蚊取り線香は蛇

本日は一発ネタで。文章制作の時間がなかなか取れないので。


ユーチューブで頭の体操みたいなムービーを見ていた所、蚊取り線香の問題が出た。


その時、「蚊取り線香って蛇じゃね?」と思った。とぐろを巻いた蛇が、蚊取り線香の正体だったのだ。もう蛇だとしか認識できないだろうが、呪術に掛かっているよりはいいかなという事で。


ムービーはメンサという集団に入るための練習問題だが、魔法結社に近い名前があったなぁ。下部団体かな?


関連記事
「君の名は。」で壊滅する町は、岐阜県の核融合科学研究所が暴走する示唆?……科学施設も大蛇の形

テーマ : 考察
ジャンル :

教育された脳が旨い~約束のネバーランド1

週刊少年ジャンプに約束のネバーランドという作品が連載されている。筆者は少年ジャンプの作品を全部読んでいるわけではないが、約束のネバーランドというのは、雑誌のジャンルにしては、やたら残酷で過激な話だと判断した。絵そのものは、絶望的にグロというわけではないが、物語的にはヤバイ。


週刊少年ジャンプというと、どんなイメージがあるだろうか?
既に終了した作品も含めると、
ワンピースやナルト、ハンター×ハンター、こち亀が連載されていて、友情かバトルとか、比較的健全な漫画が中心で、たまには「ゆらぎ荘の幽奈さん」みたいなプチエロな漫画があるというイメージだろうか?


スラムダンクに、幽遊白書に、ろくでなしブルース、ドラゴンボールだろうか?
ドクタースランプに、北斗の拳、ブラックエンジェルズ、キン肉マン、キャプテン翼、きまぐれオレンジロードだろうか?

同雑誌には、これまでの作品も含めると
ワンピース
ドラゴンボール
ナルト
ハンター×ハンター
トリコ
ジョジョの奇妙な冒険
D.グレイマン
べるぜバブ
こちら葛飾区亀有公園前派出所
キン肉マン
などがあり、当ブログでも記事にしたリストとなる。

掲載雑誌には過去に「飛ぶ教室」という、核汚染された世界でシェルターで暮すような衝撃的な漫画もあったにせよ、約束のネバーランドには方向性の違う過激さがあるのだ。


約束のネバーランドの内容はびっくり仰天。鬼と呼ばれる、人食い爬虫類人をモデルとしたような化け物がいて、飼われる少年少女は12歳になるまでには出荷される。児童達は自分達のいる場所を孤児院だと教え込まれていて、出荷の事実を里親が見つかって出院するのだと偽られている。偽孤児院の管理は、30歳代の人間が担当している。

約束のネバーランドの元ネタはどう考えても、爬虫類人が人肉の育成所として、配下の人間に孤児院を運営させているというストーリーだ。化け物は目が縦に並んでいて、鬼と呼ばれる違いはあれど、そんなもんは肉食爬虫類人の話と、何も異なっていない。

その孤児院では、なんと高度な教育が行われている。鬼によって人間が飼われているのならば、なぜそのような高度な教育を施すのだろうか? 支配者にとって危険なはずだ。その理由が、脳の旨みにあった。

この段落は現実の話で、よく「地球に爬虫類人なんていない」と断言する主張に、「もし人類が支配されている家畜ならば、脳味噌が空っぽの遺伝子操作をすればいい(そうなっていない以上は爬虫類人なんていない)」という妄想がある。しかし、脳味噌が一番旨いのだ(爆) しかも、教育を施して、知能が高まる程に。

現実の地球でも、もちろんデタラメな科学と歴史ではあるが、脳の訓練にはなっている。


ワンピースでも、孤児院代表のマザー・カルメルが人身売買のブロカー。もちろん、約束のネバーランドをパクるはずもない。現実がそうだからこそだ。

既に約束のネバーランドは、トラウマ漫画として扱われている。

別作品の話となるが、孤児院系のトラウマ漫画と呼ばれる「ブラッドハーレーの馬車」も読んでみた。
ドイツかイギリスかフランスかスペインだか知らないが、孤児院の可愛い女の子(推定15歳前後)が、大勢の死刑囚(男)の相手をさせられ、そのまま1週間程度で墓へ行ってもらうストーリーだった。10日我慢すれば出してもらえるという幻想を持たされていた。現実の、ある国をモデルとしたそうだ。まあ、ブログ筆者は過激な漫画も読んでいるので、特にトラウマにはならないが。

むしろ約束のネバーランドの方が、少年ジャンプという事で安心して、ヤバイのをつかまされる域だ。


考察本に「なぜ鬼は子供を食べる?」とあるが、そんなもんは、現実に人間の子を食う爬虫類人がいて、魔法結社でその事実を習った作者が書いているからに決まっているではないか。

記事には2弾もある予定。

関連記事
レプティリアン(爬虫類的宇宙人)いないいない論を却下

ワンピースのマザー・カルメルの正体は身なし子売り&クロックタワー~孤児院は人身売買シンジケート

帝都の地下に爬虫類人・宇宙人に生け贄を捧げる井戸がある?!

テーマ : 週間少年ジャンプ
ジャンル : アニメ・コミック

レプティリアン(爬虫類的宇宙人)いないいない論を却下

今年になっても変わりなく、レプティリアンがいるいるという話は続いているようだ。

存在を信じるかどうかは別として、ネットを利用する人ならば、もう耳にしたことがある人が中心だと考えられる。そして、別段、新たな情報が増えるわけではない。地球の支配者が爬虫類的宇宙人だという話は事実だとしても、爬虫類人の話を続けて調査して、それ以上の事実が判明するわけではないのだ。

言わば、陳腐化しているとも言えよう。もちろん、陳腐化しても事実は事実だ。

映画ではゼイリブ(1988年)という作品を知っていれば、レプティリアン論で語られる地球の状況と、ゼイリブの状況が一致していると感じる事だろう。


今回は爬虫類人なんていないと思考する、一般ネットユーザーの意見を却下したい。

●支配者は爬虫類人ではなく、爬虫類脳的な卑劣な強欲人種という喩えだ。デービッド・アイクもレプを連呼する人達同様、彼らの広告塔だ。

アイクがレプティリアンを語った本は1998年に登場。アイクが語る10年前に映画ゼイリブは出ているし、1960年代にはサイボーグ009という漫画で、地底の支配者である爬虫類人は登場している。アイクが広告塔である事と、レプティリアンの存在の有無は無関係。


また、爬虫類脳の話をする人物(いない根拠に使おうとする)は、爬虫類人以外の話でデマだらけの走狗。例えば、ベンジャミン・F。

●本当にそれだけの遺伝子操作ができ高知脳知的生命体が支配しているのであれば、こんな不合理な支配の仕方はしない。食用、労働力としているのであれば、とっくに知性もない思考能力もない脳を持ったロボット人間(労働力)と、脳を持たない食用を遺伝子操作で作っているはず。

脳味噌が一番美味しいそうだ。しかも、知的だったり、霊能力の高い人ならば尚更。味を維持したまま、偽りの知識を埋め込み、人間の行動を制限する事が重要であって、あまりにアンポンタンでは価値が低いのだ。また、肉だけでなく、魂のエナジーも食料となる。

高度な科学力を持つならロボットを造ればいいみたいな主張もあるが、都合のいい何かを造った結果が人間なのだ。

●自分達以外の人の行動や知性を低下縮小させたり、暴力的な強奪をして支配している時点で、特別な高度生命体(爬虫類人)の干渉ではなく、同じ人間の行いであると言える。

根拠がまるで見当たらない。むしろ、爬虫類人の干渉だからこそ人の行動や知性を低下縮小させる発想が出る。

●聖書の主(しゅ)を宇宙人にすり替えて、現代的にアレンジして統治利用しているだけだ。

聖書の主を宇宙人にすり替えたという事実がある場合にのみ成立するのであって、聖書の主を宇宙人にすり替えた証拠がどこにもないという、前提と結論とを混同している話だ。

また、聖書の主なんて言い回しをするとなれば、聖書カルトの可能性。自分が出席する集会で、宇宙人がいない事になっているので叫んでいる可能性有り。

更には、聖書の主の正体が宇宙人である場合でも、その事実は支配に使えるので、レプの存在を否定する話にはならない。

●レプティリアンではない、何か幻術

レプティリアンを見せる技術や幻術(妖術)があるならば、レプティリアンを人間に見せる術こそが確立されているという事。

●レプティリアンの骨標本見せろ。皮膚組織でもいいや

見せる場を提供してくれる組織が高名な研究所や政府の施設だとして、そんな組織はとっくに支配下だ。ちゃんと見せてくれるはずもない事が確認できる人材しか配置されない。

一方ではおかしな骨は世界中から見つかっている。

●レプネタまだやってたのか、疑いも無くいつまでも騙されてんじゃねえ

事実だとしても、次々と新事実が判明なんて事はないので、確かに陳腐化している実態だ。しかし、存在の有無とは無関係だ。また、事実だからこそ、ネタが消えないのだ。更には、嘘だという前提の発言であって、嘘だという証拠ではない。


否定派のあがきは以上とし、大富豪や権力者一族が悪魔崇拝の儀式をしている事は把握しているだろう。効果の無い儀式で時間を費やすわけがないので、何か異様な存在がいる事は確かだ。その正体としてレプティリアンを想定する事は、おかしな話ではない。

さて、読者のコメントで「約束のネバーランド」というコミックを紹介された。読んでみたが、爬虫類人みたいな存在によって、肉用として人間(少年少女)が飼われていて、孤児院だと思い込まされていた。優秀な脳味噌が旨いとか、そんな話だった。ワンピースと同じく週刊少年ジャンプだとは思えないような過激さだ。と言いつつ、ワンピースでも「孤児院=人身売買ブローカー」の話は語られるのだが。


関連記事
爬虫類人を却下させるトリック~いると語る人の偽り

爬虫類人がいないという説を否定~超古代の地球人文明説 VS 宇宙人由来の文明説1
宇宙人は古代にも現代にもいる~超古代の地球人文明説 VS 宇宙人由来の文明説2
地球の生物を創造した天使的宇宙人~超古代の地球人文明説 VS 宇宙人由来の文明説3

宇宙人肯定・陰謀論~与国秀行氏(幸福の科学・幸福実現党)のムービーを視聴

浦島太郎は爬虫類女と交わる物語

某・爬虫類人肯定サイトを不支持表明
ついにドラコニアンの写真出回る?!~隠れ蓑=存在しないという誘導

モーゼが爬虫類人(レプティリアン)であった証拠

1960年代作品に地底に住む爬虫類巨人が登場~サイボーグ009(石ノ森章太郎)1
1960年代作品で地底に住む人食い爬虫類巨人~サイボーグ009(石ノ森章太郎)2
サイボーグ009(石ノ森章太郎)3 & エイリアンインタビュー2~地球は監獄で地球人は囚人

映画・ゼイリブ~結婚して子供を産めの解釈

テーマ : オカルト・ホラー
ジャンル :

宇宙人が攻めてこない理由5選……の感想

宇宙人が攻めてこない理由5選というムービーを視聴した。



1.地球が遠過ぎて来られない

2.住んでいる次元が違う

3.宇宙人にメリットがない

4.地球人を怖がっている

5.宇宙人は平和主義だから

ムービーには5までしかないので、当ブログが6を作る。当ブログでは
6.とっくに支配されているから
を全面的に支持する。3.宇宙人にメリットがない とは真逆の説で、極限まで搾り取る目的が宇宙人にあるので、支配者は隠れているのだ。多くの地球人は目に見えるものしか信じないので、宇宙人が姿さえ人間に化ければ、思う壺というわけだ。もっと言うならば、目に見える範囲自体を狭める遺伝子改造を地球人に実施している。宇宙人は何枚も上手というわけだ。


ある牧場に牛や羊がいて、人間が食いに来ない理由は、とっくに人間によって支配されているからだ。いずれ出荷されてしまうので、出荷の事実を後世に伝える事ができていない。地球人の場合には、書物に竹取物語などがあるが……。

とっくに支配されている状況というのは、宇宙人に従う人間だけがマスコミの報道内容や、教育内容を決定できる状態だ。つまり、「宇宙人がいるか否か」を決める機関を創設・掌握されてしまっているというわけだ。宇宙人がいたとしても、いないことにできるシステムなのだ。

また、6に派生して、「地球は牢獄だから」という解釈も可能だ。2.住んでいる次元が違うというのは、6でも成立する。

6.とっくに支配されているから は創作の世界にはよくある。
映画ではゼイリブジュピター。ゲームではクロノトリガー。いずれも(制作された国では)大ヒットだ。新たに宇宙人が攻めてくることは一切無い。


漫画ではマイナーだが、キャラバンキッド銀河戦国群雄伝ライの作者と同じで、ライの方は、最低限の知名度はある。キャラバンキッドは、あらゆる惑星がランク付けされていて、下層の星は一方的に吸われるのみ。

キャラバンキッドの作者は、今やエロ漫画家(爆)だが、若い頃には魔法結社で真実を習い、物凄いテーマを描いていたのだ。しかし、女体という宇宙の神秘こそが、より追求すべき対象だと認識したわけだ。


ハンター×ハンターの作者が描いたレベルEという作品も、宇宙人によってとっくに支配されつつ、更に宇宙人が裏で訪問しているという物語だった。もちろん、攻めてきているわけではない。作者・冨樫氏によると、山形県の山村には、宇宙人の集落があるようだ(笑) きっと、宗教団体にでも偽装している事だろう。


ゲームの追加だが、ファンタシースター2では、地球人と宇宙人の立場が逆だった。地球とは全く別の星があって、遠くから来た地球人がその星を支配していた。一般人は自分達の星系の宇宙人だけを把握し、まさか外宇宙からの支配者がいるなんて事を知らない。

映画、ゲーム、漫画・アニメで「宇宙人にとっくに支配されているから、宇宙人が攻めてこない」という物語が他にあれば、コメントで教えて戴きたい。

今回、タイトルを出した作品は、全て記事にしている。当記事では内容まで語らないので、過去記事でどうぞ。


関連記事
宇宙人が隠される理由は、パニック防止でも宇宙人社会公開が不都合だからでもない
宇宙人の正体に関する3つの有力な説

映画・ゼイリブ~結婚して子供を産めの解釈

どんなに辺境の星でも吸われる~キャラバンキッド(真鍋讓治)
銀河戦国群雄伝ライ~自国のトップで王、他国をも支配して皇帝

映画ジュピター1~地球人は作物、木星はトカゲ人の巣窟
映画ジュピター2~宇宙で争う価値のある資源は時間のみ

クロノトリガー~星に巣食ってエナジーを吸う宇宙人

かぐや姫は月の罪人、地球人に生まれ変わって償う宇宙人

レベルE(冨樫義博)1~既に地球住み着いている多種の宇宙人
レベルE(冨樫義博)2~地球の上空にスクリーンがあり、異星人の宇宙船を覆い隠している

テーマ : 宇宙人
ジャンル :

祭りくじで人気を増大させたユーチューバーが激しく叩かれている

当ブログはユーチューブの動画からオカルト情報を語る事もある。

そんな中、あるユーチューバーが、騒動を起こしたようで、意見ムービーが目立っていた。名前は秘密結社員のような系統。

1回300円のお祭りのくじの中に、プレステ4や任天堂スイッチという、最新ゲーム機の当たりなんて無いという証明をした人がいた。プレゼント企画などで、更なる集客を実施したまでは良かった。株みたいなシステム(株式ではないので株式の法律が通用しない)でインサイダー取引をやったという罪状で叩かれている。

思ったのだが、最初から株みたいなシステムで金を集める事が、上位の結社員の企みだったのだろう。しかし、激しく叩かれる事になった。お祭り(縁日)の露店は、要するにヤクザがやっているのだが、バックには神社がある。神社には陰陽師という魔道集団も関わっているので、祭りのくじを叩きつつ、インサイダーを実施するとなると、陰陽師が黙っていない。呪術でも掛けられたように、自爆したというわけだ。

結果的に、激しく叩かれることになったと考えている。

他にも、ユーチューブで食っている人を見ると、いつもドクロの背景だったり、毎回ピラミッドのシャツで魚介を切り刻んでいたりと、そういう事なのだ。


日本で最も有名とされる顔出しユーチューバーの名前は、黄金の夜明けをイメージさせる。夜明けには光が差すというわけで。


ちなみに、ファンの若過ぎる女の子とエッチしたユーチューバーは、あくまで個人的な話だが、インサイダー取引の問題を起こしたユーチューバーの件では被害者多数で、鎮火には相当な時間が掛かりそうな雰囲気だ。


関連記事
陰陽師(和風の魔術師)によると選挙は呪術! 不正選挙説はマスコミに操作されない人向けのトラップ

我々はゲームの登場人物~ヤクザ漫画・代紋TAKE2

テーマ : Youtube
ジャンル : サブカル

仮想現実ゲーム空間は通常空間にある~ハンター×ハンター2

先日は「実は主人公はゲーム世界の人間だった」という物語として、代紋TAKE2を語った
映画マトリックスでも、「実は主人公は仮想現実世界の人間だった」とある。

そんな中、「仮想現実を楽しめる」という原則に沿いつつも、「その仮想空間は現実世界と地続き」という概念がある事を再確認した。ハンター×ハンターの物語は以前から認識していたが、ハンター×ハンターに加えて、今回紹介するムービーを見た事が、記事を書く切っ掛けとなる。

まず、ムービーのチャンネルでは、地球平面説を肯定した場合と否定した場合の2種類をアップしており、作者は実際には平面説を信じていない。しかし、きっぱり否定するとチャンネルが荒れるので、自分の見解は抑えつつ、両方の立場に立ち、「もし地球が平面なのに、支配層が隠すとすれば、どんな理由で行われるのだろう」と考察した結果が次のムービーというわけだ。



面白い話をピックアップすると、「死後の世界があるとして、実は南極の穴とかを通れば行けてしまうから」のような仮説を立てていた。次は個人的に興味を惹かれた箇所で、多くの人は反応しないが語る。ドームとなった場所から歩いて違うエリアに行くという概念は、既にメガドライブのゲームで語られているのだ。セガのゲームとしてや、メガドライブでは有名なファンタシースターシリーズで、シリーズ3・時の継承者だ。セガサターンやプレステ2への移植もある。物語では、主人公の出発地点から地下道を通ると、隣のドームに移動できる。しかも、エリアは7つに分かれていて全体は宇宙船だったというオチだ。深い知識が埋め込まれたゲームなのに、駄作認定という悲惨な作品となる。

確かにファンタシースター3の世界は、地面が球体ではなかった。しかし、地面の地下には人工的な機械がギッシリで、天球はドームに覆われている。そして、全体は宇宙船なのだ。

今回紹介のムービー作者は、「他の天体が球体なのに、地球だけが平面というのは考えにくい」のような話をしている。当ブログでも地球平面説は却下している。理詰めの根拠は以前の記事に記したが、感覚的な根拠としては、地球平面を支持する人が多くなったとして、キリスト教会が勝利宣言なんて事があってはならないからだ。ファンタシースター3のような世界が地球の真実だとして、天球が人工ドームで、地下が機械で、全体が宇宙船だとして、そんな状態はたとえ地面が平面でも、キリスト教とか聖書が正しい証明には到底ならないのだ。

それから、映画トゥルーマンショーのように、地球がドームに覆われていて、人類が何者かに監視されているという状況が真実だとして、そんなもんは地球平面説でもなんでもない。地球人が牢獄に閉じ込められていて、多くの人が何も知らされずに監視されるような状況だとすれば、住んでいる場所が平面か曲面かで議論している場合ではないのだ。以前に例を挙げたが、自称フツ面(普通の顔)の人が、デブでチビでハゲで高学歴で高収入だとして、その人が自分のフツ面について熱く語っても、それどころじゃないし、聞き手も顔に注目する価値はない。もう一度言うと、ドームで暮らしていて、そのドームから別の世界へ海を渡るとか洞窟を通る程度で行ける場合、暮らしていた元の場所が平面か曲面かは取るに足りない話なのだ。「地球は牢獄で、支配者から逃れる方法」を解説する事が重要なのであって、平面か曲面かの議論はしなくてもいいくらいの無意味さだ。

トゥルーマンショーのパッケージ画像を見るに、とてもじゃないが面白そうな物語には思えない。物語の前半も人によっては退屈で、知り合いに見せたら、寝てしまった人もいた。後半も決して大冒険というわけではなく、「我々の住む空間がネタになっている」と気付かない人にとっては駄作の域だろう。

さて、ハンター×ハンターの記事になっているので、実はその話が主体なのだ。
ハンター×ハンターのグリードアイランド(G.I)編では、ゲーム世界に入った主人公達が、閉鎖空間の広大な島でカードを使った命懸けバトルを繰り広げる。ゲーム世界で傷付けば、本当に傷付いてしまうリアルさだ。しかし、ゲームの中の世界だと思っていた場所は、実は主人公達のいる人間世界の一部で、プレイヤー達はあたかもゲーム空間の中に入ったかのように錯覚してバトルしていた。ゲーム外の通常空間から船で渡れば、ゲームの舞台に行き着いてしまうのだ。つまり、最初からゲーム内の空間は存在せず、特殊なフィールドに覆われていたというオチだ。

グリードとは、七つの大罪の「強欲」に相当する。
あの世とこの世は、なにやら遠い世界のようなイメージだが、ハンター×ハンターの作者に言わせれば、普通に歩いて行って抜けてしまうような場所で、あくまでそのフィールドに囚われているからこそ、拘束されている状態なのだという話だ。

現実で言うと、確かに刑務所では身動き取れない。しかし、自由な空間は歩いて行ける場所にあるというわけだ。我々の状況に置き換えても、番人が問題であって、死後の世界すら、本来は自由に行き来できる空間というわけだ。

映画アイランドでも同じようなシーンがある。理不尽な規律があり、男女の接触もままならない仮想現実の空間で過ごしていた皆だが、走って逃げている内に、急にそのフィールドから解放され、仮想現実の偽りが見えなくなる。


紹介したムービーと全く同じ話をしている作品ハンター×ハンターを思い出したので記事にした。
紹介ムービーは「知的好奇心CLUB」というチャンネルで、当ブログでは以前に
1706年に書かれた作品に、火星の衛星フォボスとダイモスが記されていた
という記事を書いている。

関連記事
ハンター×ハンター1~徐々に超能力を開発か、一気に開発か

我々はゲームの登場人物~ヤクザ漫画・代紋TAKE2
我々の住んでいる世界はドーム1~~ファンタシースター3・時の継承者
我々の住んでいる世界はドーム2~星をみるひと~宇宙船地球号
我々の住んでいる世界はドーム 3~映画トゥルーマン・ショー

映画アイランド~富豪・要人のクローンを育成する施設
宇宙は超知性を持つ宇宙人によってデザインされたマトリックス的コンピューターゲームである

この世界が仮想現実であることを示す証明式~量子力学入門

地球平面説(フラットアース)と地球凹面説~NASAが極秘にしていた地球の真の姿に世界が震えた?

テーマ : HUNTER×HUNTER
ジャンル : アニメ・コミック

リンク
月齢
プロフィール
名古屋や東京にもいましたが、今は福井に住んでます。独身です。職業はフリーランス(個人事業)で、勤務先に人生を盗まれない家庭を築く! 物語の創作が趣味なので、評判を得たいです。当方のブログや作品を目にした人が興味深く感じる事でバランスが取れます。秘術や魔道の師匠を探しています。魔法というのは術の事だけではなく、真実の知識も含みます。創作に関して支援してくださるかたはメールフォームよりどうぞ。【交流会関連】真相追求に関する交流会希望者もメールでどうぞ。なお、当ブログの記事を30以上読んでいない人と引き合わせる事のないようにお願いします(お子さんなどはO.K.)

魔龍

Author:魔龍
以前はホームページを運営していました。しかし、内容が過激(真相に迫り過ぎ)だったのか……。表現を調整しながらブログで再出発です。
趣味は旅行(自然、パワースポット、観光地、アミューズメント)。

カウンター
本物の魔道書
魔法は存在するからこそ、この価格に
最新記事
ブログについて
金も性も俗ではなく聖。 読者の皆さんにも真実に気付いてもらい、魔力を取り戻して欲しいと考えています。ショックを受ける人もいるでしょうが、ご容赦を願います。魔法で語られる事が真実なので、科学や宗教は偽りと考えています。当方は国立大卒の理系です。科学そのものを合理的に分析した結果、嘘だと結論づけたわけです。 なお、当ブログは目的を達成したら、凍結する予定です。あくまで目的の手段なのです。また、当方が喜べる提示ならば、記事は修正・削除します。
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新コメント
コメントについて
基本的に返信しませんが、目を通して今後の記事に役立てます。コメント者本人の悩みなど、返答が欲しい場合には、メールで実施して下さい。過去記事にコメントしても、最新として扱われます。コメントは該当記事にしてください。
最新トラックバック
メール
交流会を想定する場合にどうぞ。当ブログの記事を30以上読んでいてください。相談は承りますが、意見メールは特に不要です。ヒーリングなどをできる人からの連絡も望んでいます。
魔導師は葉巻を好む
社長やマフィアドンと言えば魔導師
葉巻は無添加のタバコ、毒性は低い
放射能が除去できる空気清浄機
魔法の知識満載物語
当ブログの管理人もビックリ作品
ブロとも一覧

噂の真相-真実を追い求めて(FC2版)2013

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium
ブロとも申請フォーム
ブロとも表示用の画像を用意してください。  3ヶ月は続け、1ヶ月以上の更新停滞による広告(自動広告)が無い状況でお願いします。 長期間、自動広告が表示される状態が続いたり、閲覧制限などが入った場合には事前連絡をし、原則は同意の上で解除します。

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
普通に買える麻
金箔で覚醒と金運