FC2ブログ

粗食と少食の違い、食事で運命好転





水野南北自身は、酒は毎日180ml程度飲んでいたという。

粗食……穀物と野菜を主体とした食事
少食……食べる量が少ない

寺の精進料理が該当する。まあ、寺によってはウサギを鳥だと解釈して食っていたりと、僧が肉食しなかったわけではない。


水野南北は倹約の話もしている。自分自身が質素なのは良いが、他人に対して金銭的にケチるのはダメだそうだ。
当ブログの管理人に対し無料で、「お金に困っているのでアドバイスを」という人がいた。強烈なエナジーバンパイアだ。この態度を改めない限り、お金は集まるまい。それから、お金は得る方法よりも、まずは使う方法なのだ。ちゃんとお金を払う人は本気のことが多い。もちろん、その人にお金の余裕があるならば、余裕度合いも管理人は加味する。

当ブログでは、(交流会でヴィーガンの人と会ったら、その人が待ち合わせ都市を間違え、しかも会食したら実に盛り上がらなかった事があるので)ベジタリアンを奨める事はやめた。だが、多くの日で肉無しという食事法は良い事だと現在でも思っている。




関連記事
ヴィーガン(完全菜食者)のユーチューバーが肉食して炎上

テーマ : 食生活
ジャンル : ライフ

精神安定ハーブ(薬草)・サプリメント

ストレスを感じている人もいそうなので、本日はハーブやサブリの紹介。
ちなみに、在宅が中心の当ブログ管理人の日常生活はほとんど変わらない。旅行へは行かなくなったというのはあるが。

●セントジョーンズワート(弟切草)



味覚によっては飲みにくい場合もある。その場合にはサプリメント。



●リラックスティー




●ギャバ




●ヘンプ(麻)、CBDオイル





関連記事
食料備蓄おすすめ1
食料備蓄おすすめ2 & 生活必需品
家に引き篭もる事になった場合、便利アイテム
食料備蓄おすすめ3、便利アイテム2
食料備蓄おすすめ4、便利アイテム3
便利アイテム4~災害の場合などに

テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

赤ちゃんにヴィーガン食(完全菜食)を実施して病気に



赤子に粉ミルクを飲ませず、栄養失調になるという事件が世界で起きている。イタリアでは、子供に肉や魚、卵や乳製品を一切食べさせないヴィーガン(完全菜食主義者)の親を罰する法案が議会に提出されたそうだ。一方、アメリカでは、ヴィーガン食でも問題ないとされる。ただ、「ビタミンB12を含む食品を意識して摂らせる必要がある」という注意点が存在。

思うに、ビタミンB12を意識せねばならない時点で、ヴィーガンはおかしいと解釈できる。もし、完全菜食が人間の食べ物ならば、特に栄養を気にせず食べるだけで、完全に栄養が満たされるはずだからだ。
大人になってから、数日くらい完全菜食で体を休めたつもりになる食事をするのはいいとしても、栄養失調になりやすい時点で強い疑問が湧く。当ブログでは、特にベジタリアンを勧めてはいないが、肉を食べず魚を食べるみたいな手法には注目したことがある。魚介にも養殖はあるが、多くが天然物という所が自然派なのだ。

ベジタリアンそのものは、当ブログは否定的ではないが、肉を食べない代わりに、乳製品や卵、魚のいずれかを選択すべきだと考えている。ヴィーガンには否定的になった。

関連記事
肉食は本当に害なのか?~うつが治る~森脇健児が芸能界を干された理由は焼肉?

テーマ : マクロビオティック・ベジタリアン
ジャンル : ヘルス・ダイエット

肉食は本当に害なのか?~うつが治る~森脇健児が芸能界を干された理由は焼肉?

追記になってしまうが、女性ベジタリアンだと閉経が40歳前後になってしまう傾向もあるようだ(もちろん、ならない人もいるし、逆に30代で既に不安定とも言える)。ベジ女性が30代終盤で結婚し、40歳でそうなったら……。ベジタリアン運動は精神世界に偽装された人口削減政策の1つではないのか?

当ブログでは、去年までは肉食を非推奨としてきた。別に菜食になれという話ではなく、哺乳類は食わず、魚や鶏は取り入れつつ、好みで乳製品(チーズ、バター)、鶏卵がラインナップの食事という具合だ。また、それらの食材に収まるならば何でもいいわけではなく、自然農法で作られているとか、魚介だと産地は東日本の太平洋側を避けるとか、加工食品は避けるとか、食材を選ぶという観点を重視する。また、牛乳やマーガリンが毒という認識を持つべきだ。更には、遺伝子組み換えや化学添加物の知識を持ち、不必要に摂り入れないようにする。つまり、成分表示を見てから買うべきという指針だ。

筆者は菜食主義のサイトを一通り回った時期もあり、とにかく素晴らしさが強調されていて、一方では肉食者は邪教徒扱いだった。筆者も実は哺乳類を食わない方向だったので、肉食者を不快にさせた事もあろう。しかし、逆に筆者が今年、その不快感を味わう事があった。相手がヴィーガン(完全菜食者)だったのだ。それを知らず筆者はケーキの食べられる店に案内した。そして雰囲気は悪くなる。筆者は相手に合わせるつもりで普段は食わないケーキを食したが、その後に食の主義を知り、むしろ合わせる意思が雰囲気の悪さに繋がった。

ちょっと、待った。宣伝されるヴィーガンというのは自信と活力があり、相手に気遣いが出来、元気になるオーラを相手に振りまくのではなかったのか?  残念ながら、とてもそうではなかった。考えてみれば、「周りに食べられる物が無い」という強烈なストレスを感じている人の精神が活き活きとしている事など、あり得ないとも言える。また、相手に合わせる事も難しい。筆者にしてみれば、相手に合わせて普段食わない物を選択したのに、それでも拒絶されたと感じたわけだ。肉を目の前で食ったならばまだしも、ケーキ程度というのもある。

「私はそれを食べない」という表明までは許されるとしても、「お前はそれを食うのか」という質問は既に失礼を通り越している。しかも、目の前に今、存在しているものならば尚更だ。目の前には話題の食べ物が無い時に、「あれ食うの?」でも重圧なのに。相手がライバルだったり、議論するために対話している場合ならばともかく、友好的に接する状況で、重圧はあり得ないわけだ。

ヴィーガンについて、ベジタリアンとの違いを簡単に説明すると、ベジタリアン(菜食者)の集合内にヴィーガン(完全菜食者)が存在する。ベジタリアンは卵や乳製品を摂ってもベジタリアン。つまり、ケーキやアイスクリームをバクバク食うベジタリアンもあり得るのだ。ヴィーガンというのは、動物性を完全に排除する。鶏卵や牛乳は動物性なので避けるわけだ。

もし、菜食者がうつ(鬱)の状態ならば、うつの原因があるわけだ。ここで「自分の食べられる物は、周りにはほとんど無い。こんな現実は嫌いだ~」というのが必ずあるはずだ。この精神的ストレスを解消するために、解除をお奨めしたい。うつが軽減される効果が期待できる。この話をした理由に、「菜食者だった斉藤一人が、肉を食い出した。うつ病の人に肉を食わせ続けたら治った」という情報が寄せられたからだ。


日月神示では「哺乳類を食うな」みたいな話があり、2005年頃の筆者は乗せられてしまった。非肉食を実践していたが、それはアセンションがあるかも知れないという事で、保険を掛けていたというのもある(笑) 理屈では起きるはずもなかったが、まだ当時は魔法結社の走狗達が異次元からのメッセージを発表している事に気付いておらず、「こんな凄い情報を語る存在は本物に違いない」という感じで一目置いていたわけだ。アセンションは実際には起きなかったので、肉食を避ける大きな意味が消滅したわけだ。別に肉食だから早死にするわけではなく、むしろ100歳でも肉を食って健康で長生きという人もいれば、もちろん菜食で早死にや長生きの人もいよう。菜食者だと小さい事ばかり気にする傾向にあり傷つきやすく、長生きできない事もあり得る。もちろん、肉食でも毒素が溜まるという話がある。となると、別に菜食・肉食だけで、健康や生き死にが左右されるわけではない。また、長寿が必ずも幸せというわけではなく、牢獄の惑星からは、なるべく早く離脱した方が良い。輪廻転生するならば、新しい身体を貰えるわけで、ある程度年を取った身体で生きる事よりも、早死にの方が良いという考え方もあろう。

「アセンションが起きなかったので、もう肉食でもいい……」こう書くと、日月の信者が「そんな事で思想を変えるとは……」みたいな反論をするはずなので、先に弁明しておこう。「いやいや、2012年アセンションが無い事は証明された。今後、いつ起こるか分からない事のために、何かを制限されるストレスを感じる必要は無い。そもそも、肉食だけで全てが決まるわけではなく、鬱状態の方が問題だ」と。菜食をやめるというのが、最近のブームなのかも知れない。「僕が菜食をやめた理由」みたいな記事でブログを書く人が現れるなど、アセンションの戯言に乗ってしまって菜食だった人も結構いたと言える。

もちろん、「肉を食うなんて、ますますうつ」という人は問題だが、案外そういう人こそが変わる予感がする。「子供の頃から何となく避けていた」という場合には肉を避け続けてもいいが。ハッキリ言って、今の日本でヴィーガンを貫くのは困難だ。ちょっとした拍子に、排除しているはずの動物性を口にしてしまう事だろう。そして、その事でますます傷付きうつになる。自分だけでも重圧なのに、親や友人、同僚から心配されたり阻害されたりする状況にまで耐える精神力が、果たして菜食で身に付くのだろうか? もう食べ物で傷つき悩む事をやめないかい?

8年前くらいか、久しぶりに会ったイトコの若い女の子に「肉を食うと体臭が……」という話をしたが、「私は匂いのある男が好きなんだ」みたいに瞬時に切り返された(笑) コミュニケーション能力の高さにも驚いたが、「匂いの無い男」が必ずしもモテるわけではないというわけで。

当記事、読者コメントより
しょぼい人生送って、恋人もいないような人が食べ物まで我慢したら、反動がくるに決まってますよね
これは強烈!
他にも、ありがちなのは、自分の不幸を嘆く余り、「肉食を避ければ良くなるのではないか」という心理で実践する場合だ。

砂糖は麻薬という説も把握しており、逆を言えば一時的でも脳がハッピーになる。砂糖を極限まで避けると、砂糖を要因とした麻痺的なハッピーを感じる可能性もゼロというわけだ。砂糖でもいいが、ブドウ糖を摂取すると、一時的には脳の働きが良くなるという説がある。体内物質のバランスは悪くなるようだが。

10歳若返るとか、心が狂わないという話だが、当筆者はそう思わない。ベジタリアンと同じ宣伝文句で虚偽だ。心が狂う原因は、ショッキングな出来事と、不健康状態と、性のパートナーがいない事と、お金の欠乏などが主。添加物や電磁波もあるが、それ以外に狂う理由は考えにくい。通常は乗り越えられる。肉食や砂糖は要因となったとしても、微々たるもの。

肉食と霊力には関係が無い。イメージとしては、哺乳類を食う人間よりも菜食者の方が高い霊が降臨する印象だが、菜食者の方がうつになりやすいという傾向で、やはり高級霊が憑依する事は考えにくい。菜食を推奨する日月神示を真理として扱い、2012年末に地球大パニックを煽った「なわふみひと」も、おかしな霊に憑依されていただけだ。なわふみひとも、どうせ「あらゆる宗教を是認するカルト」所属だ。「聖書、しかもウチの派閥以外は悪魔」よりはマシな部分もあるが。

1円の古本と、新本売れ残りの山だが、支援した勢力こそが根源といえよう。

精神世界には肉食を避ける話が中心だ。しかし、アセンションが起こるとか、支配層が逮捕され、大金が配布されるという大嘘ばかりで、肉食の部分すら疑いたくなる。

幻の桜の管理人(職業?は巫女)は、実は肉も乳製品(クリームみたいな甘いの)も食べるようだ。
好き嫌いなく食べられるものが多いと得られる情報が多い
のような言葉を発している。

肉であっても、その情報を取り入れる事で、新しい発想や経験が目の前に現れると解釈した。筆者は食べ物に関し、「何かをダウンロードする」という認識となった。パソコンやスマホだと、使用するアプリをインストールするという感じで、役立つソフトだったり、ゲームなど娯楽ソフトだったり、悪用するソフトといった具合だ。そして、自分の身体が食物の性質を帯びると、起きる出来事が変わるという解釈だ。実際、筆者が食べ物を変えると、人との出会いがあったり、今まで波動の違いで会えなかった人がアクセスしてくる事が何度もあった。

食べる事と本質は同じなのかも知れないが、輸血というのがある。年寄りが若い血を輸血したら元気になったという話もある。(読者が最近、そのリンクを提示したが、筆者が支持しないブログなのでコメントはオンにできない。アニメや映画情報ならばともかく、思想を含み、名の通ったブログは、筆者がリンクした実績が無い限り、URLを書かないようお願いしたい。無名のブログならば、支持しなくても通す場合はある。非公開コメントならばURLありで良く、むしろ伏せ字などは不要。)

牛肉、特に国産牛は値段が高い。もちろん、庶民でも買えない値段ではないし、打ち上げなどで焼き肉屋というのは、サラリーマンならばあり得る。一方では価格は天井級で、高級肉も探せば多彩だ。むしろ金持ちこそが牛肉を食っていると考えられる。

当ブログでは陰謀や爬虫類人関連の本で、次の2冊を紹介している。

「地球を支配するブルーブラッド 爬虫類人DNAの系譜」では、実は菜食者を批判している。


一方「ロシアからの警告!ブルーブラッド 悪魔の愚民化統治―超国家奴隷制と超越的独立個人 魔の呪縛からの解放」では、肉食を非推奨としている。

また、「支配層こそ(安全なタバコである)葉巻を吸っていて、庶民には毒だと信じさせている」とある。その論法だと、「支配層こそ(安全で活力の湧く)肉を食っていて、庶民には害悪だと信じさせている」という話にもなるはずだが。

シガリロ(小さい葉巻)やシガーは楽天の次の店をお薦め。楽天で葉巻を扱っている店自体が少なく、値段は全国統一。
世界のお酒&葉巻の専門店

同じく、真相を追求する本で、肉食と菜食に関しては思想が違うというわけだ。要するに、「陰謀論を深く把握している人でも、肉食・菜食について決め手に欠けている」と判断した。もちろん、一方が菜食の部分で嘘をついている可能性もあるが。

もう一度語るが、筆者は菜食推奨サイトを一通り周り、納得している。にもかかわらず、「菜食の人が肉食になればうつが治る(肉食で治る程度のボーダー)」という話と、実体験(ヴィーガンとの会合)を味わった後には、「菜食主義をやめた方がこの人は幸せでは?」となる人がいるという考えになったのだ。残り何十年生きるとして、食べる物が無いという状況で、本当にハッピーなのか? とても残りの人生を正常な精神で耐えられるとは思えないのだが。なお、年代が若い人ならば、菜食を1つのスタイルとして追求する経験を得るのも悪くない。思う時に解除できる心の余裕も持っておこう。一旦菜食になったという事は、肉を食う事の意味も理解したという事なので、幅が広い人生になる事だろう。

もちろん、「動物を工場みたいな所で育てても許す」「苦しむ方法で屠殺しても許す」みたいな話ではないので意味を把握して貰いたい。むしろ、不買運動すべきだ。一方、畜産のために飼料が使われるので、飢餓に苦しむ人が出るという話は信じていない。飢餓に苦しむ人は、元より穀物を買うお金が無い。支配層はたとえ穀物が余ってもバイオマス(燃料)などに活用するだけで、飢えに苦しむ人に配布するつもりは全く無い。

菜食主義の弊害を調べると、大豆の話に尽きる。農薬はもちろん遺伝子組み換えの危険性が常に付きまとい、しかも、普通の調理法では「フィチン酸塩、酵素阻害物質、ゴイトロゲン」という毒が残るので、原則は納豆みたいな発酵食品である必要があるのだ。納豆は食えばいいと思うが、嫌いな人は難しいし、頻繁には食えない人もいるだろう。テンペ(大豆発酵食品で納豆よりずっと臭わない)は売っていない店が多く、値段も高く、種類も少ないので、納得できない大豆のテンペしかラインナップが無いみたいな状況に陥る。もうその時点で、「大豆さえ摂れば」という前提が崩れ、心身のバランスが極めて不安定になる事が確定的となる。


アメリカのベジタリアンが太っているという話がある。もちろん、肉食者も太っている(笑)だろうが、たとえベジタリアンであっても、支配層の罠から脱出したわけではなく、ますます毒を食わされ、精神に障害が出る状況もあり得るわけだ。

ベジタリアン運動は、分断させて統治するテクニックではないのか?


森脇健児というタレントを知っているだろうか? タモリ(イグアナのマネをするギャグを持つ)を怒らせて芸能界から干されたという。実際にタモリが原因かは置いておいて、次のようなエピソードがある。タモリが自分の別荘に友達を呼ぶ事になり、木を調整するために、付き人(舎弟)に「木を切っておいて」と言い付けた。しかし、付き人は木を丸ごと伐ってしまった。それでもタモリは呆れつつも怒らず、「確かに俺は木を切って」と言ったという事で収まった。しかし、そんな温厚なタモリが大激怒する場面があった。打ち上げの会場となった焼き肉屋で、森脇健児が焼き肉を仕切り、プレートいっぱいに並べ始めた。それを見たタモリが大激怒! 「肉には人それぞれ好みの焼き方がある。それを無視するお前は、絶対許せん」というわけだ。焼き方一つで、相手を不機嫌にさせる。勝手に他人のドリンクを頼むのも不愉快の域。ましてや、食っている途中の食べ物そのものを否定したら、かなり険悪になるという話だ。

なお、タモリと森脇の話は、森脇健児だけで検索しても上位に出てくる。森脇健児はマネーの虎にも出ていたので、そこから調べた情報でもある。

筆者の状況を語ると、若さの違いもあり、食べ物だけで決まるとは思っていないにせよ、肉食の時は活力があり高収入で、菜食の時は平穏だ。肉食を避け、トラブル自体は激減した。しかし、ちょっとした問題解決に対する耐性が低下した自覚もある。トラブルが少ない分、小さな事がいつまでも残るというわけだ。更には過去に乗り越えたはずの事まで現れる場合もある。

さて、当記事で筆者が肉を食い続けるという話ではなく、うつの場合には自分の作った戒めを解こうという話だ。日月神示に騙されている人も、当ブログに多少はいるだろうが、日月神示はインチキなので、日月神示を根拠に肉を食わないのはやめておこうという話だ。菜食主義の人は、そういう意味で、自分の精神を解放させるカード(切り札)を持っているので、素晴らしいという話でもある。肉食者は戒めを解くというカードが幾つか欠けるわけで。

当ブログでは、「非肉食推奨」のスタンスから「精神世界も含めた食の知識を持った上で、本人の自由だ」というスタンスに変えたい。過去ログに菜食推奨があっても、撤回という話になる。また、相手の食を無視・拒絶する事が、どんなに不愉快か、ヴィーガンの人や森脇健児の噂から教えられたし、相手をどんなに不快にするか菜食者にも知って貰いたいわけだ。

肉食者にも、今の肉食を続けろという意味ではない。牛ならば赤身の肉を主体とし、油っぽいのが好きな人は鶏肉にする。また、抗生物質を使わない事を売りにしている上等な品を買う。普段は菜食にしておいて、たまにだけ肉を食うというスタイルは推奨する。「食えない物ばかり」というストレスが無くなるし、肉を食べる時に感謝し、美味しく感じる傾向が想定できる。趣味の範囲内で、今日はベジタリアンのレストランへ行こうみたいな日もあっていい。


危ないのは食べ物そのものじゃない。食べ物について君が何を考えているかだよ……ジョー・ヴィターリ著「あなたを成功と富と健康に導くハワイの秘法」より


関連記事
有名な世界はお金で作られていた~マネーの虎

ブルーブラッド 悪魔の愚民化統治1~ヴァンパイア
ブルーブラッド 悪魔の愚民化統治2~宇宙人の存在
ブルーブラッド 悪魔の愚民化統治3~金融のトリック
ブルーブラッド 悪魔の愚民化統治4~地下都市
ブルーブラッド 悪魔の愚民化統治5~タバコの効能は薬

宗教を信じると人の不幸を喜ぶ傾向に~日月神示は偽り……本格的に論破しているわけではないが、筆者が日月神示を調査すれば粗が無数に見つかると判断している

テーマ : 食事療法
ジャンル : 心と身体

塩カズノコが塩辛い理由~黄金色に漂白する魔法

筆者は食品添加物の除去にはこだわりがあり、スーパーマーケットで売っている物のほとんどか購入不可能という状況だ。コンビニなんて買う物が無いので、旅先でも無い限り、最初から行かない。しかし、心の隙間ができると、「これくらい、いいだろう」みたいに本来、自分で禁止ししている物を買って食べる事になる。すると、多くの場合に思わしくない事が起きる。身体が痒くなったり舌が軽く麻痺したり、そして不愉快な事が起きたりする。また、同じ名目の食材でも、工場生産のような不自然な環境で育った動植物は、できるだけ避ける傾向にある。

さて、カズノコに関しては、出た物を食べる事はあれど、自分ではまず買わない日々が続いていた。しかし、あまりに食のラインナップが固定されるので、先日はオランダ産のカズノコを手にした。原材料としては「ニシンの子、食塩」なのでフィルタには掛からず、アメリカ産よりも印象が良かったので、黄金色のカズノコを購入した。

そんな中、大型ショッピングモールを歩く機会があり、無漂白と称した、茶色味を帯びたカズノコを発見した。次のような感じだ。

知っている人はカズノコは漂白しているという認識だろうし、筆者も以前にその手の情報を目にしているはずだが忘れていた。

漂白について再認識する前の先日の話に戻す。カズノコを自分で調理するのは初めてで、味見として口に入れてみた。多少の塩辛いのは問題無く食べる筆者だが、あまりの強烈な塩辛さに、塩漬けのカズノコは塩抜きをしなければ酒のつまみにもならない事が判明した。

買った時は成分だけを見て、深く考えていなかったのだが、実はカズノコの色は漂白しているから黄金色なのだ。過酸化水素水(オキシドール)を使い、血の色を消すと黄金色となる。過酸化水素水は口に入ると猛毒で、原則は残っていてはいけない。よって、添加物には含まれないというわけだ。仮に残っていたとしても、余りに塩辛くてそのままでは食べられない。つまり、塩抜きをさせる事そのものが、過酸化水素水を洗い流す手段だったわけだ。つまり、ほぼ確実に購入者へ塩抜きをさせるために、極度の塩辛さを設定しているわけだ。

一説では、醤油味のカズノコは漂白していない事もあるようだ。もちろん、漂白したカズノコを使って醤油味なんて事もあるので、シッカリ調査してから購入してもらいたい。

黄金色に漂白する魔法とあるが、要するに化学の事だ。科学というのは元々は錬金術で、化学に近い研究だった。

食品添加物は、もちろんわざと入れられている。特に化学調味料に注目すると、入れなくてもいいのに入っている。昆布やシイタケよりも安いから化学調味料を採用しているわけではない。というのは、中国産の加工品には化学調味料が入っていないなんて事もあり得る。例えば、国産の有名メーカーのオイスターソースには化学調味料が入っており、100円ショップの中国産オイスターソースには化学調味料なんて入っていないのだ。本当に安くしたかったら、入れないのが一番安いのだ。にもかかわらず、わざわざ化学調味料を入れる事自体、大衆の神経を麻痺させる目的があると言える。


というわけで、当ブログでは珍しく添加物の話。食品の話は納得を得やすい真実だが、悪用される事があるので注意。リチャード・Kなんかは、食品の話で信用させ、ケムトレイルを否定しつつ、精神科や西洋医学を肯定するようなトリックを実施している。一方、エイリアンサイトの振りをして、食品添加物や遺伝子組み換え、戦争の原因など、エイリアンとは関係の無い分野で、もっともらしい事を語り、結局エイリアンはいない(プロパガンダ)みたいな方向へ持ち込む陰謀論サイトがある。オカルトが存在すると思って検索した人をオカルトから遠ざける策略というわけだ。タイトルで偽るそういうブログに限って、デーヴィッド・アイクを否定してベンジャミン・Fを推薦したりと、実にくだらない。デーヴィッド・アイクを否定するだけとか、ベンジャミン・Fを推薦するだけならばともかく、同時に主張していると、もはや工作員の域だ。工作員でなくても、自分の集まる参加する宗教や結社の集会で推奨しているので、自分のブログの方針になってしまう事もあろう。他には、自分の宗教に属する人のブログばかりを紹介しているだけなのに、あたかも真実サイトだと錯覚させるブログもあるので注意。そんなブログでも食品の事は語られるわけで。


近況だが、アニメBLOOD+は全50話を見終わって何日も過ぎた。ただ、文章が纏まっていないので公開できない。これはエウレカセブンも同じ状況だ。

アイテムの購入に関し、楽天の会員の人は楽天からどうぞ。魔術グッズも揃い、食用金箔(覚醒に結び付く)も購入できる。


関連記事
科学は権力によって知的パラダイムとして扱われている魔法

鋼の錬金術師~錬金術とは科学という魔法

ケムトレイルの目的は日光の遮断が第一

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

リンク
月齢
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人とは、なるべく引き合わせる事のないようにお願いします。

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
ミュージック
本物の魔道書
魔法は存在するからこそ、この価格に
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。伝えたいことがある場合には承りますが、意見メールは不要です。無償の回答依頼メールには返信しません。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
放射能が除去できる空気清浄機
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  3ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運