仮想現実ゲーム空間は通常空間にある~ハンター×ハンター2

先日は「実は主人公はゲーム世界の人間だった」という物語として、代紋TAKE2を語った
映画マトリックスでも、「実は主人公は仮想現実世界の人間だった」とある。

そんな中、「仮想現実を楽しめる」という原則に沿いつつも、「その仮想空間は現実世界と地続き」という概念がある事を再確認した。ハンター×ハンターの物語は以前から認識していたが、ハンター×ハンターに加えて、今回紹介するムービーを見た事が、記事を書く切っ掛けとなる。

まず、ムービーのチャンネルでは、地球平面説を肯定した場合と否定した場合の2種類をアップしており、作者は実際には平面説を信じていない。しかし、きっぱり否定するとチャンネルが荒れるので、自分の見解は抑えつつ、両方の立場に立ち、「もし地球が平面なのに、支配層が隠すとすれば、どんな理由で行われるのだろう」と考察した結果が次のムービーというわけだ。



面白い話をピックアップすると、「死後の世界があるとして、実は南極の穴とかを通れば行けてしまうから」のような仮説を立てていた。次は個人的に興味を惹かれた箇所で、多くの人は反応しないが語る。ドームとなった場所から歩いて違うエリアに行くという概念は、既にメガドライブのゲームで語られているのだ。セガのゲームとしてや、メガドライブでは有名なファンタシースターシリーズで、シリーズ3・時の継承者だ。セガサターンやプレステ2への移植もある。物語では、主人公の出発地点から地下道を通ると、隣のドームに移動できる。しかも、エリアは7つに分かれていて全体は宇宙船だったというオチだ。深い知識が埋め込まれたゲームなのに、駄作認定という悲惨な作品となる。

確かにファンタシースター3の世界は、地面が球体ではなかった。しかし、地面の地下には人工的な機械がギッシリで、天球はドームに覆われている。そして、全体は宇宙船なのだ。

今回紹介のムービー作者は、「他の天体が球体なのに、地球だけが平面というのは考えにくい」のような話をしている。当ブログでも地球平面説は却下している。理詰めの根拠は以前の記事に記したが、感覚的な根拠としては、地球平面を支持する人が多くなったとして、キリスト教会が勝利宣言なんて事があってはならないからだ。ファンタシースター3のような世界が地球の真実だとして、天球が人工ドームで、地下が機械で、全体が宇宙船だとして、そんな状態はたとえ地面が平面でも、キリスト教とか聖書が正しい証明には到底ならないのだ。

それから、映画トゥルーマンショーのように、地球がドームに覆われていて、人類が何者かに監視されているという状況が真実だとして、そんなもんは地球平面説でもなんでもない。地球人が牢獄に閉じ込められていて、多くの人が何も知らされずに監視されるような状況だとすれば、住んでいる場所が平面か曲面かで議論している場合ではないのだ。以前に例を挙げたが、自称フツ面(普通の顔)の人が、デブでチビでハゲで高学歴で高収入だとして、その人が自分のフツ面について熱く語っても、それどころじゃないし、聞き手も顔に注目する価値はない。もう一度言うと、ドームで暮らしていて、そのドームから別の世界へ海を渡るとか洞窟を通る程度で行ける場合、暮らしていた元の場所が平面か曲面かは取るに足りない話なのだ。「地球は牢獄で、支配者から逃れる方法」を解説する事が重要なのであって、平面か曲面かの議論はしなくてもいいくらいの無意味さだ。

トゥルーマンショーのパッケージ画像を見るに、とてもじゃないが面白そうな物語には思えない。物語の前半も人によっては退屈で、知り合いに見せたら、寝てしまった人もいた。後半も決して大冒険というわけではなく、「我々の住む空間がネタになっている」と気付かない人にとっては駄作の域だろう。

さて、ハンター×ハンターの記事になっているので、実はその話が主体なのだ。
ハンター×ハンターのグリードアイランド(G.I)編では、ゲーム世界に入った主人公達が、閉鎖空間の広大な島でカードを使った命懸けバトルを繰り広げる。ゲーム世界で傷付けば、本当に傷付いてしまうリアルさだ。しかし、ゲームの中の世界だと思っていた場所は、実は主人公達のいる人間世界の一部で、プレイヤー達はあたかもゲーム空間の中に入ったかのように錯覚してバトルしていた。ゲーム外の通常空間から船で渡れば、ゲームの舞台に行き着いてしまうのだ。つまり、最初からゲーム内の空間は存在せず、特殊なフィールドに覆われていたというオチだ。

グリードとは、七つの大罪の「強欲」に相当する。
あの世とこの世は、なにやら遠い世界のようなイメージだが、ハンター×ハンターの作者に言わせれば、普通に歩いて行って抜けてしまうような場所で、あくまでそのフィールドに囚われているからこそ、拘束されている状態なのだという話だ。

現実で言うと、確かに刑務所では身動き取れない。しかし、自由な空間は歩いて行ける場所にあるというわけだ。我々の状況に置き換えても、番人が問題であって、死後の世界すら、本来は自由に行き来できる空間というわけだ。

映画アイランドでも同じようなシーンがある。理不尽な規律があり、男女の接触もままならない仮想現実の空間で過ごしていた皆だが、走って逃げている内に、急にそのフィールドから解放され、仮想現実の偽りが見えなくなる。


紹介したムービーと全く同じ話をしている作品ハンター×ハンターを思い出したので記事にした。
紹介ムービーは「知的好奇心CLUB」というチャンネルで、当ブログでは以前に
1706年に書かれた作品に、火星の衛星フォボスとダイモスが記されていた
という記事を書いている。

関連記事
ハンター×ハンター1~徐々に超能力を開発か、一気に開発か

我々はゲームの登場人物~ヤクザ漫画・代紋TAKE2
我々の住んでいる世界はドーム1~~ファンタシースター3・時の継承者
我々の住んでいる世界はドーム2~星をみるひと~宇宙船地球号
我々の住んでいる世界はドーム 3~映画トゥルーマン・ショー

映画アイランド~富豪・要人のクローンを育成する施設
宇宙は超知性を持つ宇宙人によってデザインされたマトリックス的コンピューターゲームである

この世界が仮想現実であることを示す証明式~量子力学入門

地球平面説(フラットアース)と地球凹面説~NASAが極秘にしていた地球の真の姿に世界が震えた?

テーマ : HUNTER×HUNTER
ジャンル : アニメ・コミック

我々はゲームの登場人物~ヤクザ漫画・代紋TAKE2

先日の静かなるドンに続き、ヤクザ漫画の話。今回は代紋TAKE2(エンブレム・テイクツー)。TAKEはタケではなく、英語のテイクとなる。撮り直しの時に使う用語だ。全62巻で、静かなるドンの全108巻には及ばないが、長編の大作と言える。

TAKE2とあるが、TAKE1という漫画があるわけではなく、2というタイトルだ。

物語としては、第1話で主人公の末端ヤクザが惨めに死亡して、10年前にタイムスリップする所から始まる。全編に渡り、超越した能力などは存在せず、あくまで一般通念の範囲でヤクザの抗争などが描かれる。静かなるドンでは、現代社会が舞台にもかかわらず、体中に鉄板を埋め込んだ男や、江戸時代から生きる魔女、吸血鬼など、超越した存在が登場する。代紋TAKE2では、最初のタイムスリップを除き、一般概念というわけだ。

主人公の男とライバルの江原という男だけが、この世界はおかしいと気付き、神のような存在によって自分達が動かされているのではないかと疑問を抱く。特にライバルの江原は最終的には、主人公に都合のいい展開になる事に辟易していた。

主人公に都合いい状況とは、心肺停止の死亡すれすれでもまた心臓が動き出したり、傷の治りがとにかく早い。また、トントン拍子にチンピラからヤクザの親分になってゆく。

ここからはオチの完全ネタバレになる。

実は漫画の主人公はテレビゲームのキャラクターでその主人公。ゲーム作者という神の定めたルールに従って動いていたというオチだった。ゲーム内で10年前にタイムスリップした主人公だが、最終話で丁度10年経った時に、また死亡する。ただし、今度はヤクザの大親分になった所だ。

コミックは15年も続いたし、ヤクザの読者もいたというのに、このオチには呆れてしまった人も多いだろう。スーファミっぽいゲーム機のソフトで、小学生のプレイヤーがプレイしていた。エロシーンもあるのだから、せめてゲーマーの大人がプレイするゲームならばまだしも、小学生がプレイヤーというのは……。まあ、第1話でタイムスリップなので、なんらかの説明は必要となるわけだが。

主人公の男がゲームオーバから、また10年前に戻る際、面白い思考をしていたので語る。背景は宇宙となる。

俺は生きていたじゃないか!
喜びも悲しみも、快感も痛みもすべてを感じてた!
(中略)
俺はやはり実在しない存在だったのか?
ただのゲームキャラクターにすぎなかったのだろうか?
しかし、逆に言えば人生なんて、そんなモノじゃないのか!?
人は運命だとか、さだめだとかに翻弄される
未来は神のみぞ知るともいう
もし神が善ならば、人類はなぜこんなにも苦しみ続けるのだろう?
(中略)
神ーーー異星人でも、異次元人でもかまわないが、それらが本当に存在巣のなら、彼らは人々を弄んでいるとしか思えない

そう、彼らは人類を含んだこの地球を使って、実験、もしくはゲームをしているのかも知れない
そして、ゲームの中のキャラクターがプレイヤー(神)の存在に気付かないように、人々もまた神の存在を証明するコトは出来ない!
低次元の者は、より高次元の存在を知る事は不可能だからだ!

では、実在とはなんだ? それは脳が生み出すーーー
いやいや、こんなコトをーーー自分がゲームの中のキャラクターなどと考える事自体が幻覚かも知れないのだ


映画マトリックスでは、人類は仮想空間で偽りの生活を歩んでいた。通じる物があろう。

また、代紋TAKE2の作者は、我々人類も、異星人だかの神によって操られる存在だと語りたいのだろう。たとえ、「テレビゲームの主人公のヤクザ」をテーマとする漫画家でも、そのような思想というわけだ。

当ブログにおけるヤクザに対する想いだが、自分に危害を加えない限り、特に差別はしない。ネットの有名人の集会に行った時、集まったメンバーにヤクザ(政治系)が混ざっていた事があったが、年齢も近くテレビゲームや漫画の話をしたりと、フレンドリな人だった事もある。また、ヤクザといっても色々なシノギ(ビジネス)を展開しており、金銭や快楽を与えてくれる分野ならば賛同できるが、追い込み、ボッタクリ、詐欺、暴力などには賛同できない。

具体例だと、「キャバクラとかホストクラブや劇場を経営して、お客さんを喜ばせる」、「エロサイトを運営して、ブロガーとかにちゃんと広告費を払う」というシノギは賛同できるが、借金の証文をバラバラして、払っても払っても借金が消えないというのは駄目だと考える。

作中にも出て来たが、現代では壊滅状態といわれるノミ屋というシノギについて語る。競馬・競輪・競艇などで、お客から直接注文を受け、配当を払う。お客の利点を調べたのだが、まず電話一本でOK、現地に行かなくてもいい。次に還元率がいいノミ屋もある。自治体が実施する競馬・競輪・競艇では、例えば公営の配当が2倍だとして、ノミ屋は2.2倍などを払い戻す事もある。ハズレ購入金額の10%を払い戻すというサービス(笑)も。また、支払いは1週間後とかにできたり、お金が無くても買う事ができる(爆) お金が無くても10万円をノミ屋に賭けられ、22万の払い戻しがあれば万歳だし、もちろん外れればノミ屋に10万円の借金だ。相手はヤクザなので、取り立ては厳しいだろう。また、配当100倍とか大穴の場合、逃げられるリスクもある。まあ、現代は場外馬券場(現地に行かなくても買える)やネット購入などもあり、ノミ屋はほとんど無いという噂だ。


さて、ヤクザ漫画の話が続いたが、2年程前は美少女アニメの視聴が続いた事もあり、筆者は特にジャンルによって間引いたりせず、面白いと聞けば少女漫画でも読破する。有名、無名も間引き対象にはならず、ワンピースや名探偵コナンから、無名漫画まで網羅するというわけだ。また、漫画に限らず、映画やゲームも守備範囲となる。


関連記事
静かなるドン1~ヤクザやマフィアすら操る大富豪・秘密結社

宇宙は超知性を持つ宇宙人によってデザインされたマトリックス的コンピューターゲームである

ワンピースのマザー・カルメルの正体は身なし子売り&クロックタワー~孤児院は人身売買シンジケート

この世界が仮想現実であることを示す証明式~量子力学入門

テーマ : 感想
ジャンル : アニメ・コミック

静かなるドン1~ヤクザやマフィアすら操る大富豪・秘密結社

先日のハチワンダイバーに続いて、ヤングコミックの記事となる。今回は静かなるドン。
コミック連載は1988年にスタートし、2012年に完結となった。1994年にはテレビドラマも放映され、その時期にテレビを見ていた人は、ドラマの印象が強いだろうか。

コミックは全108巻とかなりの大作で、108で終わった理由は、10+8で666という事だろうか。

内容としては、東京で最大のヤクザ組織・新鮮組の総長(トップ・ドン)が主人公で、現実準拠の物語となる。大阪のヤクザ組織・鬼州組の方が大きな勢力で、執拗に東京に攻めて来る。主人公は、なるべく武闘で戦わずして、作戦や運で撃退してゆく物語だ。

中盤に入ると、敵としてチャイニーズ・マフィア、シシリアン・マフィア(イタリア・シチリア島がルーツのマフィア)が登場する。

奇抜な登場人物としては、体中の急所に鉄板を埋め込んでいる男がいる。銃や刀を受け付けないのだ。こういうのは現実の通念でもあり得よう。黒魔術を使う女が登場するが、効果の有無は置いておいて、そんな人間がいる事も通念の範囲だ。


しかし、唐突に「100歳を超えて若作りする大魔女と呼ばれる謎の女富豪」が登場し、その大魔女主催の乱交パーティがあるのだ。このシーンで真っ先に思い浮かんだのが、「アイズワイドシャット」ではなく「スケバン刑事」だ。スケバン刑事には、江戸時代から生きていて、日本を裏で牛耳っている信楽老が登場。


アイズワイドシャットの方は、選ばれた者達だけが集まる集会があって乱交パーティーというシーンがある。

現実にもそんなパーティーが行われており、静かなるドンを見たブログ筆者は、100歳を超えて若作りする大魔女に注目したわけだ。49巻の魔物達の宴の回で登場する。


大魔女は江戸時代生まれで、その人物の威光によって、ファッションデザイナー界の巨匠や、政治家やビル王(企業のトップ)が誕生しているのだ。選ばれし者達が集うパーティーとなる。アイドル歌手が、大勢の男に性行為される舞台などが披露される。

しかし、そんなヨボヨボの魔女が権力を持っているというのもおかしな話で、やはりレプティリアンだからこそ不自然に長生きしていると考えた方が理解が早い。静かなるドンでも、人間の女に若作りした化粧の皮膚が割れ、おかしな肌も登場している。


物語が進むと、出し抜けにヴァンパイアが出てくる。
現実準拠のはずなのに「ん?」となるような吸血鬼の設定。マフィアの幹部として存在し、名前もウィザードで、側近もレプっぽい。

そのヴァンパイアは姿が年齢よりもずっと若く見え、手が再生する。確かに漫画の世界だが、現実準拠のヤクザの物語で、手が再生というのは逸脱している。現実に潜む吸血鬼が手を再生できるかは不明だが、現実にもヴァンパイアがいるからこその登場だと考えた。現実にヴァンパイアがいれば、物語に出て来ても、それは現実準拠のままなのだ。


一方、強運の持ち主のアメリカン・マフィアがいて、敵から振り回された刀の前に材木が落ちて回避したり、飛んできた刀に雷で落ちて回避したりと神通力を発揮する。

霊感の強い味方の男がいて、そのバックに悪魔の姿を見た。
バックには悪魔の姿が描かれ、マフィアのドンになるような悪運の持ち主は、悪魔が憑依しているからこそだと解釈した。

オカルト・超常現象から離れ、社会通念や陰謀論の範囲で面白い表現もあった。日本を分かつ、二大勢力の総長がトップかと思いきや、その格上の存在として総裁という立場の男がいて、総長をぶん殴れる立場なのだ。総長といえども、更なる格上の代行者というわけだ。

その総裁が死ぬと、ヤクザの総長が健在だというのに、中堅の組長達が総長の言う事を聞かなくなるのだ。日本最大の組の総長が健在でも、総裁がいなければ、統率が取れないというわけだ。

これは政治の世界でも同じ事で、総理大臣はトップではなく、その後ろに総裁クラスの人材がいるという話だ。しかしながら、代行者である総理をなんとかするという思考も間違いではないと物語では語られる。

物語が進むに連れ、現実の法改正も進み、ヤクザは条例でアパートさえ借りられないそうだ。現実の郵便局でも、今や暴力団事務所へは配達しない宣言の張り紙がある。一方、誰でも組員になれるわけではなく、準構成員の状態で、ある程度の実績を残す必要があるようだ。

現実には「陰謀論は宗教者が実施しており、無宗教を名乗る場合には任侠道」という情報もある。昨今の法改正で任侠道は苦しくなっており、組員になれない者が陰謀論や社会問題追及で人(金)を集めて実績を残そうとするという状況に合致する。

「カタギの人は選挙という偽りに騙されている」と判断したヤクザがいれば、ネットで不正選挙を追求する事になる。

マイナンバーなんてあるが、よくよく考えると、一般大衆がマイナンバーで困るケースはほとんど無いし、不正をする割合は低い。住所が定まっている事が多く、マイナンバーができる前から、裏では個人番号管理されており、その番号で支配は成立するからだ。しかし、ヤクザだったらマイナンバーで困る事は確定する。そう言えば、マイナンバーについて猛反発していたネット工作員がいたが、やはり任侠道と言えよう。ヤクザの中には、自分の素性を偽って生活する者も考えられ、マイナンバーはヤクザのあぶり出し効力の方が遥かに強いのだ。


ネットで活動する人で、宗教もやっていないし、無職同然なのに、無名の内に選挙会場に乗り込んだり、顔出しムービーを公開したりと、どうして度胸があるのだろう? と思ったら、正体は任侠道というわけだ。なお、幹部のバックには神道や仏教がある事が通常。たとえ活動家本人が無宗教でも、師匠・兄貴分までも無宗教ではない。

マフィアというのは何でもありだが、本来の任侠道というのは、(用心棒代は取ってゆくが)大衆を助け、権力者が暴走した時に食ってかかる道だった。現代では残っていないと思うが、任侠の態度を見せる事はあろう。それが社会問題をネットで暴露する行為だ。時には天皇までも叩く勢いだ。もちろん、天皇叩きは途中でやめさせられるだろうが。

どうして任侠道の者達が陰謀論や社会問題の活動に入るかというと、やはり昨今の法改正で締め付けが強いからだ。そして、どうして締め付けが強くなったかの答えが、静かなるドンで判明した。

実はマフィアを設定していた大富豪・秘密結社が、マフィア組織を不要と判断し、潰しに掛かっているからだ。一般大衆では大富豪に太刀打ちできないが、構成員の1人1人が銃器を持っているようなマフィアならば、自分達(大富豪一族)に牙を剥く事ができるからだ。

これまではマフィアの力も使って大衆を支配していたが、現代ではコンピューターで支配できるので、自分達を攻撃可能な暴力組織は用済みとなったわけだ。

マフィアを使って支配するという概念は、映画タイムでも語られた。ギャングという犯罪者集団は銃器を持ち、即刻、全員逮捕できるものの、あえて大衆の管理・制圧のために大富豪達によって飼われていた。権力が銃器を持って大衆を制圧すると権力に反感が向くが、ギャングにやらせておけば、権力は安泰という構図だ。


そして、大富豪さえいなければ(大衆のためを思う者達ならば)、ヤクザ組織はもっと素晴らしい集団になれると、静かなるドンでは語られる。次の話はジョークの域だが、例えば闇金業者ならば、銀行の住宅ローンに苦しむ人に、担保無しで住宅ローンよりも低い金利で貸す業者に転身したりと、人助けする集団になれるのだ。

記事終盤の話は静かなるドンの記事の第2弾で実施したい。


関連記事
陰謀論で大ヒット動画を作るならば、どんな技術が要るのか?

謎の地下集会場と要人の集まる謎のビル~ハチワンダイバー
賭博黙示録カイジ~債務超過者の強制労働施設がある?

アイズ ワイド シャットの都市伝説

神父やマフィア幹部は魔導師~ジョジョの奇妙な冒険5部6部

帝都の地下に爬虫類人・宇宙人に生け贄を捧げる井戸がある?!

TIME/タイム~大衆への大金配布は害毒、貨幣価値を下げるだけ

テーマ : 静かなるドン
ジャンル : アニメ・コミック

謎の地下集会場と要人の集まる謎のビル~ハチワンダイバー

筆者が保養施設へ行った時に、無料で漫画を読む事ができ、そこでハチワンダイバーという漫画に出会った。全35巻の大作となる。


内容は将棋の話が主体で、物語は現代の日本が舞台となる。将棋の世界に関しては現実準拠となっている。
全体の構成だが、将棋の対戦なのに、将棋盤の上に涙ダラダラだったり、血までもダラダラという事がある。敗北で死んでしまう人もいる。命懸けの戦いというわけだ。

主人公は将棋の腕が抜群の「真剣師」と呼ばれる立場。将棋のプロの枠というのは非常に狭き門で、年齢制限もある。脱落者の中に賭け将棋を生業とする者達がいて、それが真剣師なのだ。

棋士というのは将棋を指す人。プロ棋士は約200人となっている。プロといっても、トップの10人が億単位の年収を稼ぐだけで、末端のプロは将棋だけでは食ってはゆけない。また、名人というのは、各称号のトップに位置していて、神と呼ばれる。実際に神とコンタクトできる域でないと到達する事ができないのだ。


毎年、プロ棋士になれるのは4人だそうだ。野球やサッカーは何百人と語られる。現実の話だが、スポーツならば、観戦の入場料などで収益を得られるが、将棋の対戦はテレビ中継とかになり、一般人が近くで観戦する事は無理だ。つまり、プロへ支払う給金は、スポンサーが出している。スポンサーは新聞社となり、広告を出す企業や新聞を読む人の購入料が資金源となる。直接に業界へお金を出すファンというのは存在できないのだ。

言い換えると、業界を維持している勢力があるというだけで、大衆からは収入の上がらないのが将棋界というわけだ。

ここでアマチュアについて補足するが、どの分野でもアマチュアで充分な実力を持っている。アマチュアにすら到達できない部外者という存在がいるのだ。例えば作曲家のアマチュアがいるとする。しかし、作曲なんて全く出来ない部外者から見れば、相当な実力者となるわけだ。将棋も同様だ。

物語では鬼将会という謎の将棋組織があるのだが、メンバーはプロではない。鬼将会はアマチュアの強豪棋士達が集まっているのだが、その目的はプロ棋士達に将棋で勝つ事だった。

ゲームセンターの将棋ゲームをクリアすると、景品として鬼将会への案内が出てくる仕組みだった。現実にもそんな仕組みがあるのだろうか?

鬼将会には将棋部門以外にも麻雀部門、カード部門(トランプゲーム)なども存在する。
麻雀の世界にヤクザの代打(お金や利権を賭ける)システムがあるのと同様、将棋でも同様な事が行われているようだ。これは江戸時代でもそうなので伝統の域だ。


9巻(物語が4分の1くらい進んだ頃)には、鬼将会のアジトとなっているビルに主人公は潜入していた。謎の地下空洞が広がっており、地上のビルの部分も、外国の要人が訪れていたりと、秘密結社の建物みたいなイメージだ。

20巻ではついに全貌が語られる。鬼将会に集められた子供達は幼子の時点で右脳の教育を受け、将来は教師、医者、警察官、政治家、ラーメン屋・焼き肉屋、小説家、映画監督、アイドル、宇宙飛行士となってゆき、もう既にそれらの職種には鬼将会のメンバーが入り込んでいるのだ。

まあ、現実はそんな秘密結社員が混じっているというより、結社の違いはあれど目立つ人は全員が秘密結社員で、非魔導師が業界の主体になる事は、まずあり得ない。ラーメン屋といっても、テレビに出るようなカリスマもおり、結社にも属さず、努力や偶然で成功したわけではない。属する事そのものよりも、結社で右脳の開発を実施している事が決め手だ。


対戦相手に、フクロウや鷲や鳩を使う棋士が登場した。鷲(正確には隼)は男神ホルス、鳩は自由の女神セミラミス、フクロウは女神イシスの象徴だ。


漫画などで現実に準拠した舞台の物語を作れるという事は、自分がそれを体験したからというケースが多い。また、体験した事を書いてこそ面白くなるという話は、ジョジョの荒木飛呂彦氏が語っている

思うに、ハチワンダイバーの漫画家本人が、将棋でプロになれず、真剣師をやっていたという状況ではあるまいか? そして漫画も書いた。言い換えると、プロにはなれないものの、将棋が超うまい人の中に、「仕事は漫画家でもいいや」と考える人、物語構成や絵がうまく、創作が好きな人はいるはずだ。プロ棋士には200人しかなれないが、飯を食える漫画家の枠は、棋士の枠に比べればまだまだ余っているのだ。

元・日本将棋連盟会長によると、兄達は(自分より)頭が悪いから東大へ行ったそうだ。

その会長はコンビューターに将棋で敗れる。コンビューターの性能だけでなく、プログラムの質によると考えられる。無限に手のある序盤は定石を実施し、ある程度局面が進んだら、コンピューター得意の先読みだ。また、一般的には角行と金将では、角行の方が優先の駒なのだが、これらを同格とした事で強くなったプログラムもある。


ハチワンの読書に際し、将棋をプレイした事がある方が、より理解しやすい。ルールすら知らない人は、いっそのこと、基本くらいはマスターするといいだろうか。ハチワンダイバーによると、将棋では神と繋がるそうだ(笑)


関連記事
羽生善治氏~インターネットの普及がもたらした学習の高速道路と大渋滞

羽生名人にネット将棋で勝つ魔法~棋士の脳はどうなっているの?

漫画家の見た事や体験した事、感動した事を書いてこそ面白くなる

賭博黙示録カイジ~債務超過者の強制労働施設がある?

テーマ : 集英社(ヤングジャンプ)
ジャンル : アニメ・コミック

週刊ストーリーランド・不思議な商品を売る謎の老婆の正体は悪魔

世にも奇妙な物語に対しては視聴可能な分は視聴完了したので、次は週刊ストーリーランド(週スト)の話になってゆくかも。

今回は不思議な商品を売る謎の老婆について。
正体は悪魔で、人間に不思議なパワーを授けてくれる存在だと判断した。

老婆の売るグッズは色々とあるが、差し当たり、「ほんとうの留守番電話」の話をする。

まずは粗筋。
小説家の主人公がいて中年ながらも独身。老婆から「ほんとうの留守番電話」を購入すると、自宅にいない時や寝過ごしている場合に自動的に電話が対応したり、泥棒から留守を守ってくれる機能が活躍した。

喋る機能やファックス機能も有り、小説家は渾身の原稿を出版社に送ろうとするも、留守電によってシュレッダーにかけられてしまう。そして「面白くない」と留守電に批評されるのだ。しかも、不思議な留守電が自分で原稿を書いて、作品を送ってしまう。その小説が大賞を受賞して、一躍有名な小説家となる。もちろん、その後も小説家が小説を書くのではなく、ファックスが書き続ける。

当ブログでは悪魔はコンピューターに宿りやすいという話をしている。悪魔が原稿を書いて、小説家が有名になっている話というわけだ。また、現実でも小説を書いているのは、小説家に宿ったスピリットだ。漫画・少年ジャンプの編集長が、「漫画家は自動書記だ」と語った話は記事にした。

留守電の物語では、「自分が書いていない作品で有名小説家になっても嬉しいのだろうか?」みたいな提起で終わる。そりゃ、無名で終わるよりいいでしょ。というか、大賞を受賞している人は、こぞって「自分の書いていない作品」で賞を取っているのだとしたら、自分だけが「全て自分で作った状況」である必要は無いのだ。

週ストの老婆の話は、バッドエンドエンドのこともあれば、ハッピーエンドのこともある。悪魔の力で破滅する場合もあれば、幸福になる場合もあるというわけだ。悪魔も天使も同じ存在という思想もあり、本人の心がけ次第と言えよう。

老婆が悪魔だと判断した要因だが、世にも奇妙な物語の「華やかな三つの願い」の影響が大きい。以前に記事にしており、そちらで把握してもらいたい。概要としては、悪魔はパッと見では人間と区別が付かず、しかも見た目はサラリーマンのように現代の服を纏っている。「華やかな三つの願い」は元々は星新一の短編ミステリーとなるが、悪魔の定義を熟知しているからこそ、名作を生み出せるのだ。「ほんとうの留守番電話」のような状況もあり得る。


ちなみに、人間の姿をしている悪魔は、中間管理職ということが多い。つまり、悪魔の親玉であるレプティリアンに対し、サラリーマン的なブルーブラッド(レプティリアン・ハイブリッド)は人間の見た目というわけだ。


中間管理職の悪魔で筆者が思い出深いのは、ハンター×ハンターや幽遊白書で有名な冨樫氏の「てんで性悪キューピッド」だ。もちろん見た目は人にソックリ。冨樫作品でお奨めはレベルE。当ブログでは、ハンター×ハンターよりも、レベルEを熱く語っている


一方、笑ゥせぇるすまんの喪黒福造も悪魔だと言える。こちらは、バッドエンドが確定する。弟には喪黒福次郎がいて、この男の場合には、ハッピーエンドだそうだ。


このブログも、霊的な存在があってこそ存在できた。ただし、管理人としては、収益に納得できないので、最近はブログの更新が落ちている。4年もやっていれば、そろそろ月に100万円でなけば受け入れられないのだ。もちろん、意義はお金だけではないが、少なくともお金に関して100分の1にも届いていないとなれば(爆) いつものジョークなので、軽く流してもらいたい。

関連記事
漫画家・連載で3位以上になっている人は自動書記!

世にも奇妙な物語・華やかな3つの願い~悪魔との契約
世にも奇妙な物語・才能玉~取り得はある方がつらい人生に?

悪魔的な霊はコンピュータに宿る~SIRIに隠された謎とゾルタクスゼイアン

テーマ : アニメ
ジャンル : テレビ・ラジオ

リンク
月齢
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人と引き合わせる事のないようにお願いします(お子さんなどはO.K.)

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
本物の魔道書
魔法は存在するからこそ、この価格に
最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。相談は承りますが、意見メールは特に不要です。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
放射能が除去できる空気清浄機
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  3ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運