カルマは結果論、言い換えると観念

先日、カルマの話をした。人生にはカルマみたいに思える流れもあるのだが、一般に言われているカルマの法則は大衆を騙す偽りだという話だ。当ブログではカルマの話なんて優先度合いは低いのだが、記事に「その通りですね。具体例としては……」みたいなコメントが幾つも入り、しかも、当ブログに反発してくる人に関する垂れ込み(笑)もあったので、また話をする事になった。

当ブログの記事を読むと、通常は「やっぱりカルマは思い込みなのかなぁ」となる。しかし、カルマが無いと損をすると感じる人がいるのか「それでもある、観念とか語るアホタレどもに俺様が喝」と語る人の情報が、当ブログに垂れ込まれた。

その人は、「俺はいい思いをした後、酷い目に遭ったんだ。だからカルマはあるんだ」とか、合理的とは言いがたい論理を進める。いい思いをした人がいるとして、その後に酷い目に遭う人なんて有り触れている。酷い目に遭わない人も有り触れている。よって、そんな状況はカルマの証明にはならないのだ。また、その人が霊的体験をしたり、邪霊などと戦う事も、カルマの存在とは無関係だ。

例えば、楽に5000万円手に入ったとしよう。そして、投資で失敗して3000万円損したとしよう。こんな状況を味わって「カルマはある! 俺は霊的体験をしてしまった、はっはっはっ」とか言われても説得力が無い。そもそも、「損した」とかいう考え方自体が、極めて主観的な話で、人から見れば「結局2000万円はあるんでしょ?」という話にもなってしまうのだ。不幸なんだという観点だと、「何でもいいから不幸を味わえば、その分、幸せが来る」といった破綻した思想にも繋がる。ポア(殺)されれば、来世でハッピーみたいな危ない思想もあるのだ。家を失う人がいるとして、最初から家の無い人は不幸なの? 別に古アパート暮らしでも、本人に特に想いが無いならば万端のはずだ。カルマでも何でもない。

大金が手に入って、お金は失わずに平均寿命で亡くなったとしよう。この場合には、カルマ信望者は「カルマは来世に持ち越される」のように語ればいいわけだ。とにかく、結果を見てから、言い訳じみた事を語ればカルマの説明になってしまうのだ。

結果が良くなかった場合には、「カルマの総決算は誰も免れる事はできない証明」「簡単には他人には祓えない」と語り、結果が出ずに亡くなった場合には、「来世だ」「あの世だ」「最終的には」と語れば「カルマがある」という結論に誘導される事になる。そういうのはインチキというのだ。そもそもカルマがあるという前提だと、言い訳じみた観念(思い込み)を加えねばならないのだ。何とでも理屈は捏ねられるというか、当ブログの筆者や読者が見れば理屈にもなっていないのだが。なお、「カルマの法則は完璧な教育システム」みたいに語られる場合もあるが、それは法則の存在を証明するのではなく、生き方の教訓になるという話に過ぎない。

また、現在の魂がそのまま生まれ変わる事は無いというのが転生に関する真実だと考えている。魂というの集合体になっていて、その一部が人間として生まれてくるわけで、生まれ変わる時には一旦、集合体に取り込まれてから新たな魂として転生する。カルマがあるにしても、その集合体全体で解決する事になるのだ。


1つ笑ってしまったのは、「カルマは絶対にある」というブロガーは、つい先日の自分の記事で「悪口を言う人がおったら拝むのや(カルマを取ってくれたのだから)」と、まことしやかに記している。なのに、筆者がカルマは祓えるという話で「悪口を言われたら、その人に感謝しろ。自分のカルマを受け取ってくれた、ありがたい人だ。」と語ったら、先方は「悪口くらいで祓えるような罪ではなく、もっと大きな御用の悪」と語り出す。自己矛盾とはこの事で、何事も客観的ではなく、自分の都合いいように解釈しているだけなのだ。「自分は壮絶なカルマを食らったんだ」という話も主観的で、他の人の解釈が入っていない。

ちなみに、例えば首相や都知事ならば、あちこちのブログや匿名掲示板で叩かれている。それだけ大勢の人に汚い言葉で罵られれば、1人が祓うカルマは少なくても、人数でカバーできる。また、マスコミでも政治家を叩く事がある。なお、首相・都知事クラスは、富裕層や既得権利者などを大いに喜ばせているので、カルマはぐんと減っている(笑)

苦しめばカルマは消化されるんだという戯言も存在する。苦しむために生まれてきたみたいな思想は、カルマを重視する仏教的な考え方だ。宗教はそのように大衆を支配してきたのだ。例えば、年収2000万円の美人にもてた高収入者が、年収500万円でもてにくくなり苦しんでいるとしよう。えーっ? それっとカルマの克服に繋がるの? 苦しめば負のカルマが無くなるという発想は破綻している。また、見方によっては、金目当ての異性が周りに減って幸せともいえる。

カルマを祓う話で、当ブログは幻の桜というブログの話を持ち出した。幻の桜の作者は巫女さんで、エネルギーの本質を見極める事ができるのだが、自分自身がほとんど見えていない状態だった。なんと、貧窮を理由に幻の桜が休止となった。当ブログでカルマの話をしたこんなタイミングで幻の桜が休止とは、カルマ信望者に塩が送られた形(助け船)になってしまったようだ。ただ、それでカルマ信望者が調子こいてくれないと、当ブログの記事がまたアニメの話になる事は明白なので、結局は当記事が誕生したわけだ。

カルマ信望者が調子こいたのはいいのだが、冷静に分析すると、幻の桜はお金に繋がらなかっただけだ。なのに、カルマ信望者は「自分のカルマを祓い切れない巫女がいた。よって、カルマは存在する」のように勝手に解釈してしまっている。このような勝手な解釈を観念と呼ぶのだ。ちなみに、医者の不養生とあるよう、お祓いをする巫女さんが邪気まみれ……なんて事はあるわけだ。

幻の桜の巫女は貧窮しているという状況だが、別に破綻したわけではない。また、助言できる男が近くにいないというのも大問題だ。恐らく、そこらの男がアドバイスしても無視し、自分を貫く性格に思える。助言できる霊を持った男がいなかったので貧窮状態になったわけだ。

さて、心理的な法則として、人は自分の得になる事を正しいと感じ、損になる事を間違っていると感じる。例えば、自分がいい想いをして、後に酷い目に遭ったとしたら、カルマはあると思う事で自分を癒やす事ができるので得だ。自分は不運を回避できない程度の能力だと知ったり、不運を食らう人生だと思い知る事になれば生きてゆけない。よって、神の法則が設定したと思い込む事で自分を慰める事ができるので得なのだ。一方、「カルマは無い」なんて思い込むと、慰めや癒やしが得られないので損となるわけだ。いずれも、自分視点(主観的)であって、他人から見れば極めて説得力が弱い。自分が見えていない状態で、論理学に基づいた知恵にも欠ける。筆者は「実体験じゃないと聞く耳持てない」と記したが、「自分の体験に観念を加えて主観的に語れ」と記した覚えは無い。主観的な解釈を体験と勘違いする状況も、何事をも独りよがりに解釈する結果と言える。

去年の時点で「嘘を信じさせるトリック」のような記事を書いており、人は聞き心地のいい事を正しいとする傾向があると述べた。ベンジャミン・Fとかによってお金を配布されるのは都合いいので、正しいと信じ込むというわけだ。要するに、当ブログではとっくに語り尽くしているわけだ。

「人は自分の得になる事を正しいと感じ、損になる事を間違っていると感じる。」という話は、当ブログへの天恵(追い風)と言えよう。誤った使い方をした人も、自分を思い知る事に役に立った事だろう。

なお、当ブログ筆者は「アセンションなんて無い」という話をした覚えはない。「2012年の完全アセンションを語っていた情報源は、今後信用してはならない」(マシュー、サナンダ、サルーサ)という話はしているし、「支配層のプランが、今後20年は設定されている。もし、近い内にアセンションするとしたら、支配層の態度が矛盾する」とも語る。今の所、70年後くらいまでにアセンションみたいなイベントはあるかも知れない。また、アセンションのイベントがある事と、カルマが適用されない立場がある事とは独立している。カルマ+アセンションの抱き合わせこそが罠と言えよう。「俺にはカルマがあるから、自分は助かるために消化しよう」という思想自体がカルマだ。自分こそはという思想に加え、選民思想というカルマもあろう。

ちなみに、2012年末までに「納得できるだけカルマを消化できた」と思った人は、信者のどれくらいの割合がいるのだろう? 恐らく99%の人が、「まだ消化できていない」と感じていたはず。よもや、不運が訪れた事をカルマの消化と考えているのではあるまいな? 2012年末に何事も起きないという不運を味わったので、もう信者のカルマはゼロだよね? いいや、単にエナジー・ヴァンパイアにはめられただけなのだ。

垂れ込みのあったカルマ信望者は、他にも当ブログが語っていない話を前提に、ハチャメチャな論理を続ける。例えば、「魔導師ならば、何をやってもカルマの負債を負わずに済む」なんて話を、当ブログでした覚えはない。カルマを信じたい余り、カルマを否定する情報とは関係無い話で叩こうとしているわけだ。このような詭弁は「藁人形論法」と呼ぶ。論争相手の意見を都合よくねじ曲げて紹介し、それに反論する事で、相手を言い負かせたように見せかける方法の事だ。今回の場合には、反論すら詭弁で破綻しているので、藁人形論法すら不成立という事になる。

スピリチュアルに浸かっている期間が長い事は誇りにはならない。理由としては、そもそもスピリチュアルというのは、カバラの魔導師が「教育やマスコミなど基本項目に騙されない大衆」から吸うために設定したエナジー・ヴァンパイア・システムだからだ。

少なくとも、「カルマは観念だ(回避できる)と語るアホが現れた、叩いてやろう」という発想で、当ブログや田舎で深呼吸とか幻の桜までおとしめようとする人間がカルマの消化をしているはずもなく、ますます増やしているだけだ。以前に語ったよう、「魂磨きをしている程に人生は長くない」という話にも繋がる。もちろん、2012年末には失望を味わい、カルマを増大させている。

カルマ信望者(他ブログに噛み付く)は今度は武田邦彦なんて人を立ててきたが、「武田邦彦 インチキ」で検索してから出して貰いたい。また、参考になる言葉があっても、使う所を間違えないで貰いたい。


以前にコブラ解放を信じ、当ブログ(のバックにいるスピリット)に叱られた人が、また当ブログのスピリットに叱られる事になったわけだ。

むしゃくしゃした時は、タバコでも吸って忘れよう。タバコは薬だ。ただし、本物は葉巻(シガー・シガリロ)とパイプのみ。
葉巻やパイプは楽天の次の店をお薦め。値段も良心的……のように紹介したが、実はタバコというのは、輸入品も含めて全国均一の料金だった。つまり、次の店は楽天ポイントが入ったり、使える分、得するわけだ。
世界のお酒&葉巻の専門店

関連記事
エナジーヴァンパイア~コブラ解放の術は吸飲

現世利益~魔道は王道?~魂を磨く程に人生は長くない

真実は聖書の権威を排除~デーヴィッド・アイクで洗脳が解ける

テーマ : 業(カルマ)の克服
ジャンル :

カルマは高次元に繋がった自分で回避するか祓う事で逃れる

先日、交流会を実施し、カルマの話もした。長くなったので、カルマの話だけ取り出し、加筆する事にする。

ネットでカルマの話をすると、あるんだ無いんだで論争になるのだが、カルマの考え方にかかわらず、支配層は魔導師・妖術師という事は認めて貰えるだろう。となると、支配層はカルマがあるか無いかくらいは、把握している事になる。支配層は非道な事を実施しているが、それはカルマがある事を知りつつ、カルマを受けてもいいから、いい思いをしたいからだろうか? それとも、カルマが無い事を知りつつ、精神世界に目覚めた大衆に因果応報と称して行動を制限させ、自分達だけがいい思いをするためだろうか? カルマなんて本当は無いのに、大衆をカルマの存在で縛っている事もあり得るぞという話だ。

カルマが本当は存在せず観念だという根拠としては、そもそも精神世界(魂の世界)では人の区別は存在しない。全ての魂は一体であって、他人というものは存在しない。カバラで言うと、「全は1、1は全の思想」となる。よって、特定の魂だけが引き継ぐような天恵や天罰はあり得ないのだ。

となると、例えば大富豪に属する●●という人が非道な事を実施したとする。しかし、本質である魂の領域では、●●という人だけでは存在できず、他の一般大衆こそが●●で、●●こそが一般大衆であり神という事になる。よって、「ある個人の実施した行為は、必ずその個人の魂に降りかかる」みたいなカルマの法則なんてのは存在しない事が仮定できるのだ。宇宙の法則として、作用反作用があるわけで、それをカルマの説明に使う事もある。しかし、そんな法則があるとすれば、魔導師・妖術師というのは法則の存在を知っているわけで、回避する術を編み出す事が、真っ先にすべきと言える。魔導師・妖術師は不可能を可能にする。つまり、カルマの法則があったとしても、回避する事が可能になると仮定できるのだ。

もう1つの仮定としては、カルマの法則というのは、バランスを取るため、あくまで自分の潜在意識が作り出す物なのだ。天恵や天罰のたぐいではなく、潜在意識を相当に活用できる魔導師ならば、カルマを自分に課す事をしないというわけだ。言い換えると、術者というのはカルマの法則を自分に課すかどうかを自分で選択できるというわけだ。大衆の持つような「これだけ人のためにしたのだから、いい思いをしてもいいはず」とか「人を傷つけたのだから、天罰を受けねばならない」みたいな弱い心は無いのだ。

あくまで仮定の話なので、カルマ肯定派は噛み付かないで貰いたい。以前にも話したが、カルマがあるとしても、一般庶民にはやはり適用され、あくまで術者が回避できる(自分で制御できる)という内容だ。

欧米の大富豪総帥や日本の皇族などは長寿といえる。まあ、たまに一族に短命とか暗殺される人もいる程度だ。早死にしたから不幸が降りかかったという事にはならない。例えば、津波が来た時に、若い女性が誰かを助けて、そのまま溺れたみたいな事故があった。別にその女性が悪いカルマで死んだのではなく、むしろ、三次元の地球という牢獄から解放されたと解釈できる。いずれにしても、早死には精神世界的には不幸ではない。

金沢交流会で話した人は「死にたいと思っても、死ぬ時まで生きる事になる」という不思議なメッセージが心から生まれたようだ。福井に来て下さった人も、「人はいつ死ぬか決まって生まれてくる」みたいな話をした。言うならば、いつ死ぬかは宿命なので、そういう観点でも短命だから不幸とかいう判断は誤りと言える。

今まで「カルマはあるんだ」とか、長文でコメントを入れてきた人を分析すると、仏教で長年伝えられてきたからとか何の根拠にもならない事を語っている。世の中は偽りだらけなので、当ブログは「カルマは寸分違わず誰にでも適用される」という偽りを指摘しているに過ぎない。また、そもそも支配層と奴隷層とはDNAが違うという観点が、カルマの法則の話には存在しない。地球に住んで地球人として生きている皆が人間という状況すら嘘だったのだから。


カルマの話題になると当ブログで語るのだが、主張者の根拠として「私が交信している霊がカルマの法則はあると語ったんだ」とか「私が幽体離脱して霊界を見てきたら、カルマを確信できた」という話ならば、主張の意義を感じられる。しかし、「カルマは絶対あるんだ、魂は固有なんだ」と語る人は、何の根拠にもならないのに、とにかくあるんだとしか言わない。「支配層は非道な事をしている、だから裁かれねばならない」「裁きを回避できるような思想は許せない」が本音ではあるまいか? 希望や都合と、真実である事とを混同してはならない。

取りあえず、筆者の考察として以上のように書いたが、読者からコメントがあった。

昔読んでた頃の幻の桜の情報が正しいとすれば、カルマは「祓ってる」そうですね。「ポイポイする」って表現をしてました。古い記事にいろいろあります。
カルマがない、あるいは受けないですむ人種がいるのは、世の中を見てみれば間違いないことですが。


幻の桜の作者は巫女さんだ。ただし、はぐれ者で、本来は秘密にすべき事実を次々と語ってしまっている。例えば、神社に参拝者が来たら、神社の人は「エサが来た」と思うとか語る。そんな巫女さんが「カルマは祓える」と語るわけだ。また、交換するという表現もある。小さい何かを渡して、大きい何かも受け取って貰うなど、全くバランスの取れていない交換もあり得るわけだ。お金を使った取り引きでも、等価ではなく、不釣り合いの取引が存在する。

金持ちはよく寄付をするわけだが、もちろん、税金の控除にもなる。だが、有名人ではない場合や、寄付の行為を黙っている場合には宣伝にはならない。その理由はなんなのだろうか? たったそれだけの事でも、業のエネルギーが流れる事を知っているからではあるまいか。

悪口を言われたら、その人に感謝しろ。自分のカルマを受け取ってくれた、ありがたい人だ。
みたいに語る人がいる。要するに、あくどい事をしても、悪口を言った人にカルマが行ってしまうわけで、その時点で帳尻は揃ってしまうのだ。別に術者ではなく、一般人ですら、相手のカルマを祓える事になる。そういえば、首相はよくネットでも叩かれているが、その時点でカルマは祓われてしまう。本当に嫌いならば、決して首相とかの悪口を言ってはいけないのだ。当ブログでは、政権の個人に関して悪口を言っていない。エネルギーの流れを認識しているからだ。首相に批判の声が大きいというのは、結局は政治に対する期待が大きい事の顕れだ。最初から政治に期待が無い人は批判すらしない。

支配執行層(政治家や大企業の幹部)をマスコミが叩く事がある。マスコミと支配執行層とは同類のはずなのに疑問だったが、わざと叩いてカルマを祓っていると考えれば納得だ。

宗教というのは、人々が貧乏でも我慢できるように設定されている嘘。同様にカルマの話も、人々が支配層の非道さを見ても我慢できるように設定した嘘というわけだ。呪術師が「大衆に自分達の非道さを知られても我慢させる呪文」を希望し、できた呪言、それが「カルマ」という短い言葉だったのだ。

全は1、1が全が真実だという話は、魔法結社にでも行かないと知る事ができない。(アニメなどの架空の話としてアプローチしてくる事はある。)しかし、カルマの話は、そこらのお寺で簡単に聞く事ができるし、本もたくさん出ている。となると、真理というより押しつけの可能性が高くなる。隠されているのが全は1、1は全と言える。この観点でも、カルマの法則は怪しくなるのだ。

●カルマのまとめ
・支配層は大魔導師、よってカルマの法則の有無は把握している。
・支配層は非道な行為を実施している。よって、回避する術を編み出しているか、自分達には適用されない事を確信している。
・支配層は大魔導師。つまり、大衆から奪っているのは、お金とか権力だけでなく、超能力すらも奪っている。実際の罪は膨大過ぎで支払う事は不可能。
・自分で回避できなくても、祓ってくれる術者に浄財と称してお金を払う方法もある。また、悪口などを言われただけで、簡単に負のエネルギーは消えてゆく。
・カルマというと、なかなか克服できないようなイメージを植え付けられている。しかし、エネルギーというのは流動的で、容易に行き来する。等価ではなく、不釣り合いで交換される。
・支配層は人間ではない。そもそも人間と同じ法則が適用されるのかも疑問。

反感を持った人に忠告したい。自分が瞑想するなどして、高次元存在と繋がったり、霊界へ行った体験に基づいた話ならば聞く耳持てるが、どこかの本でそう書いてあったのように、実体験に基づいていない話は却下する。せめて、現実と照らし合わせて、筆者みたいに自分が考察して結論を出したという話ならば分かるが。ともかく、今まで筆者に向けて「いやいや、必ず全員にある」と語った人は、ことごとく「宗教でどうだこうだ」の話しかしていない。

例えば次の本を書いた人は、精神科の薬で脳が覚醒してしまい、守護霊と会話できるようになってしまった。

その守護霊から、「魂というのは霊界では、複数が一体化していてグループになっている。そのグループが他のグループと結び付いて、全体を作っている」みたいなメッセージを受け取った。そのような実体験ならば聞く耳持てるし、守護霊からメッセージを受け取るような人によると、独立した魂など存在しないというわけだ。

なお、本の作者は残念ながら東京に引っ越して取り込まれ、セミナーを頻繁に開き、5万円もする瞑想CDを売る人になってしまった。ただ、本を書いていた当時は、守護霊から次々と訪れるメッセージを書き記しており、それが本になったのだ。

アイテムの購入に関し、楽天の会員の人は楽天からどうぞ。魔術グッズも揃い、食用金箔(覚醒に結び付く)も購入できる。


関連記事
カルマの法則とは?~存在するが覚醒者ならば逃れられる

鋼の錬金術師……魔導師による錬金術がテーマの物語。全は1、1は全の思想

テーマ : 業(カルマ)の克服
ジャンル :

福井交流会実施~行動のスピード~ベストセラーのマジック

先日は福井に来て下さった人と交流会を実施した。
名古屋周辺の大学1年生で、非常に行動力があり、しかもその行動のスピードが速い。というのは、当ブログを2週間前に知って、すぐに福井へ駆けつけてくれたような感じだ。福井まで来て下さる人の特徴として、行動力があり行動が早い(速い)という性質がありそうだ。これまでにも何人か来て下さったのだが、神戸の会社役員の人は「これだ!」と思い、すぐに行動していた。その人は「もっと若い内に知りたかった」とも語ったが。

今回、福井で会った彼は行動力があるので、他のセミナーや懇親会みたいなのにも参加している。ホルスの目を掲げて祈らせるような時間も経験しており、エネルギーが吸われた実感があるようだ。社会通念から外れたセミナーを実施する人は、ほぼ全員が魔導師で、参加者からエネルギーを吸うと知って貰いたい。そんな内容はMAYA真夜中の少女というコミックにもあった。全巻セットでも相当に安いのでぜひ。


彼のお気に入りブログは、当ブログ、宇宙への旅立ち、幻の桜、為清勝彦夫妻のブログなどで、まさに深い真実を突いているブログだけをピンポイントで選択している。センスも非常にあるわけだ。「真実を探すんだと称して陰謀論すら語っていない」や「自分の所属する宗教に属している人のブログ(テーマは様々)だけを優先で紹介」みたいな高アクセスのブログを彼は知らないような状態。まあ、正確には宇宙への旅立ちには、誤った判断に基づいた情報もあるのだが、誰もマネできない真実も突いているので、当ブログでも話題にする事がある。ちなみに、為清勝彦氏は幻の桜を推している。


彼とはカルマの話をした。その内容はこちらの記事で

話した彼はユーチューブの動画を作成する人で、ハタチになってタバコを吸えるようになったら、葉巻を紹介するムービーを作りたいと語っていた。

シガリロやシガーは楽天の次の店をお薦め。値段も良心的……のように紹介したが、実はタバコというのは全国均一の料金だった。つまり、次の店は楽天ポイントが入ったり、使える分、得するわけだ。
世界のお酒&葉巻の専門店
タバコくらい近所のたばこ屋でと思うかも知れないが、葉巻の主体は湿度や温度を厳重に管理する必要のあるプレミアムシガーだ。つまり、その設備のある店しか、葉巻なんて売っていない。近所で買えるかは分からないのだ。

彼は自然食品や菜食・果食にもこだわっている。
食品関連で、キノコの「味しめじ」の話。スーパーマーケットで一年中売ってるのは、あくまで「ぶなしめじ」「しろしめじ」という種類だ。「匂い松茸、味しめじ」と言う割りには松茸の方が旨いと思っていたが、本しめじがある事を忘れていたので、何年か振りに改めて食べてみたら旨かった。紹介するのは京都産なので、放射能も大丈夫。安く食べたい人は、三重産の本しめじも存在する。更には「はたけしめじ」というのは、本しめじに近い種類なので、弾力性は負けるが、味そのものは似ている。

彼は皇室の高山長房氏の、すぐ次の新本「人類はアンドロイド」を読んだそうだ。

高山氏は以前は2番目の本などを書いていたが、新本では急に爬虫類人の話をしなくなり、「社畜として、目立たずに生きる事が大事だ」のように語っている。同族の人に叱られたのか、変な誘導をするようになってしまったようだ。そういう意味では、爬虫類人が存在する事は、ますます真実と言えよう。

ネットのムービーとかブログで、「月収700万になりました」みたいな人のトリックは、「ベストセラーです」という作品と同じだと気づくような人だった。要するに、先に「ベストセラーです」と称して、話題を呼んで手に取らせる事で、本当にベストセラーにリーチするというマジックだ。歌謡曲とかで「人気ベストはこれです」と紹介する事によって、本当にベストへリーチするトリックと同じだ。

アニメの話もできる人で、筆者は近い内に交響詩篇エウレカ セブンという作品の話をするとも語った。セブンとあるよう、数秘術は7となる。また、巨人に乗って戦うという要素が、進撃の巨人と全く同じだ。レプティリアン(爬虫類人間)ではなく、コーラリアン(サンゴ人間)が登場する。サンゴというのは植物ではなく動物なので、誤認していた人は改めて貰いたい。


ちなみに、次は彼にも語った半ジョーク・半真剣なのだが、「当ブログは本当の事ばかりを発信している。よって、スポンサーがいない。他のブログ(真実なんて発信していないのに高アクセス)は嘘をついているからこそ、スポンサーからお金を貰っている。だから、筆者は異次元の存在にクレームを言っている。ちゃんと真実を語っているのに、どうして嘘つきの方が儲かるんだ? ちゃんと広告収入を月20万円くらいにしてもらわないと困ると異次元に伝えているんだ」と語ったのだ。

アイテムの購入に関し、楽天の会員の人は楽天からどうぞ。魔術グッズも揃い、食用金箔(覚醒に結び付く)も購入できる。


関連記事
エナジーヴァンパイア~コブラ解放の術は吸飲……セミナー主催者はヴァンパイア

金沢交流会実施~妖術師の集団が大臣達に
大阪散策&交流会完了~現代魔道の事情
真実と魔道知識の会合~福岡交流会・無事完了
京都会合・パワースポットの旅 完了

ブルーブラッド 悪魔の愚民化統治5~タバコの効能は薬

テーマ :
ジャンル :

ホリエモンが夢に出てきた~夢の中の人物は本物か?

筆者は別にホリエモンを好きでも嫌いでもない。お金儲けや女性に関しては意見が合う事もあれば、経済や原発、日本の将来に関しては見当違いの事を言っている(言わされている)と思う事がある。

本は3文字×3の333タイトル。さて、実は筆者の夢の中にホリエモンが出てくる事が今までに2回あった。割りと意識はしている魔導師といえよう。有名人の中で他に筆者の夢の中に出てくる人は思い当たらない。

ここで記事のテーマだが、夢の中で会った人物とコミュニケーションしたとして、本当に本人の魂と会話した事になるのだろうか? 筆者としては、「そうではない」と考えている。よく、ネットではオバマ大統領とは夢で仲良しだとか、陛下が素晴らしいメッセージをくれたとか、あたかも本人が語りかけてきたかのように主張の根拠とする場合がある。例えば、「夢の中で会ったオバマはいい人なので、本物のオバマもいい人で光の使者だ」みたいな話だ。

筆者のオバマに対する見解だが、クローンが何人も存在し、本物はもはやいないと考えている。また、本物だからといって善人ではないし、偽者が暗躍しているとしたら、米国庶民のための政策を実施しているわけがない。ましてや属国日本など、歯牙にも掛けないのだ。

ネットを見ると、オバマの爬虫類人シェイプシフト画像がわんさか見つかる(爆)

オバマが大統領に当選前、福井県の小浜市の声援を受けて、リップサービスで「当選したら小浜市に行ってみたい」みたいな事を語ったが、もちろん実現していない。今年はオバマは来日している。にもかかわらず、オバマは小浜を無視というわけだ。当選したらという条件がある以上、単純な行ってみたい願望ではなく、行くだろうから宜しくの域だ。解釈によっては「嘘つかれた、裏切られた」だ。クローンが何人もいるならば、一人くらい福井に行けばいいのに(笑)

ちなみに、クローンは半年くらいで、クローン対象の年代に見えるくらいに老化を調整できる。また、以前に紹介したギルガメッシュというぶっ飛びストーリーでは、1970年代に要人のクローンについて語られていた。

値段の違いは、言葉狩りされていない旧版かどうかで決まる。

多重人格探偵サイコという漫画でも、要人のクローンについてテーマになっている。ドラマ化もされているようだ。グロも結構あり、筆者としては趣味ではないのだが、10年くらい前に会った女性で読んでいる人がいて、名前を知ったので読んでしまったという感じだ。彼女は心の闇が強かったが、筆者によって晴れた部分があると考えている。


奴隷前線というブログがあり、大嘘つきに過ぎないコブラ解放に関しては信じて迷走しているが、オバマに関しては面白いのでリンクしておく。オバマ・クローン説

ところで、悪人の大量逮捕があるとして、世界中の人の名前リストが出回っているが、もちろんデマ。また、逮捕が実現しても、表舞台に立っている肝心な人達がリストに載っていない。ちゃんと大富豪総帥とか王様とか法皇・皇帝が拘束されて、更にそのバックにいる、闇法皇(謎)、闇皇帝(謎)も処されてやっと納得できるのだ。恐らく、リストに載っているのは、大富豪総帥に任命された大銀行の頭取や大会社を任された程度の雇われ人だ。リストに関し、1つのトリックとしては、たくさん人名を挙げておけば、1人くらいは逮捕されるかも知れない。そして、その1人を根拠に「大量逮捕が始まった! 新時代の到来☆」みたいな詐偽を仕掛けられるというわけだ。

ちなみに、デマだらけのベンジャミン・Fによる大量逮捕説は、総理クラスの悪人を次々逮捕し、君主と共に素晴らしい新時代を築くみたいな、笑わせてもらえる内容だ。もちろん、それすら実現していない。予め「野々村、猪瀬、小渕」がリストにある宣言しておけば、騙された人は増えた事だろう。また、ベンジャミン・Fが爬虫類人だという海外のムービーが結構あるようだ、そして、最近のベンジャミン・Fは、目のシェイプシフトを知られたくないのか、サングラスを掛けている。動画サイトで「Fulford Reptilian」で検索してみよう。ちなみに画像検索でReptilianだけだと、いきなりオバマ(笑)  真実追究系でプーチンを信じている人もいるが、もちろんプーチンの画像も見つかるし、当ブログとしてはプーチンなんて信じていない。


夢の話に戻す。存命の有名人の一方、夢の中でイエスに会ったとかブッダに会ったとか語る人もいる。ブッダは実在の人物だと考えているが、イエスは空想の人物だ。実はいなかった聖徳太子と変わりないのだ。他にも、深くは調査してないがモーゼも存在しなかったらしい。


超意識の世界では、皆は繋がっているのだが、そのエリアでは、全く関係の無い精神体が、大統領や陛下として登場する事があり得るし、いない存在・イエスですら自分で作り出す事ができるのだ。

もっと分かりやすい例を挙げる。アニメファンだとアニメキャラクターが夢の中に出てくる事がある。はてさて? そんなキャラクターとコミュニケーションできたのだろうか? この場合には、むしろ、アニメ好きの想念の集合体と関わっている事もあり得る。しかしながら、そもそも存在しないのだから、本来のアニメキャラの人格と繋がったわけではない。実際にいるかは別として夢には登場してしまうわけで、当然、歴史上の人物なんてのも本物に繋がるわけではないのだ。

ホリエモンが登場した本日の夢は、どんな内容だったかと言うと、自宅勤務の筆者のパソコンを監視するソフトを、上司のホリエモンが仕込ませたみたいな感じだ。しかも、筆者の家にコッソリ上がり込んで、監視ソフトをインストールしたという示唆があった。以前の夢では、牢獄を調査に行った筆者が、ホリエモンに牢獄を案内してもらうも、いつの間にかいなくなっているみたいな感じだった。なお、牢獄と言っても、学校みたいな教室があり、学校と牢獄では交差する部分が大きいという示唆と言えよう。

筆者はホリエモンよりも年下なので宜しく。というわけで、筆者が会ったホリエモンというのは、筆者の中に存在するホリエモンのイメージであって、ホリエモンそのものではないと言える。根拠の候補としては、ホリエモンに「今朝、夢で会った?」と聞いても、「会ってないよ」と返るはずだからだ。

テーマとは無関係だが、火星が爆発し、破壊されたとかいう情報が流れている。破壊といっても消滅してはいない。今の所、情報が少ないのでコメントできないが、状況を把握次第、語ろうと思う。火星に爬虫類人がいて、麻薬ならば彼らに対抗できるという映画・ゴーストオブマーズの話はこちら。また、同じ監督がゼイリブを作っている事も把握して貰いたい。

10月に放映されたサザエさんでは、磯野家が鹿児島旅行をして種子島に行き、火星移住計画の話までしているようだ。まあ、アニメのストーリーを作る人やテレビ局の上部の人間は、原則、魔法結社・呪術結社の人間なので、火星の秘密くらいは知らされている事だろう。

アイテムの購入に関し、楽天の会員の人は楽天からどうぞ。魔術グッズも揃い、食用金箔(覚醒に結び付く)も購入できる。


関連記事
変性意識から得た労働問題(ブラック企業)の原因
幸せとは何なのかを昼寝中に思った
夢日記~エレベーターの意味
変性意識からシナリオが降臨した

堀江貴文氏の「東大以外は無駄」発言

クローン人間はいるのか?
サナンダがコブラやサルーサを叩く!~吸血鬼同士はライバル……クローンの話も
支配層に逮捕状? ローマ教皇や英王室~世界統一政府の布石……オバマ来日の話も

テーマ : 夢日記
ジャンル :

北陸新幹線~ストロー効果は吸引の魔術~金沢市の運命は?

北陸新幹線が来年3月に開通し、東京駅から大宮、長野を通り、日本海側・石川県金沢市・金沢駅に到達できるようになる。つい先日、金沢交流会を実施しており、筆者は金沢駅を見てきた所だ。自動改札は無かったが、新幹線が来た時に新幹線の出入口には設置される事だろう。金沢駅には大門(鼓門)があるのだが、イシュタル門の象徴だ。そして、空から見ると子宮の形をしたドームが天井を覆っている。門の方から見るとドームは目の形に見える。子宮からの出入口が鼓門で、金沢駅も既に魔法結社の女神イシュタルの空間というわけだ。男性器の象徴になりそうなビルや塔が見当たらないのだが……。全日空ホテルじゃ向かう角度(爆)が悪いし。カバラではなく仏教の呪術系で女性器を象っているのかも知れない。いや、尖塔はこれからできるだけかな。同時にできたら、何か気づく人も現れるだろうし。なお、金沢駅の裏には訳の分からないユダヤのオブジェ(モニュメント)が存在する。

ちなみに、北陸というのは、西から福井、石川、富山の事で、新潟は入らない。新潟は甲信越と呼ばれる。甲斐(山梨)、信濃(長野)、越後(新潟)の事だ。

新幹線の弊害として、ストロー効果があると言われる。イメージとしては、駅のある町(ストローの口がある部分)は栄えるが、その他の町は廃れるみたいな感じだった。しかし、そもそものストローとは、吸引が目的ではあるまいか。要するに、東京に金沢や富山などが吸われるというわけだ。そして、吸うために新幹線を造ったと言える。

格好いいと言えば格好いいのだが、要するに大蛇がデザインで、顔はレプティリアンって事でいいかな。

以前から筆者には疑問(ほぼ解決)があった。人口と高層ビルの関係だ。金沢市の人口は46万人、大阪市は266万人で、約6倍としよう。ここで、金沢市には高層ビルなんてまずなく、駅前の全日空ホテルくらいだ。しかし、そのビルと同等以上のビルが、大阪市には数え切れないくらいある。6倍の規模のはずなのに、高層ビルの数や繁華街の規模は6倍では到底収まらないというわけだ。当ブログでは、その理由を「他の地域から吸った分だけビルが高くなり、繁華街の規模が大きくなる」としている。

記事テーマとは外れるが、日本で最も大きなビル街はどこだろうか? 新宿、渋谷、それとも銀座? 実は大阪の梅田なのだ。東京には幾つものビル街がある。ある意味、分散しているのだ。しかし、エリアの規模だけを見ると、新宿や銀座よりも梅田の方が密集している。東京のテレビとかで報道される大阪は、多くの場合、ミナミ(難波・心斎橋・道頓堀)だが、実は大阪では2番目となる。東京以上のビル街が大阪に存在する事を隠す目的で、大阪のイメージとしての梅田は放映を控えているのではあるまいか? 大阪のイメージとして道頓堀のグリコのネオンがよく紹介されるが、それ以上の梅田というエリアがあるのだ。ちなみに、筆者は梅田にも今年、交流会で出向いた。筆者の利用する駅からは1本で行ける。

るるぶ梅田はあるが、るるぶ新宿はないのだ。ビル街というのは、繁華街というより、都会という言葉のイメージが強い。実は日本一の都会的な街は大阪にあったというわけだ。梅田の再開発によって、いつの間にか新宿は抜かれていたという事になる。梅田の魔導師達が新宿を抜く事を目標としていたから実現できたと言えよう。
梅田の画像はこちらこちら。梅田なんて知名すら東京ではほとんど知られておらず、隠されていたとも言える。名古屋からの近鉄列車でも、梅田は通らず難波へ到着してしまう。新幹線はもちろん梅田は通らず新大阪だ。ちなみに、梅田は川に囲まれている地形で、地図を見ただけでは、到底、あの場所を中心街にする気にはなれない。淀川のパワーが集結するスポットではなかろうか。

日本一高いビル(テレビ塔を除く)だと、大阪市の「あべのハルカス」となり、東京ではない。まあ、あべのハルカスができる前も、横浜のランドマークタワーが1番だったが。

現在は横浜のランドマークが2位で、3位も4位も大阪にある。大阪を田舎都市だと思っていた東京人は、考えを改めてもらいたい。5位6位と来れば東京が出てくるが、7位8位は今度は名古屋になる。

北陸の話に戻す。実は日本の都道府県で、東京からの直通列車や飛行機便の無い県が1つだけある。その名は福井県だ。石川県の隣にあるが、来春、北陸新幹線ができても、それでも直接行く事はできない。乗り換えが必要というわけだ。なお、高速バスは除く。福井はある意味、東京の黒魔導師達から最も遠い場所なのだ。札幌や那覇ですら、羽田からすぐだ。しかし、羽田から福井に行く事はできない。地図で見ると実は近いのだが、波動的に遠い場所なのだ。印象的に遠いという状況は波動の違いといえる。ちなみに福井で一番高い建物は、なんとお寺の五重塔(爆) ただし、2年先には福井駅直通の90メートルのマンションが建つ。また、日本一の高さとなる五重塔だ。

福井県は人口ではビリから5番目となるものの、人口密度では上から31番目となる。他に田舎はいくらでもあるわけだ。福井県嶺北を行き来する人に北陸新幹線情報。東京駅を往復する事を前提とする。北陸新幹線を使わせるような企画切符ができ、多くの場合、金沢駅で乗り換えて、目的地へ行く事になろう。列車は金沢が始発になるので、自由席の人が米原駅(新幹線の停まる乗換駅)のように走らなくていいはずだ(笑) 到着までの時間は北陸新幹線の方がほんの少し短い。ただし、品川が目的ならば東海道新幹線が適当となる。2025年には、福井へも北陸新幹線が繋がる計画のようだが、2027年にはリニア新幹線が東京・名古屋で結ばれる。となると、名古屋に出てから行き来した方が、断然に早い事になる。いずれにしても、福井は東京からは遠い街になりそうだ。まあ。その頃の東京が(原発事故)以前の延長にあるかと言えば疑問だが。

北陸新幹線ができるまでは、金沢へも直通列車は存在しない(夜間急行も無くなった)。一方、大阪とは特急サンダーバードという新幹線以外では速い列車で結ばれていて、今までは北陸は大阪に吸われていたのだ。そのエネルギーを東京(の魔導師)へ流れるように仕向けるのが北陸新幹線と言えよう。

金沢駅の時刻表を見ると分かるのだが、実は特急がほとんどで、普通列車(各駅・鈍行)の方が少ないくらいだ。特急には運賃に準ずるくらいの特急料金が掛かり、実質、普通列車の2倍くらいの代金が必要となる。都会の私鉄では無料特急というのもあるが、JR特急はすべて有料となる。なお、快速なんて列車は存在しない(爆) 駅を飛ばせるのは全部が特急というわけだ。

東京に繋がる新幹線ができると、原則は東京に吸われる事になる。ただ、新幹線ができて発展した例があり、それが博多駅のある福岡市だ。まさか東京から逆ストロー? いいや、勘違いしてはいけないので、次のように説明する。まず、博多に新幹線ができるまでは、企業の九州支店というのは、熊本に集中していた。どうせ羽田(東京)から飛行機に乗るのならば、福岡でも熊本でも変わらないからだ。また、福岡では南の方に遠いので、間に位置する熊本が適当だったのだ。しかし、新幹線が博多に通じる事により、九州支店は福岡市にできる事が多くなったのだ。熊本から移転した例もあろう。つまり、福岡市の発展は、九州の他の地域から吸った結果と言える。東京へ吸われる分よりも、九州内から吸う分が大きかったのだ。九州新幹線ができ、レール上は東京と鹿児島とは繋がったのだが、直通便は無い。九州行は博多までとなる。ちなみに、福岡へは今年行った

観光で金沢へ行くならば、新幹線の開通の前に行こう(笑) その方が外人も含めて人が少なくてゆったりできる。東京や大宮、高崎からは、上越新幹線の越後湯沢駅で乗り換えた特急はくたかで到着する。名古屋からは特急しらさぎで直通となる。京都・大阪からは、既に述べた特急サンダーバードとなる。横浜、静岡辺りの人は東海道新幹線ひかりを利用し、名古屋や米原で乗り換え。


北陸新幹線ができると、やはり金沢・富山のエネルギーは東京へ流れる事になる。金沢市は福岡市のようにはならない。元々、北陸に支店があるならば金沢市なので、北陸内の他の町から吸う事はできないのだ。


もう1つ忘れてはならないのは放射能だ。以前の東京ならばともかく、今の東京は放射能という呪いが掛かっているので、以前のような吸引は無理だと考えている。放射能が呪いだという話は関連記事で。

アイテムの購入に関し、楽天の会員の人は楽天からどうぞ。魔術グッズも揃い、食用金箔(覚醒に結び付く)も購入できる。


関連記事
放射能は呪い!?~日帰りクエスト1

テーマ : 石川県の情報♪
ジャンル : 地域情報

浦島太郎は爬虫類女と交わる物語

筆者にとっての浦島太郎は、爬虫類人の巣窟(低層四次元)に迷い込んだ男が、時の流れを忘れて過ごすみたいなイメージでいた。竜宮城の乙姫はもちろん爬虫類人の女だし、ボコボコにされていたので助けた亀も爬虫類人というわけだ。竜宮城ではごちそうが出たり、美しい女達の踊りが見られたわけだが、冷静に考えると、大勢の若い女達のいる宮殿に若い男がいて、踊りを見ていただけのはずもない。踊りの後は当然のようにセックスがあったというわけだ。

「世にも恐ろしい日本昔話」というキーワードでムービーを見て貰いたい。

なお、第1話「猿蟹合戦」、第2話「かちかち山」となっているので、多忙な人は34:00辺りからとなる第3話の「浦島太郎」だけにするとよい。特に第2話「かちかち山」は胸糞悪いので、見ない方がいい。この言葉で逆に見たくなる人もいるだろうが、この場で忠告しないのも無防備なので忠告しておく。

ムービーは見ない人のために浦島太郎の粗筋を語る。

1.太郎が女遊びのために町に出る。海に出たというのは、一緒に住むお母さんへの言い訳。

2.町で絡まれる女を助ける。最初は美女に見えたが、シェイプシフトに過ぎず、本当の顔はやや妖怪。導かれるままに宮殿へ。

3.妖しい薬を吸い、太郎はトリップする。

4.美しい女達と次々と交わる(恐らく半妖の爬虫類女達)

5.薬で重度の症状になった時に、純・爬虫類女の龍姫が登場。

6.純・爬虫類女の正体を見抜けず激しいセックス。

7.太郎の身体も老いてボロボロになった時に、なんとか逃げ出せる。

8.何十年も経過しており、家は廃墟で、見知った者はいない。

龍姫は妊娠する。物語では語られていないが、生まれた子供は宮殿に仕える者や、他への出張者になるのだろう。

爬虫類人がいるのだとすれば、当然、おとぎ話の世界でも爬虫類人は登場するわけで、その事実を隠しつつ、子供向けの童話になっている話もあるというわけだ。

3冊目は皇室・皇族の高山長房氏が書いている。爬虫類人が嘘だとすれば、自分達を龍(宇宙由来の人外)の一族だと語る事は矛盾する。言い換えると、高山氏は自分の主人たる君主の正体に対して滅茶苦茶な事は語れない。よって、爬虫類人の話は本物というわけだ。「ドラコニアンが善というのは作り話だから、高山氏も嘘つき」みたいな主張もネットにはある。が、爬虫類人の存在と、誰がその爬虫類人なのかという話をしている以上、善かどうかで誘導があっても許容範囲と言える。要するに、ここまでの真相に辿り着いた人は、その辺りの真実くらいは見抜けるはずというわけだ。

今回のムービーは残念ながら、ビデオテープでの商品しか見当たらない。


似たようなのは色々あるが。


化け物の異性と交わるシーンで思い浮かぶのが、映画ゼイリブだ。物語終盤、宇宙人を相手にしていた娼婦が出、男の正体が化け物だとバレるシーンがある。レビューを見ると社会風刺だと思い込んでいる人が多数派だ。爬虫類人や宇宙人の真相を知れば、まさに真実だという事が分かるのに……。


アイテムの購入に関し、楽天の会員の人は楽天からどうぞ。魔術グッズも揃い、食用金箔(覚醒に結び付く)も購入できる。


関連記事
ヴァンパイア=爬虫類人=妖怪~現実に存在するから漫画やゲームに登場する

有名アニメ、最近の傾向は爬虫類人と吸血鬼

会社で出世しやすい人は爬虫類人?!~ゼイリブから分かる事

スーパーマリオブラザーズは性ゲームだった?……浦島太郎とは別の分野。全世界で知名度が高いスーパーマリオ、結局、爬虫類人の物語だった。世界的に見れば浦島太郎よりも有名かも。

テーマ : 妖怪&日本の民俗
ジャンル :

赤と緑~コントラストの魔法

本日は色のマジックの話。カラーコーディネーターとして色彩学を学んだり、医学的に視覚・色覚を学んだ人にとっては、術だとは認識できない基本だろうが述べたい。コントラストというのは、視覚的な特徴の差の事となる。

実は赤と緑というのは、同時に見ると調和する色で、脳に特別な刺激を与えるのだ。赤と緑とは補色の関係にある。ずーっと緑を見ていて、急に白を見ると、実は白が赤っぽく見える。同様に、赤を見ていて、急に白を見ると緑に見える。

赤と緑の例を挙げてゆこう。

カップ麺・赤いきつねと緑のたぬきは多くの人が認知できるだろう。蓋を開けて見ても、別に赤くもないし緑でもない。また、赤いきつねだけ、緑のたぬきだけが登場しても、何の変哲もない。色の組み合わせ自体に意味があるのだ。買わせるためだけの色と言える。


以前にスーパーマリオブラザーズの話をした。マリオは赤が、ルイージは緑がトレードカラーとなる。筆者が子供の頃にやっていたテレビ番組のひらけポンキッキでは、爬虫類人のガチャピンが緑、雪男のムックが赤だ。


爬虫類人がガンガン登場するゲーム・ファイアーエムブレムシリーズでも、騎士の鎧の色は赤緑にこだわっている。ポケモンはあまり知らないが、パッケージが赤緑だったり、レッドとグリーンという登場人物がいるようだ。


黒子のバスケでも、赤と緑の主要キャラが登場する。実は筆者は見ていないので解説できないが、多分ライバルだと思われる。


調べてゆくと、同人ゲーム(アマチュアが自分の好きな通りに作るゲーム)の東方プロジェクトの登場キャラも赤緑を押さえているようだ。東方プロジェクトというのは、何度調べてもテーマがなんなのか理解できないのだが、要するに魔導師がやっているから、その世界では絶大な知名度と言える。ちなみに、マイナーな世界があり、その世界内でメジャーという状況は、マイナーメジャーと言われる。

アマゾンに色々とグッズがある事から、アマチュアが同人世界でヒットしたとか、そんなレベルの話ではない事は理解できるだろう。また、アマチュアと言っても、このレベルになると収入は絶大で、会社組織になっている事が通常だ。同人と商業・メジャーとは何が違うのか述べると、どこまで行っても同人としか扱われない待遇と、メジャー企業という理由でガンガン宣伝される待遇との違いと言える。つまり、面白さとか魅力に差があるのではなく、バックの資本に差があると言える。また、流通のルートや関わる企業・店舗に違いがあるのだ。

なお、正式なプロの定義は「その業種が収入の主体となっている」だ。例えば、フリーターの絵描きがいるとして、1年で絵の収入が100万円で、フリーターとして90万円だったら、実はその人はプロの絵描きなのだ。よって、同人=アマチュアとは限らず、同人の企業もあればプロもいるという話になる。一方、企業に所属しているスポーツ選手がいるとして、サラリーが400万円で、スポーツ報酬が300万円だったら、その人はプロの選手ではない。色の話ではなくなっているが。

募金は赤い羽根に対して、緑の羽根なんてのがある。両方が調和しているように思えるわけだ。まあ、この場合の赤は血の色だろう。医療の赤十字に対して、安全の緑十字ってのもある。
占星術や魔術での赤は、情熱の象徴で火星の意味があり、数秘術は1。緑は癒やしや慈しみの象徴で金星の意味があるという事で。ルシファー(Lucifer)の象徴は金星だが、スーパーマリオのルイージ(Luigi)がルシファーの愛称だという証拠が積み上がった。

あれれー、どっかのブログで、よく広告になっている本だぞー。

赤緑の話で、この本が出るのは当ブログのみ!

関連記事
音楽は宗教、音楽は魔法……音楽を作る人で、当ブログに噛み付いた愚かな人がいて、魔法を嫌うも、自分のブランドのロゴがホルスの目で23という数秘魔術だった。

テーマ : まあいろいろ
ジャンル :

忍者漫画の作者はクノイチ! 魔道漫画の作者は魔導師に決まり

まずは読者のコメントより。
忍者の漫画で「落第忍者乱太郎」というのがあるんですが、
ファンの感想等を某掲示板やブログで見ていると
とても詳しいとうたう大人の読む様な忍者の書籍でも、
落第忍者乱太郎の読者からすると、
もう知ってる忍術ばかり、
おまけに漫画の方がそれ以外ももっと教えてくれてる。
…と、物足りなさを語っていたのを見た事があります。
この漫画の作者は恐らく忍者の知識にかけては漫画界で一番なのではないかと噂されていて、
おまけに作者自身が忍者屋敷に住むくのいちなんだそうです。
ギャグ漫画で読みやすいです。

落第忍者乱太郎は、コミック初期を部分的に見た事はあるが内容はほとんど覚えていない。アニメでは忍たま乱太郎というタイトルになる。なんと連載は30年近くになる。忍者ハットリ君も有名だが、年期はまるで違う。

読者コメントのポイントとしては、忍者漫画を描けるような人は、本人が忍者だからというわけだ。本人が忍者という場合、本来は門外不出の情報も、ネタに困った時にコッソリと使ってしまったりと、なんでもありなのだ。少なくとも、漫画の題材にするために、単に絵がうまい人が忍者の本で勉強して、忍者の物語を作っているのではない。本物の忍者で絵のうまい人、物語の構成力のある人が漫画を描いているからこそ、人気が出るのだ。

当ブログでは次もよく語っているが、物語の作者というのは、原則は自分の信じている世界しか描く事はできない。例えば、イエスを信じていない人が、イエスの物語を書けるはずもない。依頼で無理に書いても作者はストレスだし、読者は呆れるだけというわけだ。そもそも、信じていない人が自発的に書くはずも無く、依頼される事も無い。忍者の物語を書くという状況は、忍者を信じているから成立する。忍者や忍術が存在する事を信じていなければ、無理に描いても破綻してしまうのだ。成る程、本人が忍者ならば当然、忍者や忍術の存在は確信しており、見事に説得力のある人気作品に仕上げたというわけだ。


同様に魔法の物語も、魔導師の中で漫画を描く事に興味のある人、物語を作るのに興味がある人が作品にして人気を集めていると言える。作者が魔導師だから魔導師の物語が書けるという話は以前からしていたが、別の角度からも証明されたというわけだ。読者もお奨めの「とある魔術の禁書目録インデックス」には参った。もし、これが事実だとすると、あまりにも……みたいな表現が結構ある。魔導師には耳が痛い話だ。具体的な内容は、当ブログですら語る事ができないので、気になったら読んで貰いたい。また、当ブログで語るような話も、創作の話の振りをして一部が語られている。


それにしても、スクエニのコミックには魔術的には過激なのが多い。メジャーである集英社のワンピース、ナルト、小学館の名探偵コナンには対抗できないので、魔術を全面的に打ち出す事で、視聴者や読者を、有名作品よりも遥かに強い術に掛ける方針のようだ。以前に話した鋼の錬金術師も、スクエニとなる。ヴァンパイア十字界は、まだ記事にしていないが、ヴァンパイアのルーツが月にあるとか、現代でもひっそりと息づいていながら、世界を動かせるとか現実に沿った話だった。

ちなみに、ナルトも忍者の漫画だが、作者は呪術師か妖術師だと考えられる。666・999の曲玉が作品内に現れる。蛇人が登場したり、異次元の存在に憑依された主人公が爬虫類瞳になったりする。

なお、筆者もシナリオライターなので、忍者について最低限は研究している。クノイチというのは実は下っ端で、男忍者のしもべのような存在。性的に手なずけられ、何でも言う事を聞く。女忍者とは一人前の忍者で、女忍者とクノイチとは違うのだ。まあ、一般人に説明する場合には、通念として女の忍者の事をクノイチと呼んだ方が印象的だろう。落第忍者乱太郎やナルトは、あくまで子供向けの作品なので、いかにネタに困ってもクノイチが男忍者の性奴隷みたいな話はできない。リアルさの追求では、アダルト(爆)がうわ手なのだ。話した事はあると思うが、アダルトアニメだろうが、アダルトゲームだろうが市販品を作っている人は、ほぼ全員が魔導師。進撃の巨人も元ネタはアダルトゲームだったと、作者がパクリを自白している。記事テーマとは離れる余談だが、どう考えてもアニメで200話以上テレビ放映された真島ヒロ氏のフェアリーテイルこそが講談社の筆頭のはずなのに、アニメで僅か25話の進撃の巨人がお菓子の袋とかに印刷されているのは異常だ。進撃の巨人の作者が、特別に優遇されている事は間違いない。


創作物に限らず、「忍者の研究」みたいな事をやって本を書いたりしている人は、文献を漁って纏めているというより、本人が忍者で、物書きが好きで、身近にある文献を纏めて本を書いてると考えて差し支えなかろう。

以前に「図解近代魔術」という本を紹介したが、平然と「某秘密結社は魔法を実施しています」みたいに書かれていた。当人にはあまりに当たり前なので、まさか大衆が知らないとは思いも寄らなかったのだろう。魔術師だからこそ、魔術の解説本を書けるのだ、秘密結社=魔法結社=本当に魔法があるからみんなは所属している……という重大な事実が、あまりにもあっさりと記されているのだ。当ブログでは何度も語ったが、秘密結社の歴史、所属者、配下の企業、本部や支部の場所などばかり語って秘密結社の秘密を暴いたとする情報は偽りだ。なお、当ブログでは、この本を読むまでもなく、秘密結社=魔法結社の話をしていた。事後にこの本を知ったのだ。

ネットの情報に、「世界的にも有名な芸術家が某秘密結社に入会していたものの、本人は結社を好きではなかった」みたいなのもあるがデマ。そもそも、秘密結社で能力を開発してもらったからこそ芸術の分野で作品を残せるのだ。秘密結社に入会しなければ、誰にも相手にされない芸術を作る羽目になるか、そもそもマトモな作品を1つも作れない。まあ、結社の他のメンバーが嫌いとか、その嫌な人がやっている事や思想が嫌いという事はあろう。

本記事では、探偵の物語を書いている人が探偵とは限らないという次元の話をしているのではない。また、忍者ハットリ君の作者は忍者ではなく魔導師だ。それそのものでは成立しない職業、要するに忍者や魔法使いのように職業だけでは成立しにくい場合、本を書いている人達こそが、その手の職業と言えるわけだ。また、探偵の本を書いているような人は、やはり探偵をやっていたから書けると言えよう。特に魔法使いならば職業が分かりやすく、「各業界でトップを飾る人達」が魔法使いだと思えばいい。なお、魔術師ではなく、陰陽師[おんみょうじ]のような妖術師もいるだろうが、同じくくりだとしてもらいたい。


妖術師から見たら忍者は家来なのかも知れないが、忍者そのものは、庶民よりはずっと上の身分だと思って貰いたい。伊藤博文が下忍(忍者の下層)という話は聞いた事があるだろう。手柄によってランクがアップしたとしても、そんな人が総理大臣になれるのだ。つまり、現代でも総理よりも上の身分というのがあるわけだ。ネットの情報で総理大臣を最高権力者とする情報は、全てインチキか愚なので認識して貰いたい。

ところで、当ブログには広告が結構あるが、原則は文脈に沿わせているつもりだ。結果的に「欲しくなった品物が、すぐに購入できて便利でありがたい」と語る人まで現れる。例えば、ゴールド・シルバー・プラチナや食用金箔を買うなんて芸当は、調査しないと実施しにくい。しかし、広告でポンとあれば、「こんなに簡単に買えるんだ」となるわけだ。また、筆者としては、ネットで拾った画像を使うのは最小限にしたいし、ゲーム・アニメがテーマの場合、広告に付随する画像自体がブログの見た目や雰囲気を良くするので広告を導入している。恐らく当ブログを知らない人だろうが、「自分の広告を貼ってるブログの情報は信じられない」みたいな人もいるが、真を見抜く目を養って貰いたい。筆者が見た所、広告を貼っている嘘つきブログもあれば、広告の無い嘘つきブログもある。なお、真実を発信しているブログで、ある程度の人気のある所なんて(当ブログくらいしか)存在しないので、「広告を貼っているブログは信用できない」と勘違いしてしまうのも一応の納得はできる。だって、そもそも(オカルトや大富豪の域にまで到達した真相を看板にしつつ)真実を発信しているブログ自体を発見する事が難しいからだ。社会問題や権力、大企業の不正程度のテーマで正論という事はあれど、本質を突いているわけではないし。

さて、独立記事にはしないが皆既月食について。先日の夜は、皆既月食が見られた。筆者のレギュラータイプのデジカメ(安物ではないが、スーパームーンは光しか撮れなかったと以前に語った)で色々とやったら、撮れない事もなかった。実は筆者がカメラの機能を使いこなしてなかった事が判明したのだ(笑) 写真はアップしない。理由としては、ツイッターを含むあちこちのサイトでアップされてるからだ。それよりも話したいのは、当日の朝から体調が悪かった。蚊にも刺されていて、その蚊が筆者の部屋にある水晶に止まっていた。月食の頃には体調はそれなりに戻っていたつもりだったが、野外で月食を撮影後にはゾクゾクし出し、熱も平熱よりは高くなり、おかしな状況だった。筆者は体調不良という事があまり無い。よって、風邪みたいな症状とはいえ、そんな容態になるという事は余程の事で驚いてしまうくらいなのだ。

いつもと違った自分に出会えた人も、読者の中にはいるようだ。


アイテムの購入に関し、楽天の会員の人は楽天からどうぞ。魔術グッズも揃い、食用金箔(覚醒に結び付く)も購入できる。


関連記事
鋼の錬金術師~錬金術とは科学という魔法

フェアリーテイル(真島ヒロ)~ドラゴンの魔力を秘めた物語

巨人の足跡~進撃の巨人の世界

テーマ : 魔法・魔術
ジャンル :

起きた確率と起きる確率の違い~進化論とホモ・カペンシス

先週は金沢交流会を開いた。金沢へ行くまでにひらめいた事をメモしていたのだが、起きた確率と起きる確率とをバッチリ把握する事が、世の中の深層を見抜く手段になると考えた。

以前に「爬虫類的宇宙人はいない。理由としては、サルから進化したホモ・カペンシスという地球産の別人類が世界の支配者というだけだからだ」みたいな迷走者が当ブログに乗り込んできた事がある。当ブログの結論としては「爬虫類的宇宙人が地球に適応して人類を創造する可能性だけを懸命に考えているから迷走する」みたいな話だった。この話からもう少し突き詰めると、起きる確率と起きた確率の話になるのだ。

例えば、名古屋という知名がある。3文字の都市名は少数派で、しかもある町が名古屋なんて名前になる確率にスポットを当てて計算しても、相当にゼロに近くなってしまう。起きる確率に注目すると、愛知県の都市名が名古屋になる可能性を見いだせないわけだ。ここで、名古屋城という建造物が、ある地域に存在したとしよう。その都市名が名古屋になる確率は一気に跳ね上がる。つまり、これが起きた確率というわけだ。数学の用語を知っているならば、起きた確率というのは「条件付き確率」のニュアンスを取り入れると理解が深まる。用語を把握していない場合には、用語の話は飛ばしてもらいたい。

起きる確率と起きた確率とを爬虫類人の存在に当てはめる。宇宙人が爬虫類的な姿になる確率や、その宇宙人が地球に適応して、しかも地球人を創造せねばならない確率なんてのに注目してもゼロに近くなってしまう。理由としては、起きる確率を計算しているからだ。しかし、地球のあらゆる地域で龍蛇が崇められていて、しかも現代の宗教が龍蛇を奉り、支配者達がこぞって崇拝しているという現状がある。ゲーム・アニメでも、ことごとく龍蛇や爬虫類人が登場する。これらの事実がある場合に、起きた確率を計算すれば、爬虫類的宇宙人の存在を見いだせるわけだ。


もう一度、確率を考えてみよう。「世界の支配者がサルから進化した存在に過ぎないのに各地の遺跡に龍蛇神だらけの確率、支配層が崇拝する確率、クリエーターがネタにする確率」……そんな確率はゼロというわけだ。そして、人類の支配者・爬虫類人(ヴァンパイア)によって、「サルから進化した別の人類・ホモカペンシスが支配者だ」みたいなインチキを伝えられる確率は相当に跳ね上がる。

当ブログに来れる素質があるのならば、起きる確率と起きた確率の違いをバッチリ把握したい。なお、当ブログよりも明らかに真実から遠いのに真実系を主張し、当ブログよりも断然にアクセスが集まるブログもある。多くの人は、そんなブログに集まる、その程度の水準でしかないのだ。当ブログに来れる人は、そういう人達よりも鋭い目を持っているのだ。

なお、ヒトの誕生に関して「進化論が起きた確率」を使おうとする愚者もいるが、使い方が誤っている。存在する事実というのは、サルからヒトの間に位置するはずの個体が全く古代にも現在にもいない事。原人、猿人とされている骨は捏造である事などだ。進化論が嘘の場合に、そういう捏造が起きる確率はほぼ100%。政治経済歴史などで大衆を偽る世界の支配層が人類のルーツを偽る可能性もほぼ100%となる。もちろん、進化論やついでに創造論(神が土くれからぽっと造った)も嘘である確率は100%というわけだ。ここで、進化学者や考古学者の上層は、爬虫類人が地球の支配者だと知りつつ、それを隠すのが仕事で魔導師となる。下っ端は、その魔法に引っかかり、あたかも学説が正しいかのように騙されて、研究を進める哀れな者達だ。まあ、給料貰えるならば、何でもいいんだろうが。

さて、記事テーマとは異なるが、明日の夜は皆既月食なので、晴れる地域の人は観測するといいだろう。月というのは、高次元の人工機械で、地球人を三次元空間に閉じ込めるような波動の発生装置だ。そして、そのエネルギーは土星を経由して外宇宙から取り入れている。五芒星(ペンタグラム)というのは、土星の象徴となる。スーパーマリオのスターもそうだ。

魔導師だけが、月の幻を打ち破ったり、月に翻弄される大衆を掌握できるのだ。

アイテムの購入に関し、楽天の会員の人は楽天からどうぞ。魔術グッズも揃い、食用金箔(覚醒に結び付く)も購入できる。


関連記事
スーパームーンの満月~月は人工機械

宇宙人を信じられないコメント紹介~ホモ・カペンシス説の破綻

スーパーマリオブラザーズは性ゲームだった? 秘められた魔道……マリオは実は25歳という設定のようだ。この若さならば、ピーチという女性器の象徴を求めて旅するのも納得と言える。

小保方晴子氏が「魔術」を使う事を危惧!……科学者とは魔法使いの事。そもそも、錬金術という魔術が科学の発端。

テーマ : 怪奇・超常現象
ジャンル :

金沢交流会実施~妖術師の集団が大臣達に

実は今週は金沢で交流会を実施した。ブログでは一切の案内はせず、メールで段取りを設定した。

金沢交流会といっても、参加した人は、もっと田舎町に住んでいて、金沢ですら都会で緊張するみたいな話だった。しかも、その人は、東京や大阪の町中を歩いた事は無いそうだ。東京都や大阪府に行ったといっても、ディズニーテーマパークとなる。そんな人だったが、会ってからは緊張せずに会話できた。

金沢駅には、いまだに自動改札は無い。駅員が切符にハンコを捺して、回収するのだ。多分、北陸線の全駅は手動改札+無人改札なのだろう。もちろん、携帯で清算とかチャージとか、そんな概念は無い(笑) 金沢周辺は、個人携帯で乗り降り歴を登録されるような地域ではないというわけだ。一方、普通列車の扉は、ボタンを押して開けるシステムとなっている。筆者は都会の電車のつもりで、先頭なのに開け忘れて、他の人が開けるという始末だった。閑散の駅では誰も乗り降りが無いので、空調の観点から、自分でボタン押して開けるというわけだ。

さて、今回はシッカリとレポートを書いておこう。
主題は2つあり、「妖術師の集団が大臣達に」と「国からお金を貰う組織は架空計上が仕事」だ。

交流会で会った人は、国からお金を貰う福祉施設で働いていた。しかし、げんなりして辞めたそうだ。福祉施設なので、介護が必要な人と接する事が常となり、さぞかし、げんなりするような仕事なのかと思いきや、その人が凹んだ理由は他にあった。なんと架空の経費を計上し、その企画・名目を考えたり、あたかも実施したかのように報告書を提出するのが仕事だったのだ。もちろん、本来の福祉の仕事をした上で、実施していない福祉企画やレポートを上げるという感じだ。つまり、助けてあげたい被介護者をダシにお金を稼ぐような仕事に対して愕然としたというわけだ。もちろん、架空の企画に対し、国や自治体は「このような素晴らしい福祉を実施している」のように宣伝する。

ここで想定できるのは、公務員に限らず、国からお金を貰う組織の多くが、架空経費を上げるのが仕事だというわけだ。なお、筆者としては、そんな正義感は持ち合わせておらず、柔軟に「これが俺の食い扶持か」のように納得し、架空経費そのもので凹む事は無い。国家や自治体には予算というのがあるわけで、架空でも経費を計上しないと、お金の割り当てが次から減ってしまう。なんでもいいから経費を上げねばならないわけで、その点では納得はしている。あくまで、自分がそういう美味しい立場にいないから受け入れきれないだけの話だ。

また、筆者がサラリーマンの時代にも、会社内でそういう事はあった。例えば、ある部署が割り当てられた予算を使い切れそうになかった。しかし、経費を上げないと、次の年からは減らされてしまう。仕方ないので部長が机やイスを新しくしたみたいな成り行きだ。別にその部長の給料自体は変わらないのに、必要の無い物品を買ったというわけだ。その延長が公費に対する架空経費と言える。

何でもいいから仕事をやっている組織を作って、そこへ予算を回して貰う事で成り立っているような組織がゴロゴロあると、当ブログの読者は思って貰いたい。今回の人の場合には福祉事業なので、従業員ではそれ程には収入になるわけではないし、介護が必要な人と接するようなハードな仕事なので許してやってもらいたい。

次のテーマに移る。このブログに訪れる人ならば、総理大臣の出身地が、山口県のある集落から頻発している事を把握しているだろう。その理由は何だろうか? 「朝鮮人だ!」みたいな主張もネットを探せばあるが、単なる朝鮮人がそんなに凄いのだろうか? そうでははなく、当ブログならば次のように解説する。半島から渡ってきた妖術師の集団が、山口県に住み着いた。つまり、その集落は妖術師の村なのだ。滋賀県の甲賀、三重県の伊賀は、知っての通り忍者の里だ。これには異論はあるまい。同様に、山口県のあの地域は妖術師の里というわけだ。道理で総理大臣がたくさん出るわけだ。頭がいいから大臣になるのではなく、術師だからなると考えれば理解できよう。

なお、朝鮮から渡ってきたというだけで、そのルーツはもっと南にあり、倭寇などの海賊をしていた民族だ。そして、その前はシルクロードからずっと西におり、要するにシュメール人というわけだ。

関連する話だが、交流会で話した事ではないものの、源義経(牛若丸)=ジンギスカン(チンギスハン)説について語る。歴史の真実や都市伝説として源義経=ジンギスカンというのは聞いた事があるだろう。平泉(岩手県)では死んでおらず、北海道を経由して大陸へ渡り、モンゴル地方へ逃れ、ジンギスカンになり、モンゴル帝国の基礎を築いたという突飛な話だ。しかし、ここで、歴史上の人物が、皆、妖術師だと考えればどうだろうか? 運や頭がいい程度の武士ならば、追っ手を逃れてモンゴルで帝国なんて造れるはずもない。しかし、妖術師だとすれば話は違う。モンゴルへ逃げ延びる確信があり、その地で魔力を発揮できるというわけだ。なお、当ブログでは別に源義経=ジンギスカンだと言いたいわけではない。もし、信じている人がいれば、その裏付けとなる根拠が1つ増えたという話だ。


ともかく、過去の総理大臣も含め、歴史上の人物は妖術師や魔導師だと考えれば、理解できる事が増えるのだ。よく、ネットでは、ア●総理はアホだとしたり、天麩羅を食っている写真を扱って勝ち誇っている人がいる。そうではなく、これまでの総理も含め、相当な術者なのだ。嘗めてはいけない。その手の情報は、総理を最高権力者だとか語っているが、インチキ野郎か愚者である証。どう考えても、上に皇族がいる。まあ、アベ氏自体が親戚だけど。ちなみに、山口県の妖術師の里以外から総理が出たとして、都会とかに移り住んだ妖術師の末裔に過ぎず、同じ穴のムジナと言える。馬鹿の振りをして「総理なんて誰でもなれる」と思わせる事が彼らの仕事(術)の1つと言えよう。

実は当ブログの非公開のコメントで、「他のブログでも、大臣の出身地に妖術師集団がいるという話があった」という情報を得たので、金沢で話す事になった。

大阪のレポートですべきだったが、金沢でも話題に出たので、この場で語る事にする。大阪に設置されている監視カメラで顔認識し、人物追跡するという企画が反対多数で中止になったという話をした。しかし、別に中止になったわけではない。どういう事か語ると、最初から監視や人物追跡は実施していた。庶民を追跡するのが、監視カメラ設置の目的だからだ。しかし、表向きの目的は、あくまで犯罪やテロを防ぐ事になっている。そして、とっくに実施している人物を追跡するテストをしたい事を話す。もし受け入れさせる事ができたならば、既に実施している追跡を、大衆に認めさせる事ができる。つまり、追跡は中止になったのではなく、追跡を認めさせる事が失敗した出来事というわけだ。それが「大阪の主要駅に設置されたカメラで顔認識し、人物の行動を辿るプロジェクトが中断された理由」の話となる。

このブログで紹介した以外にも交流会の実績はある。名古屋では実施した事はないなぁ……。京都、福岡、大阪、金沢は記したが、京都と金沢は日帰りだった。京都は濃くて、日帰りながら観光地を2つも回るという段取りだった。パワーの吹き出る井戸があり、その隣に建っているお堂で話した。金沢では普通の喫茶店となる。


金沢の名物は金箔でスイーツや酒にも金箔が。
 

富山のお土産も金沢駅に売っていたが、ホタルイカのスルメを試食したら美味しかった。スルメイカよりも、断然に軟らかいのだ。

アイテムの購入に関し、楽天の会員の人は楽天からどうぞ。魔術グッズも揃い、食用金箔(覚醒に結び付く)も購入できる。


関連記事
大阪散策&交流会完了~現代魔道の事情

真実と魔道知識の会合~福岡交流会・無事完了

京都会合・パワースポットの旅 完了

テーマ : 都市伝説・噂話
ジャンル :

御嶽山[おんたけさん]噴火の要因に関する情報が4つ!?

御嶽山が噴火したわけだが、その原因についてネットでは4種類もあるのを確認できた。

1.自然に起きた
太陽フレアの活動が活発になったような話も含め、あくまで自然現象。

2.テロだった
直前に怪しい外人集団が御嶽山をうろついていたとか、大砲のような音がしたり、直後に戦車が出動しているという情報があり、日本に対するテロ。

3α.銀河連邦による爬虫類人基地攻撃
善の宇宙人によって、悪の宇宙人の基地が攻撃された。

3β.爬虫類人による地底人基地攻撃
地球に巣食う悪によって、地底世界アガルタの善の基地が攻撃された。

4.噴火したというのは嘘
マスコミは嘘つきなので、事件など捏造する。火山の噴火なんてありもしない災害をでっち上げている。灰色の小屋とかも、映像の技術で可能。

以上のようなくくりとなる。要するに、自然現象なのか、悪意の結果なのか、善意の結果なのかという違いだ。4の捏造劇というのは却下となる。2のテロというのは、在り来たりで、なんか違うような気がしている。登山者や地元の人は動揺しているだろうが、全国的には静観している人が圧倒的多数派だ。911や311のインパクトも無い。富士山ならば多少はあるだろうが。要するに、テロといっても、誰が誰を脅すのか不明確なのだ。基本的にテロというのは、支配層が奴隷層を脅すために使われるので、奴隷層が平然としていたら無意味なのだ。地球には、爬虫類人(ヴァンパイア)という支配層と、人間という奴隷層がいるだけで、別に敵国みたいなのが存在するわけではない。つまり、中国やアメリカが、火山の噴火を起こしたという説は成立しないのだ。


読者で、「これが原因で、こんな意味がある」みたいな何かがあれば伝えて戴きたい。

御嶽山というのはUFOを目撃する有名な地域で、山の中に秘密の軍事施設があるという噂もある。ポイントとしては、そのUFOの正体だ。この判断によって、今回の噴火が新たな素晴らしい時代の幕開けなのか、テロなのかという判断の分かれ目となろう。

地下が攻撃された時、「爬虫類人の基地が破壊された、喜びましょう」みたいな主張がある。しかし、逆に地底世界の善の地底人が攻撃されたという事もあり得るわけだ。現に、地球には相変わらず強力な黒魔導師達が巣食っていて、地球人を殺戮したり家畜化する方向に進んでいる。日本の消費税も10%になるし、戦争のできる国になったし……。となれば、地底世界アガルタの善の勢力が攻撃を受けたという説には、なかなかの根拠がある。ただ、地底に善の勢力がいるという話は、デマだらけのベンジャミン・Fと組んでいる飛鳥昭雄が好きそうな説なので、発信者の信用度合いという点ではマイナスだ。地底世界はシャンバラと呼ばれる場合もある。


ゲーム・ドラゴンクエスト1~3には、アレフガルドという地底世界が存在する。アレフ+アガルタが語源と言える。その世界には悪い爬虫類人が住んでいる。3のゾーマも見た目は爬虫類的宇宙人だし、手下のバラモスゾンビ(二足歩行、ドラゴンゾンビと姿が同じ)、バラモスブロス(二足歩行で恐竜顔)、キングヒドラと、ことごとく爬虫類。溶岩の地底に住む やまたのおろち は、女王に化けて人を食っていた。

当ブログでは有名作品に注目して、ことごとく爬虫類人の物語だという話をしてきたが、実はマイナー作品も爬虫類人の話ばかりで、レトロであっても、最新の作品であっても、爬虫類人の話ばかりだった。要するに、市販の世界でクリエーターとして物語を創る人は、魔法結社や呪術結社などで龍蛇が地球の支配者だという真実を教わっているのだ。一般人は単にお金を出す立場の家畜大衆だから、知らされていなかっただけなのだ。科学者という立場でお金を貰う人達も同様で、彼らの役目は偽りの世界観を植え付ける仕事となる。

心理トリックで言うと、人というのは、複数の異なる情報を突き付けられると、思考停止になりやすい。情報というのは、捨てる事こそが決め手で、たくさん集めると、かえって正確な判断ができなくなる。当ブログでは停止しかけた状態から、再び考える状況へ誘導したい。

それにつけても、どうして情報操作の古本は1円なんだろう……。

当ブログでは、御嶽山が噴火みたいな時事の話はあまりしない傾向だが、ネットの情報を自分が整頓するという意味で記した。

アイテムの購入に関し、楽天の会員の人は楽天からどうぞ。魔術グッズも揃い、食用金箔(覚醒に結び付く)も購入できる。


関連記事
スノーデンが肉体的地底人の存在を暴露! 姿や出身星は?

ドラゴンクエスト6と低層四次元・爬虫類人説に共通点

テーマ : 地震・天災・自然災害
ジャンル : ニュース

リンク
月齢
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人と引き合わせる事のないようにお願いします(お子さんなどはO.K.)

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
本物の魔道書
魔法は存在するからこそ、この価格に
最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。相談は承りますが、意見メールは特に不要です。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
放射能が除去できる空気清浄機
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  3ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運