトは一切信じてはならない。エホバの証人だったか、布教活動さえしていれば、一般的なサラリーマンとして働かなくても暮らせるそうだ。やたら時間がありそうなブロガーで聖書を薦めていたら、ほぼ確定と言える。更新の頻度が高くても別に工作員ではなく、布教に使われている走狗というわけだ。

なお、一般信者に性的戒律を課していたとしても、上位の者達はクリスチャンカバラの場合が多く、性的な儀式をやっている事が発覚している。また、宇宙人の存在が、上級信者のみの隠し教義という事は多く、キリスト教系に限らず神道にしても、末端信者と上級信者とでは、宇宙人に対する認識が真逆の事はある。末端は宇宙人を拒絶し、上級は宇宙人を教わるという方向は言うまでもない。

つまり、宗教の教義でキッパリと「宇宙人はいない」と決まっていて、その信者がネットで論を展開している事があるわけだ。他のテーマならばともかく、真実追究を看板に掲げるとタチが悪い。この事実こそが、「超常現象は相当に認めているのに、なぜか頑なに宇宙人だけは拒絶する人」の存在理由だと判明したわけだ。宇宙人を否定する宗教の末端信者の場合、宇宙人のどんな証拠を突き付けても無効なのだ。

さて、当ブログでは挙がってる宗教そのものを否定するつもりはない。どこでもいいので真実を教わる上級に居座る事こそに価値があり、末端では偽りでお金とエナジーを吸われるだけという事を認識して貰いたいのだ。上級=裏という考え方でもいい。末端では異なる宗教に見えても、上級で教わる奥義は共通しているのではあるまいか。

いずれにしても、聖書の神が宇宙人である事は聖書にちゃんと書いてあるオチだった。また、未知の飛行物体に天使が乗っているという記述がある。よって、聖書を相当に支持しつつ、なぜか宇宙人だけを否定していたら、おかしなカルトの末端信者用の嘘を発表しているだけと言える。その同じ宗教でも上級の位置になれば、ちゃんとプレアデスだの惑星コロブだの説明も受け、宇宙人を認識できるようになる。神道でも上級の高山長房氏だと、宇宙人の本まで出版する事になる。


聖書と宇宙人とは親和性が高いのだ。聖書を根拠に否定する事は本来は無いはずだが、カルトなどの教義に「いない」と記されていれば話は別だ。

宇宙人がいないのではなく、自分の宗教の教義を超えて宇宙人を信じられる人がいないだけと判明した。宇宙人の作った精神の檻に閉じ込められている人がいるという定番の結論だった。

支配ツール・聖書が広まる事を妨害している勢力なんて存在しない。聖書を使ったおかしなカルト宗教が広まらないという自明の理はあるだろうが。

聖書は誰もがいつでも手に入れられ、たまには無料でも配布されている。筆者なんて公立高校なのに、教師が授業中に配布してきた事もある(爆) 聖書を広める事が妨害されているなど、著しい妄想と言える。対して「宇宙人による地球人創造」を主張したシッチンの本は比較的新しい書籍も含め、どれもが廃版となっていて、真実が封じられる方向だ。もし、ゼカリア・シッチンがなんらかのエージェントならば、相当にバックアップされ、増版増版となるはずだ。しかし、真実だからこそ、儲からないと判断したら、すぐに廃版となってしまう。なお、儲かるならば、たとえ真実でもある程度は公表してゆく事もある。わざと漏らす事こそが、バランスを取る秘術なのだ。

本を世界的に発表できる以上、シッチンがどこかの魔法結社員という事は確定の域だ。しかし、「奴はフリー●ーソンだ。よって、嘘」みたいな思考は駄目だと、当ブログでは根拠付きで語っている。フリーメー●ンみたいな魔法結社は、真実を習う所なのだ。つまり、習った真実を自説として発表する可能性こそを考慮すべきとなる。言うならば、シッチンはシュメール(メソポタミア)の粘土板を解読して宇宙人が人間を造った事を発見したのではなく、「魔法結社で先に真実を知らされており、発見されていた粘土板にも記されてあったので根拠として採用」という状況を疑うべきと言いたいわけだ。

当ブログでこれまでは結構、「悪魔はいるけれど、宇宙人はいない」みたいな説を斬っていたが、要するに、カルト宗教の末端という事実が判明したので、もうこのテーマで長文記事を書く機会は激減する方向だ。そんな教団でも上級になれば、ちゃんと宇宙人に到達するわけで、特定の教団を話題にする意味も無いわけだ。ただし、上級になった途端に、「宇宙人がいないと思わせる事が上級の役目」という事が分かるので、実は末端と主張は同じかも知れない。「宇宙人はいない」とね。これは科学教でも下っ端と上級の主張が実は同じだったりする。理由は宇宙飛行士の記事で語ったよう、自分達だけが宇宙人のパワーを享受するためだ。

関連記事
聖書の神は宇宙人である!~ファミコン・女神転生Ⅱの唯一神はハゲで青肌

宗教は悪魔の産物~他星の建造物を人類が造ったと信じる迷走

宇宙飛行士が秘密結社員の理由~激論!コロシアム~これでいいのか?ニッポン
科学は権力によって知的パラダイムとして扱われている魔法
起きた確率と起きる確率の違い~進化論とホモ・カペンシス

リチャード・コシミズの本を優先的に紹介するブロガーは生長の家!?

デーモン=爬虫類的宇宙人~永井豪のデビルマンと手塚治虫のアトムキャット
スノーデンの情報は本物か偽物か~地底人=宇宙人

青い顔の巨人・ファンタスティックプラネット~進撃の巨人との共通点?
青い宇宙巨人 VS 地球人類~ファンタスティック・プラネットを視聴
青鬼(アマチュア無料ゲーム)とファンタスティック・プラネットの宇宙巨人は元ネタが同じ
地底にいる肉体を持ったレプティリアン、色は青が主流?

テーマ : 宇宙人
ジャンル :

宗教は悪魔の産物~他星の建造物を人類が造ったと信じる迷走

実は本日の午前中から昼過ぎまでは、筆者の町に会いに来てくださった人と話した。それ以前に準備していた記事があるのでアップしたい。

まずタイトルだが、テーマは2つあり
・悪魔が宗教を破壊しようとしているのか、あるいは悪魔が宗教を設定したのか
・太陽系の他星に建造物がある事に対し、人類が造ったのか、宇宙人が造ったのか
という話になる。聖書信者によく見られる迷走があるので、1つの記事として紹介する事にした。

宗教は悪魔(爬虫類的宇宙人)が作っている。宗教の経典の中に神や天使、救世主が出て来たとして、宗教の作者は悪魔なのだ。正確には悪魔が人間(宇宙人の血が濃い黒魔導師)を使って作らせた代物だ。

先日は幻魔大戦という作品を紹介した。その作者は石ノ森章太郎と平井和正で、今回は平井正和の台詞をピックアップする。筆者はこの人の名前を認識していなかったのだが、ウルフガイという漫画の作者のようだ。ウルフガイは以前に読んだが、特別に面白いとは感じなかった。性暴力があり、狼男にシェイプシフトする男の話だ。


そんな平井和正が「宗教は悪魔の産物」という主張をしているという話を聞いた。この主張は大きく支持したい。一方、デーヴィッド・アイクは、「宗教は爬虫類的宇宙人が作った」という主張をしている。もちろん、悪魔=爬虫類的宇宙人というわけで、同じ話を2人がしている事になるわけだ。

「ある宗教そのものは素晴らしいが、悪魔に乗っ取られた」とするキリスト教の一派に多い迷走がある。論法はこうで、「カトリックは乗っ取られた、対抗のために登場したプロテスタントも乗っ取られた。だからウチのキリスト教が正しい」みたいな、カルトによくあるパターンだ。既にギャグの域なのだが、「世界が暗雲に包まれている理由は、私達のキリスト教が広まっていないからだ。他はたとえ聖書を信仰していても駄目」と強く信じている。しかし、事実としては全ての宗教は最初から悪魔が作らせ、悪魔の管理下だった。特に聖書なんて、当時の黒魔導師達が編集した経典の典型例だ。

おかしな聖書信者の中には、「悪魔どもが宗教を破壊してきた理由は、人の心を破壊する事が目的なのだ」とか、全く逆の事を信じているケースもある。だが、悪魔が宗教を破壊しようとしているなど笑止千万。悪魔(爬虫類的宇宙人)が宗教を作ったのだ。人は宗教など無くても、素晴らしく生きられるのだ。「悪魔どもが宗教を設定してきた理由は、人が持つ精神のパワーを破壊する事が目的」が正解と言える。もちろん、地球の支配者たる悪魔的宇宙人が一旦作った宗教が都合悪くて一部壊したいという事はあるだろう。また、作った物を一旦信じさせて、壊される恐怖のエネルギーを吸うために破壊する事もあるだろう。しかし、破壊の話は「悪魔的宇宙人が宗教を作った」という事実を踏まえて語らねばならない。


悪魔学という学問は相当に深いようだ。悪魔は堕天使とイコールで結んで差し支えない。上級の悪魔を堕天使とする考えがより的確と言える。地球を支配する宇宙人の事なので学問が深くなるのも納得だ。


ここからは古代文明や古代人の話。
巨人を認めるのに、地底人(人の血肉を食う)を認めるのに、悪魔を認めるのに、何が何でも宇宙人だけは拒絶している人もいる。ついでに爬虫類人も拒絶している場合もある。地底人(人の血肉を食う)って、もはや爬虫類人以外のなんだというのだ? 吸血鬼か? 聖書や変な宗教がそんな思想になる人を作り出しているとも言える。ちなみに、キリスト教徒の中には、信徒(幹部と異次元の存在に吸われる人)とクリスチャンカバラ(一部は悪魔崇拝者)がいるだけだ。

聖書は全世界に広まっているが、なんら素晴らしい世界になっていない。「バチカンの普及する教義は偽りだけど、聖書そのものは素晴らしい」みたいな怪し過ぎる聖書信者(カルト宗教)が存在する余地ができてしまう。ちなみに、そういうカルトのトップはクリスチャンカバラという、れっきとした魔導師だ。

神道の奥義を伝授された皇室の高山長房氏は、ちゃんと宇宙人の存在を明確にしている。仮に自分の通う集会で宇宙人の話が出なくても、高山氏がいる以上、神道の信仰を理由に宇宙人を拒絶する方向には到底ならないはずなのだ。


爬虫類的・蛇神、準爬虫類的・巨人などに対し、はやし浩史、アイクシッチンなどをはじめ、数多くの色んな研究者が宇宙人がルーツだと語っている対象を、「それでも地球人」という自信は、どこから湧いてくるのか? 宇宙の他の星には、人がいないとでも言うつもりだろうか? 科学を基準にして、「宇宙人はいるけれど、現代の地球には到達できないと」言っているならばともかく、神とか悪魔がおり、不思議な世界があるという前提ならば、神から宇宙を渡る技術を得た宇宙人が地球に来る事ができるはずだ。にもかかわらず、頑なに宇宙人だけを拒絶している。

「悪魔は宇宙も旅するけど、人じゃないんだ」とでも言いたいのだろうか? 知的で手足がある存在ならば人と呼ぶ事にすれば、宇宙人がいないという方向には一切ならないのだが。

「UFOは地球の皇帝が造っているので、宇宙人はいない」みたいな主張もある。一方、太陽の側でエネルギー補給する飛行物体の映像をリアルタイムで発見した人がおり、その宇宙船は地球の直径の10倍の大きさだそうだ。そういう宇宙船までも、地球で地球人によって造られたのだろうか? 造ったのは宇宙人に決まってるだろうが! 地球の直径の10倍で母船のような巨大な宇宙船まで地球製のはずはない。「全て地球製のUFO」という思想は、宇宙人を拒絶するあまりの虚言と言える。

筆者は別に「皇帝の地球製UFOが存在しない」という話をしているわけではない。地球製のUFOもあるし、宇宙人のUFOもあるのだ。つまり、地球製UFOがある事は、論理学的には宇宙人がいない事とは関係しないのだ。また、地球製UFOがある事は宇宙人がいない確率が高くなる事を意味しないのだ。論理学を理解しているならば、間違うはずも無い命題だ。理系文系にかかわらず、論理的思考ができる人は誤らない。宇宙人UFOがあるからこそ、地球製UFOが存在する。つまり、地球製UFOの存在は、ますます宇宙人の存在を証明する対象だ。だからこそ、技術を求めに地底を目指す歴史上の人物がいた。


迷走の原因は、真実を隠すために設定された偽情報に踊らされたからなのだが、太陽系内の人工建造物は人類が造ったと信じている人がいる。しかし、そういう人の他の話を分析すると、神道の追求者だったり、モルモン教徒だったり、なぜか宗教なのだ。彼らの集会では、そう教わっているのだろうか。ちなみに、科学信望者だと、太陽系内の人工建造物の存在自体を拒絶するだろう。例の宗教者達は、一応、他星の人工建造物の存在自体は認める事が多いわけだ。要するに、飛鳥昭雄に汚染されたらそうなるのではと考えた。飛鳥はデマだらけのベンジャミン・Fと組んでいる事から偽りは確定なのだが、宗教信者を引き付けるなにかもあるのだろう。なお飛鳥は、たとえ地球で発生した人類であっても、宇宙を旅したり、月に住んでいるような古代人を「宇宙人」と呼んでいる。

当ブログ特有の「飛鳥昭雄を信じない理由」を語ろう。まず、魔法結社では真の歴史や科学を教わる。そして、その内容は小説・映画・ゲーム・アニメの世界に登場するのだ。物語には真の歴史に対して共通の基盤が存在する(例:デーヴィッド・アイクの語る世界と、全く同じ世界観を持つフランス人の作品や、石ノ森章太郎の作品がある)。しかし、飛鳥の語る説は全く小説・映画・ゲーム・アニメに現れない。有名所で飛鳥以外に語る人がいないのだ。つまり、魔法結社では飛鳥の説を誰も教わっていないので、創作物や書籍に表現できないのだ。もし、飛鳥説を物語に組み込んだら盗作のクレームとなるが、魔法結社で習った真実ならば同じ設定でもパクリにはならないわけで。視点を変えると、本当に真相ならば飛鳥昭雄以外の人が、飛鳥以外の話を根拠に書籍を書いているはずなのだ。これが飛鳥の説が嘘である特有の根拠なのだ。読者にそのまま根拠を受け入れろとは言わないが、感覚的に意味を把握できれば納得ゆくだろう。

地球で巨人が発生したのならば、「古代猿から巨人へ進化した化石」みたいな証拠が必要となる。サルから人間へ向かう化石すらインチキだらけなのに、地球で巨人がサルから進化して誕生しているわけもないのだ。突然、地球に現れた巨人、それは宇宙人だからこそあり得る。地底人を認めるならば、その巨人が地底に移動したという方向になる

「悪魔・地底人・古代巨人はいるけれど、宇宙人はいない」という話には、「宇宙人といういもしない存在で大衆を驚かせている」という妄想が付加される事が多い。しかし、悪魔・地底人・古代巨人で充分に驚きで怖く、まだ宇宙人の方が遠い存在で怖くないのだが(笑)


ネットには「私は自サイトではっきりと宇宙人はいないと立証してきました」みたいな主張もあるのだが、笑わせて貰える。論理学を全く理解できない証だ。まず論理学的には、いない事など立証できない。その時点で論理的に破綻している。あるいは読者を騙す詭弁と呼ばれるトリックだ。

面白い状況もあって、「宇宙人はいるけれど、太陽系内の遺跡は地球人類の造物だ」みたいな人もいる。情報を攪乱された故の結末と言える。譲って、宇宙人が地球に関わった証拠が、ある人にとって納得できない物である事を認めるにしても、どうしてそれが「地球製」になるのか、それこそ証拠がゼロなのだ。多くの場合は、嘘だらけの怪しげな宗教の集会でそう聞いたというオチなのだ。参考までに、エホバの証人は宇宙人の存在を一切認めない。

人類が地球直径の10倍の宇宙船などを造った証拠など全く無いのに、ヒステリックに「地球人類が地底世界に住み、高度な文明で他の星を開拓したんだ。その姿は巨人だ(たまには爬虫類人だ)」のような宇宙の生命体だけを否定するような異常な姿勢を見せる人がいるので語った。


関連記事
人間や宇宙人は霊的存在であり肉体的存在1
人間や宇宙人は霊的存在であり肉体的存在2~ネットゲームの仮想空間はこの世の模倣

ギルガメッシュ(石ノ森章太郎)は魔法結社の知識
幻魔大戦~地底の爬虫類人に月人の物語?……石ノ森章太郎と平井和正の共作

デーモン=爬虫類的宇宙人~永井豪のデビルマンと手塚治虫のアトムキャット

月の本質は集合意識?!~創聖のアクエリオン……堕天使が登場する物語

爬虫類人がいないという説を否定~超古代の地球人文明説 VS 宇宙人由来の文明説1
宇宙人は古代にも現代にもいる~超古代の地球人文明説 VS 宇宙人由来の文明説2
地球の生物を創造した天使的宇宙人~超古代の地球人文明説 VS 宇宙人由来の文明説3

ヴァンパイア=爬虫類人=妖怪~現実に存在するから漫画やゲームに登場する

スノーデンの情報は本物か偽物か~地底人=宇宙人

ドンキーコング64~古代の地球猿人と侵略者の爬虫類的宇宙人が基盤……ゲームの記事の振りをして、後半は人類誕生の経緯までも説明

テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー
ジャンル :

幻魔大戦~地底の爬虫類人に月人の物語?

漫画家でもあり特撮の監督・石ノ森章太郎の代表作と言えば、当ブログではギルガメッシュ(爆)で、一般的には仮面ライダーとなる。仮面ライダーは超人がシェイプシフトして爬虫類人みたいな姿になって、モンスター(こりゃまたシェイプシフトする爬虫類的化け物)と戦うストーリーだ。仮面ライダーシリーズはずっと続いている。筆者は子供の頃、シリーズの何かをテレビでやっているのを見た事はあり、変身して戦うとか内容は把握しているが、全編を把握している作品は存在しない。多くの人がその状態で、筆者も仮面ライダーの把握は多くの人と同等というわけだ。

石ノ森章太郎の「幻魔大戦」という1960年代の作品が、爬虫類人とか月人とか物凄い聞いていた。そこで、コミックを手に入れて読む事にした。多くの場合には、ブログのネタのために読んだり視聴するのではなく、読んだ後に使えたらブログに使う方向だ。今回の幻魔大戦は、ブログのネタにしたいという想いの方が優先で、調査する事にした。ちなみに、月人とは[つきびと]と読む。

次に以前に戴いたメッセージ。
石ノ森さんの幻魔大戦も宇宙を支配して破壊する幻魔というのはトカゲでした。妖術を使う幻魔が地球征服をするのを地球の超能力者達が防衛するという話でしたが、オチはその地球の超能力者たちも古代に地球人に胤[たね]をつけた幻魔の子孫だったという話でした。宇宙からは幻魔大王の万能の目がいつも地球人を見張ってるという、月人やホルスの目のような話でした。

幻魔大戦という作品が当ブログの話題に沿っているという情報が寄せられ、アニメの視聴ではなく漫画で内容を把握する事にした。
それでは、コミックに埋め込まれた内容で、筆者の目に留まった内容を挙げてゆこう。、

宇宙人はやはり悪魔的な姿をしている。強調するが、1960年代で悪魔=宇宙人を知っているわけだ。まあ、6000年前の魔導師も悪魔のルーツは宇宙だと知っていたので、その知識が昭和の日本でも語られているだけなのだが。

目の形が33になっている人がいる。これは藤子不二雄もよくやる

人間よりも一回り大きい程度のサイボーグが登場するのだが、準巨人と言える。多くのアニメでは、肉体的巨人で登場する事もあれば、ロボットやメカのような素材で登場する事もある。中に人間が乗る場合には、巨人は人間の分身となる。戦えイクサー1というアニメでは、天使的な宇宙人の台詞で「あの巨大メカは、私の分身」という意味がバッチリ登場した。

進撃の巨人でも、ある人種は巨人を自分の分身のように操れるので、同じ魔道知識だと判断したのだ。

チビ男が幻魔大戦の主人公なのだが、「人間の中身と何の関係がある?」みたいな台詞が印象的だ。確かにチビだと、なぜか嘗められる。通常、チビは脚が短く、長身は脚が長い結果で身長が確定し、腕力や臓器のサイズが極端に違うわけではない。にもかかわらず、軽く扱われる現実があるのだ。「ナポレオンもヒトラーもチビだった」という台詞もある。ナポレオンは167cmで当時の欧州人にしても小さい方だろう。ヒトラーは175cmでチビとは言えないがゲルマン民族では、あまり高くないとされる。調べたらヒトラーよりもスターリン(ソ連)の方がチビと言え、163cmだそうだ。日本人では、勝海舟156cm、野口英世153cmだそうだ。源義経(牛若丸)や戦国武将は時代もあるが、150ちょいの人が目立つ。まあ、武将は武術ではなく妖術でトップに立っていたので無難だが。同じ時代に現代の平均身長を超える人も目立ち、チビばかりではない。ちなみに、何かの才能を発揮する人にチビが目立つ事もある。チビが凄いというより、チビには両極端の人が多いと考えた。見た目で判断されるので、相当な努力をしないといけない事を自覚した人が、優れた結果を出す事はあり得る。チビには懸命に努力したり魔道に辿り着く人がいる反面、何事にも消極的になる人もいるわけで両極端になりやすい。

顔の怖さにもよるだろうが、デブ(身長は平均クラス以上)は男として嘗められる事はあまり無い。筆者の知り合いに平均身長で100kgくらいの男がおり、顔が怖いのもあるが、嘗められる事は稀で、他人をひるませたり警戒される事の方が多い(爆)

チビに限らず、逆境は時にはバネになるが、大きな重しになる事も多い。生まれた境遇(家族や金銭)を呪っている人もいるかも知れないが、一方では容姿に悩んでいる人もいるのだ。デブは努力でなんとかできるし、ハゲもお金でごまかせる。しかし、チビだけはハイヒールを履いてどうなるもんでもない。

これはジョークの関数だが、年齢は同じ男性で顔と体型、学歴は標準とする。175cmで年収400万円と同じ自信を得ようと思ったら、170cmで500万円、165cmで800万円、160cmで1600万円、155cmで3200万円は必要となる。180cmを超えれば年収は200万円台で自信家となろう。各身長で女にもてやすいというポイントも充分に加算している。

戦いの能力は基本的には身長よりも体重で決まる。同等の武道経験を前提に、身長が勝っている60kgより、身長で負けている90kgの方が強い。多くの格闘技では、重量でクラス分けされるのはそのためだ。

見た目の話が続いたが、「地球では見た目が9割、宇宙人や妖怪は人間の姿に化ける事がいかに重要かを知り尽くしている」という話に繋げたい。

幻魔という名前だが、「宇宙人は幻のような存在の悪魔」という意味を含めていると言える。人にもシェイプシフトする宇宙人は続々登場。警察署長も正体は幻魔で人食いだった。

主人公は超能力に目覚めたら、ナポレオンやヒトラーにもなれると慢心する。また、血が減ると能力が弱る。血には凄いパワーがある事を知っている故の表現とブログ筆者は判断した。

「テレパシーでは嘘をつけない」のような表現があり、高次元存在がチャネリングなどで人間にメッセージを送る場合、嘘をつけないという事になってしまう。しかしながら、実際には大嘘だらけのメッセージばかりだ。発信された時は本物でも、人間の方でねじ曲げてしまうのだろうか?

実はシェイプシフトするのは、宇宙人ばかりではない。地球人の超能力者もシェイプシフトをしまくる。性格が破綻している博士は、タイガーにシェイプシフトする能力を持つ。そして、能力を使えない人は家畜と評する。「エスパー以外の人間は家畜と同じ」と。作者が魔導師として「魔導師以外の人間は家畜」と思っていた時期なのだろう。四次元へ溶け込む能力のある超能力者でもあった。悪魔というのは、実体化する前は低層四次元に隠れているので、その表現と言えよう。

「エスパー同士で心を通わせた相手は、肉親より強く結び付く」という表現もあった。これも魔法結社のブラザーみたいな関係と同じだ。ちなみに、ワンピースの義兄弟やヤクザのさかずきシステムも同じだ。

後半では地球の超能力者が集まるのだが、皆が(大蛇、悪魔、熊などに)変身したりと化け物揃いだった。

最後は月が悪魔の顔になり、幻魔大王が月に君臨した。

正直言って、あまり面白い物語ではなかった。1960年代というのが価値あると判断して紹介した経緯だ。ギルガメッシュの方が続きを知りたくてわくわくした。一方、年配になってから作った「ホテル」も、説教臭さが半端なく、人生論の勉強にはなるが、聞きたくない話も多い。反面、ドラマの方は割りと面白かった。


ちなみに、2010年代アニメという事に価値を感じたクロスアンジュ 天使と竜の輪舞は凄いストーリーだった。まだ、全話は見ていないのだが、魔法結社の知識をうまく取り込み、その上でストーリーの構成力(展開力)が高いと感心させられた。

コミックを読破した後に判明した事を語るが、元祖のコミック(文庫版では全2巻)を読んだ限りは、地底に爬虫類人はというテーマではないし、月人も登場しなかった。そうなると、続編のコミックやアニメの方でそうなのかも知れない。元祖では「悪魔が月や地底に君臨する前は確実に宇宙人だった」という話は伝わる事になるが。


関連記事
ギルガメッシュ(石ノ森章太郎)は魔法結社の知識

デーモン=爬虫類的宇宙人~永井豪のデビルマンと手塚治虫のアトムキャット

爬虫類人が人類に文明を授けた~日帰りクエスト2

特撮の物語設定も魔法結社からの知識

宇宙人を否定する陰謀は宇宙人が実施

交響詩篇エウレカセブン~古代巨人に乗る物語~星から湧き出るエナジーの流れ

テーマ : マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

ドンキーコング64~古代の地球猿人と侵略者の爬虫類的宇宙人が基盤

先日は名古屋に滞在した。1泊で帰ったので、名古屋で交流会を希望したものの、既に帰っていたという状況の人は申し訳ない。今回の名古屋訪問は、以前に交流会で話したハタチの人がどれだけ成長したかを確かめに、そして筆者自身が勉強のためにという事で。今回は交流会と言うより、知り合いに会いに行ったという感じだ。その時にドンキーコング64というゲームを教えてもらったので語るとしよう。

筆者はテレビゲームはそれなりの数をプレイしているが、実はスーパーファミコンやメガドライブ(セガ)の時代が中心で、その時代前後のプレステ1やセガサターン、ファミコンもそれなりという状況だ。つまり、比較的新しい機種、ニンテンドウWii、DS、プレステ3~4などは本体すら持っておらず、どんなゲームがあるのかも分からないのだ。また、やや古いがニンテンドウ64(スーファミの次代)は全く知らない。そんな中、ニンテンドウ64のソフトであるドンキーコング64が、地球猿人(原人)と爬虫類人のバトルの話だと聞いて、「これは紹介せねば」と思った。

ムービーはスマホで見せて貰った程度しか筆者は見ていないのだが、そのムービーを紹介する。どんどん続くので、相当にヒマな人以外は特に見る必要は無い。確実にそういうゲームがある証拠として用意した程度だ。


クレムリン軍団……主に二足歩行するワニで構成される。要するに爬虫類人。

ドンキーコング一族は猿人で、実は魔法みたいなのが使える。一方、侵略者の爬虫類人が猿人を制圧しようとしているのだ。つまり、ドンキーコング64の話は、古代の地球の模倣というわけだ。ちなみに、猿人と爬虫類人の2つの遺伝子が混ぜ合わさって、人類(後の現代人)が誕生している。

続けて地球における真の歴史の話。
「地球猿人が宇宙人によって遺伝子改造されて地球人ができた話の前に、どうして猿人が地球にいるんだ? 海の単細胞生物から進化したのか?」という疑問があるのは承知している。当ブログで今までは「別の宇宙人が、もっと昔に造ったんだ」としか語っていなかったが、どうして地球に猿人みたいな生物がいるかについて情報を得ているので語る。まず、宇宙人というのは創造神の性エネルギーによって誕生している。その姿は巨蛇(一般的に想定する大蛇よりも遥かに大きい)なのだ。創造神が巨蛇という設定は灼眼のシャナというアニメでも存在した。

ハッキリ言って、普通の人が見ても「チビで生意気な小娘が、剣を振り回してうるさいだけのアニメ」にしか思えないだろうが、魔道の知識があると、「こりゃ凄い」となる。ちなみに、前者の感想は以前の筆者で視聴すらしていなかった。後者の感想は現在の筆者の話でもある。灼眼のシャナについては単独の記事で語るつもりなので、創造神=巨蛇という話だけをここでは語る。他にも、創造神=巨蛇で語られる物語があればコメントを寄せて戴きたい。

さて、真の歴史の話に戻る。巨蛇のような創造神によって生み出された宇宙人達だが、爬虫類的宇宙人と他型宇宙人連合との間に戦争が長く続いていた。終結したのだが、その時に友好の証として、あちこちの惑星に自分達の遺伝子をミックスさせて生物を誕生させた。つまり、地球ではそんな生物がいずれ猿人として生活する事になる。人類から見ると超能力のような物を持っている動物が現代にもいるわけだが、当時の猿人も超能力のような物を持っていた。

そんな猿人達の楽園に、改心していない凶悪な爬虫類的宇宙人(宇宙巨人)が襲来した。そして、地球猿人と宇宙巨人の遺伝子を更にミックスさせて奴隷を造った。地球に来る魂の多くは奴隷・囚人になる。地球は魂の牢獄なのだ。魂の牢獄といっても、宿る魂は実は宇宙戦争の償いに地球にやってきた爬虫類的宇宙人の魂が多い。元の猿人の魂や他の宇宙人の魂もある。確かに地球の支配層は非道だが、牢獄の番人ならば、その水準で妥当という考え方もできる。もちろん、支配層の罪が軽減されるわけではなく償って貰わねばならない。

ポイントを押さえたいが、聖書の神は宇宙人で、創造神はもっと超越した次元に存在する。つまり、唯一神とされている聖書の神は創造神ではないのだ。そもそも神は1者ではないし、聖書の一般解釈は話にならない。これまで当ブログでは聖書が悪いような書き方をしてきたが、聖書の解釈の仕方こそに、より大きな問題があるという主張にしたい。

ドンキーコングの元となるのは映画キングコングだが、なぜか人間の女を攫ったりと興味を示している。爬虫類的宇宙人も人間のメスを性的対象とする。要するに、見た目は結構違うが、同類だからだ。


ドンキーコング64自体は1999年の発売だが、実は同じ設定が1994年のスーパーファミコンのスーパードンキーコングの時点で存在する。つまり、爬虫類的宇宙人と地球原人の話をするデーヴィッド・アイクの本が出る何年も前に、とっくに爬虫類人の物語を作っている所は、他の創作物と同じだ。歴史の事実ならば、他の物語と設定が極めて同一でも許される。つまり、クリエータ達はどこかの集会とかで地球の真実を教わらない限り、作れない物語なのだ。アクションゲームはストーリー性が低いので筆者は好まず、内容を知らなかったのだが、実はアクションゲームにも魔法結社の知識が満載だったと言える。


というわけで、プレイしていないゲームの解説なので、この程度だが、後半は今までに無い面白い話をしたつもりだ。本日は「爬虫類人なんていない」みたいな思想を叩くのではなく、「6000年前に聖書の神様が人類を土から造った」という創造科学・キリスト原理主義こそを完全に却下しておく。ついでに言っておくと、自分が所属する宗教(キリスト教に限らない)で今回のような人類の真実を教えて貰えないからといって、勝手に当ブログの話を疑わないようにしてもらいたい。

ドンキーコングの話とは外れるが、巨蛇の性エネルギーの話をもう少し語る。人間を誕生させた宇宙人そのものが創造された時点で性エネルギーが大きく関わっている。特に聖書信者に多いのだが、ちょっと性的な話が出た程度で過剰に拒絶したり、支配層の儀式が変態エッチなだけで「狂っている」という評価になる。支配層の儀式が怪しいという事実は存在するが、儀式に仮に性が関わっていなくても異様なのは同じだ。よって、性的内容が儀式に存在する事を理由に異様さを主張する事には意味は無い。また、その性的儀式が忌み嫌う物だという評価は即座に否定する。性エネルギーこそが創造のエネルギーであって、支配層が使うのは当然だ。セックスのパワーを大衆に使わせないように嫌わせている状況が真実で、大衆に解釈させる聖書は性を嫌わせるツールに過ぎないのだ。最も素晴らしいセックスまでも取り上げられている牢獄に地球人は住んでいるのだ。

性エネルギーのパワーが最も強いのは思春期だ。その時期の大衆の性さえ支配層が制御すれば、支配を覆すような支配層の懸念は一気に減る。キリスト教系の学校など、思春期の性を極度に抑圧されると、性を嫌う人種が誕生するのではと考えている。自分が性を抑圧されたために、他の人が性を楽しむのを酷く嫉妬するわけだ。


知られざる最強の創造エネルギー なぜ性の真実『セクシャルパワー』は封印され続けるのか


次はドンキーコングではないが、爬虫類人の出るゲーム関連のコメントで面白いのがあったので紹介。

イエスが敵と暗示されてるゲームにテイルズオブシンフォニアがあると思います。
主人公たちが世界を救う旅に出るのですが最後の敵ユグドラシルがマーテル教の教祖として描かれています。手下に五芒星を表す五聖刃なる強敵にレネゲードという蛇ゴラゴン連合?なる存在もいます。
舞台は主人公たちが元から住むシルヴァラント(ハーフレプティリアンを表すハーフエルフが魔法を使い、魔法を使えない人間を人間牧場と呼ばれる施設で奴隷として管理している世界)とシルヴァラントから見て月の世界、テセアラ(こちらではハーフエルフが蔑まれ迫害されている世界です)を行き来する物です。どちらかの世界がエネルギー豊かだともう片方は貧しい、魔法を使えるのはエルフの血を引く者とFF6に見られるセリスのような魔導注入をした者だけ、最後の敵ユグドラシルの基地にだけ無機質なロボットが現れる、手下は天使や機械化して天使や王族と対立している教皇などこのブログで語られる知識がふんだんに入っていますし、最後の敵は最近までルシファーの暗喩かと思いましたがこのブログから実はイエスなのでは?と思えてきました。


1つアドバイスだが、漫画アニメは恐らく50歳を超えても視聴する事はできるだろう。しかし、ゲームに関しては35歳を超えると、プレイするまでのハードルが高くなるので、なるべく若い内にプレイ数を増やすべきだ。

テイルズオブシンフォニアには、アニメやコミックも出ているようだ。


当ブログのイエスの記事(イエスの正体は吸血鬼~KUROZUKA)はこちら
任天堂の古いゲームの話は、関連記事からリンク。

関連記事
スーパーマリオブラザーズ3は悪魔崇拝のゲーム
スーパーマリオブラザーズは性ゲームだった? 秘められた魔道
マリオブラザーズは異次元から発生する悪魔を退治するゲーム……カニは冥界=地獄の意味に方向修正

じゅうべえくえすと(ナムコ)はデーヴィッド・アイクの世界を超える
聖書の神は宇宙人である!~ファミコン・女神転生Ⅱの唯一神はハゲで青肌
銀河の三人(地球戦士ライーザ)~感情を持たない宇宙人が愛を感じて滅びる

クリエーターがなぜか真実を知っている理由……スーファミ・46億年物語
クロノトリガー~星に巣食ってエナジーを吸う宇宙人……スーファミ
ドラゴンクエスト6と低層四次元・爬虫類人説に共通点……スーファミ
神聖紀オデッセリアとゼノギアスは魔術の物語……スーファミ
ボクと魔王~子供向けのゲームに隠された魔法結社の知識……プレステ1

土星が守護したセガサターン~土星人は尖り頭でハゲ!?
現物財宝が手に入った魔道ビデオゲーム《SwordQuest》ソードクエスト……日本に限らず、アメリカでもゲーム業界は創始時代から魔導師のテリトリーという話

テーマ : 任天堂
ジャンル : ゲーム

聖書の神は宇宙人である!~ファミコン・女神転生Ⅱの唯一神はハゲで青肌

記事を書きたいテーマは幾つもあるのだが、なかなか時間が取れない。そんな中、寝付く時に、「女神転生Ⅱの唯一神って、顔が青じゃなかったっけ?」と思い、記事を書く事にした。

女神転生Ⅱというゲーム以後の女神転生シリーズの幾つかにはYHVH(ヤハウェ・エホバ)という唯一神が登場するのだが、実はハゲの青い巨人として描かれている。

つまり、ファンタスティック・プラネット(太陽系内の惑星からやってきた巨人の物語)で登場するような爬虫類的宇宙巨人と聖書の唯一神YHVHがイコールで結ばれる事を知っている人が、女神転生というゲームを作っていた事になるのだ。

当ブログの以前からの読者ならば、理由を説明するまでも無いが、一旦、何も知らなかった時に戻って考察し直してみよう。つまりは、ゲームオタクなクリエーターがゲームを作っているのではなく、共通する超越した知識を持った者達がアニメやゲームを作っているというわけだ。


女神転生と同じブランドのペルソナシリーズ3では、ニュクスが月で機械みたいな姿で描かれている。


聖書の神は宇宙人であるという記事タイトルだが、実は全く同じタイトルの書籍がある。

宇宙人はおらず、血肉を食い、高度な文明を持った古代地球人・地底人・悪魔がいるだけだ」とか「宇宙人の証拠にはまだ納得できないので、(なぜか)いない」と思っている聖書信者、神道追求者の袋小路が存在するようだが、魔法結社で教わっているルーツは宇宙なのだ。悪魔=宇宙人(異次元生命体)という回路も必要となる

さて、先月末には「美少女アニメ・一騎当千の記事半日で沈めた」とジョークを発したが、美少女アニメ・クロスアンジュがトップ記事に君臨したのは5日程度という事で。

関連記事
青い顔の巨人・ファンタスティックプラネット~進撃の巨人との共通点?
青い宇宙巨人 VS 地球人類~ファンタスティック・プラネットを視聴
青鬼(アマチュア無料ゲーム)とファンタスティック・プラネットの宇宙巨人は元ネタが同じ

地底にいる肉体を持ったレプティリアン、色は青が主流?

宇宙巨人が襲来する物語~超時空要塞マクロス……青い顔もいる宇宙巨人
交響詩篇エウレカセブン~古代巨人に乗る物語……巨人信仰

じゅうべえくえすと(ナムコ)はデーヴィッド・アイクの世界を超える

デーモン=爬虫類的宇宙人~永井豪のデビルマンと手塚治虫のアトムキャット

テーマ : レトロゲーム
ジャンル : ゲーム

リンク
月齢
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人と引き合わせる事のないようにお願いします(お子さんなどはO.K.)

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
本物の魔道書
魔法は存在するからこそ、この価格に
最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。相談は承りますが、意見メールは特に不要です。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
放射能が除去できる空気清浄機
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  3ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運