中国とアメリカが金本位制度導入で、ゴールド価格が6倍超に?!


吉田繁治(経営コンサルタントで金融に詳しい)という人が調べた情報によると、
・中国はゴールドの産出量ナンバー1
・中国はゴールドの輸出禁止
・中国はどんどん産出したり輸入しているのに、中央銀行の保持量には反映されていない(集めている事を隠している)
・世界各国の中央銀行の保持するゴールドを金額に直すと266兆円
・世界中の通貨発行額は1776兆円
・ゴールド価格が6.6倍になれば、全世界の通貨に金の裏付けが完了する
・トランプは国力回復のために実現しようとしている
だそうだ。


ここからはブログ筆者の言葉となる。
金の産出国で多いイメージなのは南アフリカだが、あくまで輸出量が多いのだと把握した。金も銀も中国が産出トップだった。なお、プラチナは南アフリカが断トツのトップ。

中国はゴールドの輸出禁止とあるが、パンダ金貨とかは輸出だと思うし、装飾品や工業用品としては出ている。


トランプは国力回復のために実現しようとしているという話には納得できない。アメリカを壊す陰謀はあれど、国力回復なんて考えていないと思われる。金本位制度は全く別の理由で実現しようとしているわけだ。

筆者はゴールドの本を幾つか読んだが、月に届くまで上昇するとか、暴騰の話ばかりだった。しかしながら、10年以上経っても、興奮して鼻血が出るくらいの暴騰と呼べるような状況にはなっていない。せいぜい3倍なのだ。投資の情報を読むと、金鉱株の方がゴールドよりも上昇しやすいからお奨めなんて話もある。確かに住友金属鉱山の株価は、250円から1500円と6倍になっている。株式なので、株主配当も貰えた。一方、今年3月の上旬には、「中旬にはゴールドとシルバーがダイナミックに動く」というデマもあったが、裏切られた。


筆者としては、早めに6倍に近づき始めて欲しいとは思うが、今回の情報で6倍になるという決定的な確信は持てなかった。ちなみに、暴落するという本もある。こういうのこそが、売らせる陰謀だ。なんと、暴騰すると語った同じ人が本を書いた事になっている。暴騰すると書いた時期から見れば騰がっているので、暴騰に関してはデタラメという話ではない。

一応、2013年には10%くらい暴落したが、それまで500%のような暴騰後の話。また、2011年ではないので外れだ。ただ、本の出版後にゴールドを買った人の中には、損している人もいよう。そんな人限定では、本の情報は当たっているのだが、ターゲットとなるタイムスパンとスケールが違う。暴落というのは曖昧なワードで、10%でも暴落だし、本で煽る暴落だと60%とかでないと納得できない。その点、6倍になるという数字が明確化されている場合には、なんらかの根拠(秘密結社で聞いた話)があるというわけだ。

可能性としては、今が高値なので買わせようと煽っているという状況も想定できる。しかしながら、あちこちの店内放送や広告で、「金をお売りください」としつこくアプローチしてくる現状を考えると、庶民から執拗に巻き上げている事こそが実態だ。普通、庶民相手の商売というのは「買ってください」ではないのか? 「売ってください」なんてのは、業者が丸儲けする証だ。ゴールドの価格というのは時価なので、高値が付いている日には業者は高く買い取る事になる。つまり、売り抜ける先があってこその買取なのだ。言わば、業者が得た金を更に買い取る組織こそが仕掛け人なのだ。予め安く買い叩き、業者が自分で売るゲームソフトとかグッズとは違うのだ。ともかく、今後の暴騰は他の何かよりは堅い。トランプの任期中に期待大だ。なお、円の価値が(物価に対して)5分の1になり、金の価値が7倍になる結末かも知れない(汗) 他の人は資産が5分の1になるが、ゴールドに賭けた人は資産1.4倍というオチだ。

結果論も踏まえた理屈だと、金本位制にするために、ここ18年で徐々に価格を上げて、庶民に売らせてきたという考察が可能だ。

関連記事
金は投資の対象ではなく食べ物!~食用金箔で覚醒
金は投資の対象ではなく食べ物!2~魔導師には常識

金(ゴールド)が地球にたくさん存在する?
金が地球にたくさん存在する? 2~君主や将軍の金塊が眠る場所

ゴールドを掘りに地球へやってきた異星人~ニビルのアヌンナキ

希少金貨のトリック~持てば利益の可能性、ババを掴ませられたら負けのゲーム
金塊がタングステンという噂は陰謀~大衆にゴールドを掴ませない魔法の言葉
ゴールドは人工的に造れるのか? プラチナ(レアメタル)を消費するという本末転倒

テーマ : ゴールド・金投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

ゴールドは人工的に造れるのか? プラチナ(レアメタル)を消費するという本末転倒

「ゴールドは人工的に造れるんだ。だから金本位制になっても、支配構図は変わらない」のような主張をする人がいたので却下したい。なお、「金本位制になっても、支配構図は変わらない」については、特に反論は無い。というのは、旧来、金本位制で大衆は魔道師に支配されていたので、魔法という要素を大衆が身に付けない限り、対抗できる可能性は露程にも無いのだ。

ダイヤモンドは人工的に造れるので価値が無いという話はよく聞く。炭素の結晶なので原料も安く、装置の代金もダイヤモンドの高価さに比べれば許容範囲なので成立している。なお、ダイヤモンドが高い理由は、大衆に高く買わせるためではなく、ダイヤモンド固有の魔力を大衆には触れさせないようにするためだ。大麻などは、マフィアが絡む事で高価に誘導している。高価にすれば結果的に、その理力を大衆から取り上げる効果があるのだ。人工ダイヤが安い事を考えると、本来の魔力が宿らないのだろうか?


ここで、ゴールドに対し、「人工的に合成できるから価値が無い」とダイヤモンドのように語る事には全く同意できない。まず、科学技術で金にできるという話自体がデマの域。膨大なエネルギー発生装置と、そのエネルギーに耐えられる設備が必要となる。これはお金さえ掛ければできるというものではない。

成功例はあるのだが、何億円も掛けて、原子が数個できましたという有り様。何兆円掛けるよりも、適当な廃棄電化製品の金メッキから金を取り出した方が早いというわけだ。


理論的には核融合で、金の前に位置する元素に高エネルギーを当てて生成するのが容易だとされる。さて、金の1つ前の元素とはなんだろう? 白金(プラチナ)だ。2016年の価格としては、プラチナの方がゴールドよりも2割くらい安いが、21世紀に入った頃は、金の価格×2がプラチナの価格だった。現在のような価格は、先物取引で「金価格の2倍より安くなったら大量買」というポジションを持たせて、その裏を掻くために変動した程度の状況だと見ている。希少性ではプラチナの方が圧倒的に大きい(少ない)。


つまり、ゴールドを造るために、プラチナという、ゴールドよりも貴重・希少な元素を壊す事になる。なお、プラチナの1つ前はイリジウムで、やはりレアメタル。ゴールドの方が一般的なのに、次々とレアメタルをぶち壊す事はあり得ないのだ。他にも海水からゴールドを集めるという方法もあるが、その経費と時間も膨大だ。

「紙幣は幾らでも刷れるんだから、実質タダで」という表現もできるが、もっと少ない紙幣で金鉱石から精錬したり、大衆の持つ装飾品を巻き上げられるのだから、その必要は無い。また、幾ら刷りまくった紙幣を支払うだけであっても、「100年後に一応これだけ集まります」と時間が掛かるのでは、やはり金鉱山と大衆の持つゴールドを狙うのが的確なのだ。あるいは戦争を仕掛けて、その国から物理的に奪うとか。経済戦争でもいい。


机上・理論上は、月みたいな人工衛星を造れる。紙幣を刷りまくって、地球の地面を削って宇宙に飛ばし、作業員も宇宙に送ればいいのだ。ゴールドの話をするのであれば、刷りまくったお金を使い、他の星へ人を飛ばして他の星からゴールドを集めてこさせれば、「タダ」のはずだが実施していない。何が言いたいかというと、紙幣を刷りまくる事ができても、できない事・やらない事はあるという話だ。そもそも、紙幣は幾らでも刷れるのに、大衆には全然くれないではないか。刷ったお金を自分が保持して意味があるのだ。紙幣を刷りまくれるのならば、そのお金で非効率な人工金を作るのではなく、大衆から巻き上げればいい。というか、今でも刷った紙幣を渡し、金鉱で働く人からタダで買い取っているのだから、人工金の出番は無い。金鉱石から安価にゴールドを精錬する方法が見つかったとして、その会社の役員報酬や株主配当、株価上昇などに転化される事はあれ、金価格に結び付く事はないのだ。ゴールドは確実に価値があり高く売れるからこそ、安く精錬する方法を発見する意義があるのだ。新技術で安くなってしまうのであれば、そんな研究は最初からする価値は無い。

ここまでの主張で納得できなくても、金の部分を鉄にすれば、筆者の主張に説得力がある事が見えてくる。鉄1トンにつき1万円の紙幣を発行できるとして、大衆としても、発行された1万円札で、鉄という資源に交換できるのだから、何の裏付けも無いよりはマシだ。さて、ここで紙幣をより多く刷りたい勢力が、核施設で造られた高価な鉄や海の中に含まれている時間の掛かる鉄の確保を、「できるだけ多くの鉄を確保したい」という理由で実施するのだろうか? いくら紙幣を発行する勢力でも、やらない事が確定する。もちろん、置き場所に困らないゴールドの方が、鉄よりもありがたい事は間違いない。どうして鉄ではなく金かという理由にもなる。

金を人工的に造れるというのは幻想だ。地球人を創造したアヌンナキでさえ、他の星へ採りに行った方が的確だという判断で、ニビル星から飛ばされたくらいだ。

なお、アヌンナキの当初の目的はゴールドだったが、地球に来た以上は地球人を根こそぎ吸う事になった。つまり、地球での目的が一気に増えたわけだ。


「宇宙人の技術があるから造れるはずだ」のように語る人とは、特に論争するつもりはない。宇宙人がいるという前提ならば、「宇宙人が支配者なので、金本位制でも支配構図は変わらない」が正解。「ゴールドは人工的に造れるので、金本位制でも支配構図は変わらない」という問題ではない。今回はその主張を却下したいだけなのだから。

去年のゴールド関連記事では
金塊がタングステンという噂は陰謀~大衆にゴールドを掴ませない魔法の言葉
をお奨めしたい。ゴールドが人工的にたくさん造れるならば、見せ金にタングステンを使う必要は無い。と言うか、たくさん造るために、プラチナをたくさん消費では本末転倒なのだ。

安価にゴールドが生産されては、むしろ支配層は困る。ましてや金本位制度になろうというのに、ゴールドが有り触れて価格が下落してしまっては紙幣を大量に発行できないではないか。

なお、金本位制になれば、金の価格を一気に引き上げる事で、紙幣をより多く擦れる事になる。例えば、1g5000円とし、現在の金価格で2gにつき1万円を刷れる事になるが、「金価格1g30000円だ!」となれば、2gで6万円刷れる事になる。2016年末に出た「金価格は6倍になる」なんて本もあるが、4600円×6とすれば、28000円程度だ。消費税も10%になれば儲かる事は確定だ(ゴールドは売却時に消費税の分を加算して通貨を受け取れる)。

金価格を決めているのは支配層で、できるだけ多くの紙幣を刷る事が目的ならば、人工金で金の総量を増やすのではなく、金価格そのものを跳ね上げればいい。金価格を決めた以上、買うだけでなく売る方向もある。もし、価値の無い金に対し、不正に価格を吊り上げたとしても、その価格で買い取る事になるのだ。「人工金で価値の無いゴールドを増やせるのに希少だと思わせ、その価値を不正に高める」という主張は、これだけで既に矛盾しているのだ。このような論者は、紙幣が紙切れだという話をしているのに、対抗するゴールドも価値が無いでは、破綻している。「紙幣はゴールドなど現物に対して価値は無い」と前提を掲げつつ、実はゴールドも価値が無いならば、紙幣の価値の無さを軽減してしまい、紙幣にも割りと価値があるという結論になってしまうのだ。紙幣が無価値という話をしたいのであれば、やはりゴールドは希少でなくてはならない。

なお、「実は公表されている以上に大量のゴールドが大富豪の管轄にある」という事はあり得る。どういう意味かというと、ゴールドは貯蔵される金属で、しかも魔力を帯びている。本当はたくさんあるにもかかわらず、大富豪が隠し持っている事になり、その隠し持つ理由を詮索されてしまうのだ。「価値が無いはずなのに、どうしてそんなに大量に持っているの?」と大衆は考察する事になり、「ゴールドの量=魔力の大きさ」という真実に到達する可能性が出てくるのだ。いずれにしても、出回るゴールドと総量は別物として考えねばならない。

お金の無い社会に幻想を持つ人もいるが、お金の問題が仮に解決となっても、男女の性の問題が解決するとは思えない。理想の社会は、お金の前にセックスだという話を今年はしてゆく。いい本を見つけたのだ。


新年1月1日から宇宙人の話をしようと思っていたが、直近2記事、昨年末の宇宙人記事は受けが悪い(ファイナルファンタジー8のゲーム記事よりも鈍い)。なので「宇宙人を信じない奴はおかしい」という記事は当ブログが難癖付けられない限り当面は中止とし、性やお金の話をする事にした。


関連記事
金は投資の対象ではなく食べ物!~食用金箔で覚醒
金は投資の対象ではなく食べ物!2~魔導師には常識

金(ゴールド)が地球にたくさん存在する?
金が地球にたくさん存在する? 2~君主や将軍の金塊が眠る場所

TIME/タイム~大衆への大金配布は害毒、貨幣価値を下げるだけ

ゴールドを掘りに地球へやってきた異星人~ニビルのアヌンナキ

希少金貨のトリック~持てば利益の可能性、ババを掴ませられたら負けのゲーム

テーマ : お金と労働の秘密
ジャンル :

希少金貨のトリック~持てば利益の可能性、ババを掴ませられたら負けのゲーム

当ブログで先日はゴールドの話をした。あんまり受けていないようだ。性懲りも無く、再びゴールドの話。今回は多少は、面白ければ幸いだ。


宝飾品(ネックレスなど)や工芸品(置物など)を除く。金の現物投資には、ゴールドバーと金貨の形態がある。ゴールドバーには売値と買値の差があり、重量が小さくても手数料程度で取り引き可能だ。


そして金貨には3種類ある。まず、「投資用金貨」というジャンルがあり、毎年、大量に発行される。初心者でも金価格程度を参考に買えば失敗しない。

次に「アンティーク金貨」というジャンルがあり、19世紀以前やナポレオンの時代など、昔に発行された金貨だ。これは、もう現代では造る事ができず、造ったとしても近代発行限定金貨でしかない。つまり、ナポレオン金貨と同じ物を現代造ったとしても、それはナポレオン金貨ではなく、数量限定のレプリカ金貨でしかないわけだ。

3つめは「数量限定金貨(ウルトラ ハイ リリーフ)」で、わざと発行数を少なく販売し、最初からプレミアで売る目的となる。日本でいうと、記念硬貨のイメージが近い。そして、その発行枚数が極めて少なく、ピカピカに磨かれている品もある。


「投資用金貨」「アンティーク金貨」「数量限定金貨」の3つを把握してもらいたい。

アンティーク金貨と数量限定金貨は、当ブログでは美術品金貨という名前で呼ぶ事にする。一般的には希少金貨と呼ばれる。この美術品金貨というのは、適正価格を見極めれば、割りと確実に利益を出せる。理由は「この金貨はこの価値だ」という格付け機関が、徐々に上げてくれるからだ。その時点でトリックと言える。しかし、金の相場よりも遥かに高い値で掴まされるので、ババ抜きと同じ原理だ。そしてババを持っている期間が長ければ、それだけ値上がりを期待できる。しかし、いざ売る時に買い手がいなければババを掴む事が確定するわけだ。もちろん、金の相場よりは高く売れるので全損にはならないが、最初払ったプレミア自体が幻で、その分が確実に騙し取られる事になる。

美術品金貨・希少金貨(銀貨)の業者は、公開市場などから調達し、割りと少ない手数料で顧客に販売する。そして、時期が来たら、どこかの業者がその顧客から買い取り、別の顧客に売却する。通常は値上がりし続ける。ある金貨が顧客から移動する先の業者は同じ所でもいいし別業者でもいいし、公開市場でもいい。つまり、常にババを掴む人を探しているような有り様だ。

顧客をたくさん持ったり、業者同士の連携を実現すれば、顧客同士で売買させる仲介で手数料を抜き取り続ける事が出来るというわけだ。最後に高値で掴まされた客が騙される。そして、その顧客が売るとなれば相場が下がるので、再び「安く入ってお得だ」と称して別の顧客に売りつける事が出来る。金貨を不動産に例えると、特別に驚く仕組みではない。また、悪人は幾らでもいるので、美術品金貨を売る業者は、ずっと後回しに叩かれるべき存在だ。

これは恐らく金貨銀貨に限らず、美術品そのものの市場原理なのではと考える。なお、掛け軸や陶器などは管理が大変だが、金貨は圧倒的に管理が楽だ。陶器は割れればお仕舞いだが、金貨が駄目になる出来事はなかなか無い。太陽光、熱、圧迫、衝撃、酸素、水、薬品・インクなどに強い(銀貨は空気には注意)。

当ブログでは金貨投資そのものはお奨めしている。先物取引やETF(投資信託)では現物が手元に無いので、全く信用できない。純金積み立ては投資という観点では悪くないが、やはり現物のパワーを教授できないのにお金だけ払う点では却下だ。まあ、広告料を貰えるならば奨めるだろう。そうなのだ、美術品金貨業者をターゲットにする理由をいつものジョークで語ると、そういう業者から「●万円で記事を書いてください」や「月●万円で広告を貼ってください」という依頼が無いので、正直に書くしか無かったのだ。筆者にお得な依頼があれば、記事自体を消せたり調整できる。

希少金貨の記事を書く発端だが、「希少金貨の投資は、年利30%とかもあり得る」という業者の謳い文句の、どこがトリックなのか見抜くために研究した結論だ。もし、本当に確実に利益を上げられるならば、筆者自身が試してもいいと考えていた。「株で損した穴埋めに、所持しているアンティーク金貨を即座に売りたい!」みたいな顧客から流れた金貨を買えば、そりゃ30%の利益もあり得よう。

投資用金貨はゴールドの金属としての相場に加えたプレミアは1割程度なので、滅茶苦茶に曲がったとしても、そのプレミア程度ならば相場変動で充分に対応できる。ゴールドバーは傷付こうが、曲がろうが、溶けようが、重量が減ってなければ買い取り価格は変わらない。なお、南アフリカのクルーガーランド金貨は「ゴールドの相場のみで買い取ります」という宣言がされ、プレミアを消されてしまった。ただ、ゴールドの価格が上がり続けていた時の宣言なので、金銭的に損した人は少数派だと思われる。


初心者はゴールドバーで良いが、見た目にもこだわるならば投資用金貨。有名所では、ウィーン金貨、メイプルリーフ金貨、カンガルー金貨。ウイーン金貨(オーストリア発行)の場合100ユーロと描かれていて、どんなに金価格が下がっても100ユーロの価値はあるという記しだ。誤解している人がいたのだが、ユーロは崩壊するのでウイーン金貨は駄目だみたい主張だった。仮にユーロが崩壊しても、ゴールドの価格が崩壊するわけではない。以前のウイーン金貨はオーストリアの通貨シリングと記されていて、シリングが無くなっても、ちゃんとゴールドしての価値は維持している。ユーロ崩壊でオーストリアがシリングに戻っても、あるいは新しい通貨になっても、その通貨単位が記される事になろう。イーグル金貨は金の含有が99.99の純金ではないので、純金にこだわる人はやめた方がいい。しかしながら、サイズが少し大きくなり、デザインはイーグル(ホルス)と自由の女神セミラミス(イシス)が描かれ、格好いい。


関連記事
金塊がタングステンという噂は陰謀~大衆にゴールドを掴ませない魔法の言葉

スイスのベーシックインカム~希少金貨の罠~投資金貨を推奨

金は投資の対象ではなく食べ物!~食用金箔で覚醒
金は投資の対象ではなく食べ物!2~魔導師には常識

テーマ : ゴールド・金投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

英ポンド急落! 131円から118円台に暴落し、128円台で安定

イギリスやアイルランドというのは、近代魔術の中枢の国となる。6月にも暴落した英ポンドが、また急落した。しかし、今回はすぐにある程度の値を戻した。

2015年の1月にはスイスフランの大暴騰があった。1フラン115円→161円→135円。しかし、今の価格は105円と、161円で買わされた人は完全に騙された。今回はイギリスポンドが131円→118円→128円と、118円台になったのは、ほんの一瞬。庶民のプレイヤーはまず118円台では買えず、強制決裁を受けて損をさせられたろう。仮に英国ポンド1万通貨を118円台で買えていれば、5分で10万円が儲かる。なお、あまりに一瞬なので、為替を扱う金融機関によっては、115円台まで下がっていたり、逆に120円以上の値しか付いていない所もある。実にいい加減とも言える。

131円→118円→128円の場合、実質は131円→128円で、3%未満の急落なのだが、一瞬でも120円を割っていると、その時に強制決裁される。その後に128円に戻っても無効なのだ。

131円→128円……3円分の損が出る
131円→118円台→128円……強制決裁された人は最悪12円ちょいの損が出て、3円分の損に戻る事は無い

理屈は以前の記事
スイスフラン大暴騰!~金融の魔法FX~参加者の注文を見てから動かす先物取引
スイスフラン大暴騰!2~紙幣に描かれるニビルのアヌンナキ
と同じだ。

なぜ相場を一気に下げる事が可能かというと、1ポンド131円ならば、参加者の注文は131円付近に集中する。125円付近では極端に注文が少なくなる。更には120円付近では皆無に近い。たまたまポンドの新規買い注文が少ない時だと、売り浴びせれば暴落させられるのだ。一方では参加者が損する強制決裁の注文は増えてくる事になる。つまり、豊富な資金を持つ者が、新規買い注文が少ない通貨に仕掛ければ一気に暴落させられ、しかも、自分で買い上げて元の値に近く戻せば資産回収の完了というわけだ。

英ポンドは1年前には180円台で推移しており、1単位では最も高い通貨を誇っていた。今でもそうだが、圧倒的倍率からは低くなったわけだ。

今回の英ポンド急落の理由は、実はニュースでは語られていない。当ブログに言わせれば、暴落させて投資家に強制決裁させ、損した分を丸々儲けるために実施したという所か。本日の夜にはアメリカの指標が発表され、相場が動くという噂で、その前にプレイヤーを排除したという見方もできる。

何の理由も無いのに相場が動くと、為替変動が詐偽である事がばれてしまう。通常は失業率とかGDPとか経済指標を発表したり、要人発言で動かす。指標にしたって、極端な場合を除き、相場が動く理由にはなり得ない。例えば、失業率4.9%の国が、4.8%と発表されて通貨が1%上昇というのはおかしいと思わねばならない。次の日には忘れたように下がるし(笑) 為替変動は大富豪・大魔道による各国からの財産回収システムというわけだ。

FXのルールを知っている人に1つ話したいが、スワップポイント(金利差により発生するお金)でプラスを貰える通貨取引がある。そのお金の出元は、逆の取り引きをした人だと思いがちだが、そうではない。自分が口座に預けているお金から発生していると思って欲しい。次の詐欺、「1000万円預けてください。これから毎月、100万円を配当にします……実は客が払った1000万円から何回だけ配当を払った事にする」と理屈は同じなのだ。

投資という観点ならば、当ブログでお奨めはプラチナだ。ゴールドもやや値を崩していて買いのチャンスではあるが、それ以上にプラチナがお買い得となっている。目安としては、10年前と比べてゴールドは2.5~3倍となっているが、プラチナはなんとほぼ同じ価格なのだ。仮に値下がりしても、現物ならば強制決裁は無いし、それだけ長く持ち続けられる。


関連記事
金塊がタングステンという噂は陰謀~大衆にゴールドを掴ませない魔法の言葉

英ポンド急落! EU脱退がほぼ確定
EUトップが爆弾発言「他惑星のリーダーたちがイギリス離脱を懸念している」?!

スイスフラン大暴騰!~金融の魔法FX~参加者の注文を見てから動かす先物取引
スイスフラン大暴騰!2~紙幣に描かれるニビルのアヌンナキ

テーマ : ポンドトレード
ジャンル : 株式・投資・マネー

金塊がタングステンという噂は陰謀~大衆にゴールドを掴ませない魔法の言葉


市中に出回る金塊の中身はタングステンに金メッキをしたものという噂がある。一方では、そんな事を気にせずに、全世界の富豪達は金の現物を買っている。

庶民でも、薄くて曲がってしまいそうなくらい薄い小型ゴールドプレートを手にしている。少なくとも、薄いプレートが贋物という事はあり得ない。だって偽金塊としてメッキに使うよりも薄いプレートなのだから(笑) 一説では、贋物のゴールドプレートでも、4分の1程度が本物の金で、4分の3がタングステンだそうだ。金は軟らかい金属なので、贋物の表面を削られてアウトとならないように、ある程度メッキを厚くするのだ。

●1グラム当たり相場
ゴールド……4600円
プラチナム……3700円
パラジウム……2500円
シルバー……70円 ※格が全然違う

筆者は何度も金を売った事があるが、必ず相場価格で買い取ってもらっている。「贋物でしたぁ!」なんて体験は無い。業者も馴れたもので、はかりで正確に計量はするが、素材に対して「贋物じゃないだろうな?」みたいな顔をされた事もないし、数十万円までならば、その場で現金を渡される。もちろん、身分証くらいは提示するが、そんなもんはレンタルビデオ店や古本・ゲーム買取店でも見せる。

買った店で売る事もできるので、「うちの店で売ったのは贋物でしたぁ」なんて馬鹿な発言はできない。噂では、ある金持ちが買ったゴールドが贋物だったという話もある。しかし、間違えて贋物を売った店が「ご内密に」という事で、ちゃんと買い取ってくれた上に、口止め料まで受け取ったと思われる。たとえ贋物でも、自分の店が売った以上はきちんと買い取る事になるワケだ。必ずしも、買ったお店で売るわけではなく、田中貴金属のような日本で信頼されている業者の金塊ならば、他の業者でも普通に買い取ってもらえる。贋物を売るなんてしていたら、一気に社会に広まり、もう信用を失ってしまうのだ。

誰かが爺さんの遺品の金杯とかを売る事になり「金メッキでしたぁ!」というケースはあるが、それは最初から金メッキなのであって、贋物が出回っているという状態ではない。例えば、次のような表現は純金ではなく、メッキの意味だ。「純金仕上げ……金メッキで純金のように見せる」 これを純金だと思った人がいても、贋物があるという話にはならない。手に入れた人や売る人が勝手に本物だと思い込んでいたケースだ。通常はメッキの内側は銀やステンレスで、密度(比重)が違うので簡単な実験でバレる。また、悪徳業者などに騙される人がいる事と、市中の品が偽物である事とは異なる話だ。そして、金メッキと贋物とはイコールではない。

マフィア同士の取り引きならば、贋物もあり得るような話を当ブログで実施したが、マフィア程に疑り深い組織が、贋物を掴むなんて状況にはならないと考えるようになった。贋物のゴールドで払ったら、殺し合いに発展しかねない。アフガニスタンなどの麻薬地帯では、農場のオーナーはドルの紙切れは受け取らず、ゴールドで受け取るそうだ。そんなゴールドには贋物も考えられるが、農場のオーナーだって贋物の存在は気付いているのだから、ちゃんと確かめる。それに、贋物だったら、次の時期から麻薬を売ってくれないではないか。

というように、市中に出回るゴールドが偽物であるケースが想定できないのだ。では、どんな場面で使われそうなのかを考察する。政府が蓄えているゴールド、銀行などの企業が蓄えているゴールド、これらに贋物が想定できる。どういう事かというと、「ほら国民の皆さん、我が国の政府金庫には、こんなにたくさんの金塊があるので安心してください」と、国民を騙す場合だ。銀行にしても、「うちの銀行には、現物の金塊がこれだけあるので、安心してお金を預けてください」と言えるわけだ。また、金ETFなど、お客から預かったお金でゴールドを買ったと約束する証券会社が、「ほら、ちゃんとお客さんのお金でゴールドを買いましたよ」と騙す場合だ。そんな場合には、贋物が活躍しそうだ。

ゴールドの購入基礎知識だが、田中貴金属では500gから手数料無し。日本マテリアルは100gから手数料無し(買取では何gでも手数料無し)となる。日本マテリアルは最近、信用できる業者としての格を獲得したので、以前より格段に信用できる。


純金フクロウの置物なんて、間違いなく魔道師(秘密結社員)が買う品だ。贋物を掴ませていい相手ではない。どんな大物が買うかも分からない。理由はあえて黙るが爬虫類系置物もある。有数の業者が純金と謳う工芸品では、ほぼ確実に本物の金と言えよう。

次に売却の知識だが、消費税込みで売れる。買い込んだ場合、消費税10%が延期になるのを悲しまねばならないくらいだ(爆) 年間利益50万円までならば無税。ただし、国民年金や国民健康保険の計算に使う収入としては換算される。

ジム・ロジャーズによるゴールド信望。

株、商品先物取引、金の証券など違い、現物は価格が下がっても慌てなくていい。ゴールドそのものに価値があり、幸福のパワーをもたらす。50万円で買ったとして、上がってすぐに60万円で売ってしまうよりも、むしろ価格が下がった方が長期間保持できる。もちろん、上がって売る場合には売れる事を確認できる。

プラチナは金よりも重い。同等の密度で、贋物代用に手頃な金属なんてないので、当記事を読んでも不安な人はプラチナを。

金の裏付けがある唯一の通貨はスイスフラン。スイスフラン紙幣には「巨人」と「知られていない惑星の軌道」が描かれており、ニビルのアヌンナキなのだ。

一方、金は食べられる。消費される金属の側面もあり、そんな金属の贋物が必要な場面は極めて限られる(政府や金融機関の見せ金くらい)と言える。そして、食べるゴールドは覚醒のツールの1つでもある。


関連記事
金は投資の対象ではなく食べ物!~食用金箔で覚醒
金は投資の対象ではなく食べ物!2~魔導師には常識

スイスのベーシックインカム~希少金貨の罠~投資金貨を推奨
スイスフラン大暴騰!~金融の魔法FX~参加者の注文を見てから動かす先物取引
スイスフラン大暴騰!2~紙幣に描かれるニビルのアヌンナキ

テーマ : 金価格
ジャンル : 政治・経済

リンク
月齢
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人と引き合わせる事のないようにお願いします(お子さんなどはO.K.)

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
本物の魔道書
魔法は存在するからこそ、この価格に
最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。相談は承りますが、意見メールは特に不要です。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
放射能が除去できる空気清浄機
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  3ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運