魔法入門より弛緩法~魔法を習得して何をするかが重要

まず、弛緩とは、体を緩める事だ。精神的な話も含め、リラックスする。

魔法入門の話を纏めると、
・静かな場所で座ったり横になる。
・頭のてっぺんから、筋肉を意識的に寛がせる。
・次に額、眼球、顔、首に移って筋肉を弛緩させる。
・頭部が緩んだら、胴体、腕、すね、足と緩めてゆく。

要するに、体の上の方から下へ向けて順番に進めてゆく。途中、上の方が緊張したら、戻って緩める。
これらがうまくいったら、今度は呼吸を意識的にする方向になる。次の記事になるかは分からないが、呼吸に関しては後日にしたい。

こんな話が魔法入門にあるわけだ。魔法のイメージは変わる事だろう。

この話を聞くと、ピンとくる人もいるはずだ。仙道や鬼道、タオ、仏教系の呪術など、そして瞑想や気功法でも、結局はリラックスと弛緩を基盤としている。目指す所は同じというわけだ。

ちなみに、最終的にはペルソナが出現したりして、魔導師として成立する。

ジョジョの奇妙な冒険を序盤から知っている人ならば話は早いが、作者の荒木飛呂彦氏がこの順番で訓練したからこそ、第1部、2部では呼吸法・波紋などがテーマになり、第3部からはスタンドと呼ばれるペルソナの話になったわけだ。波紋というのは波動の事だと考えられる。


さて、前記事で「今後は魔道書の話を中心にする」みたいな内容にも取れる話をしたら、ブログのアクセスが落ちた(爆) 取りあえず、ゲーム・アニメ系の話は今後も続ける。陰謀や古代文明、レプティリアンの話も同様だ。しかし、その目的とか根底にある感情が変化しているので、今後共、宜しくお願いしたい。また、以前から準備中の記事というのは、これまでと同じテーマなので、記事のネタが無い時はそれを引っ張り出す。もちろん、現在の心境に合わせて書き直す部分もあろう。

当ブログの読者には、目的も無いのに魔法を修得したいみたいな人も結構いそうな気がする。しかし、目的も無いのに魔法は習得できない。これは魔法に限らず、お金だと分かりやすい。現在、貯金がせいぜい30万円の人がいるとして、1000万円の資産が欲しいと思ったとする。というか、30万円の資産を持っている人ならば、ほぼ全員が1000万円を欲しいはずだ。しかし、1000万円貯めて、何するの? 何も目的が無く、1000万円そのものが目的の場合、まず達成できない。したとしても、20年スパンとか、体力・活力や意欲、価値観が変わってしまっているので意味が薄くなる。

筆者がプチ高収入の時代、金の無い時よりは楽しかった。魔法を使っていないはずなのに、魔法を使っている人ですら魅了するような情報を発信していた。つまり、魔導師達に支持されていたのでプチ高収入だったわけだ。ここで色々と物品を買ったが、それ程には面白くなかった。単に自分のために使っただけだからだ。今の筆者ならば、他人のためにお金を投資したりしたい。もちろん施しや寄付ではなくビジネスなので、リターンも期待するけれど。

お金と同様に、魔法を習得して何をするのという話になるのだ。異性にもてたいとする。そんなもんは魔法無しでも実現している人はいるし、1000万円があって、異性がそれを知れば、通常はもてる(笑)

「1000万円を作って会社を辞めたいんだ」みたいな人はいるかも知れない。世の中には無職でお金が無い人だって、ちゃんと食っているから生きている。よって、1000万円あれば当面は低収入でもやっていけるといえ、実は成立する。一応、「サラリーマン奴隷を辞めたい」という目的があるので、無目的よりは断然達成しやすい。ただ、この目的達成は簡単だ。あなたが会社員だとして、「退職届」を書いて提出するだけでいい。つまり、実質的には目的のハードルが低過ぎて、次が続かなくなる。辞めた後に、何をしたいかが明確でないとまずいわけだ。

いずれにしても、目標・目的みたいなのが無いならば、人と違う事を目指す必要は無い。サラリーマンは奴隷だが、サラリーマンで全く問題は無いというわけだ。目標が無いのに起業できるはずも無いのだし。


ちなみに、現在、起業で成功している人は、別に自分でお金を貯めて、その資金で起業した人ばかりではない。資金もリスクもゼロで成功という人もいるが、多くの人は、投資家に出資してもらって成功しているのだ。あのホリエモンが成功した理由は、もちろん魔術だが、その上で東大の先輩から資金を得たからなのだ。資金といっても恵んでもらったわけではなく、株式の購入として出資してもらい、投資した人間が莫大なリターンを得る事を期待しての行動だ。リターンを期待できる根拠として、相手が魔術師というのは1つになるわけだ。凡人の浅はかなプランに出資したわけではないのだ。

魔法の習得は簡単ではないが、知り合いとかに魔法結社に誘われ、修行せざるを得ない立場になった場合には、多くの人が習得できてしまう。目標を設定させられるか、他人の目的のために利用される雇われ魔導師が登場するわけだ。雇われ魔導師がブログとかで、おかしな陰謀論を発信しているのだ。真実を追究しているはずなのに、オカルトを避けようとしていたり、イエスの言葉を頻繁に用いたり、紹介しているブログが身内(同じ魔法結社の人)中心だったり、態度や口調が荒かったり、デマ・偽情報ばかりの情報発信者である理由の1つと言える。

アイテムの購入に関し、楽天の会員の人は楽天からどうぞ。魔術グッズも揃い、食用金箔(覚醒に結び付く)も購入できる。


関連記事
精神世界の理論は魔術の基本理論と同じ1

魔道によって当ブログが誕生した~ペルソナ降臨

サラリーマンが現代の奴隷である理由・根拠・証拠
サラリーマンが現代の奴隷である理由・根拠・証拠2

テーマ : 魔法・魔術
ジャンル :

フェアリーテイル(真島ヒロ)~ドラゴンの魔力を秘めた物語

「真島ヒロの都市伝説~フェアリーテイルとレイヴには竜人ばかり」みたいな記事タイトルで準備していたが、アニメの再開を見落としており、一気にアニメの最新話まで見る事にした。結果的にタイトルは少し変更となる。

まず、筆者としてはフェアリーテイルという作品はお気に入りだ。真島ヒロ氏の前作レイヴからのファンとなる。ブログ筆者自身が(無名とはいえ)シナリオライターなので、他人の作品のファンと語る事は体裁が許さない事がある。にもかかわらず、ファンだと語るような作品といえる。


フェアリーテイルは、実はワンピースと比較される作品なのだ。集英社の筆頭と講談社の代表格くらいの格の違いはある。異世界の物語で、お馬鹿な主人公に惹かれる個性溢れる者達が一緒になって目的を果たすみたいな所でジャンルが近いのだ。


筆者はワンピースもアニメ・全話を見てはいるが、一作品としてしか見ていない。筆者はワンピース派ではなく、フェアリーテイル派となる。

フェアリーテイルにはワンピースに対するパクリの疑惑もあるが、同じくカバラの魔道を基盤としているのだから、似ている所が発生するのは当然だ。パクリというより、ワンピースもフェアリーテイルもカバラ魔道の模倣という表現ならばできる。人物などの造形が似ているという噂もあるが、ワンピースの造形もフェアリーテイルの造形も、読者・視聴者を催眠術に掛ける形になっているので、そういう意味で似通っているのだ。ネットには作者同士が師弟関係という噂もあるが、そんな事実は無いという情報もある。どちらなのか、バッチリ事情を把握している人がいれば教えて戴きたい。なお、魔法結社で義兄弟の関係という情報はウチだけなので、他を探す必要は無い(爆)

人気に鑑みると、周辺にいる魔導師群としてはワンピース作者・尾田氏の方が格段に上と言えよう。

フェアリーテイルと比べたワンピースの短所を述べよう。ギャグの質は断然、フェアリーテイルに軍配が上がる。対象年齢はフェアリーテイルの方が高く、設定がより込み入っている事が挙げられる。ワンピースは女キャラクターに変な偏りがある。黒髪のキャラが多いのだ。また、男女共に身長が高過ぎる。純巨人もいるのだが、準巨人が多いのだ。巨人信仰?


フェアリーテイルは実にカラフル。主人公のナツが既にピンクだし。筆者は物語の主人公の男を嫌いな事が多いのだが、ナツは普通の域に収まっている。

ワンピースでは、各章の初期で敵役が一目瞭然で明確だが、実はフェアリーテイルでは終盤まで誰が黒幕でボスなのかは分からない事が通常だ。これは味方も同様で、てっきり敵だと思っていた人こそが真実だったとか逆の例もある。各話に叙述トリックがある時点で、フェアリーテイルに軍配を上げたいのだ。

フェアリーテイルでは戦う女キャラクターの割合が高く、女キャラクターが守られる存在ばかりみたいな男女差別も無い。それから、ワンピースのキャラクターには年増が多い。男キャラクターもオッサンとか爺の割合が高過ぎる。フェアリーテイルでは、爺婆もオッサンもいるが、割合としては10代の若いのばっかで、活き活きとしているわけだ。ワンピース主人公ルフィの仲間には、ハタチ超えと30超えの女で構成される(笑) 10代のルフィなのに、彼女候補?も30歳を超えている(爆)
←31歳でも、こんな感じだが、問題は190cm超えの身長。妹達の身長は4m(爆) その巨人女は大蛇に変身する
ワンピースのいい所というか、女キャラクターはフェアリーテイルよりも色っぽい。イケメンはフェアリーテイルの方が多い。人格的に人間味が溢れるキャラクターとしては、フェアリーテイルの勝ちとしたい。

さて、フェアリーテイルの魔道を語ってゆこう。そもそもフェアリーテイルというのは魔術師ギルドの事だ。現実で言うと魔法結社みたいなもので、魔法の修行をしながら色々な仕事を請け負う集団だ。個人の悩み解決から国家からの依頼までが仕事となる。ギルドの紋章だが、どのギルドもホルスの目となっている。まあ、魔導師の物語なので、言い訳は自在だ(笑) ヒットする魔導師の物語なんて、作者が魔導師でない限り、描けないといえる。魔導師でもない人が、魔導師の作品でヒットはあり得ないというわけだ。


当ブログ読者が反応しそうな目玉としては、主人公が爬虫類人という所だ。限界を超えて本気を出すと顔に竜の鱗みたいなのが浮かび、竜のパワーを大きく発揮できる。まだ完結していないのでオチは分からないが、主人公達自身が竜という設定か、もしくは竜と同化したという設定だと考えられる。

魔法評議会みたいな元締め組織があるのだが、兵士は二足歩行のカエルの姿をしている。カエルは両生類だが、爬虫類人と同じ意味を持つ。あくまで見た目なので、爬虫類人をタイやヒラメと表現した物語もある。乙姫という龍女に会った話の事だ。


フェアリーテイルにはドラゴンそのものも登場し、人と言葉でのコミュニケーションも可能だが、ドラゴンは人を食う。人間をなんとも思っていないが、食料として好きという場合はある。ドラゴンは突如、いなくなったのだ。現実世界でも、突如「人食いオロチ、妖怪」が表向きには消えているわけで合致する


恒例の数秘術。
ナツ・ドラグニル……72+2
ルーシィ・ハートフィリア……48
エルザ・スカーレット……33
グレイ・フルバスター……90+2
ハッピー……82
以上主役で足すと333を期待したいが……。実はうまくいってない。誤りがあるわけだ。進撃の巨人では楽勝だったのに。魔力は真島ヒロ氏が上だと信じている。ナツ・ドラグニルはドラゴン、ルーシィはルシファー(天使長・悪魔)、グレイは宇宙人というわけで、魔導師として信仰の対象が揃っている。エルザはピラミッドアイ(ホルス)、ハッピーはバステトで決まり。

ルーシィ=ルシファーの根拠はワンピースの主人公ルフィ(偽名ルーシー、爺の名は悪魔ガープ)からも推察できるが、もう1つ面白い話をする。中学の英語の教科書でニュー・ホライズンの人もいただろうか。筆者の時はマイクとルーシーが人物として登場した。マイクはミカエル(熾天使)の愛称、対になるルーシーは当然ルシファー(天使長)だ。そう、教科書に登場するキャラクターすら、とっくに魔道に染まっているのだよ。


エルザはエリザベス(エル リザード バース)の愛称なので、エルザの由来はトカゲ人間! ピラミッドアイやホルスよりも面白いかも知れない。シェイプシフトはしないが、魔法で服が次々とシフト(チェンジ)する。

筆者はライター稼業だが、フェアリーテイルの面白さを伝えるみたいな文章には慣れておらず、あまり魅力は伝わらないかも知れないが、物語も傑作だと評しておく。ワンピースで泣いた事は無いが、フェフリーテイルでは泣いた域だ。フェアリーテイルの作者自身が苦汁を飲んでいるのか、人生論を語る事があり、筆者の心に通じるものがあるのだ。

フェアリーテイルのアニメは、一時、打ち切り同然で中断したが、今年の4月からまた再開した。とんでもなく中途半端な所(魔術大会の途中)で切れていて、「おい、打ち切り直前の、覆面のあいつの正体は誰だよ?」みたいな域だった。もしかすると、DVDを買わせて続きを見させるための策略だったのかも知れない。

さて、フェアリーテイルの魔術大会(バトル)編の終盤で「時を失った魔導師」の台詞があるのだが、その台詞を聞いたら、今までのテーマでこのブログを更新する事が恥ずかしくなってしまった。先にも語ったが、ブログ筆者の人生観まで変えてしまうようなシーンだったのだ。筆者がこのブログでやっていた事と、物語の魔導師(時を失った)の心境が同じだったのだ。

フェアリーテイルの娘達のお色気水着シーンでしか巻き戻し(早戻し)をしなかった筆者が、時を失った魔導師の言葉では巻き戻した。←ジョークという事で。

差し当たり、次の記事は魔法入門の本より、弛緩と呼吸法の話にしようかなと思っている。当ブログは元々は、魔法入門から役立ちそうな話を纏める感じでスタートしている。

そして、他の魔道書からも、無難な話をブログで語るようなつもりだった。実際の記事としては、真実を語るという方向が強過ぎ、魔道そのものの記事は控えめで1年以上過ぎてしまった。そもそも、筆者がシナリオの質を上げようと、更なる魔道を追求しようとしていたのに、ブログ開設以降、5本仕上げた物語は、開設前に仕上げた作品に比べると駄作も同然。レベルアップのつもりが、ダウンとしか言いようがないのだ。しかも、その1本は夢で見た物語があったから描けたみたいな、実力ではない要素が主体となった。

状況としては、このブログの反応・評価とかが気になり、シナリオを描けない日々が続いていたのだ。よって、今後はレベルアップに繋がるような内容に、ブログの記事を変更する方向にしたいわけだ。作ったシナリオも駄作だが、最近のブログ記事の拍手数を見てもバッチリとは言えず、葛藤の状態で記事を書いても受けない事も身に沁みた。

フェアリーテイルやレイヴのオカルト要素は、他のテーマで語った時にも述べている。詳しくは関連記事で読んでもらいたいが、「登場人物は爬虫類人が主体」「月が幻だった村の住人は、自分の正体に気づいていなかった」みたいな話だ。

さて、当ブログ筆者の人生の方向を変えるような台詞とは? やはりコミックや映像を1話から見ないと分からないだろう。フェアリーテイルは魔導師の物語なので、当ブログ読者には最適。

……みたいに紹介しているんだけど、前記事のスケバン刑事を買った人はゼロだ(笑) 実は広告収入額でも、筆者は自分の道が正しいかを占っている。道が正しいならば予想外に売れ、道が間違っているならば、期待外れというわけだ。

アイテムの購入に関し、楽天の会員の人は楽天からどうぞ。魔術グッズも揃い、食用金箔(覚醒に結び付く)も購入できる。なお、アマゾンの方が広告料の還元率は大きい。


関連記事
三次元空間は地球だけ? ニビルや月は何次元?

龍人は本当にいるのか~デーヴィッド・アイクの真偽

スーパームーンの満月~月は人工機械

テーマ : FAIRY TAIL
ジャンル : アニメ・コミック

スケバン刑事のオカルト都市伝説~権力者に潜む爬虫類人と地下モノレール

先日は東京には地下都市があり、秘密の地下鉄で結ばれており、権力者だけが利用できるみたいな話をした。その際、「スケバン刑事というコミックにも地下モノレールが出る」という紹介をした。

スケバン刑事は1975年スタートした少女漫画。少女漫画と言っても作者は男性で、主人公は女子ながらも、陰謀と暴力が溢れる作品だ。男性でも問題無く読破できる構成となる。
さて、この作品を読んだキッカケだが、同じく少女漫画の赤い牙・ブルーソネットという作品があり、男性の漫画家による物語となる。「古代に天から降りた超人が地球に住んでいて、今の地球人に文明を授けた」「現在、その超人達の魂は異次元に存在し、その魂を制御できる超能力者がヒロイン」みたいなオチだった。また、姿を偽る超能力者が登場するのだが、別に変身するわけではなく、光の屈折で別人に見せているだけだった。つまり、シェイプシフト(擬態)の事となる。連載は1975年のスタートとなり、最新のコミックばかりに注目していては発掘できない。

そのコミックの中で、スケバン刑事とのコラボレーション作品(共作)があり、「少女漫画らしくない風を吹き込んだ漫画」としてスケバン刑事も意識に挙がったわけだ。

当ブログでは、以前にも「地下都市はある」みたいなテーマで記事を書いた。その後も、スケバン刑事のシーンを何度も心の中で思い起こしており、ついに読みたくなってしまった。すると、当時読んだ時には全く気づいていなかった要素が登場した。

主人公の女の子はサキという名前だ。まず登場する敵役の女の子だが、政治家の娘3姉妹となる。末妹は弱いので主人公サキの相手にならないが、上の2人は陰謀を張り巡らせたり、不良グループのヘッドだったり、蛇を操ったりと、強力なライバルとなる。ここで、長女・姉に対して、面白い描写があるのだ。なんと、目が爬虫類目になり、主人公サキもその目に圧倒される。要するに、今の筆者が見解を示すと、政治家の娘が爬虫類人だという話なのだ。ブログ・宇宙への旅立ちさんがひたすら政治家・爬虫類人を強調しているが、同じ話が1975年スタートの漫画で語られているというわけだ。ちなみに、宇宙への旅立ちさんは、意外にも2011年の津波の時にやっと真相に目覚め始めている。スケバン刑事の作者は、どうして、1975年の時点で目覚めているのだろうか?(当ブログ読者ならば言うまでもないよね。)

スケバン刑事という物語は、超常現象みたいな要素は最低限に抑えられている。にもかかわらず、初期の段階で政治家の娘が爬虫類人として描かれているわけだ。もちろん、全身が蛇人になったりはしないが、目は確実に蛇になっている。物語の後半では、悪霊みたいな存在に乗っ取られた爬虫類娘がマフィアのドン・死の商人の父を操っていたみたいなシーンがあるし、その妹もまた爬虫類目に変形する娘で主人公サキのライバルとなる。死の商人が密輸したり、日本国内で製造する方法まで、漫画内では語られている。

そして、蛇娘のお爺さんが日本を裏で牛耳る大富豪なのだ。武闘員を育成する秘密の組織を運営していたり、少なくとも200年以上、日本を裏から支配し、日本を再び戦争に導こうと画策する。もちろん爬虫類目に変形もする。その大富豪の屋敷と、学生世界の陰謀の中枢となる高校とが地下の高速モノレールで結ばれていたという感じだ。


秘密の戦闘員養成所は少年院に偽装されていた。3つのエリアに分かれていて、管轄する長がいる。2人は蛇の目に変形する(残り1人はサングラス)。その内1人は殺した人間の骸骨・愛好家だった。もう1人は、大蛇をペットとし、脱走者をハンティングする。要するに、爬虫類人が人間を秘密のエリアでハンティングする事を知っているから描けたわけだ。富豪や権力者が人間を秘密のエリアでハンティングする話はメタルKという漫画に登場した。秘密結社員は軍隊や警察にも存在する。しかも、その秘密結社は実在する結社名(爆) 死の商人みたいな大富豪が黒幕だった。強烈過ぎたのか、黒幕との対面時、これから戦うはずだった敵の総勢(笑)が登場するシーンで、あえなく打ち切り。

そんな少女漫画作家とか、打ち切り作家に過ぎない人が、どうして、インターネットで漸く明るみになった裏社会を知り尽くしているのだろうか?

スケバン刑事では物語の用語として、「青狼会」や「猫」というワードが登場する。青狼はシリウスの事で、エジプトのアヌビス神、猫はもちろんバステト神。ブログとかのデザインで片目を隠す猫がいれば、魔法結社員の女性が運営してる可能性が高いので覚えておいて貰いたい。

「信楽産業」というワードもあるのだが、単純に滋賀県甲賀市(に広大な土地を保有する人)に大物がいるという話だろうか? たぬきの信楽焼があり、変身人間の象徴とも言える。信楽焼にはフクロウも代表格で、イシス(アイシス:エジプトの母神)の象徴で決まるかな。


なお、斉藤由貴や南野陽子、浅香唯とかが出るドラマは別物なので注意。別作品としてならば楽しめる。


別にレトロな少女漫画に限らず、最近の部類になる「メカクシティ アクターズ」というアニメでも、爬虫類人が超能力を発揮する物語だったし。

「ワンピース」「ナルト」「名探偵コナン」でも爬虫類人・ヴァンパイアばかりという話はした。ちなみ、ワンピースの主人公ルフィ(偽名ではルーシー)とはルシファーの愛称ではなかろうか。爺の名はガープだが、地獄の66の軍団を率いる序列33番の大総裁にして強大な君主となる悪魔の事だ。主人公が既に龍人であるフェアリーテイルのヒロイン(金髪)の名前もルーシィだ。


何が言いたいかというと、創作の世界は魔道に溢れ、真実が語られているというわけだ。別に21世紀になる頃にデーヴィッド・アイクによって語られ始めたのではなく、古代から魔法結社で語り継がれてきた話というわけだ。


爬虫類人を肯定的に語っていれば、それなりに信頼できる情報と言えるのだが、次のようなトリックもあるので注意して貰いたい。
・信用に値しない人が爬虫類人を紹介する事で、爬虫類人そのものを信用されないようにする
・本来信じられるはずもない情報を信じさせるために、爬虫類人という真実をあえて紹介する
信じるに値しない例としては、原発戦争候補を選挙で薦める、朝鮮をしつこく叩く、地震の話はするのに放射能の話をしない、ベンジャミン・F(爬虫類人否定)なども同時に推薦などが挙げられる。こんな論調だったら、たとえ爬虫類人を語っていても駄目というわけだ。

ゼイリブも購入できるようになった。この映画も真実が元になっており、地下都市のシーンがある。ゼイリブの話は別記事でどうぞ


アイテムの購入に関し、楽天の会員の人は楽天からどうぞ。魔術グッズも揃い、食用金箔(覚醒に結び付く)も購入できる。なお、アマゾンの方が広告料の還元率は大きい。


関連記事
ギルガメッシュ(石ノ森章太郎)は魔法結社の知識……ほぼ同じ時期にスタートした漫画。権力者は宇宙人によって操られていて、都合悪くなったらクローンに差し替えられる。

ルパン三世のカバラ数秘術~ルパン三世Yの魔法の知識……秘密の高速地下鉄が通っていたり、埋め立て地の地下に支配層だけが使える遊園地があった。

妖怪退治のアニメ・BLOOD-C~爬虫類目の女子高生巫女……人を食う化け物とのハーフが富豪になっている。

ヴァンパイア=爬虫類人=妖怪~現実に存在するから漫画やゲームに登場する

テーマ : 少女マンガ全般
ジャンル : アニメ・コミック

スーパーマリオブラザーズは性ゲームだった? 秘められた魔道

スーパーマリオブラザーズといえば、ドラゴンクエスト単体よりもヒットしたゲームとなる。ゲームではトップ1? スーパーマリオをプレイしたいためにファミコンを買ったという人は多い事だろう。


マリオはマリアの男バージョンというのは以前に語っている。ベニテングタケの象徴であるキノコを食うとムクムクと覚醒してスケールが大きくなる。更には、目玉のような花を食べると、今度は火の玉を飛ばせるようになる。目玉のような花はホルスの目と言えよう。

キノコは男性の象徴とも関連させていると言える。ムクムクと大きくなるなんて……。そして性エネルギーを活用できた男だけが、火の球を飛ばす魔導師になるための花を発見できる。ゲーム中、初期のマリオでは花は見つからない。ファイアーマリオは凡人とは違う事ができるという意味で、魔導師の象徴だ。


クッパ大王というのは二足歩行する爬虫類の悪役だが、間違いなく地球を支配する爬虫類人の事だ。

敵役の他のキャラがクッパに化ける事ができ、シリーズの別タイトルではクッパは人間の姿もある。要するに、シェイプシフトするわけだ。金の斧によって倒す事ができる。金の斧の意味だが、斧に関しては物事を切り開く男性的な意味があり、金に関しては柔らかい女性的な意味がある。つまり、男女の融合によって、爬虫類人を撃退できるというわけだ。セックスは3S政策だから、ますます忌み嫌うものなんて叫んでいる陰謀論は退場願いたい。

ドラゴンクエスト4では、きこりの男と天空の女との間に子供が生まれ、魔王を倒す勇者となる。きこりはヘルメス(ギリシア神話)の象徴だ。


スーパーマリオの話に戻す。土管に入るとゴールドをゲットしたりワープするのだが……後に語ろう。ゴールドを100枚集めると、1モア チャンス! お金さえあれば、失敗しても再チャレンジできるというわけだ。

パタパタという亀は翼で空を飛べ、ジュゲムという亀は雲で移動できる。雲は宇宙船の象徴か。爬虫類人に対し、悪魔や宇宙人を連想できる。

星を取ると一定時間は無敵になる。有名になる事の象徴? 星の加護を受けている間は、何事も順調に運ぶという事か。しかし、無敵といえども、落とし穴だけは回避できない。なお、ペンタグラム(五芒星)となる。
大砲の敵が出てくるのだが、爬虫類人が戦争を起こしている象徴か。


マリオの最終目的は、爬虫類人・大王に囚われたピーチ姫を救出する事。ピーチ姫に関しては、候補を幾つか洗い出してみよう。


エデンの園ではリンゴが「原罪」の象徴であったのに対し、桃は「救済」のシンボルとなる。「真実」の意味もあるようだ。日本では「桃は邪気を祓い不老不死の力を与える霊力のある果実とされている。桃太郎はこうした霊力のある桃が山から流れて来て誕生した」とされている。

桃太郎は桃から生まれたのでなく、流れてきた桃を食べたお爺さん、お婆さんが若返り、二人がセックスしてできた子供だという設定が元の話だそうだ。スーパーマリオではピーチが目的というわけだが、若返りや不老不死という目的を目指すストーリーなのだろうか。マリオはオッサンだが、若返りを求める程に年を食っているわけではない。


お城は8つあるのだが、7つ目まではキノピオという侍女が囚われている。実は開発初期の設定ではピーチ姫の侍女という設定だったが、男の子という事に変更された。元の設定を重視しよう。


任天堂にいた凡庸なサラリーマンが作ったゲームがたまたま大ヒットしたのではなく、ちゃんと魔道の知識を授けられた人がゲームデザインをしているわけだ。

作者が「魔法結社でこう習ったからです」と語らない限り、ピーチの正体までそうそう判明するものではない。取りあえず、当ブログ筆者の意見を語ってみる。

桃は古来より女性器の象徴とされている。つまり、爬虫類人によって女性が封印されている世界で、マリオというオッサンが女性器を狙いに旅立った。男性器を大きくし、ホルスの目で覚醒しながら、道中は侍女クラスを抱きつつ、ピーチ姫という究極の女をゲット! という話でいいかな? そりゃ大ヒット間違い無し!


ん? すると、土管に入る行為というのは、女性の中に入る行為だ。そして金運がアップしたり、一気に覚醒して先のステージへ進める。「女性を抱いていない男が成功する可能性は、露程にも存在しない」という話は性愛のカテゴリではよくしている。要するに、支配層がセックスを制御する理由は、大衆が覚醒する可能性を失わせるためだ。


上の階層へ登る時にはニョキニョキと生えた豆の木を使う。魔導師的な解釈だと、膨張した男性の象徴となる。豆の木の先は、ゴールドがたくさん存在する空のエリアか、一気に先のステージに進むワープゾーンが現れる。

土管はしょっぱい(塩辛い)水だらけのエリアに続いている事もある。海という生命の発生する場所の事だけどね。
冒険の途中にたくさん存在する土管の入り口。しかし、ほとんどの土管には入る事はできない。つまり、ほとんどの女性には拒否され、スルーする事になる。最後にもう一度、ジョークで。女にならば、誰でも入ればいいわけではない。土管に住み着くパックンフラワーにガブッとやられて小さくなってしまうか、食べられてしまうのだ。


関連記事
ファイナルファンタジー1は魔道の物語~FFの都市伝説
ファイナルファンタジー2は魔道とドラゴンの物語

ドルアーガの塔はドラゴンクエストに先駆けた魔道のゲーム
じゅうべえくえすと(ナムコ)はデーヴィッド・アイクの世界を超える

銀河の三人~感情を持たない宇宙人が愛を感じて滅びる

ドラゴンに変身する魔導師~マドゥーラの翼
ドラゴンに変身する魔導師2~魔鐘~7つの鐘とはチャクラ

テーマ : レトロゲーム
ジャンル : ゲーム

超常現象・オカルト の ベストセラー デーヴィッド・アイク2

デーヴィッド・アイク(支配者・爬虫類人を人々の顕在意識に炙り出した人)の新刊・ハイジャックされた地球を99%の人が知らないの(下)が9/11に登場した。

上巻はアマゾンのカテゴリ「超常現象・オカルト」で期間売り上げ1位を記録していた。しかし、下巻はなぜか「人文・思想」のカテゴリにされてしまい103位。これでは全く目立たない。


他には「デービット・アイク」みたいに、誤った名前で登録されていた事もあった(爆)

とにかくデーヴィッド・アイクは妨害されるのだ。日本語公式サイトでは、翻訳者が著作権を主張し、記事が軒並み全滅なんて事件もあった。公式サイトですら、しっかりとした翻訳者が現れないような有り様となる。ベンジャミン・Fなんてのは、毎週誰かが翻訳するような待遇で、資金の支援がされている偽りである事が明確となる。

上巻には「内海聡が激賞!」とあるが、批評だった。内海氏の起用は、アイク情報を信じさせないように出版社が設定したというのが当ブログの見解だ。なお、出版社を好意的に解釈するならば、「ウチはアイク本の翻訳を出したけれど、ちゃんと否定者を設定している。だから攻撃はやめてくれ」みたいな態度だと評価できる。

下巻には「船瀬俊介が激賞!」と記されている。既に読んだ人によると、実はアイクに対して好評価となる。他にも船瀬俊介という人の論評を読んで気づいた事があれば教えて戴きたい。

ここで、ブログ筆者は偶然にも(偶然は存在しないので必然的に)「20世紀少年」という漫画を読んでいた。

誰も借りようとしない本に、秘密のメモを挟んでおいた。

そんなシーンがあるのだ。そして、図書室を引っ繰り返して「何十年も誰も借りようとしない本」を探す。さて、いったいどんな本が誰も借りようとしないのだろうか? 実は下巻だけの本というオチだった。本来は上巻下巻があるとして、下巻だけの本を借りる者はまずいないというわけだ。まあ、突っ込むならば、別の所で上巻を読んだ人が、図書室にある下巻を借りる可能性はゼロではないが。何が言いたいか語ると、アイクの上巻は既に内海聡氏によって辛口で語られている。つまり、そんな本の下巻を手にする可能性は一気に減るのだ。既に上巻が叩かれていて「続きを読む価値無し」という本の下巻があるとして、誰がそんな本を相手にするというのか? 下巻で誰がどのように褒めようと、既に相手にされていない。このようなマジックを仕掛けられているのだ。この連想は「20世紀少年」を今年になって読んだばかりの筆者だから即座に出せるのだ。8年前に筆者が読むとか、そんな時点では筆者が忘れてしまっていたり、魔道の知識に欠けており、最近である必要があるのだ。

「20世紀少年」は全巻セットでも安いので、ぜひ入手してもらいたい。あまりに魔法結社の知識が多く、メモが面倒くさくなるくらいだった。敵のボスのマスクが目玉になっていて、そのマークは子供によるイタズラ書きが元になったみたいな扱いだった。「そんなわけあるかーっ」といきなり声を上げたくなる。


アイクを批判していない以上、船瀬俊介という人は取りあえずセーフで、だからこそベンジャミン・Fのような偽りが近づいてきたという方向で思考できる。船瀬氏はベンを偽りだと気づいていても、太田龍氏程には度胸は無く、ベンジャミン・Fを叩くには至っていない。


実は記事にオチは無いので、デーヴィッド・アイクという真実の発信者に難癖を付ける実例を挙げよう。これまでに発見した否定の例となる。

・宇宙人が現れたら信じられる→全員の目の前には現れていない現状に対し、最大限の物的証拠を挙げているのがアイク

・アイクはバチカンについて述べていないので工作員→ある1冊では記されていないのだが、他の本にはちゃんとバチカンについて語られている。

・今でも彼らの手下なのに善人に寝返った振りをする二枚舌、あちら側の人間→なんの根拠も無い

・奥さんが魔女→既に別れているし、魔女が近づいただけという話

・アイクは暗い話にスポットを当ててダークサイドに引き摺り込む→彼は真実の語り部であって、人々を元気づける使者というわけではない。役目が違うわけで、真実を知った上で元気で明るい話に目が向くかは読者本人次第。

・爬虫類人や宇宙人なんていない。騙されないよう、我々も仮面ライダーやウルトラマンのような超人になろう。→仮面ライダーやウルトラマンこそが爬虫類人的宇宙人

イエスの教えは素晴らしい。よって、イエスを否定するアイクは偽り。→教えが素晴らしい事と、その教えが本当にイエスに属するかは全く別。こういう主張者に限って「2012年地球滅亡そして再生」と語り、何も起こらず大恥を掻く。

翻訳した太田龍が共産主義者→若い頃は誰でも迷う事はある。晩年には、共産主義とは全く無関係で真実を追究していた。また、最近の翻訳は共産主義とは無関係な為清勝彦氏が担当している。

・宇宙人とかそんな話は中央情報局の陰謀だ(アイクも回し者)→中央情報局のシンボルが太陽神になっており、宇宙人(異次元生命体)を信仰している。航空宇宙局も同様なシンボル。

サルから進化し、地球で生まれた別の人類が支配者という思考が合理的→進化論は破綻している。また、支配者が爬虫類的存在を神と崇めたり、各地の遺跡には天から降臨した爬虫類神だらけ。よって、爬虫類的宇宙人がいると考える事が合理的。

アイクはミスリード(誤誘導)しようとしている→そのブログを読んだが、「ミスリードしようとしている」の言葉があるだけで、具体的な根拠の論述は皆無。要するに思い込みによるレッテル貼り。

デーヴィッド・アイクは爬虫類人だ→爬虫類人を認めてしまっているのだから、今更アイクを否定する意義を感じられない。爬虫類人を大衆に認めさせたならば、彼の功績はそれでマックスに達する。それから、彼が爬虫類人だからこそ、色々な真実を教わる事ができる立場と言える。

・アイクを信じているようじゃ井口和基と変わらない→確かにブロガーの井口和基という人はアイクを推薦している。しかし、同時にベンジャミン・Fをさん付けで紹介していたり、東京知事選で戦争原発候補を四国から応援したり、朝鮮を叩いていて信用に値しない。アイクを信じている名の通ったブログでは、最もおかしな態度を発している。「バックアップする組織の方針」と言えばそれまでだが、「信用に値しない人がアイクを紹介する事で、アイクすら信用されないようにする例」「本来信じられるはずもない情報を信じさせるために、アイクという真実をあえて推薦する例」の代表といえよう。井口氏も書籍を出しており、一介の魔導師と言える。表向きの仮面である偏屈な科学者はダミー、仮面の下には術者の顔があるのだ。井口氏をアホだと思っているから、このような突っ込みをしたのだろうが、演技の可能性を考慮して貰いたい。

・アイクは爬虫類人のような訳の分からない作り話をしている。→そういう発言者に限って、ホワイトドラゴンという爬虫類組織に属している。そして、コブラ解放という爬虫類組織の代表と会談する。名前だけ爬虫類でも、もはや正体バレバレで、その上で大嘘の連続。

他にも思い出したら追加予定。

さて、当ブログでは
・アイクは結局、覚醒方法までは伝授してくれない。それ以上の真実は無いとし、停滞してしまう人もいる。
みたいにアイクを批判している。しかしながら、この指摘の場合、アイクが語っている事そのものは真実という話になり、世界の真相を知識として得たい場合には非常に有効という立場は揺らがない。なお、アイクは本で覚醒方法を語っていないだけで、本人と直接話し、「具体的にどうやったら覚醒できるの?」と尋ねれば答えてくれると推測している。当ブログの批判ですら、実は難癖なのかも知れない。

もう一度、売り上げベストについて考察する。もし、アイクが闇の工作員だとすれば、票操作で「人文・思想」の分野でもトップ界隈に君臨できるはず。しかし、100位超なんて状況は票が削られた結果という事はあれど、票の水増しはあり得ない。

上巻がまだの人は上巻もどうぞ。魔法結社で習うような知識の宝庫なので、ある意味、一種の魔道書とも言える。


アイテムの購入に関し、楽天の会員の人は楽天からどうぞ。魔術グッズも揃い、食用金箔(覚醒に結び付く)も購入できる。なお、アマゾンの方が広告料の還元率は大きい。


関連記事
超常現象・オカルト の ベストセラー デーヴィッド・アイク

デーヴィッド・アイクの新刊登場~サタン-ムーンマトリックス
デーヴィッド・アイクの新刊登場~サタン-ムーンマトリックス2

じゅうべえくえすと(ナムコ)はデーヴィッド・アイクの世界を超える……アイクが語ったからアイクの本で語られる話が存在するのではなく、真実だからこそ、アイクの登場以前より創作の世界では語られている

テーマ : 都市伝説・噂話
ジャンル :

東京に地下都市があるというムービー~大阪かて あるやろ

東京に地下都市がある根拠となるムービー。なにげにテレビ番組のようだが、ネタが無いのか真実を暴露してしまっている。


まあ、テレビでは「超能力の開発方法」や「超能力を開発している組織が支配している事」さえ公開されなければ、宇宙人による地球人創造を暴露しても、地下都市が報道されても秘密結社員は安泰というわけだ。ムービーでの地下都市の話は、あくまで利権(地下補償費、地下鉄建設費の水増し)かのように誘導しているに過ぎない。


東京にこれだけ広い空間があるとなれば、当然、大阪にも名古屋にもあると言える。福井程度の小さな街でも、なんと地下駐車場が広がっており、規模は小さいながらも、駅、県庁、テレビ局、大型ホテルなどが秘密の地下施設で結ばれていると想像している。そんなもん、地元の鉄道業者とかの力でどうにでもなる。労働者には外人でも雇えばいいだけだし。チカちゅーというのが福井・地下駐車場のマスコットキャラだ。案の定、悪魔の翼を生やしている。実は福井の地下駐車場は最先端というか特殊で、車がぞろぞろ並ぶのではなく、人が降りた後、車がエレベーターみたいなスペースに入り、扉が閉まり、自動的に格納される。要するに、持ち主はどの辺りに自分の車が格納されているかを認識できない。車がある場所ですらブラックボックスというわけだ。名古屋にはとても広い地下ショッピング街が広がっている。京都にも、それなりの広さで地下ショップ街が存在する。更に1フロア下があっても、別におかしな話ではないのだ。いくら高級車とはいえ、支配層が信号や渋滞だらけの中心部をノロノロと進むなんて事はあり得ないというわけだ。ヘリだと目立つし、発着陸のポイントが必要なので、秘密の地下鉄の方が具合がいい。

政治、経済、食料、医療、歴史、報道で、あれ程までに大衆を欺いている支配層が、地下の状況をありのままに大衆に公開しているわけがないのだ。

ムービーは2010年にアップされており、当ブログでさえ、実は最先端を走っていない事になる(笑) まあ、ばらばらになっている情報を1つに統合するジョブでは、いい線を走っていると考えているが。要するに、パーツパーツはそれなりに以前から語られており、それらの情報によって導き出される答えが最先端と言える。

上のムービーだが、要するに、ゼイリブルパン三世Yの地下都市の話は事実というわけだ。単純に立ち入り禁止の看板さえ立てておけば、多くの人は、その奥に行けない。東京や大阪のヤンチャ坊主が突破すれば、また話は変わるのだろうけど。都市伝説のサイトを見ると、謎の地下新幹線を発見したとか、そんな話は幾つも見つかる。

スケバン刑事という古い作品でも、実は日本を裏で牛耳る大富豪の屋敷と、陰謀の結社になっている高校とが、地下の高速モノレールで結ばれていた。最近の話ではなく、戦前戦中に既に存在し、魔法結社に入会した人だけが知らされるというわけだ。

なお、斉藤由貴や南野陽子、浅香唯とかが出るドラマは別物なので注意。

先日語った新世紀エヴァンゲリオンでも秘密結社の基地は地下に存在する。ゲーム・アニメのクリエータもネタを生み出す才能があるわけではないので、魔法結社で習った事をそのままストーリーに埋め込むというわけだ。

他にも地下都市が描かれる作品として以下を紹介したい。大阪会合の時に聞いた話となる。
スカイツリーの地下で宮本武蔵を復活する儀式……刃牙道


東京ドームの地下でバトル……グラップラー刃牙


皇族の一人である高山長房氏が、自ブログで地下に施設がある事を暴露している。


どちらかというと閉鎖的で暗いイメージのある地下に支配層がこだわる理由。人に見られてしまっては困る存在達が住み着いているからではなかろうか? 「地球にはホモサピエンスの他に、サルから進化した高度な人種がいる」のようなくだらない説では一切説明が付かない。


関連記事
ブルーブラッド 悪魔の愚民化統治4~地下都市

ルパン三世のカバラ数秘術~ルパン三世Yの魔法の知識
会社で出世しやすい人は爬虫類人?!~ゼイリブから分かる事

テーマ : 本当にあった!怖い話
ジャンル :

福岡のレポートもまだ書いていないのに大阪のレポート?

9月の上旬、先日は大阪で交流会を開いて、「レポートを書くとすれば、このようなテーマ」みたいな話をしている。しかし、7月の福岡のレポートのテーマとして次のような話を記事にすると言いつつ、まだアップしていない。

・キリスト教が魔法を嫌う理由は、キリスト教徒は元より魔導師のエサだから
・ゲームやアニメのクリエーターは、中小社長業よりも上位
・真実追求の看板を上げるブロガー達が工作員だらけの理由

その上で、大阪のレポートも記事にするという話になっているわけだ(汗) もしかすると、このテーマは書かれたくない人がいて、防御魔法を張っているのかも知れない。

まあ「真実追求の看板を上げるブロガー達が工作員だらけの理由」に関しては、粗方は語り終わったか。要するに、宗教の青年部がやっているという話だ。だが、記事は別途に書くつもりでいる。このような工作員で面白いのは、「私の事を工作員と呼ぶコメントは削除します」みたいな主張はするのだが、「私は工作員ではありません」とは語らないのだ。「私は無宗教です」とも宣言しない、嘘になってしまうからだ。「ゲームやアニメのクリエーターは、中小社長業よりも上位」も結構語ってはいるが、ほぼ同じタイトルで別途記事を書くつもりでいる。というわけで、実は筆者の中では福岡の詳細レポートはアップしていないと言える。

1つ言える事は、上げるべきレポートが、いつまで経っても仕上がっていない。そんな状況は工作員のやる事ではないわけだ。依頼されたならば、たとえタダ働きであっても、シッカリとブログを更新してゆかねばならない。もちろん、アップしない工作って難癖もできるけれどね。

ブログなどで自分の書きたい事ですら、なかなか進まない中、コブラ解放やベンジャミン・Fのブログ情報の翻訳などを欠かさずアップとか、毎日必ず3~5のニュースをコメント付きで紹介するなんて事は、お金を貰っていない限りあり得ないと思ってもらいたい。もちろん、所属宗教からの指示で実施し、お金は貰えないなんて立場もあろう。

そもそも大阪に行った理由だが、先週、福井県・旧今立町の自然スポットを登山したりし、それなりにパワーを得た気になったが、家に戻ったら、またどんよりした気分に戻っていた。自然では駄目となれば、今度は都会という事だ。都会で歩く人からパワーを得た方が手っ取り早いかもという方向になったのだ。都会の方が色々と刺激になる事があり、自然を訪問した後よりもむしろやる気が出たと判断している。田舎のスポットでは想定内の事しか起きなかった。反面、都会は流石で、筆者の想定外の事も起きたり、知らなかった自分を思い知る事にもなったのだ。

大阪で単独での散策の時に思った事を語る。繁華街には「ボッタクリバーに注意、騙されたら当局に通報を」とあるのだが、通報させて当局に利点などあるのだろうか? 通報を受けた当局が「見逃してやるから」と店に突き付け、巻き上げるためだと感じた。

大阪で会った二人だが、実はデーヴィッド・アイクの本は読んでいないそうだ。まあ、別に「当ブログの読者=本を読む程にアイクに興味がある人」というわけではないのか。福岡で会った人達は皆が1冊は読んでいた。新刊の下巻は9/11に発売となる。恐らく手元にも同日に届く事だろう。911という数秘術を入れる理由は何なのだろう?

上巻がまだの人は上巻もどうぞ。魔法結社で習うような知識の宝庫なので、ある意味、一種の魔道書とも言える。


大阪で話している時にも思ったのだが、魔道の基礎知識(行動の方向を決める基盤)は親から受け継ぐものだと考えている。筆者は取りあえず、最低限の世の中の仕組みはマスターした。しかし、嫁がいないので、子供もいない。こんな状態では、筆者の知識を受け継いでくれる人がいないではないか。

「男はお金で勝負」なんてクレームを入れてきた女もいたが、お金がマイナスでもちゃんと女は寄ってきている。借金だらけの男とか、恋人と二人で貯めた金をパチンコにつぎ込んでしまう男にでさえ、結婚相手の候補として女が側にいるのに対し、自分は何をやっていたのだろう? まあ、それだけの不遇が筆者にあるからこそ、当ブログを書く強い意志が発生するのだが。←福岡のレポートもまだなので、実はさぼっているとも言う

今夜はスーパームーンとなる。晴れている地域の人は、見ておくといいだろう。大きく見えるとか、3割明るいという状況は、普段から月に注目し、眼がいい人じゃないと判別できないので、「別に普段と変わらなかった」みたいな話はやめてもらいたい。


アイテムの購入に関し、楽天の会員の人は楽天からどうぞ。魔術グッズも揃い、食用金箔(覚醒に結び付く)も購入できる。なお、アマゾンの方が広告料の還元率は大きい。


関連記事
大阪散策&交流会完了~現代魔道の事情

真実と魔道知識の会合~福岡交流会・無事完了

デーヴィッド・アイクの新刊登場~サタン-ムーンマトリックス
デーヴィッド・アイクの新刊登場~サタン-ムーンマトリックス2

テーマ : オカルト・ホラー
ジャンル :

大阪散策&交流会完了~現代魔道の事情

9月上旬に大阪府内で宿泊し、翌日に帰る事になった。
「会って何か話したい事がある人はメールでどうぞ」と、到着当日に記したら、翌日には2人の人と会う事になった。「大阪府内じゃ、ウチに近いかどうか分からない……」そんな事を考えている人は、会えないように細工して場所を語ったのだ。会っている時は喫茶店で少ない注文で粘った。3人共に低収入者だったので羽振りが良くなかったのだ(爆) なお、お金を戴く事もある。お金の使い方がうまい人は、お金を出す事でより大きな価値を創造する事ができるのだ。以前に話した「費用の定義(お金を出さない対象には、価値を感じにくい心理が発生する)」という話とも関わる。

筆者と会う事になる人は、無職だったり会社役員だったり、肩書きが極端に違う状況にある。しかし、実際には精神の到達レベルは近しいのだ。無職の理由は、あくまで奴隷労働、奴隷教育が馬鹿らしい事を把握しての事なのだから。他には遺跡発掘者みたいな、特殊な職業の人とも会っている。単なる主婦でも海外在住経験があるとか、単なるアルバイト大学生でも、他に会った人が、その筋では有名人ばかりという人もいる。

実は帰りの便には乗り遅れそうになった。大阪駅周辺が入り組んでいて、目的地に到達できないという状況に陥りそうになったからだ。しかし、10分前にスタッフのおじさんを見つけ、案内してもらい、5分前には目的地へ到着できた。見下したりせず、しっかり言葉でお礼をした。大阪の梅田は斜めの道が多過ぎ、慣れてないと迷いそうな雰囲気だ。まあ、自然の山道でも人は迷うのだから、都会特有の話ではない。


交流会の詳細のレポートは後日にしたい。テーマとしては、次を語る予定だ。

・超高学歴を取った人は、やはり高校時代に魔術を知っている。知らずにひたすら勉強して東大京大に受かっただけの人は、スタートの時点で出遅れており、将来の高学歴・奴隷候補。東大を出る頭でもオカルトを認識できない人が多数派なのではなく、オカルトのお蔭で東大に受かった人が目立っている。医学部の難関度も考えると、有名大卒の医者も同様と言える。もちろん、そんな人達は他の人にオカルトを知られたら、即座にトップでいられなくなる。よって、今後もオカルトを知りつつ、とぼけたり、嘘をついたり、黙り続ける事になる。

・年端のゆかない子供を生け贄にする理由は、ポテンシャルエネルギーを奪い、黒魔術を実施するためが主体。黒魔導師が必ずしも子供好きとは限らない。好きの意味があっても、エサとして好きという程度。

大阪の主要駅に設置されたカメラで顔認識し、人物の行動を辿るプロジェクトが中断された理由。

・大阪にも地下都市はあるのか? 東京では先日、丸の内(駅と皇居の間にあるオフィス街)地下4階からの煙で証明された。

インターネット設立の目的としては、大衆の思想・行動を把握するために作られた。しかし、インターネットを主導した支配層は「いい想いをしていないプチ霊力者」の存在を甘く見ていた。霊的(魔術的)な秘密を守るには、霊的な秘密を感知できる者達の全員がいい想い(金銭、人間関係、名声・評判)をしていなければならない。しかし、はぐれてしまった彼らは、その霊力を使ってネットで真実をガンガン出してくる。

・ネットでの情報発信者に関し、無名なのに実名あるいは無名なのに顔出しで陰謀論系の情報を流す人は工作員。結局、宗教が関わっていたり、先祖が武家だったりする。一見、正義感に溢れるように見えても、更なる真実のような都合の悪いコメントなどは消されたりする。

・有料のセミナーでは主催者は訪問者からパワーを奪うのが目的。「起業で成功するため」みたいな主題でも、参加者が成功したりする事は、まず無い。成功したとしても、吸われた後の状況で頑張ったか、魔法結社に誘われたから成功できた人。同時瞑想を指定される場合、瞑想を実施したら、集会に訪問していない人まで、エナジーを巻き上げられる。

・ネットも含め、ある程度有名になっている人は、ほぼ全員が術者。一方、お金持ちになっている人も術者。言うまでも無く、有名でお金持ちになっている人は確実に術者。たまには、「術だと認識せずに術を使っている、自覚の無い術者」もいる。自覚が無くても、術の勉強をすれば、自分が無意識に術を使っている事が回想できる。さっきの学歴の話も含めると、余計に有名な医者・学者、本業以外で儲けている医者・学者が信用できる道理など微塵も無い。

・パワースポットの訪問方法。自然のスポットならば、特に注意点は無い。神社仏閣の場合、人のあまり通っていない所や、お金を払って入らせてもらう所には、いいエネルギーが充満している。また、離島など、そもそも訪問者が少ないスポットもお薦め。

・真実を語りつつも解決策の無い、あるいは解決策が偽りの情報発信者は、必ず見当違いの偽りも押しつけてくる。……特に医療の闇を暴露する人間。

えっ? 広告が全てを語ってるって? じゃあ、後日の記事では省略でいいかな。船瀬俊介は差し当たり、「魂は無いと思います」みたいな偽りを押しつけていないって? いや、ベンジャミン・Fという偽りを押しつけているに等しい。

・2018年頃に地球は2つの世界になる? バシャールは2015年には引き返せない所まで来ると語っていた。ただ、アセンションと同じく下位・中位の魔法結社員が上位結社員に騙され、あたかも真実かのように大衆へ頒布しているだけの可能性もある。もちろん、不思議な世界に迷い込む可能性もある。

事前には全く話を用意していなかったが、なかなか興味深い話が出てきているはず。

アイテムの購入に関し、楽天の会員の人は楽天からどうぞ。魔術グッズも揃い、食用金箔(覚醒に結び付く)も購入できる。


関連記事
真実と魔道知識の会合~福岡交流会・無事完了

京都会合・パワースポットの旅 完了

テーマ : 旅行日記
ジャンル : 旅行

デーヴィッド・アイクの新刊登場~サタン-ムーンマトリックス2

デーヴィッド・アイク(支配者・爬虫類人を人々の顕在意識に炙り出した人)の新刊・ハイジャックされた地球を99%の人が知らないの(下)が登場となる。

今こそ声を上げ、不服従のダンスを踊るのだ! ハイジャックされた地球を99%の人が知らない(下) すべての方面から推進される《血族》による支配と淘汰のアジェンダ


上巻は以前に解説した。「内海聡が激賞!」とあるが、結局は否定的だ。内海氏の起用は、アイク情報を信じさせないように出版社が設定したというのが当ブログの見解だ。

今度は「船瀬俊介が激賞!」と記されている。あまり知らないので調査すると、食品や医療の闇を語っている陰謀論者のようだ。アイクの説に対して、どのような見解を示すかも面白そうだ。もし、アイクに否定的ならば、出版社はアイク情報を否定したくて仕方ないけれど、他の出版社で出版されてしまうくらいならば自分の所とし、なんとでもできるという点を採用したといえる。

実は船瀬氏はベンジャミン・Fと対談をしており、多分、外れだと考えられる。ベンが好意的に語ったり、ベンと仲良かったら、外れだと思えば判定が楽だ。デーヴィッド・ウィルコックカレン・フーデスケッシュ財団コブラ解放、飛鳥昭雄、内海聡、リチャード・K、そして今回の船瀬俊介が、偽り集団に加わるかどうかは、今後の言動次第となる。なお、金(ゴールド可)さえ貰えれば、くれた人をいつでも応援するつもりなので宜しく。単に金を貰っていないから、正直な気持ちを語る事になっているのだ。


何でも取り込むはずのベンが否定的に語ったら、それこそが本物と言える。アイクとベンはお互いにデマのエージェントだと罵り合う間柄だ。デマの発信者ベンジャミン・Fは、白々しくアイクの話を「訳の分からない作り話だ」と切り捨てている。次のムービーの1分1秒辺りとなる。

アイクの方は次のようにベンジャミン・Fを切り捨てている。
デーヴィッド・アイクの「ベンジャミン・フルフォード」評 自己陶酔しているバカモノ。ディスインフォメーションのアーティスト(職人、専門家)。

太田龍氏も実はベンと共著を記しているが、太田氏は真実の追究者なので、後に騙された事を知って激怒し、自ブログで暫く叩き続けていた。飛鳥昭雄、内海聡、船瀬俊介などが、自ブログでベンを叩き出したら、信用できる方向に傾くと言える。

ベンジャミン・Fは売名目的で太田氏に近づいた時には「まもなく日本が世界を救う」と煽っておきながら、別の人と組んだ時は「9割の日本人の頭がメルトダウン」と語る、ぶれが大き過ぎるデマの発信者だ。まもなくって、もうとっくに過ぎたよね?

以前にもブログで述べたのだが、アイクに対して「●●について語っていないので信じられない」のような論調がある。いやー、例えばアイクが日本の芸能界の闇を語っていなくったって、真実の発信者だ。「アイクならば日本の芸能界の闇だって知っていて語れるはずだ。なのに、語っていないという事は工作員だ」のような主張は難癖・言いがかりという。逆にイギリス、アメリカ、カナダの要人については、しつこいくらい語られている。「どうでもいい人ばかり語っているので工作員だ」みたいな難癖を付けられるような域だ(笑) 要するに、爬虫類的宇宙人を信じたくないあまり、全く関係の無い所で勝手に工作員だと思い込む防衛心理と言える。

もう1つ、アイクを信じないようにトリックを仕掛けている人がいる。「アイクはバチカン事を語っていないのでバチカンの工作員だ」みたいな主張だ。しかし、アイクの多くの著作の中には、ちゃんとバチカンについても語っており、そもそも前提が嘘だった。実態とは異なるレッテルを貼って叩くような行為を「藁人形(ストローマン)論法」と呼ぶ。詭弁の一種だ。

よく、アイクみたいな論に対し、「自分には証拠として認識できなかった」みたいな人がいる。要するに、「右脳が働いていない=頭が鈍い」なのだから、自分を知って貰いたい。たとえ高学歴者であっても、右脳の水準が低いと、オカルトな話は認識できないのだ。本当は相当に頭がいいのに、勉強しても無駄だと生徒時代に気づいた人が難関大学を受けなかったからこそ、現在、難関大学に受かった人がいるという状況だ。修行してホルスの目を開いた人が「証拠として認識できなかった」と語るならば、相当に難しい問題なのだろうが、いい学歴を取った程度で賢いと錯覚し、物事を分析しても、結論を誤るのだ。

言わば、オカルトの認識には、物事の関連性を思いつく能力が必要なのだ。この能力は右脳に依存する。

神が我らに与えた恩寵は、物(事)の関連性に思い当たる能力を我々人類の心から取り除いた事。(邪神伝説より)

この物語でも、マドーラという名前の女が登場した。クトゥルフ神話という、魔導師がインスピレーションを得て創作した神話が基盤になった物語だ。矢野氏も魔導師だからこそ、週刊ジャンプなどで連載ができたという話になり、クトゥルフ神話にも興味があるのだ。魔術的なシーンや邪神降臨のリアルな(グロ系の)儀式シーンがあり、黒魔術と悪魔崇拝の違いなどを語っていた。当ブログ読者でも黒魔術と悪魔崇拝の違いをすぐには説明できないはずだ。ちゃんと調べておいて貰いたい。

人類誕生に関し、おかしな迷走者がいて、次の2つの説に迷ったあげく、「人間とは別に地球に高度な文明を持つ生物が出現し、支配者となった」という説を採用した人もいる。「地球に高度な文明を持つ人類が自然に現れる確率」と「地球に来た爬虫類的異星人に造られた確率」を比べた結果だ。しかし、見落としがあるのだ。「地球人しかいないのに、爬虫類的な存在を神として崇める事になる」という確率を見ていないわけだ。「大富豪とか有名人に限って悪魔崇拝をし、そんな組織の末端である会社の社長が宇宙人から魔法を授かる物語で驚嘆する確率」は「地球産の別の人種がいる説」ではゼロなのだ。逆に、「爬虫類的存在に人は造られた説」では、地球に存在する他の現象も説明ができる。なお、「地球産の爬虫類人が地底にいる」という話ならば、説明の付く対象もある。しかし、地底人が月などに行ける以上、彼らが「地球産である根拠」が無限にゼロに近いという話になるのだ。地底では地表と環境が著しく異なり、むしろ他の星の地底の方が、地球の地底と似た環境があり得る。単に他の星から地底に住み始めただけの可能性が高くなるというわけだ。

「人間とは別に地球に高度な文明を持つ生物が出現し、支配者となった」を採用してしまった右脳の働いていない人が根本的に誤る原因になった状況を分析したい。確かに「爬虫類的な宇宙人が地球に降りて支配者になる確率」みたいなのは一見、低いように思える。しかし、「地球の各地の遺跡に爬虫類神だらけで、表向きのトップ(皇帝、法皇、王)が崇拝している」という場合には、一気に「爬虫類的な宇宙人が地球に降りて支配者になった確率」が跳ね上がるのだ。視野の狭い状態で、この人は懸命に「爬虫類的な宇宙人が地球に降りて支配者になれる確率」だけを計算しているから迷走するというわけだ。思考の順番も支離滅裂で、「爬虫類的宇宙人が地球に来て住める確率はほぼゼロ」。よって「アイクの話や遺跡なども私には証拠にはならない」のような論法だ。そうではなく、遺跡や爬虫類崇拝などの証拠が先にあり、その上で「爬虫類的宇宙人が地球に来て住んだ可能性」を想定しないといけないのだ。一応説明しておくと、神社仏閣の神の多くが龍蛇になっている。キリスト教の儀式でも、バックに龍蛇が描かれている。

「地球人は奴隷として創られた」というテーマを続けるが、実はやりすぎ都市伝説というテレビ番組では、宇宙人による創造を暴露してしまっている。

洗脳のツールであるテレビが、どうしてそのような真実を語っているのか? 

「宇宙人によって遺伝子改造されて人間が生まれた」というそんな話は当ブログでは通念なので論点ではない。どうしてテレビで放映されているのかだ。人類誕生をサルからの進化だと信じさせたいはずなのに、わざわざ真実を放映する理由を考察せねばなるまい。未だに進化論なん信じている人にも、テレビが嘘だとはばれているので、「進化論なんて嘘だという新たな嘘をテレビが放映している」と思い込ませるためだろうか? つまり、テレビは嘘つきなのだから、本当の事を語れば、真実までも嘘だと思わせる事ができるわけだ。

ユーチューブのコメントにもあるが、関暁夫(番組のテラー)が語っていたマヤ文明関連で2012年末アセンションは起きなかったので、嘘つき認定されている。同時に進化論が嘘だという話すら信じないようにするトリックだろうか? それにしては、今でも降ろされず毎週のように語っているみたいなので、納得できない。テレビが嘘つきだとされたくないので、改心して真実も交えるようになったのだろうか?

単にテレビ局のネタが無くなっただけだろうか? 視聴率さえ上がればプロデューサーの給料が上がるので、それが理由なのだろうか。ネット社会の今、既に知れ渡っている「人類誕生の理由」を知らないような人が、都市伝説の番組を見るはずも無く、フィルタをすり抜けた人しか、あの手の番組は見ないはずだ。有志による見解だと、そのような真実を伝えつつ、陰謀論で有名な某秘密結社は善の存在だと強調している。番組の目的は、ばれてしまっている真実の隠蔽ではなく、秘密結社の印象回復などに搾っているというわけだ。あくまでこの話は筆者の見解ではなく、ネットの有志の見解だ。筆者としては、半分くらいは目的だと認識したが、本当の目的となる残り半分を補わないと納得できない。今の所は「本当の目的」を思いついていないので「テレビで真相が出てくる理由」を思いついたらコメントを戴きたい。

当ブログでは宇宙人が地球人を造ったという話を強調しているが、「高次元の意識生命体の意思によって、生物がある日突然に変化する」という意味での進化・創造の証拠が積み上がれば、その説を採用しても構わない。支配的な爬虫類的異星人は地球にいるけれど、別に彼らが人類創造主というわけではなく、高次元意識生命体による創造行為を横取りし、支配者に収まったという説だ。しかしながら、魔法結社の知識では、原則は「地球に舞い込んだ、あるいは目的を持って降臨した肉体的宇宙人が地球人が創造した」という話が語られている。そういう物語ばかりが創作物の世界にあるからだ。なお、その姿はシルエットだったり、人間と同じ姿という話が主流だ。今の所は、爬虫類的異星人が正体を隠すために、「高次元の天使のような存在が地球人を創造した」という偽りの話を用意していると考えている。しかし、この説は叩く必要が無いのだ。「爬虫類人的ヴァンパイアに地球が寄生されている」という事は肯定したままなのが理由だ。つまり、対策方法は同じと言うわけだ。

「善の高次元意識生命体」は創造神ではなく、天使と言える。宇宙や星々、そして高次元すらも創造した存在は、もっとずっと彼方に存在するというわけだ。科学信望者が「神を一旦排除して物理的な手法で解けなかった時のみ、神を起用すべきだ」みたいなくだらない話をする事もあるが、そもそも神の定義が間違っている。また、科学的アプローチで使われるルール(神を一旦排除するとか)そのものが真実に辿り着けないように設定されている事に気づけないようだ。

多くの場合、「邪悪な宇宙人によって創造された」を否定する人は、爬虫類的異星人によって支配されている事を認めたくないから否定を実施する。しかし、「地球の現支配者である爬虫類人が地球人を創造したわけではなく、もっと素晴らしい存在だ」という話ならば、筆者も聞く耳持てるわけだ。


さて、デーヴィッド・アイクの新刊・下巻に連なる話をした。上巻がまだの人は上巻もどうぞ。魔法結社で習うような知識の宝庫なので、ある意味、一種の魔道書とも言える。


アイテムの購入に関し、楽天の会員の人は楽天からどうぞ。魔術グッズも揃い、食用金箔(覚醒に結び付く)も購入できる。なお、アマゾンの方が広告料の還元率は大きい。


関連記事
超常現象・オカルト の ベストセラー デーヴィッド・アイク

デーヴィッド・アイクの新刊登場~サタン-ムーンマトリックス

なわふみひとによるデーヴィッド・アイクへの疑念を崩す……爬虫類人も異星人による創造も認識できるのに、イエスを否定しているという理由でアイクを信じない人の迷走

テーマ : オカルト・ホラー
ジャンル :

リンク
月齢
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人と引き合わせる事のないようにお願いします(お子さんなどはO.K.)

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
本物の魔道書
魔法は存在するからこそ、この価格に
最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。相談は承りますが、意見メールは特に不要です。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
放射能が除去できる空気清浄機
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  3ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運